Mr.Flat の軽井沢日記

自己紹介:美しい村軽井沢は日本のマチュピチュです。
そんな軽井沢へ、アーバンデザインさんにお世話になり、2003/1、極寒の冬に越してきました。
現在、軽井沢ライフを200% 満喫しております。
軽井沢リゾートライフをお考えの方に
いまさら参考になるようなものは書けませんが、 こんな私でも軽井沢を楽しんでます、 って意味で、もう暫くの間、軽井沢日記を書かせて貰います。

軽井沢移住計画(まとめ)をこちらで作成中。

注意:日付は(数日したためた後で)表に出した日付でその日の出来事とは違う場合があります。
通し番号のようなもの、もしくは夏休みの日記と同じとお考え下さい。
前後、2週間程度は余裕を見てください。
必要な時には随時本当に日付を文中に記します。
基本的に嘘は書きませんが、産まれ持った性格的にお調子者の気があり、多少表現がオーバになったりするかも知れません。
又、思いこみや早とちりも多い方で、本人は事実と思っても、実際は違っている場合もあります。
後から気が付いた場合は訂正するように致しますが、
その辺り差っ引いて(加味して?)ご判断下さい。

アーバンデザインさんについて
物件を探すにあたって、最初は「欲しいリゾート」とか見て幾つかの不動産屋さんにも入りました。
小さな不動産やさんのアーバンデザインさんは最後でしたが、その後はず〜っとアーバンさんに紹介受けました。
不動産屋さんなのにとっても正直で真摯な、少し変わった不動産屋さんです。
アフターフォローも万全、水抜きの方法をはじめ軽井沢生活のノウハウを色々教わりました。
サラリーマン不動産社員とは、ひと味もふた味も違います。
自信を持ってお勧めします。
お金のある人も私みたいにない人も、先ずは、アーバンデザインさんまで訪ねて相談して見よう!


リンク


中山たばこ  パラダイス  古月堂  ブロンコ  丸寛食堂 
萬里(ばんり) 赤バス  三和良一研究所 軽井沢-ON.com
カフェイーナ  小野崎純 チェロ奏者 
ペンション・シルバーストン 

銅鍋の寺山さんのサイト  五月野自転車 
小名工務店   ドイツ観念論のページ

かるいざわ気分 denden PC修理・PC教室  軽井沢-ON.com(台湾)

北軽井沢ブルーベリーYGH 軽井沢観光ガイド   軽井沢グルメガイド

軽井沢絵日記 MaystormJournal
磐井の里から← おすすめ KOSHIRYOKU
実験記録 No.02 1984年動物農場
軽井沢 大雪・浅間山対策情報&SOS! 情報シェアグループ

週間天気予報 気象庁アメダス 軽井沢の放射線量



Mr.Flat プロフィール
軽井沢知らぬが仏、ド素人家庭農園(自然農法?)
バックナンバー
最新号
2019/8
2019/7
2019/6
2019/5
2019/4
2019/3
2019/2
2019/1
2019/12
2018/11
2018/10
2018/9
↑要認証
2018/8
2018/7
2018/6
2018/5
2018/4
2018/3
2018/2
2018/1
2017/12
2017/11
2017/10
2017/9
2017/8
2017/7
2017/6
2017/5
2017/4
2017/3
2017/2
2017/1
2016/12
2016/11
2016/10
2016/9
2016/8
2016/7
2016/6
2016/5
2016/4
2016/3
2016/2
2016/1
2015/12
2015/11
2015/10
2015/9
2015/8
2015/7
2015/6
2015/5
2015/4
2015/3
2015/2
2015/1
2014/12
2014/11
2014/10
2014/9
2014/8
2014/7
2014/6
2014/5
2014/4
2014/3
2014/2
2014/1
2013/12
2013/11
2013/10
2013/9
2013/8
2013/7
2013/6
2013/5
2013/4
2013/3
2013/2
2013/1
2012/12
2012/11
2012/10
2012/9
2012/8
2012/7
2012/6
2012/5
2012/4
2012/3
2012/2
2012/1
2011/12
2011/11
2011/10
2011/9
2011/8
2011/7
2011/6
2011/5
2011/4
2011/3
2011/2
2011/1
2010/12
2010/11
2010/10
2010/9
2010/8
2010/7
2010/6
2010/5
2010/4
2010/3
2010/2
2010/1
2009/12
2009/11
2009/10
2009/9
2009/8
2009/7
2009/6
2009/5
2009/4
2009/3
2009/2
2009/1
2008/12
2008/11
2008/10
2008/9
2008/8
2008/7
2008/6
2008/5
2008/4
2008/3
2008/2
2008/1
2007/12
2007/11
2007/10
2007/9
2007/8
2007/7
2007/6
2007/5
2007/4
2007/3
2007/2
2007/1
2006/12
2006/11
2006/10
2006/9
2006/8
2006/7
2006/6
2006/5
2006/4
2006/3
2006/2
2006/1
2005/12
2005/11
2005/10
2005/9
2005/8
2005/7
2005/6
2005/5
2005/4
2005/3
2005/2
2005/1
2004/12
2004/11
2004/10
2004/9
2004/8
2004/7
2004/6
2004/5
2004/4
2004/3
2004/2
2004/1
2003/12
2003/11
2003/10
2003/9
2003/8
〜2003/7
私は TPP 反対 です。 おまけに反増税、反原発です。 加えて護憲です。
つまるところ私はリベラルな保守だと思うのですが、多分、保守の人からはお前なんか、保守でもなんでもない、といわれると思う。

2013/6/XX軽井沢日記
中軽井沢は降ってはいないんですが、湿気が高くて車で走るとフロントガラスが濡れるというのは昨日と同じ。軽井沢は、まあ降ってる。傘は要りませんが。 浅間は昨日より多少よくて、今日は見える。

さて、「誇り」と「差別意識」は少しにている。
私もよく口にします「俺は、あいつらととは違うよ」と。
自分と他人を区別するという意味では一緒だが、「尊厳」という言葉もあるが、前者(誇り)はもっぱら自らに働きかける。他人様がどうこういう意味はない。 自分を律する言葉だ。 なので、誇り高き人が居たとしても、別にどうってことはない。 頑張ってね、って感じかな。
後者は、最近では「優れ主義」という言葉がネットでは流行ってますが同じ意味だ。 自分と他人を区別すると同時に他人にも積極的に働きかける。 少なくても心の中ではそうだ。 それをどの程度態度に出すか、出すとしてもどういう風に出すかは、その人次第。 自分の方が上だと思っている人は、ニコニコしながら「チョコレート要る?」と聞いてくるかも知れませんし、反対に上から目線で、あーせい、こーせいと命令してくるかも知れません。前者は親切な人で、後者は嫌な奴で、受け取り方は全く違う場合もありますが、 ルーツは一緒。犬にオヤツをやる場合も、命令する場合も相手は所詮犬ってことです。 白人から見れば、同じイエローで、金持ちから見れば同じ貧乏人です。
多少ニュアンスが違うが「自己責任」という概念にもつながる。 社会的な活動に対して、主に自分の成功を肯定し、他方主に他人ですが、失敗した人がひどい目にあうのも肯定する場合に使う。

誇り高き人を説得するのは、彼がまだ未熟である場合比較的簡単です。なぜなら、その「誇り」に訴えかければ良い訳です。 「優れ主義者」を誘導するのも場合によっては簡単です。わざと6とか7程度の提案をすると、否、頭の良い奴には2〜3で良いかも知れません。 逆に根性が曲がっている奴には、真逆の提案がよいかも知れません。 すると、察して、馬鹿だなお前、俺だったこうするよ、とまんまとひっかかってくれるかも知れません。

どちらもオートポイエーシスが成立してます。
誇り高き人は、は明日の自分を形作るために、今日の自分を律するわけです。 それが少しづつ、形になってくるので、それが維持されます。 比較対象は過去 or 今日の自分と今日の or 未来のより自分らしい自分。 いずれにせよ、自分。他人は全く関係ない。
優れ主義はそうじゃない。他人と比較することで、今の自分を肯定します。 自分自身を確認するためには、他人の存在は必須です。
どちらも壊れやすい自分自身を維持するシステムです。

※ここまで読んでくれた人は、当然分かっていると思いますが、おせっかいにも付け加えておくと、「優れ主義」は差別する側だけの人間をつくりだすシステムではない。ダメ人間を続けられるのも、まったく同じ仕組です。根底にあるのは、一緒です。

より自分らしい自分になるのも限りがありません。 同様に、優れた人、上をみればきりがないので、どちらも日々、研鑽し努力を積み重ねるのは必要です。永遠に終わらない作業です。
どちらも一生懸命です。なので、外から現象だけみていると確かに似ているところがある。

怒らせてみると、その違いが欲分かる。
わざとその人を否定してみる。 どちらも侮辱されと判断すると怒り出しますが、誇り高い人は怒っても直ぐに収まる。 なぜなら、他人から理解されなくても、悲しい気持ちにはなっても、自分的には特にどうってことはないからだ。俺様の生き方を他人が変えることは出来ない。
それに対して優れ主義者は、自分が優れているってことが自分存在の拠り所なわけで、それが否定されたとなると、そりゃあ大問題です。 あの手、この手をつかって徹底的に抵抗してきます。まあ、当たり前です。
ただ、こういう人の心を弄ぶようなことはしてはいけません。 貴方の人間性が問われます。それどころか、優れ主義者なら、仕返しされかねません。

「虐め」のルーツも「優れ主義」と同じです。
ゆとり教育たって、結局は優れた人を作ろうとしているわけだ。 優れている人がいるのは一向にかまわないし、それおどころか適材適所。 社会を維持するためには、いろいろな能力を有したひとが必要になりますから、多いにその才能は伸ばして開花させるべきです。 それと同時に、教育現場では、いろいろな才能をもった多様な人がいても、人としては「みな同じ」って事を教えなければならない。 優れることは大いに結構。社会には優れた人が必要です。 だが、優れたからと言って、何をやっても良いわけじゃない。 そっち方向に余計なネットワーク(オートポイエーシス)をつなげちゃダメだ。 そうじゃなくて、才能は他人様の為になってこそ、才能であることをきちんと教える必要がある。
っと、勢い、曖昧に「社会」と書いたが、この社会が何を意味するか?だ。
一部のお金持ちの支配層を意味するなら、彼らにとって都合よいのは優れ主義者だ。 劣っている他人様も社会に加えてしまうと、優れ主義者は自己矛盾してしまう。 自分が優れようとおもって散々踏みつけてきたものが、実は、自分が貢献すべき相手だった、って事になりますから。
なので「彼ら」が社会を遠隔操縦(支配)しようとする場合、優れ主義者が都合良い。
逆にホントにすぐれてしまった人は都合が悪い。 そもそも誇り高き人はいずれ自律するので、熟成してしまった誇り高きひとは他人の指示には従わない。 彼の魂(オートポイエーシス)に訴えかけて、なんとか影響をあたえられるかどうかだ。 動いてくれるとしたら、指示に従うんじゃなくて自らの行為として行ってくれる。
他方、上から「優れ主義者」を従わせるのは簡単です。 何が優れているのか、そうみなされるのか、その指針を示し、その成果にたいする保証を担保すれば、同様に自ら動いてくれる。そういえば、日米構造協議なんて指針もありましたね。命知らずの鳩山さんと小沢さんが潰したら、倍返しどころか思いっきり叩かれてますが。
なので「彼ら」は教育を変えた。誇り高き自律した日本人が大量発生しちゃ困る。 誇りなんかもてないように自虐史観をもたせる、それでも使えない奴ばかり出ても困るので、その代わりに優れ主義を導入した。 頭、良いんだよ「彼ら」。 なので「虐め」が起きるのは必須で当然の結果だ。
おいら、日本人は優れていると思うけれど、別に国粋主義者じゃない。 人は、だれでも同じ。人どころか生命んはみな同じ。生命どころか、みんな自然の一部なんだ。爺さんからそう教わった(嘘です、自分で考えた)。

「誇り」は人間が生まれ持った本性ですが、それと似ている「優れ主義」は彼らにとって都合がようように作られた品種改良された価値観です。 それを利用して、いいように使われているに過ぎない。 知らず知らずのうちに、犬、やらされているだけだ。犬なら犬でそろそろ狼に戻ってもよさそうな時期だ。 軽井沢にうようよ居る「優れ主義者」も、都会に住んでいる優れ主義者もうそろそろそのことに気がつく(覚醒する)時期にきているように思う。
と、私が言ってみたところで軽井沢の優れ主義者は屁とも思わない。
負け犬の遠吠えとしか映らないかも知れない。別に吠えてませんがな。 私はおせっかいで親切から差別主義者も差別しないで、静かに教えてあげるだけ。 気がつこうが気がつかまいが、私が知ったこっちゃない。
でもね、時代は変わりつつある。もう直ぐだと思うよ。

2013/6/30軽井沢日記
霧雨かな。中軽井沢は降ってはいないんですが、湿気が高くて車で走るとフロントガラスが濡れます。
浅間は完全に見えない。例によってさ・む・い。

さて、週末ですが今週末も忙しい。
・1つは、一部崩壊した薪を積み直す。
数ヶ月前からいつ崩れてもおかしくない状況だったんですがとうとう崩れた。 軒下にはおききれずに、庭に積んでブルーシートを被せてあったぶんですが、 周りは雨に濡れて、ところどころ苔も生えて、こんなの燃えるの? という様相をしめしていたんですが、燃えます。それに中の方は綺麗なものです。
来季、燃す分なのでもう結わいちゃおうか知らん?

・畑に行って玉ねぎを収穫する。
200個分の苗を植えたんですが、さて、。。
じゃがいもはもうしばらくかかります。 大根とレタスも先週収穫したら超美味かったので、また収穫してくる。

・佐久平にいって○○○を契約してくる。
ついでに、犬のオヤツとか、ひまわりの種はまだあったか知らん?

・部屋の掃除、洗濯、片付け....。
訳あり状態がまだ続いてます。別に夫婦仲は大丈夫です。




○○のブログを読んでいたら、たしかにそうかも知れないと思った。
例えば、日本の財政がマズいって言われてます。 アメリカなんかもっと拙い。EU もマズい。 最近は中国の様子も可怪しい。 アメリカは基軸通貨なのでルール無視で、好き勝手できますが、他の国はそうは行かんだろう。 にも拘わらず、それほど焦ってない。 一応、メディアでは大きく報道されてて、国民には危機感を煽ってます。 でも当事者は焦ってない。 焦ってないところか、消費税を上げるとしても、多少上げたところでそれ以上に使ってしまう。良く、そんな事がのーのーとできるもんだと関心してました。 怖い人に脅されて、小額のお金て済まそうとしたら、次、もっと多額の金額を要求されて、結局、全部もってゆかれるのと同じ。 本気で財政再建しようとしている風には、とても思えない。 でもそのブロガー曰く、危機感に上手く乗って国民が自己の資産をどんどん手放してくれれば、それはそれで良し。破綻が先延ばしになるだけです。 逆に抵抗されて、国が近々に破綻するとしたら、それも良し。 何れにせよ破綻する。内戦が起きるかも知れない。 下手すると戦争になるかも知れない。 兎に角、破綻させる。 で、その時こそ、グローバルな世界統一政府を作るチャンスだと。 彼らはそれを待っている。
実情は意外に国民は大人しくてこれだけ厳しいのに耐え忍んでいる。 本当はもっと早く破綻するハズだったのに。

アメリカが、というと抵抗のある人でも、国連が、というと納得する日本人は多い。
日本人はお人好しなので、自らの霊峰や国宝を「世界遺産」という名で異教徒にささげてしまいます。 科学技術も然り。論文で公表すれば、世界の人々に役立ててもらえると信じている。 上手くゆけばノーベル賞が受賞できるかも知れないという、個人的な欲もあるかも知れない。
同じ発想で、世界が1つの国になれば、日本も参加して、我々もその国の民になる。 世界は1つなので、戦争なんか起きない。小さな紛争はあるかも知れないが。 で、開かれた選挙によって選ばれた、優秀で公明なリーダーが世界の民を未来へ導くと。
おめでたい限りです。
名誉白人なんて呼ばれて喜んでいる奴の気が知れん。 それって、暗にお前ら白人じゃない、って意味だ。つまり、差別意識の上に立脚している概念だ。 差別意識がないなら、そんな言葉なんか出てこない。 そういえば、今日、ある人から突然、お前、祖先は熊襲じゃないの、と言われましたが、東北なのでどちらかというと蝦夷じゃないかと思うが、そんなことはどうでも良い。 普通の「人」です。で、エライ人にも敬意を払わないのでよく叱られます。 ともあれ、グローバルな世界統一政府が出来たとしても、彼らが日本人を彼らと同じ市民として扱う訳ないじゃん。 これまで彼らがやってきたことを見てればそりゃあ自明だ。 それでも、尻尾振りながら彼らに近づいて、なんとか取り入ろうとする連中が出るのは今と同じです。

もしそうなら、幾つかの国が破綻したとしても、生き残っている国があればその世界統一政府とはならずに、その国主導になるかも知れない懸念がある。 そりゃあマズイということで、日本を潰した。はい、311です。 アメリカとEUが潰れれば、中国も破綻しそうなので、あと、残っているの中で大きいのはなんと言ってもプーチンのロシアだ。その他は、イランを含めたイスラム諸国だ。 スノーデン氏も匿われているし、シリアでもいろいろ動いているようだ。 お陰で、ネットじゃあ閣下と呼ばれて大人気。 例えば、ここ

2013/6/29軽井沢日記
晴れっぽかったのですが、夕方からすこし雲が出て来ました。
寒いのは相変わらず。

さて、昨日は我が家の野鳥の餌台に久しぶりにリスがきました。
リスはそれほど頻繁には我が家を訪れっません。数年に1度程度とおもいます。 で、昨日のリスは見てたら意地が悪い。 我が家の鳩が近づこうとすると、その都度追いかけて威嚇して追い払います。 こんなリス、初めて!
で、今朝は私がトイレで雑誌をよんでいたら二等兵が超興奮している。 そのうち鳴き止むだろうとおもってが、その様はない。 新聞屋さんじゃない。みたら、ものすごく久しぶりに猿が。
我が家の二等兵と窓ガラス越しにやりあってる。
必死に鳴いている二等兵に対して、窓ガラスの向こうでは猿が手であっち行け!っとやり返す。 どれ二等兵、お前の出る幕じゃない。ここはご主人さまが、と、 崖側の窓を開けて、エアガン打ってたら、興奮した二等兵がこらえきれずに窓から降りた。 一旦、薪の最上部まで降りてもそこから2m程度ある。 降りられないだろうと思ったら、飛び降りた。
窓ガラス越しだと余裕こいていた猿も、木上なのでどうってことないと思うんですが、犬におわれるとさすがに逃げる。 私のエアガンだと完全に見切られていて、ひょいっと物陰に隠れるだけ。 それと比べると、よりはるかに効果あるかも。 その様子をみながら、しばらくしてやってきた猿追いの人と話をする。 今は、桑の実を狙って降りてくるらしい。って、桑の実ってどれだ?
猿を追いかけている二等兵を「賢そうな犬ですね」って、プッ!。 確かに、追ってる時はいつもより心なしか凛々しい姿には見えるが、他人から初めて褒められた。お世辞とはいえ、良かったな > 二等兵。
どこまでも追いかけてゆくんじゃないかと心配だったんですが、我が家の敷地から追い払ったら気がすんだみたいだ。 充実感一杯で、今足元で伏せではなくて、横になってる。 あれだけ走りまわれば、そりゃあ使えるだろう。 普段、運動不足もあるが、こんな姿をみるのも初めてだ。
確かに、犬といっしょに狩りしたら楽しいかも、とは思った。そんな趣味はありませんが。


2013/6/28軽井沢日記
昨日は晴れていたのもつかの間、夜から離山以東は雨になってましたが、今日は我が家の中軽井沢も雨です。結構強い雨です。
気温は、15℃を下回ってて寒いです。やっぱり今年は寒い。

2013/6/27軽井沢日記
昨日は、夜になって少し雨が降りましたが、今日はまた晴れてます。
涼しいというか、寒いくらい。

今朝、二等兵の散歩中、我が家の近くのU字溝のところに何かをみつけて大興奮。 トカゲはあっとう間に食っちゃったので制するタイミングがありませんでしたが、 みたら、今回はガマだ。先日、我が家の駐車場にいた奴だと思う。 数年に一度、我が家では丁度この時期にガマを見かけます。 枯葉の中にいると、動かないと全く見えません。 湯川に産卵にきて、これから山に戻る途中だという話。 間抜けにもU字溝におっこちて、登れなくなっている。カエルならそのくらいの段差、飛んで脱出だと思うんですが、モタモタしている。 我が家の二等兵はいまにも食べちゃいそうな勢い。 二等兵は制するとしても、最近はカラスも多いしこの辺りだと狐も多い。 手でつかむのは勇気が要りますが、丁度二等兵の糞を取るためのビニール袋を2つ持っていたので、その1つをつかって掴んで溝から出してやった。
ガマ、いきなり掴まれて、ビックリして固まっていた!

2013/6/26軽井沢日記
我が家からみると、ずっと畑の方面に住んでいる同僚に聞いてみたら、昨日の雨は凄かったらしいです。 凄い音が聞こえてきて窓から外をみたら、100m近く先で空の色が変わってて滝のような雨が降っていたらしい。彼の家はセーフだったみたいです。 ゲリラ豪雨って、都会だけかと思ってた。

今日は晴れてます。気持ち良いです。
朝、軽く薪割りやってきた。


2013/6/25軽井沢日記
寝坊した。起きたら笑点がおわっている時間だ。 外をみたらまだ明るい。そうだ、夏至を過ぎたばかりだ。 慌てて二等兵を連れて畑に行く。
サボりたかったが、どうしても行かないとダメな気がしてたんだ。
バイパスを超えると、地面が濡れている。畑に近づくにつれ凄いことになってて、 農道なんか、農家の人が、畑から流れでた土か? 片づけ作業している。 ヤバっ、こっち側は、夕立見たいな凄い雨がふったみたいだ。
畑に着いてみるとトウモロコシがぁ! 今年は順調に生育していたトウモロコシがほとんぞ全部、倒れてる!まだ、多少雨が残っててずぶ濡れになりましたが(それに足元もズボっと入る)、一緒運命起こしてきた。 咥え煙草(パイプ)で作業しはじめましたが、さすがにこれだけ降っていると火がもたん。 煙草は諦める。 他には、ナスもまだ小さいので添え木に括り付けておかなかったら倒れてた。
あと、玉ねぎ畑は、これ、おいらの畑? と思うくらい、雑草が伸びてた。 1週間って凄い! 雑草で最初は見えなかったんですが、玉ねぎも殆ど倒れてた。今日は無理ですが、来週収穫ですね。
で、暗くなるまで、1時間半くらい作業した。

帰り道、何気に携帯みたらメールが入っている。それもCメールだ。 Cメールなんか気が付かないよぉ。 こちらに来ている甥から、畑、手伝います、ってもう遅い。 来週、収穫を手伝ってもらおうか知らん?

戻ってから、泥と雨でぐしゃぐしゃになった作業着を洗濯。
洗濯機を回している間、二等兵がどうにも臭いので洗った。 洗われるのわかってて嫌がってましたが、我が家では俺様がパックリーダ。 二等兵の意思なんか、尊重する訳がない。 軽くドライヤーを掛けて、リーダは風呂に入る。
で、掃除機もかけた。

飯をくってないことを思い出した。
畑からは、レタス1玉と大根2本抜いてきた。
レタスは、冷蔵庫にあったピーマンとパセリ、それに肩落としベーコン(ひょっとしたら、嫁さんが二等兵用に買ってあったのかも知れませんが)をカリカリに焼いて、バルサミコ風味の和風ドレッシングで喰った。 新鮮、って、その度合いが違う。ウメェ〜っ!
葉っぱの間に隠れてたナメクジは我が家の庭に放した。
ご飯も炊いたが、おかずがなかった。買いに出るのも面倒なので、今日もまた、例の特性トッピングで「マルちゃん正麺」にした。いい加減飽きてきたが美味い。

★★★★ 昨夜、録画整理で観た映画はこれ。
で、特に洋画を見てて思うんですが、外人って、孤独ですよね。 まあ、日本人にも孤独な人が最近は多いのかもしれませんが。 あんなに孤独で、生きてて楽しいのか知らん? と余計な心配してしまいます。 満たされてないから、だから、余計に大げさにボディランゲージが必要になるんじゃないかと。日本人なら、親しい人とは目と目て十分。
私、人見知りなんで知り合いは少ないですが、信じられる友は多い。 お陰で人生充実。 ただ、利権を持ってきてくれたり、やおいしい仕事を紹介してくてる友達じゃないので、いても私の商売にはなんのプラスもありませんが。

気の合う仲間という言葉がありますが、私の場合、最初から気があった友達は少ない。 今は、合ってるかも知れませんが、最初は全然合わん。 むしろ、なんて奴だ! と思うくらい場合が多い。 気が合っても、信用できないかも知れないし、本当に大切なのは、ホントに信頼できる友人です。 合ってなくても、でも、めげずにどんどん話している間に、互いに理解し合い影響し合い、なくてはならない関係になる。 ○○だって、最初は○○だったんだ。それを私が諭して人の道に戻した。って、向こうもきっとそう思っている。
理解したら、なにもない奴だった! ってことにならないためには、お互いがそれなりの生き方をしている必要があるのは言うまでもありませんが。 これもちょっと誤解があって、こういうと「期待に沿わなくっちゃ」と思うのはA型。 そうじゃない、その人はその人でいてくれさえば良い。こっちも、ただより自分らしく生きるだけだ。

で、素晴らしい人に出会えたとしよう。
でも、本当は違いますよね。水島新司のドカベンにでてくる人物は最初からそういうキャラクタの人物がでてきますが、実際のこの社会には最初から○○だ、って人はそうそう居ない。 実際は、最初はフツーの人なんですが、葛藤しながら、運命に弄ばれながら、徐々にそういう人いなって行く訳です。 それは、素晴らしい人じゃなくて、素晴らしい人になった人だ。 多少、出来不出来、違いはあっても、元はおんなじ、フツーの人だ。
もし、逆に最初からそいいう人が居たら、なんて楽ちんなんだろうと思う。 そこから始めれば良い。 そりゃあ、紀元前の神々の世界だ。現代は実存主義を通り越して、なんと呼ぶのか知りませんがとてもカオスな状態です。 もし、ホントに持って生まれたものがあるなら、もっと素晴らしくならないと! 小さくまとまって小金持ちで喜んでいる場合じゃない。
普段は立派でも、魔が差して間違うことさえ在る。 それでも信頼するに足りうることを理解せんとするなら、もっとその人を在りのままオートポイエーティックに捉える必要がある。 で、思ったんですが、「心」を表現するのに、私は日本語がとても優れていると思う。

2013/6/24軽井沢日記
れれ? 台風、急に消滅してしまったとネットじゃ話題になってますが、久しぶりに良い天気。涼しいですが。

土曜日にしては、早起きして○○○さんちへ行った。
○○さんを紹介して頂いた。
ただでさえ呂律が回らないのに、今日も寝不足(先週はずっと寝不足)で、普段よりも一層呂律が回ってなかった。 多くのことを一度では言えない。理解してもらうには、順を追って説明する必要がありますが、寝不足だと脳が面倒くさくなってしまうみたいだ。 回らん、回らん。
さて、話は、直ぐに終わるかとおもいきや、非常に楽しい時間が過ぎて○時間も長居してしまった。 あの世代、「私はこう思うけれど、あなたはどう?」と他人にもデコヒーレンスを迫る人が多くて、嫁さんとかその下の世代には拒否反応がある場合もありますが、私は丁度間の世代で、個人と個人で話している場合には全く苦にならない。 下手に格好つけないで、態度を決めかねているときは、態度を決めかねている、とそのまま力をぬいて正直に返事すれば良い。 全く考えてなければ、考えてません、で終わりですが、考えていても、態度が決まってない場合は、それなりに、まだ態度を決めかねている過程を、なぜなら、... と丁寧につなげれば、分かってもらえる場合もあります。微妙な問題は、早計に決める必要はないし、それは「嘘の自白」と一緒で、間違いだと思う。 そりゃあ、世の中には、分かってくれない、頭が固い連中も多いですが、相手が頭の良い人なら大丈夫。 軽井沢に越して来ているような人は私の経験では概ね大丈夫。
帰り道、どこかで散歩させようと、馬鹿犬二等兵を連れて行ったんですが、そういうわけで、途中までず〜と車の中で待たされる羽目に。流石におしっこ限界時間を超えたので、途中で出してベランダに移動。
ともあれ、又一人、楽しい知人が増えた!

その後、○○○先生の別荘へ。
ちょっと遅くなったけれど、まだ、大丈夫だろうと思ってたら、多分、明日の早朝ゴルフに備えてかな?もうパジャマ姿で寝てらっしゃいました。起こして悪いことしちゃいました m(_ _)m。

洗濯はやったが、掃除はまださ。 室内、臭いので、猫のトイレは掃除した。犬も最近洗ってないので臭い。我が家は臭い。 って、どんな家だ? で、生ゴミとプラも出したんだが、部屋の掃除機と拭き掃除は出来なかった。 出来なかったんだが、代わりに先日、片付けた庭の小枝は、焼却した。 って、薪ストーブ焚いたって事ですが、 今日は寒かったので、このくらいなら全然だいじょうぶ。 薪ストーブは、石油ファンヒーターとちがって、かなり暖かい日でも平気です。 湿気った小枝や木くずだけだと、不完全燃焼を起こして臭い。 それに、そのヤニが煙突内に着くので、燃焼温度を上げて綺麗に燃すために、ホンモノの薪もくべた。

ルーティンになってしまいましたが、録画の整理も少しやった。
デモクラ.tv はこれから猫を撫でながら観る。って、そろそろ寝ないと!
食事? 食事は、喰いに出る時間がなくて、マルちゃん正麺(いただきもののトッピングで)とサラダで済ませた。

さあ、明日は、畑だ! 面倒くさいなあ。

2013/6/23軽井沢日記
14℃までさがってました。寒いです。
今も15℃しかない。フリース、羽織ってます。
雨止んでいたんですが、また降ってます。いずれにせよ、湿っぽいです。

寒さが苦手な○○○先生がよりによってこんな寒ときに、こちらに来ているらしい。 2〜3日、こちらに滞在するようなので、よし、明日、遊びに行くぞっと!

週末の予定
・畑に行く
・○○○さんちへ行く
・薪割り続き
・部屋の掃除/洗濯、って訳ありで
//飯は外で食えばいいや

2013/6/22軽井沢日記
雨やみましたが、寒いです。
梅雨前線がさがって、北側に入ってしまったのでしょうか? 今日は18℃どまりかな?
昨日は、○○の会で○○○さんちへ行ったが、今日はきょうとて役場に行く用事が。 で、ついでに平安堂に行ってきた。前は、2日に1回くらい行ってましたが、週刊誌がネットに変わって買わなくなったので、随分と行く回数が減った。ときどき、買い損ねる。 週刊誌は思わせぶりで、寸止めですが、ネットはモロ、書いてある。この差は大きい。

私のコヒーレント思考のコヒーレントは、量子力学の用語です。 イメージがピッタリなので、分かりやすいと思う。 で、日経サイエンス等でも最近、量子力学が取り上げられることが多い。 いわゆる、量子力学じゃなくて、それがどういう意味があるのか、っていう昔からの量子力学でいうところのコペンハーゲン解釈のタブーに挑む記事が多い。 それ自体は大歓迎なんですが、その説明は結構嘘が多い。 わざと難しく説明したり、というか、話を煙に巻いて楽しでいるようだ。 悪く言うと、自分の優秀さを見せびらかしているのかも知れない。 私は科学者であるべからず態度と思う。
有名なのは、シュレディンガーの猫の話。
観測というのは、人間が観測機をもっていって観測する必要はない。 そもそもコヒーレントな状態が保ちやすいものなら、とっくの昔に量子コンピュータはつくられていると思う。 実際は、某か、 情報 を確定する羽目に陥ってしまった瞬間に、デコヒーレントは起きる。 猫はマクロな状態なので、原子同士、影響しあっていて全体としてはデコヒーレントし続けている。なので、 生きている状態と死んでいる状態が重ね合わさっている訳じゃない。 人が窓を開けて見ようが見まいが、どこかでデコヒーレントが起きて、人がみるまえにどちらかに収束してしまっている。
コヒーレント思考ができる日本人はそもそも量子力学とは非常に相性が良い。 粒子と聞いて、硬い粒子を思い浮かべるような人はいないと思う。 そこに、ぼんやりと存在する、と言われたほうがどれほどしっくりくるか。
それを、わざわざ西洋人風に議論を展開して、ほら、パラドクスでしょう? と言われてもなあ、全然、説得力がない。そもそも、お前、それホントに分かっているんか?


我が家の二等兵です。
以前と比べると、人の顔をしっかり見られるようになりました。 まだ、ちょっと視線をずらしてますが。


このところの雨で、緑は凄いことになってます。
大した写真じゃありませんが、ぜひ、大きな画面で見てください。 大自然の息吹、緑の勢いが感じられます。 といっても、今年の軽井沢の気候は少し変ですが。
まむし草だそうな。
実は毒があるみたいえす。蘭にしては莖とか葉が変だと思った。
2013/6/21軽井沢日記
昨日は午後から雨、霧もでて結構嫌な感じだったんですが、今は上がってる。 午後から、また天気がわるくなるようだ。
薪割りやろうと思ったら間に合わなかった。また降ってきた。

スタバが新しいメニューを用意するらしい。私はパイプ煙草で十分。

最近、気になったニュースはこれ!
この手の話は、危ない。 難癖つけられて、潰されないようにご注意ください。

2013/6/20軽井沢日記
天気、まだ降ってはいませんが、また怪しくなってきました。 雲が多くて、湿っぽいです。
一瞬、薪割りをやった。少しでもやって体の運動モードを保たないと、また太ってしまいそうで心配。

で、今日も生ゴミをもって出たんですが、車にのった瞬間、違う人になってしまって出すのを忘れてしまいました。 帰りは、社内、生ゴミの匂いが充満してますから、そうそう忘れません。


2013/6/19軽井沢日記
久しぶりに晴れた!
湿気はまだ残ってますが。
寝られなくて、お腹一杯にすれば眠れるんじゃないかと、ラーメン食ったりもしてみたが、寝られない。太る原因をまた1つ作ってしまっただけだ。 そうこうしていると東京にいる嫁さんから電話。 こんな朝っぱらから何だ?と思ったら、○○○が○○しちゃったらしい。 う〜む。次から次へと問題が起きます。まあ、そういう世代にはいったということでしょう。

私、専攻は物理で経済はまったく疎い。
疎いどころか、理解できん。
竹田先生なら、つぎどうなるか示すことができない経済学なんか「学問」じゃないとか言い出しそうですが、オートポイエーシスを知っている私は、未来は単に決まってないんだよ、という方が正しい気がする。
ともあれ、無知だ。で、その無知をさらけ出して書く。

最初は、これもネットで知ったんだが、今の経済の仕組みでは中央銀行からお金が出て行った時点で利子というものがある。その限り、誰かが必ず破綻するって事だ。 借りたお金を利子つけて返すには、その分儲けなくてはなりません。 局所的に、例えば、個人で見ればそれで済みますが(日本とか国レベルでも一緒)、世界全体を見渡すと、そうじゃない。 お金は中央銀行から市場に出てきますが、利子分のお金は市場にはない。 利子を払うために、再度借りれば、その分にも利子がつく。 上手くやって儲けた人は、だれかヘマやった奴からかすめているにすぎない。 全員が上手く行くことは、決してない。 私、理系なので計算するのはそれほど抵抗ありませんが、こんな事小学生でもわかる原理。人は嘘吐きますが、数学は嘘つかない。
数学は兎も角、原理的に、全員が上手く行くことはない、ってことが日本人の私からするととても奇妙に感じる。そんな仕組みで良いのか? 日本人は「和を持って尊し」とする民族。嫌っても村八分。程度の差こそあれ、全員が暮らせる道を探し求めてきた民族だ。

ただ、現行の仕組みでも、ある場合は破綻を先延ばししてそこそこ上手く行っているように見せかけることも出来ます。ある場合とは、経済が成長している場合です。 成長する経済の元では、市場はより多くの資金が必要で、最終決算を先送りすることができる。その状態では緩やかなインフレになるってことも十分理解できる。 かつての日本がそうであったように。
早い話、再度借りて前回の利子を返せばよいのですが、市場は活発で景気が良い時には銀行はこの再度借りるのに応じてくれるし、インフレ基調の場合には前回の利子は大した金額ではなくなる。まあ、今回の利子があるのはさておき。
で、永遠に成長できるなら問題は延々と先送りできる。 ここまでなら、理系の私にも理解できる。 問題は、成長が停まった時だ。

今って、成長が止まった感が強い。
で、以前、知り合いの経済学者にアメリカの経済危機について質問したことがある。 彼の答えは私が意訳するとこうだ。 ドルは基軸通貨です。なので、他の通過と違って直ぐに破綻することはありません。 彼らはどうにかするでしょう? って、他の国ならルールにしたがって破綻を避けられないケースでも、彼らならこれまでのルールになかったことも好き勝手出来るって事だ。 金本位制を一方的に止めたもの彼らだ。まあ、これはこれで「彼ら」のやり口としては納得できるが、理系の頭からすると、反則だ。
で、いろいろやってきた。とっくの昔に破綻してても良さそうなものだが、延々生き延びてきている。今はアメリカだけじゃないEUもそうとうヤバいらしい。 日本なんか、デノミが起きてた。でアヘさんは、成長経済をやるって言ってますが、コンプライアンスな?日本にできることは限られている。日本はアメリカじゃないので、これまでの国際ルールを破るような政策は取れない。

方法は兎も角、もし成長させることが出来れば、上で述べたように、今目の前にあるピンチを脱することができるかも知れないが、そもそも、 なにをどう成長させようと言うのだろう。私には理解不能。
おいら、物欲大魔王だし、カメラ買い換えたいとか、もうちょっと頻繁に○○したいとか、多少、欲はあるが、凡そ日本人なら、今、現在、どーしても欲しいものがある。or ○○があれば、画期的に生活が欲なる、なんてものは、今はそんなものないんじゃなかろうか? 以前なら、TVに電気洗濯機、冷蔵庫があったが、いま、そんなものはどこにでも揃っている。買っても安い。 PCだって、最初私が爺さんの遺産でパソコンを買った時と比べれば非常に安い。 当時、8inch の FD が44万もした。プリンターが22万で、本体は27万、CRTも20万を超えていた。それに増設メモリーを追加して、...と全部で100万はゆうに超えた。 秋葉原、現金で買いにゆくとき、それまではそんな大金持ったことがなかったので手が震えた。 今、Andoroid ならもっと安い。中華パットでよければ1万を切る。信じられないくらい安くなってます。
総じて、今は、私が子供だったころとは比べ物にならないくらい裕福です。
特に欲しいものはない。我慢しようと思えば、どれも我慢できるものばかり。
他方で、今や、世界の生産能力は向上し、人が普通に消費する能力を超えていると思う。 いやいや、世界には飢えているところがまだまだ在るよ、と仰るかもしれませんが、日本は幸か不幸か偶々文明国になってしまいましたが、別に、そ〜としておいてくれるなら、文明国になりたくもないと考える国? も多いと思う。 実際は逆に、宣伝しまくって欲しいと思わせて、無理に売りつけているんじゃなかろうか。 作られる流行もそうですよね。 もしくは、直ぐに壊れる安物をつくって、修理しないで買い替えさせるとか。 来るところまで来ている感があります。
何が言いたいかというと、上で述べたような単純な成長経済はもうこの地球ではあり得ないんじゃないかと言うことです。
そうすると、最初の小学生でもわかる原理が働いて、誰かが必ず破綻する。 弱いところから破綻し始める。 つまり、これまでの中央銀行の金融システムを基本とした経済は成り立たなくなる時期に来ているのでは、ということだ。

決定的なのは、地球のリソースが有限ってことです。 否応なく、消費型の経済は破綻するしかなくなります。他の惑星に行きたい人は行ってもらうとして、地球に残る我々は遅かれ早かれって、もう直ぐだと思いますが、リサイクル型の経済に移行するしかなくなります。

つまり、21世紀は新しい経済の仕組みが必要とされていると思う。 今のグローバル経済は、地域性がまったく顧みられない。 そこには、個人の誠意とか数字(つまりお金)に換算されないものが多すぎる。 困っている人がいて、助けて上げたとしても、商売としては成立しないものが多すぎる。
で、私の田舎を思い出すが、軽井沢でもそういうところは町民の間では残ってますが、そいういものは物々交換でローカル経済が成り立っていた。 魚とか、農作物とか、お礼に差し出すわけです。って、みんな貧乏でお金ありませんから。都会でも売っているものを買うときだけ、お金を使う訳です。 リアス式海岸で平地がないので、お米は取れない地域なので、お米は外貨で買います。 麦は子供のころは、我が家でも作っていた。池田総理大臣に言われるまでもなく、良く喰った。 肉は外貨でしか買えないので、年に何回も食わない。カレーに豚細が入っている程度。 極稀に、すき焼きかな。 食物メインなので消化するには長い時間発酵させる必要がある。 お陰で、すっかり胴長です。
チキンは卵を産まなくなった鶏とか、オスは喰っちゃうので時々ありつける。 卵とヤギの乳は農家なら大体自家製です。 アイスクリームは地元の業者でもつくっていたのでそんなに高くなかったが、チョコレートはグリコとか森永とかグローバルな企業のしかなかったので、馬鹿高だった。
こういう時代にもどれ!と言うわけではありませんが、まあ、今の経済の仕組みじゃあ近々に本当に手詰まりになってくると思う。 小手先でなんかやっても上手く行く時期じゃなくなっていると思う。 新しい経済システムに、そこに移行できなければ、もっと大きな破綻を招きそうな気がする。 そうして、その新しい経済の仕組みで必要になるのは、これまで全く評価されてこなかったものへの評価も加わるハズだ。十分な地域性やモノじゃないが、個人の他人への人助けとか、地域社会への貢献度とかもきちんと評価されるような仕組みが組み込まれている必要がある。 当然、これまでのセコイ考えから抜け出せない人もいるだろうし、 じゃあ、これからはこういうルールです、と単に宣言したところで上手く行かない。 それには十分な情報化が必須と思う。 PC は万人が使うには敷居が高すぎましたが、Andorid なら誰でも使える。 ソフトは遅れてますが、インフラ的には十分実現可能なところ近くまで来ているような気がする。

2013/6/18軽井沢日記
畑からなんかもって帰ったか知らん? アトピーじゃない、これはダニ系の痒さだ。 畑からもどって直ぐに風呂にはいったんだが。 もしかして我が家に湧いたかか? 痒くて寝られないくて、デモクラTVを聞いてたら朝になっちゃった。
で、今週の デモクラTVは面白かった。 知らない人の為に説明すると、昔朝日ニュースター(衛星放送)でやっていた、愛川欽也のパックイン・ジャーナルだか、ニュースだかがありました。 出演者は元朝日の田岡さんとか、山田さんとかで、いわゆるネットの変な人じゃない。 生番組で、時々、新聞じゃ絶対に書かない情報がでるのでネットでもときどき話題になって、私はネットで知った番組です。 人気のある番組だったのですが、それが、朝日ニューススターが朝日TVに売られた時にいろいろ規制がかかる事になり、それを嫌がった愛川欽也が独自に、kinkin.tv というインターネットTVを立ちあげて、番組を継続した。 その愛川欽也も今年の3月で力尽き離脱したが、コメンテーター陣が再度立ち上がってデモクラTV として番組を受け継いだものです。 代表は山田氏で元朝日新聞のメンバーが主ですが今の朝日とはまるで違う。 昔の朝日の香りがする。
そこで今回、アメリカの情報監視網の事が議題に上がった。
元CIA職員がバラしちゃったって件です。 最近では こんなのもニュースになってましたが、スノーデン氏大丈夫なんですかね? 暗殺されたりして。 ここまで有名になれば、アメリカもそうそう変なことは出来ない。 亡命するなら、私はプーチンロシアが良いと思う。 それはさておき、この話はネットじゃ前から有名で言わば常識。今回具体的に顔を出して証言する人が現れたってだけなですが、こんな話をすると、周りからは「お前、ネットに毒されている!」と信じてもらえない場合がほとんでした。 まあ、私が言っても説得力はありませんが、この番組では田岡氏がいろいろ具体的に例をあげて解説してた。 ほら、ホントでしょう? って私を変人あつかいした人に見せてあげたいんですが、有料放送なので会員になってから観てください。
日本でも携帯電話の会話もメールも全部盗聴されているのはネットを見ている人なら常識です。 Windows にバックドアがあるのも然り。 今回の事件で、一般の人も多少は信じてくれる気になったか知らん?
って、なるわけ無いよなあ。
一般の人は、そんな悪い奴が居るわけないと頭から信じこんでます。 311で、電力業界の真実を知ってしまい随分落ち込んでいた友がいましたが、そういう姿を見てると、その清らかな気持ちをそっとして上げておきたいという気持ちも湧く。 でも、そういう人の良さを利用して「彼ら」は物事を進めて行くわけで、読んだ人が信じる信じないは別にして、こういう情報も発信しつづける必要があるような気がする。 まさか、この日本で不正選挙が行なわれているなんて、この私でさえついこの前まで信じてなかった。
って、私、その手の事を知っても別に落ち込まないし。
逆に、以前の浅はかだった頃の私なら、自分がそういう立場ならやりそう。 でも歳を取りそんな事よりも大切な事があると知ると、何も知らなかった頃の自分を恥じ入るようになる。彼らももっと世の中を自然を知れば、そう思うと思う。 元々、頭の良い人たちなんだし。
自分だけが金持ちになるより、貧乏でも大切な仲間に囲まれて生きる方がどれだけ幸せなことか!?

今日のデモクラTVは面白い話題がいくつも合った。 例えば、アメリカ人が外国人を盗聴するのは過半数が良しとしているという世論調査の結果です。 テロ防止のためというお題目がありますが、外国人だけじゃなくて、お前らもやられてますよ。勿論、大統領も。って、誰が一番エライんだか、分かったもんじゃない。 貶める気になれば、誰でも貶められる。 脳天気過なのは知ってましたが、脳天気過ぎますね。
アベノミクスに関しても、興味深い発言があった。
つまり、これで多少良くなったしても、良くなるのは金持ちだけで、結局格差が拡が広がるだけだと。私もそう思う。
と、この話をし始めると長くなりそうなので、日を改めて書く。

書くのを忘れてましたが、この雨で春蝉が一気に出てきた。
凄い、勢いで鳴いてる。春蝉もやっぱり出てきたら、1週間で死んじゃうのか知らん?

2013/6/17軽井沢日記
昨夜は雨が降り続くなか(我が家の屋根はガルバニュームなので煩いです)、録画の整理で思いっきりカリスマドックトレーナーを観た。 映画を趣味にすると、時間が取られると聞いたことがありますが、 これは映画ではありませんが、確かに時間はもったいない。
とは言うものの、これだけ延々みていると確かに犬の表情は少し分かって来た。 私は猫派なので、猫の方が表情が分かり易いのですが、犬もたしかにわかるようになると色々な感情表現をしているのがわかる。
で、あの雨じゃあ、今日の畑は無理だとおもって安心してねたんですが(嘘です、夜更かしし)、起きたら雨は上がっていた。起きたんじゃなくて、Kにお腹すいたよぉと起されたんですが、ああ、今週末は嫁さんがいない週ね。さっき、見送ってから寝た。
そういえば、寝る少しまえ、まだ雨降っていたんですが、二等兵の散歩に行った時、今、思い出したが白っぽい中ですが、浅間が頂上まで綺麗に見えていた。あまりに綺麗なので、カメラをもって出なかったことを悔やんだくらい。
で、猫に餌やって、慌てて、畑に行った。
想像した程じゃあなかったがヨモギ伸びてました。 適当に雑草抜きをやって帰ってきた。
で、今日は助っ人も一人駆けつけてきてくれて、ありがとう > ○○さん。
差し入れの Dr Pepper もいただきました。ありがとう > ○○さん。

玉ねぎですが1月くらい前かなあ、手前の何列かだけ化学肥料を撒いてみた。 どれだけ効果あるものか、試してみただけなんですが、確かに効果あるかも知れません。 私の畑は放置農法で、肥料は追加してませんから、栄養は雑草が分解された分だけ。 土地は痩せているハズ。 年々、出来る作物も小柄になって来てました。 この状態で撒けば効果がはっきり見えるハズ。 で始めた年に買っておいた化学肥料、はだ殆ど残ってますがそれを撒いてみた。 確かに、化学肥料を撒いた畝の玉ねぎは大きいような気がします。 放置農法で農薬は使いませんがが、化学肥料まで否定はしません。リポDやレッドブルみたいなものだ。積極的に使うこともありませんが。

大根はどーした訳か、とうが立っているのが多い。 大きくなくても食えそうな大根が泥の中にあれば抜いてくるんんだが、なにもない。 なにもなくて、とうが立った。 気候のせいか? それとも、地面のせい?
ほうれん草はまだ芽がでてない。たしか、ほうれん草は温度に敏感なハズ。暑くなりすぎたか?
軽井沢、まだ上空には雲が多いですが、はて明日の天気はどうなんでしょう? 今週は途中から雨で、薪割りでせっかく痩せ基調に持ち込めていたのに、また太りそう。。

で夜更かしの原因は、三沢光晴メモリアルナイトの録画を観たからだ。
NOAH のプロレスです。で、NOAH は今年1月から4人が抜けて、超ピンチ。 NOAH ファンの掲示板もすっかり元気がなくなって、このまま潰れてしまうんじゃないかと噂がありますが、経験的にいうと反対です。昔、天龍が全日から抜けたときも、後にのこった選手が奮起して非常に面白くなった。 これが今回も当てはまるなら、これから NOAH も面白くなるハズ。 最後の試合以外は早見で観たんですが、これが結構楽しかった。 昔、宇野功芳がプロのダレた演奏より、高校生でも良いのですがアマチュアでも、演奏技術は高くなくとも一生懸命やる演奏の方が感動する場合がある!と言ってましたが、私もその通りと思う。
この日のメインイベントに私がファンの丸藤選手が出場。 彼は、頚椎やってから元気がない。神経を圧迫して手に力が入らなくなるらしい。 彼、小さいんですが、小さいと投技をくらっても体重が軽い分楽だと言いますが、軽いと強引に技をかけられてしまいます。全日系なので、相手の技を受けきって勝つ、というスタイルなんですが、辛いところです。 マッチョにすると直ぐにスタミナ切れするし、寿命も短くなる。 なので、ドリーファンクくらいが一番プロレスに向いているんじゃないか知らん? 上背は185cm 程度で、体重はナチュラルで110kg くらいかな。 ちょっと小さすぎる。本来はジュニアの体格だし。
新しいプロレスということで、お約束の技受けは多少減らしても「格闘技っぽくなって」良いんじゃないかと思う。そうは言っても、お互いが実力を認め合う同士は受け合うので 言うほど簡単じゃないのは分かっているつもり。 で、このところ(って数年間、なので長いですが)すっかりスランプに陥ってましたがが、久しぶりに彼らしいプロレスを観た。
怪我があるなら怪我があっても、なんとかまとめるのがプロだろうとライバルの KENTA 選手に叱咤されてましたが、私もそうだと思う。思うんだが、だとしたらプロは辛いですね。今日、杉浦に勝ったので今度有明でこの KENTA 選手とやりますが、観たくなった。久しぶりに見にゆくか?

で、NOAH を今年1月から抜けた4人が行った先は全日。 この4人が加わって、一時は NOAH を上回る選手をかかえることになり、このプロレス不人気時代で大変だろうなあ、と思っていたら、案の定、その全日も現在、分裂騒動が起きてます。 秋山一派が抜けた時、すっかり性格がわるくなった私は、一派は新しい白石オーナーと話がついているんだとばかり思ってましたが、このところの様子をみているとそうじゃなかったのかも知れない。 もうしばらくすると、いろいろ見えてくるとおもいますが、まあ、プロレスラーは他人のいうこと聞かないので(だからこそ面白いんですが)、会社としたら、まとめ上げるのは大変だと思う。

まあ、これはなんの職業でも一緒。ピンチはどこにでもある。 で、ピンチの時こそ、その人のホントの人間力の見せ所だ。 と言うのは易しいが、当事者はそれこそ必死だと思う。
中学生の頃はプロレスラーにもなりたかったが、なってなくて良かった。 人には適性ってのがある。私がやってたら、今頃死んでる。
F1レーサーにもなりたかったが、こんな運動神経わるくてなれる訳がない。
私は私。今の職業でも出来すぎ。能力以上のものを要求されている気もするが、まあ、仕事がある間は、今の仕事頑張る。

頑張るのは良いとして、その思いが伝わるのは相手が常人であればの事。 相手がヤクザで最初から因縁つけて来てたんだとしたら、どうだろう?
相手は「誠意を見せろ」と言いますが、誠意を見せても、そんなものが通用する相手じゃない。 はい、TPPの話をしてます。
他の職業はネットで見聞きするだけで良く知りませんが、私の業種だとTPPを待つまでもない。10数年前からやられにやられていて、リアルに感じることは多々ある。ここに書いちゃたいくらいですが、まだ現役なので控える。 引退したら、みんな書く!
って、その頃は憲法が改憲されてしまっていて、例え本当のことであっても書いたら公共の秩序を見だした廉で、捕まるかも知れない。。。。
公務員の皆さんも安心している場合じゃありませんよ。 民営化できるところはどんどん民営化されてしまいますよ。

2013/6/16軽井沢日記
本格的な雨になってしまいました。

さて、今月の紫煙会議はダビドフの営業のお姉さんが見えて楽しかった。
ダビドフといえば超高級ブランドで煙草だけじゃないんですが、煙草では超有名でダンヒルなんぞ目じゃない。ってホント? 確かに、○○先生も本店に自分のカルテがあって、煙草がなくなると注文して日本まで空輸してもらってますが、VIP 御用達の煙草であることは間違いない。 私は、そういう高級品とは縁がなく、マックバーレン一筋、もう40年近く。 私は葉巻はやらずもっぱらパイプ。ワーカーはパイプじゃないと。
で、サンプルで3種類吸わせてもらった。 イングリッシュミクスチャは私の趣味なじゃなかった。 ロイヤリティは吸い易かった。フレイクメダリオンはクールな感じがしましたが、 一服だけじゃあ煙草の味は分からない。 せめて1袋か1缶か吸ってみないとね。
それにパイプとの相性もあるかも知れない。以前すっていたピーターソンのパイプの方がマックバーレンミクスチャとは相性が良い。9mm の活性炭フィルタがマズイのかもしれない。今は、前ほど美味しいと思う回数が少なくなってきた気がする。 マックバーレン社はタバコメーカーにしては珍しく事業を拡大しているので(JTの飛鳥も今じゃあマックバーレンのOEM で美味しくなったと評判です)単に煙草の品質が下がっただけかも知れない。
パイプたばこは香りが良いとよく言われますが、吸っている本人は最初だけ少し感じますが、後は鼻ば馬鹿になって全く臭わない。 私は匂いは不要です。ありゃあ邪道じゃ。 不味い葉っぱを苦し紛れに匂いでごまかしているような気がする。 辛い煙草もありますが、刺激も要らない。 弾力のある柔らかい煙が私の好み。
そういう意味ではダビドフは正道を行っているような気がしましたが、まあ、あれだけじゃあ分からない。ともあれちょっと感じがつかめたので、また、○○先生が軽井沢に来たら、分けてもらって吸わせてもらおうっと。
中山たばこでも扱うようになれば、気が向いたら買ってみるかも知れませんが、気が向かないかも知れません。

2013/6/15軽井沢日記
又、曇って来ました。...

2013/6/14軽井沢日記
雨、上がったかも。 空、真上はまだ雲がありますが、南の空とか、青空が見えて来ました。 でも湿気ってます。

さて、今朝は燃えるゴミ、途中にある集積場に出そうと思って、車に載せた。 で、車を運転し始めたら、さっきの自分じゃななくなって、すっかり忘れて会社まで生ゴミ持ってきた。 まあ、私は良くやります。 にたような経験は誰にでも有り、珍しいことではありませんが、この何気ない現象の中にも多くの秘密が隠されている。 肝心なことは、車を運転してないときの自分と運転中の自分が異なるということです。
一々、ああしたらこうすると頭で考えながら運転しているのは、教習所の中だけで、外でこれやると事故ります。 空走距離の話がありましたが、完全に意識のもので動作すると、決断してから実際に体が動き始めるのに1秒〜2秒かかりますから、殆ど運転不可能です。 じゃあ、こういう場合にどーするというのは、日々の練習の積み重ねで、 その積み重ねがあって体は殆ど無意識に反応し、自動運転になります。 体に任せておけば、危ないと体が勝手にブレーキを踏んでます。 体が、って書きましたが体だけじゃないと思う。後頭葉の方だという話もありますが、 いずれにせよ、前頭葉の方の意識じゃあない。 「決めずに考える」なんてことはできませんから、デコヒーレンスの連続です。
予め、どこそこで曲がるとかは前もって司令できますが、個々の運転動作に関しては、意識は後からそれを追認しているだけで、殆ど関与していません。
今日の自にができることはそれほど多くありません。 今日の自分ができること、それは明日の自分をプログラミングすることです。 それが、蓄積すれば、自動車の運転のような高度な動作が可能になります。 自分で嫌いな自分があれば、日々の努力で、数日後か、数年後か、数十年後かわかりませんが、それが直った自分を構築することで、直すことができます。 その意味では老人は自分にそうそう文句をいってはならない。 それは、60年だか70年だか、80年だか知りませんが、それだけかけてその自分を磨き創りあげて来たのは他ならぬ、自分なんですから。 で、勢い、若い人にも言っておく。 今日の日々を無駄にしてはいけない。って、それ明日の自分ですから。

それに対して、運転してない時はもっと、ずっと意識が支配的です。 その意識が支配的な中でコヒーレントな状態を保って、いろいろ自由に考えることができます。明日、どういう自分になりたいかも、自分で考えることができます。

脇道:考えさせるとマズイ場合もあります。
例えば、オレオレ詐欺とか。冷静な自分、コヒーレントな中で別の可能性も考えることができる状態に落ちることなく、次から次へと詐欺する側が望むデコヒーレンスを起こすように畳み掛けて、気がつくと、数百万円を支払ってしまっていた。という風に持って行きます。 オレオレ詐欺だと分かりやすいですが、もっと頻繁に使われているのはTV新聞をつかった世論誘導です。 やられているにに全く気が付かない人を電通用語でB層というらしい(この分類だと私はC層らしい)。

「意識」は連続のように感じますが、仏教用語で刹那滅という言葉がありますが、実際は連続ではありません。思いが、1つ湧き上がり、別の1つが湧き上がり、の連続です。 この1つ、1つの収束度が、コヒーレント思考とデコヒーレント思考の違いだ。 デコヒーレンス思考をやる人は、 あの時こうで、なのでこうして、だから○○と、具体的に語れる。 なので、意外に、連続と感じる度合いが強いようだ。 実際は刹那滅なのに、連続体意識を保持してると本人は感じてる。 もし、貴兄が自分の意識は連続だと言いはるなら、貴兄はデコヒーレンス思考がメインなのかも知れない。 ただ、歳をとって地平を拡げると、そうそうそこから外れる出来事は起きない。 なのでデコヒーレント思考じゃなくても同じ自分を維持していると感じやすくはなります。
仏教でいう瞑想なんかは、典型的なコヒーレント思考ですが「決まっていない」ので「決まっていないもの」を覚えることも難しい。 コヒーレントな状態、それは、非常にデリケートな状態です。 この状態を簡単に維持できるなら、量子コンピュータは直ぐに作れるハズ。 なので、例えば、 次の瞬間、例えば、嫁さんに声かけられて、その広がったコヒーレントの状態は一瞬のうちに収束するかも知れない。そうしたら、その一瞬前までなにが起きていたのか、そのままリアルには感じることは出来なくなります。 きちんとした問題意識があれば、再度その状態を創りだす事ができる。 そういう人は、それに関してはその次を考えることもできるが、通常はそうじゃない。 偶々、そのときそういう心持ちだったとしても、二度と自分ではその状態を創りだすことはできない。 例えば感動したことは覚えていても、どう感動したかは再現できない。
ましてや、それに名前をつけることなんか出来ない。 つまり、急に意見を求められても「説明のしようがない」。 無理に言おうすると変なデコヒーレンスを起こして、全くとんでもない心にもないことを口走ってしまうこともあります。
多分ね、「芸術家」はなんどもその状態を創れるんだと思う。

で、ぐるっと回ってしまいましたが、車にのると違う人間になる。
それまでの自分がどこかへ言ってしまって、車運転モードの自分になる。
で、車を降りればいつも程度の自分になら直ぐに戻れる。 もっと深いコヒーレントな状態を目指すなら明示的に入とうとする必要があります。 コヒーレント思考に入るには、敢えて瞑想する必要もなくて、意外に単純作業が効く。 ソロのバックパキングも効きますが(コリン・フレッチャーがが有名にした)、ソロじゃないとダメです。似て非なるものです。 畑のある人なら百姓仕事とかも効きますが、経験的には薪割りの方が効果が大きい。 人に因る。私は、クラッシックレコードを聴いてても入れる場合がある。 ちょっとマズイぞと思うくらい。 真面目に聴く必要はない。ただぼんやり聴いていれば良い。

2013/6/13軽井沢日記
まだ、雨降ってます。ほんのすこしですが。

急いで出社する必要があったので、朝飯抜いた。 意外にこれが気持ち良い。いつもは食い過ぎか!?

私のPCダウンした。
仕事にならん。仕事どころか、何もできん。
現在、メールの復旧中。。。

そうこうしているうちに週末。今週の週末も忙しい。
・軽井沢紫煙会議
・畑に行く(ヨモギ伸びているだろうなあ。。)
・薪割り(小枝は終わった)
・録画の整理
・デッキの掃除

2013/6/12軽井沢日記
昨日は夕方から時々雨が降りました。
夜中も降っていて、朝、我が家のある中軽井沢ではもう殆ど上がってましたが、 会社のある新軽井沢では霧雨+α程度の雨が降ってます。
//御代田は晴れているらしい!
懸念された台風は随分小さくなりました。
雨っぽいし、薪割りはパス。てか、昨日些細な事で怒らせたら、起こしてくれなかった(^^;)ので、そんなことやっている暇なし。。
平安堂に行きたいが、暇なし、暇なし。。

アトピー少し出てます。
疲れると出るので、私だけとおもったら、会社の同僚も今出ているらしい。 湿気が多いせいか知らん? なんか、悪いものでも喰ったか?

死亡消費税って何だ?
そのうち、健康な人で死亡消費税が支払えない人は、臓器をもっていかれたりして。

三菱重工がアメリカでやられてます。
買っておいて、あとから因縁付けて賠償金をとろうなんてヤクザと同じ。
こういう相手に売ったら負けですが、売らなきゃ売らないで文句を言ってきます。 軽井沢はヤクザな話は少ないですが、私が学生時代にバイトしていたレストランは西池袋だったので当時は危ない地域でこういう話は多かった。 前は喫茶店だったらしいのですが、しばし怖いお兄さんが出入りしてトラブるるので、女子供じゃないと入れないようなレストランにしたとオーナーさんから聞いた事がある。 それでも来ますが、オーナーさんは真面目な人でしたが、その息子の店長は不真面目ですが面白い人で、彼らの扱いが非常に上手だった。 怖いお兄さんが、真っ赤な顔して怒っていても、あっという間に丸め込まれる、さながらカリスマヤクザトレーナーって感じ。
TPP を締結したら、こちらが買わなくても、売れないのは日本の制度が悪いからだと(米国政府じゃなくてアメリカにある企業からってとこがミソです)難癖つけられて、日本政府が賠償金を支払うか、さもなくば法律改正が迫られます。 軽自動車だとか農協貯金が狙われているとか聞きますが、それだけに済む訳がない。
TPP といえば、中国が参加するとかしないとか言い始めました。 日本が参加するしかないのなら、私的には、加えて是非ロシアにも参加していただきたい。

昨年末の話ですが、私の友達、長女が結婚したい人がいるので合ってくれと言い出したらしい。 私は生半可な覚悟で結婚したいとか言われて駄目だ。 最初にガツン!とやっておけ、と無責任なアドバイスをしました。 そのせいかどうは知りませんが、何度か突っぱねた後、同僚からは娘は親の持ち物じゃないぞ、結婚できなかったらそーする、と非難され、仕方なく家族で食事をしたらしい。 そこまでは聞いていた。 最近分かったのは、その2次会に出かけたら、見知らぬ若い男性が一人加わっている。って、次女の彼氏だったらしい。次女の作戦勝ちです。やるなあ。

2013/6/11軽井沢日記
昨日の夕方から涼しい風が吹いてます。 まだ雨は降ってませんが、曇り空。昨日よりはず〜と涼しい。 雨が降る前に、出来るところまでやっておこうと薪割りと小枝の整理、チェンソーをやった。
畑の為には降ったほうが良い。 私の畑でも雑草が生えてないエリアは歩いただけで土埃が立つ。 先週植えたほうれん草の種、水やらなかったのも在るのですが、芽出てない! 雨降ったら降ったでヨモギが一気に成長しそうですが。

散歩写真です。

数日前に撮れば良かった。もう落ちかかっているフジの花。 この下は、フジの花びらの絨毯です。
開けて撮る練習です。 我が家にもモミに巻き付いている木が1本あるんですが、モミの木が締め付けられて(逆ですよね、モミが大きくなってめり込んできたんですよね)可哀想なので切っちゃおうかと思ってましたが、ひょっとしてあれフジ? フジの花なんか咲いたことがありませんが。。。

これも開けて取る練習で、これは思いっきり開いてF2.8 で撮ってみた写真です。 やっぱり色ずれするし、フレアーも入る。 緑の色も綺麗じゃない。失敗作。 このレンズでどのくらい開ければどうなるか? 体感的に知っておきたい。

小浅間。
この写真のテーマは緑のグラデーションで奥行き感を出すこと。
例年、今時は緑が綺麗ですが、今年は何時もにもまして綺麗。

○○○さんから電話で、今日の9時からシドニーらしい。 昨夜、急に決まって、1月くらい戻ってこないとか。 おみやげ何が良い? って聞かれても、直ぐには思いつかない。。。。
そりゃそうと○○○さん、まだ引退生活じゃなくて仕事してますが、仕事はどーすんだ?

2013/6/10軽井沢日記
今日の天気予報はあまり良くなかったんですが、結構晴れてます。暑いです。 薪割りとチェンソーをやったんですが、汗かいた。
冷たいシャワーを浴びて出勤!
天気といえば、今週末、ヘタすると台風が来るかも知れません。要注意です。
先週末は混んでる方へは行かなかったので知りませんでしたが、軽井沢混んだみたいです。そういえば、多少車は多かった。今、軽井沢、今年は例年より涼しく、雨ももなく霧も出ずに気候は非常に良いので、お勧めかも知れません。

嫁さんが防カビスプレーをすると効果があるのかと聞いたので、私はてっきりこのことで私にそれ、ぶっかけるのかと思ったら、革製のブーツの話だった。 確かに、軽井沢は湿気っているので、革製ブーツ、良くカビる。 私の身近なところで言うと、自転車のサドルとか、革巻きのハンドルバーテープもカビる。
今年に限っていると、これまでのところどーしたことか、例年よりは遥かに乾燥しているように感じる。

さて、昨日観たカリスマドックテーナーに、火薬探索犬が出てた。 非常に優秀だった犬で戦場でも大活躍、しかし引退後に音に過敏になってシーザーにリハビリしてもらってた。 飼い主(ソルジャー)が言うには、探査犬になった時点でこの犬はもうペットじゃありません。道具です。と言われたらしい。 まあ、彼らの発想を象徴してますね。 その犬は非常に良い子で、彼は犬の本性を忘れひたすら仕事に集中していたんだが、そのつけが回ってきたんだと思う。犬は犬なんです。
って、これ蔑む言葉じゃない。
そもそも、ペットという言葉にもちょっと嫌な雰囲気がまとわりつく。 人間が偉くて、ペットは下、みたいな。
日本人が元来もっていた感性は違います。 例えば、「一寸の虫にも五分の魂」とういう言葉がある。 単に無益な殺生をやめようという言う意味以上のものがあって、日本人なら一寸の虫にも、自分と同じ「魂」をそこに見出すことが出切る。 それは、たまたま自分は人間と呼ぶ生きのもをやっているが、それとて万能じゃない。 小作農なら日々の労働からは逃れられないし、武士なら武士で外から見るよりもっと辛いことがある。 職業によらず大なり小なり不自由な境遇でみな生きている。 それでも、日本人は自由な心を持っている。 心は自由なんだが、それからすればどのような自由がこの世に与えられたとしても、それは閉じ込められているのと一緒だ。 虫は人よりももっと不自由かもしれない。程度の差こそあれ、その意味では虫も人も同じ。大差ない。
虫は人と比べれば不自由なハズなのに、不平不満をいうこともなく真摯に自分の生を目一杯送ってくる。 それに対して、人間はもっと自由なハズなのにしょっちゅう屡不平不満を述べたり、恨みつらみの感情をもったり、もっと悪いと謀をやったりする。 等々、とつなげることが出切る。
その思いは虫だけじゃない、大自然そのものにもつながる。くだらない人間の作り出した災いは兎も角、大自然に心を寄せて一つになって生きる生き方がある。
だから、ペット(愛玩動物)じゃないんだよ。 敢えて言うなら、一緒に生きている仲間みたいなものだ。 この境地に経てば、劣っているも優れているもない。 それぞれが、自分のできることをやるだけだ。
これはそのまま社会にも当てはまる。元来日本人は自分の務めている会社ではこのように働いてきた。社長も社員も、みな同じ魂をもってそこで自分の勤めを果たしている。 そりゃあ会社がピンチな時は、給与がもらえなくても、自分の事のように延々働く。 バイトは安く使える労働者じゃなくて、正社員だけじゃまかないきれないときに、手伝ってもらう、という意味があった。なので、自給にすればバイトの方が高いことも屡。
ところが他方、現在の「労働者」という言葉には、もっと冷酷なニュアンスがある。 探査犬を「道具」と見なすのと同じニュアンスがある。 今ならマルクスもず〜と読みやすいかも知れない。 派遣社員なんか、= 「使い捨て」という意味がつきまとう。 雇用の流動化? とかキレイ事を並べても、そうかも知れんがそれは向こう側の都合。 奴隷なら奴隷を食わす必要があるが、派遣社員に対してはその義務すらない。
これは進化した合法的な奴隷制度なんだけれど、いい加減気づけよ。
//合法、たって、フクシマを見れば分かる。ホントは年間 1msv に抑えないといけないのに、都合によって平気で変える。単にその時々の都合でコロコロ変わる。

番組の犬は、犬がもつ本来の気持ちを取り戻して、元気になった。
我々人間も、そろそろ優等生をやめて、本来の自分に戻る時期に来ていると思う。 優等生、これは、権力者がつくった向こう側に都合の良い勝手な価値基準だ。こんなもの捨ててしまって、自らの生き方をするようになる時期だと思う。
と、生まれつきお馬鹿で負け組みの私が言っても、まるっきり説得力はありませんが。

2013/6/9軽井沢日記
二等兵をつれて、畑に行く。
ヨモギ抜きの後は、トマトを添え木して、草刈りをやった。オオブタクサが今年も凄い。 その後は、泥んこというより、木の下に停めているので原因は木の樹脂かな? いずれにせよ、汚い軽トラをケルヒャーで洗った。ケルヒャーを出したついでに、玄関のガラス屋根と、嫁さんの車も洗っておいた。
ケルヒャーですがケルヒャーはドイツの会社です。 大分安くなってので、今は中国で組み立てているのかも知れませんが、これがメイドインジャーマンだとすると、大したことはない。意外にヘボい。 ガンは壊れて一度修理した。ノズルも2本ついていたんですが、いつも使わない方は調子が悪い。よく見たらサビが出始めている。気になって他の箇所もよく見たら、何箇所かでサビが浮いている。 冬季は精密なポンプに残っている水が凍結して壊れるといけないので玄関にしまってますが、普段は軒下に出しっぱなしです。軒下といっても深い軒で、雨に濡れたりすることはありませんが、軽井沢は霧がよく出るので湿ることは湿る。これがいけないのかも知れませんが、ちょっとがっかり。 中国製のステンレスは錆びますが、これとおんなじだ。
ノズルの延長パイプも2段めの繋ぎから水漏れしている。。。

あとは、録画の整理。
今週末は、カリスマドッグトレーナーを何本見ただろう?
そのお陰で、いつもの私と精神状態が違ったのか、それとも 畑で遊んで疲れていたせいか、今日の二等兵、夜中の散歩はいやに大人しかった。 そろそろ、人混みデビューさせてみるか?
ハードな週末だった。
さあ、今週もハードだぞ。

2013/6/8軽井沢日記
寝不足が祟って夕方かまで起きられなかったので、畑は日曜日に行くことにして、今日は自宅でできること。 薪割り、小枝の整理はやった。 もうそのままだと斧ではわれそうにないのもあるので、いよいよチェンソーの出番です。 要は、薪ストーブの中に入る程度にまで小さくなれば良い。 多少太かろうが、良く乾燥していれば全く問題ない。どころか、ゆっくり燃えるので薪投入頻度がへって好ましい。 で、チェンソーの目立ても4本行った。
通勤自転車の整備も終わった。これでいつでも始められる。元気があれば。
録画の整理も少しやった。 カリスマドッグトレーナーを何本か観た後、 NOAH の博多スターレーン退会を観て、最後に見たくもない映画を観た。 サイドバイサイド方式の3Dのトランスフォーマー、ダークサイド・ムーンです。 3D画面をメガネ無しでも見てみたが、裸眼でみると乱視と近視でこんな感じなのであまり違和感がかなった。 吹き替え版だったので、今度○○○が来たら観せてやろうっと。

限定正社員 も違うと思う。 日本では階級闘争とか言ってもピンと来ないんですが、欧米だとこの差は非常にクリアらしい。まあ、奴隷制度があったくらいだから。 なんとか、日本にも階級制度を根付かそうとしているように見える。 今の若い子は分かりませんが、私以上の世代には無理です。 仮にそうなったとしても、上手く行かないと思う。 もうすぐ明らかになりますが。

そういえば、江崎玲於奈さんにはがっかりだ。 日本の官僚も若いころハーバードに留学させてもらうと、ガツンとやられて、彼奴等には勝てない!と○玉抜かれて帰ってくるらしい。 そりゃあ、対米従属になるのも分かる。
でもね、そう思わせるのは、彼らの手です。 そもそも優等生は「優れ主義」に侵されている場合が多い。 お隣の国は儒教の優れ主義(私が高校の先生から聴いた儒教とかなり違う。キリスト今日がキリストの教えと全く違うように、これも政治によって曲解されているのかも知れませんが)に侵されてますね。 日本はそれとは別の戦後教育の成果が大きいと思うが、 受験戦争を勝ち上がってきた人達ですから、そこで負けたらそりゃあショックだろう。 でもね、そこ、って、それ彼らの土俵でしょう? 私、格闘技ではプロレスが一番洗練されていると思いますが、プロレスラーがなんの準備もぜず格闘技ルールで戦えばそりゃあ負けるよ。 何度もいうが、彼らはデコヒーレント思考なんだよ、そこで農耕民族のDNAをもった我々が戦って負けてもなんてことはない。 日本人はそれは苦手です。イギリスに留学させてもらって引きこもりになった夏目漱石の反応が正しい日本人と思う。 彼らは決められる。決めたら、どんどん先へ進むことができる。 これ日本人が真似するのは大変だよ。 日本人は決められない。逆に決めずにそこにとどまりながらコヒーレントな状態を続けることが出切る。そうして、同じテーマを時間をかけて何度も何度も考えて精進し高めてゆく。 以前の made in Japan の製品は分かるだろう。 そういうところでは日本人は十分優れられる、。優れられるが、ホントは別に優れる必要もない。 優れなくっちゃ、と思った時点で「優れ主義」に侵されている。 そういう人が果たして「人権」とか言ってみても理解できるだろうか? 心の中では劣っている人を見て思わず下げずんで居るやつに人権を説かれても、そりゃあ偽善だよ。
と、ここまで書いた時に、横から嫁さんに話しかけられて、なにを次に書こうか忘れた。 なんか書こうと思っていたんだが、コヒーレントな私の心の状態がかき乱されて、すっかりどこかへ飛んで行ってしまった。。。

確かに、世の中には才能を持って生まれた人が居る。
彼らはそれを自分のものと思うかも知れないが、日本人はそうじゃない。 偶々、なんの因果か天からの授かったもので、 仕方ないので、それを世のため人の為に使おうと思う。 才能がないのに、そういう立場に立つとそりゃあもう大変ですが、才能があっても並大抵の事じゃない。結論はこうだ。まあ、なんども言うが、私は普通が一番だと思う。

2013/6/7軽井沢日記
同じく、忙し過ぎ(^^;)。
明日はなにすりゃあ良いんだっけ?

とりあえず、
・畑に行く。
・薪割り、小枝の整理。
・自転車整備。
・録画の整理。

ヘロヘロになって風呂にはいって、もうダメだと倒れるように寝ようとしたら、 私の枕とシーツの上にゲロした奴が居る。誰だ? 枕はカバーを取ったんだが、ベットシーツはやりなおす元気はなくて(そもそもどこに洗濯したのがしまってあるのかも知らない)、めくって寝た。
子供の頃にかっていた猫は悪いものを喰ったときくらいで、こんなにゲロしなかったと思うんだが、食い物のせいか、 飼い方のせいか? いずれにせよ最近の猫は良くゲロする。 家中、ゲロだらけ。

夏はソーメンとうことで、今年も学友のやっているソーメン屋から取り寄せて喰った。 日本初、機械で延ばす手延ソーメンとうことで偉そうにしているので、そりゃあ何だ? と聞いたら、いわゆる機械で延ばす場合は、手で延ばすのと全く違う延ばし方をする。ところが、ここは手で延ばすのと同じように、機械で延ばすらしい。 人なら、途中でつかれて手抜きしたりしますが、機械は文句言わない。 よって、下手な手延よりはよほど美味い。って事らしい。 確かに、麺はツルツルで腰があって美味いです。
神楽坂でやった同窓会の時は小豆島から出てきたんですが、手ぶらで来て、皆からソーメンはないのか!? と責められてました。
ネットで購入できますが、私はそれほど親しかったわけじゃあないので、私の名前をだしても安くならないかも知れません。あしからず。

2013/6/6軽井沢日記
忙し過ぎ(^^;)。
ジジイなんだから手加減してくよぉ。 ビジネスモデル、崩壊している。 といっても年金は当てにならないし、今更割の良い職業も難しいし、大変ですねぇ。 世の中はどんどん変わるので、外から見ている分には非常に面白いのですが、「逃げ切り失敗」世代かも。

ニュースから。
アトピーはカビが原因だった。これ、元アトピーの私には結構説得力がある。
(1)兎に角、汗をかいちゃだめだ。 なので冬でも半袖、半ズボン。
(2)次に、掻いちあ駄目だ。 掻くと一気に悪化する。悪化すると、なんにでも反応するようになる。 って、痒い場合は気がつくと掻いている。 痒いのに掻かないなんて、無理、無理、無理。 寝ている間の自分の行動なんか、責任とれませんもの。 例えば、トイレ。 私はトイレを汚すな!と言われてて普段は座って用を足します。 極稀に、気がつくと、便座が上がっている時があって、??? 嫁さん、私が居ない間に男でも連れ込んでいるのか、はたまた、我が家が留守の間に誰かがが入り込んでいるのか知らん? と怪しんでいたらら、犯人は夜中にトイレに立った時の私だった。 なんで分かったか?って、用を足している間に、我に返った事があったから(^^;)。
おいらなんか、偶々、私が憑依している時は私ですが、そうじゃないときは誰か知らない人ですから。
話は戻って、なので、兎に角、痒くなりそうだったら、兎に角痒みを抑える。
ムヒでもなんでも市販のステロイドが入ってない奴で全然十分です。
(3) あとは、体力が落ちていると発作を起こして出るので、あまり疲れすぎないことです。 って、アトピーでそう。

我が家の窓からの景色です。 一面、緑です。
野鳥、自然の餌が増えたみたいで、めっきり減りました。 ゲンキンなものです。 カラ類は余り来なくなった。鳩もずっと減ったんですが、まだしつこく訪れる奴が居る。 未だ、成鳥になりきってない(セイチョーと言えば、アヘさんのは整腸戦略で、セイチョーとは関係ありませんが、○○さんはネットじゃあガラモンと呼ばれているらしい:ネットの人達、面白すぎ!)と思うんだが、少し小さい。 餌、出し忘れていると、台所外のデッキの手すりにとまって催促する。

野鳥といえば、この時期は鳴き声が凄い。
鳴き声じゃなかったんですが、二等兵と散歩していて気になる音がず〜っとするんですが、検索したらきつつきのドラミングだった。もっと静かにつつく時は映画プレデターのつぶやきのように聴こえます。

2013/6/5軽井沢日記
今日も寝不足で、薪割り作業なし。
通り雨もあった見たいです。

禁煙率がこれだけ増えているのに、まだ肺がんが増加してます。 これをもって、極端な嫌煙主義者は受動喫煙の影響だとか、潜在期間があるんだとか、またキーキーとヒステリーを起こす姿が見えます。何が何でも、喫煙のせいにするんだと思う。 昨日の健康診断でももし禁煙しろ!と言われたら「泉重千代さんは、毎日ピース缶を一缶吸ってた」と軽口叩こうと思ってたら、最近、健康診断ではいぜんほど煙草は注意されなくなった。 極端な嫌煙主義者は、禁煙してたら150歳まで生きられたと言うのか知らん? 因みに、重千代さんは医者にたばこを止められてから、1年も経たずに亡くなった。
重千代さんに限らず、ヘビースモーカーが煙草を止めて直ぐに亡くなるという話は良く耳にする。 弱って吸えなくなったら、吸えませんが、無理に禁煙しないほうが良いと思いますよ。 でも、何度も言いますが、アメリカ産煙草は止めたほうが良い。
で、今回のニュースも、冷静な人なら、これは普通に放射能か PM2.5 が影響しているんだと判断すると思う。 中国からの PM2.5 は今に始まったことじゃないとも言うし、他にはディーゼルの排ガスも悪いらしいが、ディーゼルも減っているし、私は放射能の内部被曝が一番の原因だと思う。 あれだけ甲状腺の異常が見つかっても、心筋梗塞などの突然死が増えても、決して放射能のせいにしない人は、肺がんのせいにもしない。当然の結論。

それにしても、今年は寒い。 寒いと言っても昼間は20℃を超えたりしますから、とても過ごしやすい。 でも、夜中は10℃を下回るので、私みたいに起きていると寒い。 二等兵も丸くなって縮こまって寝てる。

★ つまらない。HD 整理のために観た。 焼かずに削除。 で、パロディですが、映画の中で火星人が「現在の金融制度」をぶっ潰すとか、言ってた。 まあ、普通の人ならスルーでしょうが、ネット見ているひとなら引っかかっちゃいますよね。
まあ、今の制度は可怪しい。 右から上がりの発展が前提なら、確かにしばらくは上手く行くと思う。 でも、今の世界をみれば分かりますが、金融緩和してもインフレにはなりません。 金利だけ上がって、経済は大して成長もせず、給与は上がりません。
それどころか、モノの生産力は既に過飽和し、無理にこんな駄物を安く大量生産、大量破棄を繰り返していたら、近々に地球のリソースは不足する。 経済を含め、金融制度ももう変わらなければならない時期に来ていると思う。

安全で再生可能な生き方、ロハスというのがありますが、 最近はこれに加えて、自給自足経済圏、bogslife と呼ばれるものも一部で注目されるようになってきた。 これは単なる生き方だけの話じゃなくて、国のあり方まで変えちゃおうというもので 彼らにとってはかなり危険な思想かも。 これまでは、中央(一般には行政機関を思い浮かべますが)とつながることで、一定のサービスを受けられますが、そうじゃないとその社会では生きられないように中央はシステムを作ります。 井戸で浄化槽なら、水道と下水に関しては自給自足ですが、水道と下水に接続した時点で、その町の行政機関から制約を受けるようになる。 これらも、TPP 締結後は民間になるかも知れませんが、既にいくつかは東電をみても分かりますが民営化されてます。
ブロガーの○○○○さんは、太陽光発電で電気も自給しているらしい(ガスはカートリッジを買って来て使っているらしい)。畑もやってます。 このブロガーさん、危ない発言を繰り返してますが、自給自足やられると、制御しづらい。 お金持ちに小銭を見せびらかせても言うこと聞かないように、 国レベルでは、金融力なり、軍事力も必要かも知れませんが、自給自足の人をサービスをしない、もしくはひど目に合わせるというネガティブな力では管理することはできません。
もし、逆に自給自足経済圏が可能なら、そうでなくてきっちり相手と話をし納得して協力しあう事が必要になります。つまり、正の力でまとまる必要がある。 それは、そのコミュニティを政府だかなんだか知りませんが、一部の特権階級の手から構成員、全員の元に取り戻す動きになります。 政府もそれは防ぎたいと思うだろうが、それ以上に政府を操っている輩からすればもっと危険な動きといえると思う。

2013/6/4軽井沢日記
一時間半しか寝ずに、不健康診断に行きました。
今年は、左耳の難聴をクリアしようと頑張ったんですが駄目でした。 今年、もう少し鍛えて、来年に再トライだ。
不整脈は今年は平常心で臨んでクリア。 無理にクリアしても全く意味が無いのですが、この不整脈、都会に住んでいた時と比べると随分と良くなった。
相変わらずデブはデブ。
帰り道、御代田の途中からみた浅間のハート、ホントに綺麗なハート型でした。

で、会社にもどったらエライことになっていた。
まあ、なんと忙しいことよ。 そりゃ良いとして、最近軽井沢は自転車が多い。マジな自転車ね。 多分、グランフォンドの練習だな。
不健康診断で佐久にいったついでに、買ったコールマンの2年保証のライターが1日で壊れた。まだ、使えることは使えますが。
他にも書きたいこと、一杯あったんだが、忙しいので記憶にのこらず忘れた。

Dennys に行った。
東京に行った時は嫁さんと合流して中村橋の Dennys に入った。
ステーキを喰ったんだが、これまで喰ったファミレスの中では最悪かもしれないくらい硬かった。嫁さんが注文したスパゲティも味がなくていまいちだった。 おかわりの珈琲は新人の店員が回っていて、二杯おかわりしたが、半分くらいまでしが注いでくれないので、実質一杯だ。
で、不健康診断の後は昼食に佐久の Dennys。 長野県独自メニューがあったので、私はそれを注文。味は普通。 新しい男性の店長さん?が居ましたが、愛想はともかくサービスはいまいち。 喉が乾いていたので出された水、一気飲み。 料理をもってきたとき、分かるようにテーブルの上の場所においておいたが、無視。 おかわり自由の珈琲も注文したがこれもおかわり無視。 食べ終わった食器を片しても、無視。これだけ無視する店も少ない。 とりあえず、珈琲だけ声がけしておかわりした。
ここは、2003年に越してきたばかりで利用したときはバイトのお姉さんは、いかにもコーコーセーのバイトって感じでグダグダ。ず〜と店員同士で無駄話をしていて、場末の田舎の喫茶店か! というサービスだった。この時と比べると、随分普通になったが、もうひと踏ん張りしないとね。

2013/6/3軽井沢日記
やっぱり疲れたみたい。おまけに寝不足。今朝は一度は時間通り目を覚ましたのですが直ぐには起きられず、薪割りや小枝の片付けする時間が取れなかった。
なにか、忘れていると思っていたら健康診断だった。 検便を取るのを忘れていた。今日、2回、トイレに行くようだ。



東京に行ったという証拠写真。
2枚めの写真を撮っている側、ここに丁度灰皿がある。 で、煙草を吹かしながら、撮ってみた。 背中は旧モリハナエビルでしばらく工事してましたが、昨日はもうオープンしてました。
私、古いタイプの人間なので未だにガラケーを使ってます。 スマフォも持ってますから、2台構成です。 身分不相応。最近は特にお小遣い、厳しいので1台にしたいところですが、スマフォ1台だと、ちょっと勇気が要ります。 で、昨日は東京だったんですが、新幹線とか電車の移動が多かったので、 スマフォでず〜っと音楽を聴きながら、ネットをやってました。 駅探をみて行ったら、駅探って馬鹿っ。乗り換えで1つ前の快速に間に合ってしまって、結局1時間早く着いた。余計に時間が出来た。 で、ドトールに入って煙草をすいながら音楽を聴いた。 結局、ベートーベンの弦楽四重奏、11番から始まって12,13,14、15、16と聴いて、1番にもどったた途中で終わりましたが、途中で電池がなくなりました。 最近のは随分よくなったと聞きますが、私のはOS2.3でかなり古い。 なので、こーいうことともあろーか、なんてか考えるまでもなくちょっと使うと電池はもたない。もたいないので、予備バッテリーはカバンの中に入っている。 3回分充電できる!って奴です。 実際に使ったのは、今回が初めですが、あと2回充電できるかどうかはわかりませんが、確かに満タンにはなった。
帰りは嫁さんの車に拾ってもらって、帰りました。 早起きして眠かったので途中から寝てしまった。

東京は、今年は涼しいと聞いていたのですが暑かったです。 戻ってみたら、軽井沢やっぱり寒かった。 私は寝てたので戻った後は多少元気になって、風呂に入って寝ましたが、嫁さん、 疲れがでたのかそのままリビングのソファーで寝てしまう。 起こしても起きない、風邪をひかれても困る。軽く薪ストーブを焚いておいた。

とある、マンションの非常灯が幾つか点灯せず、消防署の検査でひっかかったらしい。 いくつか弾切れは仕方ないとして、それよりも驚いたのは、バッテリーが全部死んでたって事。大規模修繕で全とっかえしているので、10数年経っているが、それでも多すぎ。 最近、関東地区のマンションではこの不具合が多い多いらしい。 って、最近得た知識を総合して考えて、直ぐにピンと来た。 計画停電の影響ですね。 過放電保護回路が入っている非常灯は大丈夫ですが、何時間も停められることを想定してない非常灯なら、これで過放電になって一発でアウトです。 常灯のバッテリーは全部死にますね。こりゃあ、東電に請求すべき案件と思う。
今度のは LED にするらしいが、LED 自体の耐久性はあっても回路がヘボいと回路から先に壊れる。それに、バッテリー保護回路がないとリチウムイオンでも駄目ですね。 どーなっているんだろう?

2013/6/2軽井沢日記
発地をプラプラした時の写真です。
立体感を出そうとして F5.6 で撮りましたが、失敗です。 ピントが合った箇所の解像度は F5.6 の方が高いかも知れませんが、 外れたところはボケるので、 F5.6 で撮るならもっとメリハリつけるべきでした。 やっぱりもっと絞ってキリキリにした方が簡単に落ち着く。

この道路からは、どこからでも浅間が真正面に見えます。 イチゴ農園の傍です。 町のサイクリング道路にも指定されてるみたいです。
発地、軽井沢でも良い味出してます。
地元民は軽井沢から取り残されていると感じてる人もいらっしゃる見たいですが、逆です。他はやられたい放題です。 まだ土地が残っているのでいろいろな計画が在るみたいですが、駄目ですよ。 土地手放しては。

HD レコーダーのHDの残が直ぐなくなる。 BD-R がなくなったので、新たに買ってきてもらって、そちらに焼いて移動する。あー面倒臭。 焼くのも面倒だが、焼くか消すか判断するの面倒。 焼いても見ないと思うが、消すには惜しい。こういうレベルが多すぎ。
で、ヒミズを観た。
★★★★ 原作は読んでいません。wowow で録画で観た。 どこを見るか? ですが、震災は関係ない。 現代風なキレ方で描いてますが、これも関係ない。 両親が居なくなった、取り残された中学生の心理を、我が身とダブらせて観た。 まだ知識がない子供なのでまだ具体的にどうなるというのが分からい。 なので、恐怖というよりは不安の気持ちが強いと思う。 先の、TVでキレイ事を曰うコメンテーター達は、こういう不安の気持ちを知っているのか知らん? 頭では無責任に想像できるかも知れない。でも、たった一人、という底なしの不安を知った事にはならない。
主人公が私と徹底的に違うのは、彼は本当に一人だったって事かな。 私には一人と言っても下に兄弟二人が居た。正確には兄弟3人だ。私が一番上。 一人なら、グレたりキレたりできたかも知れないが、当時の私にはできなかった。 それは彼らを見捨てることに等しかった。
主人公は、周りには彼を応援してくれる仲間は居たが、上京してきたばかりの私には、知人と呼べるひとは一人も居なかった。ホントに一人(3人だって言ったばかりなのに)だった。 ただ、田舎には、母方の爺さん婆さんがいて遠くから心配していてくれた。
今ならネットがあっていろいろ違った展開も考えられるが、当時はそんな気の利いたものはない。。
他方で、私の場合は高度成長経済している最中でまだ社会には希望があった。 みな、豊かになるために一生懸命働いていた。 中学生でも職種と問わなければ、バイトはいくらでもあった。 今の方が社会に希望がない。 ましてや、311後は、TVじゃあさっぱり報道しなくなりましたが、直ぐには進行しない癌を宣告されたのと同じ、段違いに重い空気が流れてます。

2013/6/1軽井沢日記
よく考えてみたら、明日は東京だ。嫌だなあ。暑そう。
半ズボンでいったら怒られるかなあ? って、嫁さんから。 早起きしないと。

さて、今日は畑に行った。例によってヨモギ抜き。 まだ手で抜ける。思うに、例年よりもヨモギの生育が悪いので、畑、多少酸性度が下がったかも知れない。買ってあった、pH 試薬、どこかにあるハズなんだが。 玉ねぎには酸性が弱まるどころか、アルカリに振らないと駄目みたいです。 最後、尿素がどうこう聞いたが、私はそこまで手をかけない。 駄目なら駄目でも小さいのが出きる。それも又、楽し。 小さくても、200本植えたので、多分、そうとう食いでがある。
2年めからは完全に放置農法で、農業らしいことはほとんど何もしていないのですが、 毎年様子が違うのも楽しい。行くまでは苦痛ですが。 もっと近いと多少違うんだが。発地に引っ越すか? って、発地の人からはお前みたいなのは来るな!と言われそう。
ともあれ、理由は兎も角、今年は昨年ほど酷くない。
大根は数週間前に種を撒いたのですが、やけに種の量が少ないなあ、と思っていたら、ぶちまけてたみたいで、畑の1区企画、びっしり大根の芽が出てきた。 歩けないくらい。 どーすんだよ、間引きするしかありませんが。
ニンニクおいつ収穫するんだよと様子見てたら、花が咲いてしまい、 出来た種は昨年植えてきたんですが、あれ、バラバラにして植えるのが正解だったみたい。玉ごと植えたら、一箇所から10本くらい目が出てる。 今更、どーしようもない。多分、大きくならないので今年収穫した分はバラして来年用にする。あとで、ネットで検索してみようっと。って、ネット農法か?
ほうれん草の種も撒いてきた。
ま、畑が、というより自然が楽しいんですよね。
帰り道、発地を回ってみた。あとで写真をアップする。
藤です。
軽井沢、フジの花、多いです。






発地諏訪神社です。
2枚め、ご神木。
3枚めは、賽銭投入口から覗いた内部の写真。

その後、薪割り少々。小枝も2束分整理した。 後は束ねなくても収納袋で収まるかも知れないが、当分焚かないので束ねて干しておく。 と思っていたんですが、夜、久しぶりに薪ストーブを焚いた。 寒かったのもあるが、洗濯物(泥だらけになった作業着)を干したら室内が湿気ってきたのもある。薪は余っているし。 因みに、軽井沢は一年中、室内干しが基本です。
そういえば facebook でコンサートの招待が来てましたが、今日だったのかなあ? 土曜日だ、行けん。 畑が始まると週末は暇じゃない。 あと、今週末はなにすればよかったんでしたっけ? あ、薪割りラストスパート、どうしても割れない分は、チェンソーで小さくするので、チェンソーの目立てをやっておかないと。
大体にして、facebook ウザ過ぎ。私の趣味じゃない。 twitter は長い文章書けないし、ブログは目につきやすい。こうやってひっそり日記を書いているのが一番、私らしい。







カテゴリ
書きかけばかりですが、。。
ご注意:ここで述べられていることは、個人の単なる主観、インプレッションであり 客観的な事実でない場合もあります。
B型性格で、 多少誇張した表現や誤解を招きやすい表現があるかも知れませんが、 誹謗中傷する意図はありません。


Copyright Mr.Flat