Mr.Flat の軽井沢日記

自己紹介:美しい村軽井沢は日本のマチュピチュです。
そんな軽井沢へ、アーバンデザインさんにお世話になり、2003/1、極寒の冬に越してきました。
現在、軽井沢ライフを200% 満喫しております。
軽井沢リゾートライフをお考えの方に
いまさら参考になるようなものは書けませんが、 こんな私でも軽井沢を楽しんでます、 って意味で、もう暫くの間、軽井沢日記を書かせて貰います。

軽井沢移住計画(まとめ)をこちらで作成中。

注意:日付は(数日したためた後で)表に出した日付でその日の出来事とは違う場合があります。
通し番号のようなもの、もしくは夏休みの日記と同じとお考え下さい。
前後、2週間程度は余裕を見てください。
必要な時には随時本当に日付を文中に記します。
基本的に嘘は書きませんが、産まれ持った性格的にお調子者の気があり、多少表現がオーバになったりするかも知れません。
又、思いこみや早とちりも多い方で、本人は事実と思っても、実際は違っている場合もあります。
後から気が付いた場合は訂正するように致しますが、
その辺り差っ引いて(加味して?)ご判断下さい。

アーバンデザインさんについて
物件を探すにあたって、最初は「欲しいリゾート」とか見て幾つかの不動産屋さんにも入りました。
小さな不動産やさんのアーバンデザインさんは最後でしたが、その後はず〜っとアーバンさんに紹介受けました。
不動産屋さんなのにとっても正直で真摯な、少し変わった不動産屋さんです。
アフターフォローも万全、水抜きの方法をはじめ軽井沢生活のノウハウを色々教わりました。
サラリーマン不動産社員とは、ひと味もふた味も違います。
自信を持ってお勧めします。
お金のある人も私みたいにない人も、先ずは、アーバンデザインさんまで訪ねて相談して見よう!


リンク


中山たばこ  パラダイス  古月堂  ブロンコ  丸寛食堂 
萬里(ばんり) 赤バス  三和良一研究所 軽井沢-ON.com
カフェイーナ  小野崎純 チェロ奏者 
ペンション・シルバーストン 

銅鍋の寺山さんのサイト  五月野自転車 
小名工務店   ドイツ観念論のページ

かるいざわ気分 denden PC修理・PC教室  軽井沢-ON.com(台湾)

北軽井沢ブルーベリーYGH 軽井沢観光ガイド   軽井沢グルメガイド

軽井沢絵日記 MaystormJournal
磐井の里から← おすすめ KOSHIRYOKU
実験記録 No.02 1984年動物農場
「みんなのデータサイト」
軽井沢 大雪・浅間山対策情報&SOS! 情報シェアグループ

週間天気予報 気象庁アメダス 軽井沢の放射線量



Mr.Flat プロフィール
軽井沢知らぬが仏、ド素人家庭農園(自然農法?)
バックナンバー
最新号
2019/8
2019/7
2019/6
2019/5
2019/4
2019/3
2019/2
2019/1
2019/12
2018/11
2018/10
2018/9
↑要認証
2018/8
2018/7
2018/6
2018/5
2018/4
2018/3
2018/2
2018/1
2017/12
2017/11
2017/10
2017/9
2017/8
2017/7
2017/6
2017/5
2017/4
2017/3
2017/2
2017/1
2016/12
2016/11
2016/10
2016/9
2016/8
2016/7
2016/6
2016/5
2016/4
2016/3
2016/2
2016/1
2015/12
2015/11
2015/10
2015/9
2015/8
2015/7
2015/6
2015/5
2015/4
2015/3
2015/2
2015/1
2014/12
2014/11
2014/10
2014/9
2014/8
2014/7
2014/6
2014/5
2014/4
2014/3
2014/2
2014/1
2013/12
2013/11
2013/10
2013/9
2013/8
2013/7
2013/6
2013/5
2013/4
2013/3
2013/2
2013/1
2012/12
2012/11
2012/10
2012/9
2012/8
2012/7
2012/6
2012/5
2012/4
2012/3
2012/2
2012/1
2011/12
2011/11
2011/10
2011/9
2011/8
2011/7
2011/6
2011/5
2011/4
2011/3
2011/2
2011/1
2010/12
2010/11
2010/10
2010/9
2010/8
2010/7
2010/6
2010/5
2010/4
2010/3
2010/2
2010/1
2009/12
2009/11
2009/10
2009/9
2009/8
2009/7
2009/6
2009/5
2009/4
2009/3
2009/2
2009/1
2008/12
2008/11
2008/10
2008/9
2008/8
2008/7
2008/6
2008/5
2008/4
2008/3
2008/2
2008/1
2007/12
2007/11
2007/10
2007/9
2007/8
2007/7
2007/6
2007/5
2007/4
2007/3
2007/2
2007/1
2006/12
2006/11
2006/10
2006/9
2006/8
2006/7
2006/6
2006/5
2006/4
2006/3
2006/2
2006/1
2005/12
2005/11
2005/10
2005/9
2005/8
2005/7
2005/6
2005/5
2005/4
2005/3
2005/2
2005/1
2004/12
2004/11
2004/10
2004/9
2004/8
2004/7
2004/6
2004/5
2004/4
2004/3
2004/2
2004/1
2003/12
2003/11
2003/10
2003/9
2003/8
〜2003/7
2010/11/XX軽井沢日記
結局昨日の雪も一時的なもので終わり、今日も真冬日ですが、青空が見えてます。

2010/11/XX軽井沢日記
今日は一日中氷点下の真冬日です。
夕方まではどんよりとした曇り空だったんですが、現在は粉雪が降ってます。


数日前、仙石さんがあと2年で日本が潰れるって話をしてた。
そしたら、ネットで心配した人から日本が潰れたらどうなるの? という発言があって、 別の人が公務員の給与が何割も下がりますって答えて、 なら潰れても良いジャン、って話で終わってた(^_^;)。

2010/11/XX軽井沢日記
まだ、更新すると思いますが、とりあえず年末のご挨拶。
見てるよ、と言われるとプレッシャーにもなりましたが、また励ましにもなりました。 これも何かのご縁と思います。
どうぞ、良いお年をお迎えください。



さて、これはネットじゃなくて、少し前の愛川欣也のパックインジャージャルですが、 官僚は情報を独り占めして非常に強い力を持っている。 政治主導、この官僚に打ち勝つには、党側に強力なシンクタンクが必要。 政治家が数人あつまってもなんか言ってもまるで歯が立たない、旨の指摘があった。 まあ、その通りなのかも知れないが 何か変だぞと思いながら聞いていた。途中で急に気がついた。 この発想自体に優等生優遇主義みたいなものがある。

2ch用語らしいが、おまいらの周りの優等生を見てご覧?
世の中には貧乏人や、なんの取りえもない人も居る( なんの取りえもないというのは、今の社会基準から見ただけの判断で、本当はそうじゃない)んだが、こういう人の気持ちを分かっている優等生が居るかい?
世襲をやりすぎた自民党にはろくな議員さんが残ってないみたいのは以前から 言われてて、方や民主党には自民党に入れなかった優秀な人材が多く居ると。 でもね、おまいらの周りの優秀なやつって、ホントに優秀? 仮に優秀だとしても、そいつが、おまいらのことちゃんと考えてくるヤツかい?

以前、お仕事をいただいていた企業(世界的に有名な大企業ですが)、そこにとても優秀といわれている若い社員がいた。 私ならそこの社員になれただけでも勝ち組だと思いますが、その社員「こんなところで、自分のキャリアを無駄にしたくない」と止める上司を省みず、自分でさっさと辞めて 外資系に行っちゃいました! 私が知っている優秀なヤツ、こういう感じの奴が多い。 成り上がろうとする意欲は確かに凄いが、自分の野望?のためには会社も会社の同僚も 全く意に介さない人種でした。

昔の保守系の議員さんは、多分、貧乏な人やなんの取り得もない人達の意見も 反映してくれていたのかも知れません。しかし、○○首相の頃からでしょうか、 すっかり自民党も様変わり。 ネットでは、エタ、ヒニン、の下に派遣があると誰かが称してましたが、 何の取り得もない若者は人間じゃあなくなってしまいました。
民主党の議員さんは、もっと真面目で優秀だとしましょう。
でもね、各界から優秀な人間を引っ張ってきて、シンクタンクを作ったとして、 各界の代表って、それぞれの各界でそれなりに功をなした名のある優秀な人たちでしょう? その人達が、なんの取り得もない人のことまで考えてくれるんでしょうか? ホントにそれで日本が良くなるのでしょうか?
何か、機関を立ち上げて公募したところで、寄ってくる連中は美味い汁を吸おうとしている連中でしょう? 普通のまともな奴が自分で公募に応じるとは思えん。
そいつらが、おまいらの事考えてくれると思う。


私の客先だった企業も東大卒は多かったんですが、 割合から言うともっと東大卒が多いところで、学生時代、アルバイトしたことがある。 どれ、東大卒とやらは、どれだけ優秀なものかとても興味があったので観察した。 確かに優秀な人は優秀ですが、それよりももっと端的に言うと、多くは 「欠点の少ない普通の人」でした。 専門分野の知識は勿論十分ですが、専門外の例えば、英語も良くできるし、趣味でもそこそこ。 良くできると言っても、 感動を呼ぶほど凄いわけじゃない(当たり前か)。他方で、これは苦手というものが殆どない。 本人は苦手と言っても、普通からするととても上手。なんでも卒なくこなす人が 殆どだった。 つまり、私の想像を超えて無かった。
これは当たり前です。 猿に人が理解できないのと一緒、優れた人はより優れた人のみが理解できる。一方通行です。 想像を超えた人が居ても、私には理解できませんから。
じゃあ、人間的にどうか? 確かに、コイツは凄いと思う人も居たが、それは稀。 凡人の我々が普通に思うことと同じことを普通に考えていた。 特徴としては、実に物分りが良い。少なくとも、こっちが言っていることは、ほぼ完璧に 理解できる。そうして、とても素直。 凡人はそうじゃない。普通に言っても普通に取らない人が多い。

おまいら、他人の話、ちゃんと聞け!
お前、頭、悪いんじゃないか?

だから面白いんですが。
さりとて、こういう頭良くて素直な人に、なにか新しいことが考え出せるかというと はなはだ疑問。 みなが怖がっている人がいたとして、彼らがその怖い人を説得して状況を打開できる力があるか、もっと疑問。 宮澤さんだって、浜コーに問いつめられて、窮々としていたもの。 あの姿みて、情けなくなっちゃった。
頼りない。まあ、公務員が向いているかも知れない(^^;)。2代目社長にはなれても、 創業家には向かないタイプ。

私の自論の1つは、「なまじっか優秀な奴が一人、二人居るよりは、普通の奴がよってたかって立ち向かった方が強い」というのがある。 ソ連が崩壊して、自由主義諸国が完勝した例を持ち出すまでもない。 ホントにそいつしか出来ない問題は、天才とでも呼ぶのか知らん? そいつが居ないと駄目なんだが、そういう難問はそうそう社会においては存在しない。
で、パックインジャージャルの話にもどりますが、私はネットを使えば良いんだと思う。 ネット、見てて、笑っちゃうもの。関心するもの。 世の中には頭の良いやつが居る。 多分、そいつ、大して勉強はできなかったと思うが、嗅覚みたいなものかも知れません。 人も変わってて、 個人的にはあまりお近づきになりたくないタイプかも知れませんが、 実に色々な能力を持った輩が居ます。こんなアホな能力、優等生にはない。 こいつ等がシンクタンクに入れ!といっても入る訳がない。ないんだが、 彼らが発信し続けている情報の中には、多分、役立つ情報もあるんじゃないかと思う。 状況打開にヒントになるものもあるかも知れない。
バカにするけれど、2chを見てれば派遣の奴らがどういう気持ちで日々過ごしているのかも分かるかも知れない。派遣会社のお偉方を呼んで話を聞いても分からない実態がそこにはある。
ネットを使わない、地方のおじいちゃん、お婆ちゃんはネットには投稿しませんが、 電通主導のTVよりは、余程、赤裸々なものを代弁してくれているサイトがあるように 思う。
なんたって、ネット上で一番使われている言語は実は日本語だとういのがあります。 なぜなら、日本人、はブログ好きで誰も彼もがブログを書いちゃうからなんですが、 (この日記はブログじゃありませんが)、殆どはゴミ情報かもしれませんが、中には まともな情報もあると思う。

何れにせよ、政治は、ネットをもっと積極的に使った方が良いと思った。
メールしてくる奴なんぞ、下心があるかも知れない(ないかも知れませんが)。 ネットを使えば直ぐに答えが見つかる訳でもなく、 仮に必要な情報があったとしても、 ネットはこちらから探しに行かないと必要な情報にもたどり着けませんが、これを使わない手はない。 規制するとか、そういう利用じゃなくて、素の現状を認識するためにも、広く意見を拾うためにも。規制は、愚の骨頂、それじゃあ、綺麗に化粧した虚構になってしまう。 そのうち変わると思うが、今の実社会じゃ本音は言えない。 せめて、ネットは本音の世界じゃないと。

で、話はもっと遡りますが、世の中は優れた人ばかりじゃなないんですよね。 私も無能な方ですが、○○ができたので、たまたま今こうしてなんとか職にありつけてます(風前の灯火です)が、なんの芸もない輩も多い。でも、そいつらも、おなじ人間、生きてかなくちゃならないんです。 どーしてくれる、民主党!

ついでに、もう一言、言うと、今、介護にしても色々困っている人は多い。
他人の為になることをするのが仕事であれば、今、この日本にも仕事はあふれている。 それが、仕事にならないのは、経済的に成り立たないからです。 そんなんじゃ、食えないからです。 他方、やろうにも、規制が多くて、素人がちょっとやそこいらで出来ないものもある。やれたとしても。
地方が、「地方」で守られていた時代は兎も角、今こうしてグローバル経済が地方まで浸透してきてもっと酷いことになった。当たり前です。 地方には、地方の事情がある。それを全く無視した経済を持ち込んでも、 上手く行くわけがない。 グローバル経済の規準じゃ価値が付かない仕事もある。
困っているのは日本だけじゃないと思う。 そこいら辺から変えてゆかないと。


2010/11/31軽井沢日記
雪、止んじゃいました。
支払いもあとは新聞代だけだ。残りは、正月分の煙草を買いに行って、 いよいよお正月ですね。面倒くさい。

少子化問題、論点がおかしくないか?
なんだか、皆さん、ただ自分達の年金が貰えなくなりそうなので、問題にしているように見えます。ホントに日本の将来考えてのことか?
NWO(プロレスの団体みたい!)の割り当て計画だと日本人は結構気に入られているみたいで、それほど削減されない数字だったと記憶してます。それは兎も角、丁度良い人口が良い訳で、 私は多少減っても良いんじゃないかと思う。 ましてや、義務的に1000万人でしたっけ移民を受け入れてもろくなことはない。 今は、日本人でも働く所もないし、奴隷にでもするつもりなのか知らん?

あ、ブレストンコートの珈琲、700円でした。


夕方です。また少し雪、降ってきました。
明日から、また天気が悪くなるみたいですね。


正月中にやること。
・畑の様子を見に行く。
・実家に行く(面倒くさい)。 ・薪割り。
・作らなくっちゃならない棚2つ。
・。。。。

野鳥の足跡
周りはこんな感じ。
FA★85 なんですが、アップでみるともの凄い色ズレ起きてます。 私は気になりませんが。
我が家ではピュンピュン丸と呼ばれてますが、ヤマカラは人懐っこくてこんな表情を良く見せます。
















今回のテーマは、単にレンズの性格を掴むこと。それにマニュアルフォーカスの練習。
何事も鍛錬。諦めずにやっていると上手くなる。 何十枚も撮って、良いのだけ掲載しますから分からないと思いますが、 ピントが合う率が、去年とは比べものにならないくらい上がってます。 昨年は、行って戻って、更に行って、戻って徐々に狭めて合わせるしかありませんでした。 そうこうしているうちに、餌を加えて飛び去ってしまうわけなんですが、 今回はほぼ一発で撮ってます。なので、その分シャッターチャンスも逃す事が少なくなりました。
近眼+老眼+ピントフリーズで肉体の目は殆ど駄目なんですが、 気合いの空気撮りです。
気合いが入っていると、ピントは合ってなくとも不思議とそれなりの写真になる。 気合いは大切かも。

写真の出来はともかく、自分的には確実に上達してます。 下手でも続けてみるものだ。
これで、両目を開けて撮れるようになれば、もっとチャンスは増える!
それが出来るようになったら、今度は飛んでいる鳥を狙う。 まだまだ先は長い!

それとホワイトバランス。
これまでは殆どオートで撮ってましたが、どうにも自動だと思った色が出ない。 レンズに因っても色が違う。 自分で調整する余裕ができたということでしょうか?
今朝は雪が残っていた状態で一部陽も射していて、結構良い感じ。 自分のイメージにかなり近い色になった。

レンズはFA80-320F4.5-5.6 と FA★80-200 F2.8、それに 67 用の 400mm F4。
全部手持ちでマニュアル撮影。絞りは殆ど開放で撮った。 FA★80-200 は、前回書いたみたいに場合に因ってはフレアーがでるんだが、野鳥の軟らかい羽毛を表現するには階調が出ないと駄目だ。解像度も要る。 それに高いレンズはピントリングの操作感がまるっきり違う。

600mm は野鳥を撮る場合の標準レンズと言われてます。 私のカメラ、APS-C なので、400mm なら、フルサイズで 600mm 相当なんですが、 これらの写真、我が家の餌台なのでかなり近い距離から撮ってますが、 こんなに近くて、この大きさかい? ホントに野鳥やるなら、もっと長いレンズが欲しくなる気持ち良く分かります。
でもね、400mm でも直ぐに腕がプルプル震えてくるくらい重い。 長い間、とれもじゃないが構えてられない。 腕、鍛えないと。

おまけ。
気持ちよくて、たまらん。。。
薪ストーブの前で。
2010/11/30軽井沢日記
今日は東京だったんですが、行きは新幹線で帰りは嫁さんに拾ってもらった。 そうしたら信越道にはいったら雨。今朝は -9℃までさがっていたので軽井沢は雪だと予想していたら、軽井沢どころか横川を通過中に雪になった。軽井沢の積雪は、3〜4cmってとこでしょうか?

先日、採ってきた紫大根、凍ってない分が少しあったんですが、嫁さんが漬け物にしてくれた。美味い!


★★★☆ 副島隆彦が書いたのは巻頭の文章だけ。 そこは、メディチ家の話とか、そこそこ面白かったんですが、あとは大して面白くない。 副島氏と比較するとアクが薄すぎて、全然物足りない。 ネットを見ていればもう当たり前になってしまった話が多い。
そもそも客観的な話は嘘っぽい。ホントに客観的に言ってしまうと、言えたとして、善いも悪いもなくなってしまう。 慣れてしまえば、単に、そういう場合はこう表現するんだよ、という流れの中でなら そこに含まれている意味も理解できますが、そういう言い方が通用する社会内での話。 実際は客観的じゃない。 だったら、そんなまどろっこしいのより、この人(良く知っている人)がこう言うんだから、きっとホントのところはこの程度だろうという理解の方が余程リアル。

★★★★★ 3回目かな、この本読むの。
良い本だと思う。 マトゥラーナよりもルーマンよりも河本さんよりも、山下氏の説明が一番シンプルですっきりする。前にも書いたが、惜しむらくはこの本での説明が、 他の著作を多々引用して議論を展開するので、 その他の著作を全く読んだこともない人には、分かりにくいんじゃないかと思う事。 それに文章自体は、河本さんの方が魅力的かも。

2010/11/29軽井沢日記
ブレストンコートの写真を載せたいが、忙しい。
クリスマスの日に行ってみたんですが、世の中金持ちが多い。
驚いちゃいます。オイラも仲間に加えてくれよぉ。

先日の撮り比べの写真も載せたいが、忙しい。
そのまえに、いい加減薪割らないと。
今年は薪の消費量が少ないんですが、それでも多少置く場所は出来た。

今日の夕食、○○○○○へ行った。
若旦那、というか息子さん、先日の○○○○○でもお会いしたんだが、 熱く軽井沢を語ってた! ふ〜ん熱い人だったんだ。。。

遅ればせながら、写真をアップする。
夜景は難しいですね。ISO感度、私のカメラじゃ 1600 が限界です。 撮ったままなので、黒の粘りもないので、暗いところは真っ暗になる。 それでも、以前のカメラじゃ考えられませんが、 勿論、手持ちでもこの位止まる。
石の教会の入り口の通路。
我が家のエントランスの足下の照明もこうしろ!と言われてます。
左は観光客が振り回す、無料で貸してくれたランタンが写り込んでます。 因みにシャッター速度は、1/3秒です。


ご存知、石の教会。
今年は周りにも色々照明してあってイマイチだった。 シンプルにこの青の照明だけの方が綺麗な気がする。
今年は至るところで天使が!
イルミネーションのメインはここだったんですが、上手く撮るのは難しい。
ランタン、結局どのくらいの数使ったんでしょう!?
メインの会場の更にメインが、このクリスマスツリーの上、そらから降りてくる天使の照明です。実際はこの天使の照明動いてます。 暗くて、シャッター速度遅い訳で、写真を撮るにはとても辛い状況です。
シャッター速度は、1/10秒。
初めてブレストンコートの建物内に入ってみた。
これは喫茶店ですが、クリスマスミニコンサートをやってました。
ブレストンの従業員の年齢は若い。 プリンスも若いんですが、西武系の高級取りは皆リストラされたみたいですね。 で、何時も思うんだが、 年齢層は大して変わらないのに、星野系の従業員の方が一生懸命さが伝わる。 西武系も悪いという訳じゃないんですが、みんなで盛り上げて行こうという雰囲気は 伝わらない。
軽井沢、西武と星野系以外にも、山ほど小さなお店やホテルがあります。 東急リゾートも流行っているみたいですが、見てて普通に一生懸命やっているところは普通に流行っている風に見える。逆に流行ってないところは、何か問題がある事が多い。 まあ、流行れば良いってもんじゃないので、その問題を直して良いかどうかはケースバイケースと思いますが。 例えば、頑固で無愛想なご主人が居て昔ながらの建物で営業してたとしても、それを目当てにファンが細々と来るようなお店でも良いと思う。儲かりませんが。 全部が、必死に営業努力するような社会は、 偽物というと大げさかもしれませんが、どこか白々しい感じも残る。 そりゃ良くできたフェイク、良く言えばアトラクションのようなものかも知れませんが、 雰囲気を楽しむには十分かも知れませんが、本物じゃない気もする。
2010/12/28軽井沢日記
ピンチに陥った時、
普段からピンチに陥らないように、前もって色々やるんですが陥る時は陥る。 この歳にしてなんでこんな思いせにゃならぬ、と情けなくなります。 されど、荘子を持ち出すまでもなく、世の中、なにがどうつながるかは、実は全く決まっていません。 それ自体で善し悪しが決まるものなんぞはない。 ピンチの後に良い事が待っているかも知れないし、一時の幸運が人生の深い奈落の始まりになることさえある。 逃げた馬が牝馬を連れて帰ってくるかも知れないし、その後連れ去られた牝馬を追って、 隣の村人が襲撃をかけてくるかも知れない。 肝心な事は、何が起きたとしても、結局は良い方向へつなげる事と思う。 そうして人生の終わりにふり返ってみて大きな心残りがなければ、良しとしよう。

で、周りから見ていれば、もしくは後から振り返ればその通りであったとしても、 ピンチの真っ最中にいる時にはそんな余裕はない。 じゃあ、どうするか? 1つは、「自分を信じること」。
これにはコツがあって、普段いい加減な生き方をしていて、そのときばかり調子よく信じようとしても、そうそう信じられるわけがない。 俺様がいい加減なことは自分が一番よく知っている。 これが出来るようになるには、普段から自分で自分を信じられるくらいの生き方をしておく必要がある。つまり、精進しておくことだ。 精進と努力は似てますが、欲をかいてないところが違う。
精進していたら、敢て信じようとしなくても信じられる場合が多い。
されど、精進してたからっていつもも信じられるかどうかは分からない。 そもそも、信じられるものなら信じようとしなくても信じているわけで、それならピンチに陥らない。 信じるに足りる根拠がないから敢て信じるという行為が必要となる訳で、 もっとピンチに陥ったら、やっぱり最後は「自分を信じる」事だと思う。 理由はない。

されど、自分一人の力なんぞ高が知れている。 もっと簡単で確実に有効な方法は、一人で戦わないことだ。 良い友、仲間を回りに揃えておくことだ。 揃えておくと書くと偉そうだが、揃えようと思っても揃うものじゃない。 そんな下心は直ぐに見透かされて、大切な人は遠くへ立ち去って行くかも知れない。 普段から自分がそれなりの生き方をしていれば、揃えようと思わなくても揃っている と表現すべきかも知れない。
おぉ、又しても普段の生き方か?
さりとて、大した事をする必要もない。その人のために何かやって上げたとしたら、その時点で「やってあげたのに..」、とつながる可能性がる。 友というのはそういうものじゃない。そいつが、そいつで居てくれさえすればよい。 それだけでこちらも勇気付けられるというものだ。 その「そいつ」は別にビシっと決まった奴じゃなくても良い。 自分も頑張ろうと思う。思わないかも知れませんが。 駄目なままなら駄目なままでも良い。ま、何でもよい、彼が彼でありさえすれば。
で、そうなるには相手がどうのこうのと言う前に、自分がある程度決まってくる必要がある。 自分がどういう人間なのか、それを言葉で表現するのは難しくとも、 何某かある「覚悟」を持って、無理に決める必要もありませんし、下手に決めると自縛しちゃいますが、これが自分だというものが見えてくる必要がある。 今、振り返るとそう思うが、若いときの私は自分で自分がまったく見えてなかった。 なのでそう思う。

で、この歳になり我が身を振り返ると、 これまでも何度も大きなピンチに遭遇しましたが、それらのみならず、 そのときは何気ないある出来事も、それら1つ1つがつながって今の自分があることがよく分かる。それらのどの1つも欠けては、今の自分がないような。 そんなもの、狙ってやるほど私は頭は良くない。 私の能力を超えてます。 なるべくしてなった。 私にしてみたら、何某か導かれて、というと大げさですが、 なんだ、オイラはこういう人生を送る人だったんだ、と感じることが多くなった。 なんだ「生かされている」だけじゃん。
なんだか知らないが、今は軽井沢に住んでいる。で楽しい!
だったら、今回のピンチもきっと上手く行く。 上手く行かなかったとしても、それはその次、もっと上手く行くための出来事として、とらえるらえる事にした。 同じ苦労をするなら、苦労してやるより、ワイワイ楽しくやった方が楽しい。 上手く行くかもしれないし結局駄目かもしれませんが。
そもそも、今の私の力だけじゃどうしようもなくてピンチに陥る訳で、 今のこのピンチは、今の私の力の限界を突き破るチャンスなんだと思えるようになってきた。そしたら、もっと楽しいことが起きるに違いないと。

そうは言っても足りないものだらけの私、根はぐーたら。 なので、ほんの少し、いつもの道を逸れただけで直ぐにピン〜チに陥る。 君子じゃないけどなるべく危うきには近寄らないようにしようっと。

2010/12/27軽井沢日記
私が確認したのは、-6℃まで。 寒いのは寒いですが、-10℃は記録しなかったんじゃないか知らん?
因みに明朝も -9℃の予報ですね。

畑に行ってきた。
紫大根は全部採ってきたんだが、遅すぎたみたい。 かなりな割合で、凍って駄目になっていた。
カブはまだ大丈夫。こんな寒い中、先週よりも成長していた。
ニンジンは越冬させるつもり。でも気になるので指を突っ込んで大きさを見てみたら、2cm弱には育っているみたいだ。
畑の傍に軽井沢○○○○○○というちょっとお洒落なカフェレストラン?ががあるんだが、 いつもは泥だらけになるので立ち寄らず、初めて行ってみた。 店内は BOSE のスピーカーでそろえてあったんですが、禁煙。 で、ウェイトレスさんから、いきなり○○さんですよね? と言われて、びっくり。 嫁さん関係の知り合いだった。軽井沢は狭い。 目立たないようにそ〜っと生きてるつもりが、変なこと出来ないぞっと。

薪も1週間分くらいは移動した。

内の神経細胞、ニコチンで再生 金大・米田教授ら確認
目一杯再生して、こんなもんか、というのもありますが。

カインズホームに行ったら、約3500円で地デジチューナーを売っていたので買って来た。早速、台所の液晶TVにつないで見る。へ〜っ、ちゃんと映るじゃん。 我が家、最初の地デジです。 音はイマイチな気がしますが、なんなって 3500円。多くは望まん。
アナログと両方つけていると、たしかにデジタルは遅れてる。


暇じゃないんですが、気晴らしにレンズを何本か取り出して取り出して撮り比べてみた。 アナログレンズはデジタルと相性があってフィルム時代の常識が使えない場合もある。 最初に気になるのがフレアー。 フィルム時代は軽く残っているフレアーがバイアスになって、上手く機能する場合も あったみたいですが、これ、デジタルになるとモロ写る。 モロに写ってコントラストが下がる。 黒が黒にならなず、フレアーの色になる。 デジタルでも、受光素子が変わると相性も変わる場合があるとの事。 さらに日々進歩しているので、今の評価が未来の評価とならないかも知れない。 今の評価は、今のカメラボディで実際に撮ってみないと分からないが、 実際に撮り比べてみて、思っていた以上に差があった。

○ FA20-35 F4 いつも使っている奴。キットレンズより上質に映るのは確認済み(値段が違うので当たり前か?)。 開放からコントラスト高くてバリバリ、硬質に映る。逆に柔らかく撮るには向かない。解像度も十分ある。このレンズ、こんなに使うとは思わなんだ。 このレンズ、まだカタログに載っている現役なんですが(しかも、買った時より2万円くらい定価が上がっている、良くみたら made in Japan ベトナムじゃない)、たしかにデジタル時代にも十分使えると思う。 広角側が弱いし、ズーム比も小さいが、今じゃ十分気に入ってる。

◎ FA★28-70 F2.8 いつも使っている奴。コントラスト高い、開放だと色が滲んで悲惨なことになるが、絞るにつれ上品なまま鮮鋭度は増す。解像度も高い。絞りによって性格が変わるので上手く撮れると楽しい。でもデカイ。 それに、望遠側、もう少し欲しいと思うときが最近増えた。

× FA28-70 F4 コントラスト低い、フレアー多い、絞ればそれなりにバリバリになる。AF は早くてフィルム時代は一番使ったレンズなんですが、このフレアーじゃデジタルじゃ使えん。今常用しているF2.8 はレンズが大きくて重い。そこそこだったら替わりにこちらを常用にしようと思って今回取り出して撮り比べたが無理だ。

△ FA★80-200 F2.8 解像度も高く、階調も多く、周辺でも画像が乱れず画面もフラットで素性が良いレンズってことは分かりますが、フレアーが酷くて黒が沈まず、コントラストは低い。絞ってもそれほどコントラストが上がらない。色も紫色になる。 人物のアップとか、状況に因っては、とても綺麗に写るんですが、使いこなしは私には難しい。フィルムの時ほど上手く撮れず、デジタルとは相性悪いかも。

○ FA80-320 F4.5-F5.6 意外なことに、コントラスト高い、ぱっと見は綺麗。解像度も思った以上にある。安いレンズでフィルム時代は評判もイマイチどころか酷評されていたんだが、なんだ使えるじゃん。 望遠側 320mm はフルサイズ換算あと、480mm にもなる! これも常用にしちゃおうか知らん?
でも、AF 遅い、迷う、外れる。イライラする。MF にしてもピントリングの操作がスムーズじゃなくて使いづらい。ズームも重い。

◎ FA★85 F1.4 開放でもコントラストはそれほど低くはない。色ずれ多いんだが、 周辺も全く乱れず、ときどきハッとするくらい綺麗に写る。この大人の感じ、たまらん。最短距離が 75cm なのであまり近くは撮れない。

△ FA50 F1.4 これも現役なんですが、コントラストは低い、色ずれは多い。絞ってもバリバリにならん。柔らかく映る。 こういう写りはデジタルレンズじゃ無理かも。 85mm と同じF1.4 で明るいレンズはそれなり必要な状況もある。85mm はでかいが、これはコンパクトなので、これも持ち歩こうか知らん?

○ FA100 F2.8 Macro 私の持っているレンズで解像度は一番ある。 最初にデジタル化されて廃盤になったレンズなので相性悪いのかと思ったら、 フレアーもそれほど酷くはない。私的には十分使える。AF は遅いし、迷うんですが、このレンズは殆どマニュアルで撮るので関係なし。


2010/12/26軽井沢日記
気がついたら、雪が薄っすらと降ってました。 積雪1〜2cmってところでしょうか?
庭を欲見たら、耕耘機のカバーがなくなって耕耘機がむき出しになっている! あ、昨日は風が強かったですからねぇ。 探さないと。上手く見つかればよいのですが、高いんだよなあ。 赤いホンダのカバーです。見つけ方がいらっしゃったら連絡ください。 お礼にジャガイモ差し上げます。 見つからなかったら、ブルーシートかな?

おっ、今日は2匹で来た。
リスなんですけどね、彼女できたんかい?

PS.耕耘機のカバーありました。
あの風だとそんなんところに留まる訳ない場所、耕耘機の脇にありましたから、 だれかが拾って丸めて置いてくれたんだと思います。 ありがとうございました > やってくれた人。

今日は南側は晴れているんですが、浅間の上から雲が伸びてきて時々雪が舞います。 晴れ、ところどころ吹雪、といった天気です。 因みに気温は、午後の2時ですが-1℃、久しぶりに寒いです。

お、明朝-10℃予報が出てます。
85mm シリーズです。
なんてことのない風景。積雪1cmですが、まあ、アップしてみてくださいな。 2重窓ガラスを通しての写真ですが、レンズの威力を思わず感じて仕舞います。
「紅マドンナ」というミカンらしい。
私は普通の早生ミカンの方が好き。
有名な国宝級の陶芸家の奥さんが開催されている陶芸教室で習っているお生徒さんの作品のきゅうす。
Tです。
2010/12/25軽井沢日記
どっこいまだ大して寒くはありません。 嘘です、薪を少し運びましたが作業開始の時は寒かった。 作業し始めると直ぐ、体が温まってきて今は暑い。


お腹の太さはさておいて、 上が、20-35mm の 35mm 側 F4.5 で撮ったもの。 下が、85mm の F1.4 です。 焦点距離が下の方が長いので下の方が少し大きく写ってますが、遠くから撮ってます。
薪ストーブの前の絨毯なので木屑とか落ちてますが、それもさておき、 この2枚の写真はTの頭が持ち上がって3Dに見えるように狙って撮った ものです。上もまあまあですが、下の 85mm/F1.4 のボケは凄い。 滅多に使わないF値ですが、 明るいレンズじゃないと物理的に撮れない写真がある。 こういうのを見ちゃうと、多少色ずれしようがどうした、明るいレンズ欲しくなりますよね。 またこのレンズ、アナログなので色ずれは仕方ないとしても、明るい割りにはにじみが少ない。いつも使っている 28-70mm の F2.8 の滲みと比べると顕著。 お気に入りのレンズなですが、勿体無くてあまり使ってない(^^;)。

2010/12/24軽井沢日記
昨日は暖かくて雨だったんですが、今日、空が晴れると浅間はまた白くなってました。 上の方は雪だったんですね。
今年は今のところそんなに寒くありませんが、今日から寒くなるみたい。 クリスマスはホワイトクリスマスが期待出来そうです。

まあ、頭の痛い問題は多い。
その1つに、我が家は丁度その季節なんですが、介護の問題がある。
医者から「もうお一人暮らしは無理です」と言われて、退院したんですが、 軽井沢に来て貰っても構わないのですが、なんの問題解決にもならない。 そうしたら、ちょうど定職にもつかずフリーターをやっている甥が居て、今暇だから一色住んでも良いよと、言ってくれた。 退院した老人は超気むずかしい人なんで、無理だろうと思ったんですが、甥の方は意外に平気。 二極化している最近の若い人の分類でいうと落ちこぼれ側になるのか知らん? フラフラしていて、性格は大人しくてはっきりしないヤツなんですが、こういう姿をみると、こういう生き方も時代の「圧力が」産んだのかも知れないと思う次第。
しょーもない奴から、急に立派なお孫さんになってしまいました。

さて、 長い間仕事していると、我々の職種だといろいろなお客さんのところで作業する機会がありますが、会社によって待遇はかなり違います。 昼食は、客先の食堂を利用する場合も多いのですが、それ1つにしたってかなり違います。 在るA社だと、例えば昼食近くになると社員が12時からは社員で混みますから、 先に空いている時間に召し上がってくださいと気遣いしてくれる。 ところが、在るB社だと、12時からは我々社員が利用する時間帯、お前達は12:30以降に利用するように、とくる。 昨今、派遣工の扱いが問題になってましたが、彼等がどんな扱いを受けているの凡そ想像付いちゃいます。 確かに外注ではありますが、前者はパートナーとして一緒にやってゆこうというスタンスが見えますが、後者は上から目線で感じ悪いです。 直接の担当者は概ね感じ良いんですが、社風として確かにそういう違いはある。
その違いは、受付の守衛さんの態度に現れている場合が多い。 こちらが挨拶してもろくに返事を返さないような会社は、概ね会社全体がそんな感じ。 A社の守衛さんは皆さん明るいし、顔も直ぐに覚えてくれます。
なので、多少の価格の違いなら高くともA社を応援しようと思うんだが、 残念ながらA社で私が今欲しいものはない。以前はA社の製品、幾つか持ってたんですけどね。
それに対して、派遣の扱いで評判悪い会社の製品は幾ら安くてもモノが良くても買わない。 私がそれ徹底しても影響ないと思うんですけどね、気持ちの問題です。
安いからと言って買わない。 賢い消費者が社会的に良い企業の製品を買って応援するのがこれからの社会。 だとは思うんですが、そのパタゴニアも○○さんの話だと、日本の社員の扱いは酷いらしい。なんだ、自分たちだけか!?

そりゃそうと実写版ヤマト、主演の○○のお陰ですっかり見る気がしませんが、 作品自体は面白いみたいですね。その○○が宣伝している○○○のカメラ。 ○○○を欲しがるくらいだから、硬派だと思うんですが、そういう人に効果があると思えないんだが、 K-5 と対抗機種のCMにまだ出てますね。 まだキャノンの渡辺謙の方がマシと思う。 我らがペンタックスは貧乏なので?俳優さんなんぞ使いません。

2010/12/23軽井沢日記
カフェコンさん 改築中です。 来春、新しいお店がオープンするハズですが、慣れた可愛い小さなお店はすっかり取り壊されてしまい、少し寂しい。
駅前角の「三喜」もひとまず終わってしまいました。
あのオヤジさん(見た目ほど恐くないんですが)、 すわ、町議選に出るんじゃないかと噂されてましたが、そうじゃなくて腰の治療に当たられるそうです。元気になって、また再開して下さい。


さて、軽井沢は来年そうそう町長選挙です。
今回は3人が立候補予定で、前回と違って、すでに一部では盛り上がってます。 前々回の時は、軽井沢の2大建設会社を巻き込んで、真っ二つに分かれて盛り上がったみたいですが、今回はそれとは違います。 というのは、軽井沢出身の人じゃない大浦氏が立候補したことが大きい。 確か中軽井沢にお住いで、 町議に立候補した時には後ろに「星野」が付いているんじゃないかとか噂されました。 その後、決別したという話もあり、本当の事は分かりません。 しかし、明らかに他の2人やこれまでの立候補者とは違う様に見えます。 まあ、軽井沢は他の田舎とは違うと言っても、やはり田舎で、 田舎独自のどーにもならんしがらみがある。 軽井沢出身の人には改革は難しい側面は確かにある。 されど、ソ連の終わりにはゴルビーが出てきたように、内部から改革しようとする勢力が出てこないという保障もない。 よそ者に好き勝手させない。 移住者が町長になると当然反発も凄いと思うが、その反発の中でどれだけ出来るのか、現在町議で活躍中ですが、それだけ見てもまだ計り知れない。 軽井沢新聞に掲載されたアンケートの結果をみるかぎりかなり変わりそうだという期待があるが、民主党の政権交代みたいに、全く期待外れに終わるかも知れないという可能性も残る。

今回立候補の藤巻氏は現観光協会会長です。
皆さんご存じの通り塩沢でタリアセンをされてます。 前回は現町長を応援してましたし現町長派と見なされてますが、私が見るところ、現町長とはかなり違う。 もっとずっとリベラルに思える。藤巻氏なら違うことをやってくれるかも知れないという 期待もないことない。今回じゃなくて、前回も出れば良かったのに。

上原氏は、前回も立候補しました旧軽井沢の人です。 現在、町議でご活躍中。 当たりは柔らかくて人は良さそうなんですが、これだけ難しい町の中で、どれだけリーダーシップを取れるか、多少疑問は残る。 例えば、現在問題になっている中軽井沢駅舎の建て替えも、 大浦氏は中止を明確に打ち出しているのに対して (藤巻氏は勿論賛成)、上原氏は曖昧な返答でおわってます。
軽井沢は私も含めて移住者が多いのですが、 軽井沢は前回と比べて更に増えてます。前回も移住組の中では上原氏の方が得票率が高かったといいます。 しかし、今回は移住組の票は大浦さんに流れそうな気配も無きにしもあらず。 そうなってしまうと、一気に藤巻氏と大浦氏の一騎打ちの様相を呈する可能性があります が、分かれちゃうと藤巻氏が楽々当選と思います。
さて、どうなることでしょう?

2010/12/22軽井沢日記
今日は6℃もある。
上着(パーカー)を着てくるのを忘れてフリースだけで出社してしまう。

★★★★ 久しぶりに DVD を借りて観た。
普通に面白かった。
特に観たかった訳じゃないんですが、嫁さんが好きな女優さんが出演しているので 借りてみただけ。
太りすぎてプロ意識に欠ける、とは嫁さん談。
今欲しいのがこれ。
初期不良が出終わって、 キャッシュバックキャンペーンが始まるころが狙い目か?

レンズが迷うところ。
普段持ち歩いているのは、20-35 と 28-70 なので、これ1本で超えてしまう。 で、最新のデジタルレンズで評判も良い。 ちょっと暗いが、それ以上に感度が上がっているので実用上は問題ない。 それに暗いレンズは概ね開放近くから使える。 45cm までしか寄れないのが気になるが、持ち歩いてのスナップや風景写真を撮る分には まったく困らないと思う。それどころか、これ簡易防水が付いているので、雨や雪の中でも撮る気になれば撮れる。私の場合は耐水性よりも耐ショック性能の方が重要な気も(^_^;)。
ね、迷うでしょう?(迷わないよ、という声が聞こえて来そう)
レンズセットにしても、割安感はないので、あとから必要になれば買うのでも良いかも知れない。

2010/12/21軽井沢日記



仕事帰り、つまり、早朝、畑に行ってみた。 一面、霜が降りた畑で(霜柱も立っていた)、カブ、凍っていた!
かわいそうに。でも食ったら美味かった。
これまであまり縁のある野菜でもなく、こんなに一度に一杯食ったのは始めてかも。

いろいろやろうと思ったんだが、 少し休むと、スタックされていた疲れがどんどん出てきて、動けず。 この際、今週はうんと楽して来週から頑張ることにした。 つまり、寝てばかりいた。


久しぶりに野鳥を撮ってみた。
自然のえさが無くなったのか、最近は凄い勢いで来るようになった。
くわえると直ぐに飛び去るので、もたもたしていると後姿ばかりになってしまいます。
選んでいる最中もなかなか止まらないので、ピントがあっていても野鳥はブレてしまいます。そこそこ明るくないと、シャッタースピードも上げられません。 この写真はちょっとピントが後ろかな?
ヤマカラが一番人懐っこいです。
餌なくなると、台所まで餌がないと訴えに来ます。
こいつは、ヒマワリをくわえた後、一瞬停止して決めポーズをとるので、その瞬間の写真は撮りやすい。


すいません、どーでもよい写真です。
単なる練習。
レンズはそれぞれに個性があって、このレンズならこうやるとこういう写りをするだろうと思ってそうなると、多少自信につながります。
で、嘘でも自信をもって撮ると、不思議なことにそれっぽくなります。

Kの方が多いので、たまにはTの写真もアップしてみる。
抱かれつつも、ほんの少し「不満」が顔に表れてます。
2010/12/20軽井沢日記
法人税が下がるらしい。 その分、どこへ行くんだ? 従業員に行く訳はないので良くて内部留保、本命は株主か?
その分税収が減り、社会保障は削減されて、ますます格差拡大ですね。
諫早湾、あれはギロチンだと言ってTVカメラの前で抗議してた人が今は総理大臣。 裁判で開門命令が出たのに開かない。あれはなんだったんだ?

尻、痒い。

PS.支持率上げるために、開門するみたいですね。
当時、干潟の浄化能力が正確には分かってなかった。 干潟は単にムツゴロウが住む場所だけじゃなくて、自然界のなかで実に多くの役割を担っていたわけです。 もう埋め立てちゃってますから、今更開門しても海は元には戻りません。 時既に遅しって感じです。

一週間くらい前か知らん? 忙しいと時間の経過が不正確になる。 西日本の各地で放射能が観測されて、すわ北朝鮮がまた核実験をやったか? はたまた、中国の原発が事故を起こしたかとネットじゃ大騒ぎになってました。 この時点じゃネットを見ている人しか知らない。 そしたら何のことはない、原因は日本の玄海原発だと言うじゃないですか。 世界一安全のハズの日本の原発でした。 ようやく表のメディアでもさわり部分が報道されるようになりましたが、 表のメディアなんぞこの程度のものです。
私個人は、原発は巨大技術で普通には人の手に負えるようなものじゃないと思う。

2010/12/19軽井沢日記
一昨日か知らん? 駐車場希望の場所に停められず、帰宅しようとおもった時には車はすっかり凍ってました。 取りあえずフロントガラスは氷解スプレーで解凍し、 リアガラスは熱線で融かし、運転席側と助手席側の窓はオープンにして走りだす。 で、走り始めると見る見る薄〜い結晶が幾つもフロントガラス上に成長し始める。 薄いのでウォッシャー液+ワイパーで拭き取れますが、拭き取っても拭き取っても成長する。
今日は凄いなあ、と思いつつ温度計をみると -6℃でした。

比較的良い天気が続いてます。軽井沢。 ネットに因ると、欧州は噂通り?1000年に一度の寒い冬になりそうな気配もありますが、今年の軽井沢はそれほど寒くありません。 これまでのところ雪は比較的多いですが、むしろ暖かい。 12月で比較すると、圧倒的に昨年の方が寒かったような気します。

割らないと!
庭、めちゃくちゃ!


最近の軽井沢の風景です。
助手席から、撮ってみました。

修理から戻ってきたレンズで、2枚目は逆光のテスト。
D-range の設定ONなんですが、アナログレンズなので強い光の周りはどうしても フレアーが出てデジタル専用レンズほどすっきり行きませんが、 まあこのレンズ、良い方だと思う。 ゴーストも所々でてますが、私は全く気になりません。

3枚目は薄雲がす〜っと晴れてきている最中の写真。 浅間の夜明けは、朝日に照らされてとても綺麗です。 雪が積もると朝焼けで赤く輝きます。
2010/12/18軽井沢日記
貧乏暇なし。相変わらず忙しい。
やりたいことは一杯あるのに進まん。
面白いこと発見した。超寝不足でボーッっとした状態で本を読んでいたら、もの凄い速さで読めた!
なんだ、速読できるじゃん。その時は理解したつもり。 でも、ホントにどれだけ身になるのかは分かりませんが。 どうせおバカな頭、下手に認識しようとしないのが良いのかも知れません。
でも、いい加減疲れてきてアトピーでてきた。

2010/12/17軽井沢日記
昨日の霙交じりの雨もすっかり上がって、晴れ間が見えてきました!
おじさんはこれから寝ます。寝とぼけてまた変なことしないようにしないと。
なんかやったとしても、寝とぼけているときの私は、私じゃないんですけど。

2010/12/16軽井沢日記
戻ってきたレンズ、ピントの調整を行った。
私の場合は、斜めに置いた新聞紙を撮影して調べるいい加減な調べ方ですが、 レンズを調整するんじゃなくて、調整するのはボディの方。 カメラのAF(オートフォーカス)がピピッっとなって、合ったことを知らせてくれますが、取れた画像を拡大して見ると、レンズの因ってぴったり合うものもあれば、少しずれる場合もあります。 AFセンサーとCMOS の位置がずれていたらなら、そりゃあピントが合わないのは 分かりますが、個々のレンズに因って合ったり合わなかったりするのは訳が分かりません。でも、実際調べると結構ずれているものです。
昔使っていたカメラは、裏メニューからやるしかなかったんですが(一律のみ)、 最近のカメラは、ピントの調整機能がメニューについてます。 全体で一律にも調整できますが、 レンズは、IDが割り振ってあるので、レンズ毎にも指定できます。 これ、やるとやらないのとでは写りかなり違う。必須の作業だと思う。
ぴったり合えば合うに越したことありませんが、ぴったり来ない場合は、 私の場合は、ほんの少し前ピンの方がしっくりくる見たいだ。 それに、調べていて分かったんですが、ホントに光源に因って上手くピントが合わない場合もあるんですね。これもレンズによって、影響を受けやすいレンズ、そうでないレンズとある。 最新のK−5は、この辺りもかなり利口になっているみたい。 K−5といえば、先日、ペンタックスフォーラムで触ったK−5は別次元だった。 私のは2世代前で、ペンタックスはAFが弱いといわれていた頃のモロ製品。 欲しいなあ、K−5。

手を伸ばすのが好きな猫は時々居ますよね。
こういう猫は珍しい。
初めて。
お得意のポーズです。
正面からはかんな感じ。
「銀残し」じゃないんですが(私のカメラには付いてない)、 それっぽく。
瞳が真っ黒なのが特徴です!

2010/12/15軽井沢日記
比較的良く寝ましたが、日曜の夜、また徹夜をやってしまい元も子もなし。
畑に様子を見に行くも暗くなってしまって、良くわからず。 当然、写真もなし。 大根とカブを少々、収穫してきた。 あんな時間に、他人が見たら、畑泥棒に見えたかも。
薪の移動はヘッドライトをつけてやった。
1週間は多分大丈夫。 今年は薪の消費量が少ない? んだが、 今年は薪を売るのをやめた。 昨年、ちょっと嫌な思いをしたもので。 値段そのもは納得できても、ああいうやり方はちょっとね。
間に入ってくれていた○○さん、すいません。
所用で小諸2往復。

それより、「痛い事件」発生。
後で写真を載せる。 そのまま載せようと思ったら、嫁さんから「待った!」がかかった。 どうしても載せるなら修正するから、それを載せろとさ。
載せました。クリックすると拡大しますが、汚いので心してクリックして下さい。
どうしたかと言うと、朝、誰かが来てピンポーン鳴らしてる。 ○○さんがお歳暮をもって訊ねてきて頂いていた。 私は、寝とぼけたまま出ようと思った。パンツ姿で。 ところが、我が家の寝室、ベッドが2つ並べてあって最近はどうしてか私が奧に寝ている。 嫁さんを跨がないと出られない。 嫁さんは寒がりで厚い布団なのでどこに足や手があるか良く分からない。 なので、頭の方、掛け布団がない場所を選んで踏んだ。 上手く跨いだつもりが、枕元の雑誌に足を取られて転んでしまう。 枕元はカラーボックスが横倒しで延長してあって上は雑誌等の物置になっている んですが、その角で、お尻をひっかいた。 パンツも破けた。新品だったのに。

お口直し。
これは是非、拡大して大画面で。
というわけで、今週末は、今のところ。。。
・畑に様子を見に行く(必須)
・軽井沢スモーキング倶楽部会合(高)
・庭の枯葉の掃除(その2)(高)
・畑から出たゴミを捨てる(高)
・薪割(低)
・薪の原木を貰いに行く(無理そう)
・トラクター台をつくる(低)

来週の週末の予定を考える前に、お歳暮を送らないと。
週末、3つ届いた。

ペンタックスのレンズ、修理代結構なお値段だったんですが、 の内訳をみたら、殆どが作業料だった。 いまどき、部品代はただみたいなもの。 手間賃を値切っちゃ駄目ですね。感謝。

2010/12/14軽井沢日記
雪、殆ど熔けてしまいました。なんだ。
道路なんぞ、朝から除雪車が走り回りあっという間でした。
少し寝たのでその分元気が戻ってきた!

嫁さんは携帯を持たずに席を外すと、携帯に電話が掛かってくる可能性が高い。 似たようなもので私は徹夜になって朝方寝るような日に限って、 寝たら直ぐ、電話で起こされる事が多い。 今日は、ペンタックス。落っことしてピントが回らなくなったレンズ、 修理が終わったとの報告。明日、届くらしいのは嬉しいが、 予想以上に費用がかかってしまいました(T_T)。

週末の予定
・畑に様子を見に行く(必須)
・薪の移動(必須)
・薪割(低)
・薪の原木を貰いに行く(無理そう)
・トラクター台をつくる(低)
・庭の枯葉の掃除(その2)
・畑から出たゴミを捨てる(高)
・寝る(中)

2010/12/13軽井沢日記
寝不足で頭が痛い。
私、子供のときから呂律が回らなくて言語障害気味で、人前で話すのは大嫌いだったんですが、最近、また、言語障害が酷くなってきたような。 同じように話しているつもりが、聞き返されるケースが多くなった。 頭、切れているかも知れませんね。
切れたら切れたでいいや。先に楽になります > 皆様。
暫くはゆっくり話すことを試みてみよう。 戦場カメラマンを真似するわけじゃありませんが。


もう殆ど朝なんですが、仕事がおわって外へ出てみたら雪積もってました。 5cmくらい積もってます。 もう、止んでますが。
今年一番の積雪。雪自体は何度目だろう?4回目?
もう少し起きてて日が明けて来たら写真でも撮りにでかけようか知らん?


2010/12/12軽井沢日記
寝不足で頭が痛い。
気晴らしに、日付を遡って、写真何枚か追加しておきました。
写真があると楽しいですが、面倒くさくって忙しいとつい(^_^;)。
これは私の S.Yairi YD-308 これまで何度か話題に出た奴。 当時20万円、お茶の水の谷口楽器で購入。 永久保障が付いていたんだが、会社が潰れた! 今なら Yahoo オークションで10倍くらいの値がつく場合もある。
私のはシリアル番号
YD 308 19390みたいですね。
学生時代、アルバイトしてお金を貯めて買った。
離れの日射しが柔らかくて良い感じだったので取り出して撮影してみた。 私、弾けないので殆ど新品!
引退したら老後のボケ防止で指動かして、練習する。
昔、こういう拍子のフォークソングブックが多かったような(^_^;)。

2010/12/11軽井沢日記
昨夜から降り始めた雪、まだ降ってます。
量は大したことありません。




朝です。
浅間山はまだ見えませんが、晴れて日射しがはいってくるようになりました。
青空が見えていての雪景色。とっても綺麗です!

午後です。
雪はもう殆ど融けちゃいました。
道路は普通タイヤでも全然OKです。でも夜は凍りますね。


さて、軽井沢にきて7年、いろいろ考えます。
ビジネス的には東京の方がそりゃあ有利です。
なんどもお話ししますが、肌感覚としての情報の質と量が違う。
これが一番大きな理由。 それに物理的な距離、移動は1時間強、ちょっとした郊外と同じなんですが、 こちらは気にしなくとも相手が気にします。 景気が良いと何もしなくとも田舎にまで仕事が溢れてくる場合もありますが、これだけ不況が続くと尚のこと辛い。
でもね、他のメンバーは知らんが、私は軽井沢に馴染んできた。
田舎といえば田舎なんですよね、所謂田舎とは違いますが都会じゃない。 そもそも長野は保守的な県です。 私の生まれ育った田舎も非常に保守が強い県で、よく似てます。

で「保守」、不思議な響きのある言葉ですが、保守というと右かな?とも思わなくも ないですが、私の知っている保守は違う。右も左も関係ない。 私は、保守的な奴というと、非常に頭の硬い爺さんや高圧的な態度を思い浮かべます。 私は戦後産まれでリベラルな教育を受けてきましたから、 そういう人を見ると、昔はバッカじゃないのと思った。 その「バッカじゃないの?」と言う言葉に心的な力動パワーを与えると、 軽蔑するとか差別するとかそう言う態度になってしまうと思うんですが、 なんたって、戦後産まれの本格的なリベラル?な私はそんなものはありません。 そういう人にも昔は見境いなく 「違いますよ」と反論(と言うほどのものでもありませんが)したものです。 正確に言うと、反論するつもりもなくて、疑問をぶつけました。
その1つが、以前もお話ししましたが小学校低学年の時ですが「食べ物は粗末にしちゃいけない」という人に対する私の「なんで?」があります。 その時、その保守的な人は「農家が一生懸命つくったものだから」と答えた。 そこで私は「農家なら、消費者が粗末にしてくれて、次々買ってくれた方が儲かって喜ぶよ」と言っちゃったものだから、こてんぱんに叱られました。
別に相手を非難した訳じゃ在りません。 彼が言う農家云々も理由の1つかも知れませんが、十分じゃない。現にそういう農家ばかりじゃないという事を言いたかっただけです。

今にして思えば、農家が云々という答えは間違いです。
つまり、その保守的な彼もその理由は分かってないんです。 本人、理由も分からずにそうだと思っている(信じてる)。 なので他人の言うことに耳を貸さない。 自分でも分かっていないものを説明しようとするから、教条的になったり、 場合によっては高圧的になったりする。 と言うだけの話であって、保守独特の態度は粗方説明出来る。
保守の諸兄も、その理由を分かっていないことは、素直に認めた方が良い。 そもそも、その理由を分かっていないことは、即それが正しくないこととはつながらない。世の中、理由は分からぬとも正しいものは幾つもある。 保守的な人々は、 数十年、否、数百年、もしかすると1000年以上そういう生き方を続けてきた訳で、 続けられたということは、それなりの「根拠」はあると考えた方が自然。 それが現代も有効かどうかは別にして、それが生成した当時はあったに違いない、 と私は思う。

理由も分かってない保守的な生き方をしている人、って何だ?
無知なインディアンか原住民か?
中には、私の幼少期のように素朴な子供に向かってまで、こっぴどく叱る人も居ますが、 そこで終わっちゃうと私も保守的な人々に対する偏見が芽生えたかも知れませんが、 よい子はそんなもの心に抱えちゃ駄目です。偏狭な大人になります。
そこで終わらないのが人生。 保守系の人の中には、子供のそういう素朴な質問にも辛抱強く延々答えられる人が居る。 私の疑問が全てクリアにされ、私がそれまで浅薄に生きていたことを思い知る。 つまり、そうするにはそうするだけの理由はある。成る程、と思うような。 私はそういう人と何人も知り遇い(出会い)教わった。
それでも、他方で、理由も分かってないで保守的な生き方をしている人がいます。 ならば、言わば彼等は、古代から受け継ぐ人知を超えた「真理」を担い、将来に 伝えるための民のようなものだと喩えることができる。
戦後の根無し草とは訳が違う。

だから、素朴な疑問に答えられない「保守の素朴な民」も卑下することはないもない。 怒る(ので、話が面倒になりますが、その)必要もないんですが。 そもそも、ゲーデルの不確定性原理を知るなら、世の中、証明できる事の方がはるかに少ない事を知るだろう。逆に、その正しさが証明できないが、しかし実は正しいことは無数に存在することを「理論的」に証明しているのがこの原理。 なので、素朴な疑問に答えられない「保守の素朴な民」を見下す人は、居るとしたら、 その人の態度は「科学的」ですらない。「保守の民」は知らないだけ。 見下す人は、知らないどころか間違っている。
正しいものなら、今は説明できなくとも、そのうち「科学的」にも証明される日が来るかもしれない。 現にそういうもの、つまり、昔から言われ伝えられてきたものが、実は科学的にも根拠があった事、幾つも証明されてます。 少なくとも、証明できなくても正しいものは存在して、それは科学とは矛盾しない。 つまり「保守はホントの科学と即矛盾することはない」。

ところが、一見「科学的な態度」の人の中に、ホントは科学的じゃない人が居るので、 これまた話が面倒になる。 こういう連中がマスコミと一緒になって世論を創り上げる。 困ったものだ。
彼等は「保守的な民」を小馬鹿にする。
別に貴兄の事、言ってません。
私、東京に住んでいたときは、日本が良くならないのは、田舎が保守的で改革革新を理解しないからだと思ってました。そのくせ、都会の税金は田舎で使われる。 言葉は悪いのですが、田舎は東京のお荷物のように感じてました。はい、典型的なB層でした。
しかしね、日本中を改造していたら今頃どうなっていたか想像してごらん?
途中で止まったから、まだ田舎に行けば自然は一杯残っているし、 美味しい水も空気も食料も都会に供給することが出来てます。
目先の経済的理由だけで、重要な物事を判断してはならない、と思う。

で、その「保守の民」ですが、実はいうほど頭硬くもなくて、高圧的でもない。 見も知らぬ人にはそうかも知れませんが、向こうもこちらを分かってきて 多少変だが悪い奴じゃないと分かってくれると、信頼を得るに従って 徐々に心を開いてうち解けられる様になる。 「ふん、田舎者め!」みたいな上から目線の態度じゃ駄目です。
結構、居心地良いです。
うん、たしかに子供の頃、私はこうやって生きていた。

話は戻って、軽井沢という田舎に馴染んできたんですが、 私の人生で年数からすると都会暮らしの方が長い。 そこで生きてきて、そのスタイルも多少は慣れ親しんできた。 まあ、都会も都会で住むと心地良い。 今、自分の生き方を顧みるにまったくもって中途半端ですね。
心身ともに田舎者になって「保守の民」と一緒に生きる手もある。 ところが、保守の民って、お金持ってない。 いくら保守の民でも大金掴まされると、中には気が変わる奴が居てもおかしくはない。 この辺り、上手くできている。なので、彼等を相手に商売しようとおもっても商売にならない。 そう生きると決心したら、今迄みたいな都会的?な暮らしは放棄せざるを得なくなる。
他方、田舎にひっこんでしまった手前、ハンデはがあるのでこれまで以上努力する必要がありますが、これまでみたいに都会の「彼等」と一緒に、彼等のビジネスの輪に参加させてもらって生きる手もある。動いている金額の桁が違う。 彼等にしたら微々たる金額のおこぼれかもしれませんが、田舎暮らしの私にしたら超大金!
私にするとこれ、結構大きな選択ですが慌てて決める必要もない気もする。 むしろ、中途半端が自分らしいかなとも思う。
でも、以前にも増して、軽井沢に馴染んできたのは確か。 こんな事考えているくらいだから。

付録:なぜ粗末にしちゃ駄目か?( MrFlat の小学生向けの回答 )
食料は命です。種もお肉も魚も全部そう。 それを食うと言うことは、他の命を犠牲にして自分が生きるということです。 命を犠牲にすると言うことは、 その命が生きていたら、その命のみならず、その子孫もふくめて無限の可能性が あったハズ。それを根こそぎ奪うと言うことで、奪われた者にやり直しは出来ません。 奪っておいて、自分が生き残る訳です。 さりとて、食わずに自分が生き残ることは出来ない。 なので、粗末にするなと言うのは、粗末にするなと言っているのではなくて、 生き残ったお前が気合いを入れてそれなりの生き方をせよ、って事です。 それなりの生き方をしていれば、結果的にそうそう粗末にすることも在りませんが。
お百姓さん云々は理由の1つかも知れませんが大した理由じゃない。 でも、今年畑を借りて農業の物まねをして、命の健気さと大切さを再確認した。 こちらの方が100倍大きな理由と思う。

2010/12/10軽井沢日記


我が家には4台自転車があります。
私のが3台、1台は嫁さん用。全部ランドナーと呼ばれるオーダーして組んでもらったやつ。全部神田にあったお店アルプスにお願いした。バブル様々です。
さて、この4台、通常は玄関に2台置いて、他は客室というか離れの廊下に 自転車を設置する台を購入して2台吊してある(これは大して邪魔じゃない)。
上がカンパレコード2002 で組んだスーパークライマーで下がフィットネスバイク or クロスバイク風の嫁さんのマシン。2台とも私の自信作。
特に嫁さんのはそう。乗った瞬間に違いが分かる!
ところが、今年は玄関をジャガイモに占領された。
2台溢れた。


仕方ない。
1台は、暫く、ベランダに出しておいて先日しまいこんだが、ベランダは駄目だ。 汚れが酷い。あれじゃあ、高い自転車、直ぐに錆びて駄目になる。
仕方ないので、客室に取り込んだ。
これがその1台。
学生時代に組んだ奴。元はローバー
私、リアディレイラーのプーリーとプーリーの間が長いのが好きでみんな長い。 これはスーパーアルビー。
もう1台は、一番新しい奴で会社に起きっぱなしなんですが、これも長い。
近所を散歩するときに使っていたんですが、 邪魔で皆に迷惑かけているいので、これもそろそろ持って帰らないと。
つまり、全部、離れだなあ。この時期、誰も来ないと思うが、どーすんだよ。

自転車といえば、私、普段は自転車通勤にも使えるようにメッセンジャーバックを使ってます。
現在使っていたバック(シェラデザイン)が壊れてきて、先日カメラがバックこぼれて偉い事になってしました。こりゃあ(その都度修理じゃあ)我慢して壊れ掛かってきているバックを使い続けるより、安心な新しいバックを買い変えた方がお得に違いないと判断して、バックを買い直すことにした。 最初に買ったのがオルトリーブのバックだったんですが、これ完全防水でとても丈夫だったので今回、3つ目ですが、オルトリーブに戻してみた。 前回と同じ製品はもう作ってない。 で、今日、新しいオルトリーブが届いたんですが、なんだか新しいオルトリーブ、 ちょっと違う。以前使っていたオルトリーブの方がショルダーストラップも太いし、頑丈そうな気がする(^_^;)。

2010/12/9軽井沢日記
朝、少し浅間が見えてましたが、陽が開けるにしたがって雲がでてまるっきり見えませんでした。ところが、先ほど、また少し浅間が見えるようになると朝とは大違い。 白さが増してました。
雲の中、降って居るんですね、雪が。
今朝も結構寒かったんですが(でも気温は見直したんですが1℃、大したことない)、今も寒いです(気温と体感は単純には一致しません)。
この分だと、明日と言わず直ぐに降りはじめてもおかしくない雰囲気。

歩いていたら見知らぬ工事の方から、いきなり「寒くありませんか? 半ズボンで」と 声をかけられましたが、そのくらい今日は寒い。
女子高生はミニに素足です、と答えたかったんですが、。。。
確かに、今日はパーカーをフリースの上にあおって来たので、確かに見た目はバランス悪い。。。

PS.天気予報、今日の夜から軽井沢雪マークに変わりました!
今週末も -5℃らしいのですが、地面も冷えてきたので、次は前回の -5℃のような訳には行かないと思う。そろそろサンダル諦めて、例のブーツを出すか!?

東雲の台湾料理「萬里」が再開してた。
怪我されていたコックさんも復帰です。でもウエイトレスをやっていた○○○さんが辞めちゃったみたい。新しいウエイトレスさんに変わってました。 ○○○さん、一見無愛想なんですがシャイなだけ。 まあ、長野県民は皆さんシャイです。 そうは言っても、長く通っていると隠したって人柄が分かってくる。 他方仕事は早いし、間違えないし、気を遣わなくても良いし、私みたいな客には心地良くなってきていたのにちょっと残念。
まあ、お疲れ様でした。> ○○○さん。

保険屋さん続報、
全損したバイクの補償額ですが相手の担当者がその金額じゃ不満というなら、 こちらから資料を出せという。 そこで、こちらはインターネットで調べて、最安値と思われるものを10ページ分くらい印刷して Fax した。 近くのバイク屋さんは、もっと高い。 いずれにせよ、向こうが提出した査定金額じゃ代わりのバイクは見つからない。
で、送って、1週間以上優に経ちますが全く反応なし。 直ぐに対応できない場合は「Fax 受け取りました」くらい返事しないか? 普通。
埒が明かないので、こちらの保険の特約をつかって弁護士さんを入れるようです。 特約、つけておくと役立つこともあるんだ!
相手の損保は「あいおいニッセイ同和損保」なんですけどね。
感覚的には私が抗議したときに対応してくれた上司も含めて単にマニュアル通りやっているって感じ。 そのマニュアル上では私はきっとクレーマーに分類されているに違いない。 失礼な!

2010/12/8軽井沢日記
今日は少し雲が多い。まあ、それでも晴れてます。
忙しい。

2010/12/7軽井沢日記
うわっ、夜が明けたら、浅間が白くなってる!
正確には、朝日に赤く輝いて、綺麗!



お昼に起きたら、少し解けちゃいましたね。残念。

2日間で、自転車は片付けた。
軽トラも空にした。
庭の枯葉の掃除もした。
畑の様子も見てきた。
あまり、寝られなかった。体調悪し。

2010/12/6軽井沢日記
東京は暑かった。それに風が凄かった。
新幹線が軽井沢に着いて降りてみると、サブ〜っ!!
雪がチラホラ舞ってます。
○○さん情報だと北軽井沢は積もり始めているとか。 明日は無理かも。。。。

初めてペンタックス・フォーラムに行きました。
我がペンタックスのボディは無事でした。清掃だけで済みました。 来週頭には、レンズも戻ってくることでしょう。
いろいろ掲示板では噂されているペンタックスフォーラムですが、感じ良かったです。 でも、一人中年の男性で酷い苦情を申し立てている人が居ました。 LX を持っているような人なので、拘りがあるのは分かるんですが。 受付の人も大変ですね。
1時間くらい待たされて、その間 K-5 645D も触ってきました。
AF は私の K-20D とは比べものにならないくらい進化しているのは分かった。 18-135 のレンズはイマイチかな。これならボディだけで良いかも。 それに、K-5 のグリップは私にはちょっと浅い。 K-20D のオリジナルよりは非常に浅くて、そのせいか純正でより大きめのグリップへの交換サービスがあります。 私のはもグリップ交換してありますが、もっと深くても良いくらい。 それに対して、645D のグリップの方が格段に握りやすかったです。
因みに、今日の点検と掃除で費用は丁度1050円です!

2010/12/5軽井沢日記
雨です。
昨夜夕食に出たときは、雪っぽかったんですが、その後気温が6℃にも上がって、これじゃあ雪にはなりようもありません。 この雨、どのくらい降るんでしょう? 落ち葉がぬれてしまうと、週末の掃除でブロアーで飛ばなくなるので、嫌だなあ。

パラダイスさん情報によると、 今週末、北軽井沢は雪マークらしい。
時間が取れたら北軽井沢の新井さんのところまで、薪の原木を貰いに行こうと思ってましたが、無理か? そしたら、来春だなあ。
やっぱり浅間は、北側だとかなり白いらしい。 Paradise さんの、1週間くらい前の写真 です。


先日、多分産まれて初めてだと思うんですが、生牡蠣を食った。
子供のころ、よく牡蠣は採りにいって、どういう所になっているか知っている。 今は、漁業権とかあって煩いのかもしれませんが、私が子供の頃は 牡蠣に限らず、自然の恵み、自前で採りに行く家庭も多かったと思う。 我が家にも名前は知りませんがカギ型の牡蠣を採るツールがあって、採りに行かされた。
私の育った町は、2種類の牡蠣が生息していて小さいのは何処にでもいる。 広島牡蠣とかの大きいヤツは、最初、見つけられなくて私の育った町には生息していないかと思っていたんですが、そのうち生息場所を発見した。 その場所というのは生活排水が流れ込むような、言わば富栄養な水の場所なんです。 と言っても昭和の中期で田舎で工場もありませんから、酷く汚染されてるといった場所でもないのですが、まあ泳げるような場所じゃない。 水の綺麗なところには小さいのしか居ない。 この印象が子供心にとても強く残っていて、ノロウイルス、 食中毒なんぞ当たり前、牡蠣の独特の臭いがドブ臭く感じて、 牡蠣好きなんですけど、牡蠣食うときは抵抗があります。 特に大きい牡蠣は食う気がしない。 食っても、必ず火を通して食ってました。牡蠣フライは大好き! 牡蠣のグラタンも大好き! なんですが。 どこかで生牡蠣がでると、いつも生牡蠣が好物の嫁さんにあげて、交換に別のものをもらってました。
今スーパー等で売られている牡蠣の実際の養殖地は綺麗な水の場所で育てているとは思いますが、どうにもね。

ところが先日、○○先生から、宮城産の特別な牡蠣を戴いた!
勿論、生。これ、牡蠣フライにしちゃうには見るからに勿体ない。罰当たりだよなあ。
嫁さんは白ワイン片手に、こりゃあうめぇやーとばかりばくばく食っている。
これは養殖、養殖と自分に言い聞かせて、食ってみた。
はい、凄ッげーっ、美味かったです。
結局、嫁さんが2/3、私が1/3、全部生で食っちゃいました。
○○先生、ありがとうございました。

2010/12/4軽井沢日記
完全に曇空です(冬っぽい、でも寒くない)。

少し、元気出てきたかも。
というのは、我が家は共働きで1台の車で出社しますが、男の人と女性とでは 出かける前に費やす時間が違う。 その間、暇なんですが、以前ならその時間差を利用して30分薪割りとかやっていたんですが、ここ最近は疲れてて少しでも寝たい。横になっている時が多かった。 今日は久しぶりに表にでて、薪の移動をやった。来週前半分までくらいはこれで大丈夫。

その薪ストーブですが、上の天板とういか、燃焼室の上の仕切り板、 先日説明したクリーンバーン用のパイプの上の板ですが、これ良く見ると 右側が少し反り返っている。暖めすぎたか?(^_^;)。
鋳物だとぶったたくと、割れちゃうし、今のままでも全然困らないのでこのままで使用しますが、 これ、壊れてきたと見るべきか、個性が出てきたと見るべきか、私は後者です。 なので、新品を買ってきて、傷ついても機能的に問題なければ全く気にならない ところか、ようやく我が家の子になったと親しみが湧きます。

萬里、12月に入りましたが、今日はまだ営業再開してませんね。
怪我の治りが遅れているのでしょうか?

私の車、リアスピーカーのカバーを取り替えたんですが、今度は反対側のリアスピーカーでビビリ音がする。これ、また寒い時期に私が無理にこじ開けてチェックしようとすると、爪が折れちゃったりするので、暖かくなってからか、もしくは、安中の整備工場に行った時にプロに見て貰おう。 確か、変なサイズのスピーカーが埋め込まれているんですが、これ、サードパーティで交換用のってあるのか知らん? 純正もまだ部品が残っているか怪しい。
私がチェックして爪を折っちゃった方は、まだスピーカーのエッジは全然平気だった。 左右で劣化が違うとしたら、例えば陽の光。 冷静に考えてみると、今度ビビリ音がしている方が、自宅に停めている位置だと夕方に陽が射し込んで当たってもおかしくない。
待てよ、そもそも、フロントスピーカーなんて陽があたらないのに、なんであんなに完全にエッジが抜けるんだ!? 不良品じゃないか? 今頃、腹が立ってきた。 取り替えたスピーカーが良い音なら、今頃思い返すこともなかったかも知れませんが、酷い音なもので。
最近、つくづく思うが、性能は良くて壊れやすいものは駄目だ。 壊れちゃえば、性能云々も全く意味がなくなる。 性能は程々でも、壊れないものだよ。丈夫が一番。
多分も同じ。 なまじっか才能あるより、健康が一番。 それに人間の機能(できること)は一定じゃない。 歩みは遅くとも努力していれば、程々のレベルまでなら行ける場合も多いし。


以下、メモ

週末 todo
自転車を片付ける(必須)
軽トラを空にする(必須)
・トラクター台をつくる(低)
・暇があったら北軽まで薪の原木を貰いに行く(中)
・庭の枯葉の掃除(必須)
・薪の移動(低)
・薪割り(低)
・畑に様子を見に行く(必須)
・畑から出たゴミを捨てる(高)
・寝る(中)

冬季 todo
・テーブルをつくる
・洗面所の棚の作り直し
・タイヤ保管庫をつくる

2010/12/3軽井沢日記
えっ、俺様って闇小作?   by NHK クローズアップ現代

疲れてくると、動作が緩慢になり且ついい加減になる。
いい加減なのは性格も大いに影響してますが、普段にも増していい加減になる。

・会社ではカメラを落とした。
寿命が縮まるおもいでしたが、フォーカシングスクリーンが外れただけで済んだ。 自分で何とか工夫して取り付け直したたが、汚い手でやったので指紋が付いてゴミが入った。 それに位置も微妙にずれた。今度、ペンタックスフォーラムに持参して 直して貰おうっと。

・自宅ではテーブルの上のレンズを取ろうとして、掴み損ねてレンズを床に落とした。
ピントリングが回らなくなった。以前もこれやって、そのときはどうにかしてたら直ったんだが、今回はどうにもならない。仕方ないので、ペンタックスに修理に出した。

新しい K-5 と 18-135 のレンズが欲しくなって、今あるのをぞんざいに扱っている訳ではありません。念の為。

さて、先日、贈り物が届いた。
送り主は、数ヶ月前、我が家の車がツルヤの駐車場でぶつけた例のビンテージな外車のオーナーさん。 中を開けてみると本だった。 この方は、元○○○の社員で、その時のご活躍でプロジェクトXにも出られた有名な方ってことはそのとき伺ってました。 その後○○大の教授をされていたとも聞きましたが、本も出されていたんですね。
楽しく読ませて頂きました。ありがとうございました。
ぶつけた上に本まで戴いて、面目ない(^_^;)。せめて、 アフィリエイトを貼って宣伝したいところですが、個人情報にひっかるかも知れないので我慢。
まあ、軽井沢は凄い人が来てます。面白い街です。
こちらに来て、色々な人と知り合いになりましたが、これ、東京にいたんじゃ 無理です。私ごとき、多分、口もきいて貰えないどろこか、一生出会うことさえないと思う。

2010/12/2軽井沢日記
今日は晴天です。
浅間の天辺、白さが増して輝いてます。雪が降るような天気じゃないと思うんですが、 朝晩は雲に隠れている時が多いのですが、やっぱり雪なんでしょうか? それとも、軽井沢、寒い夜には霜が降りますが(空気中で凍った細かい霜だと思うんですが、今年、晴れている日、平地でも何度かありました)、霜なんでしょうか?
えっ、それ霜じゃない?

今年は例年にも増して、まあ、色々いただき物があって、喰いきれないで配りまくったんですが、自然のもの、みてくれ悪いヤツとか差し上げようにもちょっとってのもある。 で、結局悪くなってしまう場合も。柿なんですけどね、じゃあ、って訳で、 ヒヨドリにやろうと思って餌台に置いておいたら、 ヒヨドリの餌は最近やってないので、そうそう直ぐにヒヨドリは来ませんが、 代わりに猿が来て、カプっとくわえて、持って行った!
このところ、多い。凄い数のグループとそうでもなグループの2グループあるみたいです。食い物、少なくなっているのかも知れませんね。
だからと言ってウチに来るな!

しかし、早いなあ。月日の経つのが。
この先、一気に年老いて死んじゃうんだろうと思うが、生きている間は人生楽しまないと。
人生を楽しむと言えば、 最近、嫌なことは考えないことにしている(脳天気だとしばしば非難されますが)。 しかし、考えてもどうにもならんこと、オバカな頭でくよくよ考えて悩み苦しみ、 ず〜っと嫌な気持ちで1年間過ごすのと、 忘れてしまって1年過ごすのとでは、同じ1年の月日が流れたとして、その間に蓄積したストレスの積分はずいぶん違うんじゃないかと思う。想像してみてもご覧なさい、片や、面白おかしく過ごして片やず〜っと暗い気持ちで過ごす訳でしょう、 別に状況が変わらなかったとしても、この差は大きい!
同じ結末を迎えるなら、絶対に面白おかしく生きた方がお得と思う。
そもそも、ず〜っとストレスに晒されていると性格悪くなりますし、周りも辛い。 ストレスは病気の原因にもなる。
問題の状況にしても、もし楽しく過ごしていたら何か良い考えが浮かぶかも知れませんが、 経験的に言って、ず〜っと落ち込んでいると浮かぶかもしれない良い考えがあったとしても、気が付かない時も多い。 考えてどうにかなるものならいざ知らず、ホントにそうじゃないものは、 考えてもどうにもならない訳で、 くよくよ考えることを止めて生きた方が、 それでもくよくよ考えて生きるよりは(若いときの俺様)、 結果を見ると、前者の方が良い結果になるケースが多いような気がする。
この歳になってもまだ迷ってばかりですが、気持ち的には大分吹っ切れてきたかも知れません。オラが人生こんなもの。こんなんでも、若いときに思い描いた自分の人生からすると100万倍上手く行ってる。これ以上なにを望まん。って、K-5 欲しいし、ブルーレイも欲しい。その前に地デジをなんとかしないと。他にも...。
単に、長男のB型はストレスに弱いって事かも知れませんが。

2010/12/1軽井沢日記
1日、フライングです。
やや雲が多いですが、まあ晴れてます。
明朝も寒いみたいです。

面白い話を聞きましたが、言えません。すいません。

いい加減疲れてきました。背中痛いし。
もうすぐお爺さんなんだから勘弁してよ。

そうこうしている内に、ホントに 12/1 になってしまいました。
早いですね。
で、なんだか、忙しいときは色々なものが集中する。 町の○○○○にも選ばれてしまうし(話が違うじゃん! > ○○さん)、今、流行の○○○○にも 選ばれてしまう。ひょぇ〜っ、私みたいな偏った思想の人は選ばれないんじゃないんかい? それとも放っておくと何するか分からない。 あまり変な事を言ったり行ったりしないように、チェックされているのか 知らん?
多少変なことしても私に世間に対する影響力なんかないので、それは考えすぎですね。 単に年齢的なものですね。って、まだ私は引退してないし、忙しいんですが。。。 勘弁して欲しい。






ご注意:ここで述べられていることは、個人の単なる主観、インプレッションであり 客観的な事実でない場合もあります。
B型性格で、 多少誇張した表現や誤解を招きやすい表現があるかも知れませんが、 誹謗中傷する意図はありません。


Copyright Mr.Flat