Mr.Flat の軽井沢日記

自己紹介:美しい村軽井沢は日本のマチュピチュです。
そんな軽井沢へ、アーバンデザインさんにお世話になり、2003/1、極寒の冬に越してきました。
現在、軽井沢ライフを200% 満喫しております。
軽井沢リゾートライフをお考えの方に
いまさら参考になるようなものは書けませんが、 こんな私でも軽井沢を楽しんでます、 って意味で、もう暫くの間、軽井沢日記を書かせて貰います。

軽井沢移住計画(まとめ)をこちらで作成中。

注意:日付は(数日したためた後で)表に出した日付でその日の出来事とは違う場合があります。
通し番号のようなもの、もしくは夏休みの日記と同じとお考え下さい。
前後、2週間程度は余裕を見てください。
必要な時には随時本当に日付を文中に記します。
基本的に嘘は書きませんが、産まれ持った性格的にお調子者の気があり、多少表現がオーバになったりするかも知れません。
又、思いこみや早とちりも多い方で、本人は事実と思っても、実際は違っている場合もあります。
後から気が付いた場合は訂正するように致しますが、
その辺り差っ引いて(加味して?)ご判断下さい。

アーバンデザインさんについて
物件を探すにあたって、最初は「欲しいリゾート」とか見て幾つかの不動産屋さんにも入りました。
小さな不動産やさんのアーバンデザインさんは最後でしたが、その後はず〜っとアーバンさんに紹介受けました。
不動産屋さんなのにとっても正直で真摯な、少し変わった不動産屋さんです。
アフターフォローも万全、水抜きの方法をはじめ軽井沢生活のノウハウを色々教わりました。
サラリーマン不動産社員とは、ひと味もふた味も違います。
自信を持ってお勧めします。
お金のある人も私みたいにない人も、先ずは、アーバンデザインさんまで訪ねて相談して見よう!


リンク


中山たばこ  パラダイス  古月堂  ブロンコ  丸寛食堂 
萬里(ばんり) 赤バス  三和良一研究所 軽井沢-ON.com
カフェイーナ  小野崎純 チェロ奏者 
ペンション・シルバーストン 

銅鍋の寺山さんのサイト  五月野自転車 
小名工務店   ドイツ観念論のページ

かるいざわ気分 denden PC修理・PC教室  軽井沢-ON.com(台湾)

北軽井沢ブルーベリーYGH 軽井沢観光ガイド   軽井沢グルメガイド

軽井沢絵日記 MaystormJournal
磐井の里から← おすすめ KOSHIRYOKU
実験記録 No.02 1984年動物農場
軽井沢 大雪・浅間山対策情報&SOS! 情報シェアグループ

週間天気予報 気象庁アメダス 軽井沢の放射線量



Mr.Flat プロフィール
軽井沢知らぬが仏、ド素人家庭農園(自然農法?)
バックナンバー
最新号
2019/8
2019/7
2019/6
2019/5
2019/4
2019/3
2019/2
2019/1
2019/12
2018/11
2018/10
2018/9
↑要認証
2018/8
2018/7
2018/6
2018/5
2018/4
2018/3
2018/2
2018/1
2017/12
2017/11
2017/10
2017/9
2017/8
2017/7
2017/6
2017/5
2017/4
2017/3
2017/2
2017/1
2016/12
2016/11
2016/10
2016/9
2016/8
2016/7
2016/6
2016/5
2016/4
2016/3
2016/2
2016/1
2015/12
2015/11
2015/10
2015/9
2015/8
2015/7
2015/6
2015/5
2015/4
2015/3
2015/2
2015/1
2014/12
2014/11
2014/10
2014/9
2014/8
2014/7
2014/6
2014/5
2014/4
2014/3
2014/2
2014/1
2013/12
2013/11
2013/10
2013/9
2013/8
2013/7
2013/6
2013/5
2013/4
2013/3
2013/2
2013/1
2012/12
2012/11
2012/10
2012/9
2012/8
2012/7
2012/6
2012/5
2012/4
2012/3
2012/2
2012/1
2011/12
2011/11
2011/10
2011/9
2011/8
2011/7
2011/6
2011/5
2011/4
2011/3
2011/2
2011/1
2010/12
2010/11
2010/10
2010/9
2010/8
2010/7
2010/6
2010/5
2010/4
2010/3
2010/2
2010/1
2009/12
2009/11
2009/10
2009/9
2009/8
2009/7
2009/6
2009/5
2009/4
2009/3
2009/2
2009/1
2008/12
2008/11
2008/10
2008/9
2008/8
2008/7
2008/6
2008/5
2008/4
2008/3
2008/2
2008/1
2007/12
2007/11
2007/10
2007/9
2007/8
2007/7
2007/6
2007/5
2007/4
2007/3
2007/2
2007/1
2006/12
2006/11
2006/10
2006/9
2006/8
2006/7
2006/6
2006/5
2006/4
2006/3
2006/2
2006/1
2005/12
2005/11
2005/10
2005/9
2005/8
2005/7
2005/6
2005/5
2005/4
2005/3
2005/2
2005/1
2004/12
2004/11
2004/10
2004/9
2004/8
2004/7
2004/6
2004/5
2004/4
2004/3
2004/2
2004/1
2003/12
2003/11
2003/10
2003/9
2003/8
〜2003/7
2012/9/XX軽井沢日記
土曜日はなかった。
朝まで仕事してしまって、結局夕方まで起きられなかった。
体力がなあ。このところすっかり低下した気がする。
日曜日は午後から畑に行った。 ひたすら耕すが、マルチを剥ぐのが大変で思うほど作業は進まない。 夕方になって酷い雨が降ってきたので終わり。 台風が近づいているみたいですね。

寝室のベッドに置いてある読書灯?の電球が切れたので交換した。 結婚したときに、嫁さんの友達がくれたやつ。 元来はクリプトン球なんですが、蛍光灯タイプにした。 LED タイプでも良かったが、LED タイプだと照らす角度が狭いのできっと役立たない。
表の庭の入り口の外灯?の電球も切れているが、雨が弱くなったら取り替える。

ことしは色々ありますが、たとえばこんなニュースも。 新しいプレート境界って、 地質学的な時間でいえば珍しいことじゃありませんが、今年起きるなんて凄すぎる。 これでプレート間の安定が崩れれば、どこでなにが起きてもおかしくはない。

2012/9/XX軽井沢日記
昨日は夜になって少し雨も降ってました。

週末の予定
・畑にゆく。
・玉ねぎの苗を注文。
・薪の移動。
・煙突掃除の後半。
・外回り(庭とか屋根とか)の掃除。
・北軽にお礼にゆく。

2012/9/30軽井沢日記
久しぶりの快晴、といっても雲は多いですが。って、快晴じゃないじゃん。
今日の最高気温予想は19℃、さっきみたら17℃しかない。 昼間は気持よくても夜は寒いです。


肺癌の原因がたばこじゃなくて、放射能じゃないか?というのは、 何度もこの日記に書きました。 今度は、糖尿病の原因も実は放射能だったという話です。 イットリウム90だそうです。
勿論、これをデマだとする人も居ますが、 普通に読めば、こちらの方が断然説得力があります。 おかしいと思ったんだよ。

2012/9/29軽井沢日記
心情としては、一所懸命仕事するからさあ、人一倍やってもいいよ、だからそ〜としておいてくれよぉ。
これ、偽らざる気持。
他人ごとだと見ていて楽しいですが(ちょっと不謹慎?)、当事者は大変です。

21世紀はそんな時代じゃあいよぉと言いつつ、振り返るとこの私も20世紀を延々引きずっているのがわかった。 人はそうそう変われない。 で、捨てる。20世紀を。

総裁選に関した話題でいうと(ネットですが)、
21世紀、これまでの従米じゃなくて、真に日本が独立を目指すとなると、実はこれ、必然的に地方分権も進むハズですよね。 管理したい側からすると、好ましい状況ではないわなあ。


そりゃそうと、宿泊予約のコツは、じゃらんとかで空き室を確認したら、そのままネットで予約しちゃうんじゃなくて、あとは直接その宿泊施設に電話して予約すると良いかも知れません。 その施設独自のHPにネット予約があれば、そちらの方が多少良いかも知れません。 というのは、じゃらん等を通すと手数料を例えば2割とか割り引かれて、宿泊施設には割り引いた金額しか入らないからです。 それでも、面倒くさいからネットで予約をいれてくれ!という宿泊施設もあろうかと思いますから、一概には言えませんが、1万円なら2000円でしょう? 2割は、結構大きいです。
最悪は団体客です。
嫁さんが、お友達とイタリア旅行した時(私はお留守番)、団体客じゃないと分かると、態度がガラっと変わった!というのはホントです。 割引率を聞くと、納得したりして。 結構著名なホテルでもそうなので、小さな民宿とかペンションさんなら余計そうかも知れません。
そもそも、同じ利用するなら、特に小さな施設だと、その施設を利用するだけじゃなくて、その施設の人とお話しすることをお勧めします。 色々な情報が得られて、楽しいですよ。 もっとも、変に商売ズレしていて、そういうの嫌がる施設もありますが。
似たような、構図は他にも多々ありますね。
楽天とか Amazon なんかもそう。


2012/9/28軽井沢日記
先日来、風雲急を告げてきたんですが、更にスピードアップ!
2012年、思っても見なかったような、色々なことが起きます。 ピンチは全部、チャンスに変えて! って、全部かえたらとんでもないことになるので、程々に。 致命傷を負うことなく、トータルでちょい+くらいを希望。 そんな目立たなくて良いので、こっそりと。 こっそりと言っても疚しいことはなにもないので、別に隠すこともなく淡々と。 そういえば最近担々麺、喰ってない。
忙しすぎて、考えがまとまりませんm(__)m。

そりゃあそうと、軽井沢今朝は寒かった。公式には 8.9℃! どこぞの温度計では7℃を表示してたとか。
今朝、寒くて目が覚めた。
北軽は、昨日すでに6℃だったらしい。 朝晩は勿論、石油ファンヒータ焚いてますが、寒いっす!

2012/9/27軽井沢日記
ルータ交換してもらった。今のところ快調。
雨はあがって、薄日が射してきた。でも、寒い。

2012/9/26軽井沢日記
NTT 東日本に電話した。受付時間外だったので録音受付だったんですが、直ぐに返事の電話がかかってきた。明日、交換にくるらしいが、プロバイダの資料、はてどこにしまっただろう?

寒いのでフリースを着て出社したが、流石にフリースはちょっと暑いか。
土日の疲れがでて絶不調。。

2012/9/25軽井沢日記
土日と軽井沢の道、雨なのに混んでましたね。 バーゲンの最終日だったとか。
土曜日は嫁さんと二人で車で東京に出かけて、私一人が新幹線で戻ってくる。 で、日曜日は私一人が新幹線で出かけて、嫁さんに拾ってもらって車で戻ってきました。 非常にハードな週末でした。
車は概ね逆方向だったのですが、日曜日、駅まで行くのに難儀しました。 裏道攻撃です。新幹線に乗り遅れるかと思った。

生ゴミ処理機が壊れた。
途中までバラしてみたら攪拌機の軸受けが磨耗して酷いことになっていた。 少しでも抵抗が増えると、ギアの噛みあいが外れて回らなくなる。 ベアリングじゃなくてメタルの軸受けですがグリスの様子もなくて、あんなつくりで良いのか? そもそも、バイオ式だったんですが、ちょっと無理があったのかも。 今はもう乾燥式しか残ってませんね。
Panasonic のプロジェクターも壊れかかっているし、SONY のAVアンプも少し変。 DVD プレーヤーは、まだBDがないころだったので、ブルーレイは再生できない DENON のユニバーサルプレイヤーは、調子悪くてもう使ってない。 SANYO の洗濯機はリコールを繰り返して最終的には新品に交換してもらったので今はまだ元気。 されど、そのメーカーは中国に売られてしまったので、壊れたらメンテはどうするんでしょうか?
あ、光ルーターも調子悪い。NTT に電話しないと。
なんだか made in Japan も大したことないかも。
家の中を見渡すと SHARP の冷蔵庫は元気。 その前の TOSHIBA の冷蔵庫とエアコンは10年もたなかった。 エアコンはハイテク過ぎた。 SANYO のシンプルなエアコンは大丈夫、煩いけれど。 SHARP のオーブントースターも元気、って壊れるところなんかありませんね。 そういえば、会社のただ暖めるだけのレンジは長持ちしてますが結婚したときに買ったハイテクな SHARP 製のレンジも、今使っている TOSHIBA 製のピザも焼けるレンジは調子悪い。 ハイテクなものは概ね、長持ちしない。
一生物とはいわずとも、長く持つものが好き。 お気に入りに囲まれての生活、気持ちよいと思うのですが、 もうそんなの望んじゃ駄目なんでしょうか? モノ、買うのは良いですが、こうやって次々壊れるとなると、思い入れなんか沸きませんね。だったら安いもので良いってのも良くわかる。悪循環。
一生物にしようとおもっていた SEIKO のお気に入りの腕時計 (kinetic) も最後にメンテに出したのは昨年の震災後ですが、もう調子悪い。 それに対して Yahoo オークションで落札した BOSE の業務用のスピーカーはまだ元気。 流石、業務用!磁石は当然弱っていると思いますが。
あ、SONY のアナログのTV Tniritoron ですがまだもってますね。あれ、結婚したとき買った奴なので(結構高かった)、20年ですね。はい、私、結婚を直ぐには許してもらえず、かなり遅かったです。 結婚したときに買ったといえば National の愛妻号はまだ使えてるみたいだが、同じ National の炊飯器、一番最初の IH 方式ですが、は壊れた。 NECのAVアンプは10年で壊れた。 SONY のCDプレイヤーは知らないうちに壊れたが、軽井沢でも暫く使ったので10年はもった。 SONY のレーザーディスクは、一度修理したのがまだあるが、動くかどうか、最近はスイッチを入れないので分からない。 モノは買って終わりじゃない。楽しもうと思うと、ず〜っと出費が必要。 冷静に考えるとその通りかも知れませんが、何か納得できないものが残る。 デジ1は、K100,K100D,K20,K-5 と買ったので、2年半に1台ですね。 携帯電話は20年で5台目、スマフォも加えると6台目。4年に1台くらいのペースという計算になります。レンズの方がよほど長持ちする。特に高かったレンズは。
PCは30年で4台目なので冷静に考えると意外に長くもってる。 パソコンはメモリーとHDをケチらないのがコツだな。
パイプは何本目だろう。 二十歳頃からだから、貰ったものを含めると十数本。3年に1本か? 軽井沢にきてからだと、少なくとも4本は買っているので、最近は使用期間が短い。 フィルター付きなので、吸いすぎってものありますが、 壊したり、失くしちゃったりするケースが多い。気をつけようっと。
車は4台目、乗り始めたのは30歳くらいだから、比較的長く乗っている。 今のは26万kmですが、あと2台も手放したときは10万km を超えていた。
自転車は、ほぼ一生もの。消耗品の交換は必要ですが。
丸井の赤いカードで買ったモンブランは30年以上経つが、もってる。
ギターは弾かずにしまってあるので、殆ど新品!

と言うわけで、おいらが死んだら、残るのは自転車4台と中古の BOSE とモンブランとギター1本だけだな。わびしい人生!
そうじゃない、もっともコストパフォーマンスが良かったのは本ですね。
あ、薪割りの斧も忘れてた!

2012/9/24軽井沢日記
いやあ、私事ですが、いや、仕事に関してもそうですが、今年はホント色々あります。 こりゃあ、ホントにアセッションしちゃってもおかしくないわなあ。 風雲急を告げてますね。 こんな小さな頭で(形状的にはでかいが、容量とか性能の意味)、 本人はそれこそ必死ですが、他人ごとだと思うと楽しい。
これが2012年かあ。
最高にエキサイティングです。

2012/9/23軽井沢日記
秋晴れです。

TVのニュースだとヤジはカットして流すので淡々と行われたと勘違いしてしまいますが、IWJ のUストによる実況中継をみてると、民主党の代表選挙の街頭演説、「帰れ!」コールと「解散!」コールで凄いことになってました。 街頭演説をやったことより、ヤジがすごかった方がニュースになると思うんですが、 日本のTVってなに?
それに、あれだけヤジられても、全く動揺しない面の皮の厚さってなに?
というより、国民を見てないと言った方が正解なのかも知れない。

まあ、マスメディアが酷いのはどこも同じで、日本の10万人を超えた反原発官邸デモも 外国のメディアでは取り上げられますが、日本のメディアは殆ど報じませんでした。 同様に、今回の中国の暴動も中国のTVではあんまり放送してないみたいで、ネットで暴動を知った中国人が自国民に対して冷静になるように呼びかけていたいしているようです。 おまけに、お巡りがデモ隊と仲良く事前打ち合わせしている絵が掲載(つまり官製デモ)されたり、 日本も中国も概ねネットは遥かに冷静です。しかしネット大国の韓国は例外かも。 韓国も冷静な人は居るハズなんだが、発言しづらい環境なんだと想像する。

さて、21世紀、
21世紀は横のつながりと大家族制度だよ、というと、20世紀の隣組みたいな変なネットワークとか、血縁とかしがらみの変な大家族制度を思い浮かべて、 それなら、自由な各家族制度の方が100倍良いと思う人も多いみたいですが、 だったら、その通りですが、それ違います。誤解です。
思想信条とか言っちゃうとこれも違うんだが、 ましてやイデオロギーなんぞ全然違う。 どう表現して良いか迷ってしまうんですが「あ、それいいね、じゃあやってみよう!」という前向きな集団ですよね。 管理の為の集団、後ろ向きの集団とは全く違う。 血縁はまったく関係なくて、場合によっては地域も関係ない。 国も人種も関係ない。 そんなコミュニティが現場から自然発生的に生じてきて、自主的に動き始める。 上からやれ!って言うのは180度違う。 私はそんな21世紀を思い浮かべる。
まあ、インターネットのような通信手段がないと成り立たないシステムで、 人類の歴史に於いて、 つまりこれまではやろうとしても、インフラからして不可能だったもの。

それと対局に位置するのは、世界統一政府という考え方。
これは従来からある考えの延長で、 一見悪くないと思うが、小学生ならそう思うかも知れんが、実際は上手く行かないと思う。つまり、悪い。
仮に、新しい世界統一政府が個々の市民の人権をグローバルエリートと同じように認めたとしても(認めると思う)、非常に堅苦しい世界になると思うよ。 チップ埋め込みは当たり前。 実際は、定められた規則が山ほどできてそこから少しでも逸脱すると、不満分子として処分されてしまうような社会だと思う。 当人は逸脱する気がなくとも、管理する側から見て都合の悪い奴は、 ちょっと元気の良い小学生が多動症とみなされて鎮静剤を打たれて黙らせられてしまうように、 どんな理由でもでっち上げられてしまうんだ。

2012/9/22軽井沢日記
ユニクロ、笑っちゃいますね。
1店舗だけかも知れませんが、写真を見る限り少なくとも張り紙とか垂れ幕? は3種類ある。 直ぐに謝罪声明を出したものの、以前の柳井氏の靖国発言もあって、支離滅裂。 公用語英語だし、ユニクロだったらやりかねない、と思ったのは私だけ? 皆さん、これからはシマムラにするそうな?

ユニクロは兎も角、 竹島も尖閣列島も最近読んだ中で、もっとも納得したのは「文句があるならアメリカに言え」というコメントです。私もそう思う。 戦後、どちらも日本にかえしてくれたのは早く言っちゃえばアメリカ様です。

新聞の写真は最悪。
私の生まれ育った町も半農半漁の町だったので、出港時とか漁から戻ってきた時はちょっとした風景になります。 その漁船が連れ立って出港する写真をでかでかと掲載して、さもそれが1000隻の大群で尖閣に押し寄せるのを連想させるって、反則ですよね。 よく見ると「写真はイメージです」とか注意書きがあったのかも知れませんが、見出しだけ呼んで、あれ見たら、いよいよ戦争が始まったか!と思っちゃいます。 今時、ちょっとしたカタログにも写真はイメージで実物とは違う場合があると、注意書きがあるのに、新聞、それでよいのか?
煽りに煽ってます。
ネットは一部を除き冷静ですが、ネットを見ている人ばかりとは限らない。
責任取れよ! > 新聞、TV。

まあ、日本政府も変なんですよね。
北方領土にしても、ネットに拠ると、ロシアが返してくれると何度もアプローチしているのに(勿論、色々条件がありますが)、アメリカ様が怖い日本政府は相手にしないらしい。って、ホント?


ヘヴンズストーリー wowow の録画を見た。
アフィリエイト貼ろうと思ったが、Amazon の検索で出てこない!?
日本映画なので字幕を見ないでも良い。 別のことをやりながら見たので、筋が良くわからない。 大筋は分かったが、細かいところがつながらない。 大体、若い子の顔はみんな同じに見える。
それに、何気なしに見たら、超、長い。見ても、見ても終わらない。 先に言ってよぉ。 朝になっちゃったよ、どーしてくれる。
という訳で、こりゃあもう一度、時間があるときに見直さないと。

最近、忙しくて平安堂はご無沙汰なんですが、今日は 出勤時に雑誌を買いに立ち寄った。 田舎の本屋さんは入荷する部数が少ないので、そそくさと買わないと買えない場合がある。 おっと、デジタルカメラの発売日は明日だった。 仕方ない、 Hivi だけ買って帰ったが、変な付録が付いて高い! 先月号も USB ケーブルがついていて高かったような(^_^;)。
そうしたら夕方、注文していた本が届いたと電話があって、閉店間際に受け取りに行く。 1日に2度も行ってしまった。
で、結局、明日も買いに行くようだ。

2012/9/21軽井沢日記
昨夜、夜半から降りだした雨が今日も降り続いてます。結構寒いです。
と言うわけで、薪割りは今日から始めようとおもったが延期。

今週末の予定
・○○の祝賀会に出席
・畑に行く
・煙突掃除(後半)。
・外回り(庭とか屋根とか)の掃除。
・北軽にお礼にゆく。

パイプがなくなった。
正確には、くわえっぱなしだったのでなくすワケがない。 どこかにひょいと置いたっきりになっていると思うが、それがどこだか分からない。 畑からタバコすいながら運転して帰って、その後、風呂に入って、夕飯をくってタバコを吸おうとおもったらもう見つからなかたったのでその間だ。
経験的に言って、なくす前は、なんとなく気になるモノだが、今回もちょっと気になったが、そう強く印象にのこっている感じでもないので、多分直ぐに出てくると思う。

とはいうものの、9mm フィルタが使える残りの1本はボウルが小さすぎて味が薄い。 パイプタバコは、煙の弾力が感じられるくらいな方が美味い。 じゃあ、ということで、以前買って屋根の上で煙突掃除をしていたとき落っことして壊れたパイプを直した。 前回は木製ボンドでつないだが暫くしたらヤニが染みてきて駄目になった。 今回は、折れた箇所にドリルで穴を開けて2本金属製のダボをいれてエポキシでつないだ。
それを見てた嫁さん、それ接着剤って体に悪そうだから駄目だ。 新しいのを買え! って、 私のお小遣い、今年は下げられたまま少ないんですけれど。。。
それに、エポキシはヤンキーが吸うボンドとは違う(って、ヤンキーがどんなボンド吸うか知りませんが、多分違う)。 固まったエポキシは多少の熱に耐えられるし、カーボンファイバーを固めるのもエポキシだ。ニコチンとも反応しないと思うのですが。

2012/9/20軽井沢日記
まだ、観光客居ますね。少し混んでる。 なんで、今頃休みが取れるんだろ。

昨日の畑仕事の疲れがでて、体はだるいし、腰が痛い。
こりゃあもう少ししたら、背中が曲がりそうだ。 母方の爺さんは、せむし男だったし。
今週から、薪割りを再開しようと思ったが、明日からにする。
昨日、スパナを買ってきて一輪車のタイヤは交換したので、まずは薪の移動から 初めて、庭を広くしてから作業開始しようと思う。


先日、話をしていたら「埋もれている」って表現されてしまいました。
なんだ、俺様、埋もれているんだ。 って、違いますよね。私は、普通。普通にしている。
もし社会に役立つことがあれば、もう少し有名になるかも知れませんが、 別に有名になりたくもない。それに私ごときが、前面に出るようになったらその社会はそうとうマズイぞ。 恥を晒してゆきて行くのが社会人とは、いつもの主張ですが、 そりゃあ、晒さずに済むものなら晒したくないのは人情ってもんだ。 普通が一番。

尖閣列島問題ですが、ネットだと白けきってますね。
みんなジョセフ・ナイのレポートの存在を知っているので黒幕はアメリカだと思っている。 たとえば、ここ。 中国内部の権力争いを利用して仕掛けてきてます。 どこの社会でも煽られる奴が居ますが、 中国では日本と同様の冷静な人も多い。 日本のニュースが報道しているほど、ひどくはならないと思う。 この程度で煽らられるなら韓国人と大して変わらんぞ。

さて、こういう話題は、私の中では「覚醒ゲーム」に入りますが、 世間の良識ある大人からは、子供じみた陰謀論と称し蔑視されるところのものです。
私はいわゆる陰謀論と「覚醒ゲームが」同じものだとは思いませんが、細かいことはさておき、 先ず、第一に、もし、その世間の良識ある大人達が、平和で善い社会を築けていれば、そもそもそんなものが入り込む余地すらないということを述べておきたい。
そうして、大体にして「良識ある大人」は社会において既に自分のポジションを確保している。彼らにとっては平和で良い社会なのかも知れない。
次に、その世間の良識ある大人達は、公式のストーリーをホントに理解できているのでしょうか? 学校のテストと同じで、○○の質問には□□と答えておけば正解、というレベルじゃなくて、たとえば、それを公式のストーリーなんぞ一切使わず、自分の言葉で説明できるのだろうか?
例えば、戦争がなくならない理由を子供たちに説明できますか? 難しい言葉を出して煙にまかないで。
子供を持ち出すまでもない。次から次へと、心が思うががままに質問してみると良い。 ソクラテス程、急所をつかずとも、直ぐに行き詰ってしまう。 最後は「努力が足りない」だの愚にもつかないことを言い始める。 努力が足りない奴が居るのは認めるが(俺様!)、そいつらは幸せに生きる権利がないってことか?
更に社会の階層というか、そういう仕組みが出来上がっていたとして、 それを認めるのは気持ちのよいことではない。 平和ボケした人には、それを認めるのはこの世から夢と希望を取り去るに等しい、非常に辛いことらしい。

2012/9/19軽井沢日記
煙突掃除は半分やった。 半分といういのは、ブラシで煙突内を掃除したってこと。 残りの半分はストーブ上部の蓋を開けて、落としたススを掃除機で吸う工程を指します。 我が家の煙突はストレートなので掃除がとても簡単。 でも、今は嫁さんがジャガイモをストーブの上に積み上げているので後半の処理は出来ない。 そのうち、ジャガイモが片付いたらやる。

しょうがいない、って、畑も行ってきた。
草刈りやった後、延々耕した。玉ねぎとニンニクの場所にする。
今年はマルチをなるべく利用しないのを試したが、これだけ雑草が増えると 例によって耕運機のローターに根とか茎とかが絡まって、すんなり耕せない。 160cc のエンジンなんですがフルスロットルでも負けて止まる。
おまけに少しだけ残っていたマルチにも雑草の根に絡まって剥げない。 えらい面倒な事になってしまった。 脇を耕して、巻き込んだ部分は後から拾って回った。 まだ土の中に少し残っていると思うが、来週、もう一度耕すので、その時、また拾う。
次回から、マルチは再利用しない事にする。。1作物だけの利用ならまだ丈夫だし、雑草の根も大して絡んでないので楽に剥がせる。
それでも、頑張って半分くらいは耕した気がする。
自然農法って違うじゃん。草刈りも耕すのも全部ガソリン。石油農法ですね。

2012/9/18軽井沢日記
連休、軽井沢は混んだみたいです。とりあえず良かった良かった。
土曜日朝帰りになって、2時間しか寝ないで軽井沢紫煙会議出席。 そのまま、○○さんを招待したところまでは良かったが、 それが終わった後は寝不足がどっと出て、風呂にも入らず寝てしまう。
そのまま寝てしまって、日曜日は殆どなし。もう無理の聞かない歳になった。

休み中のバカ犬の夜の散歩はいつもよりかなり早い時間帯。 ということは少し白んだ朝方というよりは真っ暗な深夜、ヘッドライトの光で散歩です。 ダイヤモンドダストもそうですが、真っ暗な中じゃあ殆ど見えなくても、 光に照らすと見えるものがある。 霧は下手に照らすと真っ白になって余計運転がし辛くなる。特に高い位置に運転席の ある車は。 ライトは低い位置から道路を照らさないと。
霧は兎も角、ヘッドライトで照らして真っ暗ななか散歩すると、いろいろ見えてくるものがある。 バカ犬にしっかりピントを合わせて見ていると気が付きませんが、 ぼんやり眺めていると、上空からいろんなものが降っているのが分かる。 本格的に雨が降る前には非常に小さな雨粒だと思いますが、そうでない場合もなんか降ってる。 なんなんでしょう、山の中なので花粉でしょうか?単なる埃かも。いずれにせよ、ヒューン、ヒューンと降ってる。宇宙線かなあ。 もしかすると、私の脳内にだけ降っているのかも知れませんが、降ってる。

さて、犬の散歩で犬と遊べばまだ退屈しないのかも知れませんが、遊ばないので、 バカ犬は臭いを嗅ぎながら妄想の世界に入ってます、私は退屈。 で、前回から暫くたったのでまた放射線計を携帯して計ってみた。
確実に下がってますね。
0.2μsv/h を超えるところはもう殆どない。 苔むした岩も、以前は平気で 0.5μsv/h を超えましたが、そんなに高い場所は我が家の回りにはもうない。 ついでに我が家の中も調べてみた。0.12μsv/h 程度ですね。 まだ少し高いが、以前よりは確実に下がっている。 で、3Fの寝室も調べてみた。ここは、下向きじゃなくて上向きで測った方が高いハズなんだが、いまでもリビングよりも高いが、上向きでも 0.2μsv/h まではゆかない。 確実に下がっている。半減期による自然の低下だとここまで下がらない気がする。 ちゃんと計算してみれば分かるが。 多分、雨で流れたんだと思う。
流れて、どこへ行ったかはさておき。
計測は例によってInspector+ で、散歩時は装備品(ウンチ袋とか)が多いので、カバーをつけたままγ線を計測し、いちいち値は見ない。 音を聞いていれば高低はおよそ検討がつくので、 チコ、チコ言い始めると目で見て確認する。高かったり、特定の岩のコケとか、ところどころカバーを外してα線とβ線も計測するが、 とくにγ線だけと違う傾向を示すことはない。
因みに、エアカウンターだと我が家のリビングでも 0.05μsv/h、つまり検出限界以下です。

敬老の日なんですが、G.Gデーって55歳以上らしい。俺、しっかり入っているんじゃん。 むかつく。
先ほど、長野は長寿の県で特に男性は全国1位だとニュースで言ってましたが、私はそこまで生きられないと思う。

2012/9/17軽井沢日記
熱心にこのサイトにおとずれていただく皆様に、ささやかな贈り物です。 ちょっと長文ですが、いつもの戯言です。 適当に読み飛ばしてください。

魔が差すことはないとは言わない。
私、よく魔が差して間違う。
しかし、本気でそう思っていたらそうする
例えば、一旦停止。
本気で一旦停止しないと危ないと思えば、言われなくとも一旦停止する。 ホントは、ちゃんと安全確認すれば大丈夫だと思っているからこそ、なおざりになる。 私は捕まって罰金払うのが嫌なので、形式的に必ず停まる事にしている。 そう決めているので、停めるの面倒だなあ、とか葛藤はないので気分は楽ちん。
例えば、ダイエットできない自分が居る。
薪割りすれば痩せるのはわかっているし、やりたいと思う気持があるのは事実だが、 今の忙しさだと、あと削れるのは睡眠時間。 これ削ると、仕事に差し支える。 バカ犬が居なければ、1日のうち30分くらい時間が空くが、 「引き取って良い」と言ったのは自分なので、文句は言えない。 健康にも多少役だっている。 総合的に考えると、多少デブでも薪割りが遅れ気味でも致し方ないと考えている。
本気でそう思うのと、そういう気持があるのとは全く違う
更に言うと、その時はホントにそういう気持だったかも知れないが、 気持は移ろいやすいもの、それだけじゃあ、本気でそう思うということにはならない。 じゃあ、何を本気でそう思っているのか? これが以外に難しい。
自分を見失っているときは、なおさら良くわからない。 私、これまで何度も自分を見失ったことがあるので、よく分かる。 「どうかしてたんだあ〜!」ってやつです。
普通だったらそんなことしません。
振れが大きい人も回りから見ていると良くわかりません。 はい、私振れが大きいです。 いつもと同じ状況なのに、いつもと違うことをする。

最近読んだ脳科学の本的に言えば、無意識にできるようになったら本物。 無意識って、じゃあ、意識的にやっている訳じゃないから、オイラじゃないじゃん。 逆に、こうやって意識的に書いてたりしますが、これっと本物の私じゃない? という反論もあろうかと思いますが、違いますよね。
意味、全然理解してない。
無意識的にできるようになったなら、それは日々の精進で、1日、1日明日の自分の為に積み上げた結果、無意識的にできるようになった訳で、十分、自分。 たとえば複雑な車の運転もそう。
積み上げなくても、無意識でできていたこともあります。 これもそのまま許容して自分のものと認めていれば自分、本気で不都合に感じていれば改めているハズ。 ある程度の歳になったら、もう言い訳は効きません。
まあ、意識が関与できる範囲は少ないが、日々のほんの少しの変化、精進の積み重ねが今の自分って訳です。勝負は来年、再来年、いやいやもっと先かも。 まあ、そうは言っても、私くらいの年齢になると、築いたものも綻び始めますから、 そうして、その速度はどんどん加速されますから、時間との勝負というかバランスになります。

で、一旦、無意識にできるようになると、文字通り無意識な訳で、なぜそうしたかは毎回思い出す必要もなくて、場合によっては意識されなくなる。 それどころか、往々にして、別の理由がそこに付く場合があって、話が面倒になる。 ちゃんと理解し、無理なくす〜っと無意識に収まったものは、自分でもその過程を覚えていて、後から言うこともできますが、 そうでないものは、つまり、ホントはよくわかってないのにそうしなくちゃならない場合とか、もしくはそうすることを強要された場合等は、 某か別の理由と取って付けて、正当化する。 ともあれ、多少強引でも一旦そこでオートポイエーシスを成立させてしまえば、その理由が間違っていたとしても、その「行為」を維持できる。 ところが、無理やり生成させたオートポイエーシスは、副産物として「ねばならぬ」を生じる。
なんでそうしちゃくちゃならいの? という問に対して、自ら理解して作り上げたものなら、かくかく云々で、そうい場合は、そうすると都合がよいでしょう? と楽々説明できます。 状況が少しちがってくると、だったら、こうしましょう、と柔軟に対応できます。 そうした方がよいから、そうするだけで、そこには「ねばならぬ」は不要。 肩に力は入ってない。
ところが、無理やり生成させたオートポイエーシスなら、いたるところに「ねばならぬ」が生じる。 「社会人ではかくあらねばならぬ」「妻たるものかくあらねばならぬ」 「○○たるものかくあらねばならぬ」...... 。 笑い事じゃありません。 もし、そうじゃないってことを認めるなら、自分の人格を再構成しなくちゃならない羽目に陥る訳で、別に全否定してませんが、下手すりゃ全否定さたに等しいダメージを受ける場合があります。

じゃあ、常識はいらないのか? って違います。
例えば、知らない人に要らぬ誤解をさせないためにも、常識的な対応は十分理にかなってます。円滑な人間関係は、まず挨拶からです。そんなのは当たり前。 多分、常識とか社会の礼儀や習慣、総じて文化等には、それを強要する人が思っている以上に、 強要せずとも担っている人が、自分で思っている以上に、 そこには人類の歴史を経て築きあげられた叡智が含まれているような気がします。 時代が変わったからと言って、簡単にそれ、放棄しちゃ駄目だ。 はい、私は保守だって何度も言ってるじゃん。

と言うわけで、彼の人格だか、言い分とかはさておき、正式には括弧入れとか言うみたいですが、 結局なにをやったか、その行為(現象)だけを純粋に取り出して、それらの整合性からら逆に彼は実はなにを考えているのか、推し量るという「方法論」が成り立つ。

逆に自らにおいては、自分でもうまく説明がつかない感情やら「ねばならぬ」が生じたなら、それは自分の中に無理なオートポイエーシスの回路が存在しているかも知れないというチェックマークになる。1つ自由になるチャンスです。
夜中、なんであんなにお腹空くんでしょうねぇ。 とくに忙しいと。 よく考えるんですが、これはまだ上手く解明できてません。
じゃあ、解明できたものがあるのか? あります。
私は以前「悪の方が強い!」と思ってました。
青春期というか、思春期かな? 男はアホだから、俺はこんな悪でも平気だぜ! と「悪を自慢」して偉ぶる時期があります。 それによって、仲間内の主導権を握る訳です。 男じゃなくて、オスみたいなものです。
//大人になってまでやっている奴いますよね。
そういうのは素通りできたんですが、善と悪なら、手段を選ばない悪の方が強いと 当時の私は思っていた。その悪に対して、恐怖感を抱いていた。
メフィストフェレスみたいな滑稽な悪もありますが、ここでイメージするのは底なしの悪ね。
シェリングは自由は悪の能力である(←ちょっと不正確)、と述べたが、悪の方が自由なんだよ。 と思っていたが、違いますよね。
善い人は、かくあらねばならぬ云々と考えるから、善は不自由で、悪は自由に感じますが、善人は、上で述べた様に、別にかくあらねばならないことはない。 それ、善人ぶっているだけで、ホントの善人じゃない。 善人になりたいと思っていたとしても、そう簡単になれる訳じゃあない。 それが証拠に、ちょっと彼らの意に反したことやってご覧。 烈火のごとく怒りだして(お前ってそーいう奴だったの?)、人格が変わって酷いことをするから。
ホントの善人なら、例えば一者である神を思い浮かべるとわかりやすいが、 彼はそうしたいから、そうするだけで、そこに「ねばならぬ」は存在しない。 ところが悪を行う人は、少なくとも1つ「ねばならぬ」が存在する。 なぜなら、悪を行わないと善人になってしまいますから。
いや、悪人もそうしたいからそうしているだけだと言い張るなら、 100歩譲って、彼がそう考えてそういう結論に達したならそれでも良いが、 だとしたら、その結果が神と違う結論なら、そりゃあ、お前、頭が悪いよ。 全能の神と比べちゃ酷だが、その瞬間、滑稽なメフィストフェレスになってしまう。

という訳で、どう考えても善の勝ち!(別に勝負の問題じゃありませんが)
簡単です。本音を表に出して生きれば良いんです。 間違うことは100も200もあるが、よくよく考えればそうそう変な結論には至らない。途中で諦めたり、考えることを放棄しちゃ駄目だ。はい、畑、来週からもう一度ちゃんとやります。

私は別に善い人になろうとは思わないが(普通が一番)、 そういえば、昔、「良い人ね」とは何度も言われました。 でも、全く美味しいい思いにはありつけなかった。 それが良い人に対する態度か? って、意気地なしね、という意味だったと思いますが、 そこで勇気?を奮い起こしていたら、別の人生が展開していたかも知れませんが、 そうしなかったので、今の自分がある。
それにどんな意味があるのか知らんが、明日の自分の為に、我が心の命ずるがままにまた今日も精一杯生きる。 私は私。それでも、その意味が、すこしづつ分かって来つつあるような気がします。
時代は21世紀、このまま間違った方向に社会が進んで地球が駄目になるかも知れない。 だからといって、それで終わりじゃない。 宇宙は広い。他のどこかの惑星では、生命が頑張って生きているに違いない。 だったら、我々も、諦めることなく、卑屈になることもなく、短い人生、精一杯生きてみようよ。
と、私は思う。

2012/9/16軽井沢日記
午後、久しぶりに強めの夕立が。
雨が上がった後。
気がついたら、電柱が知らぬ間に何本か抜かれている。 写真の電柱はトランスとか電線が片付けられて抜かれるのを待っている状態。 電線地中化でもっとシンプルになるかとおもったが、大してすっきりしなかった。 街灯もなくすと、もっとすっきりすると思う。暗くてもいいよ。
撮っているときは気が付かなったんですが、拡大してみると右側の枝の先にトンボが止まってますね。トンボは今年多いみたいです。 我が家の近くにのオニヤンマ飛んでました。
因みに、今、会社の事務所の中を飛び回っているのはカゲロウ。

さてこの写真を撮ったこのレンズ、FA20-35 のアナログレンズですが、これもお気に入りの1本。買っててよかった! 一度旅行先で落っことして壊して修理してもらった奴ですが、フィルムで撮っていたころはこんなに良いレンズだとは分からなかった。 どこがじゃあ〜? はさておき、 豚に小判?、まあ、上達してみて初めて分かることはある。 人間はサルをある程度理解できても、サルが人間を理解できないように、ステージを登ってみてはじめて分かることはある。 私の場合、スタートレベルが低すぎて多すぎってもありますが。
それにサルはサルの範疇で、人がサルを理解する以上に人を分かっているのかも知れません。

★★★★☆ 途中で仕事が忙しくなって読み終えるのに時間がかかってしまいました。
とてもおもしろかったです。アロンゾ・チャーチがラムダ式をつくったの知りませんでした。 ラムダ式ですよ、ラムダ式、って普通の人は知らないですよね。 ラムダ式と出会えなければ、多分、私、今頃、違う仕事をやっていたに違いない。 いやあ、人生なんて何が縁でどう転ぶかわかったもんじゃない。 中でも人が大きいですが、人にかぎらず、色々な出会いが人生を形作ってゆくのがこの歳になるとよくわかります。 私の場合はきっかけになったのは何といってもフロイト。 そこから旅は始まって、ライヒ、ブルーノ、シェリング、プラトン、.... と進んで行き、最近はオートポイエーシス辺りで遊んでいる。
最後の方の章でで我らがチャイティンも登場します(扱いは小さいですが)。
何度もいうが、未来は(決まっていても)決まってない。これでどれだけ勇気づけられたことか。
さりとて手放しして褒める訳にもゆかない。
ネットでは「寸止めジャーナリスト」という言葉があります。 ホントは分かっているのに、ほのめかすだけで、最後まで明かさない。 まあ、これとは違いますが、結構いい線行っていて、何度も何度も異常接近どころか、かすっているのに、そこに到着しない。そういうまどろっこしさはあります。 仕方ないか、彼らの思考方法はデコヒーレント思考が中心で、 そもそも、アルゴリズムは具体的な有限のステップに収めなくてはならないわけで、 それ聞いただけで、デコヒーレントを起こしそう。 でもね、量子コンピュータの時代になると、コヒーレントなまま進むアルゴリズムが必要になると思うんですよね。
どこかに量子コンピュータ時代のアルゴリズムという本、ないか知らん?
で、この手の本を読んでいると、 クロネッカー(カントールをいじめて自殺に追いやった嫌な奴ですが)が「整数は神の作ったものだが、他は人間の作ったものである」と言ったと伝えられてますが、なるほどそんな気がたしかにする。微分積分も人間が作ったもの。 自然はもっと単純で、量子的バランスでところどころデコヒーレントしているだけのように思います。上手くゆくと、オートポイエーシスを形作る。

で、アフィリエイトは単行本版を貼っておきましたが、実際は文庫本版を間違って注文してしまい、文字が小さくて読むのに苦労しました。 最近、忙しいのですが、読むのは一日の終わり、疲れてくると、どんどん目が見えなくなります。
面白かったので、単行本版も買って読みなおそうっと。 忘れかかった時に、二度読みすると、記憶はかなり刻まれる。年老いて硬くなった脳にも。
これで、積読はなくなったので、次の注文と一緒に。
さあ、次、なに読もう!




バカ犬、夜の散歩の様子。
散歩の間、暇なので、プロ用ヘッドライトの灯りを頼りに撮ってみた。 中心だけ明るく写っているのは、 カメラの受光素子のラティチュードが狭いせい。 目でみた感じだと、実際はもっと広く明るいです。

2枚めはウンチの図。
なんだ、その伏し目がちな表情は? もっと堂々とすれば良いのに。

3枚めはヘッドライトに頼らずに(手間はヘッドライトですが)、 実際の暗さが分かるように撮ってみた。ISO は 51200 上がるだけ目一杯上がってます。
う〜ん、熊でても可笑しくないなあ。
でも、こんな時間に人と出くわすよりは怖くないかも。。

私の K-5 はAF が弱くて動体には追いつかないし、 更に、静的コンテンツでもこのような暗い場所ではまるっきり駄目。 高 ISO 感度があっても、半分は宝の持ち腐れだったんですが、 流石に 次期バージョンでは対応してきましたね。彼らもちゃんと認識してたんですね。
見たら、やっぱ、欲しい!
私、買うならローパスフィルターなしでの s の方ですね。
モアレなんか全然気にならないし。

2012/9/15軽井沢日記
VAIO を自宅に持って帰ってつなごうとしたら嵌った。 諦めようかと思ったが、ネットのない生活なんて考えられない! WEP の暗号キーをすっかり忘れていて、違ったものを指定していたのが原因。 お陰で寝不足、今日は非常に辛かった。 暗号キー違っているのに、正常接続!って表示するなよなあ、紛らわしい。

また週末だ!
週末の todo。
・軽井沢紫煙会議。
・○○さんを招待。
・畑にゆく。
・薪の移動。
・煙突掃除。
・外回り(庭とか屋根とか)の掃除。
・北軽にお礼にゆく。
お、お、お、おーばー、わーく。
私の能力を超えてます。なんにも出来ない人なのに。

2012/9/14軽井沢日記
気持ちのよい秋空が広がってます軽井沢。
次は紅葉ですね。 今年の紅葉、どうなんでしょう? 綺麗だといいですね。

自宅の VAIO の無線LAN 壊れた。SONY タイマーか。
修理に出すより USB に指す無線アダプターの方が高性能且つ安いので暫くそれにする。 修理に出すより新品の方が安いってなにさ。変な時代。 ともあれ、USBポートが足りなくなった。。

警告:例のカップルまだ軽井沢に居るみたいです。
お気をつけください(9/12)。

2012/9/13軽井沢日記
今日は秋雨が降ってます。涼しいです。

運転していると眠くなりますよね。
そんなとき、CDをガンガンかけたりするわけですが、 私がクラッシクをかけると横で寝ている嫁さんは怒る! で、その嫁さんが一人で運転するとき今ハマっているは、これ 昭和ブルース 天知茂 歌詞情報 - goo 音楽 らしい。
昭和の歌、歌詞もいいですね。で、 とめてくれるな愛しい女性よ、って、 天知茂の場合は止めなければ、確かに重い鎖を引きずってでも行くって感じだけれど、 私の場合は軽すぎて止めないと飛んでっちゃう!って、どんなだ。
でもな、客観的に言って、軽井沢に来たのは、私一人じゃそんなこと夢にも思わなかったと思うぞ。

2012/9/12軽井沢日記
東雲の萬里で夕食をとる。
で、軽井沢、東雲方面ではいま、例の噂でもちきり。
同じ被害に遭われる方がないようにここに記しておきます。
まあ、噂なんで、尾ひれがついているかも知れませんし、 そもそもネットの内容を間に受けるは間違いです。 あくまで、真偽の程は皆さんで情報収集するなりしてご判断ください。
話を総合すると、車の番号は奈良県番号らしい。
見格好は40代とおもわれる小柄で声の大きいハイテンションの女性とガタイが良くてプロレスラーの様な男性(20歳くらい)のカップル。 先週末から、東雲のお店が結構被害にあってます。
手口は、まず商品を購入するところまではそんなに可笑しくはない。 値引き交渉するのは関西人の常ですが、度を過ぎている場合もあるようです。 そういう場合は突っぱねましょう。
で売れたとしても安心しちゃ駄目です。 その後に、色々難癖を付けてくるみたいです。 商品の代金を返却するだけならまだしも、精神的苦痛を訴えてたかってくるみたいです。 言い分が通りそうになくなると、平気で警察も呼ぶらしい。 悪いのはお前らだという勢い付けだけなので、警察呼ばれてもビビる必要はありません。 そもそも民事不介入なので、警察も呼ばれても何もしないのですが、 出来れば、お巡りさんは、逆に味方にしちゃってください。
他方で、そういう場合は、孤立して対応しないことです。 絡まれたら、仲間を直ぐに呼んで、味方大勢で対応するのが良いと思います。

2012/9/11軽井沢日記
Ogosso で朝食を喰った。 8月中は、凄いことになっていて、とても入れませんでしたが、 今朝、朝帰り途中で見たら、駐車場も空いていたので入ってみた。 油ののった塩サバ、マジ、美味かった!

写真といえば、私の所有しているペンタックスの現時点でのフラグシップ機のK-5より最新型の K30 の方が、格は下がるんだが余程AF性能が良いらしい。 デジタルものはこれだから、製品に思い入れがしにくい。 で、今年は K-5 (すでにディスコン)がバージョンアップされるらしいという噂は以前から 出てましたが、いよいよ 9/10 に発表されるらしい。 嬉しい半面、ようやく入手して慣れてきたとおもったらまたしても型遅れになると思うと、少しさみしい。 お小遣いも追いつかない(^_^;)。
そもそも、防水防塵機能がついている機種は、シーリングに使っているゴムが永久的に使えるものじゃないので、初期性のぬを望むなら製品寿命は短いと言う。 なにが良いんだか、よくわからなくなります。
フルサイズ機云々という噂もあるが、私は APS-C 機で良い。 これで十分。これ以上画質になにを望もう。って、見たら欲しくなるんだよ、これが。 物欲大魔王。
物欲といえば、プロジェクター。これで映画を見ているんですが、 画面の左の方が青が強くなってきて色が正常に再現できなくなってきた。 まだ耐えられるが、進んだらマズイ。 もうそろそろ寿命化知らん? Pana の製品なんですけどね。 こちらに越してきてから購入したので、ランプは一度取り替えましたが、まだ10年は経ってないのですが。サポートに電話して聞いてみようっと。
今、買うんじゃ DVD 画質の安いやつって製品にない。 みな HD 画質で、下手すりゃ余計で中途半端な3D機能とかもついていて高額。 お金、いくら在っても足りませんね。こうして、経済は回ってゆく。。 私は貧乏になる。

今、読んでいる本、結構面白い。
文庫本だったので、結構目が辛い。 特に、一日の最後、寝る前は目が一番弱っているので。 それに文庫本は、本に書き込みするスペースも少ない。 中古でも単行本があれば欲しい。

2012/9/10軽井沢日記


しょうがない、バカ犬の写真も撮ってやるかとカメラを持ち出しましたが、じっとしてない。 明るければまだなんとかなっても、こんな暗い場所じゃピントも合わないし、被写体振れで失敗作の連続。 落ち着け!
嫁さんに耳を持ってもらったが全然駄目。
バカ犬!
諦めた。

今できるのは、おすわり、とお手とおかわり。 それにゴロンは嫁さんが教えている最中。これに加えて、フリーズも教えるか?

畑は凄いことになっていた。
雑草で陽が当たらずキャベツも枯れそうになっていたので収穫してきた。
トマトもほんの少し。売れすぎて落ちたのもあるが、畑の栄養になるなら、それでも良い。 今年のトマトはこれで終わりか。
先週、収穫しようと思っていたトウモロコシは全部食われていた(T_T)。
誰だろう? きっと今年覚えたので、来年も来るに違いない。 来年はトウモコロシはもうやめようっと。
蕎麦は実入りがイマイチか。。でも、今年が一番良い。
とりあえず、草刈りを日没すぎて真っ暗になる直前まで行った。 オオブタクサ、土手だとばかりおもったら、私の畑にも進出してきてきていた。
次は玉ねぎとニンニクの場所をつくらないと。
玉ねぎは、半年くらい持ちそうなのであの倍植えると1年もつかも知れない。 いや、血液サラサラ、いくらあっても困らないので3倍くらい植えるか?

ふと冷静になったら、まだ薪ストオーブの煙突を今年は掃除してなかった。
来週末にでもやらないと。。

2012/9/9軽井沢日記
お客さんとは、久しぶりだったが、とても楽しい時間を過ごさせてもらった。
以前は友以外と話するのは、どちらかと言うと苦痛の時が多かった気がしますが、 軽井沢に越してきてから、人と話すのがとても楽しい。
はい、天空アウラのコンサートにご招待しました。
以前、サラ・ブライトマンのコンサートに招待されましので、そのお返しの意味も込めましたが、金額的には全然見あってません。 でも、経済力からすれば、我が身の程はこの程度かも。
張り合わないこと、されど卑屈にもならない。これ、大切です。
ともあれ、心配された雨がふらなくてよかったです。




第一駐車場?からだと、階段を登るので第2駐車場の方が楽かも。
景色が良いと噂のカフェですが、今日は 曇っていて遠景は無理でしたが、軽井沢の街並み、アウトレットとかよく見えた(3枚目の写真)。 ここから見える景色、カフェコンのマスターが軽井沢は森ばっかりだったと言ってましたが、その通りでした。
そのとおりなんですが、それでももっと木の多い(山の中?)我が家の方と比べると、新軽井沢は夏は暑くて冬は寒い。ということは、もっと木が少ない大都会が暑くて寒いのは分かる気がする。

会場で○○さんお母さんを紹介された。お若くてびっくり!


コンサートはこんな感じ。
撮るつもりはなかったのですが、撮っている人も居たので、私もと思い、 主催者に断って、数枚とらせていただきましたが、 そもそも、心構えができてないし、 シャッター音で迷惑をかけもいけない。 人を撮るというのは、勇気が要る。 おまけに他人が見ている前で写真とるなんで、シャイな私にゃ恥ずかし過ぎました。 それに、音楽も集中して聴きたい。 てな訳で、舞い上がって撮っているので、みんな失敗作ばかり。これが一番まとも。
ホントはステージがないので、寝っ転がってでも、もっと下から見上げるアングルで気合の入っている演奏ぶりを撮りたかったのですが、 大切な客人の前で、そんな変な醜態を見せたら、嫁さんになに言われるかわからん!

肝心な音楽?
一番前に座ったので、リアルに聴こえて楽しかった。
尾尻さんは、今回は、最初大賀ホールで聴いた時ほど冴えてなかったかも。 彼の本分とは違う映画音楽の領域で、イマイチ本領が出せなかったのかも知れませんが、 和音はとても綺麗だった。
宮本さんは、女性のサキソフォン奏者と聞いて大丈夫かあ? と思ったのですが、 そんな心配不要でした。 キャラが前面に出ていて、これはこれでとても良い。 Jazz は、ってクラッシックもそうだと思いますがその人あっての音楽と思う。 優等生みたいな音楽は聞いててつまらない。 だれかさん見たいな肺活量任せの一本調子じゃなくて(これも個性と思いますが)、弱音になってす〜っと抜ける音もとても気持ち良い。
会場の盛り上がりはイマイチでしたが、私はとても楽しめました。
是非、また来年もやってね!

お二人とも、現在は軽井沢を中心に活躍されているみたいです。
軽井沢って楽しい人が一杯いて楽しい!

2012/9/8軽井沢日記
週末の todo。
・お客さんがくる。
・2週間ぶりに畑にゆく。ど、ど、どうなっているか怖い。
・薪の移動。
・外回り(庭とか屋根とか)の掃除。
・北軽にお礼にゆく。

2012/9/7軽井沢日記
昨日の続き「型にはめて考える」。
型にはまるかどうか以前に、教わっちゃうと自分で発見する最大の楽しみがなくなる。
その最たるものが「恋愛」かな。
どんな人なんだろうと思って、話をするそのワクワク感が大切なのに。
異性にモテるノウハウがあって、ネット上にも色々書かれてますが、それで上手くいったとしても、それお前じゃないじゃん。受けいられたのは演技しているお前、ホントのお前じゃない。
愚の骨頂ですよね。長続きする訳がない。
そういえば、ネットに拠ると、日本の高品質のAVが中国では人気で、なんとか蒼井そらとかいう娘が特に人気らしい。私、存じ上げませんが。 で、そのAVを真に受けた中国人は、日本人の娘を相手にそういうことを行う場合は、そのビデオにあるような作法で行うのが礼儀だと勘違いしている、という笑っちゃう記事を読んだことがあります。 で、思い出したが、私が高校の時、男子校ですが、硬派だったのでそうそうそうことはしない。痩せ我慢。 でも、もしそういうチャンスがあったら恥をかかないように、クラスの大勢で当時流行っていた奈良林さんの本を回し読みしたことがありました。 今から考えると、笑っちゃいます。
真に受けたら誤解しちゃいますよね。
そういう問題に限らず、なんでもそうですが、
○○は、○○だと、予め学習してしまうと、 途中で「違うじゃん」と気がつけば良いのですが、下手にそのルートをつなげてしまうと、オートポイエーシスが発生して、迷い込み、面倒な事になります。
そうでなくても、誤解しやすく思い込みの激しいB型は要注意。
さりとて、A型もそう安心してばかり居られません。 というのは、例えば今では当たり前の「人権」という概念はルネッサンス以降です。 それまでは、そんな概念はなかった。回りの人の様子を伺いながら自分の立ち位置を決めるとしても、ルネッサンス以前なら人権という概念の存在しない立ち位置を選んでしまうことになります。
会社はこういうものだ。
世の中はこういうものだ。
○○は、こういうものだ、なんでもそうです。
それホント?
全ての先入観をすてて、素の自分で感じ直してみよう!
昔、星空を見上げて、ちっぽけな地球を感じたとき、私は、だったら好き勝手、自由に生きよう!と勇気づけられましたが、そうじゃなく、なんて虚しいんだと思う人も居るみたいだ。ある事実は、どこへでも繋げられる。 最初は同じでも、結論は1つじゃない。だったら、楽しい方向に繋げないと!
と書いては見たものの、きっと誤解したり思い込みしちゃっているもの山ほどあるんでしょうねぇ。

その点、軽井沢はいろんな人がいて、都会にいるよりも遥かに多くの人種と知り合える。 素の自分かどうかはさておき、いろんな人の意見を見聞きすることはできる。 目から鱗が何枚落ちたことか。 とっても、楽しい街です。 こんな街、地球上でもそうそうないと思う。

2012/9/6軽井沢日記
苦しい時の写真だのみ。
ブルームーンとその前の電柱。
大きくしないと電柱は見えません。 電線地中化工事が遅れてます。 予算がおりないので、まだ暫く立っていると思う。

我が家の鳩。
夜が明け始めた暗い中での撮影。
ホントはもっと暗いかも。 色も変だしノイズが多いですが、 ISO はそうとう上がってる。12800 くらいか? 私の K-5 は暗い中での AF が弱いのでたとえ撮れてとしてもピントが合わない。 高 ISO 感度が生かし切れない。
窓開けっぱなし、手が届きそうな距離で撮っているのに、慣れてきて知らん顔。 そのうち、捕まえて喰っちゃうぞ、って嘘です。

下は、早く餌がでないかなあ、と待っている姿。 完全に当てにしちゃってますよね。 お前、自然の山鳩として恥ずかしくないのか? 安易に餌付けしちゃ駄目ですよね。って、お前が言うな。 でも反省しているんだ。 今年は根負けしたが、来年は自立させよう。
やっぱ、捕まえて喰っちゃおうかな。
別になんてことはない。
夕焼けが綺麗だったので撮ってみただけ。







いつもの矢ヶ崎公園。
以下は、久しぶりに、 FA20〜35mm をつけて練習で撮ってみた。
APS につけると、大した広角じゃないが、たまには広角も使わないと忘れそう。
このレンズもアナログレンズですが、フィルムで撮っていた時より余程良く映る。 というか、まるっきり使いこなせてなかった。
FA★28-70 ほどハラハラしませんが、デジタルレンズとは全然違う緊張感。

例によって殆どの写真は暗く写ってますがホントはもっと明るいです。

夏の間、ここで昼寝していた人、なんどか見かけましたが、気持ちよさそうでした。 観光スポットじゃなくていつでも空いてますから、いいかも。

広角で撮り始めると、もっと広角欲しくなりますが、暫く我慢。 それに、さらりとそつなく撮れちゃう優等生は全くもって面白くない。 やっぱり、主張してくれないと。
このレンズはこうだから、こう撮る、って対話というか創意工夫の過程が楽しい訳です。

という訳で、私の写真は「光を見るんだよ!」と教えてくれた先生は居ますが(突き放しているとも言えそうだ)、 原則自分流です。写真にかぎらず、最初から教わるのは好きじゃない。 やる前から教わっちゃうと、ついその型に当てはめて判断するようになる。 そういうオートポイエーシスが誘導されてしまい、なんでもかんでもその型で判断するようになる。それじゃあ、全然おもしろくない。 まず、自分でやってみて、最初から上手くゆくわけはないが、得たもの、残った疑問等、 色々出るわけだ。それを持ち寄って、先生に教わるでも良いですが、他人と話をするのはとても楽しい。為になる。
上手く撮れなくたって構わない。過程を楽しんでます。
下手なのでまだまだ楽しめそうです。 逆に直ぐ上手くなっちゃたら、後、どうするんだろう? 飽きちゃうんかなあ。

2012/9/5軽井沢日記
田舎の町役場にメールした。 親切な返事が戻ってきた。個人名付きで。
他方、軽井沢町役場にメールしたことがありますが、 皆さんも試してみてください。 極めて事務的なご返事が戻ります。それも、個人名はなくて部署名で戻ります。
でもこれ、一方的に責めているわけじゃなくて、 軽井沢の町の現状を良く現してます。 というのは、軽井沢にはなまじっか知識があったり、地位が高かった人が別荘族とか 移住組でいらっしゃる訳です。 彼らは、町役場に対して、ガンガン意見する訳です。 下手に答えようものなら、コテンパンにやられます。 自己防衛本能ですね。
さりとて、じゃあ役場の人がそんなにしょーもないかというと、 私はそうは思わない。 別荘族の彼らに比べると、その物差しでは劣るかもしれませんが、田舎の役場なんて、こんなもんだと思う。 いじめれば、殻にこもる一方です。
逆にそういう田舎の人に対するコミュニケーション能力が、別荘の彼らには劣っているとも言えます。
部下は大人しく指示に従ってくれたかもしれません。 でも、 我が家のバカ犬も社会性ありませんが、今夏散歩してみて、別荘族の犬も社会性がない奴が多い。ペットの犬とさえ上手くコミュニケーションできてないんだよ。
また、何度も書きますが、他の別荘族とも上手く付き合えずに孤立している別荘族も大勢します。
実際、田舎の人と全くコミュニケーションできない訳ではありません。 たとえば、役場からの冷たい返事に対してもめげずにメールしていると、実際にはどなたかが書いているか知りませんが、とりあえず、質問には答えてくれます。ありがとね。
生まれや知識や環境や、金持ち度合い、そのた諸々は違うかもしれませんが、とりあえず「人間ということでは同じ」というところからスタートすれば、やがてはコミュニケーションでっきるんじゃないかと思います。

2012/9/4軽井沢日記
雨もやんで大分過ごしやすい日になりました。

夏のシーズン、夕食は古月堂でとることが多いのですが、今シーズンの営業は9/2 で終わり。 という訳で、久しぶりに 萬里に 行ったら席が空いてない。 仕方ないのでフレスガッセに行ったら、こちらも混んでた。どーなっているんだ。

2012/9/3軽井沢日記
22℃ですが、雨が降ってない分、今日の方が温かいし蒸す。
まだ、少し、観光客、歩いてますね。
今年の夏はどうだったんでしょうか?
私は左足の小指を家具の角におもいっきりぶつけて、痛い。

例年、軽井沢は夏が過ぎると捨てられた犬が数十頭でます。 一部の心ない別荘族が夏の間、軽井沢で遊んだあとの光景です。 佐久の保健所に集められます。 多分、高級な種類の犬も居ると思います。 もし、余裕のある方は是非里親になってあげてください。
日本じゃ、まだチップは埋め込まれてないのでしょうか? 埋め込まれているなら、飼い主を探しだして、責任を問えば良いのに。。で、繰り返す奴には売らない!
と、書きましたが、犬は大変ですね。
時間がないと無理ですね。
これから帰って、(今、深夜ですが)今日も散歩させると考えると気が重い。
以前は、気がつくと風呂に入っている状況でしたが、最近は気がつくと散歩させているような気がします。

2012/9/2軽井沢日記
昨日から雨が断続的に降って、今日は昼間なのに19℃しかない。寒い。
なんでこんな急に寒くなるかなあ。
雨、止みそうにないので、今週末は畑仕事は無理か。。

さて、昨日はオイル交換をおこなった。ルーティンの距離からいうと1000km超えて走っちゃいましたが、さすがにこれだけ走ると、オイル交換でかなりエンジン音が変わる。すごく軽い音になった。
今回は安中の整備工場さんにお願いしたので、バイパスで降りて、旧道で上がってみた。バカ犬を連れて行った。行きはオイル交換前だったのでゆっくり走ったが、 大きいRのカーブはきつかったみたいで、北軽に登っても平気なバカ犬なんですが、 ゲロした。時間があったら、丸山変電所跡とか熊ノ平駅跡とかも見ようと思ったが、 エレメントの在庫がなくて、 取り寄せたりしていたので少し遅くなって暗くなってしまい諦めた。
鳩の餌とヒマワリの種は知人が佐久にいったついでに買ってきれくれた。
サンキューっ!

で、今日はFM軽井沢に出た。
シャイな私としては出たくなかったんだが、お前も来いということで、半ば強制的に出さされた。 前も一度出さされそうになったんですが、そのときは上手くクリアできたのですが、 今回は断り切れなかった。 昨年はTVにも出されるし、なんだかなあ。 人生は恥を晒して生きてゆくものだと思うが、こう自ら積極的に晒さなくても良い気がする。そっとしておいてくれよぉ。 じゃあ、大人しくしてろよ、と言われそうですが、これでも結構大人しくしているつもりなんですが。
あがり症なんですが、ガンデンさんが居たところだし、今でも○○氏が居るところだと思うと、つまり、知っている人がいるところだと思うと、妙に寛げてしまった。 あとは、つい、調子にのって変な事言わないようすれば良いだけなので、 気楽なもんさ。タバコが吸えればもっと良い。
パーソナリティの手の上で踊らされただけかも知れませんが。


2012/9/1軽井沢日記
なんで畑なんかやっているだ? 大変なのに。
良く訊かれます。
はい、大変です。まだ、全然見あってません。

某有名ブロガーさんが言う。 昔はみな汲み取り式のトイレだった。 毎朝、臭さを感じる度に、自分がだれでも同じ一個の自然の生命であることを思い出させる。 ところが、今は水洗トイレになって、臭さを感じない。 それが、だれでも同じ一個の自然の生命であることを忘れさせて、 例えば、お金持ちなら「お金持ち」の人格を自分の人格と錯覚して生きるのを許すのに役立っているという説を述べた。 いわゆる勘違い野郎の大量生産の要因の1つになっている。
まあ、そう言われるとそうかもしれない。
トイレに限らない。
現代社会は、スーパーに行けば、綺麗にラップされたお肉が売ってますが、もとは命ある獣で、それを誰かが屠殺して、解体して運ばれてきてるからこそ買える訳ですが、 それらのシステムは、その裏にある現実を覆い隠してしまっている。
それが当たり前だと思ってしまうことは、すなわち勘違い。 洗脳というと言い過ぎですが、似たようなもの。
覚醒者として、常に自分の感覚をホントの「自然」から大きく離れないもとするには、 畑は役立つと思う。
この時も、西洋式のいわゆるユダヤ農法をやってしまうと、大自然の力に気が付かない。 それどころか、人間が自然を上手くコントロールできたと錯覚してしまう。 そうじゃないでしょう? 日本人なら自然と一緒に共生してゆく、という感覚が分かるハズだ。
と言うわけで、私にとっては畑仕事は修行のようなものだ。
いつまでやるか分かりませんが、下手してめちゃめちゃになろうが、 それが自然なら、そうなるべきで、その強度を知って、私の感覚を補正するには、 それはそれで良い。

知識、ノウハウは非常に強力で、実際にそれをやる前に身に着けてしまうと、 ついその範疇で物事を捉えてしまい(それに、デコヒーレンスしてしまう)、 それ以外のことが見えなくなる。 ましてや、なんたって人類数千年?の叡智、それを前にして、 そこに私自身の感性などが入り込む余地などあるハズがなかろう。 されど、むちゃくちゃだろうが、自分の手でやってみるということは、 畑の賃料、結構支払ってますが、多分、それよりも多くの得るものがあると思う。 結局、同じ結論に至るとしても、なぜそうじゃなくてはならないのか、 そうしないと、どういう羽目に陥るのか、 私は身を持って体で知ることができる。

世の中のシステムにしてみれば個人の感性を変えることなど非常に容易い。 群集心理とでも呼べば良いのでしょうか? 異性でも、皆がその人が良いといえば、その人が良く見えてくる。
獲得競争に競り勝ってその時は有頂天。 でも、ふと、我に返り、よりによってなんでこんなのを選んでしまったんだろうと思っても、後の祭り。
...
それも多分違う。もしそう感じたとしても、縁があってそうなったのなら、その縁を大切にして、そこからまた始めれば良いと思う。

例えばこんなことがあった。
私の家族は私が中学の時上京してきた。集団就職ならぬ、一家で逃げ出してきたようなものだ。私があの時の父親の立場なら、私なら田舎で頑張る方を選ぶと思うが、 彼はそうしなかった。会社が潰れて、色々援助を申し出てくる人が居たが、それらを断って上京する道を選んだ。
それは兎も角、上京してとある会社の社宅に入った。 時は行動成長経済。 そこには、時期を同じくして日本中の田舎から大勢が上京してきていた。 引っ越してきたのは夏休み中だったので、休み中の宿題なんかやるわけない。 子供たちは遊び呆けた。その中に、同級生の女の子も居て仲良くなった。 閉鎖された炭鉱に努めていた人の娘さんだった。 素直に綺麗に見えた。
ところが、新学期が始まる。 で、共通テストがある訳だ。 私はこう見えても当時は勉強はよくできた。いきなり成績優秀者で張り出される。 ところが彼女は勉強はからっきし駄目だった。 一学年、8クラスもあるような中学校。さらに、転校生は増えてくる。 地元民がいて、地方からの上京者がいて、 他方では、もっと都会から(ホントの東京から)例えば一戸建てを購入して転校してくるグループも居た。 彼らは全然違って抜け目なくて垢抜けしている訳だ。 色々な人種の子供たちが混ざり合って、良い雰囲気の学校である訳はない。 私は運動はできませんが、成績が良かったので、好き勝手やってましたが、 そんな雑踏の中で彼女はどんどん色あせて来た。 少なくとも、当時の私にはそう見えた。 一緒に遊んだ夏休み中は、あんなに輝いてたのに、集団生活にはいってしまうと彼女の姿はすっかり見えなくなってしまった。
私が変わったのかもしれないし、彼女が変わったのかも知れない。 それはよくわからないが、いずれにせよ、まるっきり違って見えた。
その時、私は自分の感性がいい加減であることを思い知った。
確たる自分が存在すれば、常に同じに見えて良いものを(格好ではなく、本質を見るという意味で)、そんな自分は存在しないこと、自分自身がまるっきり見えてないことを痛感した。
で、例の高校時代の話につながるが、今日は省略。

学生時代に今の私に生まれ変わってから、別に生まれ変わった訳じゃなくて、 今の私に気がついてからは、それ以前とはまるで違う景色の中で生きられるようになった。 それでも、まあ、ブレないわけじゃあない。私はそんな偉くない。 薪割りをしながら、畑仕事をしながら、大自然の中での自分の小ささを感じることで、 もっと本来の自分へと回帰する。 多分、役立っていると思う。
でも、それが理由じゃない。
たまたま、やってみたいかなあ、と思っているときに、そんな話が舞い込んできて、やってみただけ、というのが正解。 なので、単なる「縁」です。
なにかのご縁でしょう。偶然の連続です。
来年も多分借りるが、再来年は分からない。 なんか、もっと別に私がやらなくてはならないことが起きそうな気がする。








カテゴリ
書きかけばかりですが、。。
ご注意:ここで述べられていることは、個人の単なる主観、インプレッションであり 客観的な事実でない場合もあります。
B型性格で、 多少誇張した表現や誤解を招きやすい表現があるかも知れませんが、 誹謗中傷する意図はありません。


Copyright Mr.Flat