Mr.Flat の軽井沢日記

自己紹介:美しい村軽井沢は日本のマチュピチュです。
そんな軽井沢へ、アーバンデザインさんにお世話になり、2003/1、極寒の冬に越してきました。
現在、軽井沢ライフを200% 満喫しております。
軽井沢リゾートライフをお考えの方に
いまさら参考になるようなものは書けませんが、 こんな私でも軽井沢を楽しんでます、 って意味で、もう暫くの間、軽井沢日記を書かせて貰います。

軽井沢移住計画(まとめ)をこちらで作成中。

注意:日付は(数日したためた後で)表に出した日付でその日の出来事とは違う場合があります。
通し番号のようなもの、もしくは夏休みの日記と同じとお考え下さい。
前後、2週間程度は余裕を見てください。
必要な時には随時本当に日付を文中に記します。
基本的に嘘は書きませんが、産まれ持った性格的にお調子者の気があり、多少表現がオーバになったりするかも知れません。
又、思いこみや早とちりも多い方で、本人は事実と思っても、実際は違っている場合もあります。
後から気が付いた場合は訂正するように致しますが、
その辺り差っ引いて(加味して?)ご判断下さい。

アーバンデザインさんについて
物件を探すにあたって、最初は「欲しいリゾート」とか見て幾つかの不動産屋さんにも入りました。
小さな不動産やさんのアーバンデザインさんは最後でしたが、その後はず〜っとアーバンさんに紹介受けました。
不動産屋さんなのにとっても正直で真摯な、少し変わった不動産屋さんです。
アフターフォローも万全、水抜きの方法をはじめ軽井沢生活のノウハウを色々教わりました。
サラリーマン不動産社員とは、ひと味もふた味も違います。
自信を持ってお勧めします。
お金のある人も私みたいにない人も、先ずは、アーバンデザインさんまで訪ねて相談して見よう!


リンク


中山たばこ  パラダイス  古月堂  ブロンコ  丸寛食堂 
萬里(ばんり) 赤バス  三和良一研究所 軽井沢-ON.com
カフェイーナ  小野崎純 チェロ奏者 
ペンション・シルバーストン 

銅鍋の寺山さんのサイト  五月野自転車 
小名工務店   ドイツ観念論のページ

かるいざわ気分 denden PC修理・PC教室  軽井沢-ON.com(台湾)

北軽井沢ブルーベリーYGH 軽井沢観光ガイド   軽井沢グルメガイド

軽井沢絵日記 MaystormJournal
磐井の里から← おすすめ KOSHIRYOKU
実験記録 No.02 1984年動物農場
「みんなのデータサイト」
軽井沢 大雪・浅間山対策情報&SOS! 情報シェアグループ

週間天気予報 気象庁アメダス 軽井沢の放射線量

Mr.Flat プロフィール
軽井沢知らぬが仏、ド素人家庭農園(自然農法?)
バックナンバー
最新号
2019/8
2019/7
2019/6
2019/5
2019/4
2019/3
2019/2
2019/1
2019/12
2018/11
2018/10
2018/9
↑要認証
2018/8
2018/7
2018/6
2018/5
2018/4
2018/3
2018/2
2018/1
2017/12
2017/11
2017/10
2017/9
2017/8
2017/7
2017/6
2017/5
2017/4
2017/3
2017/2
2017/1
2016/12
2016/11
2016/10
2016/9
2016/8
2016/7
2016/6
2016/5
2016/4
2016/3
2016/2
2016/1
2015/12
2015/11
2015/10
2015/9
2015/8
2015/7
2015/6
2015/5
2015/4
2015/3
2015/2
2015/1
2014/12
2014/11
2014/10
2014/9
2014/8
2014/7
2014/6
2014/5
2014/4
2014/3
2014/2
2014/1
2013/12
2013/11
2013/10
2013/9
2013/8
2013/7
2013/6
2013/5
2013/4
2013/3
2013/2
2013/1
2012/12
2012/11
2012/10
2012/9
2012/8
2012/7
2012/6
2012/5
2012/4
2012/3
2012/2
2012/1
2011/12
2011/11
2011/10
2011/9
2011/8
2011/7
2011/6
2011/5
2011/4
2011/3
2011/2
2011/1
2010/12
2010/11
2010/10
2010/9
2010/8
2010/7
2010/6
2010/5
2010/4
2010/3
2010/2
2010/1
2009/12
2009/11
2009/10
2009/9
2009/8
2009/7
2009/6
2009/5
2009/4
2009/3
2009/2
2009/1
2008/12
2008/11
2008/10
2008/9
2008/8
2008/7
2008/6
2008/5
2008/4
2008/3
2008/2
2008/1
2007/12
2007/11
2007/10
2007/9
2007/8
2007/7
2007/6
2007/5
2007/4
2007/3
2007/2
2007/1
2006/12
2006/11
2006/10
2006/9
2006/8
2006/7
2006/6
2006/5
2006/4
2006/3
2006/2
2006/1
2005/12
2005/11
2005/10
2005/9
2005/8
2005/7
2005/6
2005/5
2005/4
2005/3
2005/2
2005/1
2004/12
2004/11
2004/10
2004/9
2004/8
2004/7
2004/6
2004/5
2004/4
2004/3
2004/2
2004/1
2003/12
2003/11
2003/10
2003/9
2003/8
〜2003/7
  • 私は「意識低い系」です。
  • 昔は自称「リベラルな保守」と呼んでましたが、リベラルの意味も変われば、保守の意味もどんどん変わってきたので、これからは「意識低い系」と呼ぶことにします。
    なので TPP 反対 です。FTA も反対ね。 おまけに反増税、反原発です。加えて護憲です。
    集団的自衛権なんてとんでもない。共謀罪も反対です。
    つまるところ私は結構保守だと思うのですが、多分、保守の人からはお前なんか、保守でもなんでもない、といわれると思う。 新しい親米というかネオコンの言いなりの保守とは全く違う。 物分りがよくて、善良な一市民なのでリベラルだとは思うが、最近のいわゆる意識高い系のリベラルとは違う。全く違う。私の意識は低い。
    そうしたら、エダノンが「リベラルな保守」とか言い始めましたね。
    オイラの真似したのか?
  • 真面目、不真面目の分類でいうと年中おちゃらけていてガサツで不真面目です
  • 年齢的にはジジイですが、見た目はもっと若いらしい。 実年齢を言うと「え〜っ!」と驚かれる。
    無精髭はあるんですが、年中Tシャツ、半ズボンで、年相応の「威厳」なんかまったくないので、そういうイメージなのかも。
    喋ると見た目と随分イメージが違うみたいです。
    最近は、「見た目は怖い」と時々言われますが、若いときはもう少しまともな格好をしてたのか黙っていると多少モテた。喋ると全然。学歴も身分も家も車もなんにもなかったので、男子をつかってステップアップしようとしている女子からはスルーされました。
  • 格差社会の分類でいうと貧困です
  • 立ち位置も貧民側ですが、上品なホントのお金持ちは嫌いじゃありません。 成り上がりの嫌な金持ちは嫌いです。
  • ま、私は私。オイラはオイラ

2017/11/吉日軽井沢日記
小玉
今年の温州ミカン(小玉) の出荷開始しました。
10kg 詰め(2300円)と 5kg 詰め(1200円)になります。 送料は別に必要です。

ミカンは毎年味が変わります。
今年も美味しいです!
スーパーのとはレベルが違います。これホント。
知らない人のために説明しておくと、我が家の実家のミカン畑は(私も子供の頃は収穫を手伝いました)もう面倒見る人が居ないので、お隣さんにまかせてます。 そのミカンです。
なので正確にいうと実家の畑のミカン+お隣さんのミカン、です。
多くのミカン農家は、オレンジ自由化の時に高く売れるミカンの木に変えてしまいました。
我が家はあまり面倒みてなかったせいもあって、古い木が残ってますから、懐かしい昭和の時代の味がします。
ずっと残しておいてほしいので(私が食いたい)、ネットでも売ることにしました。
値がつかなくてクズミカンとは呼ばれる頃もあった小玉の温州ミカンですが、 甘さが詰まっていて、大玉よりずっと美味しい。 最近はテーブルミカンと呼ばれて人気上昇中です。
温州ミカンはどこのミカンでも味は一緒ではありません。産地によって味が違います。 私の実家の方は豊後水道の段々畑ですから、西陽が良く当たり味が濃いのが特徴です。 伊方のミカンはただ甘いだけですが、我が方のミカンは濃い甘さの中にほんの少し酸味も残っていてとても美味いです。
年が明けると、新しいミカンの詰め合わせも販売しますが、私のオススメは普通の温州みかん(テーブルミカン)の小玉。 昔はこたつの上に乗っかっていた奴です。 これを山盛りにして、好きなだけ食う。
ジュース ジュースもジュースまだ少しあります。
温州とキヨミままだあると思いますが、お問い合わせ下さい。

値段は温州とキヨミは、はるかは、1瓶540円で、セトカは750円です。 3本、6本、12本、24本のセットで注文承ります。 送料が別途必要です。
送料は、12本は、100サイズ、24本は120サイズらしい。
//重いので届いたら郵便局員さんに「おつかれさま」とお声がけお願いします。

送料:100サイズ(5kg×1 or 10kg×1 or 5kg×2) 120サイズ(10kg×2) 単位:円
サイズ 四国 中国/近畿 九州 東海/北陸 信越/関東 東北 北海道 沖縄
100サイズ 566 669 720 720 771 1080 1512 1286
120サイズ 833 936 998 936 1059 1121 1687 1440

ミカンの注文、ジュースの確認は こちらから。

2017/11/30(木)軽井沢日記

今日が終わると今年もあと1月。早いですねぇ。
今日の軽井沢は厚い雲に覆われていますが、雨は降っていません。
3℃くらいですが、結構暖かいです。 今日も薪割りしましたが、汗をかいていしまいました。
特に急がなくても薪は一杯あるんですが、庭、片付かないし、 玉切りした原木が凍る前に割れるだけ割っておく。

最近、就寝前に自作の「カリンジュース」を飲んでますが、美味いです。

松屋のガスが値上がりするらしい。
軽井沢は都市ガスが来ていないのでプロパンです。
オール電化のお宅も多いですが、倒木で停電すると酷い目に遭います。
エネルギーは分けておいた方が安心です。

いつ、雨が降っても可笑しくない天気なんですが、 18-21時、雪マークになってますね。今の気温、2.2℃ かあ、微妙だな。

「畑」について、コヒーレント思考する

都会から軽井沢に移住してくると、家庭菜園をされるかたも多い。
町でも区分けして貸してくれますが、陽当りの良いお宅なら、自宅の庭で出来ます。
1つの憧れのような感じなのかなあ。
私はホントの畑を借りてます。
で、家庭菜園、やってみたものの、大体は3年でやめちゃうそうな。
私は2010年から開始しましたから、今年で8年間やったことになります。
なんで、そんなに続けているんだ? とよく質問されます。 「修行のようなものです」と答えるのを常としてました。 今年は良く作物が実りましたが、ここにきてほんの少し分かってきたような気がする。ちょっとおもしろくなってきた。 3年じゃあ分からんと思うぞ。
何が?
言葉では言いづらい。
逆になんで3年で飽きちゃう?
これは説明できる。 勉強し過ぎるんだよ。
私も最初、一杯、本を買いました。マニュアルのようなものだ。
で、その内容を一生懸命メモして覚え、そのおおりにやってみる。
巧く行くかもしれないし、いかないかも知れない。 軽井沢は下より寒いので、その通りにやっても巧くいかない場合が多い。 時期とかは、応用が必要だ。
色々な人からも話を聞きました。
プロの人の話は参考になるが、具体的な作方はあまり役に立たない。 というのは、規模が違うし、そんな器具も持っていないし、そんなに手もかけられないし。こっちは週一の放置農法だ。
アマチュアで上手に育てている人の話の方が役に立つかと言えばそうでもない。 これ、人によってやり方が全然違う。みなさん「自分の方法」というのを確立して、自分勝手にやっている!
なあんだ、と思った。
考え見れば当たり前だ。畑も違えばかけられる手間も違う。
結局、その畑にあった方法で作するしかない。
その畑も毎年変わる。
結局、畑と対話しながら作業するしかないんだ。
実験室で、実験するのと違って、こうやれば確実に巧く行くって方法はない。
試行錯誤しながら上手くなっていくんですが、自分の畑と対話するんじゃなくて、本を読むから、面白くなくなる。

子育てと似ているかもしれない。

問題の子が居たとして、その子、本人と向き合わないで、他人の意見ばかり訊いていても、どうにもならんでしょ? 他人はその子を知らないわけだし。

例えば、私の畑は湿気が多い地域で、大日向の畑のように水は不足しない。 苗を植えたとき意外は、水の散布は普通なら要らない。 それほど広くなくて、ほんの少し傾斜してますが、平らです。 平なんですが、地下の水脈のせいだと思うんですが、地面の湿り具合は場所によって違う。 脇に私がドブ川と間違えた湧き水の出る場所がありますが、水脈は多分そこにつながっているんだと思う。 こういう細かなことが、延々続けていると少しずつ分かってくる。
今年、初めて植えたセロリは、固くて木のようになってしまいました。
失敗です。小林農園のおばちゃんからは、セロリは水やらないとダメだよとは聞いていた。多分、その通りで水が足りなかったんだと思う。
来年はこの一番湿気っている、場所に植えてみる。
分かってくるとはっきり分かるんですが、振り返ってみると、以前からその信号は発信されていたことに気づく。でていたんですが、私が気が付かなかっただけだ。 気が付かなかった自分を恥じる。

畑との対話、ってなんだ?
最初はその植わっている植物と対話することかと思っていた。
確かに植物は、光が足りないとか、寒いよぉとか暑いよおと言ってる。 隣の雑草がウザいよぉとも言ってる。 色々と教えられることも多い。でも、それだけじゃないんだよ。
慣れた人は、畑で肝心なのは土作り。土と対話するんだよ、という話はよく聞く。
マニュアル本には、やれ苦土石灰を入れろだの、○○○の肥料を入れろだの色々書いてある。それで巧く行くかも知れませんが、その通りやったら、費用は半端じゃなくなる。 巧く行ってもそれじゃあ、面白くない。

そもそも、予め他人に聞いてしまうということは自分で発見するという楽しみ を放棄することになる。 すでに殆どのものは先人によって発見されているかも知れない。 でもな、それ学んでも良いですが、自分でも発見したくないですか?
偉人が発見したのと同じように、自分も発見する!
お、俺様もなかなかじゃん!
私は幼年のころは学力優秀だったんですが、予習はしなかった。
貧乏だったので、塾にも行かず、授業一本勝負。
中1の時、数学の授業で先生がある問題を出した。
私は直ぐに思いついて、手を上げて答えた。○○すれば良いんです。
詳細は忘れたが、それは先生が期待した方法(教科書に記載されている)でもなくて、完全でもなかった。当然、判定は×不正解だ。
ところがそれ、大学に入って知ったが、それ有名なやり方で、だれかが発見してちゃんと名前が付いていた。 その数学の教師、良い先生だったんですが、その知識はなかったんだと思う。あれば、あっさり否定するような先生じゃない。 その時の私の答えは不完全だったので、教えようとした方法とは違うが、それはそれで、もう少し完成度を上げるように促したと思う。
そうしたら、きっと、物理じゃなくて、数学に行ってたかもしれない。
自分も発見した上で、先人の発見を学ぶのは、なにもなく学ぶより、ずっとその価値が理解できると思う。
そうではなく、予め学んでおくと弊害もある。
というのは、予め知識があって、状況を判断するということは、得てして、既にある 知識バイアス がかかって、その知識の中に収めようとする。 結果、それ以外のことが起きていても気が付かない。 大げさにいうと、洗脳のような働きをする。

なので、私は途中からあまり他人に聞かない、マニュアル本は必要がないかぎり読まないことにした。
といっても、例えば作付けする時期とか、そういう基本的な事、必要な事は調べる。 他人に質問する場合も、具体的な問題点をその人がどう解決しているか参考程度に訊く。 それを採用するかどうか決めるのは自分。 つまり、他人の主導で畑をするんじゃなくて、自分主導で畑をするように大きく方向転換した。
そうしたら、畑作業がずっと楽しくなった。

こういう楽しみは、多分「優等生」は知らない世界だ。

話は戻って、畑との対話の続き。
私の畑は以前はイチゴの苗をつくっている畑だった。
で、雑草が生えないように、毎年地中殺菌を施していた。
この威力、結構すごくて、マジ、雑草が生えない。境界線が出来る。
地中にはミミズも居ない。虫も居ない。綺麗な土の畑だ。
屋外にある実験農場みたいな感じだ。 今から考えれば、それ、イチゴの苗には良いのかもしれませんが、他の、今私が植えているような作物には良くなかったんじゃないかと思う。
私が入れる肥料は、コメリで一番安い発酵鶏糞肥料だ。多分、これ効いている。 一時期、全く肥料をやらない年もありましたが、やったほうが多少作物の出来がよい気がする。「感じ」的にも畑が痩せ細ってきたような感じがした。
それよりも、効いたと感じるのは、枯れ葉の投入だ。
大げさに言うと、それまで死んでいた無機質の土だった畑に生命が宿った感じがする。 今は、ミミズも多少居る。雑草の種類も変わって以前の様に、ヨモギが広がらない。
地中の有機物なら、発酵鶏糞でも効くと思うが、そうじゃなくて地中の「菌類」が増えた感じがする。
畑の土作りというのは、地中の水分とか有機物じゃなくて、それも必要ですが、菌類も含めたバランスのような気がしてきた。

畑を始めた当初は、体が汚れるので長靴と軍手で作業してた。
最近はサンダルとなるべく素手で作業するように変わった。 長靴じゃあ土の感じが良くわからない。殆どは裸足で作業したいくらいですが、裸足じゃああとが大変だ。石ころもまだあるので痛いし。 作業姿勢もまだ元気だったので、前かがみで作業することも多かった。 前かがみで作業すると、地面が遠いんだ。 私の足は短いのですが、手も短いので地面は遠い。 最近は弱ってきたのもあるが、そんな姿勢じゃ作業しない。 土の上いデンと腰を下ろして作業している。 座っちゃうと、次の場所に移動するのが大変だし、ズボンも汚れるんですが、 土から受け取る情報量がずっと多いように感じる。 こっちの方がずっと心地よい。

私の心の振動数をずっと落として、畑から流れてくる波長を心を澄ませて感じ取ろうとする。

私が予め持っている知識の判断基準のどれに、この畑が当てはまるのか、暴力的に決めつけているんじゃなくて、畑と真摯に向かい合っている気がする。 といっても、私は鈍いので、その時々のシグナルをリアルタイムには理解できない場合も多い。 子供ならすっかりグレて不良になるかも知れませんが、畑はそれでも優しい。 私が成長するのを待ってくれているような気がする。
自然は優しい。優しい自然に囲まれて生きる幸せをいま感じてます。
こんな気持、都会に住んでいたんじゃあ、一生分からないと思う。

というわけで私にとって畑は修行なんだが、「楽しい修行」だ。
悪いな、俺様幸せで > 都会の諸君!
君たちも引退したら、引退しなくても、リストラされたら軽井沢に来い!

todo リスト

  • ★薪運び/薪割り
  • 2週間分くらいの備蓄量までもっていく
  • 畑に残りの落ち葉を持っていって様子を見てくる
  • ○○さんちも、浅間石のお礼に行く
  • 蕎麦を製粉に出す
そのうち
  • 薪割り/小枝を拾う
  • 庭の整備
  • 自転車の整備(クライマー)
  • タイヤ置き場のつづき
  • 離れの鴨居の裏の隙間を塞ぐ
  • 我が家の庭のモミの木も数本切って、もう少しスッキリさせる
  • 軽トラのディストリビュータを診てもらう(つづき)
  • ○○さんに自慢のスピーカを見せてもらう
  • ○○さんに、タイムドメインのスピーカを見せてもらう
  • 万座案件/草津案件、続き
  • メガネ屋さんに行くのはずっと後だ(混んでなさそうな時に)、困ってないし
  • 屋根にかかった木の枝も切る
買い物リスト(メモ)

2017/11/29(水)軽井沢日記

今日もまだ暖かいです。
今朝は、薪割りをやってから出社。汗をかいた。
このあと寒くなるのは、土曜日からのようです。

まだちょっと忙しい。今週はずっと忙しいかも。
仕事で使っている PC が遅い、遅い、遅い。
暇すぎるよりはずっと良いかも。 でもネットチェックする暇もなし。 就寝前に twitter チェックしていると終わらないに間に、寝てしまう。

喪中はがきが今年も多い

今年が、一番多かも知れない。
私の年齢だとこうなるよなあ。
きっと、いい人生だったと思う。

どうも私は他人を「暗い気持ち」にさせるらしい

困ったもんだ。
暗い気持ちってなんだ? 「不安」のことか?
お花畑の中で生きていれば、そんな感情とは無縁だ。
だったら、目覚めつつある、現代人の特徴だ。
良く分かりませんが、とにかく、本意ではないので、そういう話題はスルーして下さい。
さて、困った老人がいるとして、その老人が生き方を変えるだろうか?
「青春」と呼ばれる時期は、ころころ変わる。
大人になると変わりにくい。 ましてや、老人は?

設問が少し間違っていて、生き方を変える必要はない。
変えなくても、お互いがお互いの生き方を認め合い、普通に話ができる程度の関係に持ち込めるだろうか? ということだ。
もっと平たくいうと、お互いが理解し合えるか? ということだ。

実際は難しいのは承知ですが、原理的には「できる」、つまり可能というのが私の考え。

動物の飼い方を考えてみると良い。
猫でも犬でも、日本の本来の飼い方は放し飼い、地域猫や地域犬が基本。 ペットという概念はなくて、つまり、共存だ。
今のペットの飼い方とは違う。
「ペット」、ぴったりと当てはまる日本語の言葉がない。 向こうから来た言葉ですが、変な概念ですね。ちょっと嫌な臭いがする。 「愛玩動物」というともっと悪臭を放ちますが、それを都会的にアレンジして緩和しているような概念だ。
カリスマドッグトレーナーも長く見ました。 とても勉強になりましたが、最後、ちょっと違和感が残った。
シーザは「尊敬」されるようになると言ってましたが、それペットの飼い方。 私は尊敬されなくても良い。 我が家の犬には、俺様の偉大さなんか理解できる訳がない。 子供のころ、仲良くなった犬がいて、よく遊びに(犬の方から)来たものだ。 柴犬なんかよりも3回りくらい大きな犬でしたが、なんという種類だっただろう? 私は一緒に気持ちよい時間が過ごせれば十分。
我が家の犬は、尊敬してくれない。でも「尊重」はしてくれるまでにはなった。 以前よりはずっと「信頼」してくれていて、散歩で他の犬と出会っても私が「大丈夫だから」と制すると以前ほど興奮しなくなった。 以前とは比べ物にならないくらい、良く言うことを聞く。
「畑に行くぞ!」と呼びかける。気が進まない日は「しょうがないなあ」という顔をしながら軽トラに乗り込む。 間違ってもご主人様の命令に従う、って感じじゃない。 上下関係じゃなくて、どちらかというと友達関係だ。 「ま、お前が、そう言うなら、付き合ってやるよ」くらいかな。
猫はもっとずっと自分勝手。
それでも良い、と思う人ならきっと猫も好きだと思う。

「それでも良い」、と思う人なら、変な爺さんともやっていけるかも知れない。
そうではなくて、「自分を尊敬させてやろう」と思う人なら、無理かも、とは思う。 少なくとも、直ぐには無理だ。 実際、尊敬に値する立派な人なら、遅かれ早かれ尊敬されるかも知れませんが、そこに至るには「その偉さ」を理解する必要がある。 その偉大さが分かるということは、ある意味、理解する方も成長して、その偉大さに近づいている、って事だ。それは時間のかかる作業だ。
そうではなくて、実際に偉大であっても、手っ取り早く、犬の躾をするのと同じように、躾のなってない人を躾けて、偉大さを理解させようとするなら、 まあ、ぶつかるわなあ。
//実際に偉大ならまだしも、偉大でもないのに「尊敬しろ!」と言われてもなあ。

すこし戻って、「お互いが理解し合う」にこの「俺様を尊敬しろ」というのが含まれているなら、ちょっと話は面倒だ。
1.ホント、尊敬に値する人なら、時間をかければ理解できるかも知れない。
2.尊敬に値しない人なら、時間をかければかけるほどダメさが分かる。
つまり、そのままだと分かり合えない。 この場合は、「尊敬しろ」という人が変わる必要がある。

先に、生き方を変える必要はない、と言いましたが「敢えて変える必要はない」という意味だ。
敢えて変えなくとも、わかりやすい例で言うと、酷い目にあったり、逆に非常に嬉しい感動的な体験をすると、生き方は自然に変わる。 オートポイエーシスなので、原則外側から変えさせるのは無理。 変わるのは、内部からだ。 内部から、一歩進んで、次の自分になる。 生き方を変えるんじゃなくて、これまでの生き方の延長上に、次の生き方がある。

分かり合うという内に「尊敬しろ」というのが含まれている人は、そんなものがなくとも人との関係が成り立つことを理解してもらう必要がある。 あるんだが、これ、結構難しい。難しいんだが。不可能じゃない。
昔、散々「バカにされた」経験があるんだろうとは想像します。 今、もう偉くなっているなら、もうそれ以上威張らなくても良いじゃん。 内心、まだ駄目な自分を知っているなら、そこクリアすれば良いんだよ。 って、そもそも、駄目かどうか、もう一度考えてみる手もある。
相手が「どっちが上か下か」という判断をする人ならともかく、そうじゃない人にはそんなのは不要だよ。

他方で、今の自分を変えたくない、という人も居る。
「俺様を尊敬しろ」もその1つのケースと言えますが、もっと分かりやすく言うと、老人なら、そこに至るまでの長い長い経緯がある訳です。 それを踏まえて、今の自分がある訳です。 それらを全部とは言わんでも、自分の心を再構成する必要が発生するような事態は避けたいと思うのは必然だ。 オートポイエーシスが破壊されるようなケースは避ける。

私は、いわゆる現代音楽の試みは嫌いじゃない。
今回のポリーニプロジェクトは行きませんでしたが、15年くらい前のポリーニプロジェクトは十数万円のチケット代を支払って行った!
それまでの音楽は、例えばト長調とか4/4拍子とか、音楽にはいろいろ規制があったわけだ。それをどんどん外していって、それでも「音楽が成立する」のを証明していったわけだ。
乱数で音を発生するのはやり過ぎ。それ、作曲したのはその作曲家じゃないですから。
絵画だとモンドリアンだ。
不要な描きはどんどん削除して、シンプルにする。 シンプルになるんだが、元々描きたかったものの情報量は減らさない。 似てますよね。
随分臆病な態度ですが、まあ分からんでもない。
もし、全否定されてしまったなら「こでまで自分がやって来たことはなんだったんだ!」 って事になる。
しかしね、全否定されるような人の生き様ってあるんだろうか?
私には思い浮かばない。
逆に、歳を取っている人はそれだけでもエライと思う。 事情も知らず、全否定するなよ > 若者。
それに「まだ、生きている」。
私流に言うなら、まだ「天が、貴兄に、生きてやることがある」と言っているんだと思う。
それがなんだか、私には分かりませんが、信じて、もう一歩進んで見るのも悪いことではないと思う。 どんな結末になるか分かりませんが。


2017/11/28(火)軽井沢日記

今日は暖かいです。

今日は枝を拾って、太いのは軽くチェンソーで短くしてから出社。
なんだか、最近忙しい。

で、今日の夕飯はキャベツと豚肉の炒め物。 じゃいもの煮っころがし。 大根の千枚漬け。 白菜のお吸い物。 野菜ずくしでめちゃ美味かった。

きのこが地球を救う?

面白かった動画を貼り付けておく!


2017/11/27(月)軽井沢日記

寒さは一段落です。
でも体感温度は結構寒い。
今日、外を歩いていたら老夫婦が歩いていて女性の方から「素晴らしい!」とお褒めの言葉をいただきました。はい、半ズボンを見てのことです。 以外に平気なもんです。女子高生なんかミニスカート生足だし。
次、天気が崩れるのは木曜日、雨マークが出てます。

庭の小枝を拾ってから出社しました。
どこまで拾うかですが、真面目に拾うとあと10束くらいありそうだ。
焚付だけじゃあ、今冬かけても燃し切れないかもしれない。


2017/11/26(日)軽井沢日記

昨日と連チャンで畑に行ってきた。
耕す、耕す、耕す。感謝の気持ちを込めて。
これだけ色々収穫できると、感謝の気持ちは自然と湧いてくる。
大根も採ってきたがまだ10本くらいある。小さのばかり。
今年の畑、最低限は終わった。
後は時々様子を見に来て、玉ねぎには雪の上から化学肥料を撒く。

○○さんに、浅間石をいただいたお礼にと思って立ち寄ったんだが、誰も居らんかった。家族でどこかに出かけたようだ。 来週、また立ち寄ってみよう。
物々交換のローカル経済だ。田舎はこれがあるから強い!

今日は耕すのはサラダ君。 私はその後をついていっただけ。それほど汚れてないので、先に飯をくったら、風呂に入る前に薪をもう少し運んでおこう。
犬は遊び疲れて、最後は寒風吹き付けるなか隅っこで丸くなって寝てた。

薪運びも順調に終わった。2周間分は運んだ。
西側の軒下は空になった。明日から、薪割り放題。
お風呂も入った。ふと、洗面所の鏡をみたら多少太ったような。 ベルト穴は平気なんですが、ちょっと太ったかも知れん。 しょーがないよなあ。食い物、美味いんだもの。

F1 最終戦

予選はQ2で終わってしまいました。
まだトップとは2秒以上離れてます。どーにもなりません。
レースペースだと4番めのチームだと思うので、巧くすれば入賞可能です。 とは言うものの、マクラーレンもホンダももう頭は来年に行っていると思う。
ま、本戦を見てみよう。

todo リスト

今週末

  • ★蕎麦磨き
  • ★畑作業
  • 使い終わった畑を落ち葉と蕎麦のクズもまとめて耕しておく
  • ★薪運び
  • 2週間分くらいの備蓄量までもっていく
そのうち
  • 薪割り/小枝を拾う
  • 庭の整備
  • 自転車の整備(クライマー)
  • タイヤ置き場のつづき
  • 離れの鴨居の裏の隙間を塞ぐ
  • 我が家の庭のモミの木も数本切って、もう少しスッキリさせる
  • 軽トラのディストリビュータを診てもらう(つづき)
  • ○○さんに自慢のスピーカを見せてもらう
  • ○○さんに、タイムドメインのスピーカを見せてもらう
  • 万座案件/草津案件、続き
  • メガネ屋さんに行くのはずっと後だ(混んでなさそうな時に)、困ってないし
  • 屋根にかかった木の枝も切る
買い物リスト(メモ)

複雑な現代社会がサイコパスを大量生産するのは必然?

複雑な現代社会において良い市民になろうとすると、マスターすべき課題は多い。
田舎から都会にでると、電車にのるのさえ、迷う。
身分制度に巧く乗っかって、上の位の身分になると面倒なことは他人に任せ、多少我儘できたとしても、一般の市民、国民はそうじゃない。
その結果、どうするか?
例えば、交通法規を例にして考えると、どういう運転をしなければならないか、というのをマスターするのは比較的簡単。 でも、違反するとどうなるか? までは殆ど考えない。 正しい運転も、マスター出来たとしても、それがなぜ故そういう規則になっているか、まで考えることは稀である。 つまり、統合されていないが、とりあえず社会に対応するために、そういう心の反応系、それも中途半端な行動様式一式を用意する。 見通しのよい畑の中の丁字路の一旦停止なんか、無用だと思うんですが、 子供なら「なんでそうなっているの?」と疑問がわくところでも、 中途半端でよい根拠として、統合すること自体、無意味なものとして大人は思考停止アンカーを打ち込む。 そうでないと、不整合な人格が残ってしまい、ここに非統合が発生する可能性が生じる。
マックのアルバイトなら、マニュアルがあるのかもしれませんが、良き市民になるためのマスターすべき案件は多い。受験勉強もこの1つだ。
ところが、現代は、物凄い勢いで変化していきます。
昔なら、60歳で引退すればあとは年金で暮らせたかも知れませんが、それも今は崩壊した。 今や、これだけマスターすればOKみたいなゴールはない。

「理由なんか考えずに覚えちゃえば良いんだよ」と頭の良い人は言うかもしれない。
しかし、それが出来ない人がいる。 で、一人、また一人と落ちこぼれていく。できない人の方が多い。
私がみるに、現代が要求するレベルは、普通の人が持って生まれた生物学的容量のレベルを超えている。
勉強なら「僕は頭が悪いので無理」という思考停止アンカーを打ち込めば、そこからのプレッシャーから免れることができるかも知れない。 だとしても「じゃあ、頭が悪いだけで、なんでこんなに酷い目に合わされる?」という疑問は消えない。むしろ増強される。 頭が悪いと認めてしまった人格と、こんな目に合うのはおかしいだろ? という人格の間の不整合は益々高まる。

ここに「保守」の存在理由がある。
世の中を良い方向に変えるのは反対じゃないが、性急なことはしない。 みんなに周知徹底して、じっくり変えていこうよというのがホントの保守だ。
秩序を守るとかいいながら、自分たちだけの利権を守ろうとするのは保守じゃない。

思考停止アンカーは心の破綻を防ぐための安全策の1つですが、中途半端が終わったわけじゃない。 この中途半端な理解が嫌な程度は人によって異なる。
当人が持って生まれたモノ以外の要因としては、普通は母親との関係が大きな影響を及ぼす。
人は先ず母親との関係で1つの人格を築く。
そこで得られた信頼度と同じ程度に世界を広げよう(統合)とする。
なので、ベビーシッターに預けられた子は、あっさりしている。
母親との関係以上に信頼を得られる関係を得たなら、それはそっちに取って代わられる。 そうして、全部をそのレベルにまで統合しようとする。

どんどん、どんどん社会が発展する現代。
生半可な統合者はその進歩についていけない。
ついていけるのは統合を諦めた人だけだ。 つまり程度の差こそあれサイコパス。

サイコパスは決して満足しない

当たり前ですが、ここでいう満足するというのは「感情」の範疇だ。
理論的に満足するというのとは違う。
サイコパスは、感情部分と他の人格の間が切断されているので決して満足しない。
では、どうやっても満足しないかというとそうではない。
彼の過去に於いて感情が切断された過程を再現することで、過去に於いて自分の感情が切断された行為が肯定しようと試みる。 すなわち、その「再現」に於いて自分の存在意義が認められ、多少満足するようだ。
されど統合者の満足とは程遠い。 なので、何度も何度も繰り返す。
過去に於いてどのように感情が切断されたか? 一般的には暴力と強制なのでその行為も暴力的もしくは強制的な形態を示す。 暴力、もしくは強制を及ぼす側になるか、及ぼされる側になるかは、紙一重であって時々の状況において、相手との関係に於いてどちらも現れうる。 他方で、個体において進化が止まると、性的な方向に向かう。 これが合わさって、彼の性癖は「変態的」になる。
かくして現代は、総じて変態的な人ばかりとなる。

ライトサイコパスは安心しない

つまり不安になる。
あれ、感情を切り離しているんじゃないの? と言われればそうなんですが、
最初に切り離すのを強要される感情は、優しい気持ちとか、楽しい気持ちとか、そいういう奴だ。 不安の感情まで切り離しているサイコパスは、超サイコパスで強力だ。
私がLPと呼ぶような、なんちゃってサイコパスはそこまでは進行していない。
上で述べた様に「満足しない」。
この状態で残る感情は漠然とした「不安」とか「絶望」といった感情だ。
具体的な絶望じゃない。 キルケゴールは19世紀の人ですが、日本より今みたいな方向では社会はずっと進んでいたので、当時からもうそれを感じていたのかも知れない。 彼は、それを「信仰」によって克服しようと試みたみたいですが、私はこの本学生時代に読んだけれどこの部分は記憶にない。 全体としては面白かった記憶があるが、読み直す程の価値も感じない。
でもな、信仰とは「根拠不要」だ。
もし根拠があれば、敢えて信仰と呼ぶほどのものじゃない。
それできなんだから、ライトサイコパス → 不安の悪循環に陥っているんじゃないの? 信仰なら、キルケゴールが一般論だけでなんの具体性もないと批判したシェリングの方がずっと信仰している。私にはそう見える。 シェリングにとっては、個人個人が自分の問題をどう解決しようが興味なかったんだと思うぞ。彼が興味をもったのは一般的にそれがどういうものか?で、個別解じゃない。 世の中はそれじゃあ、満足できずに、実存主義の時代に突入していくわけだ。
それがいつまで続いていたんだろう? その後の最近の哲学界は私は良く知らないし、興味もなくなった。
なぜなら、今は物理学者の方がずっと哲学者っぽいから。
脳科学者も哲学者っぽい。でも、彼らの語る哲学はとても幼稚ですが。



2017/11/25(土)軽井沢日記


犬連れて、畑に行ってきた。延々耕す。
大根も少し抜いてきた。

戻ってからは薪運び。薪運び。
お風呂に入ってからは、洗濯だ。

差し上げた白菜がポタージュになって戻ってきた

ほう、その手があったか。
白菜は大きいので消費するのに困るんですが、なるほど。
大変美味しゅうございました ありがとう > ○○さん。

景気の良いところは確かに良い

軽井沢に住んでいるとそれを感じる。
欲しいものは一通り所有していて、これ以上お金をどう使って良いか分からないというお金持ちさん、いらっしゃいます。 普通の人は抱かない悩みだ。
「若者に投資」すれば良いんじゃなか? と思うんだが、そういう気はない。
資産運用会社に運用を任せっきりで、どんどん増える、増える、増える状態らしい。
私の周りは景気が悪いという人の方が多い。 周りの若者は、景気が良いという状態を知らないので、「世の中なんて、こんなものだ」、と思っている奴も多い。 24%には、この数も含まれていると思う。なので不景気はもっと多い。 すっかり飼いならされていますよね。
2極化してます。
これとて、「世の中なんて、こんなものだ」、と思っていて疑問も持たない。 そういう彼らは勝ち馬に乗ろうとしてか、自民党しか知らないってものありますが、自民に投票してしまう。 今の政権にはとってもやりやすい状況になってます。 前川氏が今更「教育の失敗」と言ったところで、貴兄が事務次官のとき、なにやってたんねん?てのはさておいても、時既に遅し。 愚民化政策、大成功しています。

大麻

世界初、大麻の成分が脳の神経回路を破綻させることを証明 これなんですが、大麻解禁反対派は大喜び。 記事は「大麻の有効成分カンナビノイドに類似した物質が不要なシナプスを整理すること、大麻の摂取により本来必要なシナプスまで刈り込まる」と述べてます。 何某かシナプスを整理することは本当なんだと思いますが、後半の「本来必要なシナプス」とはなにを指していいるんだか意味不明です。 本来要る要らないってどうやって判定したのか、そこのところを是非聞きたい。
というのは、人は忘れてしまったほうが良い記憶なんか山ほどあるぞ。
忘れたい記憶は無意識なんかに閉じ込めるんじゃなくてホントに忘れて、覚えておきたい記憶だけ覚えてられるならそれでも良いと思うぞ。

以前はこういうの見ちゃうと直ぐに信じた方ですが、最近は信じない。 「向こう側」のプロパガンダがそうとう入っている。
これ見ると「タバコ」はそうとう嫌われているのは分かる。
この図でタバコ以外は経験ないのでコメントしようがないんですが、 人にも因るのかも知れませんが、体感的にはタバコの依存性は相当低い。 アルコールもこんなに依存性と有害性があるんだ。 これがホントだったら、大麻も LSD も解禁すりゃ良いじゃん、と思う。 思うだが、特に興味もなし。 ヘビースモーカーは大麻には手を出さないってのは有名です。


2017/11/24(金)軽井沢日記

ところどころ青空が見ているんですが、玉雪が降りました。

乾燥し過ぎて、鼻の奥が痛い。

きこり に行ってきた!

東京からの来客があった。
ちょうど夕飯時になったので、一緒に きこり に蕎麦を食いに出た。 美味だった。
来週も「新蕎麦会」の予約を入れているので2週連続になる。
で、ご主人が居たので訊いてみた。
「今年は取れすぎて蕎麦磨きが大変なんだよぉ。来年になっちゃうよぉ。効率良くやるには、どーすりゃ良い?」と。 そうしたら、最後の傍磨きはきこりの機械でやるので、そこそこ出来たら持ってきて良いって。
お〜っ、これで気分が「すっげーっ楽になった」。

軽井沢ミカンの出荷、始まりました!

今日、我が方に第一便が届きました!
う〜っ、今年も美味い!
極早生は少し薄味だったんで少し心配しましたが、杞憂に終わった。
値段は、小玉で、10kg 詰め(2300円)と 5kg 詰め(1200円)になります。
送料は別に必要です。

注文は、 こちら からどうぞ。

組織論:貴乃花、ま〜だやってる

状況的には明らかに不正ですが、真相は良く分からず、実社会ではよくあること。 その不正の下にはもっとどす黒いものが見え隠れする。 この場合は八百長問題と協会の権力闘争、モンゴル内での権力闘争等ですが。 それが明らかになりそうでならない境界で、両陣営からあーだこーだと。
この程度だと、皆さん無責任に囃し立てやすいのかも。

しかしマスコミの報道の適当さは、今に始まったことではないが呆れる。 昨日なのかな、「モンゴルの人にはホントの事を話したい」と、貴ノ岩が急に電話で旭鷲山に話そうとしたんですが、これ不思議じゃありませんでしたか? これは姉が務めるTV局に日本から「貴ノ岩の事を徹底的に悪く報道しろ」という指令が飛んだからだ。 だったら、その指令を誰がだしたか、追うべきでしょう?

面白かった記事を紹介しておく。↓ だ。
「貴乃花の乱」はなぜ勝ち目がないのか?日馬富士事件を組織力学で読む

まあ、読んでみてください。
非常にわかりやすい言葉で今回の事件を解説してある。
本音でかかれていてその言葉はす〜っと頭に入る。
入るが間違っている!
私がこういう発想をできない訳じゃない。
以下にどう間違っているかを述べる。

  1. まあ、それで一時は業績を伸ばせるかもしれない。
  2. でもな、そういう企業はどの道長くは保たんぞ。
  3. そういう体質は伝染する。
  4. 社員のモラルは低下し、やる気は失せて、そのうち似たような問題が次から次へと発生するようになる。
  5. 最後はその企業の信用は地に堕ちる。
1つの事件のようだが、よく見ると問題は2つある。
最初の問題は暴行事件で、次がこの例でいうと営業本部長の対応だ。
この記事の組織力学でいうと、前者は結果的に不問に問われ、後者が大問題となるんだが、
そもそも最初の事件が起きたのも社内の雰囲気が悪いからだ。
よしんば起きたとしても、社内の雰囲気が良ければ、後者の問題も起きない。
企業の社内雰囲気が悪いのは最終的にはトップの責任だ。 後者の問題を引き起こしたのも、トップが駄目だからだ。 それまで信頼関係で結ばれた良い組織なら、営業本部長が事件の対応で判断を誤ることもない。 それには、普段から腹を割って膝を突き合わせて話し合っておく必要がある。 よしんば間違えたとしても、良いトップなら営業本部長を切り捨てることなく、それを収束されることができる。
その後者の問題を収束させられず営業本部長がその責任を取らされるのは、トップが力不足で、且つ、自身の保身を謀るからだ。一言でいうとトップの器じゃない人がトップに就いているからだ。 仮に力不足でも、普段から営業本部長を巻き込んで一緒に組織を盛り上げようとしていたとしたら、こういう事態には至らない。 普段から、保身の為に営業本部長を蔑ろにしていたのが分かる。

それ駄目な組織の組織力学。
にも拘らず、これを「組織力学」として偉そうに語れちゃうところに、今の日本の社会の問題点が象徴されているようにも見える。 そんなこと、やっているから日本がどんどん世界から置いていかれるだよ。
と私は思う。
で、日本のトップって誰だ?

F1 最終戦

マクラーレン・ホンダの最終戦です。
Q1は、7位、8位で、Q2が10位、11位。
イマイチです。
Q3を見てみよう。
長谷川さんもここにきて、「現在のシャシーダウンフォースのレベルでは、..」とちょろっと本音らしきものを見せますが、アロンソは容赦ない。ともあれ、来年が見ものです。 早く来年が始まらないかなあ。


2017/11/23(木)軽井沢日記

雪にはなりませんでした、ずっと雨でした。 お陰で、残っていた雪も殆ど融けた。
嫁さんを駅まで送っていたあと、また寝た。
猫のKに起こされた。
起きたら雨はやんでました。

嫁さんがいないので、犬を散歩させた。
昼間なのでちょっと遠くまで足を伸ばしましたが、3軒か4軒、こんな寒いのに別荘に来てました。この別荘地は稼働率、高いと思うな。 その後、用事が2件あって一軒目でつまかって少し長居をしてしまう。 急いで戻って、洗濯を終わらせて、夕飯を食った。
雨が止んだあとは急激に晴れて、夕日が綺麗でしたが、カメラは持っていなかった。
夜、戻ってきた嫁さんを駅まで迎えに行って、少し話をしたがお疲れの彼女はそのままベッドに直行。 私は、温めておいた離れで延々、蕎麦磨きを行う。
蕎麦磨き、目は酷使するんですが、頭と耳は暇なので、前から聴こうと mp3 に変換してあったのを延々流しながら、作業した。
あぐらの姿勢は少し慣れた。 2次脱穀の時は辛かったんですが、今日は長時間座っていてもなんともなかった。
これから、夜の散歩に連れて行ったあと、風呂に入って寝る。
明日もまた仕事だ!

来年は地震が多いらしい

幾つかのサイトで報道されてますから、かなりマジです。
自転速度との間で相関関係がみられた。 で、現在は自転速度が下がっているので、地震が増えるということらしい。
地球の自転速度の低下、普通に考えると慣性モーメントが増えているんだろ。 重たいものが外側に集まっているってことか? だと思うんだが、その論文では原因は不明とある。
逆に普通の大地震だと重いプレートが沈み込むので、通常地球の自転は速くなる。 東日本大震災で、1.8 μ秒、スマトラ地震で 1.2 μ秒速くなったと言われてます。
ま、気をつけましょう。

伊藤詩織さんの訴え、捜査を検証する「超党派の会」発足

伊藤詩織さんの訴え、捜査を検証する「超党派の会」 が発足しました。

この事件、表のメディアでは一瞬報道されましたが、直ぐに潰されました。
ネットはそうではありません。
森友、加計学園問題もそうですが、ネット民がまだクリアになっていないと思うものは、風化して皆が忘れないように、定期的に、延々、発信されます。
表の民は忘れても、ネット民は忘れない事件、幾つもありますが、伊藤詩織事件はその代表例だ。 結構大勢が発信し続けていた。

甘利はどうした

ハッシュタグで言うと、 #甘利はどうした とかも相当しつこい。
//睡眠障害が治ったなら、是非ご説明を > 甘利さん。
そういえば、選挙中だから、選挙が終わったら説明するといって逃げちゃった人もいましたよね。

あと、長いと言えば、放射能の問題も延々、発信し続けている人も居る。

この事件は、単なる準強姦罪ではない。
いくつかの特徴があります。
  1. 被害者が泣き寝入りしなかった
  2. 被疑者は、元TBS記者・山口敬之氏ですが、彼は アベ友 で有名だった
  3. TV にも(アベよいしょではスシローと双璧の)コメンテーターとして多数出演し、左の本の著者でもある。
  4. 高輪警察署の捜査員は 逮捕状を用意し、空港で帰国をまって逮捕する状況になっていながら、警視庁刑事部長(中村格) の指示で逮捕を見送った
  5. 双方の証言、診断書、残されているメールの内容、タクシー運転手の証言、ホテルの防犯カメラの映像等、状況的には逮捕されても可笑しくない状況(高輪市警察署の現場はそう判断した)でありながら、逮捕は見送りになった。 この間の詳しい経緯は公表されていない。
    逮捕を見送らせた刑事部長、この人は、後日、内閣情報官に栄達することになる。
    これは森友問題で、説明責任を避けきた財務省の佐川宣寿(のぶひさ)理財局長(59) が、国税庁長官に昇格したのと全く同じ構図だ。
    後日、伊藤詩織氏は検察審議会にも訴えるが「不起訴事案」の決議がされたが、詳しい説明はされていない。
    すべては、Black Box とういわけだ。
  6. 誤送信メールやネトウヨへの指示書等、官邸の関与を示す状況証拠が多数存在
  7. 事件が明らかになった後、被害者に対する被疑者の対応が異常
  8. 被害者が外国特派員協会等で顔見せ、本名で会見をおこなったのに対して、被疑者は Facebook やネット上の動画で反論してますが、やり方が姑息な上に、その内容が酷い。
    自分こそ被害者であるような言い回しで、被害者を加害者に貶めるようなものだ。
    弱者が少数意見を口にしようものなら、その内容に拘らず全体の秩序を乱す者として、クレーマー扱いされて、糾弾される今の日本の風潮と似ている。
  9. マスコミや野党(民進党)が追求に二の足を踏んだ
つまり、簡単にいうと今の政府とその政府が指導する日本の姿、問題点を 象徴 しているような事件だ。
加計学園、森本問題は、税の使われ方、それが決まる過程の問題で、一般人にはあまりピンと来ない部分もある。ところが、こちらはモロ人権に関わる問題で、こちらの方がずっとわかりやすい。
なので、ネットの民は騒ぎ続ける。続ける。続ける。続ける

私的には、2 〜 5 は想定内。仲間内なので、そりゃあ、潰そうとするよ。
問題は 6 だ。
野党やマスコミが腰抜けなら、否、この人達まで権力者と共謀するなら、日本国民はどーすりゃ良い?
日本国民はなにも知らされず、気がついたら日本が終わっていた!って状況になるやも知れん。
う〜っ、まだネットは手放せない。


2017/11/22(水)軽井沢日記

昨夜の最低気温は、21:26で -5.4℃を記録し、その後、上がってる。

深夜にまた下がり始めて、最低気温は -6.2℃ を記録しました。 今冬、一番の寒さです。
この後、雪マークと傘マークが入り乱れてます。降水量が0ミリじゃないので、雪なら積もると思います。 明日の夕方からは、天気が回復して、再度悪くなるのは日曜の後半からかな、予報では。 山の上に住んでいると、この時期、天気予報はほぼ毎日チェックです。

明日は天気が悪いのは昨日から分かっていたので、今朝は落ちた枝を軽く拾ってから出勤した。 で、駐車場だけで結局6束になった。 庭中やると、とんでもない束数になりそう。
この束は、薪ストーブの焚付に使いますが、そんなに束数になっても全部は燃せないかも。
明日は雪がマジ降ると駄目ですが、週末、土曜日は続きができるかも知れない。

カリンを薪ストーブの上でエキスを抽出中

全部やろうかとおもったんですが、大きなカリンだったので、鍋がいっぱいになってきた。 全部をやって一気に失敗するともったいないので、2個だけとりあえず薄切りにして水にしたして薪ストーブにかけておいた。
さて、どうなりますことやら。
種は、我が家の庭の隅と畑の隅に撒いてみる。

貴乃花が悪人扱いされてます

興味がないので黙っていようと思ったんですが、
今度は、貴乃花を悪人扱い、最近のマスコミのやること狂ってます。
確かに彼は原理主義者みたいなところはありますが、それをも説得するのが「保守」だとか「伝統」だと思うぞ。

でもなあ、今回の事件に限らず、被害者側を率先してマスコミが叩く姿は屡々見られる。 「先ずは現行憲法を守りましょう」と言ったのは、エダノンですが、犯罪は犯罪でしょう。 そこ、抜かして、被害者の落ち度を突くなんぞ、完全に加害者側に立っている。
これはわかりやすい例ですが、政府に関する報道はもっと酷い。 民放はおちゃらけて言うからまだしも、職員の平均給与が1千万超えらしいが、犬あっち行けーなんか真顔でやってる。 最近、顔つきが可笑しくなってきているアナウンサーが増えたが「人としてどうよ」レベルだ。
マスコミとはいえない存在に成り下がっている。 そいういうマスコミを騙すゴミと呼ぶ。

籠池夫妻が勾留されてから3ヶ月以上が過ぎているんですが、まともなマスコミは伝えない。
それどころか、逮捕状が出ていたのに お友達なら逃れられる 。 司法も警察も押さえられている状況で、マスコミが騒がなければ、誰が騒ぐんだよぉ。 それ、あなた達の仕事でしょ?

人混み

なんか風邪っぽい。東京で人混みを歩いたからだな。
軽井沢にず〜と居ると、寒けれど風邪なんかひかない。
タバコを吸っていると嫌煙者からはばい菌みたいに「汚がられる」が、都会の人混みの方がよっぽど危険だと思う。

そういう意味では、都会に居て、他人が嫌いなるのは少し理解できる。
さながら、田舎はみんなでワイワイやるところ、都会は孤独を楽しむところかな。

「最高の職場」Google

それは、笑っちゃうしかありませんが、 昔の日本企業 とおんなじ、って記事でした。
今の若いひとは知らないと思うが、日本の昔の企業はみんなこうだったんだよぉ。
宮沢さんがプラザ合意を飲まされてから可笑しくなった。
今の流れを徹底的にしたのは、小泉からだ。

軽井沢にも色々な企業の保養所がありましたが、どんどん閉鎖です。
そう言えば、NEC の千ヶ滝の保養所も最近閉鎖になったらしいが、ホント?
富士通のもあったんだが、あれはどうした?

最近の学校教育

私も子供が居ないので知りませんでした。
ご年配のご同輩、もしくは先輩方も知らないと思いますが、今の学校教育はこんなになっちゃってます。
教えていない答え方をすると 不正解になる って記事。
3×4を4×3と書くのも、×な。
あと、ひらがなとかだと撥ねとか止めができていなくても×な。

今の教育は、真偽を教える場じゃない

単に教師の言うことを素直に聞く子を育てる場と化している。
そう考えると辻褄が合う。
これは算数ですが、体育系の軍国教育のようなものだ。
//日教組の教育の方がずっとマシだったような気がする。
危険な組体操を止めないわけだよ。
こういう子どもたちに「民主主義」ではね、と話しかけたって話が通じる訳がない。
で、盛り上がっちゃったのがこちら 例えば5人の友達同士で夕食に行く時に、3人が「焼肉」を希望したけど、二人がベジタリアンだったとする。3人が多数派だからといって「はい、焼肉ね!」って決めちゃったら友人関係うまくいかないでしょう。5人が楽しめる折衷店をみんなで相談するのがデモクラシーなんですよ。 の呟きだ。
この呟き自体よりも、リプライが変なので、盛り上がっちゃってますが。
思っても見なかったようなリプライがくる。
今の子達は、少数意見は排除されて然るべきと思っている。

呟き主は「友達」と呼んでますが、今の子供達の「友達」とも随分意味が違うようだ(ホントの友達が居ない)。
で、賢い子が、排除されて当然と思っている子どもたちに問う。

例えば可愛い妹がいるとして、その妹が少数意見派ならお前はどうするんだ?
妹じゃなくても大切な恋人でもよい。 その彼女が少数意見派なら、お前はどうすんだよ? と問う。

排除して当然と思っている子は当然答えられない。
ホンモノのサイコパスなら、その場合妹だろうが恋人だろうが迷わず排除するんだが、まだそこまでは行ってないみたいだ。 でも、他人によってきつく結ばれた心の糸は、解きほぐそうにもどこから手をつけて良いかわからないくらい混乱している。
罪なことしますよね。学校教育だけじゃなくて、マスコミも同罪ですが。

そういえば、甥とかにはよく教えたんですが、ついていけいないのを補助するんですが、考え方として、1つ上とか2つ上の説明をすることがある。
例えば、私は小学校で教わりましたが、円の面積だ。 三角形とか台形なんかは、直ぐに長方形に変形できるので簡単だ(簡単なのに「公式」を覚えさそうとする)。 円は多少難しい。 これ、微積の考え方で説明すれば、超シンプルになる。 この考え方がわかれば、3次元の体積になっても、なにも迷うことはない。 新たな局面が生じるたびに公式を覚えるか、それとも、考え方を理解して1つで済ませるか、私なら断然後者でしょ、と思う。

体育系の数学教師に言ったって理解できんと思うが。
で、資本主義経済の元、国策として見てもな、この流れは拙いと思うぞ。 競争するなら、優れる必要があるが、大学にせよ、必要な箇所には予算は回らず、お友達のところにはどんどん回る。 お友達が優れていればまだしも、全然、というか真逆。 日本は衰退するばかりと思う。

シルバー川柳

これ とか、 これ ですが、嫁さんに見せたら、これはまだ元気な老人。 介護している方の現場は、こんなんじゃ甘いってさ。
そうかも知れん。
介護されている方も辛いかも知れませんが、ボケちゃえばなにも分からん。 そうなると介護する方がもっともっと辛くなる。 介護している方のシルバー川柳も見てみたい。

私は Twitter を備忘録として使ってますが、リツイートしたハズなのに、直ぐにどこかへ行ってしまいます。 リツイートが知らぬ間にハズれていることも多い。
日記に掲載しようとするとなくなっている。
フォローも時々外されているし、なんか、バグっている。

「議員年金」復活検討

【榊原経団連会長(国民の痛みを伴う)発言集】 なんだけれど、そこまで言うなら 「議員年金」復活検討 している議員さんにも言わないと。

「受動喫煙=がん発症」は証明されていない!?
疫学調査や動物実験でも

これは武田先生じゃない。日刊SPA!

「平山論文」の如何わしさは、喫煙者には有名だ。 統計値はいろいろ細工できる。 受動喫煙も含めた実験はもっと適当、というか悪意をもった実験だったのは有名だ。 昔、だれだったかコールタールをうさぎの耳に塗り続けガンを発症させた学者が居ましたが、そんなことを毎日する人は居ない。

さて「ここ60年、喫煙者数は減少しているのに対し、肺がん死亡者数は70倍 にも増えている」のをどう説明するか? だ。 嫌煙派の人たちは、潜伏期間(発症までに時間がかかる)で説明しようとするが、それだけだと説明できないので+高齢化と組み合わせる。苦しい説明だ。

他方で、今の時代、タバコも十把一絡げでいうことは出来ない。
もともと、肺癌はシガレットが拙いと言われてた。パイプや葉巻ははじめっから容疑者じゃない。肺まで入れないし(入れる人も居ますが)。
さらに拙いのがハイテク化だ。
正直言って、今のハイテクタバコはなに吸わされているだか分かったもんじゃない。 電子タバコなんか、100幾つもの発がん性物質が検出されたって報告もある。
ローテクタバコも、ある程度の規模の企業になるとグローバル経済の元、合理化が進められて、まったくもってどこまで信じてよいか分かったもんじゃない。
最近は「嫌煙者、特に女性に嫌がられない匂い」の研究が盛んだ。特に、フレーバーは要注意だ。
ヨーロッパの葉っぱは、チェルノブイリでセシウム汚染されています。 日本の葉っぱも311で汚染された。 アメリカの葉っぱはポロニウム汚染されています。 グローバル経済では、葉っぱんも融通し合うので、どこの葉っぱを吸っているんだかわかったもんじゃない。 農園指定の葉っぱを空いたければ、ダビドフとか、逆に小さなタバコメーカの葉っぱを輸入するしかなくなる。

最近になって、日本だけじゃなくて、アメリカはもう少し前からガンの死亡率が下がり始めている。
これを持って、嫌煙派は禁煙の効果が出てきたと言うんだが、これは別の説明も出来る。
掲載したグラフ、2010 で切れている。最近のもほしいですよね。
そうすれば、もう少し詳しいことも分かる可能性もある。
でもなあ、最近は厚生省い限らず、公官庁が都合の悪いデータを出さないってケースも増えているからなあ。。ここまで人類の程度が下がるとは思っても見ませんでしたが。


2017/11/21(火)軽井沢日記

結局、気温は -4.4℃までしか下がらなかったです。
現在は、1.9℃で結構寒い。
痩せたせいか、今年は寒さが結構来る。 で、今年始めてSORELのブーツで出勤だ。
これでパーカを羽織ったら、完全冬仕様だ。
//今日は、パーカを手に持ってきただけで、まだ羽織っては居ない。

今は晴れてますが、このさきの予報、次は明日の夜中、また雪マークが出てます。
木金は雨マークで、日曜日がまた雪マークだ。 畑は天気が良い方で行く。

御代田から「カミキリムシ」を曲がって佐久に抜ける、長い橋ありますね。
今朝、そこで3台の玉突き事故があったみたいです。
気をつけましょう!

昨夜というか、今朝の積雪は2〜3cmと思います。
Amedas みると、降る直前から気温は上がり始め、降り終わったらまた下がってきた。

で、私は帰宅したら、犬と散歩だ。
今年の初めての本格的な雪、さて、犬はどんな反応を示すやら。

PS. 「ウンコ終わりましたから、帰りましょ」って、早々に切り上げてくれました。

先週はやたら永かった

土日で随分リフレッシュしましたが、今週なんか月曜日から東京出張だ。 今週もまた永そうだだな、と思っていたら、な、な、なんと木曜日は祭日だ。 勤労感謝の日だってさ。

私はまだ働いてます。
軽井沢に住んでいるので誤解している人もいるかも知れませんが、 私は軽井沢がこんなところだと知らずに、勢いで引っ越した口。 年金と貯めた資産運用で暮らせる身分じゃないので、まだまだずっと働く。 働くのは嫌いじゃないし。良い仕事をして、喜んでもらった時の気分は格別だ。

仕事は続けるんですが、歳を取ると、どうしても体力は劣る。 以前のような体力任せの仕事はできない。
新しいものを吸収するスピードも下がる。下がる。下がる。
記憶力なんか元からない。
でもその分、明晰さは増す。私の場合増してこの程度ですが、これが頼みの綱だ。
色々経験を経て、配慮できる範囲も拡がったが、前後を顧みず挑戦してみようという勢いはなくなる。
また、若い時は売上を上げるために、面白くない仕事もやった。 バブル期は結構貰っていたので、その分くらいは働かないとね、と子供でしたが思っていた。上司から言われて嫌々やったものもある。 やってみたら面白かったものも多々あるが、歳を取ると、やりたくない仕事はやりたくなくなる。
仕事の内容というか、相手を観ちゃいますよね。私情が介入してくる。
ビジネスマン、失格かもしれないんですが、どうせ苦労して仕事するなら、あと何年、生きている分かりませんが、やっていて楽しい仕事の方が良いと思う。
私の勤めている会社だと下請けになることが多い。 下請けの身分から言うと、応援したくなる会社の仕事をしたい。 今なら、補助金系の仕事の方が割が良いかも知れませんが、それ、税金でしょう? それに、お仲間で忖度してもらった奴かも知れない。 「それ、良いね」と実感できるものならまだしも、そうじゃないものはちょっとね。 そんなことをやっているので、私の勤めている会社は景気が悪いんだと思う。
昨日だか一昨日の話しじゃないけれど、お金持ちになるには「合理性」が必要なのかも知れませんね。

独身税と子無し税

この間まで独身税とか言ってましたが、今度は子無し税だ。
本当に必要な事業で財源がないなら単純に「富の再配分」をもっと徹底すれば良いと思う。 貧乏人から広く薄く、雑巾を絞るように徴収しないでも、あるところから取れば良い。 もし俺様の年収が1億円なら、9割もっていかれても1000万円残る。 全然OKだよ。
そうすりゃ、高額納税者は一般庶民から尊敬される。

ずっと逆やってきましたよね。「お金持ち」vs 「貧乏人」の構図で対立を煽ってきた。
また、煙草の税金も上がりそうですが「禁煙者」vs「喫煙者] の構図だ。
今度の子無し税はある程度以上の年収が対象ですが、こうやって社会の対立を煽るような税の徴収は良くないよ。 「子供のいる家族」vs 「子無し家族」だ。
対立を煽って、為政者が都合の良い方向に誘導するのは向こう側の常套手段だ。
省略しますが、あと「出国税」とか「森林環境税」も準備されているそうな。
対立に煽られると為政者側の思う壺です。
ここは冷静に行きましょう > 皆様。

そもそも、喫煙するしないは、趣味の問題だ。つまり人権問題だ。 いまでこそ「高級品」と誤解している人も多いが、殆どは税金で、煙草なんか安いものだ。
子供の居る居ないも人権だ。結婚するしないなんか「ほっといてくれ!」って感じだと思う。私は偶、結婚しましたが「この人は!」と思う人と巡り合えなくても、とりあえず結婚しろってか? そんなの間違っている。

人権と税を結びつけるのは間違っている と私は思う。


2017/11/20(月)軽井沢日記


しょーがない東京に行ってきた。
上がその証拠写真、ってどこだ?

東京も寒かったです。でもな、夜、軽井沢のホームに降り立った時、シャキーンとした潔い寒さ、違うよなあ。
下が帰ってきた軽井沢の駅前本通り。
寒すぎて誰もいない。
で、今朝の最低気温は -5.6℃で最高が4.1℃だ。まだ真冬日じゃないんですが、平均したらマイナスになりそうだ。

しかし東京は良く歩く。
今日も良く歩いた。歩いた。
田舎はコンビニに行くときも車だ。歩く量は、田舎の非じゃない。
色々な作業をするので、手は良く使いますが、歩く量は田舎は少ない。 犬が来てからはその散歩で多少歩くようにはなりましたが、絶対量が不足している。
私は「歩けなくなった自分」を容易に思い浮かべることができますが、そうならないように、運動でもしようか知らん?

白菜と豚肉のミルフィーユ

という訳で、今日の夕食は白菜だ。お腹一杯、もう食えん。
明日の朝食も白菜だ。
明日はキムチの元で、キムチに挑戦してみるらしい。

雪、降ってきた!

夜中の23時ですが、道、白くなってます。
これまでも、舞ってた時はなんどもありましたが、地面が白くなるのは初めてだ。
外に出てみたが、結構な勢い。 予報では、明日の朝6時まで雪マークになってます。 例年、軽井沢は11月中に軽く積もるので、例年通りかも知れませんが。

踏切

小椋佳かな。
「白い1日」では、大人になってしまった君を「踏切の向こう」と喩えました。
//うん、女の子の方がずっと早く大人になる。
その踏切です。

さて、昨日は線路より南側に2度行った。 一度は畑で、2度めは白菜のお返しをもともと、私に白菜をくれた人に渡しにいった。 農協通りだたんですが、この踏切を4回通ったってことですが、そのうち3回、踏切にひっかかった。そのうち1回は、上下線が通過したので、見送った電車は4両。 しなの鉄道、本数すくないんですけどぉ。
最後は引っかからずに済んだと思ったら、どっこい。
踏み切りを渡り始めると同時に踏切が鳴り出した。 前が詰まっていたら、踏切から出られずに、踏切に閉じ込められるパターンで、 ここは渋滞するとR18旧道から、この踏み切りを越えて並ぶことがある。 私は踏切に入る時には、その先の余地は確認して入るし、そもそも昨日は渋滞もしていなかった。
最後は踏切には間一髪引っかからないで済みましたが、一日に3回も引っかかったのは越してきてから初めてだ。


2017/11/19(日)軽井沢日記


雲は多いですが、晴れてます。畑には行ってきた。

白菜とキャベツ、配りまくった。
こういうのは地元の農家とつながりのある人は既に貰っているので、駄目なんだ。 そうじゃない人のところに配りに行く。 2軒ばかり不在でしたが、あとはいらっしゃった。 あいにく、買ったばかりて引き取ってもらえないお宅もありましたが、意外に貰っていただいた。 最後は○○○○に引き取ってもらうつもりだったんですが、ちょうどよいくらいにまではけた。
行くと、まあ、寄っていけとなるんですが、畑帰りなので足が汚い。 サンダルで作業したので泥だらけ。 上がるわけにはいきません。外で少し話したりと。 そうしたら、○○さんちは、貰っていただけるというので、車らから持ってきたら、雑巾用意してあって、拭いて上がれ!コーヒーでも飲んでいけ、って。 そこまでされたんじゃあ、断るわけにも行かん。 久しぶりに話し込んでしまいました。
この○○さんと、○○さんが私が知る人の中では軽井沢の中でも話が面白い双璧かな。
楽しい時間があっという間に過ぎる。

配り終わって、ふと気がついた。
こっちは消費できない分を勿体無いので、引き取ってもらっている訳なんですが、じゃあ、代りにこれ持っていって、とお返しをいただくことが多い。 これまでも含めて、延々配りまくって気がついたんだが、「お金持ち」はお返しをくれない。というか合理的。 私的には困っているわけで貰っていただくだけで有り難い。 加えて喜んでもらえばラッキー程度な訳で、別にお返しなんかどうでも良い。 それで不快な気持ちになるなら持っていかない訳で、全然OK。 B型の私は気を使わなくて良いので、差し上げやすい。
ふと、これまでのこともずっと省みると、たしかにその傾向はある。 さっき、この事に気がついた。
○○さんなんか、○○○くれちゃって、それグローバル金額に換算すると今年は豊作な訳で、今の白菜とキャベツの相場じゃあ、絶対割に合わんぞ。 ま、そうなんですが、田舎の人はそうなってしまう場合もある。 こちらも愛すべき、田舎の人達だ。
上から目線なんかする「金持ち」には絶対あげない。

そしたら、会社に更に1個、白菜が届いているらしい。
会社で皆で食っても、食いきれないかも知れん。 明日も、もう少し配るか?
という訳で、すっかり遅くなってしまったが、あと今日はなにやろう?
今日、畑でつかった作業着の洗濯はあとで洗濯機にヤラせるとして、猫のトイレも掃除した。 フローリングは未だだが、私的にあ唐箕2回めの優先度の方が高いな。 よし、唐箕2回めをやろう。
実の詰まった蕎麦以外にも、唐箕では小石も残る。 小石を後で蕎麦磨きの時に分別するのは比較的簡単。 それでも、軽い方のクズがより完璧に飛ばしておけば、蕎麦磨きの時間もずっと短縮できるハズだ。 なにせ、昨年の倍以上収穫できている。 頭使って、効率よくやらないと今年中に新蕎麦が食えなくなる。

唐箕で思い出したが、昨夜、唐箕が終わって、やけに寒いなあと思ったら、 唐箕に使ったボルナド(ブロアー)を元の位置に設置するのを忘れていた。 床暖の人は不要かも知れませんが、軽井沢さと薪ストーブとか、石油ファンヒータの人は部屋の空気をかき混ぜる機能は必要です。 快適さが全然違います。

2017唐箕完了!

何時間かかったんだろう、2度めの唐箕は終わった。

左の写真は一度目の唐箕で出た分の排除された分だ。 これは畑に返してきた。
2回めは、コンテナ半分くらいかな。
結局出来上がってみたら、昨年のちょうど倍くらいかも。
今年はリビングが作業場になっているので離れでやった。 予め室温を20℃まで上げておいた。 で、ブロアの排出先は西側デッキに向けてある。 ブロアーで排出するということは、その分、外の冷たい空気が入ってくるということだ。終わった時には、石油ファンヒーターをつけっぱなしだったんですが、2℃まで下がっていた。アメダスをみると、気温は -4.5℃だ。 まあ、あれだけ最強でブロアーを回しっぱなしなら、そのくらいにまで下がるわなあ。
昨年も2kg 強、翌年の種でとっておいたので、今年もそのくらい確保してから、明日からは蕎麦磨きのフェイズに入る。 昨年は、飛蚊症で苦しんだ。今年は気をつけよう、ってどうすりゃ良いんだ? LED ライトじゃなくて、蛍光灯にすれば良いんだろうか。

そりゃそうと、まだ嫁さんは帰ってこない。
実家からはちょうど2時間くらいだ。 どこかで休んでなければ、もうすぐ着くハズだが、ダイレクトに帰ってくることは最近殆どない。 先にブロにでも入っておこうか知らん?
バカ犬も戻ってくるので、夜中の散歩が待っている。

あ、思い出したが、明日は東京だった。
面倒くさいなあ。早く寝ないと。

todo リスト

今週末

  • ★軽井沢紫煙会議
  • ★○○○案件
  • ★蕎麦を唐箕にかける
  • ★落ち葉の掃除/台風の後片付け(その3)
  • ★薪運び
  • 畑作業
  • //使い終わった畑を整備する
そのうち
  • 庭の整備
  • 自転車の整備(クライマー)
  • タイヤ置き場のつづき
  • 離れの鴨居の裏の隙間を塞ぐ
  • 我が家の庭のモミの木も数本切って、もう少しスッキリさせる
  • 軽トラのディストリビュータを診てもらう(つづき)
  • ○○さんに自慢のスピーカを見せてもらう
  • ○○さんに、タイムドメインのスピーカを見せてもらう
  • 万座案件/草津案件、続き
  • メガネ屋さんに行くのはずっと後だ(混んでなさそうな時に)、困ってないし
  • 落ち葉の掃除/屋根にかかった木の枝も切る
買い物リスト(メモ)

2017/11/18(土)軽井沢日記

雪は降らなかった。雨も。
それほど寒くもない。
夜中星が綺麗に見えてましたが、雪も舞っていた。 それ、きっと浅間の雪がこっちまで風に吹かれてきたものだろう。

紫煙会議は出た。今日も大久保さん講演があった。 その後も楽しい話しが幾つか。
その後のもう1つの会議も出た。

知人が映画を見に来たので、一緒に観た。
ついでに「君の名は?」も観た。

走行していたら、○○さんがやってきて、我が家はキャベツと白菜地獄になってしまった。って分けわかんないすよね。 一杯いただいたってことだ。こんなに食えないので、明日は配りに行く。

で、唐箕だ。
最低限はかけた。 量は2/3程度まで減った。 減ったんだが、残った量、この量を傍磨きすると考えると気が遠くなる。 昨年の倍くらいある。 昨年は2パスやったが、今年は1パスで済ませたい。 唐箕、やったらやっただけ綺麗になるので、明日の夜中、もう一回唐箕をかけるかな。

ウイング立てて直線伸びず

なのにアロンソはホンダ批判という理不尽 というコラムは、概ね正しいんじゃないかと思う。

潔癖症候群

例えば、体が100%吸収する食物を採取したとしたら、便は出なくなる、って事だ。
加工食品は限りなく100%に近い吸収率だとすると、お菓子ばっかりくっていればそりゃあ便秘になる。
じゃあ、便は消化しきれなかったものか? といえば、それは一部分だ。 私も誤解してましたが、割合的にもっと多いのが人間と共生している微生物とその死骸だ。 人は共存する微生物の助けを借りて、消化している。 イメージとしたら、我々の消化器官はケミカルなプラント(小学校の時にそう習ったが)というよりは、バイオプラントな訳だ。 なので、便通を良くするには、この微生物が大量に繁殖するものを食えば良い? それって食物繊維のことか?
よく知りませんが、都会に居た時よりは今のほうがずっと便通が良いのは確かだ。

将来、体が100%吸収する可能な食物を採取する時代になるかも知れん。
まあ、体がその時々でどんな栄養素を必要としているか変化する。 なので、100%吸収可能でも要らなんだら、吸収はされないと思うから、 そういう食事に変わったとしても、便がなくなる訳じゃないと思う。 それでも、限りなく便の量が少なくなるんじゃないかと思う。 予め、必要な栄養素に変換しておけば、微生物の必要性も下がる。 とすると、腸の長さもこんなに長いのは必要なくて、ボディはもっとずっとコンパクトになりそうだ。

そういえば点滴で生きている重症患者がいますが、ああいう患者は便をするんだろうか?

今ってどういう時代?

いつの時代もそうだが、その瞬間瞬間が歴史の最先端であることには違いない。
で、現代だが、これまでの歴史は大きな変動が何度もありましたが、私は今、それらどの変動よりも大きな変動が迫っているように思えてしかたない。 第二次世界大戦とか、そいういうのよりも大きな変動。

気のせいなら、気のせいでOK。
それがずっと遠い未来の話なら、私はずっと気が楽になる。
そうじゃなくて、もう直ぐそこまで来ているんじゃないかと思うから心配している。 できたら杞憂であってほしい。 「じゃあ、お前ら、頑張ってな」といって、先に旅立つ。

どういう心配かというと、少し前、地球上の全人類が文明生活をしようと思うなら、この地球のリソースだけじゃ足りず、2〜3個必要という記事があった。 これは、フェイクだ。 もっともらしいことを言って、自分たちの有利な方に誘導するための記事だ。 地球温暖化もそうだが、ホントだとしても、そもそも、その原因(リソースの無駄遣い)を作り出しているのは「彼ら」だろうに。我々ではない。
そうではなくて、それよりも心配なのは、文明社会で生活するには幾つかのことをマスターする必要がありますが、 この量と、人が接物学的にもってうまれたそれに対応する容量・キャパシティとを比較すると、前者が上回ってきているんじゃないかということだ。
より高度に、より複雑になってきた社会ですが、それに人間が対応できないんじゃないかという心配だ。
それは単なる「知識」ではないが、良い言葉が思い浮かばないので、とりあえずここでは知識と呼んでおく。その知識を蓄えられる容量が、もう人間の持って生まれた限界を超えつつあるんじゃないかと心配する。

それ「お前の頭がバカなだけだよ」という意見はごもっとも。
世の中には信じられないくらいの記憶力を有する方がいらっしゃるのは存じてる。
私は小学校4年の時に、初めて物忘れをして、凄い衝撃を受けた。
それいらい、忘れる速度と覚える速度の相克で今の状態をかろうじて維持している。

もともと「単純記憶」は苦手だ。 多くの人と名刺交換したが、殆ど覚えていない。 ところが、その人と例えば楽しい話をする。するとそれが「体験」になって、覚えようとしてなくても、覚えられる。 途中でこの事に気がついた。それからは、単純な記憶は止めて、なるべくそれが「体験」になるように、心がけるように変えた。
私を人類のスタンダードにしようなどと大それた事をする気はサラサラない。
サラサラないが、多分「普通」という範囲には入っていると思う。 私よりも劣っている人も多い。優れている人も多い。 で、この現代社会にうまく適応して成功されている「優秀」な人々が、巧くやれているなら、私もこんな疑念を保たず安心できたと思う。 ところが、彼らを観察するとどうみてもサイコパスだ。 彼らはかけがえのない己を犠牲にしてまで優秀な地位を得ている。 ということは、優秀な彼らでさえも容量を超えているってことだ。

シレーカンは母校の教授が単位を上げた記憶がないのに卒業したと言ってますから、ホントにああかも知れませんが、「ち・が・う・だ・ろ〜」のお姉さんは東大卒です。
最近、お騒がせのお兄さんは京大卒です。
どちらも元官僚で、そういう場所ではそういう発言もできる。
まあ、サイコパスだ。
さて、現代は便利なものができた。
インターネットだ。 わからない言葉がでてくれば検索すれば良いし、個人的なスケジュールもスマフォに覚えさすことができる。 なので、自分の頭で覚えておく記憶量の絶対量は減ったような気もする。 ですが、検索するにしても、検索する方法を覚える必要がある。 コンピュータを使うにはコンピュータを扱う方法を覚える必要がある。 で、これがどんどん変わる。 コンピュータを使って仕事をしている人は、新しいシステムにバージョンアップするたびにまた使い方をマスターする必要がある。 世の中の仕組みが変わるようにコンピュータもどんどん変わる。
私はとても便利で気に入ってますが、多分、私の使いたいようにしかコンピュータを使っていないんだと思う。 そうだよなあ、スマフォで買い物する方法とか知らんものなあ。 なので、コンピュータが苦になると強く感じることはありませんが、そうじゃない人も多いみたいだ。
コンピュータの出現は、人を楽にするんじゃなくて、益々混迷の度を増す方向で機能している。

さて、AI が人間の能力を越す日、シンギュラリティが何時なのか? いろいろ議論されてますが、私はそれ以前に、現代社会が個人に要求する能力が、人間の容量を超えている と思う。 気がついたら、超えていたって感じかな。
この特異点を指す言葉がありそうですね。私は知りませんが、知っている人は教えて下さい。
こんなもの、義務教育だけじゃあ無理。 シレーカンは専門学校で即戦力を大量生産しようとしてますが、そんなもんじゃ間に合わない。それ却って逆効果。 というのは、本質を見抜く教育なら、少しの知識で多くを言えるようになる。 その分、消費する容量は少なくて済むかも知れませんが、 そうじゃなければ、横に大量に広げるだけで、余計に容量を消費する。
本来なら、これまで人類が築いてきた歴史を辿り、次に一歩進めるのが歴史の正常進化ですが、一歩進めるどころじゃない。 前半の途中で容量オーバー。あとは、歴史を振り返ることなく、進める。 「賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ」と言われてましたが、現代は賢者も歴史から学ぶことができなくなって来ているような気がする。 それが現在の社会のデタラメぶりのそもそもの原因ではないかと。

なぜ、社会がここまで市民に高いレベルの要求をするのか?
文明が複雑になってきたこともあります。 これを後押ししているのは新自由主義の元での「改革」だ。 本来の「保守」はこの動きとは真逆のハズなんだが、今の保守は保守とは名ばかりで保守ではない。 更に、他方で 多様性を認めない のがもっと直接的には効いてる。 他人がどうであれ、社会が変わろうが自分はこれで良い、というスタンスが取れない。
多様性を認めれば、ある個人が対応すればよい範囲はぐっと狭まる。
多様性を認めない、というのは、グローバリズムだ。
グローバリズムを止めて、『保守』と『ローカリズム』で行くならもう暫く、って、何年か知りませんが行けそうな気がする。 そうではなく、新自由主義のローバリズムがこのまま市民に強いている負担を増加し続けるなら、人類はこれまで経験もしたことのないような事態に遭遇しそうな予感もある。 なんたって、サイコパスとうつ病患者ばかりになるんだから。


2017/11/17(金)軽井沢日記

今日も晴れてます。5℃ですが、体感的には寒くはないです。
出社前の作業では、少し汗かいたくらい。フリースだけで十分。
因みに、今朝の最低気温は、-5.0℃ でした。 まだ地面とかの温度は抜けていないし、北風も吹いてなかったので、夜中の犬の散歩もどうってことはありませんでした。 会社に居た時は寒いと思ったのですが、一旦外にでれば体のスイッチが切り替わって、平気になる。
多分、都会に住んでいるとこのスイッチが忘れさられる。

予報だと明日の朝、雪マークですね。必中は雨マークに変わりましたが、夜中にも1つ雪マークが出てます。 来週は天気がイマイチで、水曜日にまた雪マークですね。
軽井沢は冬ってことです。

というわけで、今朝は薪を24束だと思う、西側軒下のを北デッキに運びました。
あと、束にできない薪を2袋と台風で落ちた枝を2束。
これで1週間強は保つ。週末にあと40束くらい運ぶ予定。

しし座流星群が、今日、一番見える日だったみたいですが、この天気じゃ無理そう。
17PM、雪マークでてましたが、いまのところ雪も雨も降ってません。

Twitter

ネットを見るって、時間で一番長いのは私の場合、Twitter です。
普段はPC のブラウザで見てますが問題ない。 ところが、風呂場とか就寝前とかは、スマフォのアプリで観てますが、先日アップデートされたみたいで、今の Twitter アプリ、直ぐに落ちる。 私のスマフォが古いからなのかもしれませんが、観ていると不定期に落ちる。 もう眠たいのに、勘弁してれよぉ、って感じ。

煙草とガソリン

これはネットゲリラさんの プリウスが悪いプリウスが悪い という記事ですが、煙草とガソリン似てますよね。
「まだ、ガソリン車乗っているの?」なんて軽蔑される日がくるかも知れません。 私はディーゼルなので、もう嫌われてます。
で、煙草の税金がまた上がるみたいですが、見ててごらん、財源に困ると今度はガソリンも狙われるようになります。もうなっているって、話もありますが。
どちらも嘗ては「自由」のシンボルでしたが、自由 → 非文明人 → 軽蔑すべき対象 という流れ、悪いイメージを現代社会は作り出してますね。 で、そういう奴らからはいくら搾取しても構わないみたいな。

じゃあ電気、と言っても、全部が電気自動車になれば、時間をずらせて充電しないと今の電力インフラじゃあ電力が足りなくなるのは誰かが試算してた。 そしたら、また原発とか言い出しそうだ。

他方で、車自体の雰囲気も怪しい。
お金持ちにとっては、1つのステータスのようなので、直ぐに車がなくなることはありませんが、ジリ貧っぽいですね。 そういえば、ヨットというかクルーザーも、お金持ちは以前程持ちたがらない。
ましてや、貧乏人は「貧乏人のくせに車なんか持つな! 」どうしても乗りたければ、シェアしろなんて感じになるのか知らん?
で、自動運転になれば、「自分で運転しないと走れないような車は乗るな!」とか言いそうだ。
当面は2極化で、高級車と軽だ。 普通の車は衰退すると思う。てか、すでにそうなっている。

ビーチ

アフィリエイトを貼ろうとしたんですが、巧く貼れない。
Amazon 変だぞ。後で再度トライする。
ドゥカプリオのビーチだ。
南海の楽園にある意味「理想郷」を作るんですが、白人の想像力は乏しい。
これ、映画を見た時は気が付かなかったんですが、大規模で成功していたのは、江戸時代の日本だ。200年以上保った。 今でも、限界集落やら地方の田舎はこんなもんだ。 そう簡単には崩壊しない。 巧くいっているところもある。この「巧く」が問題といえば問題ですが。
私はガラパゴスで良いと思うぞ。
そうはいってもグローバル化の津波は押し寄せている。 日本中、津々浦々まで侵食しようとするだろうが、私は失敗すると思っている。

InDeep

InDeep さん のサイト、どこかでオカルトと紹介されてましたが、これがオカルト?
この人、理系じゃないので時々頓珍漢なこと言いますが、普通だと思うぞ。

こちらは、 難民を奴隷オークションしている って話。
日本はこんな野蛮なことはあまり必要じゃなくて、もっと巧く合法的な奴隷制度が成功してます。
派遣制度だ。ケケ中が言うように、たしかに色々な働き方がある。 私が今、若ければ、これ逆に巧くつかって、一箇所にとどまらずに色々な体験をしてみると思う。 昔はバイトでしたが、高校生時代からず〜とバイトし続け、当時は嫌々でしたが、今から考えると、色々勉強になった。そうは言っても、そんなんじゃあ、安心して家庭を築けるようは状況にはならんわな。
仮に派遣制度が今は巧くいったとして、これ長続きするんか?
日本から大きな産業、企業はどんどん失われてますが、それ必然と思うぞ。
我らがシレーカンが言うように「もはや、国境や国籍にこだわる時代は過ぎ去りました」というなら(どこが保守で右翼なんだよぉ〜っ)、つまり世界の枠組みを変えるんならまだしも、暫くは日本という国は残るわけで、益々日本は非力化すると思う。 枠組は変わったとしても、新しい枠組みの中の上の方の階級に行けないなら、ず〜と奴隷生活は続くと思うぞ。
そもそも、海外に派遣されたエリートが、現地のお手伝いさんを使いこなせないように、 階級社会は日本人の心にはなじまない。 コヒーレント思考を捨てればそうなるかも知れませんが、うつ病かなんかで心を病むのが関の山だ。私はそう思う。

こちらは、 アメリカでも高血圧の基準が140から130に引き下げられた って話。
武田先生も延々言ってますね。 私の家系は低い。なので、朝は辛いときがある。 放っておけば、高い人が、無理に薬で下げられて、ぼ〜っとしているのは、私の朝の状態と同じでしょ?
そんなゾンビの様な状態が一日中続くわけだ。
そりゃあ、ボケるわ、と実感する。
クリアで早死しますか、ボケて長生きしますか? の2択なら、私なら迷わず前者を採用する。

これは、InDeep さんじゃなくて、いつものネットゲリラさんですが、
この がん治療の光免疫療法 凄いです。
元ネタは、 こちら です。
○○さんのご主人は、白血病だったのに治療しなかったみたいだ。
それが彼の美学だったらしい。惚れ直したとおっしゃってた。
私がガンになってもきっと治療しないと思ってた。「お先に!」って感じ。
嫁さんは大反対すると思いますが、これだった多少はいいかも、と思う。


2017/11/16(木)軽井沢日記

晴れてます。

ここ数日の間では、一番体調は良い。
屋根に登って、ブロアーでカラ松の葉を落として集めておいた。
これで、万が一土曜日の雪で湿っていたとしても、日曜日には畑に運び出せる。
余った時間で、玉切りを少しした。
今度の目立ては、前回よりもずっと良い。 思えば、目立ても随分上手になったものだ。 訳も分からず、マニュアル通りやてちた以前とは、全く違う。

雪マークが日曜日にずれた

土曜日は紫煙会議その他で埋まりそう。
畑は日曜日に予定していたんだが、.. 。

深夜ですが、外、相当寒い。
まだ仕事してますが、誰かが玄関のドア開けると、冷たい冷気が入ってくる。
アメダス見ると、-4℃、寒いわけだ。

サイトの SSL 化

Google がサイトを SSL 化しないと、検索順位を下げるらしい。
なんだよそれ。
このサイトは SSL 化しません。
そもそも、あんまり検索されて欲しくないし。

SSL 化するには「証明書」が必要です。
値段はピンからキリまであるみたいますが、年間だらだら税金のように費用がかかる。 薄く広く吸い上げるのはグローバル経済の特徴だ。
更に、これ、証明書企業もどのサイトのオーナがだれでどのくらい見られているか、情報収集できるんですよね。ビッグデータの素材になる。

Kazumoto Iguchi's blog

久しぶりです、井口和基ブログ。
【悲報】一枚の画像が資本主義社会の全てを描いていると話題の絵が面白かったので、メモしておく。

「左右どっちか選べ!」って強要されたら、私は右を選ぶが(嫁さんは多分左)、正直言うとどっちも嫌だな。 普通 が一番良いと思うが、その普通が絶滅危惧種になってしまった。


2017/11/15(水)軽井沢日記

天気イマイチですが、雨は降ってない。
私、ちょっと風邪気味だったんですが、体調イマイチだ。
毎朝、少しずつでも作業してから出社したいんですが、そんな余裕はない。 薪の移動とか、薪割りとか、庭の整備とか、今なら、屋根のカラマツの落ち葉はもう落として良いかもしれない。やることは一杯ある。
週末も週末はじめは元気があるんだが、途中で失速するケースが続いている。
とか言いながら、夜中になると結構ギラギラしてくる。リズムが壊れてますね。

土曜日の傘マークが雪だるまに変わってます

やっべぇ

新蕎麦会

きこり の新蕎麦会、今年も行きます! 楽しみ。
直ぐに予約は埋まるので、HP にも書いてありませんが、11/30〜12/2 だと思う。
食べてみたい人はお早めに。
我が家の新蕎麦は、唐箕の前で止まっている。なんとかせねば。

景気

この結果 ですが、これ AI で学習させるとどうなるんだろ?
「景気回復を実感するには、安倍内閣を支持者になると良い」 とかの結論になるんだろうか?
勝手に支持するだけじゃなくて、お仲間に加えてもらわないと効果は薄いと思うんだが。
この結果ですが、逆にみると現政権は支持しない一を排除しているとも見える。 というか、アソーさんが「これで景気が悪いひとは日本人じゃないよ」(意訳)みたいなこと言ってましたが、見えるだけじゃなくて、ホントに「こんな人達に負けるわけにはいかない」と「排除」している。
それ、どーみても「保守」の姿勢じゃないと思うぞ。グローバリストだ。

質問時間配分

1分の質問でも、5分も10分も、噛み合ってない返答を延々とする今の内閣。
仮にこれまで通り2:8の割合でも、返答時間が質問時間と同じとすると、 (2+2+8):8 = 12:8で、与党の発言時間の方が長くなる。 小学生でも分かるが、同じにするには、0:10にする必要がある。
これ、質問時間を議員数比例にしたら、ほとんど野党が発言する場がなくなる。
どこが民主主義なんだよぉ。

2018 始まってます

これ、どう見てもウイングだろ?
YAMAHA さん、好調です。
ドゥカに乗り換えるジャック・ミラーも速い。


2017/11/14(火)軽井沢日記

昨夜は星、綺麗に見えていたのに起きてみたら雨です。
嫁さんが朝早くから東京に出かけた。 しょーがないので昼間の犬の散歩も私。 で、対岸の紅葉の残るブレストンの山と霞む背景の浅間が綺麗だったんですが、カメラは持ってなかった。

明後日くらいから冬?

今朝の最低気温は3.9℃。比較的暖かでした。 明日はまだ平気でも、明後日からはず〜と氷点下の最低気温の予報が出てます。
土曜日は傘マークですが時間帯によっては雪になるかも知れませんね。
今年は寒くなるのが早いと感じるんですが、人によっては暖かいという。 で、昨年の日記を読むと初ブーツは11月の終わりだ。 私が痩せたのでそのせいかも知れません。

ネットの話題から

誰かが呟いてましたが、意訳すると「バカが威張っているのは、民主主義が機能していない証拠」って、思わず吹き出しそうになりました。
民主主義が機能してたら、バカが威張れない?
そうではなくて、誰も威張る必要もなくて、バカもちゃんと人間として尊重されます。
冷静に考えれば、バカが自分で威張れるわけないので、誰かに権威付けされて、巧いこと使われているだけなんです。 そんなのみんな分かっている。 なので、皆から内心バカにされながら威張っているより(なにより、自分がバカだということは自分が一番知ってる)、素の自分で皆とワイワイやっていたほうが楽しいとおもいますよ  > バカの皆さん

この則でいうなら「優等生が威張っているのは、共産党」でした。
私が学生の頃はそうだった。今の日本共産党は随分変わった。 twitter を見ていると、少なくとも、中央は変わってきているように感じる。
多分、昔の共産党員は貧乏で虐められた家にうまれた優秀な子だったんですが、今は共産党も世襲で、ある程度裕福なので根性は曲がらない。 地方の支部?は知りませんが。ちょっと怪しい。
優等生が優秀なのは自分でも/他人でもある程度分かるので、バカが威張るよりは多少根拠がある。 ホントに優秀で、その能力を皆のために使うなら、そりゃあ皆から感謝され尊敬もされよう。
でもな、威張り散らす必要はない。主権は国民にある。
何れにせよ、民主主義が正しく機能していれば、特定の人が威張る必要はまったくない。
    ↓
なので、結論:
「誰かが威張っている社会は、民主主義が機能していない」


2017/11/13(月)軽井沢日記

今日も秋晴れです。
予報はハズレ気味でそれほど寒くない。 氷点下の予報は木曜日からだ。


小さな椰子の実、って感じですが、カリンだ。
私も初めて見る。○○さんから、いただいた。
スライスして、水を浸してグツグツ煮込むとエキスが抽出できるみたいだ。
もう少しおいて熟させたほうが良いみたいだ。





畑に行った時の写真をアップしておく。
1枚め、奥のほうが私が借りている畑。
2枚めからは畑に行く手前のススキが銀色に輝いて綺麗だったのでUターンして挑戦してみた。 ススキも綺麗だったんですが、手前の畑の枯れた、なんだろう、茎もキラキラ輝いていたんですが、全然巧く撮れん。


浅間山の雪は融けてた。
茶色い紅葉も綺麗です。


キャベツは元気がよい。
でも、今年は玉を作らないので食いたいけれど食えない。 薹もたたない。

そういえば、北軽井沢の嬬恋のキャベツをもらった。
今日はそれでロールキャベツだったんですが、北軽の方寒いんだよ。きっと。 糖度が高くて、異常に甘いキャベツで、とても美味しかった。
充実食生活。都会に居たんじゃあ、こんな美味いもの食えん!






トマトだ。
青いトマトが凍結したのは、真っ白になっている。 茶色く写ってますが、白。
茎の下の方で隠れていたのは、凍結を免れたものもあるが、色がついたものは落ちたトマトなのでグジョグジョだ。

これはズッキーニ。
例年だともっとずっと早くに枯れて、片付けておくんですが、今年は異常に長く採れた。 ご苦労さまでした。
例のサインが出てた、最後のふくらはぎズッキーニも、食い終わった。 サインの下はなにもなく、特に普通だったみたいだ。

これは蕎麦の茎。

我が家から持っていった枯れ葉。
積んでおくだけだとゆっくりと枯れが進むだけです。 カラ松の葉なんか、下手すると何年も残ります。土に混ぜておくと直ぐに土に帰る。 来週か、再来週、幸運して混ぜておく。

栗の木と一緒の記念撮影。
軽トラ君も頑張りました!
あと数回で、ディストリビュータも直してやるので、ちょっと待っとれ。 荷台カバーも確か、銀色のがあったハズ。交換するか?
そういえば、エンジン音も少し収まった。 破れたマフラーが自然に直ることはないと思うんですが、なにかが起きている。
エンジン音といえば、私の車。先週末オイル交換したんですが、エンジン音が変わった。 軽くなった。BP のオイルにすると、こんな感じだった。 内緒で、良いオイルを使ってくれたんだろうか?



この、少し前の方が斜めから夕日がもっと強く浅間にあたって綺麗に縁が輝いていたんですが、朝とか夕方の風景は刻一刻と光が変わる。 その瞬間を逃すと、もう撮れない。
今年の紅葉は茶色で変でしたが、これはこれで綺麗と思う。 気持ちが落ち着く。

motoGP と F1 の話題

アロンソは8位(入賞)だったのに、メルセデスエンジンのマッサを終始追いかけ回しても抜けず、ホンダエンジンをボロクソに言ってます。 フェルナンド・アロンソ、ホンダのパワー不足に「トロ・ロッソが心配」 ですが、なんなんでしょうね? スペック3.8では、中速トルクは上がってコーナーの脱出速度は良いみたいだ。 でも伸びない。 モータの出力もバッテリーの容量もレギュレーションでその最大が決まっている。 確かに、以前のホンダエンジンはストレートに入る前に貯めておける電気が足りなくて、ストレートエンドまで保たずに、途中からはエンジンだけで走っていた。 この問題はクリアされたハズだ。 MGU-K の発電量も決まっている。 MGU-H の出力は決まっていないので、この差かな? と言っても、使える燃料は総量意外にも瞬間当たりも流量の最大値が決まっているので、 瞬間瞬間の総熱量は同じだ。 そのエネルギーをピンストンで回収する分とMGU-H に割り振って回収する分が、走るためのエネルギー(パワー)となるが、元は一緒だ。 理屈でいうと、あとは燃焼効率を上げるしかない。 確かにメルセデスの来年エンジンは、50%を達成したとかニュースになってました。 その差なのか知らん? それとも、「オイル燃焼」のように、まだ明らかになっていないトリックがあるんだろうか?
もしかしたら、マクラーレンの空力に致命的な欠陥がある可能性もある。
来年になれば、全てが明らかになる。
私の予想は、同じルノーのエンジンを使うレッド・ブルの1秒落ちだ。
で、ホンダエンジンを積む、トロ・ロッソの方が速い!

motoGP は予定調和っぽく、マルケスが年間チャンピョンを獲得しました。
でも、予定調和じゃない。 まあ、この動画 マルケス「歴史に残るセイブだ」 を観てみるがよい。こいつ、普通じゃない。 普通じゃないのは前から分かってましたが、凄過ぎ。
あと、良かったのはロレンソ。
男っぽくてとても良い。私、ロレンソのファンだ。
今回のレースでは、ドヴィを従えて2台でつるんで、4位5位を走ってた。 ドヴィが逆転で年間チャンピョンになるには、優勝しかなかった。 先行くマルケス等のトップグループを追いかけるために、チームからはドヴィを前に行かせるように、チームオーダーが出た。ピットボードでも出てましたが、Mapping8 のメッセージもロレンソのマシンに対して送られていた。
ところが、一向に従う様子は見られない。
で、後になってわかったんですが、先に行かせる予定のドヴィが実はこのペースについていくのにアップアップの状態だった。 ロレンソはそれを分かっていて、ドヴィを引っ張っていたわけだ。 ドヴィもこのことをレース後証言した。 ロレンソはチームメイトのチャンピョンがかかった最終戦。 彼が考えるベストなチームプレイに徹していたわけだ。 ところが、チームはそれとは知らずに「なんで、アイツチームオーダーを無視して邪魔するんだ?」となっていたわけだ。 ところが、トップの3台が速すぎた。 ロレンソをもってしても、トップ集団に追いつくのは無理だった。 ジリジリ離される。 でロレンソは無理しすぎて転けてレースを終える。 自分のレースだけだったら、ここまで無理せず入賞を狙えたハズだ。 前が空いたので、チームはこれでドヴィがペースをあげられると期待したが、ロレンソを失ったドヴィはそれまでのペースを維持できるわけもなく、直ぐにクラッシュ。 ドヴィもレースを終えてしまった。
これで、今年の勝負はついた。

ロレンソ効果

そもそも、今年ドヴィがこれだけ活躍出来たのはロレンソが加入したからだ。ロレンソ効果。
ドヴィ自身も言ってましたが、これまでドヴィが速いバイクにするために、色々意見を出すんだが、ドヴィの意見は尊重されなかったと。 ドヴィ、良い奴なんですが、押しが弱い。 ところがロレンソが同じことを言えば、チームはそれに従う。
もう一人のライダーはイアンノーネでしたが、イアンノーネは速いけれど開発できるようなライダーじゃない。 で、アドバイザーには元世界チャンピョン2回、格上のケーシー・ストーナが居た。 チームはケーシーの意見に従ってそれまでバイクを作っていたわけだ。 ところがケーシーもタイプとしたら、マルケスと一緒で、どんなバイクに乗せても速い。 そういう奴の言うとおりのバイクを作っても、他の人がそのまま速く乗れるわけじゃない。 そこに、世界チャンピョン3度のロレンソが移籍してきた。
彼の発言は重い。
彼は基本に忠実な綺麗な乗り方をする。
今年、重点的に取り組んだのはフロント周りの安定性らしい。 今年に入って、ドゥカのバイクは見る見る速くなっていった。 ところが、ドゥカのバイクは最後まで乗り切るのに体力を使う。 ロレンソは最初良くても最後まで走れない。 ところがドゥカのバイクに慣れていたドヴィはシーズン途中からどんどん勝ち始めた。 ロレンソ移籍の効果は皮肉にもロレンソじゃなくてドヴィに現れた。 これが今年のドゥカだ。
対して、ロレンソが抜けた YAMAHA は今年低迷した。
ロッシは悪くないけれど、ヴィニャーレスはどうもマシンを開発する能力はない。 昨年、SUZUKI が見る見る速くなったは、ヴィニャーレスじゃなくて、エスパルガロの功績だったって事だ。勝ったのはヴィニャーレスですが。 で、ロレンソを失った YAMAHA も駄目で、エスパルガロをきちんと評価しなかった SUZUKI もエスパルガロを失い、今年は低迷した。
メカニックに、自分たちのバイクのどこに問題があって、次どこに手を付ければよいかを、正しく分析して伝えられるライダーはとても貴重だ。
あと、ドゥカには微妙なアクセルコントロールの課題も残っているが、ロレンソだったら作り込めるだろう。 今回の事件で、ロレンソはチームの信頼をより得ることになる。 このまま行くと、来年はロレンソが来そうな気がする。


2017/11/12(日)軽井沢日記

畑に行って、枯れ葉を捨ててきた。
大根も5〜6本収穫してきた。 枯れたトマトも木?も抜いてマルチも剥がす分は全部剥がしてきた。 そうしたら、枯れたトマトの茎の下にまだ食えそうなトマトがあったので2個だけしゅうかくしてきた。食えないかも知れない。

帰りにD2に立ち寄って、プラダンを買ってきた。
これで唐箕を作って唐箕をやるはずだったのに、昨夜、あれから「君の名は?」を観てしまったら、今日も嫁さんが続きを見たいというので新海誠日になってしまった。
motoGP は、moto2/3 はパスで、motoGP だけ見た。
しょうがない、唐箕は来週末にやる。

新海誠





新津組の息子さんだ。
新津組は、 アーバンさん の藤巻さんが詳しい。私も少しだけ知っている。 というのは、デリシアの手前の場所に移転する前の事務所が私の勤めている会社と超近かったし、私が勤めている会社の事務所も新津組さんに内装をやってもらったご縁だ。

あと、まだ私だってバレてないかもしれませんが、 以前この日記で新津組さんのモデルルームと三井のモデルルームを面白半分に比較して好き勝手にレポートしたが、その文章が新津組さんの誰かの目に触れて、印刷されて、社内で内覧されたみたいだ。 バレてるかも? 狭い街なので、下手なことかけません(^^;)
小海線の小海だっけか? に本社があるが、メインは軽井沢だな、きっと。
長男?の方は一度お会いしたことがある。
新海誠氏のことは全く知りませんでしたが、藤巻さんは直接知っているのか知らん?

新海誠の風景描写が綺麗。 彼の描く、美しい田舎の絵は小海線沿いの景色を彷彿させるものがある。 我が方の田舎も田舎だけれど、景色が違う。あれは信州の景色だ。見りゃすぐに分かる。信州の景色、とても綺麗です。
都会の風景も一杯出てきます。
知っている風景が幾つも出てきて楽しいんですが、あれは都会育ちの人が感じる都会じゃなくて、田舎のお上りさんが感じる都会だと評したのは嫁さんですが、そうかも知れない。
で、昔は私の田舎と「教育県」を競っていたくらいで、一般に信州の人は真面目で純朴だ。 隣県でも直ぐに商売と結びつける群馬や山梨の人とは全然違う。 新潟も真面目かも。 岐阜は良く知らないが、私的には良いイメージはない(ゴメン)。
あの身上つぶした○○さんだって(失礼!)、実は絵を描く。 どう見たって、そいういう風には見えないが、見た目とは大違いのピュアな絵らしい。 彼の絵は、全く自己流らしいが、○○と○○○に飾ってある。 この場合は純朴というのか知らん? 長野はそういう人が多い。

その真面目で純朴さが、思春期のピュアな恋愛感情に結びつくのはよくわかる。 純粋というより、純情かも知れませんが、「君の名は?」が流行ったくらいなので、今の人もこういう気持ち、持っているんだなあと少し安心した。

と言っても、問題はその後なんだ。

『秒速5センチメートル』ではその思いは結ばれない。 よしんば結ばれて結婚したとしても、その後の方がずっと長い。 人生は長いぞ。 人生85年としたら、15や16からすると、70年も残っている。
忘れるのとは違う。 現代は中学生になる前に忘れてしまう人も多いのかも知れないと心配していたんだが、 新海誠の映画をみて少し安心したのは、先に述べた。 でもな、ピュアな気持ちを「引きずる」のも違うと思うぞ。
ピュアな愛?が生じた時、その時はどこかのレベルで波長が合ったんだと思う。 しかし、その波長がホントに「自分のもの」かどうかは、別問題だ。 それならそれでそれを己の波長として突き詰めてゆけば、自分と供に人生を過ごすような人かどうかは自ずと明らかになる。 非統合者だとしても、複数ある人格のうち「これを否定したら自分ではなくなる」もっとも重要な人格の波長で合うかどうかだ。
中学生の頃のピュアな気持ちは、多分、それにかなり近いところを行ってるんだと思う。 でも悲しいことに、これを否定したら自分ではなくなる、もっとも重要な人格を自覚している人は少ない。 簡単にいうと、まだ自分が見えていない。 今は大人になっても「自分探し」を続ける人が居る。 こういう人には、永遠の愛を誓おうにも誓えるハズが原理的にない。 当てずっぽうで、合っている場合もあるにはあるが。

もっと大人になる必要がある。
夢をどんどん捨てて、つまらない大人になる、って意味じゃなくて、どんどん統合していくんだ。
より自分らしい自分になっていくって事だ。

男の子は色々なタイプの女性を好きになる

私は有名人でいうと、キャンディス・バーゲンと檀ふみとアグネス・ラムのファンですが、彼女たちがもっている何かに、私の心が共鳴したんだと思う。 お惚気になりそうなので、白状するのをためらうが、私の嫁さん、その3人に似ているところがある。というと、一体どんな女性かと、知らない人の心の中では妄想が膨らんでいるじゃないかと想像します。 知っている人が普通に見れば「どこがじゃあ〜っ」レベルで似てないかも知れない。 確かに全然違うが、でもな、私の心では似ていると感じるところがある。

新海誠風に言えば、私は今の嫁さんを探していたのかも知れないが、少し違う。

例えば、小学生時代、好きだった娘は、当時の私がそのまま成長すればそのままタイプになったかも知れないとは思う。 しかし、人生は色々ある。で、今の私はその頃の私とは違う。 子供の時の私は、周りが私に望んだ私だった。期待には添えなんだが、今の私の方がずっと私。
高校生時代、ずっと片思いだった隣の女子高の女性。
小学生の頃の自信たっぷりの恋と違い、焦がれる胸が痛い恋を初めて経験しました。 「なんだんだよぉ、この気持」って思いますよね。 自分を見失っていた私は、声をかけることさえできなかった。 今から考えると彼女は若くして「統合者」だったんじゃないかと思う。 県下でも、2番めくらいの優秀な女子校だったので、大学進学は当たり前。 それも町や市によって教育レベルが違っていた。彼女は私の隣の町からその市の女子校に受かったということは、クラスでも最低ベスト3くらいに入ってないとその学校にはうからない。 なのに、自分はスチュワーデスになると言って、大学進学を止めて、スチュワーデス養成学校に行ったハズ。 部活は体操部。 で、高校時代は男子とは付き合わないと決めて、その通り実行していた。 家も知ってますが、大した家じゃなかった。 地方だか、もしくは都会から、一軒家を求めて移り住んだって感じの家で、中産者階級っぽかった。 「魔法使いサリー」のサリーちゃんみたいな女性でしたが(特に踵)、自分の心を持て余していた私には、魔法使いじゃなくて、女神に見えたのかも知れない。
いや、女神といったら こっち だな。
何れにせよ、いまだ冥界をさまよっていた私とは、すれ違うしかない運命だった。
学生時代の恋?は、生々しいのでまだ言わない。
省略するが、探していた訳でもはない。 まったくの偶然ですが、後から考えれば、出逢うべくして出遭い。 彼女の他にもいろいろ話をする女性は居たが、色々話をしているうちに、私の思いは確信に変わっていった。
何れにせよ、七転八倒しながらより自分になっていく。
相手も然り。且つ、お互いがお互いに複雑に影響し合うわけだ。 その人生の伴侶を得るというのは、そうやって頭で考えると奇跡のように難しそうだが、皆さん、意外に簡単に楽しく続けられている。 お互いが統合者なら比較的簡単に行くかも知れませんが、統合することがままならぬ状況では、結構難しいような気もする。

さて、話は戻るが「星を追う子供」は、多少ジブリが入ってる。
ウケ狙いでやってみたのかも知れませんが、失敗作だ。 ストーリーも複雑すぎて、枠内に収まってない。 それは兎も角、新海誠はジブリ系は描けても、宮崎駿には新海誠のようなアニメは無理そうだ。
水島新司の「ドカベン」もそうですがが、彼らが描く主人公は決まったキャラがある。 「千と千尋の神隠し」では千尋の成長する姿を描いてますが、たしかに成長はするが千尋が変わっていくわけじゃない。初めからそういう娘。
ところが、新海誠の描く主人公達はそうじゃない。 もっと脆くて、悩みながら、傷つきながら、成長してゆく。 もっとずっと普通の人間達だ。
世代の違いをまざまざと感じます。
ところが、同じ古い漫画家でも、手塚治虫は別格だ。
彼は悩める人を描くことが出来た。人どころか、ロボットも悩んでましたが。 はじめからそういう人だったわけじゃなない、そういう人になった んだ。 その過程を描くことが出来た。 更に、悩んで大きくなった人が、上でいうところ「その後」だ、大人になってからの生き様。そうそう簡単には行かん山あり、谷ありの人生を、時には大きな運命に翻弄されることもあるかも知れませんが、それらをも描くことができた。
新海誠氏が作る登場人物が大人ばかりの作品も見てみたい。

さて「君の名は?」が当たった故に、古い作品もこうやって見直されてますが、井上陽水の「心もよう」と似ている。 それ以前もコアなファンが居た訳ですが、1つ当たることでメジャーになる。 これら作品を見比べると、メジャーうけするには、実に多くの要素が必要なことが分かる。
  • 分かりやすいこと
  • 電通のつくるCMの対象偏差値は、40 らしいが、これはちょっと視聴者をバカにし過ぎ。
    描きたいことは難解でも良い。それを分かりやすく表現することは大切だ。 表のストーリー、裏のストーリーと分けなくても、ドラマの中で視聴者も追体験出来るわけで、その体験を経て見ている方もどんどん進化する。 結構、難しいこと、表現できると思うぞ。
  • 夢があること
  • SF でいうなら「雲の無効、約束の場所」もかなり良い。
    並行宇宙の話なので「君の名は?」と比較すると SF レベルがちょっと高すぎたかな。
  • 技術的にもしっかりしていること
  • 彼が描く形式は最初から綺麗。とても綺麗なんですが技術的には最新作が最高だ。 単に予算の問題かも知れませんが。
  • ハッピーエンド
  • 今回見た中には、ハッピーエンドじゃない作品も含まれますが、ウケ狙いならハッピーエンドじゃないとダメだ。 ヨーロッパには「悲劇」こそ最高という様式がある。 私が大好きな「ドン・ジョバンニ」もまあ、悲劇だ。 でもそれ、キリスト教だからだ。 八百万の神々の日本では水戸黄門様のように、途中はともかくハッピーエンドじゃないと。

todo リスト

今週末

  • ★私の車のタイヤ/オイル交換(土曜)
  • ★蕎麦を唐箕にかける(土曜)
  • ★落ち葉の掃除/台風の後片付け(その2)(日曜)
  • ☆嫁さんの車の夏タイヤをしまう
  • 薪運び
  • 畑作業
  • //使い終わった畑を整備する
そのうち
  • 庭の整備
  • 自転車の整備(クライマー)
  • タイヤ置き場のつづき
  • 離れの鴨居の裏の隙間を塞ぐ
  • 我が家の庭のモミの木も数本切って、もう少しスッキリさせる
  • 軽トラのディストリビュータを診てもらう(つづき)
  • ○○さんに自慢のスピーカを見せてもらう
  • ○○さんに、タイムドメインのスピーカを見せてもらう
  • 万座案件/草津案件、続き
  • メガネ屋さんに行くのはずっと後だ(混んでなさそうな時に)、困ってないし
  • 落ち葉の掃除/屋根にかかった木の枝も切る
買い物リスト(メモ)


2017/11/11(土)軽井沢日記

雨は早くて、昨夜の帰宅時にはもう降り始めていたんですが、昼に起きたらもう青空がひとがってました。
オイル交換とタイヤ交換はやってきた。
碓氷峠の茶色の紅葉も綺麗でした。
戻ってから、駐車場、嫁さんの車の下の枯れ葉も寄せておいた。 駐車場に落ちてる分の枝も拾った。
明日、屋根のカラマツの葉ももう一度落とすかどうかは別にして、 今週集めた分の枯れ葉、畑に持っていく。
葉っぱ載せると耕運機は乗らないので、耕して土と混ぜるのは来週以降になる。

嫁さん、今週末は居る。で、温泉に行ってる。おもいっきり寛いで下さい。
その間に、洗濯機は回した。
戻ってきたら、一緒に飯を食って、私は唐箕の準備をする。
過去2年間の実績を活かして、今年はこれまで最高の唐箕を作る。
これまではリビングで作業しましたが、今年は量が多いので、離れに組み立てて、そこで、そのまま作業する予定。

駐車場の入り口の電灯の明かりセンサーは巧く行った。
後は、薪運びだな。 ヘッドライトで暗闇の中、運ぶ。
あ、motoGP の予選、観なくちゃ。

そういえば、今朝、帰宅時、ずっとハイビームで走っている対向車が居た。 こちらも、ちょこっと「ハイビームですよ」と教えたんですが、無視。 そのうち突っ込まれるぞ。
というのは、若者はともかく、老人になると虹彩のレスポンスが著しく鈍く成る。 トンネルに入ったばかりは、暗くて見えないし、いきなりハイビームされると非常に眩しいし、目の前が良く見えなくなり、とても危険な状態になる。 自分は平気でも対向車は老人かも知れない。 そのことを考えて、運転しような > 若者。

と今日の予定を色々立ていたんだが、motoGP を観ている最中に疲れがどっと出てしまった。 唐箕は明日やる。

motoGP/F1

motoGP 初日トップはロレンソです。
ドヴィも速い。マルケスはペースは良さそうですが、また転けた。
ダニも速い。予選を見てみよう。

F1、メキシコではそこそこ早かったマクラーレンですが、ブラジルではイマイチです。 トップ3チームは相変わらず早くて、マクラーレンは、 ウイリアムズとフォース・インディアと絡んでます。
予選を見てみよう、って明朝なので私は寝ます。

2017/11/10(金)軽井沢日記

今日も秋晴れというか、冬晴れです。
軽く、落ち葉をブローしてから出社。
笹がまた何本か出てきたので、カットしておいた。
他所様の笹、よく見たら大きいのは2mくらいまで延びてますね。

デリシアが混んでますが、これはツルヤが改装でお休みのため。
もっと混むかとおもったら、どっこい。 ツルヤが好きな人は、新軽井沢のデリシアに来ないで、御代田のツルヤに行くらしい。 なんと律儀な。って、売り場が分かりやすいんだってさ。

ネットの話題

  • トランプ大統領が来てましたが、偏向報道
  • 持ち上げたり、バカにしてみたり、見てた人は混乱したんじゃないでしょうか?
    官邸筋系だと持ち上げろ、「向こう側」からは、貶めろ、という指示で、指示が混乱しているだと思う。
    シンジローが妙に露出してきてますが、枯れ葉向こう側。ユリコが失脚した今、この子への期待が上がっているんだと思う。
  • サウジアラビアがなんだか、酷いことになってきている
  • ヒラリーピンチですが、ヒラリーがピンチになるとロシアゲートが出て来る
  • モリカケ問題はこれからが山場です
  • 煙草の値段がまた上がりそうだ
  • ふざけんなよぉ。

善良な市民

私も出来ることなら、ずっとこれ、続けたい。
//今の、善良な市民は「禁煙」しないとだから、ちょっと無理か?
普通に働いて、休日は家族と過ごし、老後は趣味をやる。
ポンペイの奴隷は、現在のサラリーマンより良い身分だったらしいが、私は贅沢は望まない。偶に美味しいものを食えて、数年(数十年?)に1度程度海外旅行ができれば十分。
私を含め、そう願う人は多いと思う。

  • その市民権すら与えられなかった人はどうする?
  • その市民権を得るためには、「心を売れ!」と命じられたらどうする?

アーティスト

創造性より独創性だと思う。独創的であれば、必然的に創造的になる。
そうすると得てして「善良な市民」の範疇から逸脱することになる。

善良な市民に対する幻想は、ヒルベルトが数学に対して抱いた幻想と似ているような気がする。


2017/11/9(木)軽井沢日記

秋晴れです。
下の駐車場においてあった薪の原木、全て上の駐車場に運び終わった。
台風で落ちた太い枝も下の駐車場に落ちた分は運んでおいた。後は小さな枝だけだ。
スッキリした!
肉体労働は気持ち良い。今回、腰は大丈夫。
後はチンタラ、薪を積む場所が空いた程度に合わせて、薪割りをすれば良い。
チェンソーの歯は目立てするとして、薪、北側デッキに運ばないと。
というわけで、今週末は唐箕とタイヤ交換がメインになる。

天気予報をみると、日曜日は -5℃、それからずっと寒くて来週の木曜日は -6℃がでてます。マジかよぉ、まだ11月なんだけど。
日記を読み返すと、だいたい11月の終わりに一回、積雪してますね。
今週末、冬タイヤに交換しておくのは、必須ですね。

玄関の電灯のセンサーですが、前日の台風の時に壊れた。
漏電ブレーカーが落ちた時だと思う。
交換しようと思いつつ、先日、カインズに行った時、買うの忘れてたんですが、今日、嫁さんがD2 に猫と犬の餌を買いに行ったときに、買ってきてくれた。
今日、帰宅したら取り付けてみる。

唐箕は、プラスチックコンテナーを+2個で、4つになった。
昨年までは、ダンボールが多かったんですが、下のウケの部分は今年はこのコンテナーを使う。 この後製粉に出すまでには、蕎麦磨きの工程が必要になりますが、 今年は収穫できた蕎麦量が多いので、この唐箕の工程が非常に重要になる。 ここで、巧く分類できれば、直ぐに製粉に出せる。 駄目なら、延々、夜な夜な、蕎麦磨きを続ける羽目に陥る。

ま、田舎暮らしは、延々やることがある



カラ松の葉が、パラパラと雨のように降り注いでます。
カラ松の紅葉は今が最高です。
今週末はまだ早いと思いますが、もう一度枯れ葉の掃除をして、集めた葉は畑に持っていく。

軽井沢の夜も綺麗なんです。
都会から来たばかりだと暗くて不安になるかも知れませんが、目が慣れてくると明かりは最低限で良い。 軽井沢人が都会にいくと、コンビニは明るすぎて目が痛い。 新軽井沢の駅前本通りは許せるけれど、ここも少し明るすぎ!

夜の写真は難しい。
その美しさを写真で表現するのが難しい。 難しいんだが、延々撮っていると、下手は下手なりに多少は巧くなる。

軽井沢の MacDnald

暫く営業したまま改装してたんですが、それもおわって綺麗になりました。
軽井沢はドハデな看板は、NG です。 なので、Mac もシックな感じなんすが、今回の色、とても良いと思う。
日本一、シックなマクドナルドだ!

久々の Pentax ニュース

そりゃそうとう、Ricoh 一眼レフから撤退と日経がニュースで流して、Pentax ファンは不安でしかたなかった。 Ricoh は否定したものの、Pentax のニュースは殆ど流れてこないしとても心配だった。 ところが、久しぶりに流れてきたのがこれ。 APS-C 用の広角ズームレンズ。 それも★シリーズだ。
レンズはどのメーカでも3系列ある。 1つは入門用の廉価版。中級クラスがあって、Nikon や Canon だとプロが使うような最高峰クラスがある。 スターシリーズは、Pentax 機をプロが使うことは殆どないと思いますが、Pentax がが気合を入れて作ったレンズのシリーズだ。 Pentax、ボディは兎も角(特に弱いのがオートフォーカス、これでもだいぶ良くなったんですが....) レンズは意外にバカにできない。 例えば、Limted レンズなんか、それを使いたくで、別メーカから Pentax に変える人も居るくらい。その Pentax の ★シリーズだ。

APS-C シリーズのフラグシップ機は、K-3 以来、更新されていない。
時代はフルフレームデジ1に移行しているのは間違いない(Pentax だと K-1)。
下手するともう APS-C シリーズは止めちゃうんじゃないかと思われてましたが、このシリーズで新しい、それも★レンズを出してきたってことは、とにかくもう少し、APS-C デジ1もは続けてくれそうだ。
APS-C は受光素子が小さい分、画質はフルフレームには敵わない。 ISO 感度も同様の理由でフルフレームほど上げられない。 でもな、その分カメラもレンズも小さい。小さいのは良いぞ。

ISO 感度も実用で 6400 まで上げられれば、実用範囲でそう困ることはない。
それに画質も最近は、グラフィックエンジンの性能向上で随分と補えるようになってきている。
それに APS-C 機の方がずっと安い。 それいバカ高い機材はおいそれと持ち歩けない。 今みたいに、バックの中に無造作に放り込んでおいて、撮りたくなったら撮るみたいな使い方ができなくなる。
ところが APS-C だと望遠は有利になるんですが、広角レンズが難しかった。 ここに★レンズを出してきてくれたっとことが嬉しい。 デジ1撤退と報道されたら、最後の K-1 を無理しても買おうと思っていたんですが、この分だと APS-C 機も更新してくれそう。 そしたら、自分的には APS-C 機の方が嬉しいな。

写真

先週末、嫁さんの取材についていってカメラマンをやった。 面と向かって、人物が撮影できる数少ない機会の1つだ。 その時の1枚です。

人物を撮るのが一番面白いような気がする。
その人の「その人らしさ」を巧く撮れた時は、結構楽しい。 ところが、人物を撮ろうにも、 嫁さんは撮らしてくれないし、今はかってに他人を撮れない。 下手なところで撮影しようものなら、捕まる。 お父さんが自分の娘の写真をプールで撮影していても捕まる時代だ。 可愛い女子を狙おうものなら、大変な事になる。 「俺様は、そんな邪心はないよ、お前だろ」と思うが、区別が付かないみたいだ。 断って撮影したとしても、構えられると、その人の自然な雰囲気は隠れてしまう。
可愛いものを可愛いと思いっきり感じられる人生は楽しいと思うぞ。
ま、でも、その可愛いなら可愛いと思う気持ちに邪心が紛れ込む奴が居るのも事実だ。
私がいうところの非統合者。つまりサイコパスっぽい人だ。 というのは、可愛いと感じている人格とは別の人格が同時に存在して、その別の人格が可愛いさの「別の利用方法」を考えたりする。
で、これだけ、こういう事態が進むということは、悪い意味でそういうサイコパスが増えたのもじじつですが、 他人の娘の写真をとるなんてとんでもないと、禁止されるのは当然と思う普通の人の中でも、サイコパス気味の人が増えているんだと思う。 そう考えれば、全体の辻褄が合う。

法治国家

ハンソル氏暗殺目的の北朝鮮工作員7人、北京で逮捕 というニュースですが、北朝鮮のは直ぐに報道されますが、もっと酷い国は多い。 表では報道されませんが、何が起きているのかネットでは山ほど出ている。 先進国家が民主的な「法治国家」でそこで暮らす「善良な市民」という構図はマトリクスの世界、幻影 です。
もともと法律の上に憲法があったとしても、その上には「自然法」がある。 法律があっとしても「それがどうした?」の世界だ。 法律は単なるルール。違いはそれを尊重しようとするか、しないかだ。
日本の最近の政権をみてもわかりますが、憲法を尊重しようとする意志は見られない。 それどころか、法律も最近は、権力者が、一般国民を取り締まるときには有効ですが、逆には作用しなくなりつつある。
311で、それまであった放射能関連の法律がことごとく無視されたとは言わんが、政府に都合の悪いものは無視されたのをみて、私は愕然としたのを覚えている。 それでも当時の民主党はまだ法を尊重しようとする態度は見られたが、その後の政権に至っては、先進諸国とは思えない状態が続いている。

マトリックス

1999 年だったんですね、ついこの間のような気がしますが。
私が最初に「あれ?」と思ったのは911。
その911が 2001 だから、それより2年も前なのに、分かっている奴は分かっていたんですね。私は当然、当時は間抜けな市民をやってました。 今の会社に転職して、バリバリ働いてました!
格闘シーンは余計ですが、エンターテイメントとして多くのファンを呼び込むには必要だったのかもしれません。 よく出来た映画だと思う。 3部作ですが、1部だけで十分。 昔、甥達と2作目を我が家で鑑賞してた。 あとからお父さん(私からすると義兄)がやってきて、参加したんですが「この映画、訳わからん」と言ってましたが、そのとおり。 2、3も面白いですが、1を見ないと訳わからん。

我々が頭で象徴して作り上げている世界、思い込んでいる世界と、実際の世界がまるっきり違うことをSF仕立てで実際に違う世界として描いてます。
現実はもっと複雑で、複数の世界が1つの世界で同時進行しています。
それでも大別すると、個人個人が自分で考えてこうじゃないか? と思う世界と、世の中がこうだよ、と押し付けて食える世界の2つに大別できる。

組織のトップがことごとく押さえられてしまった

教育が押さえられてしまったのは、昨日少し触れた。
最高裁判事も全員押さえられている。
マスコミも押さえられてしまっている。
したがって、
        ↓

マスコミが報道しない

三権分立では出てきませんが、社会が大きくなるとマスコミのちからは必須だ。 なので、第4の権力と呼ばれてます。 人民が判断しようにも、その材料を提供するのがマスコミの仕事だ。 正しい事実を知らずして、なにをどう判断せよというのだろう。 できる訳がない。当てずっぽうになる。
何度でも言うが、今のマスコミは酷い。 正しく報道しないばかりか、逆にプロパガンダを流す。 ネットで話題になってくると、それを否定するようなフェイクニュースを流す。 犬あっち行けーが一番酷い。 これ、信じている人がいると想像すると、空恐ろしいものがある。 朝日は前から良い格好しいというか意識高い系で、全面的に信用ならんところがありましたが、それでも今ほどは酷くなかった。

所詮、マスコミはその程度。大切なのはそこから「真実」を読み取るんだよぉ、と格好つけて言ってみたところで、嘗ての闘士も、いまじゃあすっかり感性も鈍り、真贋を見定める能力は失った人が多い。 それじゃあ、ただの煩い迷惑爺さんにしか過ぎない。
仮に、正しい判断力が残っていたとしても、じゃあ、どこから情報を仕入れる?
貴兄はどこから、情報を取得してますか?
ましてや、今の読解力のない若者、どーする?

元々、本気でそう思っていた訳じゃない

311で、それまでまともな事を説いていた大先生、権威が、いうことをころっと変えた。180度違うことを平気でいう姿を皆さんも見たと思う。
その変節に対しての私の見解は、次の通り。
彼らは、サイコパスの一種だ。
以前はそうすることで、ウケが良かったのでそうした。 今は、そういう空気じゃない。今の空気に合わせた発言をする。
つまり私の言葉でいうところの「統合者」では、なかったわけだ。
統合者なら、例えば武田先生のように、言うことが変節したとしても、斯く斯く然々で私はこういう結論に至った、と聞く人に分かるように説明することが出来る。 聞いた人が、それに賛同するかどうかは別にして、本音で語ることができる。 本気でそれが正しいとおもって、発言していたなら、変節を説明できるハズだ。 ところが彼らはそうじゃない。理由もなく変節する。
簡単にいうと、本気でそう思っていた訳じゃない。つまり、偽物。
今は、ホンモノと偽物が非常に分かりやすい時代になった。

というわけで、法治国家を維持するのは困難になってきているのが今の日本の現状。
されど、そう悲観的な状況ばかりでもない。
気が向いたら、次、それを述べる。


2017/11/8(水)軽井沢日記

昨日、昼間は無風で、陽だまりだとぽっかぽかだったんですが、夜になって風がでてきました。 そのせいで、落ち葉が雨のように降り注ぐ中、仕事からもどりました。
今朝は、ほんの少し雨が降ったみたい。
今は、くもり空、重たい感じの空です。

motoGP/F1 の話題

F1、先のメキシコ戦ですが、 マクラーレン 「最新アップデートは予想以上のスピードをもたらした」 とマクラーレンは自画自賛してます。 ですが、冷静に判断すればこれまでマクラーレンのシャシー、とくに空力がダメダメだったって事を言っているに過ぎません。 レッドブルは非力なルノーエンジンとのパッケージを考えて、低ドラッグで空力に優れたシャシーを開発してました。 それに対して、マクラーレンは、ルノーと大差ないと言われるホンダエンジンのパッケージを活かす設計がこれまで出来ていなかったという事だ。

motoGP は、今週末バレンシアで最終戦です。

人治国家

最近、頻繁に耳にする言葉です「人治国家」。
対立概念は「法治国家」 と思います。
同様に中学校で教わってから、あまり聞かなかった言葉に「立憲主義」 があります。 今回の衆院選挙で、立憲を頭につけた党も出現しました。

立憲主義

政府の統治を憲法に基づき行う原理で、政府の権威や合法性が憲法の制限下に置かれていることに依拠するという考え方 で、要は「憲法」は他の法律とは違って、国民を縛るというのとは真逆で、政府が好き勝手できないように政府を縛るものだ。

この考え方で言うと、政府が改憲を発議するなんて、泥棒に法律をつくらせる ようなものだ、というツイートが多数ありましたが、全くそれは正しい。

ところが、そんな反対意見には全く怯むことなく 「それは古い立憲主義だ」 としらっと否定してしまうところに、 底知れぬ無知の怖さを感じたのは私だけだろうか?
まあ、今の中学校は知らんが、昔の中学校では試験で×をくらうのは間違いない。

色々やらかしてくれるので、考えさせられることは多い。
この歳にして、中学生レベルの社会科を再度勉強するとは思わなんだ。

今、民主主義の根幹が揺らいでいます。
日本の民主主義が戦後、連合軍によって押し付けられたものであるのは同意する。
自分たちで勝ち取ったものではないので、よく理解してない人が多かったのも事実だ。
予め自然に存在するものではないので、皆で守らなければ成立しないものだ。
単なるルールだ。 もっと良い方法が思いつけば、それに変更しても良いんですが、これまでの歴史を通じて、今のところそれが一番良いものとされている。

システムエンジニアは意外と政治好き

システムを組み上げるとき、どういう構成、仕組みにすればそのシステムが効率良く機能するのか? それをまとめ上げるのが、システムエンジニアだ。 世の中で一番大きく複雑なシステムは、この社会だ。 なので、優れたシステムエンジニアは、社会のシステムを、つい考えてみたく成るものらしい。

なので、好きといっても以前のような「政治好き」とはかなり様相が違う。
イデオロギーなんか、関係ない。
文系じゃなくて、理系の発想だ。
これは「金融工学」と似ている。金融工学はそれまでの経済が専門の人じゃなくて、理系の人が構築した新しい経済学だ。
異業種から参加したというと、IT の連中が始めた Amazon.com もありますね。
これも理系の発想ですね。
民主主義を自分たちで勝ち取ってきた「西欧諸国」では、じゃあ、きちんと民主主義が守られ実行されているか? と問えば、そうではない。 そうではないことは、ネットの発達によって、どんどん明らかにされている。 それでも、表向きは民主主義を採用しており明らかに法に違反していることが証明された場合には、違反したものはそれなりの罰則を受ける。 なので、違反した者はそれが明らかにならないように裏で手を尽くす。
でも、完全にバレてしまったら以外に潔い。
今の日本は、バレても居直る。なので「人治国家」と呼ばれる。
一般には、中国とか韓国を指すことが多いみたいですが、お隣の国は、大統領がお友達に便宜を謀って、捕まりましたが、その意味では今の日本よりもずっと民主主義的かも知れません。

「法の支配」 の法は、法律じゃない

これ日本語の命名が拙いですよね。私も一部誤解してましたが、法の支配というときの法は、 法律以前の「自然法」 の事を指します。
法律があろうがなかろうが、悪い事は悪いって奴です。

これは「憲法」の上位に位置する概念 です。

例えば、未開の地に行ったとしよう。 そこに原住民が居たとしてもいわゆる我々が知るような国の形態をしていないかも知れない。つまり、そこでは法律はない。 ないので、法律で明示的に禁止しようにもできない。 だからといって、なにやっても良いって訳じゃない。
個別的自衛権は、国連憲章に記載されているみたいですが、こんなもの記載されていようがなかろうが、ある、のが当たり前だ。
民主主義を作ったのは「彼ら」だ、という説がある。
植民地を作る場合、賢い部族長は説得しにくい。 中東を見れば分かる。 なので、工作員を使って色々裏工作を行う。 おバカな部族を援助して内紛を起こしたりするのは朝飯前。 酷い場合は殺害したりもしてきたわけだ。
「民主化」してしまえば、民衆を操作する事になりますが、これは部族長を説得するよりはずっと簡単だ。
そうかも知れませんが、それを多くの国や人々が受け入れたのは、その具合が良かったからだ。

民主主義を多数決と誤解している人が多い


むしろ「民主主義の基本はいかに『多数決』をしないか だと思うんだよね」と誰かが発言してましたが、実に巧いことを言う。私もそうだと思う。

多数決で押し切って、ということはまだ反対している人も居るんですが、構わずどんどん政策を強要したら、それイメージ的にファシズムみたいでしょう?
民主的な社会のイメージじゃない。真逆 ← この感覚は正しい。

民主主義が正しく行われていたらなら、与党が2/3を取ろうがまったく心配ない。
そうじゃないから、心配する。

ま、原則は「全会一致」だ。

民主主義では、とにもかくにも「話し合う」んですが、
ということは、賛成するかどうかは兎も角、それ以前に「相手がなにを言っているか?」 を理解する能力が必要となります。 詳細は兎も角、最終的に自分にどういう影響が巡り巡ってくるのか、程度は理解しないと意思決定できない。
        ↓
ある程度の理解力が前提となります。
これ、民主主義の致命的ウィークポイントだ。
猿には民主主義が出来ない!
        ↓
なので、民主主義を行うには「教育」 が非常に重要になります。

教育委員会制度

これもなぁ、誤解している人が多い。
国や地方自治体が直接やればよいものを、なんでこんな面倒くさい制度になっているのか?
色々あるけれど、最も重要な点は「政治的中立性の確保」 だ。
時の政府にその政府の都合の良い教育をされたんじゃ、たまらんだろ?
もうやれれちゃってますが。
話は戻して、人治国家の対立概念っぽい 法治国家
.. 時間がなくなったので、気が向いたら書く ..


2017/11/7(火)軽井沢日記

今日も晴天です。
あれだけ雨が続いたんだから、晴天続きもいいでしょう。
今朝は最低気温は2℃で寒くない。
金曜まで天気は良くて、金曜からは暫く氷点下が続きそうです。
土曜日は雨マークですが、11/14(火) は雪マークの予報です。
土曜日も昼間じゃなければ、雪になるかも知れませんね。

下の駐車場の原木

今日は3本を玉切りして、軽トラの荷台に載せてから出社。
のこり3本。明日、早起きできれば太いのは全部載りますが、台風で落ちたカラ松の枝まで考えると明日1日の出社前作業じゃ無理そう。
目立てしたチェンは良く切れたが、まだ左回りにカーブする。 次も目立てしてから、玉切りを試みる。

落花生食い終わった

今年も非常に美味かった。
昨年、向こう側の縁に植えたら、全部なにかに食われて芽がでなかった。 手前側だと大丈夫そうだ。 来年は、今年の倍くらい植えるかなあ。
今年は湿った落花生の皮を剥くのが大変でしたが、乾燥させればもっと簡単に剥けると思う。

ご飯が美味い

今年いただいた米、ホントに美味い。
元々美味いのか、精米したてだから美味いのかは分かりませんが、とにかく美味い。
ご飯がこれだけ美味いと、おかずの味は薄味が良い。

今時の軽トラ

今時の軽トラを運転させてもらえる機会があった。
私の軽トラとは別物ですね。非常によく走る。NA だったんですが、非常に力強い。
室内が豪華で広い。ヘッドライトは LED で明るい。音は静か。
私の軽トラはまだ軽が小さかったころの軽トラで、点火プラグもフルトラ化されておらず、ディストリビュータだ。ここが雨の日には湿気ってエンジンがかからなくなる。
サスは空荷だったので、固くてコーナーとか段差で飛び跳ねて滑るのは一緒。
畑で使うのが勿体無いくらい。
軽トラなんか一緒だろう、と思っていたがその進歩は予想を超えていた。

まだ知らない人が居る


さて、
質問:トランプ大統領はどこの飛行場から日本に降り立ったでしょうか?

答え:横田基地です

トランプ大統領は、日本に来る前にハワイで Remember the Pearl Harbor! と演説をしました。 そうして、横田に降りたら、先ず第7艦隊に対して演説を行い、檄を飛ばしました。

まあ、大統領は特別だとして、実は横田基地から出入りするアメリカ人は日本への出入りは自由です。 今、日本はセキュリティ強化で、空港の入国者を全員顔認識を行おうとしてますが、こんなのは全く無力です。 CIA の工作員が横田から入って、なにかやって、横田から出国されたら、日本の警察はそんな人が日本に居たことすら把握出来ません。 スパイ映画のように変装して入国する必要すらありません。
北朝鮮の工作員は夜中に潜航艇でひっそり来るみたいですが、アメリカの工作員はいつでも好き勝手できます。
それが今の「日米関係」なんです。
早い話、日本は独立国じゃなくて属国 なんです。宗主国はアメリカ様。
まず、この事を押さえましょう。

※詳しくは紹介した本を読むと良い。とても読みやすい本です。

今のシレーカンは「愛国保守」で右翼と言われてますが、なんでその人がこんな日米関係に満足できるのでしょうか? 「知らないのか?」って、知らない訳ないじゃん。
そもそも「愛国」でも「保守」でもない。まあ、言葉の意味は時代とともに変わるので、これが今の愛国で今の保守だと言われればそう表現するのも間違いではない。 でも、ネトウヨが信じる、もしくはTVしか見ない人が信じている「愛国」や「保守」とは違う。

愛国

一般には、自分の国を愛する行為のことを指します。
この場合は日本ですが、問題は日本の何を愛するか?だ。
普通の日本人は愛国者からは自分も日本人なので愛される対象と勘違いするが、 彼が「こんな人たち」と呼んだ人々は、彼の愛すべき対象には含まれていないのは明白。

保守

普通は、 従来からの伝統・習慣・制度・社会組織・考え方などを尊重し、革命などの急激な改革に反対する社会的・政治的な立場、傾向、勢力などを指す と思われます。
今の世の中、どんどん変わってます。 立憲民主党の枝野氏のいう保守はこういう保守と思うが、シレーカン側のいう「保守」はこういう意味ではない。

どう考えてもいわゆる保守でも愛国でもない。
彼らが愛して維持したいと思うのはもっと単純に「今の自分の身分」だ。
日本でもなければ、日本の伝統、習慣、制度でもない。
そう考えると、遥かに彼らの行為の一貫性が見通せるでしょ?
その為には、強い後ろ盾 があると良い。それがアメリカ様なんだ。
騙されているのはネトウヨだけではない。
こんな簡単なトリック、デタラメな言葉遣いに騙されるなよぉ。
もっともこの詐欺に真っ先に加担しているのは「犬あっち行けー」等の騙すゴミだ。 これ、世が世なら重罪だ。
自分の頭で考えて見なされ!
でもなあ、教育の世界もヤラれてます。 本来なら、若い人程先に気づくハズなのに、前回の衆院選の統計をみても、若い人ほど騙されている。

そういえばこんな記事もあった

科書の文章、理解できる? 中高生の読解力がピンチ 。 正解を答えられた生徒は、中学生は12%で、高校生も28%らしい。
一万歩譲って、こんな問には答えられなくても良いが、ちゃんと自分の頭で考えて見る目を持たないと、君の事を大切に思ってくれている人が周りにいても、気がつかない儘、寂しい人生を送ることになるぞ!

なので、右翼のハズなのに、今の天皇陛下と皇太子は嫌い!という、一見不思議な現象が生じる。でも、自分の身分を守りたいだけの似非右翼なら、リベラルな今の天皇陛下と皇太子は攻撃の対象になる。

彼らは「愛国」「保守」を語って、いろいろ謀を行いますが、その実態は愛国でも保守でもない。普通に考えれば「売国」だ。 彼らは、バリバリのグローバリストと考えた方がずっとスッキリする。


2017/11/6(月)軽井沢日記

昨夜は薪ストーブを焚いたんですが、室温がなかなか上がらず寒かった。
公式には、-1.3℃なのでこの前と同等ですが、体感温度はずっと低かった。
室温を上げるだけなら、石油ファンヒーターの方が手っ取り早いのですが、石油ファンヒーターの前には、現在色々なモノが置いてあって火がつけられない。
こんなに寒くて寝られるかなあ、と思いつつ、知らない間に寝てた。 あれだけ疲れてりゃあ、寝られる。
老人は急速には開腹しない。今日もまだ、疲れが残っている。

凍結防止帯、コンセントを入れてきた。
で、予報を見ると、今週、木曜日以降はずっと氷点下の予報だ。
冬です、冬、冬、冬
今年の冬は寒くなりそうだ。冬支度、急がないと。

今年の紅葉はいわゆる紅葉とカラ松の紅葉が一緒になった。
上の写真は離山の紅葉、見た目はもっとずっと綺麗なんですが、巧く撮れない。 それに、撮影ポイントが難しい。この位置からもで、電線が入ってる。
2枚めの写真、普通の紅葉も、写真のように赤くなる前に枯れてしまったのが多い。 ここの葉は、いつもは真っ赤になるんですが、今年はならない。 ドウダンツツジは綺麗に紅葉してます。
車は2日前の写真だ。今日はもっとずっと落ち葉に埋まっている。 このカラマツの葉は、空調系に入り込む。

予報どおりだとすると、土曜日は天気がイマイチそうなので、土曜日に冬タイヤに交換して、畑は日曜かな? 今週末も忙しい。

ボヤ騒ぎ

今朝、新軽井沢地区でボヤ騒ぎがあったみたいだ。
燃えたのはカフェイーナに来ていた圭ちゃんのお友達の上司のお宅で、留守だったらしい。
で、通報したのは、○○さんの弟さんで、通報したおかげで2時間事情聴取をくらったとか。
先月も中軽井沢のローソンの奥で小さな火事があった。
軽井沢、火事は多い。だいたい冬だ。軽井沢は寒くてストーブが多いからだと思う。

心を病む人

これまでも年に数回程度、来たことがあるお客さんだったらしい。
顔は見覚えがある。 50代くらいの夫婦、別荘族の様に見える。
2組、続けて入ってきて、その客は最初の組だった。 「すいません、注文お願いします」と呼ばれて、最初に注文を聞きに行ったのが後から入ってきた方のお客さん。
そうしたら、最初の方の客が怒り出した。
「自分たちの方が先に入ったのに、なぜ先に注文を聞きに来ない?」 と。
ご主人の方は殆ど喋らず、怒っているのは女性の方。
おばあちゃん、一生懸命謝ったのに許してくれない。
泣いて謝っても許してくれない。
見かねた、息子さんが口出ししたら、その息子さんの口の聞き方が気に入らないと、更に怒りを増す。
結局、お巡りさんを呼んで、引き取ってもらったみたいですが、そのお店、35年間営業していてこんな事は初めてらしい。
私は政治が悪いんだと思うぞ。

お育ちが良い

大統領の娘さんが訪日されてました。
とあるマスコミの形容で「育ちの良さが分かる」みたいなのがありましたが、 思わず、プッ!と吹き出してしまいます。 金持ちの娘だってのはわかりますが、お育ちが良いというとは違う。
軽井沢に来て知りましたが、ホントにお育ちが良い人は、喋らなくても分かる。 身のこなしからして違う。 あれ、真似して出来るようなものじゃない。
言葉遣い、めちゃくちゃです。

人対人の関係は重要です。
オモテナシをすることは否定しませんが、大統領の娘さんですが、公式にはたかだか補佐官でしょう? それ国レベルでやるのはちょっとどうよとは思う。
やるなら、自費で個人的にやれば良いのでは?
オトモダチなら、税金で援助するのと、発想は同じに見える。
オモテナシされる方も、彼女は知らんが、しちゃんとした人なら「こいつは、公私混同してて区別のつかない奴」ひいては、人として、信頼するには値しない と判断するんじゃないかなあ。
彼女が使った頭囲表現、He is a good boy. が twitter では問題になってましたが、たしかに以前見てたカリスマ・ドッグトレーナーでも確かにオスの犬をそうやってあやしていた。

さて、大阪維新が分かりやすいのですが、全ての既存の「権威」を貶めようとしています。
これ、既存の権威を理解できないからじゃない。 理解できないのは出来なんですが、そうじゃなくて、代りに自分たちこそ、新しい権威だと暗に主張している。 その一覧の流れの1つと考えると、辻褄があう。 つまり、イヴァンカを褒めているようで、実は自分たちを褒めている。

緩い文化大革命が日本でも進行中 というわけだ。

普通は若者がこんな社会を変えないと!と立ち上がるんですが、教育制度からヤラれてます。 中国で起きたのと同じように、若者が手先、先頭になって古き良き文化の継承者を潰しにかかります。


2017/11/5(日)軽井沢日記

東京に行ってきた。
明日、証拠写真を載せる。
昨夜から行って、一泊したんですが、嵐山あたりで事故があったみたいで酷い渋滞。 連休中日なので安心してたんですが。

ピラミッドの中に空洞があったとうNHK の番組、予定してたのに見損ねた。 録画も試みたんですが、2つ重なっていて無理だった。

で、真面目な食事をする時間がなくなって、コンビニでパンとおにぎりで済ませた。 そしたら、今日は酷い胸焼け。 1日で、胃潰瘍になるんじゃないかと思うような。
夕飯は都会のデニーズで、ビーフシチューを食った。
改装されて、 無くなっているじゃないかと心配したんですが、 喫煙席は囲ってあった。 ビーフシチューは私が薪ストーブで作るビーフシチューの方が美味い。
途中で嫁さんを下ろして車で戻ってきたんですが、今回は一人で運転。
正確には実家にあずけておいたバカ犬を嫁さんと交替で一緒だったんですが、助手席で寝てる。
途中、上里で疲れて仮眠した。

碓氷峠下の温度計は -3℃を示している。
我が家まだ、凍結防止帯の電源を入れてない。 ちょっと心配になりましたが、大丈夫だった。

一昨日かな? 嫁さんが漬けておいてくれた、大根の千枚漬けが美味い。

todo リスト

今週末

  • ★東京に行く案件1つ(私の車で行く)
  • ★下の駐車場にある薪の原木を上に上げる
  • ★落ち葉の掃除/台風の後片付け
  • ★漏電のチェック
  • ★脱穀機をグリスアップしてしまう
  • ☆嫁さんの車の夏タイヤをしまう
  • 薪運び
来週末
  • ☆私の車のタイヤ/オイル交換
  • ☆蕎麦を唐箕にかける
  • 畑作業
  • //使い終わった畑を整備する
そのうち
  • 庭の整備
  • 自転車の整備(クライマー)
  • タイヤ置き場のつづき
  • 離れの鴨居の裏の隙間を塞ぐ
  • 我が家の庭のモミの木も数本切って、もう少しスッキリさせる
  • 軽トラのディストリビュータを診てもらう(つづき)
  • ○○さんに自慢のスピーカを見せてもらう
  • ○○さんに、タイムドメインのスピーカを見せてもらう
  • 万座案件/草津案件、続き
  • メガネ屋さんに行くのはずっと後だ(混んでなさそうな時に)、困ってないし
  • 落ち葉の掃除/屋根にかかった木の枝も切る
買い物リスト(メモ)
  1. プラスチックコンテナー(蕎麦用)
  2. 糸ようじ


2017/11/4(土)軽井沢日記

起きてみたら、道路が濡れている。雨降ったみたいです。

昨夜は甥夫婦が遊びに来て、私の落花生を食わせた。
その後、更に食った。昨日は、2フライパンだ。
最初はガスで2度めは薪ストーブで煎りましたが、薪ストーブの方が断然美味い。
で、今日も今、煎ってるので、今年の落花生の量は4フライパンだ。

脱穀機はグリスアップしてブルーシートをかぶせてしまった。

先日の台風の時、漏電遮断器が反応した。
原因経路は外配線なのは特定できたので、暫く外配線はコンセントを抜いておいた。
漏電チェック、 結構長い距離を中継しているので、少しずつつなげながらチェックした。
末端の駐車場入口のライトのセンサーが壊れているのはわかった。 越してきてときに私が設置したっきり取り替えてないので、14年くらい使っている奴。 ダイレクトに雨がかかる位置じゃないんですが、横殴りの雨で浸水して壊れたんだと思う。 センサーライトも点灯しなくて結構不便だった。 車のヘッドライトを消さないで、玄関までいって玄関の電気を付けてから、ヘッドライトを消す、or スマフォを懐中電灯にする、みたいなことやっていたんですが、センサーライトは大丈夫のようだ。 これも、今時の LED タイプのに交換したいんだが、..。

ホントに初雪降りました

と、なにやかにや、外で作業していたんですが、夕方には予報どおり 細かい雪 が降ってました。 雪というほど雪ではないんですが、道路に落ちても直ぐに解けるんですが、雨よりはずっと落ちるのが遅くて、どうみても雪。雪、雪。
実際は雪じゃなくて、浅間に吹く強い風が浅間の雪を運ぶこともあるんですが、そういう感じてもなく、直ぐ、上空で凍った感じの雪。


2017/11/3(金)軽井沢日記

プリンスのスキー場、オープンしたみたいですね。
今日は、道、混んでました。
このところ、週末はずっと台風で雨ふってましたから。

今日は暖かいですが、昨夜、帰宅しようと思ったら車は凍ってた。
軽井沢、明日の夕方 が降るかも知れないとの予報がでてます。
まだ積もらないので、スタッドレスでなくても平気と思います。

崖下の駐車場の原木は2本運んだ。残り6本だ。
運んで運べなくもなかったんですが、今日は祭日。 チェンソーをそんなに長い時間やっていると、きっと苦情がくる。
昨日屋根から落としておいた落ち葉、軽トラ一杯分、畑に運んで撒いてきた。
カラ松の葉が落ちきったら、もう一度運ぶようだ。
畑は、先日の氷点下でピーマンは全部枯れた。
でも2個だけ食べれられそうなのがあったので収穫してきた。
で、マルチも剥がしてきた。
トマトも全滅ですね。この時期だまで残っていたのが驚異的ですが。
後は、カブを3つ収穫してきた。
あと今年収穫で残っているのは、大根とカブだけだ。

風呂に入った後、踵のメンテをする。
重点的に洗っているんですが、踵は徐々に厚くなって、割れてくる。
裸足でいるのが悪いんですが、ま、しょーがない。
冬は時々メンテしないと。

ピラミッドに謎の巨大空間 見つかる

久々にワクワクする。
放送は、 NHK総合テレビで11月4日午後9時から放送のNHKスペシャル シリーズ古代遺跡透視「大ピラミッド 発見!謎の巨大空間」 らしい。 録画して見なくっちゃ!


2017/11/2(木)軽井沢日記

今日は昨日と打って変わって、層雲系の雲。
昨日は真っ青な空に、うろこ雲でコントラストが綺麗だったんですが、今日はぼんやり白い。

昨夜は落花生の皮、全部剥き終わりました。
薪ストーブの前で、池田先生の音声ブログを聞きながら。 音声ブログ、時間がかかるので嫌いんですが、こうやって作業しながら聞く分には具合が良い。
手だと手が痛くなるので、ペンチを取り出してきて作業しました。
オイラも一応、簡単な道具なら使いこなせる動物だ。

屋根の掃除(一回目)をやった

今朝は、食事を済ませたあと屋根に登って屋根の枯れ葉をブロアで落とした。
例によって寝起きの低血圧、ボーッっとした状態だと危ないので、煙草をすって気合を入れてから。 枯れ葉が溜まっている下は、まだ濡れていた。 濡れているガルバニウム、ヌルっと滑る。 あんまりいい感じはしない。 若い時は平気だったのに、歳を取ると高所恐怖症になる。

で、落ちた枯れ葉から大きめの枝を1袋分、拾っておいた。

今週末、時間がとれたら、畑に運び入れる。
カラ松の葉がまだ落ちきってないので、数週間後にあと1回、掃除するようです。

肉体的疲れ、精神的疲れ

ヤラなくっちゃと思っても(意志の力)、色々なものが反抗する。
肉体的に疲れていると肉体が反抗しますが、これはまだ押さえつけられる。 疲れてないときのように、サクサク動くことはできなくなりますが、スローモーでもまだなんとかなる。休みながらでも続けることができる場合が多い。
それよりも、精神的な抵抗に抗うことのほうがずっと難しい。
肉体的に疲れて眠たい時は、肉体的なのかか、それとも精神的か? 難しいところですが、私の場合は精神的なものの分類。 なにより「判断」が必要な時は、精神にある程度ゆとりが必要だ。 私の容量は少ないみたいで、直ぐに目一杯になる。
世の中には国のトップの方とか、大企業の上の方とか、その人の判断が大きな影響を及ぼすものがある。 こういう地位に疲れている人が必要とする容量は、計り知れないものがある。
逆に能力不足の人がその地位についているとしたら、恐ろし過ぎる。

F1 の話題

本決まりじゃないみたいですが、 2021年のF1エンジン仕様 が出ました。 MGU-H がなくなって、排気音を大きくする ってなんだそれ。 2021年のF1エンジン案に既存メーカーが反発 って、当たり前だ。
HONDA も反対した方が良い。
これは高度に洗練された技術を持たない他のエンジンメーカーにも参入を促す意図がミエミエ。
他方で、前輪にも MGU-K を取り付けて、四駆にするって案も出てましたね。 これは良いと思う。

エステバン・オコンの評価が高い です。この子は、見た目な地味なんですが、速いだけじゃなくてとても優秀らしい。 F1 ドライバーには、アレジみたいに速いだけのドライバーも居ますが、それだと開発ができない。フィーリングを言葉にして正しくエンジニアに伝える能力をもったドライバーは重用されます。

トロ・ロッソをクビになったクビアトですが、早速 ウィリアムズ 「ダニール・クビアトは2018年のドライバー候補の一人」 とウイリアムズから誘いがかかってます。 良いと思う。 クビアトは唯一のロシア人で、ストリートコースではめっぽう速い。 でも、ロシア人であるが故に嫌われてます。 ウイリアムズはパディ・ロウのチームになる。 彼には、こういうしっかりしたリーダーが居るチームが良いと思う。

鬼界カルデラ大爆発の時

縄文日本人は海を渡って、インカ帝国を築いた という話。
南米に、日本と同じような縄文土器が見つかるのは最近良く耳にする話だ。
縄文人が意外に高度な文明を持っていたのも最近耳にする。
ここ長野には、多くの縄文人が住んでいたみたいで、あちこちに遺跡がある。
鬼界カルデラが最後に爆発したのは、今から7300年前だ。
Wiki によると、インカ帝国が発達したのはそれからずっと後。 ハンコックによると、アトランティス人が渡っていって文明を教えた事になっている。
ネアンデルタール人もそうだが、縄文人も知能云々よりも、生き方は保守。 「足るを知る」民族で、自然と調和して生きていたようだ。 こういう民族は、後から入植してきたより劣った野蛮な民族に駆逐されることも起こり得る。
で、16世紀にスペイン人によって滅ばされる。 因みに、今残っているペルー人は、インカ帝国人は少なくて、スペイン人との混血だ。 むしろスペインの血のほうが濃いかも知れない。
残っている文化と築き上げた民族が違う例はいくつもあって、 エジプトも彼らの祖先がピラミッドを作ったわけじゃなくて、作った民族はもう旅立ってしまっている。
インカ帝国人は実はどういう人だったのかは良く分かりませんが、インディアンは数は少ないけれど残っていて、我々黄色人種と血が近いと感じることが多い。


2017/11/1(水)軽井沢日記

今日も秋晴れ、うろこ雲が出てます。飛行機雲もくっきり出てます。
これだけ綺麗な飛行機雲はケムトレイルじゃない。
紅葉、今年は派手さはありませんが、綺麗です。

ブロアーで落ち葉の掃除を少しやった。
嫁さんの車から夏タイヤを下ろした。
チェンソーでカラ松の枝、少し切った。

昨夜は、落花生の皮を薪ストーブの前で剥いていたんですが、全部は無理だった。
指先が痛い。爪も痛い。
今日、帰宅したら続きをやって、昨夜剥いた分煎って食おうっと。

今日か明日、私が借りている畑から採ってきた栗を食わせてもらえるみたいだ。

PS. 今日の夕飯は、栗ご飯でした。
軽井沢には野生?(枕木用の植林だという話もありますが)の山栗が多いのですが、私の畑のはホンモノの栗で、マジ甘くて美味い。

予報を見たら、雨マークは土曜日にズレた。
ということは、金曜日に色々できる。
下の駐車場の原木、上にあげよう。
耕運機も乗って無くて、軽トラの荷台が空いている今がチャンスだ。
他方、私の車のタイヤ交換に行こうとも思ったが、あと500km 程度でオイル交換だ。 ということは、週末の東京、私の車で往復すれば、来週オイル交換とタイヤ交換を一度に済ませられる。

近所の、例の倒木、幹が折れたカラ松は、撤去されたみたいだ。

ネットの話題

  • 前回の選挙、10代、20代の投票政党は自民党が圧倒 してたらしい。
  • 共産党は知っているかも知れませんが、他の党は知らんだろ > 今のおバカな若者。
    他方、どこかの高校で、公約だけ見せて投票させたら、共産党が一番だったってのが報道されてましたが、判断力が完全に狂っている訳でもない。
    でも、公約なんか読まんだろう > 今のおバカな若者。
    勝ち馬に乗らないと虐められるしなあ。
    って、若者を下げずんでいるんじゃない。
    私が今若者なら、似たような状態になっていると思う。
    おバカな若者を大量生産してしまう、そんなやり方を見ててつくづく酷いなあ、と思っている。
    短期的に見れば、まんまと巧く行ってます。

  • 暫く見なかったJH さん達が最近また表にでてくるようになりました
  • そこでは、立憲が目の敵にされているようです。文春も立憲叩きです。
    実に分かりやすい。
    今回の一覧の騒動、おそらく総理を変えようと謀ったんですよね、彼らは。
    それが巧く行かなかったので、じゃあ仕方ないと、シレーカンに直接圧力をかけているんだと思います。 それが、最近シレーカンの顔色が冴えなかった原因じゃないかと。


  • 籠池夫妻の拘留3ヶ月を超えた

  • 高須院長、東芝が降板方向の「サザエさん」スポンサーに名乗り
  • ネットでは無責任に、東芝も買ってあげれば良いのにという意見が。

  • ヴァレンシアの首相がベルギーに亡命?
  • スペイン人が凶暴なのはよくわかってる。
    実は戦争で死ぬより、内戦や粛清で自国から殺される人の方がずっと多い。
    ま、戦争も国が決めて、一般国民は強制される訳です。 国とは、本来怖いものなんだ。
    これまでGHPの教育で、国は国民を守って当たり前って教育されてきましたが、 最近の日本を見ていると、それ、間違っていたことが分かります。
    スターリン大粛清の正当化は一切あり得ない=プーチン大統領、事あるごとにロシアはソ連とは違うと閣下は申しております。

  • なんでネット?
  • ネットがあるから逆に情報弱者が生まれるというのは事実と思う。
    責任は大手マスコミにある。 真面目に報道しないので、ネットを頼る。
    上質で精査された内容を報道してくれれば、ネットで探し回る苦労する時間がずっと減る。
    大手マスコミの責任は大きい。やがて、今の時代が総括される日がくると思いますが、ボロクソに言われると思う。

  • 洋服のたたみ方ハック これは使える
  • 私、洗濯物をたたむのが下手。

  • 校則の緩い学校、優秀な学校ほどそうらしい







カテゴリ
書きかけばかりですが、。。
ご注意:ここで述べられていることは、個人の単なる主観、インプレッションであり 客観的な事実でない場合もあります。
B型性格で、 多少誇張した表現や誤解を招きやすい表現があるかも知れませんが、 誹謗中傷する意図はありません。


Copyright Mr.Flat