Mr.Flat の軽井沢日記

自己紹介:美しい村軽井沢は日本のマチュピチュです。
そんな軽井沢へ、アーバンデザインさんにお世話になり、2003/1、極寒の冬に越してきました。
現在、軽井沢ライフを200% 満喫しております。
軽井沢リゾートライフをお考えの方に
いまさら参考になるようなものは書けませんが、 こんな私でも軽井沢を楽しんでます、 って意味で、もう暫くの間、軽井沢日記を書かせて貰います。

軽井沢移住計画(まとめ)をこちらで作成中。

注意:日付は(数日したためた後で)表に出した日付でその日の出来事とは違う場合があります。
通し番号のようなもの、もしくは夏休みの日記と同じとお考え下さい。
前後、2週間程度は余裕を見てください。
必要な時には随時本当に日付を文中に記します。
基本的に嘘は書きませんが、産まれ持った性格的にお調子者の気があり、多少表現がオーバになったりするかも知れません。
又、思いこみや早とちりも多い方で、本人は事実と思っても、実際は違っている場合もあります。
後から気が付いた場合は訂正するように致しますが、
その辺り差っ引いて(加味して?)ご判断下さい。

アーバンデザインさんについて
物件を探すにあたって、最初は「欲しいリゾート」とか見て幾つかの不動産屋さんにも入りました。
小さな不動産やさんのアーバンデザインさんは最後でしたが、その後はず〜っとアーバンさんに紹介受けました。
不動産屋さんなのにとっても正直で真摯な、少し変わった不動産屋さんです。
アフターフォローも万全、水抜きの方法をはじめ軽井沢生活のノウハウを色々教わりました。
サラリーマン不動産社員とは、ひと味もふた味も違います。
自信を持ってお勧めします。
お金のある人も私みたいにない人も、先ずは、アーバンデザインさんまで訪ねて相談して見よう!


リンク


中山たばこ  パラダイス  古月堂  ブロンコ  丸寛食堂 
萬里(ばんり) 赤バス  三和良一研究所 軽井沢-ON.com
カフェイーナ  小野崎純 チェロ奏者 
ペンション・シルバーストン 

銅鍋の寺山さんのサイト  五月野自転車 
小名工務店   ドイツ観念論のページ

かるいざわ気分 denden PC修理・PC教室  軽井沢-ON.com(台湾)

北軽井沢ブルーベリーYGH 軽井沢観光ガイド   軽井沢グルメガイド

軽井沢絵日記 MaystormJournal
磐井の里から← おすすめ KOSHIRYOKU
実験記録 No.02 1984年動物農場
「みんなのデータサイト」
軽井沢 大雪・浅間山対策情報&SOS! 情報シェアグループ

週間天気予報 気象庁アメダス 軽井沢の放射線量



Mr.Flat プロフィール
軽井沢知らぬが仏、ド素人家庭農園(自然農法?)
今年も売りますミカン
バックナンバー
最新号
2019/8
2019/7
2019/6
2019/5
2019/4
2019/3
2019/2
2019/1
2019/12
2018/11
2018/10
2018/9
↑要認証
2018/8
2018/7
2018/6
2018/5
2018/4
2018/3
2018/2
2018/1
2017/12
2017/11
2017/10
2017/9
2017/8
2017/7
2017/6
2017/5
2017/4
2017/3
2017/2
2017/1
2016/12
2016/11
2016/10
2016/9
2016/8
2016/7
2016/6
2016/5
2016/4
2016/3
2016/2
2016/1
2015/12
2015/11
2015/10
2015/9
2015/8
2015/7
2015/6
2015/5
2015/4
2015/3
2015/2
2015/1
2014/12
2014/11
2014/10
2014/9
2014/8
2014/7
2014/6
2014/5
2014/4
2014/3
2014/2
2014/1
2013/12
2013/11
2013/10
2013/9
2013/8
2013/7
2013/6
2013/5
2013/4
2013/3
2013/2
2013/1
2012/12
2012/11
2012/10
2012/9
2012/8
2012/7
2012/6
2012/5
2012/4
2012/3
2012/2
2012/1
2011/12
2011/11
2011/10
2011/9
2011/8
2011/7
2011/6
2011/5
2011/4
2011/3
2011/2
2011/1
2010/12
2010/11
2010/10
2010/9
2010/8
2010/7
2010/6
2010/5
2010/4
2010/3
2010/2
2010/1
2009/12
2009/11
2009/10
2009/9
2009/8
2009/7
2009/6
2009/5
2009/4
2009/3
2009/2
2009/1
2008/12
2008/11
2008/10
2008/9
2008/8
2008/7
2008/6
2008/5
2008/4
2008/3
2008/2
2008/1
2007/12
2007/11
2007/10
2007/9
2007/8
2007/7
2007/6
2007/5
2007/4
2007/3
2007/2
2007/1
2006/12
2006/11
2006/10
2006/9
2006/8
2006/7
2006/6
2006/5
2006/4
2006/3
2006/2
2006/1
2005/12
2005/11
2005/10
2005/9
2005/8
2005/7
2005/6
2005/5
2005/4
2005/3
2005/2
2005/1
2004/12
2004/11
2004/10
2004/9
2004/8
2004/7
2004/6
2004/5
2004/4
2004/3
2004/2
2004/1
2003/12
2003/11
2003/10
2003/9
2003/8
〜2003/7

私は TPP 反対 です。 おまけに反増税、反原発です。 加えて護憲です。
つまるところ私はリベラルな保守だと思うのですが、多分、保守の人からはお前なんか、保守でもなんでもない、といわれると思う。

2013/12/XX軽井沢日記
再度、オニオングラタンスープを作った。 そしたら、な、なんと、玉ねぎ、凍っていた。 ベランダに出しっぱなしだったんですが、糖分があるので大丈夫かと思ってましたが、 外側は完全に凍ってます。
肝に銘じる:玉ねぎは凍る!
しょーがないので、20個くらい打ち込んだ。 それでも、まだ、数十個の残っているのに、どーすんだ!
加えて、今回は薪ストーブの上に乗せっぱなしで手抜きで作ったんですが、 寝る前はまだ少し色が足りなかったんですが、朝起きたら、かなり焦げてた。 がびーん!
でも、甘くて濃くて美味しい。

今日も天気は大丈夫そうです。
それでは皆さん、よいお年を!

今年最後の日記もコヒーレント思考+覚醒系の戯言で締めくくりましょう。
コヒーレント思考は枠に嵌めずに、ニュアンスを残したまま思考する方法です。 枠に嵌めた瞬間、失われるものが多い。 「貴方は、いい人ね、..でも...」と続いた場合「いい人」でデコヒーレントさせると大間違い。肝心な事柄は ... に含まれる。 日本人は放っておくとコヒーレント思考になりやすい。
白人はデコヒーレント思考が多い。
例えば、次のようになる。「お断りよ。人としてはいい人だけれど」
その白人によって太平洋戦争がが裁かれた訳で、それに対してそりゃあ違うよと思う日本人は多い。 納得できる箇所もあろうが、腑に落ちない「何か」が残る。 残ったら残ったで、それを明らかにして、それに真があるのなら、それはそれできちんと説明すべきだ。 彼らはデコヒーレント思考で枠に嵌めたがりますが、きちんと説明すれば分かってくれる人も多い。枠に嵌めるのも早いが、それを撤回して別の枠に嵌めるのも早い。もっとも、それじゃあ困るという人は決して認めないのは言うまでもありませんが、そういう人は意外に少ないような気がする。

それでも最後は意見は一致しない場合もある。 一致したとしても、そのコンセンサスを周知徹底しておく必要がある。 その場合どうするか? 古くからの智慧は「○○ということにして□□する」ことでその場を収める方法を生み出した。つまり、祭り事だ。 優れた為政者は○○と□□で優れたことを行う。頭の使いどころだ。
西欧では、これを明示的に行う。 王様や貴族の一部の人じゃなくて、市民も巻き込んでやれば、つまり民主主義だ。
それに対して、日本人はコヒーレント思考なので大勢ではやりにくい。 意思は阿吽で、分かる人にしか伝わらない。 上は上で、庶民は庶民で、それぞれの組織はそれぞれの組織でかってにやって来た歴史がある。 それでも良く考え抜かれた結果が(コヒーレント思考なので場合によっては凄いレベルまで上がる)「保守」として残ってきた。

私の高校では皆が納得できるまで、時間の許す限り話し合うのが「民主主義」だと教わった。原則は全会一致だ。 一度決めても、状況が変わったり、ちょっとやってみてもっといい考えが浮かんだりした場合は、差し戻しだ。いつ、どこからでも何度でも再開できるのが民主主義。 この手法を遵守すれば、メンバーが持つ最も良い考えがその社会に活かされる。 間違えた選択をしても、直ぐに正せるのが民主主義と教わった。
そうじゃないと一致するものもしなくなる。 多数決は最後の手段だ。ましてや、一度決めたら、何がなんでも強硬するなんぞ狂気の沙汰。社会は反目し、余計ギスギスするだけだ。
時代は田中角栄が総理大臣。当時、私は大嫌いでした。 政治経済の先生は「お前らに(民主的な学校だたので、実際はあたな達にはと表現したと思います)はまだ分からんだろうが、彼らは彼らで日本のことを愛し闘っているんだ」と説明した。 それを理解するのに、それから数十年を要しました。はい、出来の悪い生徒だったもので。
ロッキードが用意した工作費用が実は全部で30億円で、5億円しかもらってない角栄がやられて、残りの25億円を掠め取ったやつがスルーなんてビックリだぜ!
今の政府は美しい日本トリモロスんだと言いますが、今のこの私をもってしても理解できん。 それは民主主義いの否定だし、単に戦前の嫌な時代に引き戻しているようにしか見えない。 今流行の言葉でいうなら売国だ。もっとも私が間違っていて彼らの深謀遠慮を推し量ることができないという可能性は残る。

因みに祭り事は政治の上での 「○○ということにして□□する」ことですが、 これを個人レベルでも実践可能です。 早く言えば、失敗だ。失敗を失敗として認め、自分のものとして受け入れた(デコヒーレントさせた)瞬間に、その受入方によって、それ以降の行為が決まる。 そこで諦めれば、それが転換の起点になる訳だし、その失敗を活かして努力する方に振れば、上手くすれば成功に導くことも可能かも知れない。 その他の受け入れ方もあるだろ。 受け入れ方は人それぞれだ。上手く行くかどうかは別んして、どこへ接続させようとするのか、それは自由だ。 いずれにせよ、受け入れた瞬間に彼は、私は、貴方は他の人とは違う、これまでの自分とも違う、それれを受け入れた人としての人生がそこでスタートする。
//成功は失敗程にはデコヒーレントを強いない。
今の小僧みたいに、あれも嫌だ、これも嫌だと現実を否定ばかりしているなら、その小僧はその小僧としては、まだこの社会に存在していないに等しい。
私はこの方法をゲーテから教わった。言葉でいうと「理念」だ。


2013/12/XX軽井沢日記
早起きして往復した。
和美峠の雪は平気でした。行きの際はまだ少し凍っている箇所が残っていて少し滑りましたが、雪は脇には残っていも道路には全なく綺麗に除雪されてます(凍っていたのは融けた雪が流れた跡)。
行きの途中、下り車線は異常に混んでましたがが、用事を済ませて戻る頃には多少マシになっていた。
完全寝不足で、仕事にならず。困った。 折角出社したのに。
明るい時間に戻ってこれたので、浅間山が良く見えた。


シューマッハが重体だとか。
好きなドライバーじゃなかったんですが、回復すると良いですね。


2013/12/XX軽井沢日記
薪は多少運んだ。これで、普段のペースなら3週間分と思うが、正月を挟むので多分2週間分くらい。庭の小枝も拾った。

明日は朝一で東京だ。正確には埼玉ですが、嫌だなあ。。



久しぶりにKです。
オヤジ入ってます。
この季節は薪ストーブの横で「気持よくてたまらん」状態です。 第9の第3楽章だ。
猫は気持ち良いのに弱いです。 意思の力はとろけてしまいます。
Tは二等兵の徹底した職務遂行で痩せましたが、こいつは痩せません。

2013/12/31軽井沢日記
薪ストーブを点火する場合、最初は新聞紙だ。 カラー印刷のインクが良くないというので、できれば普通紙が良いと思うんですが、今は、東スポだ。 何気に見出しが目に入ったら「降りない矢口真里の下半身事情」って書いてあった。 どんな事情か知りませんが、そんなもん放っといてやれよぉ。

今回の問題は、私は大きく2つあると思う。
1つは、日本の文化はどんな極悪人でも死んでしまえば等しく祀るという文化だ。 祀るという行為にどういう意味があるのかは微妙だ。 祟られないようにという気持ちもあるのかも知れませんが、とにかく祀る。
これを先ず、文化の違う国々にはきちんと説明する必要がある。 にも関わらず、説明している節はない。
これと実はペアになっていると思うんですが、 もう1つは、責任が何処にあるかをはっきりさせない事だ。 これはフクシマを見てもわかる。 高い給料をもらって、それだけ権力が与えられているということは、それだけ責任があるって事だ。なのに、実際は誰一人責任を問われることなく、今では、のうのうと外国暮らしだ。 祭り事にもなってない。 これ、日本人がみても可怪しいと思うのに、外国からみれば尚の事だと思う。

それに本来の日本人はもっと潔くないか?
自体が本当に収束していればまだしも、その気配はない。 嘘を吐きつづけている。 いや、本人は本当にそう思っているって話もあるが、どっちにしたって 日本人として恥ずかしい限りだ。
仮にいまの歴史解釈が可怪しいと思うなら、思うで、はっきり発言すれば良いと思う。 発言しないで、なし崩し的に事を進めてしまうのは、人として卑怯なやり方だと思う。
ついでに言うと、○○って由緒正しい神社じゃないじゃん。 神道を政治利用しているだけじゃん。 って、この話は今日はやめよう。

2013/12/30軽井沢日記
昨日の積雪は1〜2cm ってとこです。
今回は新軽井沢より、中軽井沢の方が降ったかも。
週末、庭掃除をやろうと思っていたんですが、こりゃあ無理かな。 雪は溶けずとも昇華してどんどん痩せるんだが、間に合わないかも。


実在の本質 「場の量子論はなにを語るか」
同じ号の記事ですが、こちらはマトモです。 日経サイエンスには、最近この手の記事がやたら目立つ。だから、言ってるでしょう? 一番面白い学問は「哲学」だと。 みんな哲学をやりたくなるんだよ(哲学の次は数学か物理だと思います)。
肝心の哲学者は、現代物理とか数学を勉強しないので、悲しいかなついて行けてない。 ところが、この連中に任せておいても、こっちはこっちで余りに「即物的」な人が多い。デコヒーレントしまくり。そんな乱暴な捉え方じゃあ、君の頭に入る前に壊れてしまうよ、ってのが多い。
コヒーレント思考の思想家はその「悟り」を伝えようとするが、例えば禅問答。 それじゃあ、分かる人にしか分からない。 上手く伝わる場合もありますが、それじゃあ「道」にはなり得ても「学問」じゃない。 道を極めるには生まれ持ったそれなりの才能が必要ですが、学問は私みたいな多少お馬鹿でも(多少か?)、努力によっては多少救われる場合もある。
仕方のない側面もある。 表現しようにも、コヒーレントなものをそのまま表現する方法がこれまでなかった。 禅問答もその1つですが、これは難易度が高い。 普通は喩え話とか駆使してなんとか伝えようとはするんですが。 私が知っている中では、オートポイエーシスが一番表現力に富むような気がする。 単なる客観ではない、その客観を成立(生成)させているところの裏にあるシステムを切り離すことなく一緒に考える。 というより、裏のシステム(オートポイエーシスシステム)こそが本質(目で見える客観は単なる構成素 or 構造、とういか生成物)で、このシステムで考えるんですが、これならば無理なデコヒーレンスを起こす必要もないし、自分で好き勝手な対立軸を設けて、自分の都合の良い方法へ議論を誘導すること(弁証法 → 詭弁)も出来ない。
冗長な前振りがつづきましたが、さて、
つづく。。。


2013/12/29軽井沢日記
外にでてないので、実感はありませんが、また、雪降っているみたいです。
今日は全然寒くない。




以下、覚醒系なので興味ないひとはスルーでお願いします。
そんなマジに考えているわけでもないし。
まあ、覚醒系サイトの大量発生は、911が契機になったのは間違いないと思う。 あれ、向こう側にしたら最大のヘマだ。 ネットの時代なので、隠すに隠せない状況もあるが、大規模過ぎて綻びが多すぎる。 今回、理系の覚醒者が多かったのも偶然ではあるまい。 社会系は騙せても、真面目に勉強してきた理系は騙せない。 理系的に破綻している報道や説明がそれだけ多かったってことだ。 これで、1億人は無理かもしれませんが、私は数千万人規模で覚醒したと見積もる。 お陰で過去の事件も改めて再検証されることになり、それ以降起きた事件も大本営発表通りに受け取る人は少なくなった。 まだ、完全に覚醒したとは言えなくとも、 それまでは、政治や経済に全く興味がなかった連中まで、興味を持たせてしまった。 これまで闇に隠されていた世の中の仕組みが、次々明らかにされる。 寝てた子を叩き起こしてしまった。
この流れは止むことはなく、ますます勢いを増す。 ある閾値を超えれば、その変化は誰の目にも明らかになり、一気に相転移を迎える。 そうして、数年後に、21世紀が始まれば、その予兆はここに始まりが在ったことが明らかになると思う。


話はもどって、少し追補しておく。

>陰謀と謀略や計略はどう違うのでしょうか。

最初に、世界には、企業は2つしかないと私に教えてくれたのは、 高校の時の先生(若い女性)で地理の授業でした。
その2つも実質「お仲間」なので、我々からみれば1つです。
国境を超えた世界レベルのグローバルなネットワークです。

陰謀論と言う場合には、裏で暗躍しているこの「お仲間」の勢力ってニュアンス があります。 個々の謀略や計略とは違う、もっとグローバルで長期スパンの陰謀だ。 その勢力を、どう呼ぶかで、かなりニュアンスは違ってきますが、私的には ピッタリくる名前がないので、私は単純に「彼ら」と読んでます。

一見、別組織どころか、敵対しててもおかしくないのにハズなのに、実はつなが っている。意外なものがつながっているって話はネット時代になってどんどん暴露されるようになった。 お○りと893がつるんでいるって話は序の口、マスコミは監視役のハズなのに権力側とつながっている。そんなのありか!? 朝鮮が作ったと言われるスーパーKが、米国に印刷機を収めているスイスのメーカが納入先にも知らせてない方法で独自に調査したら、CIA に納品した本物の印刷機で印刷したものだった、 つまり、北朝鮮と CIA はつながっている。ひょえ〜っ!

ここで、特徴的なのは、彼らは非常に頭が良い、ってことです。
ずる賢いと言うべきかも知れません。 なので、一連のものは巧妙なシステムになっていて、 つながっていると言っても、中の人間は自分の仕事を行っているだけで、自分がなにをやらされているのか、まったく気がついてない場合が殆ど、ってことです。 なので、真面目な当事者にこんな事言おうものなら「それ、陰謀論、お前、アホだ!」と本気で怒られます。

オートポイエーシスの例でしばしば登場する「家を建てる場合の例」ですが、 個々の職人さんは家全体のことなんか知らない。知らなくても家は出切る。 興味があるのは自分の担当部分だけ。出来上がった家は凄い家の場合もある。 現場監督でさえ、家の構造は把握できていても、それが何のためにどういう 使われ方をするかなんて、知らされてない場合も多い。
それと同じです。
それに、知らなくても、遠くから眺めていると見える景色もある。
余談ですが、私、学生のころ断熱材屋でバイトした事があります。 池袋西武が南側に拡張された、ロフトの部分ですよね(今もあるのか知らん?)、 そこに機械室が要所要所にあるんでが、その部屋内部の断熱材を貼ったのは私です! このビルが最終的にどうなるかなんて、なんも知らずにせっせと作業しました。
この例でいえば「彼ら」は、軽井沢流の表現をすればオーナーさんと似ている。 家を建てても自分で住むとはかぎらない。 ましてや現場の作業を自分では手を下さない。そんな事するのは下っ端だ。 「彼ら」は表舞台には出てこない。
そもそも、冷静になって考えてみてもご覧なさいよ。大掛かりな悪さをする場合、その悪さを大勢で共有すると反対意見も出るだろうし、押さえつけてもそのうちバレる。 そんなヘマはやるわけがない。 下っ端になんか、全貌を教える訳がない。
軽井沢で聞いた。 金持ちの子供に生まれると、先ず使用人に対する態度を教わると言います。 余計なことは言わずに、意の儘に使用人を扱う方法です。 一言多い私みたいのは(貧乏人の証拠)もっての外だ。 同じように、独立した組織を上手く動かして(コンプライアンスか?)、最終的に自分の企みを遂行する。 全貌を知っているのはほんの少数だけだ。

また、彼らは1つのミッションの為にはプランを5つ用意するという話もあります。 そして、何方へ転んでも最終的な利益は自分達に及ぶような構図に持ち込みます。 一か八かに掛けるような事はしない。 彼らは宝くじを買わないで、胴元になる。7億円欲しい!

他方で、話を見えにくくしているのは。それは、お仲間だからといって、いつも一枚岩とは限らないってことです。 そもそも、一枚岩、つまり硬直した組織では、大したことは出来ません。 結果、ヘマすりゃ粛清されるかもしれませんし、利害が対立すれば本気で潰し合うかも知れません。 よく知りませんが、面倒くさい世界と思います。
そんな世界に見切りをつけて、こちらで我々と一緒に楽しくやりませんか? というのが私にかぎらず、古来からの日本人のスタンスと思う。

ついでに調子に乗って、もっと言うと「彼ら」は自分たちが世の中を動かしていると思っているかも知れないが、多分、それも錯覚です。 瞬間、瞬間を見れば理にかなっているのでそうなることもありますが、彼らが思うような理由でそうなっているんではないと思う。 例えば、自分の権力と財力でどんな女性もゲットできると彼が考えたとしよう。 実際にゲットしたとしよう。でもそんな彼には、もしかたら「純愛」が潜んでいたとしても、それに気づくことはない。 上手い言葉が見つかりませんが、敢えて言うなら、天が許している間はそれが可能だとしても、思い上がって閾値を超えると、しっぺ返しがある。 女性を怒らせると怖い。
最終的には「自然と調和」しながら生きてゆくしかない。 日本の保守が数千年かけて築き上げた到達点だ。 今までは多少、乱暴なことをしても許されるレベルだったのかも知れませんが、我々人類の影響力は地球レベルに達している。

2013/12/28軽井沢日記
まだ、夜の10時ですが、もう -7.2℃です。
もう予報を超えて、寒いです。

サイエンスは、アチラ側の雑誌としてはずいぶんマトモと思う。 もう何十年も定期購読している。私の愛読誌の1つだ。
//考えると、アチラ側じゃない雑誌の方が少ない。例えば、マガジンXとか。
そんな日経サイエンスにこともあろうか、
AlexJonse の名前が記事にでちゃいました! 笑ってしまいました。本号の特集は「だまされる脳」なんですが、その2つ目の記事は「陰謀論をなぜ信じるか」です。
陰謀論を知らない人の為に、説明しておくと、モノによっては都市伝説とも呼ばれますが、もう少し陰謀の匂いのする奴、例えば、911はインサイド・ジョブだとか、アポロは月に行ってない、エイリアンはエリア51に匿われているとか、その手の奴です。 あ、温暖化は嘘だ!ってのも含まれますね。 最近の日本だと「不正選挙」ってのもありますね。
これら十把一絡げに「陰謀論」と呼ぶのは語弊があります。
というのは「陰謀論」という言葉自体に「そんなものを信じるなんてアホな奴!」ってニュアンスが込められている。一種の差別用語だからです。 私に言わせると、例えば911を語るものにこのレッテルを貼ることで、糞味噌にしそれこそ911の真相から目を遠ざける役目がある。 立場が弱い人が正しいことを訴えていても「アイツは、○○○だから」といって権力者側が自分たちに都合の悪いことを全く取り合わないというのは非常に頻繁に見受けられる行為だ。 ○○○には、色々は言葉が当てはまる。アカとか既知外とか、... 状況に応じて適切な言葉が選ばれる。陰謀論もそのうちの1つ。
他方、本物の陰謀論者からすると、アホだと思われればしめたもの。ホントの事をポロっと発言しちゃっても、誰も信じないのでOK、お咎めもなし、というありがたい効果もあって、何方側にも都合が良いという側面もある。 東スポのようなものです(週刊誌は訴えても、東スポは訴えられない!)。
斯くして陰謀論という言葉が成立する。

邪推を生むメカニズムと題する KEY CONCEPT は次の通り
私は陰謀論者じゃありませんし、ネットで最近広がっているのも嘗ての陰謀論とは違う。 敢えて言うなら「覚醒系」と読んだ方がより正しい気がします。 その当たりを絡めて反論をしておく。

・ある陰謀論を信じている人は、それとは別の陰謀論まで信じ込む傾向がある。それらが互いに矛盾していても。

確かに、典型的な陰謀論者と呼ばれる人達はそうかも知れません。
最近の覚醒系はそうじゃない。ブロガーは個別に判断していて、それぞれのスタンスは全く異なり、判断もそれぞれ異なる。例えば、311フクシマに関しても、実際に汚染されているという人も居れば、そうじゃないという人も居る。
ただし、TV新聞が伝える情報は嘘や隠蔽が多いというのは一致している。 それを陰謀と呼ぶのは飛躍がありますが、例えばトーデンの意思とか、政府の意思、○○の意思等が働いて、新聞やTV等の大手メディアの伝えないことが裏で起きているという見方も一致する。内容はそれぞれですが。

なので、今流行の覚醒系サイトはこれも反対者からは陰謀論と分類されてますが、いわゆる「陰謀論」とは全く別モノ。区別して考える必要がある。

・陰謀論的な観念は科学にたいする不審と結びついている。 喫煙が肺がんの原因となりうるといった確立した科学的事実にも疑いを差し挟む。

最近の覚醒系ブロガーは不思議な事に理系が多い。 私もそうだが基本的スタンスとして科学は信じている。 イデオロギーで判断するようなブロガーには興味はない。 科学は自らの考えの拠り所になっている。 自分の頭でかんがえると、TVや新聞の報道ではどうにも理解できない。 そこで、自分で調べる。調べていると、仮説が思い浮かぶ。その仮説をもとに、だったらこうであるに違いないと予測し、また調べる。そうすると案の定、それを肯定するような事実が出てきたりする訳だ。やっていることは、科学の方法と大して変わらない。 個人じゃあ、やれることも限られてますし、間違うときもありますが、科学は信じてる。
ただ「科学(業?)界」は無条件に信じている訳じゃない。
言葉を変えて言えば、科学的に正しいと言われていることを無条件に信じている訳じゃない。科学者の中には信頼たる科学者も居ますが、○○の為なら魂を売る学者も居ると思っているのも覚醒系のサイトではほぼ一致する。 科学者がこの様で、その業界となるとなおのこと信頼できない。 フクシマを見ていれば、誰もがそう思う。 組織は怖くて、一人ひとりはそんな悪い奴でなくても、変な雰囲気になると止められなくて暴走する場合もある。
信頼できないというのは全く根も葉もないことでもない。 なぜなら、理系なので、理系の実情を多少なりとも知っているブロガーも居るからだ。 現場の実情を知ってりゃ、そりゃあ、全面的には信用できん。
もし、医者が全面的に信頼できるなら、私は嫁さんが臓器提供カードを持つことを反対しない。そうじゃないので反対する。

話は飛ぶが、ニュートンは実は、錬金術に嵌っていたのは最近明らかにされましたが、 科学を真面目にやっている人は、以外にオカルトが好きだったりする。 意外と不思議な事が起きるんだ、これが。この辺りの話をし始めると長くなりそうなのえ、日を改めてする。

この論文の著者はズルくて、喫煙が肺がんの原因になるとは断言していない。 注意深く読むと なりうると可能性で述べているだけだ。 私もそれを支持する。 だとしたら、大気中の放射能も肺がんの原因になりうる。それこそ、中立な科学的態度であろう。 しかし、彼はそこで他の可能性には言及しない。文章全体の中ではそれがどういう位置づけになって、どんな意味を持つかを考えれば、彼の疚しい意図を感じないでは居られない。

・奇妙な説明を支持するという情報に単にさらされただけで、重要な社会的問題を真面目に議論しようという気がそがれる恐れがある。

上では、TV新聞に対する不信を述べたが、この記事では「陰謀論」に共通するの原因は権威・権力に対する強い不信であると述べている。 これは覚醒系にも言える。
スノーデン事件を例に挙げて、実際に何が行われているのかを暴いて公の元い出すことは民主主義を維持していく上で必要なことだと言いつつも、それが陰謀論と結びつくなら、それは、反社会的で行為ですと結論付けている。 正確には恐れがあるとまたしても可能性の表現で逃げている。
例えば、地球温暖化も陰謀論に嵌るとCO2の排出を気にしなくなる、とある。 陰謀論者ならそうかもしれん。しかし覚醒系の人はそうじゃない。 私が知る限り、真逆の可能性の方が多い。
CO2 は大した要因ではないにせよ、今の資源大量消費はマズいことは良く理解する。 すると、社会の仕組をもっと全体から考えないとダメだね、となる。 なにも考えずに地球温暖化を反対している連中よりは余程、社会を考えるようになる。
じゃあ、ということで、社会がみんなで話し合って、良い方向に持って行こうとすると、障害になるのはなに? と考えて調べると、強行に反対している人達の勢力の存在が浮かび上がったりする訳だ。 面と向かって反対しているわけじゃなくて、実に巧妙に。 その結果、現在の権威や権利に対する強い不信に至ることはあっても、反社会的な行為をとることはあり得ないと思う。それこそ「彼ら」の思う壺だ。 分かってない奴が嵌められてやるか、だれもやってなくても向こう側の自作自演って可能性もある。

この日記にも書いたが、この手の話には耐えられない人も居るのは事実だ。 例えば、頑張ればアメリカン・ドリームが実現できると思っているような人だ。 そんなもの偶々「彼ら」がこいつで儲けようと目をつけて、担いでアメリカン・ドリームに仕立て上げるだけの話だ。 才能や本人の頑張り以前に、彼らの仲間に入らないと成功しない。 早い話、ヤラセって事だ。 プロレスはブックですが、それを知った上で楽しむスポーツだ。これを八百長だと思うような人は、多分、現実に耐えられない。

人にも依るが、こういうプロパガンダ記事を書くと良心の呵責を感じる人も多い。 依頼者の意向にそって、依頼者が満足する内容にまとめ上げつつ、他方では分かる人には分かるように、ヒントになるようなものを敢えて残す場合もある。 ハリウッド映画にも多い。
著者はロンドン大学在籍の気象変動の若い研究員のようだ。 う〜ん、将来を棒に振るわけに行かないよなあ。
で、最後はアル・ゴアの「不都合な真実」で締めくくっている。
ここ観ただけで「すいません、ここに書いてあることは信じないでください」と白状しているようなものだ。


2013/12/27軽井沢日記
今朝も -6℃、晴れてます。

我が家の場合、同じ会社に努めているので、夫婦で別行動をとっているという意識は少ない。年がら年中一緒に居るような気がしてた(週末は最近は嫁さんが実家に戻っている場合が多いので別にして)。
ところが、車がいざ1台になると、非常に不便。 実際は少しずつずれていながらも、概ね一緒に行動してたってことが判明した。 急いでいるから先に出社したり、後から帰るのもダメ、○○に寄っていくから、ってのもダメ。
待ち、というかタイミングをあわせる「間」が必要になってイライラする。 お互いさまだと思うが、田舎ではやっぱり一人1台、車は必要だ
今はまだしも、このまま週末から正月に突入したら目も当てられない!
軽トラをスタッドレスに交換すれば、この時期でも乗れるので、交換しちゃおうか知らん? 軽トラなんか1年中スタッドレスでも構わないし。 そうしたら、今のタイヤは大した距離乗ってないんだが要らなくなるなあ。捨てか! 整備士さんにお願いして、誰かに再利用してもらおうっと。


デモクラ.tv を見てたら、最近は「何を言ったか?」ではなくて「誰が言ったか?」だという発言があった。 私の意訳だと、誰が発言しようと、正しいものは正しいハズだが、悲しいかなB層にはその判断ができない。なので、「何を言ったか?」ではなくて「誰が言ったか?」になる、って事だ。つまり、自分で判断できなくなっている、って事だ。

でも、これ今に始まったことじゃない。 例えば、私なんぞ「誰だか?」分からない存在ですが、その私は内心自信があっても話すときは自信なさ気に話すことにしている。人生、途中からそうするように決めた。 おちゃらけで、冗談ぽく発言したり、茶化しているにしか思えない発言をする場合も多々ある。 一言でいうと、極めて不誠実な態度だ。こんなんじゃ、間違いなく、面接じゃ落ちる。 はい、落ちました。 でもね、経験的に言って「分かって欲しい人」には伝わる。 面接官と違って、優れている人は、ホントに優れている。 優れている人は、どんなに小さな声で発しようが、大切な君の言葉を聞き逃す事はない。 神はもっと冷たく突き放すだけだと思いますが、優れた人はきっともっとずっと優しい。

逆に良い子ぶると、変な期待されてとても面倒な事になるだけだ。
だよ > 優等生諸君!
例えば、車を運転中、轢かれて死んだ猫とかを見ると 「お前の分まで、私が代わり生きてやるので(偉そうでしょう?)、お前は成仏しろ!」とお祈りすることはある(私の背後に、何か見えますか?)。 地縛霊や浮遊霊に遭遇しても、もうこいつらは死んじゃってて自分だけじゃどうにも出来ないわけで、同じスタンスを取る場合もあるが(面倒臭い奴はお断り)、生きている人間の期待までなんで私が背負わにゃならん。 そうじゃなく、生きているんだから、自分で自分の道を切り開けよ! と思う。 自分で自分の道を切り開くという人生最大の喜びを奪うつもりはない。 なので前にも述べたが、無責任な期待をされても、期待されているな!と思うと、早々裏切るようにしている。 変な期待をする奴って、その期待に遂げらなかった場合、往々にして恨んだりする。お前、○○系だろう? 逆恨みって奴ですが、そんな面倒な事に巻き込まれたくはない。

私は私でありつづけることは、別に期待されなくてもやり遂げるつもり。
そんなのは当たり前だ。
それ以外で私になにかして欲しければ、裏でこっそり期待を寄せるんじゃなくて、正面から、堂々と依頼するのが筋と思う。それを受けるかどうかは分かりませんが。

2013/12/26軽井沢日記
自宅の固定電話なんか、殆どかかってこないのでもう要らない、って感じなんですが、 今日、珍しくかかってきた。 郵便局からで、昨日留守にしてからだ。会社に届けてもらうようにした。 それは良いんだが、電話に出られたのは2回め。 一回目は、出ようとしたら子機が壊れていてどうにもつながらなかった。 親機まで駆けつけたら、直前で切れた。 2回めは、親機で取った。
子機、気にもしてなかったんですが様子が変だ。
こちらに越してきたのは10年前なので、10年しかもたなかったって事になりますが、 まあ、我が家は親機も子機も猫が良く落とすので、過酷な環境であることには違いない。

妹から電話で父親が入院したらしい。
ずっと老健暮らしだったんですが、肺炎を起こしたらしい。 明日、詳細が分かるが、この分だと正月も病院だろうから、きっと見舞いになると思う。

2013/12/25軽井沢日記
車が1台しかないので、別行動は出来ない。 なんか知りませんが、連休後半は嫁さんに会社に連れて行かれて、そのまま仕事する羽目に。薪運びも畑仕事もなし。 片付けようと思った出しっぱなしのブロアーやチェンソーもそのまま(^^;)。 お陰で遅れていた仕事は少し取り戻した。

今度は、携帯電話税だそうです。 どこからでも取るんじゃなくて、あるところから取れよ!




以下、メモなのでスルーでお願いします。
そういう訳で、目下のテーマは以下にして「話しても分からない」奴が生じるかだ。 話をして分かるなら、こんなに楽なことはない。
子供は概ね他人の話を聞けるので、成長する過程で話ても分からない奴に至るシステムが構築されるに違いない。
初めから聞く耳持たぬ大人もいますが、彼が、全ての人に対してそういう態度なら、多分直ぐに問題を起こすに違いない。 犯罪者にでもなったり、もしくは社会的に抹殺される可能性もあるので長くは続かない。 ということは、言うことを聞くべきところでは聞いているに違いない。
組織人なら、その組織の規律というか、基準に沿って判断するので、話しても分からないというのは容易に理解できるが、本来独立した人が、会社に居るときは仕方ないとして、個人であるべき瞬間でも、自分の基準はさておき、組織の基準で生きられるようになるのには、飛躍が必要で、私はそれがどういうシステムなのかは良くわからない。 社会的立場上、そうせざるを得ない場合もあるが、その場合は多分、自分の基準は捨ててない。そうではなく、言おうとしているのは、個人の基準を超えたレベルでの、行為だ。 1対1で話せば物分かりの良い人でも、組織人となった瞬間に豹変してしまう。
軍隊は微妙だが、カルトは然り。企業も当てはまるケースが最近は多い。
組織人モードの彼を説得することは不可能。 憑依された組織人を追い出して、彼を取り戻せば可能かも知れない。
軽井沢で暫く滞在していれば、かなり良くなる可能性もあります。

他方で、ありふれた現象ですが、これは個人レベルだと思うが、私と普通に話ができるAさんと、Bさんが居るとしよう。ところが、AさんとBとを直接引きあわせてたら、急に私には見せない態度を取って、上手く行かない場合もある。 例えば、軽井沢だと、私は地元の人からも良くしてもらい、別荘の人からも良くしてもらってますが、こういう場合を考えるとわかりやすいかも。
他方で、ある程度ネットを見ている人は、政治家の甘い言葉には、私も耳をかさない。なぜなら、嘘だって分かっているから。
ということは、相手が信用できるかどうかが、1つの大きなカギになる。
しかし、組織人には当てはまらないかも。 これは、信頼による結びつきじゃない。 むしろ、こちらは逆らった場合、どんな目に遭うかが分かるわけで、恐怖とまでは言わなくても、不安とかそっち系の縛りのような気がする。 明確な組織じゃありませんが、やや高学年の子供が、親の言うことを聞かず仲間 (これも小さな組織だ) の話なら聞くってのは、これに準ずるかも知れない。 親から叱られるより、仲間からいじめられる方余程怖い。
狩猟生活が長かった彼らが、直ぐにデコヒーレントしてしまうのと同じだ。 もし、ヘマして自分が吊るしあげられたり、イジメの対象になる環境だとしたら、素早く判断して生き延びる必要がある。

・安全な状況で
・信頼おける人
なら、かなり話が出来そうな気がする。

Aさん、Bさんは私のこと多少なりとも信頼してくれているのかも知れない。 変な奴だけど、悪い奴じゃあなさそうだ。 図々しいけれどデリケートな私は、他人の心に土足じゃあ入らない。入っても、裸足で入ってく程度だ。ってどんな程度? それに、積極的に信頼は得られて無くても(得られる訳がない)、まるっきり信頼できない奴だ! ともデコヒーレントしてないようだ。 つまり、コヒーレントな状態にあると思われます。つまり、様子見だ。
ところが、AさんもBさんも、まるっきり上手く行かない場合には、互いに信頼出来ないと思っている可能性が高い。つまり、ここでデコヒーレントしているって事になる。 いつ、どうやってデコヒーレントしたか知りませんが、デコヒーレントしている。 考えなおす余地はないくらいに。


2013/12/24軽井沢日記
天気は晴れてます。
星が見えてたのに、粉雪がまってましたが、多分浅間から。
アメダスによると、今朝は -6.3℃までさがっていた見たいです。
もう慣れてきちゃったので、この程度でも風がなければなんでもない。 車の凍り具合は多少、力が入ってましたが。
ずっと氷点下は当たり前として、予報では今度の日曜日 12/29 が -8℃になってますね。-10℃を超えると強度(体感的なレベル)が少し違ってきますが、-8℃じゃ多分、なんてことはない。

トーデンにつづいて、 ここも。こりゃあ流行りますね。 私の知人、トーデンにモロ該当する人が居るんですが、彼、どーするんだろう?

★ 超つまらない。
疲れているので、頭を使わない映画を、と思って観たんだが外れた。 だれもが知っているストーリを作り直すなら、もうちょっと何とかしなさいよ。 安物の中国製品でも1度や2度は使えるかも知れませんが、こいつはただ単に時間の無駄。制作費の無駄遣い。 どうつまらないかを説明する気もおきないくらい、 あまりにつまらない映画をみてしまったもので、もう1本観る羽目に。 それが下の映画。 そしたらこれが意外に面白かった。

★★★★★ ウッディ・アレンの作品をみるのは初めてかも知れません。 冒頭の画面の美しさから、いきなり心を鷲掴み。 パリは美しい。でも、冷静に考えるとヨーロッパなので木が少なくて、石ばっかり。 石、 石、 石、 石、 石。 軽井沢の方が余程自然だと思うんですが、まあそれはさておき。
更に、パリの魅力を高めているのがサロンの存在です。 ここで描かれているのは、1920年代のサロンでピカソやヘミングウェイ等が出入りしていた。疾風怒濤の時代には、ゲーテを中心とするサロンがあった。 そのメンバー足るや、想像を絶する! そこに集まった優れた才能どうしがインスパイアされ影響しあい、化学変化を起こす。 考えただけでも超スリリング。 それ以前となると、サロンとは言えんかも知れませんがルネサンスがある。 ずっと前だと、道端で面白おかしくやってなのかも知れませんが、最後は陶片追放で自害させられてしまいますが、まあ、文明が文明として花開くときにはそういう場が形成されている場合が多い。 若い才能を育ているという意味なら、大学なんぞ本来ならうってつけの場所だと思うんですが、「学問の自由」が保証されている大学は今も昔もそうそうない。

才能が集まるという意味でも軽井沢は特異だ。
○○さんも軽井沢は人材の宝庫だとおっしゃっていたようだが私もそう思う。 ただ、残念なのは軽井沢の才能は、もう一線をひいちゃった爺さんが多くて、もう闘う気がない人も多い。実にもったいない。 闘ったとしても、日本人は得てして孤軍奮闘になるので、そうそう大きな海練には到らない。 そもそも、日本人は闘うのは好きじゃない。 と言うと嘘ですね、日本人の格闘技好きは有名です。 極めて戦闘好きな民族と思う。 しかしながら、それを表に出すのは善しとしない。 闘う気持ちはうちに秘めて、闘うよりは、全体として調和するのを善しとする。 前面に出るのも好きじゃない。俺が、俺が、の精神を持つ人は少ない。
中には偉くなりすぎて、お前らなんかと話なんか出来るか! って人も居る。 それに、ちょっとでも意見が違うと、じゃあ、自分は良いです、ってなる場合も多い。 妙に大人ぶっちゃうんだが、まあ、日本人は日本人らしい日本人は議論は苦手だ。 なので議論するにも、いわゆる西洋人が行うのとは違うルール(仮に軽井沢ルールと呼ぼう!)が要る。 目的があるとなおのことだ。なので、なにも目的はつくらない。 でも、才能同志が上手くぶつかり合う場所、つくれないかなあ、と思う、今日このごろ。

2013/12/23軽井沢日記
アーバンさんに今年薪ストーブが入りました。 実は、お犬さまの時から置いてあったんですが、ようやく煙突もつながって、いつでも使える状態になりました。 軽井沢の不動産屋さんなんだから、薪ストーブくらい置いてないとね。 今日訪ねたら、たまたま火が入っていたので(ボロボロの薪でよければ、差し上げますからケチケチしないで焚いてくださいよぉ)、記念撮影。
これはハースストンという機種で長野総商で売っている奴。 写真は正面からなので分かりませんが、ハースストンの薪ストーブは上板とかサイドにソープストンという蓄熱するための蒼い石が埋め込まれており、鉄だけの薪ストーブより、柔らかく、そして長い間放熱してくれる優れものの薪ストーブです。 他の薪ストーブを一度は導入してみたものの、何年かして結局ハースストンに変更している人、多いです。その中でも、これは小型ですが、白いホウロウ惹きでお洒落な仕上げです。 私の薪ストーブはヨツールですが、多分、次はハースストンの一番デカイ奴にする。 大きすぎるくらいが丁度良い。 でも我が家は他の別荘みたいにお金持ちじゃないので暫くは今のままで。

お歳暮に頂きました。
ありがとうございます、ってデカっ!
海老で鯛ならぬ、○○でカニです。 釣り合い採れていませんが、身分相応ということでありがたくいただく。
この気持がないと、お金持ちとはお付き合い出来ません。 って当たり前ですがな、金額じゃあ逆立ちしても張り合いません。 張り合うのは気持ちというか、心です。
ま、軽井沢には金持ちのくせに異常にケチな心の貧しいお金持ちもいらっしゃいますが。 こういう人には近づかないの方がよいです。

そういえば、○○さんから電話があった。
アーバンさんで紹介してもらい、軽井沢で最初に知り合いになった方です。 お仕事ももの凄かったが、人物ももの凄く楽しい人だった。 話せば誰もが知っている○○を作った人です。 鎌倉から、軽井沢に来られて、今は、もう故郷に帰られてます。 久しぶりだったので、少し長電話になってしまいました。 今度、遊びに行こうっと。

2013/12/22軽井沢日記
晴れてます。

朝焼けはなんども撮っている矢ヶ崎池です。
これは夕焼け。
真逆の方に太陽は沈んだハズなのに、こちら側も不思議な色に染まっていたので撮影してみた。

超有名なブロガーさんに○○アマさんて人が居ます。 知らない人は自分で検索してください。 311 の地震を当てた人です。って、ほぼ毎日地震がくる!って言ってますからあれだけ言ってりゃ、いつかは当たる。狼少年ならぬ、狼爺って呼ばれている人です。 まあ私なんか足元にも及ばない変人ですが、嘘を吐くような人じゃない。
その人がベクレルメーターを持っていて、色々なものを無料で検査してくれてます。 結果は、Twitter 上で公開されてます。 尿をおくって調べてもらう人が多いのですが、そこで、住む場所とは無関係な思いがけない傾向がでています。 それは、家族の中で一番汚染されているのは子供、次が外食の多いご主人。 一番少ないのは自宅で食事をしている主婦という順番だったってことです。 外食は「食べて応援」やっている外食産業が多いので、さもありなんですが、驚いたのは子どもたち。これ、どー考えても給食だろう?
文句を言わないところに皺寄せがくる典型の1つと思います。
文句を言わないといえば、多分、ペットフードもやられていると思う。誰か、測ってみてくださいな。




今回の雪です。
1枚めは深夜の様子。 夜中に粉雪が舞って道路は白くなってますが、昼間はアスファルトが見える状態です。

2枚目と3枚目は馬鹿犬の散歩の時のショット。早朝です。
今回は中軽井沢より新軽井沢の方が降ったんですが、別荘地内は、除雪してあっても幹線ほど交通量はないので雪が残りやすい。
3枚め、軽井沢の上空は多分雲はないんですが、まだ粉雪が舞っている状態で、遠くは白く霞んでます。

2013/12/21軽井沢日記
今、読んでいる本が面白い。
先日、注文した中の1冊だ。 今は面白いが、読み続けていくとなあんだ、ってことも無きにしも非ず。 面白すぎて睡眠薬代わりにならない。お陰で更に寝不足。 ともあれ、趣味は色々ありますが、難しい本なら1冊で数ヶ月もつ場合もある。 抜群にコストパフォーマンスが良いと思う。


週末の予定
・軽井沢紫煙会議
・畑と薪作業、庭掃除は、天気と相談しながら
・ブロアーは倉庫に仕舞う等、玄関先の片付け
・部屋の片付け

2013/12/20軽井沢日記
新たな積雪は、1cm程度でしょうか?
天気予報をみても、もう大丈夫そうだ。

やばっ、あと10日を切ってしまう。 今年中にやらないとならないこと、まだいっぱい残っている。 予定なら、楽勝だったハズなんだが、予定外の事が起きる。起きる。起きる。
仕事、嫌いじゃないのですが、どうにも時間がないのが困る。 もう少し詳しく言うと、自分の仕事に辿り着くまでが長い。 これ、嫌いな人だったら体壊すぞ。 オイラはデブるだけ。
前世があったとしたら、そうとう悪いことをやってたとしか思えない。
と、言うわけで、忙しすぎてコヒーレントの状態を保てない。。
そっとしておいてくれよぉ〜!

忙しいと煙草が進む。進む。進む。
口の中が痛い。

2013/12/19軽井沢日記
幹線の雪は待てましたとばかり、速攻で片付けられてしまいました。
週末に向かって、このまま上手く雪がなくなれば、また薪仕事できますが、濡れて凍ってしまうと、もうどうしようもなくなります。

甥の○○がナンバープレート交換で、自分の車に乗れないというので軽トラを貸してましたが、その軽トラ、タイヤは夏タイヤのままなので、この雪じゃあ無理だ。 仕方ないので、嫁さんの車に交換した。
ブリジストンのスタッドレスのグリップの良さにビックリしていた。

彼、ネットではガラモンと呼ばれてます。 擁護する人も多いので、 ホントは良い人なのかも知れませんが、結局辞職になっちゃいましたね。 元はルポライターでしょう?全部、ホントの事バラしちゃえば面白いのに。


2013/12/18軽井沢日記
雪です。現時点で、5cm 級です。 また降ってますから、もっと積もるかも知れません。
インターからの峠、今日そうとうパニっていたみたいです。
毎年の光景ですが、大雪が降り始めの日にはポルシェとか高いクルマが良く乗り捨てられてます。

夜中でですが、15cm程度です。まだ降ってます。

フレスガッセのスモークチキン、食った。 マジ、美味いっす。 軽井沢にソーセージ屋さん数あれど、知る人ぞ知る的なお店で、長い人はみなさんここ薦めます。

2013/12/17軽井沢日記
明日から週末にかけて天気悪そうですね。

来年ですが、これ ちょっと興味ある。 おもいっきり雪原を走れる機会はそうそうない。 でもなあ、オイラのタイヤ X-Ice だからなあ。いきなりスタックしたりして(^^;)。 江戸原さんがやっているみたいだ。 五月野自転車さんのファットバイクに試乗できそうです。 来月は畑仕事は無理だし、雪がふって薪の原木が凍っていれば薪割りも無理だ。 時間が採れたら行ってみようか知らん?





化学肥料が薪ストーブの灰よりひどく放射能汚染されている事実を前に冷静になって考えてました。

仮に癌の原因が放射能だとして、
癌を減らすために、反原発、少し前なら反核運動になるかといえば、それは難しい。 フクシマを観ても分かる。 そもそも疫学的な証明が難しい上に、こちら方向は、儲かる人が少ない。

ところが逆に、原因は明らかじゃないが癌が増えている、2人に1人は癌になる、と煽れば原子力政策は変えずに済む。 それどころか、更にプラス多くのビジネスチャンスが生まれる。 医療、予防医療、製薬、保険、健康食品、etc,..。 「彼ら」にしてみたら、どっちが得だろう? って、聞くまでもない、後者に決まってる。

大学の教授が証明してくれる?
今の大学は商業ベースになってきて教授自らがスポンサーを探す時代です。 そんな環境で、自由な研究ができると思いますか?
缶さんもトーデンも今頃、メルトダウンが起きていたことを認めてますが、 では、当時、メルトダウンを叫んだ人がどうなったか、忘れたわけじゃあるまい。 コテンパンに叩かれて非社会人扱いされました。 今でも彼らの名誉が回復されて訳じゃない。
賛否両論ありますが、竹田先生なんか、マジに発言している方だと思う。他の多くの人は知っても言わない。 公では口にしない。 若い研究者は下手なことを言って睨まれたら、この先、一生を捨てるようなものだ。 そもそも、優等生は忖度するのが上手な子どもたちの集まり。 言えるわけがない。
現役はともかく、引退した人ならホントの事言えるだろうと思うが、知人には内緒で教えてくれても、これまでの自分のキャリアを棒に振る危険を冒してまで発言する人は居ない。
日本の大学の教授と呼ばれる人達のレベルは、概ねこの程度なんだということは忘れないで覚えておく必要がある(おっと、日本の大学を全部敵に回すか?)。

マスコミが暴いてくれる?
私のこの日記でさえ、私が務めている会社の客先の悪口はそうそう書かない(仕事が切れたら書く)。 マスコミにしてみたら、彼らの企業はモロ、スポンサーでしょ。書けるわけがない。
デモクラ.tv とか IWJ とか独立系のメディアだと書けるかも知れないが、メジャーのマスコミは一生まっしょう書けるわけがない。

結論:仮に癌の原因が放射能だとしても誰も証明しないし明らかにされることはない。

2013/12/16軽井沢日記
風が強くて安普請の家が揺れます。 外にでると、雪がチラホラしてます。 時にはまわりじゅう真っ白、結構な吹雪見たいになるときもありますが、空を見上げると星は見えていたので、浅間から強風に煽られて飛んできた雪と思います。

これは畑に行った記念撮影。 雲のグラデーションを撮ろうと練習したのですが、暗くて ISO12800 なので上手く狙ったようには撮れません。

ご要望に応えて、紙を挟んで計測しなおしてみました。
例によってまずは空間線量。
次に生データ。
0.7μsv/h を超えることもありますが、下がることもある。 まあ、この程度で前回と大差ない。
紙、この場合は紙袋ですが間に入れると確かに下る。 もっと下がるかと思いましたが、想像したほどには下がらない。
巷言われているように、紙一枚でα線が防げるなら、β線も出ているって事になる。
ついでに、薪ストーブの灰も計測してみた。 今年のは雨に濡れた薪なので、高い。 これまで計測した中では一番高い。高いが、化学肥料より低い。
同様に、紙を挟んでみた。 少し下がりましたが、下がり具合は化学肥料より少ない。 ストロンチウムのβ線だと紙は抜けそうですが、中くらいの紙2枚だとカットされるものがあるのでしょうか?


2013/12/15軽井沢日記

また、雪がチラホラしてます。

興味のない人はスルーでお願いします。
コヒーレント思考ですが、これまで私は「決めないで考える」思考方法と紹介することもありました。昨日の日記での例を自分で書きながら思ったのですが、 英語の一人称の I は、日本語のどの一人称に対応するか? って、パッと見たら(って、見る角度に因りますが)日本語の方が具体的で「決まっている」ように、感じる側面もあります。 「ニュアンスを維持したまま考える思考方法」と表現した方わかりやすい気もしますが、これだとインプレッション強くないどころか弱い。逆に女々しい思考方法と誤解を受けそうだ。
「型に嵌めないで」という方がわかりやすいですね。

そもそも、日本人はそう簡単にはデコヒーレンスを起こさない。
あいつはダメだ! と確信しているとしても、 その場合、あいつはダメだ! と成さしめる原理が心内部に成立し、それが力をもってないとそうはならない。
そういう特別なものがないとしたら、
煙草を一服すれば「あいつはダメだんだ、けれど、... 」と ... が続く。
再考するチャンスがおとずれる。 ○○の人じゃなるまいに、他人をそうそう100%以上で憎んだりは出来ない。 それが日本人。
それに対して西洋人は違う。 先ず、こいつはダメだと思ったとして、思うときは先ず思う。 日本人には、想像し辛いんですが、本気でそう思うみたいだ。 傍に居る他人が、すかさず「いや、こういう側面もあるよ」と指摘すれば、それはそうだと判断する。 言われなくても、慎重な人なら次の瞬間自分で気がつくのは言うまでもありませんが、 いずれにせよ、それらは表舞台で行われる。 日本人が、最初から曖昧に態度を決めずに(コヒーレント思考だから決まらないだけで、これが原因じゃないんですが)うだうだ考えるのとは正反対だ。

日本人でありながら、先に述べたように決めつけられる人は、特別なものを持っている。 それは、企業に属していればその企業の価値基準があるかも知れないし、 教育を受けていれば、その結果として埋め込まれた価値基準もある。 またその人が生きてきて身につけた知識もあろう。 失敗から学ぶことも多い。

2013/12/14軽井沢日記
軽自動車税に加えて、またしても TPP の先取りで、今度は小学4年生から英語が科目になるようです。ほれみ。

これは軽自動車税ほど簡単な問題じゃない。
上手くやらないと、日本文化の自殺行為になりかねない。 ひいては、21世紀を絶望的なものにしかねない。
例えば、以下、Wiki からの引用ですが、日本語だと自分を指し示すにもこんなにある。 不器用で大雑把な言語の英語で、このニュアンスの違いが表現できるか!?

私(わたし)、私(わたくし)、僕(ぼく)、自分(じぶん)
俺(おれ)、儂、私(わし)、あたし、あたい、わい、わて、あて、わだす、あだす、わす、うち、己等(おいら)、俺ら(おら)、おい、おいどん、うら、わ、わー、ぼくちゃん、ぼくちん、おれっち、 おりゃあ、ぼかぁ、わたしゃ、あたしゃ、わしゃあ、おらぁ、 ミー
ウリ、 小職(しょうしょく)、当方(とうほう)
本官、本職、愚僧(ぐそう)、拙僧
当局(とうきょく)、こちら
我輩、吾輩、我が輩、吾が輩(わがはい)、 某(それがし)、 朕(チン)、 麻呂・麿(まろ)、 我・吾(われ・わ)、 余・予(よ)、 小生(しょうせい)、 小官(しょうかん)、 吾人(ごじん)、 愚生(ぐせい)、 非才・不才・不佞(ひさい・ふさい・ふねい)、 あっし、 あちき、 わっち、 妾(わらわ)、 拙者(せっしゃ)、 身ども(みども)、 僕(やつがれ)、手前(てまえ)、 此方(こなた)、此方人等(こちとら)、 私め(わたしめ)(わたくしめ)
俺様(おれさま)、あたくし、
話者の名前、地位・立場、親族呼称、作者、先生、編集子、筆者

これらのつきまとうニュアンスがコヒーレントであることを示している。
簡単なことをはっきり言うには英語の方が優れている場合もあるが、この雰囲気を壊さず表現する必要がある場合には、暴力的ですらある。
21世紀を暴力の世紀にしたいのか?
所詮、日本をトリモロスといっても、その日本の良さを分かってないのに、なにを取り戻すというのだろう? なにをもって「美しい日本」と呼んでいるかさえ分からない。

後は、年金と保険制度潰しですね。あ、農業もか!
年金と保険はもともと向こう側の発想ですから手放しても構わないとして(俺様の年〜金〜!)、農業は、って今のままで良いとは思いませんが、 自然がダメになるようなことはさせない方が良い。 まだ、暫くあるのし、そのうち「彼ら」の方が先に力尽きると思いますが。

2013/12/13軽井沢日記
今朝、帰宅しようと思ったら一面が雪でした。 積雪量は1〜2cmってとこです。 空を見上げると雲はもう去って、青空が見えている。これ以上降ることはない。 これなら直ぐにとけてしまに違いない。
って、直ぐに溶けました。
もう全く残っていません。

2013/12/12軽井沢日記
今朝は -5.3℃そこそこ寒かった。 予報では雪マークが付いてましたが、今の空模様をみるかぎり大丈夫そう。 今のところ、一番確立が高いのは土曜日だ。
雪は降ってないものの、嫁さんの車乗ってみた。新しいスタッドレスはやっぱり少し柔らかいかも。ハンドルを切ってもほんの少し反応が遅れる。 私の車はヘビークロカンなので、体制を整えておかないとそうそう曲がれませんから、これと比べるまでもない反応ですが。

私、英語は苦手ですが、仕事上、英文を読まないとならない場合が稀にある。 避けたいが避けきれない場合がある。 特定業種の英語なので、殆どは辞書(といっても、コンピュータですが)を引かなくても読める場合が多い。 読めるんですが疲れる。エネルギーの消費量が圧倒的に違う。 今日みたいに、朝電話で起こされて寝不足の時なんか、速攻で眠くなる。 バイリンガルで自動的に頭がが切り替わっちゃうひとは、こんなことはないんだと思う。
目で追うより、声に出した方が良く意味がわかる。 それより、面白いのは、訳文があったとしても、英文を読んだ方がはるかに意味がはっきりする場合が多い事だ。デコヒーレント言語の真骨頂だ。

体調が悪いのか、煙草が乾燥しているのか、はたまた偶々ブレンドされている葉っぱの偏りか、今日は煙草が辛い。不味い。まあ、こんな日もある。


2013/12/11軽井沢日記
少し元気が戻ってた。
だが、雑用がおおくてメインのジョブまで辿り着かない。

今朝は打って変わって暖かだった。0℃くらい? ほんの少し雨がふったみたいで道路が濡れてます。
それでも、浅間は雪だったみたいで、白さがまた増えてました。
夕方ですが、雪、ほんの少し舞っているみたいです。
明日、東京だよ、嫌だなあ。来週は別の社員にお願いする。


2013/12/10軽井沢日記
昨夜は非常に寒かった。薪ストーブ結構マジに焚いちゃいました。 アメダスみたら、-7.6℃まで下がっていたみたいです。寒いわけだ。
予報をみると、木金土曜は雪マークでてますね。アメリカやヨーロッパは凄いことになっているところもあるようですが、軽井沢は今年はまだ、真面目な雪は一度も降ってないので、不気味。

疲れてて仕事が進まん。精神的に疲れている。

昨日と一昨日の日記に写真を追加しました。
特に化学肥料の写真は是非見てください。
下の2枚はおまけ。
この場所もいつもの場所です。 夕日が綺麗なので撮ってみた。 WB は、CTE なので、この写真は作った色です。 なかなか思うような色にはなりません。
バックミラーに映った夕日が綺麗だったので撮ってみたら、急に後ろの車も顔を出してきた。信号が青に変わっちゃったので、もう撮り直す余裕はない。 後ろは、浅間の方なので、雲が多いです。
つくづく思うが、ある場面で写真を撮りたいと思って何枚か取ると、今は撮った写真がその場で確認できますから、調整が効きます。 気に入らないと撮り直しできます。 なので、そりゃあ写真技術としては後から調整しつつ撮った方が良くなる場合が多い。綺麗な写真にはなる。 それに対して、1枚目は手ブレしてたり、ピントがあってなかったり露出が間違っている場合も多い。フレーミングもいい加減。しかし、写真が持つ力としては、概ね1枚めが一番良い。勢いが違う。不思議なものだ。


★★★★ 丁寧につくってあって、面白いけど、ちょっと違う。 ボケてる。悪いやつはそんなに間抜けじゃない。 昨今、ネットを見ている奴には、お見通しさ、この程度じゃ通用しない。 それでも、FEMA が発動されたらどうなるか(そんな事、あるのか知らん?)、その様子を垣間見ることはできる。

それにテロやる奴も間抜けすぎ。自作自演ならともかく、本気でやるならもっと頭を使えよ。
2013/12/9軽井沢日記
確かに、定期的に散歩に連れて行かなかった私が悪いんだが、この2日間でバカ犬、3回も部屋のなかでおしっこした。 確かに、決まった時間の散歩には行かなかったが、何度も外へ連れ出して途中おしっこしてたじゃん。ムカつく。 それ、嫁さんのお気に入りの一番高い絨毯なんだけど(結婚してすぐ買わされた奴だ)、知らないぞ。
今日は畑に連れて行ったので、バカ犬も丸い洗いした。
畑作業は、草刈機は相変わらずなんだが、結構進んだ。 草刈機は、点火プラグもみたがそれほど悪い感じじゃない。でも、冷えているときは大丈夫なんだが、温まってくるとパワーダウンして全開にしておくと止まってしまう。 仕方ないとういことで、長い枯れ草のまま耕運機をかけていたら、耕運機も不調になった。枯れ草が長いと、ローターに絡んで止まりそうになるので、ずっとフルパワーなんですが、そうしたら、アクセル開度に関係なくずっとフルパワーのまま戻らなくなった。 ローターに絡んだ草、全部取り除いてみて、それでも調子悪かったら、修理に出す。 ついでに、草刈機も見てもらおうっと。

薪を室内に運び入れいてた、猫のTがすきを見て逃げた。 この糞寒い時期に、そうそう長くは外に居られるハズがない。 ここは、無理に呼ばずに、放っておいた。案の定、直ぐに窓の外でみゃーみゃー鳴き始めた。窓を開けると素直に入ってきた。

そういえば、以前某大学で公園したアイドルグループに酷い野次が飛んでニュースになってました。 その時は、なんて下品なの、と思っただけでしたが、今日畑仕事してたら分かった。 彼らは知っているんですね。 実態を。私も水商売してたとき、業界系の人から色々そっち系の話を聞かされましたが、まあ、酷い話です。この高尚な? 日記には書けないくらい。 でもそういう話を聴いても、私みたいな下層階級は、そういう世界もあるのは知ってるし、○○が○○○なんだよ、って聞かされてもそう驚かない。 驚いても、心を病むことはない。下層は下層で必死に生きているんだ。 枕営業といえば言葉が悪いが、彼女らにしたら自分にできる、精一杯のおもてなしなのかも知れない。 それはともかく、そうじゃないもっと素晴らしい世界があることも知っている訳で、嫌な話を訊いたとしてもそれが「世界」だとは思わない。少なくても世界全部がそうじゃない。 ところが、その大学って、考えてみるとお金持ちのおぼっちゃまが行かれる大学でしょう? もっと頭が良ければ、外国の大学か、東大とかだと思うのですが。 以前私が住んでいた場所の近くに、その付属高校があった。県下で一番優秀と言われてました。学園祭に行ったことがありますが、おぼっちゃまは純朴だった。 地元の女子高生が、なんとか知り合いになろうと必死だった。
話は少し逸れますが、 近くには、その大学よりはかなりレベルが下がりますが小金持ちの行く○○大学の付属高校もあって、学園祭はこちらの方が当時は圧倒的に面白かった。 庶民パワーだ。それにほんの少しの資金がある訳で。 どう考えても、○○の方がお金持ちなんだが、こちらの方が父兄会の時なんか、駅から凄いこれ見よがしの格好したオバサンが列をなして練り歩いてました。 風物詩みたいになってた。
話は戻って、そんなお坊ちゃんが、大人になっていきなり業界系のそういう「悪い話」を訊いちゃう訳だ。耐性なんかありませんよね。 彼らなりに傷ついているんだ。 いきなり京都に出張に行かされる、新人○○省の公務員みたいなものだ。 若い時、男子は硬派を気取って悪を競ったりしますが、根っから悪くなっちゃいけない。 ○○のおぼっちゃま大学生には無理かも知れない、っと思った。 世の中を誤解しちゃうのも無理はない。
でも、それ誤解ですから。


★★★★★ 面白かった。最初は退屈だったんですが。 ちょっと60年代、入ってます。
いわゆる共産主義って、私大嫌いなんです。 マルクスやレーニンから出てきた奴だ。 発想は悪くないと思う。だから、貧しい育ちで頭の良い心清い若者がみんなダマされる。 手塚治虫も騙された。 しかしながら、この背景の弁証法的唯物論は魂がない思想で、 取ってつけたような弁証法をいくら重ねようが、そこに生命は生まれない。 能力は評価されても、個性が認められない社会なんか上手く行くわけがない。
されど、これだけ格差社会が進めば、別のもっと新しいこの手の動きが生まれてくるかも知れないが、過激にならないことを願う。 私は全くスタンスが違う「君らもこっちにおいでよ」だ。

2013/12/8軽井沢日記
ホテル音羽の森は偉くて、月に1度、駅前本通りを駅からローターリーまで清掃して回っているらしい。へ〜っ!
我が家では嫁さんが、二等兵の散歩でお世話になっている別荘地内を、月に一度は無理でも年に数回、ゴミ袋をもって散歩がてら、ゴミを拾ってます。 ちなみに、私は自分の敷地は時々ゴミ拾いしますが(誰だ、捨てていくやつ?)、他所様のまではやったことはない。

お歳暮で新巻き鮭が届く。
嫁さんの居ない時に、こんなもの届いてもなあ。これどーすんだ。 美味そうなので、とりあえず、2切れは焼いて食うことにするが(明日の朝もこれか?)、あとはバラして冷凍庫で良いのか知らん?
しかし、新しいキッチンは便利だ。切り身で焼き加減強めでスタートすれば勝手に焼いてくれる。 絶妙の焼き加減。
私、このキッチン、最初は使えなかったんだが、洗濯機といい、女性がメカに弱いというのは嘘だな。
二等兵が恨めしそうな目でみているが、これは辛いぞ。お前には無理だ。

さて、アメリカ産煙草にはポロニウムが含まれていて、被曝するというのはなんどか、この日記にも書きました。 煙草仲間の間では有名な話だ。 原因は化学肥料の元のリン鉱石と言われてます。 だとすると、煙草にかぎらず色々な食物に含まれていてもおかしくありません。 で、ネットをみていたら、実際、食物も汚染されていて、日本の食物もポロニウムが高いとあった。 とうことは、アメリカ産だけじゃなくて、日本の化学肥料もダメか? 化学肥料といえば、私は殆ど使ってませんが、畑をやりはじめて最初の年に買った奴がある。残っている。買ったのは311以前です。密封とはいえませんが、プロスチックの容器にいれておいたので、ほぼその後の汚染は無視して良いと思う。 であるなら、その放射線量を計測すれば、日本の化学肥料のもともとどのくらい汚染されているかが分かるハズだ。
という訳で、思い立ったら即計測してみた。 鉄板ありと、なしで。
撤廃ありは、ほぼγ線のみ、なしだとβ線とかα線も計測できるハズだ。 ポロニウムはα崩壊なので、これが含まれていると、この差は大きいハズだ。 ちなみに、ストロンチウムもβ崩壊なのでストロンチウム汚染でもこの差は大きくなる。 紙を挟めば、β線かα線か、この区別は着くはずだが、今日はそこまではやらなかった。
結果は、次の通り。
1枚めは先ずは空間線量(鉄板あり)。地上高1m程度で計測です。 2枚めは空間線量(鉄板なし)。同上です。 鉄板ありで、最初は 0.075μsv/h だったんですが、結構値はふらつくんですが、ここで(写真)は逆転してます。 まあ、大差ないこと判断してよいでしょう。α線はあまり飛ばないし。β線もγ線ほどは飛ばない。
3〜4枚めは化学肥料です。空間線量じゃなくて、すぐ上で計測してます。 3枚め、鉄板ありでは空間線量と比較してもそほど高くはない。 つまりγ線は大したことない。 ところが鉄板を外して翳すといきなりバリバリ鳴り始めた。 嬉しくない結果です。 0.7μsv/h 弱まで上がった。
0.7μsv/h の値は軽井沢ではそう驚く値でもない。群馬県側で苔むした場所なんかは、(鉄板在りでも)普通に0.5μsv/h は超えていた(毎年下がってますが)。 そうではなく、鉄板ありなしでこんなに露骨に変わるのは珍しい。 薪ストーブの灰も変わりますが(多分、ストロンチウムのβ線)、薪ストーブの灰 0.4μsv/h よりも高い値だ。この結果を見る限り、薪ストーブの灰を畑に撒くよりも、化学肥料を撒いた方が危ないって感じがする。 ちなみに、この化学肥料は2010年にコメリで買ったやつです。

仮に、ポロニウムその他の放射性元素が含まれて汚染されていたとしても、生物濃縮しやすい種類とそうじゃない種類がある。 煙草はしやすいだけかも知れませんが、ん、煙草はナス科だった。あっちゃ〜っ!

2013/12/7軽井沢日記
詳しく書けませんが、訳ありで疲れた。ホントに疲れた。
この歳になって、自分の以外な弱点発見。弱点とまでは言わなくとも、希望のない人をどうやって励ませばよいのだろう? 放っておけば、希望なんて、あちからニョキ、こっちからにょきって勝手に出てくるものだと思うんだが、そうでない人も居るらしい。不・思・議。
理論的に考えれば、否定的なオートポイエーシスの回路ができてしまっていて、そこから抜け出せないんだと思いますが、そういう人は口にしないので、外からは分からない。 なんか、ヒントをくれれば、オイラが突破口を開いてあげられるかもしれないのに。
若いころは「お前、暗い」と良く言われましたが、最近は「底抜けに明るい」とも言われますが、どちらも正しくない。私は私。 自分を信じて、やりたいことをやるだけだ。ただ、思うに、自分を信じてくれる人がいるって思えることは、自分が自分を信じる場合にプラスになる場合もありますが、 例えば、自分を必要としている赤ちゃんを胸に抱く母親とか、 そうではなく、上司がぎろっと「君を信じているよ」みたいなプレッシャーは、マイナスになる。 それって全然信じてないじゃん。 無条件に信じるんじゃないと、それは単なる「強制」みたいなものだ。

喪中葉書が届く時期です。友達の親は3人亡くなってました。 そういう年代に差し掛かっているとはいえ、こんな年は初めてだ。

嫁さんが居ないので自分で洗濯をしようとおもったら、えらく時間がかかる。 よく見たら「念入り」モードになっていた。 おいらのなんか、適当で良いのに、これ、どーすんだ?
嫁さんがいないと寂しいみたいで、猫も犬も煩くて敵わん。勝手に遊んでいればよいのに。

ここ数ヶ月、野鳥の餌は私が作ったひまわりの種と○○さんから頂いたひまわりの種だったんですが、売り物のひまわりとちがって、イマイチ人気がない。 で、訪れるカラもどんどん減っていたんですが、さすがにこの時期、他では食べ物が少ないと見えてまた増えてきた。で、軽井沢産のひまわりがなくなったので、ちゃんとした製品のをやろうと思ったら、てっきり難度にしまってるのがそれだと思っていたんですが、開けたら「鳩の餌」だった。まあ、安いとところから買ったので、袋には麻の種ってかいてあるんですが、...。
そういえば、猫のエサもない。バカ二等兵のせいだ。

天窓のガラス掃除はやった。
お風呂の湯沸し器との間の断熱のやり直すには、よく見たら少し分解しないと駄目だ。 特に困ってないので、これは来年以降に回す。
これから少し薪割りやる。
って、まだ部屋の掃除をしている。。

・畑を耕す、には、草刈機の不調を直さないと
・薪割りと移動


2013/12/6軽井沢日記
朝方は、-5℃近くまで下がってますが昼間は10℃近くまで上がってぽかぽかです。 霜は直ぐにとけるので、浅間もだいぶ黒く戻ってきました。

先日の立山の雪崩の時、その場に○○さんも居らしたみたいだ。
10m 脇を流れていったみたいだ。 それにしても○○さん、ご無事でなにより。 被害に遭われた人のご冥福をお祈りします。

2013/12/5軽井沢日記
風の噂によると、前の会社では、私は軽井沢で農家になっちゃったって事になっているらしい。まあ、当たらずとも遠からず。 こちらに越してきて、まだ10年ですが、早、都会に居た時の切れ(そんなものあったんか?)は見る影もなく、ぼーっとしちゃってます。 このところの不景気も追い打ちをかけてますが、どんどん貧乏になってます。 それでも、特に焦る気持ちは不思議と起きない。 数年前から薪も買わずに済むようになりましたが、多分、最悪、なんとかなる。
都会にいたんじゃ、こんな気持にはなれないと思う。

2013/12/4軽井沢日記
土日の庭作業で割れた爪が痛い。
高校の時、ギターを弾き始めて伸ばしはじめた爪、今は弾かないくせに伸ばしたまま。 老後、練習しようと思っては居るんだが。

我が家の二等兵、自分から仕事を探すとう積極的な態度は多少評価するとして、最近ネコの皿の掃除も自分の仕事にした。 私の目の前で仕事をしようと思うと、蹴りが入りますが、。。 お陰で、気がついたら猫のTが痩せてる!

私のミシュラン X-Ice も全然減ってないかと思っていたが、良く見たら摩耗マークまであと1mm 程度に迫っている。あれ? 今年3年めだと思うが。。って日記を見たら、替えたのは 2007年ですから、今年7年めですね。全然違う。と言うことは、逆算すると、BS は4年しか履かなかったってことだ。勿体ない。てか、ミシュランは倍近くもつってことだ。
夏タイヤは 2005年ですが、2007年はブリザックのスタッドレスを夏もそのまま使って履きつぶしたので、これは既に8シーズン、乗ったってことだ。タイヤを使うのは年に半年なので、通年計算だと4年間分だ。多少ゴムが劣化してきたのも分からんでもないが、山はまだ十分残っているし、楽しさも分かったので来年もこれで行く。この分だとでスタッドレスの方が先に交換しそうだ。 ボロクソ書いたが、使えない訳じゃないし X-Ice も今じゃバージョンアップして X-Ice3 だ。性能も挙がっているハズだ。これだけもつんじゃ、今度もミシュランにしちゃおうか知らん?(YOKOHAMA はあまり魅力を感じないんだが、ダンロップの未体験ゾーンはちょっと気になる)
今年、嫁さんが10年履いた TOYOのスタッドレス(非常に安定してて長持ちしました)をブリザックに履き替えた。サイプの量が半端じゃない。 同僚が BS から GoodYearのスタッドレスに替えた。このタイヤはまだ見てない。 甥は、結局BSのオールテレーン(懐かしの DUELER です)で行けるところまで行きそうだ。雪がふったらインプレッションを聴いておこうっと。

夜は氷点下ですが、まだ完全には冷えきってないので、寒いのは寒いが、それほど寒くはない。地面とか建物とか完全に冷えると、こんなもんじゃない。 軽井沢が凍る前に、やっておくこと。残っているのは、

・畑を耕す、には、草刈機の不調を直さないと
・薪割りと移動
・天窓のガラス掃除
・お風呂の湯沸し器との間の断熱のやり直し

覚醒系ですが、カテゴリーとして「覚醒ゲーム」としてまとめようと思ってますが、実はそれほど興味があるわけでもない。 上手くやってくれれば、こんなもの別段興味なんか持たない。 私は日本人だし、淡々と仕事し、趣味に生きる。こんな生き方をしたい。 実生活に色々影響が及ぶので、調べるとどんどんわかってくる。そいういう意味では「彼ら」も大したことはない。B層でもC層でもよい、騙すならもっと上手く騙さないと。 と思う。

2013/12/3軽井沢日記
今朝は出掛けに、ちょっと時間があったので玄関の屋根のヤニを落とした。 後から増設したガラスの屋根なんですけどね、落ち葉を落としたらびっしり木のヤニが着いていた。夏はともかく、冬は陽の光、射しこんで欲しい。

ネット観てたんですが「簡単な事をさも難しい事を噛み砕いて話すような振りをして」って、思わず笑っちゃいました。 はい、デモはテロだと言っちゃた人の事です。やっぱ、みんな、そ〜思うんだ。

こりゃあ凄いや。TVなくても金取ろうってんでしょ。 凄いなあ、どうしたらこういう発想になるんだろう。 根っこは同じだと感じるんですが、 たとえ犯罪でも秘密にできちゃうという特定秘密保護法案。 ある日、いきなり捕まって「なんでだよぉ?」と訊いたたら「それは秘密です」って、事でしょう? な〜んでもできちゃうなあ。
国連人権高等弁務官、特定秘密保護法案に懸念って、当たり前だよ。
そしたら、日本版NSCの初代局長になる人が、なんとあのムサシの会社の特別顧問だっていうじゃないですか! 出来すぎというか、怪しすぎです。
知らない人のために説明しておくと、地方選じゃことごとく負ける○○○党でも全国レベルの選挙になると馬鹿勝ちする。この原因の一番はコイツじゃないかと言われている奴やつです。設定をミスったのは、高松でしたっけ? 得票数0っての在りましたが、まあご愛嬌です。 私個人は、コイツだけじゃあ無理で、箱ごと入れ替えるなど、他の方法も組み合わせないとあそこまでは無理じゃないかと思う。
冗談ともかく、最近は秘密が多すぎです。
私、口軽いです。黙っておれない方なので、これは言わないでくださいとか言われると、非常にストレスになります。 「あなたにだけ話すんですが、...」ってそんなこと、俺に話すな! 対個人ならこれで済みますが、仕事上知り得た事ってあるじゃないですか。 一応、まだ現役な訳で。 で、昨今は、なんでもかんでも秘密扱いだ。 家族にも話すな! って、夫婦の間に秘密をつくろうというんかい。 私なんぞ、見てくれも稼ぎもない。いいも悪いも正直だけがとりえなのに、どーすんだ。 そもそも、こんなこと、墓まで持っていくような秘密か!? アホくさいのでなるべく忘れることにしている。 今は、向こうの基準に合わせてますが、それも仕事が続いている間までだ。 もし仕事が切れたら、自分の基準に戻す。 で、自分が喋って良いと思ったら、しゃべる。日記にも書いちゃおうっと。 ま、仕事はするが、心は売らない。
そういえば、○○○なんか、最近名刺もくれない(私にだけくれないんじゃなくて、作ってない。表向きの理由は部所の移動が激しいからなんですが)。あれ、いただいた名刺を紛失する奴がいるのも原因の1つだと思う。 個人情報の流出ってやつだ。事故を恐れて、名刺も配らない。
名前と顔を出してこそ社会人だと思うんだが、真逆を行ってる。 他方、大企業なので、現場の担当者なんか、いつリストラされるかも知れない派遣に毛が生えたようなもの、その程度の奴に会社を名乗ってほしくないのかも知れないという配慮が働いているのかも知れない。昔は、こんな会社じゃなかったんだが。
軽井沢役場からのメールも、担当部署だけで名前はない(直接知っている人は別ですが)。 嘘だと思うなら、町のHPから問い合わせして見てください。 何通かやりとりして、こちらは何処の誰ベエか名乗っているのに、最後まで名乗らない。 こそこそしたくない職員だって居るだろうに。

2013/12/2軽井沢日記
早朝の雲場池。既に観光客、何人かカメラで写真撮影してました。
湖面(池面?)からは、湯気が上がっていたのですが、上手く撮れてませんね。
オニオングラタンスープを作った。 パンがなくて、チーズものせなかったので正確にはたんなるオニオンスープか?
ベランダのは大丈夫なんですが(落ち葉の掃除をしてたら、猿がかじったのが1つ落ちてた。心配していたんですが、猿さまのお口には合わなかったようです)、部屋にいれていた分の玉ねぎ、芽が出てきたので、芽が出てきたのは全部スープにした。今頃、芽、出されても困る。 小さいのですが、10個くらい入れたと思う。
作り方は、昔レストランで働いていたときにコックさんから教わってある。 焦げないように、弱火で延々為ネギを炒めるんですが、途中で面倒くさくなって遠赤外線だから焦げないだろうと薪ストーブの上に乗せておいたら、忘れてしまって、焦げはしなかったが、真っ黒になった(^^;)。 見た目は悪いが、美味い。甘くて、超美味いオニオンスープです。
今は知らんが、当時のコックさんは怖かった。 怖かったんだが、見た目ほどチャラチャラしてないことが分かると、皆、打ち解けて良くしてもらった。仕舞いにゃ、お前、コックにならんか、と誘われたりもしましたが、根は優しい人が多かった。 給料なんかほとんどない修行時代を経て、セコンドくらいまで登りつめると、次はそうそうない。看板チーフはそう簡単には移動しない。そこで、軽井沢でいうところのオーナーさんを見つけて、独立するんですが、そう簡単に上手く行く訳はない。大体喧嘩して辞めちゃう。 冷静に観てたら、オーナさんの方が一枚も2枚も上手で、メニューも含めて店作りをさせて、起動に乗ったら、そんな高給取りは不要になります。 コックしか出来ない、世間知らずのプライドの高いコックさんなんか、怒らせるのは簡単。 体良く、辞めさせられているんですね。
コツコツ小金を溜めて、小さな自分の店を構えるか(オーナーシェフ)、それでもそうそう上手くは行きませんが、さもなくばプライドを捨てて、勤め人になるかです。 辛いのお、コックさんも。 小さくてもいいじゃないですか、儲からなくてもいいですよ。 喜んでくれるお客さんがいれば十分じゃないですか。 是非、夢を捨てずに頑張ってもらいたいと思います。

コックさんの話をしていたら思い出した。一番仲の良かったコックさん、年賀状だけだしていたんですが、数年前ですが、分かれた奥さんから亡くなりましたと返事が来た(分かれた奥さんってのが微妙です。私生活の話なんかしたことなかったんですが、彼も辛い思いをしてたのかも知れません)。 そういえば、昨年もあった。その方も奥様から悲しいお知らせが返って来た。 今年は、仲の良かった学友も亡くなるし、僕も頑張ろう、と心のの支えになっていた人が、亡くなるのは寂しい限り。 向こうで再会するのが楽しみと言えなくもないが、こうして親しい人が居なくなると、僕なんか、もういいや、と思っちゃうかも知れない。
さて、来年はどういう年になるのか知らん? ともあれ楽しい年になるといいなあ。



単なる練習写真。 浅間本体は雲で見えなかったんで、小浅間を撮ってみた。 さっきまではいい感じ!とおもって、登ってきたらもう雲で見えない。 裾にたまってた雲が、朝日に照らされて一気に登ってきたんですが、 山の天気はホント、一瞬で変わる時がある。
という訳で、浅間は諦めて、垂れこめた雲があがって出来た隙間に、朝日が回りこんで対岸の木々の背景になっている箇所があったので、狙ってみた。イマイチ。。。
2013/12/1軽井沢日記
畑には言ったが、草刈機が不調で大して進まなかった。
作業終わりで記念撮影。 このレンズ、私の持っているレンズの中では解像度はあるんだがさすがに画面の縁だとかなり下がる。

はっきりしない写真ですが、こうやってよく見たらフレアーが全面に発生してますね。 確かに、逆光で夕日が低い角度で際し込んでましたが、避けたつもりが避け切れてませんね。
夏タイヤはしまい終わった。わざわざ、項目に挙げなくてお良さそうなものですが、我が家を実際にみれば理解できますが、 クロカンの 245/70/16 のタイヤは重いのに、 あの位置から運び上げて、もとに戻すのは一苦労。 ま、そういうこうとです、ってどういうことだか分からないですよね。
ミシュランタイヤ、夏タイヤの遊び方は分かった。今冬は、このスタッドレスの遊び方をマスターしないと!
枯葉の掃除も3/4は終わった。あとは、薪を積んである面なので薪の移動と一緒にやらないとダメだ。 落ち葉を下ろしたら、玄関のガラス屋根がヤニで汚れている。 ここも掃除したくなったが、これは来週やる。
薪運びは甥に手伝ってもらって、かなり進んだ。お礼に丸寛食道で夕食を奢る。 夕食、1食おごってもらっただけで、あんなに働かされちゃあ合わないと思っているかも知れない。 そう思っているかどうかは別にして、よく手伝ってくれるので仕方ない、シルバーストンさんを紹介しようとおもって連れて行った。 詳しくは書きませんが、ここ、とびっきりです。凄すぎるので内緒にしておきたいくらいな場所です。案の定、甥もいたく感激していた。だろ?
○○さんちの車庫も前のオーナーさんはフェラーリを2台停めてあったそうな。 まあ、そういうお宅というか別荘ですが、多いです。 知らない人ですが、○○さんの別荘にはポルシェが10台以上あるとか。 車とは関係ありませんが、○○○さんの別荘は別荘自体がパイプオルガンになってる! そういう凄さは軽井沢、あまり珍しくない。上には上が居る。
シルバーストンさんは、違う。 コレクションとか趣味の世界じゃなくて、本物です。 そこにあるのは歴史であり文化であり男の生き様だ。 で、本人がそこに居る。
夏はお仕事に差し障りあるといけないのでおいそれと遊びに行けませんが、この時期ならって、ことで、おじゃました。 いい時間を過ごせた。








カテゴリ
書きかけばかりですが、。。
ご注意:ここで述べられていることは、個人の単なる主観、インプレッションであり 客観的な事実でない場合もあります。
B型性格で、 多少誇張した表現や誤解を招きやすい表現があるかも知れませんが、 誹謗中傷する意図はありません。


Copyright Mr.Flat