Mr.Flat の軽井沢日記

自己紹介:美しい村軽井沢は日本のマチュピチュです。
そんな軽井沢へ、アーバンデザインさんにお世話になり、2003/1、極寒の冬に越してきました。
現在、軽井沢ライフを200% 満喫しております。
軽井沢リゾートライフをお考えの方に
いまさら参考になるようなものは書けませんが、 こんな私でも軽井沢を楽しんでます、 って意味で、もう暫くの間、軽井沢日記を書かせて貰います。

軽井沢移住計画(まとめ)をこちらで作成中。

注意:日付は(数日したためた後で)表に出した日付でその日の出来事とは違う場合があります。
通し番号のようなもの、もしくは夏休みの日記と同じとお考え下さい。
前後、2週間程度は余裕を見てください。
必要な時には随時本当に日付を文中に記します。
基本的に嘘は書きませんが、産まれ持った性格的にお調子者の気があり、多少表現がオーバになったりするかも知れません。
又、思いこみや早とちりも多い方で、本人は事実と思っても、実際は違っている場合もあります。
後から気が付いた場合は訂正するように致しますが、
その辺り差っ引いて(加味して?)ご判断下さい。

アーバンデザインさんについて
物件を探すにあたって、最初は「欲しいリゾート」とか見て幾つかの不動産屋さんにも入りました。
小さな不動産やさんのアーバンデザインさんは最後でしたが、その後はず〜っとアーバンさんに紹介受けました。
不動産屋さんなのにとっても正直で真摯な、少し変わった不動産屋さんです。
アフターフォローも万全、水抜きの方法をはじめ軽井沢生活のノウハウを色々教わりました。
サラリーマン不動産社員とは、ひと味もふた味も違います。
自信を持ってお勧めします。
お金のある人も私みたいにない人も、先ずは、アーバンデザインさんまで訪ねて相談して見よう!


リンク


中山たばこ  パラダイス  古月堂  ブロンコ  丸寛食堂 
萬里(ばんり) 赤バス  三和良一研究所 軽井沢-ON.com
カフェイーナ  小野崎純 チェロ奏者 
ペンション・シルバーストン 

銅鍋の寺山さんのサイト  五月野自転車 
小名工務店   ドイツ観念論のページ

かるいざわ気分 denden PC修理・PC教室  軽井沢-ON.com(台湾)

北軽井沢ブルーベリーYGH 軽井沢観光ガイド   軽井沢グルメガイド

軽井沢絵日記 MaystormJournal
磐井の里から← おすすめ KOSHIRYOKU
実験記録 No.02 1984年動物農場
軽井沢 大雪・浅間山対策情報&SOS! 情報シェアグループ

週間天気予報 気象庁アメダス 軽井沢の放射線量

Mr.Flat プロフィール
軽井沢知らぬが仏、ド素人家庭農園(自然農法?)
バックナンバー
最新号
2019/8
2019/7
2019/6
2019/5
2019/4
2019/3
2019/2
2019/1
2019/12
2018/11
2018/10
2018/9
↑要認証
2018/8
2018/7
2018/6
2018/5
2018/4
2018/3
2018/2
2018/1
2017/12
2017/11
2017/10
2017/9
2017/8
2017/7
2017/6
2017/5
2017/4
2017/3
2017/2
2017/1
2016/12
2016/11
2016/10
2016/9
2016/8
2016/7
2016/6
2016/5
2016/4
2016/3
2016/2
2016/1
2015/12
2015/11
2015/10
2015/9
2015/8
2015/7
2015/6
2015/5
2015/4
2015/3
2015/2
2015/1
2014/12
2014/11
2014/10
2014/9
2014/8
2014/7
2014/6
2014/5
2014/4
2014/3
2014/2
2014/1
2013/12
2013/11
2013/10
2013/9
2013/8
2013/7
2013/6
2013/5
2013/4
2013/3
2013/2
2013/1
2012/12
2012/11
2012/10
2012/9
2012/8
2012/7
2012/6
2012/5
2012/4
2012/3
2012/2
2012/1
2011/12
2011/11
2011/10
2011/9
2011/8
2011/7
2011/6
2011/5
2011/4
2011/3
2011/2
2011/1
2010/12
2010/11
2010/10
2010/9
2010/8
2010/7
2010/6
2010/5
2010/4
2010/3
2010/2
2010/1
2009/12
2009/11
2009/10
2009/9
2009/8
2009/7
2009/6
2009/5
2009/4
2009/3
2009/2
2009/1
2008/12
2008/11
2008/10
2008/9
2008/8
2008/7
2008/6
2008/5
2008/4
2008/3
2008/2
2008/1
2007/12
2007/11
2007/10
2007/9
2007/8
2007/7
2007/6
2007/5
2007/4
2007/3
2007/2
2007/1
2006/12
2006/11
2006/10
2006/9
2006/8
2006/7
2006/6
2006/5
2006/4
2006/3
2006/2
2006/1
2005/12
2005/11
2005/10
2005/9
2005/8
2005/7
2005/6
2005/5
2005/4
2005/3
2005/2
2005/1
2004/12
2004/11
2004/10
2004/9
2004/8
2004/7
2004/6
2004/5
2004/4
2004/3
2004/2
2004/1
2003/12
2003/11
2003/10
2003/9
2003/8
〜2003/7
  • 私は私。オイラはオイラ
  • 昔は自称「リベラルな保守」と呼んでました。
    グローバリズム反対です。 おまけに反増税、反原発です。加えて護憲です。
    別に反米でも反韓でも反中でもありません。今のロシアは意外に好き。
    物分りがよくて、善良な一市民なのでリベラルだとは思いますが、最近のいわゆる意識高い系のリベラルとは違う。全く違う。私の意識は低い。
  • 真面目、不真面目の分類でいうと年中おちゃらけていてガサツで不真面目です
  • 「見た目は怖い」と時々言われますが、喋ると見た目と随分イメージが違うみたいです。
    今は一年中短パンですが、若いときはもう少しまともな格好をしてたのか黙っていると多少モテた。でも喋ると全然。学歴も身分も家も車もなんにもなかったので、男子をつかってステップアップしようとしている女子からはスルーされました。
  • 格差社会の分類でいうと貧困です
  • 立ち位置も貧民(昔の中流階級)側ですが、上品なホントのお金持ちは嫌いじゃありません。 成り上がりの嫌な金持ちは嫌いです。
2018/2/吉日

軽井沢ミカン「詰め合わせ」


予約受け開始

軽井沢日記

今風ミカン詰め合わせ

種類は時期によって異なりますが、 カンペイ、ハルカ、キヨミ等々、4〜5種類のミカンの詰め合わせです。
四国も降雪で収穫遅れてます。
今月中旬からの出荷を予定しています。
肝心なお値段は、2300円/5kg です。
今年は高いです!
販売できる量も少ないと思いますから、ご希望の方はお早めにご予約ください。
送料:100サイズ(5kg×1 or 10kg×1 or 5kg×2) 120サイズ(10kg×2) 単位:円
サイズ 四国 中国/近畿 九州 東海/北陸 信越/関東 東北 北海道 沖縄
100サイズ 566 669 720 720 771 1080 1512 1286
120サイズ 833 936 998 936 1059 1121 1687 1440
ミカンの注文、ジュースの確認は こちらから。

100%ミカンジュース(瓶詰め)

ジュース ミカンジュース の販売は、
詰め合わせの後になります。
昨年の値段は温州とキヨミは、はるかは、1瓶540円で、セトカは750円でした。
今年はまだ未定です。
3本、6本、12本、24本のセットで注文承ります。 送料が別途必要です。
送料は、12本は、100サイズ、24本は120サイズらしい。

完全無農薬 そば粉

2種類販売します。
各、1kg 単位。真空パックされてます。
左が「田舎そばのそば粉」右が普通の「そば粉」。
拡大してよく見るとわかりますが、田舎そばの方にはそばの実の殻の粒も入ってます。
生産地は、軽井沢風越。生産者は俺様。って、畑の空いているエリアに種撒いてたら勝手に生育しただけの放置農法!
そばの種の種類は不明。最初は、お隣の畑の人から譲ってもらったので、多分、軽井沢で普通に育てられている蕎麦だと思います。
皆で刈り入れ/脱穀して、私が一人でしこしこ唐箕をかけて、最後、粉にしていただいたのは由緒正しい軽井沢の知る人ぞ知る蕎麦屋さんの きこり さんで「石臼挽き」 です。
気になるお値段は、前からやってみたかったんですが時価 + 郵送料 にします。
1つの目安は、きこりさんの通信販売だと 1600円/kg だ。
どーしても試してみたい人は、上のリンクからお問い合わせいただくか、私のメールアドレスを知っている人は、メールで連絡ください。

2018/2/28(水)軽井沢日記

親戚に不幸があって東京まで行ってきた。
超早起きして行ってきたので眠い。
残された人の気持ちを考えるととても辛いものがありますが、当人は日本人の平均寿命からすると少し早いですが、十分生きたと思うので、若い人のような痛ましさはない。
かく言う私の残り時間ももうそれほど長くはないと考えると、焦る。というか、毎日、毎日が勝負になる。無駄な日を過ごす訳にはいかないと思うだが、思うだけ。

そりゃそうと、曹洞宗らしいのですが、3種類の楽器を駆使して、経を読むお坊さんの後ろ姿、リズムに合わせて体も揺れてとても楽しそう。 それを見てて、あ、これラップとか、トランス音楽と一緒なのがよくわかった。

車で流していたラジオで知ったんっですが、今夜から天気が悪いみたいですね。 もどってみて、天気予報をみたら、今夜から明日の午前中まで雪マークになってます。 ちょっと油断してた。 3時間毎で、明朝6時は、3mm の雨量予報になっている。瞬間的にはそこそこ降るかも知れません。


2018/2/27(火)軽井沢日記

薄くケムが撒いているかも知れませんが、晴れています。
ケムといえば、今の若い人は昔の蒼い空を知らないらしい。
確かに東京であの青い空をみることはほとんど無理だが、田舎だと今でも多少それっぽい日もある。 私が子供の頃は、そういう青が普通だった。 空、ホント綺麗だった。 一言でいうと空じゃなくて、底なしの深い宇宙が見えているって感じ。 井戸の中からは昼間でも星が見え、きっと目のいい人なら井戸に入らなくても星が見えそうな、そんな青だ。

先程、ガソリン、って軽油ですが、を入れてきたが、今回は高速が多かったのでリッター10km を超えていた。以前は、軽油は 60円台だったので非常に経済的でしたが、今はガソリンの値段以上に上がってしまったので、ガス代はバカにならない。
いざとなったら灯油でも走れる!ってのが心の支え、ってどんな支えじゃぁ。


2018/2/26(月)軽井沢日記

さて、今週も忙しいぞ。
という訳で、都内に出張。

ルノアールの喫煙席

車で行ったら、早く着きすぎて、ルノアールで時間を潰す。
喫煙ルームに入ったんだが、変な煙で頭が痛くなる!
JR のホーム上の晒し者喫煙室も酷いが、もっと酷い。
それ、多分、煙草の煙じゃない。 なんか煙草の煙以外のケミカルが混じっている。
というのは、例えば軽井沢紫煙会議。 夏はカフェイーナのオープンテラスで開催ですが、冬はブロンコとか、スナック純とか、部屋の中で開催されます。 私も含めて、喫煙者が多いので、ものすごい勢いで吸います。 文字通りモクモク状態になる場合がありますが、こんなに具合が悪くなったことはない。 愛煙家は 0.1mg とか変な煙草は吸わない。 電子タバコも吸わない。 もっと普通の煙草だ。
葉巻とか、強いタバコを連続して吸うと頭クラクラしますがそれとは明らかに違う。

悪循環を起こしていると思う。
  • 煙草が害があるというので、軽い変なハイテク煙草を吸う
  • 満足できないので余計に吸う
  • 変な煙草なので害がある
吐き気がしてきたので、そうそうに切り上げた。
おまいら、まっと真面目に煙草を吸おうよ! > 変な喫煙者

結論:これは煙草じゃない!

これじゃあ、受動喫煙、健康に良くないよ。
こんな環境で、働くウエイトレスさん、お兄さんが気の毒になった。

東京ってどこの国?

東京も色々ですが、今日行った場所は、街行く人の聞こえてくる会話、外国語の方が多かった。
軽井沢も田舎にしては異様に外人が多いのですが、その比じゃない。
以前は良く通った場所ですが、私が知っている頃はこんなじゃなかった。 コロンビア人は居ましたが。
凄い時代と思います。

週末の写真





遅くなりましたが、週末の写真をアップしておく。
1、2枚めが行きで、
4枚めが帰り。
1枚めの色は嘘。4枚めの色はややホント。
3枚めは、私の軽トラもアルミホイール!って図。


2018/2/25(日)軽井沢日記

くもり空です。
洗濯は昨日終わらせておいた。
フローリングは嫁さんがこれまで溜まった分を片付けるのに広げてている最中なので、まだ本格的に掃除できない。できるところだけやった。
薪運びは、カラに怒られながら、最低限は移動した。
冬に落ちた枝も拾えそうだからと思ったんだが、表はよくてもまだ裏が貼り付いてるのがあって、全部は無理だ。
ケルヒャーをかけようと思っていたんだが、表の蛇口の水抜き栓が凍っていて回らない?暖かくなるまで無理そうだ。 今何度だよ、って 1.9℃。真冬日じゃないんですけどね。
軽トラのスタッドレスタイヤは下ろした。 冬は運転しないし、万が一でも TG4 だから、要らないっちゃー要らないんですが、前のオーナーが持っていたので、そのまま来ちゃった。 でも、それ軽トラのスタッドレスじゃなくて乗用車のスタッドレスのようですが。

で、嫁さんが片付けしてたんですが、 要らないものは捨てるとして、要るものを保存しておく場所がない。 というので、納戸を片付けることになった。 納戸もなあ、もう私のものはそんなに残っていない。 これ要るんか、要らないんかいちいち聞きながら片付けをしていたんですが、途中で 「嫁さんのものばっかり」とつい口にしてしまったものだから、 嫁さん、大爆発。
別に非難するつもりはなかったんですが。
嫁さんの場合、4つが重なって、ここ数年超大変だった訳です。
私だったら続いてないと思うくらい。 で、忙しいといちいち判断している余裕がなくて後回しにすると、こうなるのんは仕方のないことだと思う。 思うんですが、私と違って本来は非常にきっちりしている女性なので、自分でも許せない状況なのに、それに残っている1つは私が原因なのもあって、 つい、余計な一言で、導火線に火が点いちゃった!
まだ機嫌悪い。当分だめかも。
予定が変わって今週末はこちらになったんですが、散々です。
ようやく4つのうち2つが先が見えてきたのですが、まだ先は長いのか?


今日も朝食にパン2枚くったが、メインというか夕食はどうしよう?
昨日打った分は、嫁さんと二人で全部食っちゃった。
また、蕎麦を打つか?

インスタントラーメンになってしまいました。

結局、昨日は朝食にパン2枚くったが、メインは蕎麦だけだ。
どんだけ食ったんだぁって感じ。 スパゲティじゃ、そんな量食えん!

プロジェクターのランプ、弱ってきた

土日しか、それも夜しかみないのに、仕様時間がどんどん増える。 で、このタイプは増えるとどんどん暗くなる。 で、結構なお値段なんだ、プロジェクターの電球。
お小遣い貯めておかないと。
今のは、LED ですが LED あと球切れしないんだろうか?

todo リスト

  • 薪運び(燃した分だけ)
  • LD プレーヤーも破棄する
  • 納戸も整理する
  • 車にケルヒャーをかける
そのうち
  • 自転車の整備(クライマー)
  • 離れの鴨居の裏の隙間を塞ぐ
  • 我が家の庭のモミの木も数本切って、もう少しスッキリさせる
  • ○○さんに自慢のスピーカを見せてもらう
  • 万座案件/草津案件、続き
  • メガネ屋さんに行くのはずっと後だ(混んでなさそうな時に)、困ってないし
  • サンルームを作る


2018/2/24(土)軽井沢日記

まずまずの天気です、軽井沢。
昨夜から、バカ犬の足の様子がまた可怪しい。
嫁さんが病院に連れていくというのですが、嫁さんは忙しい。 仕方ないので、私が軽トラの慣れドライブ兼ねて、北軽まで連れて行った。
3回めですね。
注射を2本打たれ、10日分の薬を貰ってきた。
これで良くならなければ、次は入院だそうな。
兄弟犬もこの病に罹ったらしいので、遺伝なんでしょうか?
嫁さんから言われてきたとおり、伸びてきた爪も切ってもらったんですが、お姉さんの無慈悲なカットに関心。嫁さんじゃあ、ああは切れない。 血でても、血止めのイエローパウダーはないし。

軽トラですが、前のミニキャブよりはずっと良い。
こっちのほうがずっと完成度が高い乗用車だ。 比べると、ミニキャブはもっと荒削りだった。
運転席が狭いのは慣れた。 狭いのは前後で左右は広い。 シートは肩までなくて、アンバーサポートのような感じだ。
ハンドルがミニキャブよりはずっと立っていて、ってコラムじゃなくてハンドルね。 ミニキャブはバスみたいにかなり水平だったんですが、こちらは乗用車に近い。 回しやすい。
で、行ったきりハンドルですが、アクセルを踏むと途中までは勢い良く戻るんだよなあ。 このまま戻るのかと思いきや、途中で戻りにくくなるんでちょっと違和感がある。 最後は手を添える必要がある。 ビスカス4WDですが、フロントタイヤ、普段から結構引きずっているので、そのせいかも知れません。
回頭性は良い。深いコーナーでヨー角度をしっかり作って、綺麗に回り始めたあと、コーナーの脱出かけて軽くトラクションをかけますがトラクションをかけるとす〜っと大回りになる。この車はそういうものだと理解すればOK。
北軽井沢、裏道に入るとまだ道路に圧雪雪が残っている道路もありましたが、幹線道路はもう全く雪はありません。 ありませんが、北軽の車、どれもこれも非常に汚い。 塩カルで融けた水を撒きあげて、乾燥したドロはドロ色に、塩カルは白く粉になる、雪国 特有の現象だ。 まあ、車、傷む訳だ。 私の車も今の時期、都内にいくと相当目立つんですが、北軽の車はみんなそれだった。 私の車は兎も角、軽井沢の車は全般的にはこれほどでもない。 これみると、軽井沢の人はこれでも、多少、気を使っているのが分かる。
あ、そうだ。明日も天気がよかったらケルヒャーで汚れを落とそう。

北軽からの定点写真を撮ってきたので、あとで掲載する。

薬を飲ませて様子を見てますが、今回は回復が遅い。
全然あるけないわけじゃない。 夕方、庭でオシッコしたときも大した傾斜でもないのに、転がってた。 眼振も収まらず、頭が傾いてきた。 リビングとの階段は無理すれば昇り降りできますが、寝室にはもう上がれない。
動物は相手の異常が分かるのは、猫のKは普段はそんなに中が良い訳でもないのに、バカ犬の頭を一生懸命舐めてた。

手打ちそば

今日は田舎蕎麦で打ってみたが、イマイチだった。3.7 かな。
今日はそば粉500g + 小麦粉 125g の8:2ですが、いつもより多い量だ。
やっぱり田舎そばは難しい。こねている間に、相変異は起きなかった。
体調もイマイチだったんですが、打っている間にもっと悪くなってきて(蕎麦うどんか?)、 切りも太くなってしまったのでしっかり茹でた。
みんなイマイチでしたが、でも美味しかった。
蕎麦おつゆは昨日のきこりで買って来たもの。 カツオの風味でとても美味い。 濃縮無しの1ボトル、400 円ですが、1回分は悠々としてある。
戸隠の瓶詰めより多い。って、戸隠の瓶詰めは、はて、幾らだったんだろう?

奴隷法案

論理の有名な話で、「偽ならば真」というのがある。
正確には次のようになるので、「偽ならば、真でも偽でもどっちでも導ける」んですが。
下の表で → は、ならば、と読む。 p ならば q の状況で、p と q がそれぞれ真偽だとすると、p → q がどうなるか? という表だ。
ケースpqp → q
1
2××
3×
4××
真偽は、それぞれ○×に置き換えた。
理系、文系を問わず、ちょっと真面目に勉強した人なら誰でも知っている。よね?
名前が付いているのかも知れませんが、基本中の基本で、名前は知らない。
真偽値表だ。多分、私の頃は最初に教わったのは高校の数学かな? 大学の論理学でも勿論教わりましたが。
今回の事態は、嘘の実態調査に基づき奴隷法案を通そうとしているわけで、正にこれ充る。
1.p ならば q なので、まんまだ。1のケースは分かりやすい。
2.p なのに q じゃないとしたら、最初の p → q が間違っている。ってことだ。
3 と 4 は、1、2 と比べると難易度が上がる。
3 だと、調査が間違っていても、奴隷法案が正しいと言っているようだが、そうではない。 3 の一番右のカラムは、論理が正しいと言っている訳で、その前のカラムの q つまり奴隷法案の正当性を意味しているわけではない。
4 の q は×ですが、この論理も正しいということを意味してる。
つまり偽を前提にしてよいなら、どんなことも真とすることができる!ってことだ。
これまでの内閣は、上の表の 1 のケースを辿ろうとして、嘘がバレて諦めたケースも多かったんですが、今の内閣はそういう意味では凄い。 あり得ないことを仮定して、酷い法案を通す。
この破壊力は歴代第1位だ。
なので、今の内閣「幼児性」とか形容されてますが、そうじゃない。

これまでとは違う動き?

ところが、この法案に関しては、これまでと違う動きがある。
これはさすがに拙いぞ、というのに気がついたこれまで「政治に無関心だった層」も多い。
戦争法案が通っても、機密保護法案が通っても、自分たちには関係ない。
ところがこれは、なんたって、自分たちの働き方に直結する法案だ。 これまでの政府の悪行は、自分たちには直結しないと高をくくって連中も、ちょっと待てよとなっている動きもある。
なに言ってんだよ、遅すぎだよ、という冷ややかなネットの反応もありますが、これまでとは明らかに違う動きも感じられます。

なんで、奴隷法案か?

これまで、酷いサビ残があったとしても「まあ、しょうがないか、やってやるよ」と、とかろうじてプライドを失わずに済んだものを、今度は「仕事が終わるまで、やらなくちゃならなくなる」、面と向かって強制される訳です。 プロとしての誇りもプライドもあったもんじゃない。
人間としての尊厳の否定だ。
まあ、それでも、仕事が上がれば良いけれど、中には上がらない奴だって出て来るわけだ。 これまでも、出来る奴は少ない時間で出来ていた。 これまでならサビ残で、おつきあい。出来るやつができない奴に教えたり、手伝ったりもしてたわけです。 先輩は交配を指導したものだ。 しかし、今度はそうじゃない。いきなり、お前、自分の力だけで最後までやれ!状態。 仕事が上がらずに、死ぬやつ、増えると思うぞ。
そういう意味では、名目は同じ仕事でも、先輩や出来る奴に多くの給与を支払うのは合理的だった訳だ。 ところが、今度は出来る奴は仕事が終わったら、さっさと帰れ!状態。 その代わり、給与は一緒です(上げません)、ってのが付いてくる。
そうは言っても、学校を卒業してたての新人が即戦力になる訳がない。
これを受けて、大学を各種学校にしようとしてますが、誰かさんは。
代わりに大企業では「新人を教える」という業種がもっと増えるかもしれない。 それとて、自己責任の話になって、教えるのは教えますが、それを身に着けてできるようになるかどうかは、受けての問題です。となって終りだ。
でも昔からの日本の企業はそういうものじゃない。 その企業の文化、やり方がある。 それらを否定して ISO9001 で標準化できない企業を潰しに来てましたが、今度はこれだ。

といっても、裁量性を全く否定するわけじゃない。
私の勤めている会社、かなり裁量性みたいなところもある。フレックス過ぎるとう話もあるが、なので、朝、薪割りすることも出来る。
でも今出ているのは、派遣にまでこれを採用するわけだ。 事実上、裁量性でしか採用しないと分かっていたら、派遣が要請を断れるか? 断れる訳がない。 これを合法奴隷制度と言わず、なんと呼ぼう!


2018/2/23(金)軽井沢日記

雪は深夜過ぎにやんで、今日は晴れてます。否、薄曇りかな?
春の陽射しを感じて、暖かいです。
昨夜の雪はもう完全にありません。消失です。

ちょっと打ち合わせがあったので、 きこり で蕎麦を食いながらやった。 きこりさんの蕎麦はいつも通り超冷たかったんですが、味は今日はきこりさんにしては、イマイチだった。 帰りに「蕎麦汁」も売っていたので、2つ買って来た。 明日は、自分で打った蕎麦、この蕎麦汁で食ってみる。

軽トラ

結局、買い換えることにした。中古のアクティに。
軽井沢だとRRのホンモノのサンバがブランドです(ダイハツ製のOEMサンバは偽物です)が、群馬だとアクティが人気のようです。
サビサビなのは大差ないのですが、見た目はこっちの方がずっと綺麗。
距離はこっちの方が走ってますが、もうそれほど乗らないので気にならない。
新しい、軽の規格なので荷台は広い。
でも運転席は狭い。せまいけど、手足のみ時間私にはそれほど苦でもない。
なにより、雨が降ってもエンジン始動できない心配しないでも良いのが安心。

見た目は、前に観に行ったときより随分綺麗になっていた。
下回りの錆止めもやっていただいていた。
タイヤは前の軽トラから移行した TG4、ほとんど新品だ。
で、ホイールがなんとアルミになっちゃいました! 前回、慌てて TG4 に変えたときに、ホントはsアルミにしたいんだけど、みたいなことをちょろっと話した。 時間ぎれでそのときは諦めたんですが、そうたら今回丁度余っていたアルミがあったので、それにしておきました!って。
吸盤のナビを取り付けるところがないらしい。後で工夫しないとです。 軽トラじゃ遠くに行かないので要らないっちゃー要らないんですが。
中古なので取りに行っても良かったのですが、一応「納車」なのでお届けするというのでしてもらった。
今日、ちょろっと乗った感じだと、ハンドルはかなり行ったっきり。

メドベージェワ

フリーは同点だったんですが、負けちゃいましたね。
せっかくなので貼っておきましょう。

F1 続々新車発表

以下は単なる見た目です。それもチラ見の。
○ ウイリアムズが良いのは予想した通り。
小さなサイドポンツーン、ギアボクスウイング、攻めてきました!
◎ メルセデスは王者なのに攻めてきました。当たるとまた突き抜ける。
リアの過激な絞込み。サイドポンツーン下の抉り。
5年連続チャンピョンですから余裕かましてます。
△ フェラーリー、今年はどうかな?と思ったんですが良さそうだ。
× マクラーレンは色だけ良い。
パパイヤオレンジ、懐かしい色です。 因みに、パパイヤオレンジで速かったのは、G7 の CanAam カーでパパイヤオレンジのマクラーレンは多分一勝もしてない。 マクラーレンがF1 で速くなったのは、ヤーボローカラーの M23 からだ。
で、開幕まで大幅アップデート予定って、要は「まだ完成していません!」ってことだ。
△ ルノーワークスも気合を入れてきたのはわかる。
△ 意外に大人しかったのはレッド・ブル。 カラーリングのせいかも知れませんが。
シェイクダウンを兼ねた、フィルミング撮影でいきなりクラッシュ! って、全然大人しくないか。
カラーリングも実は目眩ましで、ニューウェイがなにかやってきている感じがしないでもない。
× ザウバー、
× ハースは、別にって感じ。
× フォース・インディアは、いきなりチーム売却の噂がニュースになっている始末。

後、チームで正式発表していないのはトロ・ロッソ・ホンダですが、こちらはエンジンが一発でかかったとか、シェイクダウンでは雨にも拘らずエンジン止まらずに(って、それがニュースになる!)走りきった!

Tech3 YAMAHA 離脱

記事は、 こちら なんですが、??? だったんすが、直ぐに この記事 がでて納得。
ザルコは、YAMAHA ワークス入りですね。
じゃあ、Tech3 はどこのバイクを使うか? ですが、私は是非、Kawasaki でジョナサン・レイで出て欲しい。このコンビは、スーパーバイクじゃ敵なしだ。
Kawasaki は自分が前面に出て motoGP をやる気はないので、 Kawasaki を引っ張り出すには、余程しっかりしたチームが必要。 Tech3 なら大丈夫、その力はある。


2018/2/22(木)軽井沢日記

今日も東京から電話で嫁さん起こされて、そのまま東京へ。
今回は両親ではないのですが、近しい老人が多いのでまあそうなる。
この歳になると、朝早くとか夜中の電話は、気持ちの良いものじゃなくなる。
戻れるなら戻る予定ですが、気をつけて行ってきてください > 嫁さん

軽井沢は、薄曇りかな?
ケムトレイルかも知れませんが。

夕方から、雪になりました。

Pentax K-1 Mark

油断してたら、発表されてました!
な、なんと、K-1 も5万円支払えば、K-1 Mark に改造してくれるらしい。
APS-C のフラグシップもそろそろお願いしますよぉ。

幽体離脱

面白半分で、幽体離脱の話をしていたら、○○さん、実は幽体離脱したことあるんだって。ひょえ〜っ!
普通じゃないと思ってましたが、まさか幽体離脱したことなるなんて、思いもよらかった。離脱したことある人、知っている人で初めてだ。

平昌冬季オリンピック

余り見てないし、まだ終わっても居ないのですが、これまででこのオリンピックを私的には象徴するのがこのシーンだ。
私は台湾と韓国は親しみを感じる。韓国人と日本人似てますよね。 中国大陸よりはずっと近い気がする。
で、真央ちゃんのときが有名ですが、お隣さんは自国の有力な選手が出場する場合は、いろいろ仕掛けてくる場合がある。 選手本人は無関係でも、回りで、どうしてもその選手を勝たせたい場合に、企む人が居る。 韓流ドラマを見ていても、こういうの結構普通だ。 表の正論が通じないから、裏でコソコソやる文化(失礼!)になったんだと思う。 理不尽なのはどこの国でも同じだ。 ですが以前の日本人はもっと潔かったのでそういうのは少なかったんですが、最近の日本も結構そういうことをやる。時々バレてますが。 で、今回もスターターは小平選手のときだけ不思議とタイミングをずらせた。 多分、買収されてたんだと思う。
彼女はそんな揺さぶりにも動じることなくいつも通り滑って勝った。
立派!

で、彼女茅野市ですが、茅野市は不思議な街で、こういう顔 をした人が多い。
諏訪湖の回りは怪しい。 守谷さんがあるので、そっち系の可能性もあるが、多分、縄文の血だ。私の友人もこういう顔をしている。 こういう、ときのこういうは表現するのは難しいのですが、ちょっと不思議な感じがする顔。
で、話は戻るが、個人と個人は、個人と個人だ。問題は少ない。 国籍なんか全く関係ない。 この個人は、組織人の対義語としての個人だ。 というのは、組織が絡むと急に面倒くさくなる場合が多い。 その場合の「組織」ってなんだ? 組織人になってしまう個人ってなんだ?

で、今回は、彼女が一位で、韓国の選手が2位だった。
これ、逆でこんなことしたら、今の日本だと、文句をいう奴がでると思う。
文句を言おうにも言えないネトウヨの呟きに、笑ってしまった。
韓国からすれば、韓国の選手が2位で逆だったんですが、韓国のネットの対応は立派だった。
そうだよなあ、前の大統領を引きずり下ろした国だ。 今の日本人は、もっと酷ことをやられても下ろせない。 きっと笑われてますね。
でもな、韓国人、真面目すぎてちょっとウザいときがある。結構ある。 台湾人の方がお気楽だな。私が知っている人だけかも知れませんが。

で、IOC だ。
バッハ会長は、ノーベル平和賞でも狙ってるんか?
ロシア選手は排除するわ「向こう側」に媚売りまくり。
まあ、どんな思惑があろうと、上手く収まってくれれば良いのですが。

で、ロシアというとメドベージェワだ。
スプートニクにしょっちゅう出ているので、私も知っている。
この娘、親日でセーラームーンのコスプレで舞ったこともある。
同じくロシアのザギトワ選手との対決が話題になってますが、そういう訳で私はメドベージェワ派です!


2018/2/21(水)軽井沢日記

今日はくもり空ですね。

さて、今日は車から降りるとき、大きなブーツが邪魔で足が抜けずに、頭から転げ落ちそうになった。
ひっかかったのはブーツなんですが、私は手足が短いので座席がかなり前に位置している。なので、余計にドアと座席の隙間がなくなる。 つまり、もともとは手足が短いのが原因だ。
今日は転げ落ちずに済みましたが、もっと老いるとそのうち落ちる。 歯、折れるな。 次、買い換えるときは座面がもっと低い車だな。 それとも、もっと前から開くドアの車ってあるんだろうか?

忙しいので、今日はスルー

久しぶりに、 藤原直哉 です。911バラしてる。トランプ褒めてる。影の政府の話をしてる。 共感、勇気、自然だそうだ、インターネット。 うん、確かにインターネットは凄い!
こちら も面白い。 こちらはブロックチェーンの話から始まる。 ブロックチェーンは、霊界というか、この世の仕組み、真理と同じだそうな。 で、話はどんどん広がる。

彼はユニークだ。
ともあれ、人は、ユニークであることが大切。
100人のユニークな人がいれば、100通りの意見がでる。 意見は違って良いんだ。


2018/2/20(火)軽井沢日記

昼間は綺麗に晴れてました。

今年の畑の計画メモ

今年の畑の計画を立てないとね。

  • 蕎麦は昨年並か、ほんの少し増やす程度(収穫しきれない!)
  • じゃがいもは減らす
  • さつまいもは再挑戦
  • カボチャ2苗 → 4苗
  • イタリアン・トマト → 今年並
  • 落花生 2袋 → 3袋
  • 他、変わらず

2104年問題

だそうです
大変だぁ! 私は生きていないけれど。

スマトラ大爆発

この写真より、クリックしてリンクの動画を見てください。 動画撮影している場合じゃない、とありますが、我が家からみた浅間ががこんなんだったら、多分我が家は火砕流に飲み込まれて一巻の終わりだ。
万が一の逃げ道、ルートは考えておいた方が良いと言われても、 離山の影に隠れてもなあ、離山自体が飲み込まれそうだ。
碓氷を降りても、追いかけられそうだ。
こんなには大きくならないと思うし、前回みたいに北側に崩れるなら、こちら側は多分問題ない。方向が重要。
前回は北側は鎌原観音まで行ったみたいだから、前回の規模で東に崩れたら結構ピンチ。 そうしたらしょうがない、見晴らし台まで登って迫りくる火砕流を記念撮影だな。 碓氷峠は低い位置だから拙いけれど、見晴台はそこそこ高い。 そこまで来たら、もう観念する、ってことで。
どこに逃げる以前に、なにを持って出るか?を決めておかないと、逃げるに逃げられない。

ボケ、認知症、独房

入院して、老人の場合入所で、三ヶ月も刺激のない部屋に閉じ込めれば、人は大体ボケるらしい。
これはその人の在り方にも大きく依存する。
外部刺激に依存している人なら辛いと思う。 TV があっても、今の TV は脳を活発化させる番組はほとんどない。 他方、外部刺激がなくても「大脳の安定化装置」が効いて無い人なら、内部刺激が十分得られて平気かもしれない。 お坊さんの所業も似たようなのがありますが、瞑想とかコヒーレント思考ができる人なら平気と思う。夢見る子供も以外に平気かも知れない。

嫁さんの両親も多少認知症が入ってます。
もう何年も某大学病院の物忘れ科に通ってますが、その進行は「極めて遅い」と診断されてます。
何度か入院された事ありますが、たしかに入院するとボケが進みます。 ところが、退院した後、嫁さんが外に連れ出すと徐々に元に戻ります。 毎週は無理でも、週末に戻って会話し、かなり強引に外に連れ出しているのが効いている様にみえます。
ところが、籠池さんは独房だ。それに、決して若くない。
TV も無ければ、話し相手も居ない。外部刺激はほとんどない。結構辛いと思うぞ。
出てきたときに、どうなっているか注目する必要がある。元右っぽい人なので、裏切られた事に対する怒りの一念で、乗り切るかもしれない。
伝え聞くところに因ると、検察は否認すると、起訴されるまで、延々釈放しない場合もあると聞く。長いと2年とかあるみたいだ。 よくもまあ、こんな非人道的な事、基本的人権を無視した非道が行われているもんだと思う。これ、完全に憲法違反と思う。
元カルトの代表は、頭が壊れたと伝えられてます。 家族に面会しても認知できないらしい。 瞑想できるなら、平気だろうと思うんだが、そうじゃないらしい。 この人の異常は、独房に因るものなのか、本人の資質か分からない。 陰謀論的には「なんか打たれた」なんて言う人も居る。 昔なら、まさか!と思うようなことが、今は平気で起こるので絶対にそんな事はない、と言い切れない時代が怖い。

で、アルツハイマーですが、 前脳基底部には若年層からアミロイドが蓄積 され始めているって話だ。 ところが、 アミロイドβは原因じゃないんじゃないか? という話もある。 で、それが原因だか結果だか分かりませんが、基底部にアミロイドが蓄積すれば、外部からも内部からも刺激が少なくなる。 ということは、脳全体が暇になって活動レベルが下がり、上の状況から類推するに、認知症が進むのは分かるような気がする。
確かに安定はするかも知れん。この大脳安定化装置のネジを緩めるには、私は煙草は有効だ。 他にもあるかも知れませんが、比較的安全に行うには健康スモーキングが良いと思う。

ついに出た〜っ!って感じ

最初は陰謀論として笑われているんですが、徐々にそこに真実が含まれていたことが分かってくる事は結構多い。 勿論、全部が全部正しいわけじゃなくても。

このときは、いろいろな案件とタイミングが合っていた。 WS7 ビルでは、FBI が大きな事件を調べてたハズだ。忘れたけれど。 で、国防省では不明な予算を調査していた訳だ。 まさに調べていた人たちが犠牲になった。 で、現在も使途不明の国防予算、またまた凄いことになっているらしい。 そういう意味では、現在も結構危ない状況。


2018/2/19(月)軽井沢日記






薄曇りですが、陽射しが強くて春が近いのを感じます。
出勤する前、ズタ袋に2袋、薪を運んだ。
それと、野積みしてある薪の上のブルーシートが風で剥がれていたので直しておいた。

写真、1枚めは最近良くくるリスさん。
雨が降っているように見えますが、それ、窓ガラスの汚れですから。 朝、かなり早い時間帯。ホワイトバランスを調整してないので、青く写ってます。

2枚めからは、先週の土曜日の写真だ。
2枚め、浅間は見えませんが、多分その下は吹雪いると思う。
南側は晴れていて、私の畑にはもう雪はほとんど残ってない。3、4枚め。
ホワイトバランスによって、色は全然違って撮れる。夕方なので、下の方がどちらかというと近い色。
玉ねぎとニンニクのマルチ、強い浅間下ろしに耐えかねて例年数本は剥がれるんですが、今年は1つも剥がれなかった。よしよし!
道路にも、森の中にももうほとんど雪は残っていません。
来月くらいから、また畑作業が始まる。 本職はもう耕し始めている畑もある。 私も少しウズウズしてきた。
今年もよろしくね > 畑さん

ということは、じゃがいもはあとどのくらい残っているんだろう?
全然見ていない。 種芋にする分以上に余ってたら、また消費をお願いしに回らないと。
蕎麦の種は大丈夫と思う。

まだ結構寒いんんですが、春節で訪れている中国人は自転車で移動中。 交差点、手前で止まって先に活かせると、結構な割合で頭を下げてから横切る。 最近の中国人は、とても礼儀正しい。
会社に行ってさあ車を停めようとしたら、私の借りている駐車場に松本ナンバーが。 文句をいってやろうと待ち構えていたら、中国人。 後ろに3〜4台ある○○○屋さんの駐車場と間違えたみたいだ。 礼儀正しく謝ってきたので、許す。

よく考えたら、今週末、再度、東京だ。
この時期は、まだ暑くないので耐えられる。時々、着過ぎたり、薄着しすぎたり読み違いしますが、着すぎた分には脱げば良い。レイヤリングで対応です。
あ、もっとよく考えたら、行かなくてよかった。良かった、良かった。

上原さん

軽井沢には有名な自転車乗り、上原さんが居ます。
私よりずっと年上の声の大きなジッチャンです。 数年前に、自転車でアメリカ大陸横断をやってメディアにも取り上げられてました。
このジッチャン、元はスケートの選手で、なんでも高校時代は学校に行く前に、一度、自転車で松井田まで下がって、さらに登ってくる。 それから学校に行くというトレーニングをやっていたみたいだ。
今は三輪車で、ワンコを乗せて、道路に散らかったゴミを拾いながら散歩するというのがメインのトレーニングですが、まだときどきロードレーサーで下仁田に降りたりしているみたいだ。
今度モスクワで開催されるシニアのスケート大会に参加されるみたいだ。



2018/2/18(日)軽井沢日記


東京に行ってきた。
朝寝坊したが、髪の毛のカットが16時の予約だったので十分間に合う。

戻ってきてからは、昨夜打った残りの蕎麦を茹でて食う。
相変わらず美味い。美味い。美味い。

なんだか、嬉しそうにしている人が居たので撮ってみた。

ここは美大。前回も文化祭で来たので2回めですが、雰囲気はとても良い。 学校は暗〜い感じの良くない空気が流れている学校もありますが、ここはとてもオープンな感じがする。
大学は「解放区」じゃないとね。

小中学校は言うにおよばず、こんどは高校まで愛国教育が入るらしい。 たまらんよね。 大学出てもサラリーマンやるんじゃあ、大学生の4年間が数少ない自由を感じられる期間だ。大学くらい、自由な雰囲気の大学を選んだ方が良いと思うぞ。
ま、起業すると多少、サラリーマンよりは自由があるかも知れませんが、。。。逆に底辺に追いやられる危険性もある。

todo リスト

  • 軽井沢紫煙会議
  • 東京(運転手兼人足)ついでに髪を切ってくる
  • 薪運び(燃した分だけ)
  • LD プレーヤーも破棄する
  • 納戸も整理する
そのうち
  • 自転車の整備(クライマー)
  • 離れの鴨居の裏の隙間を塞ぐ
  • 我が家の庭のモミの木も数本切って、もう少しスッキリさせる
  • ○○さんに自慢のスピーカを見せてもらう
  • 万座案件/草津案件、続き
  • メガネ屋さんに行くのはずっと後だ(混んでなさそうな時に)、困ってないし
  • サンルームを作る


2018/2/17(土)軽井沢日記

晴れ間も見えるんですが、ところどころ吹雪いてます。 吹雪いている中はホワイトアウト状態。変な天気!
そんな中、紫煙会議には出た。今日は○○さんが、中東の歴史の講義をやった。 □□さんは、実際にイスラエルに住んだこともあるので、その体験も踏まえて、いろいろ興味深い話がでた。
そういえば、○○の○○さんが新しいメンバーで参加して来てた。
帰りに畑によって、様子を見て(畑の雪はすっかり融けてました)、ツルヤでアサリととろけるチーズ。 電話で指示されたお買い物をしてきた。

去年のそば粉

昨年のそば粉はとても美味しかった。
一昨年前のとは比べ物にならないくらい。 今年のも美味いんですが、香りは昨年の方があったように記憶している。 まだ、真空パックした昨年のが残っているので、今週末は(時間が取れたら)それで蕎麦を打って、食べ比べてみる。
大きな違いは、収穫時期だ。昨年は少し遅かったので、収穫のときにバラバラ落ちた。 結果、収穫量は少なかったんですが、実は完熟だった。
今年は、ってももう昨年ですが、台風が来るのが分かっていたので、その前に収穫した。 まだ、緑色の実も残っていて、ネットをみるとそのくらいで収穫した方が一杯収穫できるとは書いてある。確かにそうだ。
会社を休んで畑に行くわけにもゆかず、収穫日の判断は難しい。

と思ったんだが、1kg パックなので、200g 余ってた。 なので、今年の蕎麦にした。
あと2回打ったら、昨年の蕎麦にしてみる。
という訳で、今日は残りの普通のそば粉と田舎そば半々だ。
で、分かったんですが、普通の蕎麦粉の方が打ちやすい。
田舎そばは、殻が混ぜてある。その分、香りが良いといえば良いのですが、同じように打っても普通のそば粉ほど腰が出ない。 延ばすのも普通の蕎麦粉の方が楽と思う。 来週と再来週は、田舎そばになるので、再度その感触を確かめてみる。
味は、今日も申し分なく美味かったが、延ばしている間に少し破けたりしたので、今日は3.8かな。

ネアンデルタール人はコヒーレント思考が得意?

ネアンデルタール人はコヒーレント思考が得だったみたいだ。 見てきたように言うが、私もそうだと思う。 コヒーレントな状態を保つには、脳は大きい方が良い。 ネアンデルタール人は現代人よりずっと脳が大きい。
「大脳の安定化装置」のネジが緩んだ状態がコヒーレント思考ってこと?
ハハ、安定化装置という名付けからして悪意を感じる。
大脳基底核がデコヒーレントを引き起こす? 説明はちょっと変だけれど、まあ、そうかも知れない。

精神分裂病の説明の件はまるっきり違う。
幾つもの行動可能性から、1つを選ぶ(デコヒーレントさせる)のは自然な働きだ。 とりあえず○○するでも、良いのですが、駄目なら□□だ。 自然に行われる判断、デコヒーレントは統合している。 ところが、精神分裂病の場合、最近は統合失調症と呼ばれることが多いのですが、その場合には、複数あるそれぞれの人格が主張しあって、この統合ができない。 無理やり押さえつけたりして決めることを放棄するとしたら、なにも出来ない状態のうつ病の症状を見せるようになる。主張し合う複数の自分の人格を別の自分が押さえつけている訳だ。自分が自分をだ。 その疲労感は、半端じゃないのは想像出来る。
個々の人格が暴走すると、統合失調症だ。
くるくる入れ替わったり、同時に動くと容易に幻聴が聴こえる。 それ、その時カレントじゃないけれど収まりきらない別の人格、でも貴方の人格、の声で、別に幻聴じゃない。
大脳基底核の機能障害が統合失調症の原因ではない。
もともと、統合されてないエネルギーをもった人格(行動パターン)が複数存在して、それぞれが自己を主張するような状況でなければ、 獣と出会って、逃げるでもよい、闘うでもよい、幾ら採り得る行動の可能性のパターンがあったとしても、す〜っと1つに、その時考えられるベストな解、1つ決まる(デコヒーレントを起こす)。コヒーレント状態であってもデコヒーレントはスムーズに発生する。 ところが、絶対に逃げては行けない!という人格と、嫌だよう、怖いよおという人格があって、どちらも譲らなければ、その人は身動きできなくなる。
関連して言うと、まだ意味づけされていない無意識の中の記憶という表現があった。 これも違う。 言わんとすることは分からなくもないが、 意味づけされていないんじゃなくて、意味付けできなんだよ。 想像を越えて悲しい目に遭あったり、無慈悲な扱いをされた場合、 これ、どうやって意味づけするんだよぉ。出来ません。
ホントに意味がなければ、脳は忘れる。ガベッジコレクションが働いて忘れる。 意味付けできたなら、適当な場所に保管し直される。 意味づけしようにも出来ない体験が、そのエネルギーを抱えたまま、無意識に留まる。 瞑想でもよい、コヒーレント思考でも良いですが、「安定化装置」やらのネジを緩めてでもいいですが、心の基底周波数を下げて全てを受け入れるようにすれば、 普段は抑圧されているそういうエネルギーは「なんとかしてくれ!」と顔をだす。 その辺りにも、もう亡くなった人のそういう思いが地縛霊として残っているじゃないですか、それと同じものが自分の中にもある、ってことだ。 その姿は異様なものであったり、さりげなかったり様々だ。 だけれども、それはエネルギーを秘めた塊だ。 否定された昔の自分だ。 体験時はどうにもならなかったものも、今、大人になって、強い自分に育っていれば、無意識の底から引き上げて、受け入れて、成仏させることが出来る。
まだ、大して成長していないなら、そんな事は止めておいた方が安全。 心が壊れて気が狂う。
シャーマンの家系の36代目がそう言うんだから間違いない。

なにをブツブツいいながら、やっているのか?
はい、NHK の古い番組「NHK スペシャル脳と心」を youtube で見てます。

ソニー スカイセンサー6000

懐かしい! オイラ、これ持ってた。
性能は他のスカイセンサーシリーズよりはヘボかったんですが、なにせ「ヘビーデューティー」が売りだったので、ついこれにしてしまった。 この頃から今の買い物パターンが確率しつつあった。 でもヘビーデューティーは名ばかりで、いや、格好もそこそこヘビーっぽい。 でも、見掛け倒し。ヘビーな作りにはなっていなかった。 せいぜい、ダイヤルば防水とか、その程度ね。
ブームの終りのころ買った。 私は深夜ラジオを聴くタイプじゃなかった。買ってもほとんど聴かなかった。
他人のバカっ話を聴いていても楽しくない。 勉強するときは音楽を聴いていた方だ。
ラジオの可能性、楽しさを知ったのはバイクで事故って入院してたときだ。 昼間はリハビリと入院仲間との会話で忙しいのですが、深夜はやることがない。 仕方ないので、ラジオを聴いていた。NHK が多かったと思うが、星新一とか朗読を聴いていると、その情景がホントに目に浮かぶ。嘘ですね、心に浮かぶ。 例えば、TV と比べると圧倒的に情報量が少ない。 されど、少ない情報を補うのに「想像力」が働く。それが実に強力なんだ。 2次元の女性しか愛せない人が、リアルな女性よりも美しいと感じるのと似ている。

確定申告はお早めに!

聖者入る深山にありき「所有権」

おかしな話だ。

スリーパーなんとか、ってやつ

国民の皆さんに理解して頂きたい。
専守防衛は相手からの第一撃を事実上甘受し、国土が戦場になりかねないものだ

「専守防衛の下で自衛隊員の安全を確保しつつ相手の脅威の圏外から対応できるミサイルは必要不可欠だ」と続くんですが、これ【ド正論】「ようやくこれを言える総理大臣が出てきたか…長かったな…」と好意的な反応が多いのでびっくり
抑圧されている人、多いんですね。

それに対して、私の見ているサイトでは「真珠湾は先制攻撃じゃなくて?」とか、呆れている人が多い。
以下、私の意見、私の【ド正論】を記しておく。個人的な意見なのでスルーしてもらっても全然OK。

  1. 先ず第一に、私は防衛権は認める。
  2. これは憲法以前の問題だ(自然法)。やられ放しが好きな人は勝手にやってもらうとして、私はやられたらやり返して良いと思う。その為の軍備は備えても良いと思う。
  3. 第二に、無法者が存在することも認める。
  4. 無法者というか、面倒くさいやつ。
  5. 次に、やるかやられるかの状態にまで持っていかないのが外交だと思う。
  6. 頭を使わないと!
    頭だけじゃなくて、実際には色々な才能が必要だ。 情報を収集し分析する能力も必要だ。一人じゃできる事じゃない。 で、その能がない人たちが外交を担当するとしたら、容易に追い詰められた状況に陥るのは想像するまでもない。
1と3は余り異論はないと思う。
問題は2だ。面倒くさいやつ。
具体的にはどこだ、北朝鮮か?
私には北朝鮮が無法ものでそんな面倒な奴には見えない。
例えば、アメリカは核を持ってますが、そうそう使わないだろうという安心感がある。 いやいや、小さい奴は使ってますよ至る所で、例えば○○とか、ってのはさておき、 北朝鮮ははアメリカ程の信頼はないので、北朝鮮が核を持つことは脅威になる。 日本に向けて打つって言ってないじゃん、というのはさておき、 そういう論旨もある程度分かるが、冷静に考えると変だ。
北朝鮮が持っている核は少ないので、そうそう簡単には使用しない。 使用したら、反撃されるのでマズ使用しない。 最後の切り札ですが、けっして使ってはならない切り札だ。
究極まで追い込まないかぎり決して使わない。使えない。つかっても大したことない。
言っても聞かない。
確かにそういだが、逆にだよ、日本がアメリカに例えば「日米地位協定みなおしませんか?」とか言ってみ。 怖くて言えないと思いますが、こっちは言ったなら、聞かないどころじゃ済まされない。 抹殺されかねない。
逆に日本が聞く側だとすると、アメリカ宗主国の言いなりだ。 こんな有様だから、アメリカとはやるかやられるかって、状態には決してならない。
って、これもやっぱり1つの外交か?
北朝鮮にとっては日本は交渉相手にすらならない。
北朝鮮が交渉するなら、使いっ走りの日本じゃなくてアメリカだ。 理路整然としている。
私には北朝鮮が無法ものでそんな面倒な奴には思えない。
それよりもアメリカの方がずっと無法者で面倒臭いやつに見える。
今、日本から見ればアメリカはそこそこ信頼できる国に感じてますが、冷静に見ればって、それほど冷静じゃなくても、今世界中で戦争を仕掛けている国って、一番はアメリカだ。日本は逆らいもせず、100%受け入れて、否、それ以上の忖度して受け入れているから、比較的信頼できる国と感じているだけだ。幻想だ。

言うことを聞かない下請けの例

客先の頭の悪い担当者は無理な仕様を突きつけてくる訳だ。 当然下請けは反発する。 そんな事を強行してもプロジェクトは上手くいかないと説得する訳だ。
その場に「決定権」をもった人がいると話は早い。
ところが、決定権をもった人に、こう変わりましたと説明できない、使いっ走りの担当者しかいないと、話は進まない。 我々がどう説明しようと、彼の主張をことごとく論破しようと仕様は覆らない。 我々の主張は決定権をもった上司に伝わることもない。
この例で分かるように、決定権を持つ人はそれほど面倒な人じゃないかも知れない。
その組織が腐ってなければ、一般的には、上に行けば上に行くほど、なるほどこういう人が仕切っているのね、と関心するくらい優秀な人が居るのが普通。 その組織が腐っていたとしても、トップは、本当にその人がトップで、直接話す機会が得られるなら、意外に話は見える場合が多い。 所詮は、人と人だ。 面倒なのは、その下にいる能のない連中だ。

もし、金正恩が本当に力を持っているなら、こっちは話は早くて、直接会って説得する手はある。 小泉さんのときはそれで随分話は進んだ。 ところが、宗主国がそれを望んでなかった節がある

軽井沢のカフェの光景

雇われ社長はダメだ。権力はない。
その企業のオーナーが携帯で叱り飛ばしている光景に何度も出くわした。
権力構造がどうなっているかに因る。
おそらくね、アメリカの大統領も映画で描かれるように権力があれば、アメリカもそんなに面倒な国じゃないハズだ。 トランプも危ないと言われてますが、JFK が暗殺されたように、そんなに綺麗な国じゃないんだ。 それを称してディープステートという言葉も最近は使われるようになってきた。 裏の権力者だ。
日本は所詮属国で、その宗主国がアメリカ。 そのアメリカも表の人たちも、実は雇われ社長と同じで、裏に実際の権力者(ディープステート)がいると仮定すると、今の現状を整然と説明できる訳だ。

3 の外交も、シレーカンにそんな権力はないとしたら、そんな外交する訳がない。
だとしたら、そんなシレーカンの言葉をいちいち反論しても全く無意味っ、てことでもない。 なぜなら、シレーカンの戯言に付き合うのは無意味でも、本当に紛争になったら、被害を被るのは我々だからだ。
既に経済はズタボロにされている。実社会でも影響はあちこちに見られる。
被害が1万人だとしても、%に直すと、0.1%だ。 その0.1%も日本人だし、その0.1%に入ったら、たまったもんじゃない。 私は日本が終わってしまう前に、もう少し賢いシレーカンに変えた方が良いと思う。
//終わったとしても、終わらないんですが、この話はまたいずれ。

学歴コンプレックス・マジック

必須科目、全く出席せずとも単位が取れて、大学は卒業されてます。
それでもこの方、頭の良い人に対するコンプレックスが相当見受けられます。
例えば、事ある毎に自分のことをサイコーシレーカンと称しますが、それなんかモロその裏返しだ。 本当に偉い人なら、偉ぶる必要ない。 偉ぶらなくとも、誰もが尊敬の念を示す。

世の中、学歴コンプレックスの人は多いみたいだ。
子供のときバカだ、バカだと言われすぎたんでしょう。 おバカを根拠に、随分と酷い目、理不尽な目に遭っていただと推測できます。 真に受けずにさらっと流せばよかったのに、ある意味真面目で、つい真に受けてしまったんでしょう。儒教の国の体質と似てますよね。こっちは落ちこぼれですが。
溜まりに溜まったものがある。

ところが、このシレーカンの「御言葉」がそれを、溜まった鬱憤を解き放つ効果があるらしい。
これもある意味才能だと思う。

ところがこの解き放ち、ホントの解き放ちなら良いのですが、そうじゃない。
ホントの解き放ちなら、そんな拘りから開放されて、もっと自分らしさを追求する方、どこにでもお好きな方に行くんですが、そうじゃない。
自分でも分かっている「嘘」をそこに忍び込ませる。
なのでホントの解き放ちのように「なんだ、そうだったんだぁ〜っ!」とはならない。
「そうだ、そうだ。そうじゃなくっちゃならない!」となる。
自分でも分かっている嘘を打ち消すために「ねばならない」が入り混む。

ある意味天才だ。

落ちこぼれにしか出来ない技だ。
学級崩壊のような国会を見たなら、良識ある人ならそれ憂うと思う。
ところが、シレーカンを支持する人は、ふてぶてしい態度のシレーカンに、 野党の追求に対して、嘘に嘘を重ねるシレーカンを、そうだ、そうだ、もっとやれ! と応援してしまう。
尾崎豊の世界に通じるものがあるが、国政ですから。 それに還暦過ぎたお爺ちゃんですから。 彼らはそこから成長していない。

しかし「だったんだぁ〜っ」なら良かったんですが、「ねばならない」が入ると、話はもっと面倒になる。 前者なら自分勝手ですが、後者になると回りのものまで巻き込む。
回りの人にとってはいい迷惑!
という訳で、クラッシック(古典)再興だ。
クラッシックは、だれでも凡そ人であれば持っているものしか要求しない。
日本人、朝鮮人関係ない。金持ち、貧乏人関係ない。 男性、女性関係ない。 喫煙者、嫌煙者関係ない。 優等生、ヤンキー関係ない。 若者、老人関係ない。
凡そ、人であれば良い。人じゃない人も居ますが、これで99%以上カバーできる。
それでいて、あの高みに誘う。
いわゆるクラッシックは古めかし過ぎる。
新しいスタイルのクラッシックだ。 ネオクラッシックと名付けようと思ったら、先に使われている。 なにか良い名前があったら、是非ご提案ください。


2018/2/16(金)軽井沢日記

どんよりくもり空の軽井沢です。
今日もそれほど寒くありませんが、明日からまた少し寒そうです。

昨日は慌てて帰宅したら、パイプを始め色々忘れ物をした。
なんで慌てて帰ったかとうと、油絵を保護する額縁をつくったからだ。 なんでそんなものを作ったかは、そのうち書く。

ミカン詰め合わせ

いろいろ紹介しようと思ったんだが、ボキャブラリーが圧倒的に足りない。
昔のミカンは、イヤってほど食ったのでよくわかりますが、 最近のミカンは、ここで売っているくせに、よく知らない。 時々試供品でもらう以外は、私も買っている身分。 温州ミカンほど安くないので、そうそう食えない。 名前も最近覚えた。
まあ、でも、最近のミカンはどれも甘くて美味い。
詰め合わせの内容は、出荷時期によって異なります。

伊予柑

ご存知、伊予柑。味はネーブルに似ている。
これは私が子供の頃からあった。中型のミカンです。

ネーブル

私が子供の頃はこれが一番高級で美味かった。
そうそう食わしてもらえなかった。
今でもありますが、皮がピチピチで剥きにくくて、美味いのに人気がない。 当時は、箸をつかって剥いている人が多かった。

マドンナ

中型ミカン。すっきり大人の味。

清美

中型ミカン。 糖度11〜12度らしい。
ジュースも濃厚な甘みの中にほんの少し苦味があって、凄く美味しい。

津の輝き

清美よりは小さい。皮は薄くて実が詰まってます。 糖度は〜13度らしい。

たまみ

見た目はやや大きめの普通のミカン。でも皮は薄くて実が詰まってます。 実はプリップリ。

カンペイ

大きさは伊予柑くらいだが、平たい。
皮も薄くて剥きやすい。 糖度は13度くらいまで上がって、甘くて美味しい。

西南の光

ポンカン

デコポン

はるか

黄色いミカン。皮は分厚い。 中の皮も厚いので、剥いて食う。
見た目、大きい割に食いごたえがない。
これはこれで美味しいが、私ははるかのジュースは絶品と思う。
ジュースにしたときの苦さは、皮の味だ。
生果だと苦味はまったくなくて、スッキリです。

セトカ

ご存知、ミカンの「大トロ」。
生果もジュースも高値で取引されます。

昔のミカン

ダイダイ

かなり大きい、黄色いミカン。超、酸っぱい。
夏みかんに似てるが、もっとずっと酸っぱい。
皮が厚くて剥きにくい。
これも良く食った。三宝柑があるときは、三宝柑。 それが食い尽きたら、ダイダイというコースだった。
酸っぱ過ぎるという人は、お砂糖をまぶしたり、塩を振って食ってましたが、オイラは素で行ける!
これだけ酸っぱいミカン、今ならウケると思うが、もう苗が手に入らないらしい。

三宝柑

我が家は神主の家系なので、神棚にお供えするミカンだ。
子供の頃、よく食べた。 温州みかんがなくなる頃、これに変わる。
ダイダイよりは、小さく、 見た目は、黄色くて今のはるかに似てますが、上の出っ張り、というかコブが特徴。 はるか、よりも大きくて、甘い。
これもリクエストしたが、もう苗が手に入らない。

極早生

一度か二度、売ってみたが、イマイチ人気がなかった。
でも、私は大好き。毎年、自分用に注文してます。
田舎の人も良く食べます。
酸っぱさが残る濃厚な甘みに勢いを感じる。う〜っ、たまらん!

バタリの中のニワトリ

母方の方は色々な事業を行っていた。 私が生まれた頃は、もう醤油工場を閉めていた。 カマドとか大きな樽とか子供のころはまだ一杯残っていた。 今で言うコンビニみたいなお店は残したまま、新規に養鶏を始めていた。 工場跡地を利用して養鶏も始めたんですが、建物は幾つか残っていた。 中学校の美術の先生が1つ借りて、アトリエ兼住居にしてましたが、ニワトリが放し飼いになっている建物もあった。放し飼いだとニワトリも結構飛べる様になる。 バタリ(金網のケージ)で飼われているニワトリは飛ぶのを忘れる

母方の実家にいくと、餌と水やりをよく手伝わされた。
水は、雨樋みたいなのがあって、端っこから水道水をビニールホース経由で注ぐだけだから直ぐに終わる。 今は知らんが、当時、餌はカップで1カップずつやった。300羽いたら300カップなのでやり終えるのにそれなりの時間がかかる。 鶏舎を回りながら餌をやるんですが、鶏舎の隅にアシナガバチが巣をつくっていて頭、刺された。 子供の頃からハチにはよく刺された。
この餌ですが、メインは購入した飼料ですが、町で採れる産廃を利用できるものは利用して工夫してた。1つは、デンプン工場があったのでそのデンプンを抽出した残りカスだ。 当時のデンプン工場は、農家から農林4号のさつまいもを買い取って、デンプンを出荷する。父方はこのさつまいもをこの会社に出荷してた。農林4号は白いさつまいもで、食っても繊維ばかりで非常に不味いさつまいもだ。家で食うのは、何号か忘れましたが、赤いさつまいもだ。さつまいも掘りも手伝わされた。 私が行くときは、もうツルというは葉っぱは刈り取った後ですが、葉から落ちた芋虫が一杯いて嫌だった。
もう1つが、対岸にあった漁業組合の産廃だ。 売れない海産物だ。カニとかシャコが多かった。なので、シャコは私の中ではニワトリの餌。 届けたるときは未だ生きている。大きな鍋で茹でて、砕いて飼料に添加してた。

放し飼い(といっても大きな建物の中だけすが)のニワトリの方が幸せか?というと、多少疑問が残る。
放し飼いだと共同のエサ箱なので、力の弱いニワトリは餌が少ないかも知れない。 それに何かで怪我でもして血を出そうものなら、回りのニワトリが箇所を突っついて殺してしまう。 血を餌と間違えるのか、脱落した仲間を早く楽にさせようと思うのか知りませんが、何れにせよそうなる。 虐められているニワトリがいたら早く見つけて隔離しておけば、また元気になる。元の群れにも復帰できるが、群れの中で放っておくとほぼ死ぬ。というか、殺される。 ニワトリの群れ、実は凶暴
それでも放し飼いだと自分が産んだ玉子に多少執着するニワトリも居た。
ところが、バタリの中で育てられるニワトリにそんなニワトリは見たことない。
玉子を産み続けるんですが、産み落とされた玉子は人が回収し易いように、傾斜になっている床を転がって手前にくる。で毎日回収するんですが、産んだ自分の玉子に執着するニワトリは皆無だ。
もっとも子供の頃の私がちょろっと手伝っての観測なので、もっと真面目に養鶏している人からすれば「それ、違う!」と言われるかもしれない。

で、バタリのニワトリが不幸せそうに見えるかというとそうでもない
前に述べたように、1ケージあたり1羽で隔離されてますから、他のニワトリから虐められることはない。餌も、自分の分がきちんと確保されてます。 食いっぱぐれることはない。 バケツに餌を入れて配りに行くと、そりゃもう大騒ぎ。とっても嬉しそうだ。 それを見ていると、こっちまで嬉しくなる。 バタリで飼われている自分の運命を呪っているような姿には見えん。 どう見たって、彼らは彼らのレベルで人生を謳歌?しているように見える。

同様にバタリというかケージで飼われているアメリカの牛さんよりはずっとずっと幸せそうに見える。
逆に、ケージで飼われているアメリカの牛さん。 時々画像でその姿をみる機会がありますが、幸せそうには見えん。 私が知っている日本の牛さんはもっと優しい目をしてますが、そこに写っている牛さんの目は狂ったような目をしている。 狂牛病は外から感染ったんじゃんくて、脳内で発生したんじゃないかと思うほど、 ケージのなかの牛さんは不幸そうに見える。

何が違うって、先ず知能がまるっきり違う!
ニワトリさんは、三歩歩くと忘れるといいますが、多少個体差はあってもホントに忘れる。
向きを変えるのさえ難儀しそうなバタリの中。 外に放すと、一日中地面を突っついてますが、バタリの底は金網だ。そんなことは出来ない。 回りにはニワトリさんは一杯いますが、他に刺激はない。やることもない。 ただ、水と食事の時間を心待ちにするしかない状態だと思うんですが、発狂しそうな雰囲気はない。
ニワトリは、種として即おバカじゃなかったのかも知れない。 昔は発狂したニワトリさんも居たのかもしれませんが、そういうニワトリさんは生存競争に負け結果的に今はそういうニワトリさんが多いだけかも知れない。 何れにせよ、おバカなニワトリさんは、それはそれで楽しそうだ。
それに比べると牛さんはずっと知能がある。
生まれてから出荷されるまで、ずっとケージの中は辛いと思うぞ。

な、現代の人間社会を観ているようだろ?

さて、老人介護だ。
一番の問題は認知症だ。至れりつくせりの施設に入った老人は、人にも依存しますが、急激にボケる人が多いという。 やることないもんなあ。 町に繰り出せば、都会の刺激は多い。 せめて買い物にでも出れば多少は違いそうだが、引きこもっていたんじゃあ、やることない。 TV も観るったって、最近は芸人が酔っ払って話しているような番組かプロパガンダばかりだ。それで知的興奮したら変だ。
田舎で独居になると、危険です。 ボケはそのまま死に直結しますから、うかうかボケては居られない。 それに田舎だと、やることというかやらなくちゃならない事は一杯ある。


2018/2/15(木)軽井沢日記

雲が多い軽井沢です。
気温は6℃もあって暖かいです。

昨年のミカンジュースの最後の1本

ミカンジュースは刻一刻と味が変わります。
最後は「はるか」になってしまいましたが、これは少し置いてから飲んだ方が良い。 搾りたては、どのミカンも多少味が暴れてますが、はるかは特に暴れる。 その暴れていた味も、数ヶ月おくと落ち着きます。 でももうこの時期になると、もうまろやか過ぎて独自のエグい感じはかなり抑えられます。 私はエグいのが好きですが、普通の人にはこのくらいの方が飲みやすいかも知れません。 カクテルにも良いと思う。
1つ前が「清美」でしたが、濃い甘さの中でも、ほんのり苦味があっていい感じになってました。

サラダもそうですが飽きずに毎日美味しくいただくにはほんの少しの「苦味」は必要だ。 サラダ専門店でずっと勤務していたオイラがいうので間違いない。 超薄切りしたピーマンであったり、玉ねぎであったり、ドレッシング中のニンニクであったりする訳だ。
お子ちゃま舌の人には分からない世界だ。
試飲でもらった「紅マドンナ」も濃い甘さで、清美と同じく大人のみかんジュース系ですが、こっちの方がスッキリしていて飲みやすいかも知れません。
その前が普通の温州でしたが、ペットボトルの「ポンジュース」とはレベルが違う。 当方のミカンはガラス瓶でお届けします。 製法も違いますが、元のミカンの美味しさが違うんだと思う。
その前は「セトカ」でした。我が家のミカンジュースでは、一番高級です。 ご存知「ミカンの大トロ」ですが、味は超濃厚で苦味は全くない。 生果の方がよくね? ってのは、そのとおりと思う。 私が販売しているミカン詰め合わせでは多少の傷はOKって事にしてますが、 農協はもっと煩い。 傷ついたりして生果として出荷できない果実はジュースになります。

軽井沢カーリングチームノルウェーを破る!

でも、パンツの色は負けていたみたいです。

F1 新車発表始まる

今年の話題は下位チームで、何と言っても、
マクラーレン/ルノー vs トロ・ロッソ/ホンダだ。
ホンダもああまで言われて、今年マクラーレンの後塵を拝するような事に陥れば、マクラーレン・ホンダとしての不振の原因を全て被されることになる。 プライドに懸けて負けるわけにはゆきません。 どうせ今年もマクラーレンはハイダウンフォース仕様でくるので、ストレートでぶっちぎらないと。
他方、そのマクラーレンは、 vs レッド・ブル、及び ルノーワークスってのもある。同じルノーエンジンを使用するチームとの争いだ。
レッド・ブルには及びないとしても、ルノーワークスに負けてしまうと、嘗てはマクラーレン帝国と呼ばれたその威信は、完全に失墜する。 ホンダは音無しの姿勢ですが(それでよい)、すでにマクラーレンは盛んに口撃を仕掛けてきてます。
F1 のオーナーもアメリカ人。マクラーレンのCEO もアメリカ人。変ですよね、やること。
私の予想は、マニュファクチャラーズランキングで、4位をトロ・ロッソとウイリアムズが争い、6位をマクラーレンとルノーが争うこちになると予想。
選手権の方はあまり興味は湧かない。 1〜3位はいつものメンバーだ。おそらく、昨年まぐれのフェーリーが今年は下がって、ことしはレッド・ブルとメルセデスに争いになる。

バイクの方がもっと分からないんですが、ヤマハのバイクは今年も神経質そう。
ロレンソ vs マルケスに、ダニが絡むと予想しておく。 ともかく、ロレンソ。今年は何勝かしないとね。

髪の毛伸びてきてウザい

週末、どちらかひょっとしたら東京なんですが、髪の毛切ってこようか知らん?
私が髪を切るペースは三ヶ月に一回程度。 7月、8月は暑いので東京には行きたくない。 9月だとすると、その前は6月。とするとその前は3月ですが、3月までは待てそうにない。
若いときは長髪だったんですが、ウザすぎて今は考えられない!
短いのは平気。スポーツ刈り+程度まで短く刈込めば、髪型は崩れますが、髪の毛を切るもっと延ばせるかも知れませんが、短くすると見た目もそのまま田舎のオヤジになるので、嫁さんからNGが出ている。

秩序 → 序列

日本語も変化します。
秩序の維持は保守の基本態度ですが、最近は秩序 = 序列らしい。
利権でも身分でも良いですが、同じことだ。 それを守るためには売国でもなんでもやる、って、最早保守ではないじゃん。 保守とは真逆な態度で冷静にみれば新自由主義者にほかならないと思うのですが、保守の皆さんは支持する。ってなんだ?
ここまでは皆さんわかってる。

都会の保守はさもありなんですが、地方の保守もそうだったりする。
どうしちゃったんだろうと考えてましたが、農業が潰されたのが効いていると思う。
田舎の農家ももう真面目に農業していないんだよ。 私も今は畑をかりて色々遊んでますが、自分で色々考えながらやっていると、ほとんど失敗なんですが、失敗を通して自然と対峙することで、色々と気付かされることが多い。 自然が作り出す秩序は人間が作り出す秩序なんぞの比じゃない。 普段の社会生活、それは人が作り上げたヴァーチャルな要素が多い。 そいういう社会で暮らしていて、歪んだ感性を、土と戯れることで随分是正できた。 農協の言うとおりしかしてない農家は農奴みたいなものだ。 せっかく、農業で自然に接していながら、全く気づかない人も多いんだと思う。

「佐川に払う金はない!」

kinokuniyanet さんが作った今年の確定申告用のステッカーだそうです。
国会に出てこないならと、野党は本人に直接会いに行くらしい。
私が彼なら、こうなる前に全部、ホントの事喋ってしまいます。 墓までもっていくほどの価値は感じない。 そうするとキャリアは終わる。間違いなく終わる。 で、キャリアが終わるだけならまだ良いけれど、下手すると○○されるかも知れない。 その危害は家族にも及ぶかもしれない。 辛い人生ですね。

派遣社員も裁量制

将来的には、一部経営陣を残して、工場はAI。 それでも、どうしても必要な人手が発生しますが、全てフリーランスにするらしい。
人々が集ってそこで生計を立てる場としての企業、社員のための企業はもう終わろうとしてます。

米国債トリプルA

そのトリプルAが10年間で770兆円の巨額赤字だと堂々と予算案 って、笑う。
なんで借金だかけの国の国際がトリプルAなんだよぉ。
今度経済学者の先生にあったら質問してみよう。
日本の教育は上が決めたルールに従う大切さは教えても、そのルールが客観的に合理的か否かを疑う機会を与えてくれない。それどころか、そのルールの解釈と運用が明らかに論理破綻していても異議申立てすら許されない。先日物議を醸した黒染め強要の一件もそうだが、これでは主体的な個人は育たない。 こういう人は、どうこの現実を理解しているのでしょうか?
ルールは人が作るもの。
アメリカは強国なので好き勝手やっているんだとすれば、それが良いか悪いかはさておき、理にかなう。 オリンピックで日本が強い競技だとルールはどんどん変えられて、日本人も多少文句をいいますが、経済ルールは変えられても、あまり報道すらされない。 TPP のその実態は表のメディアでは報道されない。
で、アメリカさんですが、どうするんでしょうか?
アメリカだけじゃないですよね、西側諸国。 私は、 おそらく、次、どうするかが決まればチャラにするんだと思う。 ベーシックインカムとか候補に上げられてますが、下手すると永久奴隷制度になってしまいます。

スリーパーセル

スリーパーセルどころじゃない、テロリスト(この場合は、普段から活動している工作員って意味です)が一杯いるだろう、ってはい、そのとおりです。
ただの活動家は世の中を欺かないで、そのまま顔を出して活動している場合が多い。 その場合は裏表がありませんが、工作員は欺く。 当たり前といえば当たり前ですが、普通に社会で見せている顔は普通の人ですが、自分が必要とする情報の集まる場所に位置している。
でもこれな、日本には昔だと隠密とか草とかあって、日本人も得意なんだよ。実は。
外人に限らず、日本人同士でもやっている。 そういう人が居ること自体信じられないと思う人は、現実を正しくつかめていません。 それお花畑ですから。 で、ムキになって否定する人は、その人がやっているかどうかは別にして、凡そそういう事をしている側の人たちである可能性が高い。


2018/2/14(水)軽井沢日記

軽井沢は晴天、浮世絵のような一様な青空に白い浅間山がくっきりです。
今朝は寒かったんですが、 この後15時には、5℃程度まであがって、夜中も予報は -1℃までしか下がらない。 今夜の予報は暖かいです。

浅間ですが、北軽井沢では時々揺れているみたいです。
火山性微動ですが、有感できるみたいです。私はなにも感じない。

嫁さんが犬の散歩に行ってますが、携帯を持って出ていかないと、ものすごい確率で電話がかかってくる! 私が代わりにでると、皆さん異様に驚くので、2度3度と連続でかかってくる場合意外は放置。

米軍のジェット機が軽井沢上空を我が物顔です。
なんかミッションだか練習だかをやっている。

蕎麦のガレット

そば粉を差し上げた方から、お返しに焼いたガレットをいただいた。
とっても美味しかったです。 という訳で、嫁さん、ガレットに再挑戦することになりました。
これまでなんだかモチモチでイマイチなガレットばかり食わされてましたが、これで美味しいガレットが朝食で食えるようになるかも知れません。 それは良いとして「フライパン買うぞ!」ってなんだ? おや、道具から入るのはどちらかというと私のハズだったんですが。

PS.という訳で、近々、そば粉の販売を終ります。
検討中の方は、お早めに!

高さ+体重

TV での解説の一コマなんですが、
そもそも高さのタイトルはメートルmで、体重はキログラムkgです。
単位が違うものは足せません。 単純に位置エネルギーを言いたければ、体重×高さになりますが、最高点に達した時、上下方向の速度は0でも、進行方向の速度は止まってはいないので運動エネルギーも持っている訳です。 それらが合わさって地上に激突したときに身体にダメージを与えます。 落ちた場所の雪質も勿論影響します。
最近のスポーツは科学的です。
高校物理レベルを正確に理解してない専門家やコーチに指導される選手の身になってみい。 自分を信じるとか、気迫をもって臨むとかは分かる。 これは科学的。 でもな、こんな指導者、最後はやれ根性だの絆だの、日本の期待を背負っているだの、言い出すにきまっている。 こんな様じゃあ、現代オリンピックに勝てる訳がない。 とびっきり突き抜けた才能があれば勝てるかも知れませんが、負けたら選手のせいにされるのは間違いない。 バカなコーチたついたら、才能ある選手が潰されるだけだ。 選手が可哀想。

綾瀬はるか

綾瀬はるかは、私でも知っている。でも別にタイプじゃない。
この 綾瀬はるかさんの「夢は世界平和」発言、この方に教えて頂いたデイリーの記事では「客席から「オオ〜!」と賛辞の大歓声が湧いた。」と書かれていて毎日の記事とは印象が正反対。メディアはこうやって読者の印象を自由に操作できる。こういうことを目の当たりにすると、メディアの恐ろしさを痛感する。 の呟きですが、全くそのとおり。
毎日記事ではそれを聞いた観客は「唖然とし」引いてしまったみたいな記述だ。 だとするとそれを読んだB層は「あ、こういう発言しちゃいけないんだぁ」と脊髄で反応する。 空気を読むA型の人ならなおさらだ。
デイリー記事の印象だと真逆、「こういう場でも、こういう事を発言しても良い!」という印象になる。
最初に流れたのは毎日の記事。 毎日が伝える雰囲気の中で、彼女、敢えて発言したなら(綾瀬はるか氏はB型みたいだ)、オイラ思わずファンになろうかと思ったりもしたんだが、ここは一旦保留にしておく。 保留にしておくんだが、好感度はプラスだ。

三浦瑠麗氏発言

はっきり言って好きな学者さんじゃない。
白状します、嫌いです。 TV 観ていないし、文字起こしした前後のやりとりしか読んでませんが、 もしそれだけだとしたら、今回問題になっている発言自体は私はその通り。 大筋、彼女は間違っていないと思う。 以前から発言とかの流れとか、後で述べるように修飾された言葉に反応すると「ちょっと待てよ」と言いたくなる気持ちも分からくもない。 それ「この人嫌いだから、全部嫌い」という子供じみた態度だ。
知的リベラル層のあるまじき態度だ。
順を追って説明すると、

  1. スリーパーセルなんて当たり前じゃん
  2. お隣さんだけじゃなくて、どこの国からも
  3. 一番多いのが、宗主国からだ
とつながるべきところを1で終えるから変なことになる。
おまけに、大阪と関連付けるし、こういうところは悪意を感じる。 感じるんだが、そこに最初に反応しちゃダメだ。 そこはそこで一先置いておいて、せっかく彼女が一歩踏み出してたんだから、彼女のファン層をも取り込むつもりで、応えないと。
こういう変なところに異常反応するリベラルと、一緒にされたくないよなあ。 一緒にされたくないとは思うが、そこに乗っちゃうと、それこそ向こうの思うが儘だ。 お花畑のリベラルさん、あなたが良識ある良い人なのは知ってますが、もっと現実を観ましょう。賢くなりましょう。
分断工作に乗せられてはいけない!

もう1つ、TV でこんなこと発言してよいのか? という問題がある。
大阪とかお隣さんに対するヘイト/差別発言じゃなくて、スリーパーセルの話ね。
私は全然OKと思う。
世界の常識を知らないで、どう判断する?
ところが良識ある知識人の皆さんは、普通の人はこんなこと知らなくて良い、と判断されている人が多い。 何様だよ、お前ら!って「自分は知識人」 → 「偉い人」と勘違いしている人が多い。 シレーカンとその一味が「一般国民」とか「こんな人達」と呼んで自分たちは偉い人達と勘違いしてますが、勘違いの具体的な基準は違えど精神的には全く同じ構図が、知識人と呼ばれている人の間にもある。同じ悪臭を放っている!

ここでいう「自分は偉い」は、そう単純なものじゃない。
自分の事を偉いと思うのは勝手だ。 同様に他人さまも実は偉い。 基準がそれぞれなんだよ。 実は女性の美しさは女性の数ほどあるのと一緒だ。 人それぞれの基準だ。
お互いがお互いの偉さを尊重しあえば良いのですが、 ここで言う「自分は偉い」というのは、即「お前は劣っている」という差別意識に直結している。 この差別意識に依存した人格、精神的構造は、シレーカン一味も、知識人達も同じだ。
因って、同じ臭いを放つ!


2018/2/13(火)軽井沢日記

結構涼しい風が吹いていて、気持ち良いです。
今日も真冬日で、現在 -2.1℃だ。
体調が悪いと、多分、寒いと感じると思う。

長野県南部地震

今日は何度か、地震警報だかなんだか、嫁さんの携帯がなってます。
私のスマフォは音無し。 長野県、南部で地震が発生しているらしい。フォッサマグナか? 軽井沢、体感はなにもなし。

独自通貨

先日、私も独自に通貨を発行しようと思いましたが、既にカフェ○○○○さんは独自通貨を発行しているらしい。
通貨は発行してもそれが通用するかどうかが問題だ。つまり信用。
何某かで、裏打ちされている必要があるんですが、そこの通貨は珈琲が飲めるらしい。 下手なカフェだとそんなものいらんわい、となりますがそこはとびっきり美味いので、その独自通貨はそれなりに意味を持つ。

CUBE

そういえば、こんな映画があったけれど、まだ見てなかった。
観てたら嵌っちゃった。面白かった。★★★★☆。
簡単にいえば、CUBE は自分の殻だ。 そこから抜け出そうともがいている人もいれば、山椒魚みたいにここでいいや、と思っている人もいる訳だ。
映画のキューブには危険な罠が一杯しかけてある。
なにも考えないで行動した彼は、一瞬で終わってしまう。 目の前のことだけに集中し、無駄なことは一切考えない主義の彼も、彼の範疇を超えたトラップに直ぐに嵌ってしまう。 リベラルっぽい人も、結局事態はよく飲み込めていないし、あーだこーだ言う割には解決方法も持ってない。 才能に目覚めた娘は結構いい線行くんですが、その娘ももうその才能が不要になった時点で権力者の犬に殺される。 リベラルさんも、その権力者の犬に殺されるんですが、結局、権力者の犬は、自分が何をやっているのかが分かってない。 ただの部品なんですが、部品であることすら分かっていない。 脱出を望まない彼は、普通のサラリーマンというか、現代奴隷というかそういう人。 彼は、自分を部品だとよく理解しているし、そこから出られないことも、否、出たとしても「外」ではどうやって生きていけば良いのか知らないことを自覚している。
結局、その殻から抜け出せたのはこいつが最初に殺害されてもしょーがないなあ、と思われる精神病の障害者(ネトウヨに言わせると要らない存在、社会のゴミの)、サバンの子だけだった、という落ちだ。

そういえば、
これも観た。
これもそこそこおもしろい。★★★★
目の前に見えていても、見たいものしか、人は見ない!って話だ。
量子力学を絡めた見解も別に破綻していない。
私も含めて、多かれ少なかれ、皆さん複数の人格をお持ちですが、ある人格が他の人格の存在をも許せないほどだと、その人格からは、そんな人格があることすら分からなくなる。

私は小用を足す場合も家では座ってする

嫁さんと二人きりの生活なのに、時々便座が上がってて不思議に思ってましたが、あるときふと我に戻って、便座を上げて用を足している自分に気がついた。 まだ夜中は平気なんですが、寝起きとか眠気眼で立ったまま用を足す私は、まだ私になっていない状態の私ってことだ。
多重人格であっても、特定の人に対してはこの人格と大体決まっているので、他人が別の人格を目にすることはそうそうありません。 つまり意外に他人は気が付かない。 普通は多重人格に陥る前に、制御できない人格、暴走する人格があっても主人格はそれを認識しているので失調する。 暴走を止められたとしても無理に停めるので、他に何も出来なくなる 暴走を止められないとしたら、明らかな異常を回りの人は目にすることになる。
自覚しながら人格を切り替えられるのをサイコパスと呼びますが、個人の状態としてはこっちの方がずっと異常なのに、社会生活では意外に普通である場合が多い。


2018/2/12(月)軽井沢日記

昨日は異常に暖かだったんですが今日は寒い。津津とします。
完全真冬日です。

怒った顔して、日記を書くな!

「楽しい話題をニコニコしながら書け!」と嫁さんから。
結構難しい顔をして書いている場合もあるみたいだ。

タイムドメインのスピーカー

そもそもは煙草を買いに出た訳だ。
そうしたら嫁さんから日頃お世話になっている○○と□□に渡してきてと、お土産を持たされた。で、そのうちの1軒が、例のタイムドメインスピーカーのオーナだ。 で、やれシューベルトだなんだかんだと話ししているうちに、聴いていけとなって、聴くことになった。 って、わけありでスピーカーは、○○○さんのところに設置してある。 私はシューベルトは趣味じゃないんですが、ちょっと狂気が入っている所が良いとか、実は対人恐怖症だったんだとか、色々興味深い話もきけた。
肝心のタイムドメインのスピーカーですが、たしかにピュアオーディオですが、音は綺麗。幾つかよく知っている曲も聞かせてもらいましたが、音はよく聴こえる。 でも、それだけだと低音が少ない。 フルトヴェングラーの被った低音が気にならない。 聴き込むには十分から知れませんが、このままスーッっと低音が延びたらどれだけ気持ち良いだろと思ってしまった。
いずれにせよ「こんど行くね!」と約束していたのは、クリアできてよかった。

todo リスト

  • 軽井沢紫煙会議
  • もしかしたら東京
  • 薪運び(燃した分だけ)
  • LD プレーヤーも破棄する
  • 納戸も整理する
そのうち
  • 自転車の整備(クライマー)
  • 離れの鴨居の裏の隙間を塞ぐ
  • 我が家の庭のモミの木も数本切って、もう少しスッキリさせる
  • ○○さんに自慢のスピーカを見せてもらう
  • ○○さんに、タイムドメインのスピーカを見せてもらう
  • 万座案件/草津案件、続き
  • メガネ屋さんに行くのはずっと後だ(混んでなさそうな時に)、困ってないし
  • サンルームを作る

社会のトレンド

嫌煙運動もそう。社会にはそのつどトレンドがあります。
患者に禁煙を進めるお医者さんでも、結構な割合で喫煙者が居るのは有名な話。
社会的トレンドなので「空気を読む」お医者さんは、逆らえません。
もし貴方にホントに親しいお医者さんが居るなら、聞いてみるが良い。
地球温暖化もそう。
温暖化は嘘だとバレてきたので、日本以外では「気象変動」と呼ぶらしい。
でもこのトレンドは嫌煙運動なんかよりずっと強力で、面と向かって逆らうと、 というより、地球温暖化してない、って事を声高に発言しようものなら、 私なら変人で済みますが、それが例えば大学の教授とか科学者なら、その職を干されます。もう、干されても痛くも痒くもない武田先生とかになれば本音を発言できますが、 若い、有望な科学者には無理。 それが如何に常識とかけ離れていたとしても、真実に迫るのが科学であるなら、 凡そ科学者らしくない態度ですが、そんな事は当人は100も承知。 ただ、何某か見えない圧力があって、それには逆らえないという現実があります。
もし貴方にホントに親しい科学者が居るなら、聞いてみるが良い。
炭素税を含めて、みんなそれで商売してますから、商売の邪魔しちゃ拙い、というのは理解できる。 みんな、って誰だ? こういうトレンドの正体はなんだ? ロシアは仲間はずれにされているみたいで、ロシアの学者は比較的自由に発言する。 これを見ても、それは西側に存在する圧力として現れていることは分かる。
単なる流行事として、自然に生じたものなら、それほどの「力」を持たないだろう。 反温暖化の論文を書いたとしても、社会的に抹殺される危険性はない。 ところが、実際にはそのトレンドにはその程度なら造作もないほどの力がある。 なぜそれにそんな力がある? 日本人なら異常に忖度してそうなることもあるかも知れませんが、世界中、って西側ですが、国家を越えてそういう力を有しているってどういうこと?


2018/2/11(日)軽井沢日記

部屋を暗くして、映画を見ていたら、深夜というか今朝ですが、 駐車場に入ってきた車で部屋が明るく照らされる。 「だれだ、こんな時間に!」、って嫁さんしか居ませんが、いきなり戻ってきた。
向こうは向こうで大変なんですが、嫁さんは嫁さんで大変な事情がある。 無理やりもどってきたみたいだ。
なんで電話よこさないんだよぉ、って「したけど出なかった」と言われてみたら、たしかに留守電入っている。はて? 私はずっと首から下げっ放しなんですが、なんで気づかなかったんだろう?
薪ストーブにあたりながらうつらうつらしてた時か?

薪は20束運んだ。
3×7=21、まあまあだ。

冬の軽井沢

軽井沢は昨日からそこそこ混んでます。
道もデリシアも混んでた。スキーかな? 道も混んでいるので中国人だけじゃない。
その軽井沢ですが、今年は雪がすくなくてすごく過ごしやすい。
天気は昨日も今日も晴れていて暖かい。
今朝なんか最低気温は、-1.9℃だ。 東京からもどってきたての嫁さんは寒いと言ってましたが、軽井沢、 この時期としたら非常に暖かい。

紅マドンナのミカンジュース

田舎から送ってきた。 今年は、これもやるかも知れないとのこと。試供品だ。
紅マドンナ? こんなミカン、私が田舎に居た頃はなかった。知らんぞ。 早速戻ってきた嫁さんと試飲してみましたが、大人の味で結構行けるかも知れません。 さて、お隣さん、これ幾らで売るんだろう? 今年は、品薄でいつものジュースも値上がりするかも知れませんね。

蕎麦汁

昨日、デリシアで食材をいろいろみてたら戸隠の「蕎麦屋のそばつゆ」を売ってたので買ってみた。今日、試してみる。 創味汁はイマニ。今使っている小豆島の近代製麺のおまけでもらった汁。 素麺屋さんなので、ホントは素麺汁だと思うんですが、こちらの方が美味い。といってもイマイチ。
「追いがつお」も製品が出たばかりは今とは全然味が違って美味しかったんですが、 今はファミレスの珈琲と同じで、ハイテク化、なんか化学の力を利用して、無理に追い出している感じがする。 違うかも知れませんが、いずれにせよ最初ほど美味しくない。
昔からの企業は、信頼を重視して変わらぬ味、といっても環境が変わるので全く同じって訳にはゆかない。変わるんですが、それでも同じ品質を提供しようとし続けるところがあるかも知れませんが、大企業は消費者が分からなければ、効率化のためになんでもやって、元とは全く違う製品になっていたりするので油断も隙もあったもんじゃない。

で、今日も蕎麦を打った。

今日は思ったほど、細くはなりませんでしたが、1本1本の蕎麦はこれまでで一番長くつくれました。 切る時、まな板ですが、今日は良く見て凸面を上で切ったので、切り残しも少なかった。 切り終わったとき粉を良くはらったので、茹で汁もいつもみたいに濁らなかった。
前回よりも美味い。5点満点中、3.9かな。
嫁さんが居たので、どこかからか椎茸と玉ねぎを持ち出して天ぷらも作ってくれたので結構リッチな蕎麦になりました。 見た目は兎も角、味は下手な蕎麦屋より美味い。って、軽井沢には下手な蕎麦屋さんはそうそうない。
戸隠の蕎麦汁もそこそこ美味い。
でもこれ、実は等倍なのでこんな小さな瓶じゃあ、大量に買い置きしておく必要がある。 ケース買いするかなあ。はて、値段は1瓶いくら何でしたけ?


2018/2/10(土)軽井沢日記

猫のKに起こされた。
寝室のエサ箱は空だったんですが、まだ下の台所には残っている。 今は犬はいないので片付けてないよ、昨夜の食べ残しのままだよ、っ言ってもわかんですね。 寝室に餌なんかおくの嫌なんですが、これを始めたのは嫁さんだ。 確かに、これをやっておくと朝起こしに来ない。 効果は確かにある。ゆっくり寝たいときには、犬はいなくても寝室に猫エサだな。

朝、リスさんがきてました。
こいつは、体格は中くらい、で尻尾は短いんですがフサフサしている。
その後は、イカルさんだ。イカルが来るということは、春は近い。 って、まだ結構寒いけれど。

洗濯は終わった。
youtube で第九を聴きながら、床掃除してます。
スマフォから、スピーカーは嫁さんの作業用の用意して BOSE の Mediamate だ。
このスピーカーはなんちゃって低音なので、この程度の音源を聴くにはとても良いかも。
が、思った以上に床が汚れている。 水拭きモップじゃ綺麗にならない。あとで、マジックリンを買ってこよう。
という訳で、掃除は台所回りに移動。フロアーはあとでやる。

ゴミとペットボトルを持ちながら、買い物にいってくる。

コメリ、ツルヤ、カインズ、デリシアと立ち寄って、結局、 1万円くらい使ってしまった。おいらのお小遣いがあぁ。
半分くらいは猫関連なんですが。 後はオイラの食い物。その食い物ですが、 最近、カップ麺ばかり食っていたので食欲が少し変。 買ってきたものを次から次へと食ったら、明日は蕎麦を打つとしても、週末月曜日までもちそうにない。 2日に分けて食おうと思っていたサラダも一回で食っちゃった。 もう一度くらい買い物に行くようだ。
フローリングの掃除は終わった。
薪運びは明日にする。

ウォッシャー液

軽井沢では凍らないのを入れておくのは必須です。
でフロントガラスが汚れた時に使うのは勿論ですが、凍った時も使う。 ガリガリ削っても、全部は採れないんですが、その残った雪だか氷だかをこれ(ウォッシャー液)で融かす。これ軽井沢の常識な。
で、以前は良く融けた。 ところが数年前から様子が違ってきた。 融けないことはないんですが、そのあとワイパーで拭くとその瞬間から、のこった薄膜が結晶をなして凍りはじめる。 綺麗っちゃー綺麗なんですが、使いにくい。 -30℃でも凍らないウォッシャー液でもそうなる。 トリチウム水の割合でも増えたか? と思ったんですが、そんなバナナ。 そうしたら、今年から「解氷効果」を歌ったウォッシャー液が販売された。 なんだ。ステルスで、製品品質を劣化させていた訳ね。 別に新しいウォッシャー液も大して高くはないのでいいっちゃーいいんですが、セコいことをするもんだ。

猫のTが撫でろと煩い

こいつは用心深いのので我が家に来たことがある人でもまだその姿を見ていない人は多い。 青山のゴミ箱に捨てられてた猫だ。青山のお嬢さんだ。 一度でも捨てられたというか、野良をやったことのある猫は用心深くなる。
子供は大嫌い。 一回目で会えた人は、猫に優しい波長のオーラが出ているだと思います。
「ねぇ、ねぇ」と手を延ばすんですが「痛ぇーんだよぉ」。 こいつの爪は鋭い。鋭く内側に曲がっている。刺さる。軽くやってももろに刺さる。 まだフリースのズボンのときはよいのですが、半ズボンのときは生足に刺さる。 血だらけじゃないかぁ。
で、撫でろという割には、膝の上は嫌い。
面倒くさい猫だなあ。 膝のうえで、例えばコンピュータ見ながら適当に撫でるのは楽ですが、わざわざ手を延ばして撫で続けるのは爺さんには大変なんだよぉ。

一人の時間

今日も猫に餌をやって、薪ストーブに火を入れて、風呂の準備をして珈琲を飲みながら、パイプ煙草を燻らす。至極の時間です。

で、先日購入した 1953/5/31 版ですが、どうもキングのそれとは音源が違う。
第一、それぞれの楽章の長さが違う。
音は今回購入した日本フルトヴェングラー協会版の方がずっと良く録音されている。
キング版はバイオリンのおとがイマイチで、低音は被ってますが、今回のはフルトヴェングラーとは思えないくらいバランスは良いが音はイマイチ綺麗じゃない。
で、気になって LP を取り出してみた。
私が持っているターンテーブルは PanasonicSL1200MK3 だ。
前回、いつ火をいれたか分からん。 ほとんどの電化製品、とくに SONY は使って無くても、古くなると使えない。 回らなかったらどうしよう? などと思いながらスイッチを入れてみたが、心配は杞憂におわった。 配線したかどかも忘れてましたが音は出た。 因みに、カートリッジは、STANTON Collector's Series 100 だ。 当時、アメリカのFM局で一番シェアがあったのは、STANTON。
NHK はオーディオテクニカな > 小僧。
FM局で使うくらいだから、音はともかく耐久性はあるハズ。 私は性能が良くて耐久性がないもの vs 性能そこそこで耐久性抜群なら、迷わず後者を選ぶ。そのトップモデルだ。 今はなきオーディオ屋さん、イケオンで買ったやつ。木箱に入っていて、一個、一個出力を計測したチャートが添付されてくる。 アメリカも昔はいい製品をつくっている会社があったんだ。
グローバル経済では、こういう企業は追いやられる。 相当上手くやらないと潰れる。

で、聴き比べてみた。
バイアスがかかっているのかも知れませんが、って、以前も書いたか気もしますが、アナログの方が断然音が良い。 良いのかどうかは分かりませんが、実態があるような音がする。 どこが不満ですか? と聞かれても答えようがないんだが、 比べると CD の事はスカスカに聴こえる。 数学で喩えるなら、アナログが無理数も含めた実数で CD の音は有理数だけの実数のようなものだ。
レコード盤が汚れているので、プチッ、プチッっと例の音がするんですが、こちらの方がずっと情報量が多い気がした。

それは兎も角、youbube 版も微妙に違う。
解説を読んでいたら、5/29,30,31 と演奏して、31日は、昼間と夜とで2回も演奏したみたいだ。 なので、5/31で2種類あっても可笑しくはないみたいだ。 録音もファンが適当に録音した奴だと、同じ演奏でも複数音源がある、って事になって、例えば咳の音とかは近いのを拾うので、全く同じならないのは理解できるんだが、 ワケワカメ状態。 今週末、時間がとれたらもっと真面目に聴き比べてみる。

アルマーニ

軽井沢中学だか高校も、軽井沢なんだからアルマーニにするの、どう?
○ちゃんの息子がいま生徒会長だから、提案させてみるか?

下町ボブスレー

これ井口くんも関わっているボブスレーだ。 井口くんというのは、超有名なブロガーでネットを見ている人なら誰でも知っている。 物理の理学博士です。 地震兵器と言われる HAARP のグラフが読めるので一躍有名になった。 で、陰謀系の話題も得意なんですが思想的には右翼という変わった人です。
で、このボブスレー、自分のブログで散々宣伝してたくせに、今はダンマリ。
「なんか言え!」と叩かれます。

私に言わせると、陰謀系に足を踏み入れて心が壊れたブロガーの代表的な人です。
この人は頭が良かったので陰謀論に直ぐに気がついた。 東大卒なら君子危うきに近寄らずで、そんな危ないところには踏み込まないのですが、彼は確か東京理科大かな。 気がついて踏み込んじゃったんですが、どーすりゃよいのか皆目検討もつかないんだと思う。 彼の心では解決できない問題だ。 で、心の拠り所は右に行ってしまったという流れではないかと。
単に私の想像ですが。
精神科医も心を病む人が多い。 心を病む人(患者)は、ある意味地獄のようなものを体験している訳だ。 なので、親身になんて接すると、自分も地獄を体験してしまって病む。という循環だ。 ライヒの言葉を借りると、精神病は伝染る
でもって、陰謀論の「彼ら」はそういう意味じゃ、悪魔みたいな連中、サイコパスだ。
若い男子が、年頃になると悪ぶって、自分の悪に対する耐性、強さを誇示したがる時期がありますが、この連中は年頃男子の想像を超えている。 次元をはるかに越えて凶暴だ。 私も時々面白おかしく、遠くから眺めて茶化してますが、それが限界。お近づきになるようなものじゃない。
このような世界を知ってしまい、心をやんでしまったとしても、まあ、向こう側に完全に取り込まれなかっただけマシかな。
で、的外れな批判とか呟きとか多数ネットにでてます。
無料で提供しておいて、相手が使わないと行ったら、賠償金3000万円支払え!ってワケワカメ。
日本選手も使ってない。なんでも2秒も遅いとか!

で、今日、私がこの件に絡んで、どうしても述べたいのがレースの面白さだ。
ボブスレーもそうだが、レースは無慈悲に結果が出る!
ここで現実を受け入れるんだよ。
勿論八百長レースもありますし、時の運不運もありますが、ともかく結果を受け入れる。
で、次どうするか? だ。
思うに、HONDA が時々F1を休みますが、休んでいる間にF1の世界は進む。 で、復帰したとき、コテンパンに負ける。 この負けるというのが大切なんだ。 motoGP はずっと出てますが、多分、ずっと出ていたらなら、そこそこの結果を維持できると思う。 結果を残せても、それじゃあ単なるレース屋になってしまうだけで、大きな飛躍は臨めない。 ホンダは、レース企業じゃない。
そうじゃなくて、一旦休んで量産車に傾注する。 レースとは違う社会のために役立つ仕事をやる。 そこでいろいろなノウハウを蓄える。 で、再度F1 に挑戦だ。これまでF1にはなかった技術を持ち込む。 自分たちがやってきたことの正しさの証明をレースで行う訳だ。
だけれども、ぽっと出て勝てるほとどF1は甘くない。 相手も本気だ。 コテンパンに負ける。負けを認めて謙虚になりそこから這い上がる。 そこが肝心なんだ。
これがあるから、レースは面白い。 直ぐに勝てたら、なんの感動もない。
多少は八百長があっても、結果は毎回出る。 負けて、負けて、その負けを克服して、ホンモノになる。
現実を受け入れられず、強がっていてもなんの進歩もない。
なので、レースに出てないホンダマンは、自分が負けてないので、思い上がったままホンダ臭い悪臭を放つ。
Japan as No1 の時代はいつの話だよぉ。 下町ボブスレーは、今の日本をある意味象徴するような事件です。 現実は、口でどうこう言おうがどーにもならない。 昔、バレーボールでしたっけ? 日本が外国チームを買収したのがバレた事件がありましたが、あ、2020のオリンピックもそうか、お金で買えるものは、たかが知れている。

そりゃそうと、今年F1どうなるんでしょうか?
とっても見どころが多いシーズンになります。楽しみです。


2018/2/9(金)軽井沢日記

今朝、○○さんちのベランダは、-17℃まで下がっていたらしい。 ガラスの温度計なので、そこそこ正確です。
どうりで寒いわけだ。 と言っても、 そのお宅、我が家の近くですが、我が家はそこまでは下がってない。多分。
それに体調が戻ったので、今日は全然寒くない!

2018年は地震が多い?

早速、あちこちで地震がおきてます。
阿部ちゃん、格好良いです!
「ありがとうローマ人」って日本人だよ。
//311の時の杉良太郎も格好よかったです。
私も身の丈にあった事しかできませんが、どうしようかと悩んでました。 って、義援金ってどこに行くんだか分かったもんじゃないし、 そうしたら、台湾から こういう呟きが 届いて、話題になってます。
そっか、旅行に行けば良いわけね。 台北空港は中継で降りたことはあるんですが、台湾は旅行したことはない。 嫁さんはある。 人生であと一回くらいは海外旅行しても良いかも。 台湾で決まりだな!

そういえば、昨日の地震、埼玉だったんだ。 少しだけ軽井沢も揺れました。

一人の時間

仕事から戻って、薪を運び入れ薪ストーブを点火する。
猫に餌をやる。今、犬は嫁さんと実家だ。
撫でてて!とうから、仕方ない。適当に撫でておく。
私はお湯を沸かして、パイプを燻らしながら珈琲を飲む。至極の時間だ。
と思っていたら、リビングでさっそく猫のTがゲロをする。

こう、嫁さんが居ない日々があると、一人で生活してたころを思い出す。
グレートワンパターンな日々、小さいループを繰り返して静かに生きてた日々だ。
同じ時間に起きたら、やることは決まってくる。
同じ時間に帰宅しても、やることは決まってくる。 今は珈琲を飲むのが関の山。まだそんな余裕はないが、これが長いと、寝る前に音楽を聴いて、読書をしながら寝るというパターンになるんだと思う。
食事をするにも、例えば、食器は、なるだけ少ない数というか決まった食器で済ます。使ったらすぐに片付ける。
なにかをして、部屋を汚したら直ぐに片付ける。 そもそも、「なにか」は余程のことがないとしない。 しても、片付ける前に、自分しか居ないので、基本はとにかく汚さない、散らかさない。広げない。
ゴミ袋は一杯にならなくても、少し溜まったら直ぐに出す。
着るものは完全ワンパターン。っと、これは嫁さんがいてもワンパターン。 散々、非常識だのみっともないだの言われても、勝ち取った権利だ。 闘わないとね! って、嘘です。アトピーが酷かったのでこうなっただけですが。
昨日の夕食は、デリシアのフライで、今日はカップ麺(みどりのたぬき)でしたが、 一人の期間が長くなると、もう少し真面目にカロリー計算して、おそらく曜日によって決まったメニューになる。 嫁さんがいる今の生活は、超贅沢な食生活ですが、元来私は食生活には興味は殆ど無い。 サラダは大好きですが。 決まった曜日に買い出しにいって、そうなると買ってくるものもワンパターン、季節による揺らぎも最小になる。
ところが、今はまだそのパターンは無理。 食うものは、冷蔵庫にはまだ嫁さんのものがほとんどなので、自分が料理できるものは少ない。 今日も年金のことで電話があったが、この件は嫁さんにまかせてあるので私には詳細が分からない。
と、いろいろ考えると普段の日々が、如何に嫁さんに依存しているか、嫁さんに振り回されて生きているか、が良く分かる。 それが楽しいんだから、しょうがない。 結婚した、ということはこういうことだ。我ながら、良く思い切ったものだ!
こんな女性が現れるとは思っても見なかった。
一人じゃこんな生活はしない。今頃軽井沢には住んでない。
大体、こんな真面目に働かない。 今の仕事は楽しいし、辞めるつもりも全くなくて、出来る限り続けたいと思ってはいます。全く文句はないし、ラッキーだったと思いますが、結婚してなければ、そもそもその職にも就いてないと思う。それ、趣味で終わっていたと思う。 食い扶持は、もっと楽で、勤務時間の少ない職を探していたハズだ。 今頃はリストラされて、派遣生活だったかも知れませんが。 で、孤独死してもだれも気づかないような、小さな場末の狭い安アパートで、静かに暮らしていたと思う。
猫も可愛いけれど飼わない。夜中、遊びにくる野良はウェルカムですが。
と想像すると、老後は引きこもり生活をしていた亡くなった父親と似てるところもある。 確かにある。でも、父親は野良は招き入れないと思う。 それに、徹底的に違うのは、私には友人が大勢居ることだ。 他人とつながりを持つと、そうそう引きこもっても居られない。 なぜなら、彼らと過ごす時間が楽しいからだ。 自分とは違う「他者」で、その他者とつながっている。
ましてや、配偶者となると、自分の外じゃなくて、内にいる「他者」だ。

わかんねぇだろ、この感覚 > 引きこもり諸君!

もう亡くなっている人なら、例えばソクラテスなら、プラトンの著書を読むしか、そのつながりは得られませんが、フルトヴェングラーなら、CD が残っている! それらは時空を超えたつながりだ。 それは就寝前でも良いかも知れませんが、生きている「他者」とつながりがあるなら、今、まさにこの瞬間を無駄にするわけにはいかない。 子供がいるなら、子供とのつながり。
もう残り少ない人生、うかうかしている訳にはゆかない。

絶体絶命

これって、 森友文書、新たに20件300ページ 財務省が提出 ですが、絶体絶命状況だと思うんですよね。 それでも開き直るというか、白を切り通すのがサイコーシレーカンだ。 どう言い逃れしようとするのか個人的には見てみたい気もしますが、社会的影響をかんがえるとそうも言ってられません。もう遅いか? 既に、日本はだれも責任を取らない国になってます。



2018/2/8(木)軽井沢日記

今日も晴天ですが、肋がピキッで、イマイチ調子が悪い。
調子が悪いと寒く感じる。

今日は普通に起きれたが、会社に持っていこうと思っていたもの、持って出るのを忘れた。ついでに、水抜きしてくるのも忘れた。あまり遅くならない時間に帰ろう。

今週末、また3連休なんですね。忘れてた。
やることは一杯ある。

カフェイーナさん も冬季休みにはいってます。
丸寛さん もそうです。 萬里 も例年どおりだとすると、どこかに行くはずだ。
観光客相手だと、下手すると売上が100倍違う軽井沢です。 冬季は、お休みしてリフレッシュされるお店も多いです。
最初はなんだかなあ、と思いましたが、これはこれで良いかもと最近は思う。
1年中、お店出すの大変だもの。どこへも行けないし。 で、お洒落なところへ言ってきて、得た体験をまた自分のお店に活かす。 メリハリつけて、いい、好循環になります。

タイヤバーストって増えているの?

この記事なんですが、 我が家も数年前に、嫁さんの HR-V が高速でタイヤバーストを起こした。
我が家だけかと思ったら、増えているというので気になった。
1つは、東京に車で行くとつくづく感じますが、最近の人は運転が下手。 その流れで、真面目に車のメンテもしてない、ってのがあるのは事実と思う。 でも、昔だって丸坊主になるまでタイヤ酷使してた。
もし、そんなにタイヤバーストは増えているのなら、冷静になって考えてみると、メンテしてないってより、被爆だと思うぞ。 被爆でゴムが劣化しているんだよ。

この劣化ですが、軽井沢だとゴムとプラスチックの劣化が早い。
主な原因は紫外線だと思いますが、冬の寒さも悪いのかも知れません。

twitter

キノクニヤネットさん 戻ってきました。
数学 Mさん は垢封鎖です。
この人 は、若そうなんですが、とてもしっかりしている。
先日のグラフ、開票が途中から減った兼、表があったので載せます。
確かに、減ってる!
500人ずつの束にするので、500人単位で増えるのは分かる。 で、なんで途中から減るの?
1束を間違えて、稲嶺さんにカウントしたとしてもだよ、期日前投票分と言われている最後の開票分はほとんど渡具知氏だったって事になる。
「買ってる」んですよ入場券を、とあるが、絶対にないよ、そんなこと!と言い切れないのが今の日本の姿だ。

う〜っ、頑張って生き抜いてね!

軽井沢だと、積んだ雪がこのくらいになることは数年に一度かるかも知れない。

新潟出身の友人がいるが、彼の話も壮絶だ。 でもそういう地方の方は慣れているので、我々みたいなことはないが、それでも大変だ。 前回の大雪のときは、家をオール電化にしておいた独居老人が亡くなったといいます。 大雪だと倒木して停電になるんだよなぁ。 都会で起きたら、マジ、死者がでるぞ。
こちらは、 富士山も低周波地震が増えているかも、 という呟き。

冷静なお医者さんの意見

「多くの患者さんを診てきましたが、こういうケースでは1〜2週間で症状が悪化して亡くなるケースが多いです」って、それ重症って事じゃん!

人と人との結びつき

相手は人じゃなくても良いのですが、まあ、分かりやすく人だとしましょう。
その彼は○○だ、と思っていて、その○○は良いイメージである必要がある。
○○を具体的に言うのは難しい。 というのは、人はユニークだから。 敢えていうなら、彼は彼だ。とかになるんですが、その後の方の彼は良いイメージである必要がある。悪いイメージの人とは結びつかない。

次に、その○○ですが、実際に○○である必要があります。
そうじゃないのに、○○だと思われているのは、思われる方も辛い。
等身大の状態で、○○である必要があります。

実際に○○である人に、権威は不要だ。
実際に○○なのだから、○○であると思わせる必要もない。
ホントにエライ人は、偉ぶらない。そんな必要はない。
ましてや、敬うことを強いることはない。 権威を振りかざしたり、そういう事を強いる人は、100%偽物です。

その○○ですが、多少のブレはOK。
まあ、人は機嫌が悪いときもありますし、気の迷いもあります。 後から考えて、あの時はなんでそんなことしたんだろうと思うことは多々あります。
しかし冷静になれば、常に○○に戻るようなものである必要があります。
それどころか、○○は固定である必要はありません。むしろそれは変。
生きていれば、色々な体験をします。それらは、○○に多少なりとも影響を及ぼす可能性があります。そうしたらその体験を経た○○は、以前の○○とは違います。 つまり○○は動きを持っているもので、上の例でいえば、彼は益々「彼らしくなる」ものです。
彼は彼であると同時に、そのあり方をより彼らしくして行きます。
そういう意味だと最晩年がもっともその人らしいかも知れません。
ボケちゃえば別ですが。

他方、若い時は若い時の魅力もある。
年老いた彼が既に○○になっている(顕現化している)のに対して、若い時の彼は即○○ではないにせよ、それを予感させる(可能性の)存在だ。 それに、結局年老いた彼が100のうち、30しか実現できなかったとしても、若い彼はもしかしたらと、100maxを予感させる。 どこまで行けるかは知らん。知らんけれど、ある○○がホンモノなら、そっちへ行くに違いない。 そういう意味で、○○に向かうに違いない、という意味で○○だ。 と、彼を見なすことは出来る。
なので、人との結びつきに歳は関係ない。
正確には、まだ○○じゃないかも知れないので、その場合「そう見なす」というのはそう「信じる」事と近いニュアンスを持つ。
若者、若者はバカ者ですが、良いよね。
別にそういう趣味はありませんが、才能をもった若者、美しいと思う。
悲しいことにほとんどが潰れてしまうわけです。

ここまでのまとめ

方向を示すために、人Aと人Bとしよう。
  1. 片方ここでは、Aが他方Bを○○だと好意的に思う。
  2. 実際にBは○○である必要がある。
次に、一般に人と人の結びつきというと、人でなくてもよいですが、
逆方向で、
  1. BはAの事は何某か□□であると好意的に思う必要がある。
  2. そうして、Aも上で述べたような意味でそうある、つまり□□である必要がある。
お互いが他方に望むことがあるとしたら、互いに「その人でありつづけてくれ」、ってことだけだ。
その人である、ということは「よりその人らしくなる」という動きを含めてですが、 既に含んで居るので、お気軽な関係だ。 で、お気軽なんだが、自分ではない「他者」 として、そういう存在があるということは、とても有り難い。とても勇気づけられる。

「どうだ、凄いだろう!」と強いみたところで、嘘吐きのイエスマンが1万人「凄いです!」と答えるより、ただ一人でよい信頼のおけるその人が「凄いね」と言ってくれた方が、どれだけ安心することか。「まあまあかな」でも良いんだ。 その人がそう表現するというとは、どういうことなのかはこちらで翻訳できる。
そういう関係の人を多く持つことは、人生を豊かにする。


2018/2/7(水)軽井沢日記

嫁さんが居ないのでいつもより早起きして早く出社しようと思ってたら、逆に寝坊した。
いつももあんなに煩い私のスマフォの目覚ましが全く聞こえなかった。体調わるかったからか?
暫く居ないので2重、3重にセットし直しておいた。
で、今日は体調は宜しい。すこぶる宜しいが、肋はちょっと痛い。 ピキッとします。以前は後ろ(背中)だったのが今日は脇に移動してきた。ん、また帯状疱疹か? それとも肋間神経痛?

そんな話をしてたら、回りに何人も肋が痛い人が居た。
デリシアでもそんな話をしている人が多いとか。
軽井沢、今、不思議な「肋がピキッとなる病」が流行っているのかも知れません。
私は最近は酷い咳をした覚えがないんですが、強い咳で肋を痛めているのかも知れません。

軽井沢は晴天です。
真冬日ですが、陽が射して暖かいです。
ところが、日本海側、雪ですごいことになっている地方があるようです。
頭を使って、仲間と協力しながら上手く生き延びてください。
で、この大雪、軽井沢も数年前にありましたが、それは局所豪雨の雪版らしい。 最近は雨も局所的に豪雨になりますが、あれの寒い版だ。 そう考える納得する部分もある。 いずれにせよ天気は変だ。

台湾で大変大きな地震があったみたいです。
お見舞い申しあげます。
台湾といえば、311のとき一番援助してくれた国だ。 日本人はそれを忘れない。
ところが政府は、それを国だとは認めずに、大変失礼なことをした。

洗面所でゲロした奴が居る

洗面所なのでKに決まりだ。
彼は、嫁さんが朝の支度を洗面所でしているときにお湯をもらうのを覚えた。 なので、喉が渇くと自分から洗面所に行って「お湯〜っ、お湯〜ッ!」と鳴き叫ぶ。 甘やかすにも程があるんだが、老猫になってボケたのか最近は頑固になって諦めない。 こちらが根負けしてお湯をやる。
想像するに、この時も水を飲もうとおもって洗面台に飛び乗ったんだな。
ちょっと食い過ぎの状態んだったんだ。 そこで思わずゲロった。
まあ、猫は直ぐにゲロします。
お腹が空いた状態で思いっきり食わすと食いすぎてゲロする。 見慣れた風景。 少しずつ食う生き物なんだと思う。 ところが我が家の場合、残しておいた猫のエサ、バカ犬が直ぐに掃除するので得てしてそうなる。
ゲロを見つけたのは昨日なんですが、昨日はもう片付ける元気がなかった。
今日になって仕方ない、片付けた。
事情をしらない人がきて、そんな洗面所をみたらたまげるぞ!

youtube

きっかけ、というか元ネタは、 この Twitter の呟きだった。 なんだ、上海雑技団か? って感じ。
youtube で検索したら、ベートベンのハンマークラヴィーアも演奏してた。
これだ。
第一印象、変なお辞儀する娘だ。
それ東南アジアのお辞儀だよ。 誰か教えてやれよぉ、正式なお辞儀の仕方。 って、そんな事はどうでも良い。
思わず見とれて、違う!、音に引き込まれて全曲聴いちゃった。
音がなる。で、聴き始めたら、なんだ、この娘、全然知らんかったけど、マジじゃん。
1楽章、軽い感じで始まる。 低音が弱いんですが、録音のせい? それとも、左手の筋力なの?
2楽章と3楽章は、正直ちょっと辛い。 どちらもゆったりしている楽章だ。 それに表現されてるのは「大人」の感情だ。子供には分からん。 得意な超絶技巧の曲と比べると全然遅いし、弾くのは楽勝だろうと思うが、そうじゃないんだこれが。 肝心なところでミスタッチをする。するんだが破綻するまでは行かず持ちこたえている。 一生懸命弾いているんですが、いつ破綻するやも知れぬ極度の緊張感が漂う。
3楽章が終わったあと、観客もそれまでの緊張に耐えかねて、咳が出る出る。 緊張すると、思わず咳したくなるもんだ。彼女もちょっと困惑気味。
ちょっと間を置いて気持ちを切り替えて、最後は4楽章。
4楽章は得意のパターンで、そつなく一気に弾き上げた。
最後はお決まりのブラボーッで終り。 なんか白人ぽい観客が多かったんですが、この娘の魅力、理解できたんだろうか?

先ず、アーティストはクラッシックに限らず誰とも似ていないのが肝心。
次にクラシックは、真摯さが必要。 分かりやすく一生懸命さとかくと、上からの命令とか指示を一生懸命というニュアンスというか、おバカな体育系の臭いが最近の日本語には感じられるので、その言葉は使わない。 真逆。一生懸命でも良いが、従うのは他人の指示じゃない。 自分との感性 と真摯に対峙するってことだ。 クラッシックだと直ぐに偉そうな評論家がしゃしゃり出てきますが、そんな評論家のいうこときいていても駄目なんだ。 大体、クラッシックというと上流階級のペット。 優等生がお澄ましして聴く、みたいなニュアンスがありますが、全然違う。そんなもの、クラッシックじゃない。
あなたのクラッシクかも知れませんが、私の知っているクラッシックじゃない。 私の知るクラッシックはもっとずっと赤裸々だ。
正直言うと、真摯さだけでも足りない。 その真摯さが、精進を経て人の魂を遥かな高みまで導き結晶化するとき、ホントのクラッシックになる。なるんだが、精進してれば良いってもんでもない。 確かに才能は必要だ。 技術的な才能じゃなくて、才能といえば1つしかない「The 才能」だ。 この辺りは、長くなりそうなので、次、チャンスがあればね。
じゃなきゃ「クラッシックが最高!」とはならんだろう。
この真摯さは、およそ人間であれば誰でも有しているものだ。 なので、クラッシックは本来凡そ人間であれば誰でも理解できるものだ。 アーティストは特別でも、彼が作り出した作品は普遍的なものとなる。
ミニスカートでもなんでも良いんだよ。 お行儀よくする必要なんか全然ない!ない!ない! 自分がサイコーと思う道を進めば。 お、 だよ。
この娘さん、どこまで行けるか知りませんが、巧くするとアルゲリッチみたいに大きく成長する予感がした。 つい、オジサンは応援したくなった。
やっぱ、いいなあ。クラッシック。
大賀ホールに来ないかなぁ。こういう時は、ガンデンさんだ!

先週末




2/3の写真です。
道路とか木のあるところには雪はほとんどありませんが、畑にはあります。
1枚めは、私が借りている畑。
な、いい感じだろ?
玉ねぎとニンニクが植わっている畝は雪が被ってもわかるように棒を刺してある。

浅間も今年は雪が少ないです。
この時期なのに、地肌がところどころ見えてる。 でもその浅間、最近、火山性微動は増えているとか、ネットに出てた。 くるかも知れんなあ。多少なら来てもOKです。

軽井沢に○○○さんという、とてもお洒落で男前の老紳士が居る。
風貌からして格好良い! 同性の私が見てもそう思う。 何気ない仕草も全部絵になっている。 格好良すぎ!
ところが、この人、自分の事はちっとも話さない。 話すのは名前だけ。 最初は単にシャイな老人なだけかと思ってましたが、度を越してしゃべらない。 色々な趣味もあるんですが、自分からは決してしゃべらない。 神秘のベールに包まれた、不思議な老人だ。
で、先日、ふとしたことから経歴が分かった。
○○○にお勤めだったんだあ〜ッ!マジ?
そりゃあ、喋れん。喋れん。喋れん。 納得、納得、全部納得。
我々の仕事でも、業務で知り得たことをは喋ってはならぬという掟があります。 知るかそんな掟。 私は口が軽いので喋ります。 聞かれなくても喋ります。 墓の中まで持っていくような秘密は抱えたくないもの。 別にコンプライアンス順守の精神がないわけじゃないんですが、自然法は人が勝手につくったそんな法律より上だと思うので、冗談はともかく、そいいう状況では私は喋る。
ともあれ、軽井沢では不思議な人と出遭います。
都会に住んでいたんじゃあ、ご縁のなかった方々です。


2018/2/6(火)軽井沢日記

薪を少し運んでから出社。
雪が少しチラついてます。
勿論、真冬日ですが、寒くないです。
あ、水抜きして来るのを忘れた。 予報は、-11℃なので平気かも知れませんが、きわどい温度だ。 安心とるなら、早く帰宅するか、あとで一旦帰宅して水抜きするか2択ですね。

嫁さんの実家から電話で、お父さんの具合が悪いらしい。
今までにない症状でどうしてよいか分からず。 他方で、一緒に暮らして普段面倒みてくれているお兄さんが明日から出張。 仕方ないので、嫁さんこれから帰る事になった。

私も体調イマイチ。なんだか、気持ち悪い。
夕飯後に急に悪化した。悪いもの食ったか? 数日前から背中が気になっていたんですが、そうも左後ろの肋のようだ。 これは今朝、薪を運んでいて分かった。 変な寝方して痛めたか?
中じゃなければ、いいや。肋骨なんかすぐに治る。
そりゃそうと、気温は、-8℃。 風もなくて普段ならなんてことのない寒さ。なのに、 体調が悪いとすごく寒く感じる。
こいう寒さを毎日感じてたら、そりゃあ〜「軽井沢嫌だ!」となるのも分かる。

という訳で、そうそう仕事を切り上げて、自宅に戻る。
凍結は大丈夫だった。 嫁さんは、そのまま荷物一式を車に運び入れて、日が変わった頃、実家へと旅立った。 準備をしている間から、犬は実家へ戻れそうな雰囲気を掴んで喜んでいるのが分かる。 もう帰ってこなくても良いぞ。
先ずは、どういう様子なのかその一報を待つことにしよう。

名護市長戦

私が見ている人は稲嶺さんを応援している人の方が多かったんですが、稲嶺さんも、彼を応援する熱狂的な一部の人もちょっと変。もっと普通の人が立候補し、普通の人が応援すれば良いのに、というのが私の率直な感想。 ま、でも、政治は生きるか死ぬかだから、ああなっちゃうのかなあ。

「50代と60代の間にでっかい断層があるんやな」って呟き。
不正選挙かどうかは兎も角、これ見ると断層ありますね。
60以上は引退している人が多い。 現職を離れると、多少長いスパンで未来を見通せる。 そうしたら、孫子の世代に良い日本を残したいと思う気持ちが強くなるのは当たり前。 現役なら、目の前の人参、10年後の事より明日、直近の仕事は非常に重要だ。
他方で、学校教育その他進めてきた世代分裂運動の成果も出ているのかも知れない。
そもそも私より下の世代は「しらけ世代」と呼ばれていた。
しらけは、もう我々の世代でも始まってましたが、まだ学生紛争の予熱は残っていた。 その下は、完全に抑え込まれていた。
そりゃそうだ。 生徒や学生は、毎年新しいのが入って入れ替わりますが、迎え撃つ学校側は、毎年の経験を経てだんだん賢くなっている。 学生が暴れにくい、って、窓ガラスを割るとか、廊下をバイクで走り回るとかじゃなくて、知的に「先生、それ可怪しいじゃないですか!?」と迫るって意味だが、状況にどんどん追いやられた経緯がある。 学生側ももっと世代間コミュニケーションをやる必要があったんだが、学生は学生でアホな先輩が威張っていたりするので、どんどん劣化する一方だった。

武田鉄矢

政府を批判する行為を「いい格好しい」みたいに表現して、叩かれた事件がありました。 なにも、叩くことはないのに。 全然、普通の範疇だよ。武田氏なんて。
その程度で叩くから、庶民から理解が得られないだよぉ > ネット左翼の皆さん。

でも、武田氏のその言葉ですが、私個人は、その裏には「自分も若いころいい格好したかったんですが」できなかった、その劣等感というか負い目というか、そういうものを感じてしまう。 逆にその反動で「三枚おろし」みたいな、分かった風な口を効く番組をやる、という流れに至っているのかなあ、と。
で、あれだけの本を読んでいれば、普通ならもっと賢くなるハズだ。 にも拘らず、相変わらず鉄矢をやっている訳だ。 そもそも坂本龍馬に憧れた時点で、ズルっと滑っているんですが、まあ、それが彼だ。 それで良いじゃん。
私は好きだよ、武田鉄矢。
でよしんば、戦争になったとしてもよもや私の世代が徴用されることはない。
せいぜい思想犯で投獄 → 拷問、or 薬で廃人化されるだけですが、そのしらけ世代の50代、その下の40代の世代は徴用される可能性がある。 彼らも使い捨てにされるだけだ。 気がつけば彼らも反対すると思うんだが、向こう側が一枚上手。 シレーカンはアホでもその裏には、凄い連中が居る。 このまま気が付かなければ、自業自得と言えなくもない側面もある。 されど、その下、孫、ひ孫の世代には、平和で幸せな日本を残してあげたいと、爺さん、やっぱりそう思うぞ。

で、なんども言うが、対立するというか、分断させられるのは、向こう側の思う壺だ。
右翼 vs 左翼、優遇されている農家 vs 貧乏人、 お金持ち vs 庶民、老人 vs 若者、男 vs 女性、喫煙者 vs 嫌煙者、生活保護者 vs 貧乏人、公務員 vs 民間人、正社員 vs 非正規社員、向こう側はなんでも利用できる対立は煽って利用する。 対立させておけば、さじ加減で世論をどうにでも持っていける。 リモートコントロールが効くようになる。

この対立を俯瞰すると分かるが、不満を持っている人は利用し易いんだ。
ファシズム国家を作るには、国民を幸せにしてはいけない。 幸せな中産者階級を増やすと、言うことを聞かなくなって制御不能になる。 ただし、この国民虐めもやりすぎると別の制御不能になる。
不正は大なり小なりどこでもある。
ない、と言い張る方が可怪しい。現実から目を背けている。 問題はそれが結果をひっくり返すほどのものか、それとも大勢に影響を及ぼさない程度のものか、ただその違いだ。
陰謀論で最近の人気の手口は「期日前投票を入れ替える!」って奴だ。
衆院選とか大きな選挙だと、集計時に下駄を履かせてもバレないんですが、小さな選挙だとバレる。とすると、期日前を操作するしかない、という理屈だ。 多少数字が変でも、結果的にそれは不正選挙追求には向かわず、住民同士の疑心暗鬼に向かう。つまり、住民を分断できるので、万が一不正選挙がそのときは失敗しても、次回には生きるという計算にもなる。
記述前投票は最後に開票するので(ってホント?)、最後が逆転したり差がついたりするケースが多い。
で、誰かが発表を元にそれをグラフ化してみた。 確かに、優劣が決したのは終盤だ。終盤にドカンと差が開いた。 で、このグラフをよく見ると、稲嶺さん、途中から下がり始めている! 開票する一方なのに、下がるってどいう言うことよ、という呟き。

仮に、このグラフが正しいとして、好意的に解釈すれば「途中の発表値が間違ってました」って事になる。まあ、不思議なことが起きるものだ。
一昔前なら、不正選挙なんか日本に限って、絶対にありえません。 と言い切れたものだが、今の日本を見ていると到底そんな断言はできない。 高松の事件は有名ですが、その後も こんなの が報道されている。これらは氷山の一角だ。
むしろ、彼奴等ならやりかねない、と思う今の時代が凄すぎ。

オイラもビットコイン発行しようか知らん?

単位は、フラットだな。 裏打ちになるものが必要ですが、例えば1フラット当たり、1時間程度、お話の相手します。 ってのはどう? UFO 話でも、多少真面目な話でも。 私が忙しいときは、不可です。

「ただの番記者で、それ以上でもそれ以下でもない」

サイコーシレーカンの答弁を真に受けているの為に貼っておきます。 小川氏はこのあと、ヤバいとおもってこの投稿を削除しましたが、時既に遅し。 魚拓が一杯取られていて、晒されてます。

ただの番記者の仲人なんかしませんよね。 それどころか、ネットには家族ぐるみで親しそうにしている写真が一杯でてきます。 にも拘らず、それ以上でもそれ以下でもないと言い切ってしまうところが凄い!

支持されるのもご自由ですが、そういう人だと知った上て支持されるのが宜しいかと。

「ノストラダムスの大予言」の著者・五島勉氏が激白「謝りたい」

少し前の記事ですが、こちら です。 かく言う私は、ノストラダムス世代。
浪人してた時だったと思うが、これ読んで非常に勇気づけられた。
当時、この世界に絶望して死のうと思っていた。 今から考えれば、ちゃんちゃら可怪しいのですが、そのときは本気だ。 でも、こんな凄いことが待っているなら、それ見届けてからでも遅くはないなぁ、と正直思った。
私の場合は、謝ることありません。むしろ感謝したいくらい > 五島勉氏
で、1999年7月には大したことはありませんでしたが、今、まさにそれに匹敵するようなことが起きているような気がする。 他人事だと思うと、非常の面白い。。 こんな時代、歴史上一度もなかったと思われるくらい面白い時代だ、今は。 そんな中で、貴方はどう生きる?


2018/2/5(月)軽井沢日記

昨夜打った蕎麦の残り、今朝は温かい麺にして食った。
美味しかったです。
真冬日ですが、青空も垣間見えて、それほど寒くない。
予報では、今週これから寒くなるみたいです。
週間予報だと、これから暫くず〜っと -10℃コース。 2月なので、軽井沢的にはま、こんなものだ。
それより、雪がないので今冬は非常に過ごしやすい。過ごしやすい。

腕時計

実は嫁さんの腕時計も町の時計屋さん経由で SEIKO に送ってた。
クォーツのパーペチュアルなので、設定が面倒くさいらしい。 今なら、スマフォと繋いで、アプリから設定だろうが、当時のものにそんなものはない。
ところが、1月以上経ってようやく返事がきた。 電池交換だけでだめで、メンテというか分解掃除が必要とのこと。 このメンテが不思議な制度で定価に比例する。 高い時計だと高いし、安い時計だと安い。ホントにかかった費用にすれば良いのに、と思うのは私だけ?
この時計はそんなに高くないので、金額は大したことありませんが、嫁さん、悩んでます。 時計屋さんはいいかんげんどうするか返事しないとね。 私は直しましたが、直すか直さないか、嫁さんの思い入れ次第ですね。

youtube

版権どいうなっているんでしょうか?
最近は CD を買わなくても、結構聴ける。でもホントに良いものは、手元に置きたい。 芸術家には、敬意を払って、ちゃんとお支払してだ。 って、もうフルトヴェングラーはとっくに亡くなってますし、版権も切れているかもしれない。というのは知った上だ。
嫁さんも Youtube のお陰で、随分 CD を買わなくなった。
だれもお金を支払わなくなったら、芸術家はそれでは食えなくなる。 それでもやる奴はやり続けるんですがそれで良いのか? と疑問に思う。 そもそも、それだと一般の庶民が芸術に触れる機会が減る。 ツィマーマンが大賀ホールでやったもの、実は大賀さんのホームパーティのようなものだ。 軽井沢だと、お金持ちの間で内緒で凄い演奏家を招いて演奏会も行われてます。 特権階級の贅沢ですが、それで良いのか? 一般の人が、それに触れる機会はどんどん少なくなる。
一般の人こそ、芸術が必要なのに。
という訳で、私は超微力でも応援できるなら応援したい。
能書きは兎も角、そういう訳で、私はほとんど Youtube で CD とかになっている作品は見ない。見たとしても、良かったら、買う。お金を出して買う。
私が死んだら、みんなゴミとして捨てられちゃうんだと思うんですが、買う。
で、なんかの拍子に Youtube みてたら発見した。
これよく見たら、1953/5/31 の演奏じゃん。
フルトヴェングラーの演奏は演奏日がかなり重要。 残っている音源は、ライブが多い。それも非公式の。 で、ライブの演奏は、ご存知の方はご存知と思うが、その時の観客との関係で随分変わる。 フルトヴェングラーの場合、かなり変わる。 それに、初期、中期、晩年とさらに理解度が進むにしたがって、フルトヴェングラーの音楽も変わってきている。 私は最晩年の演奏が好き。 理解度が高い観客を前に、手加減無しで本気で行った(かどうかは分かりませんが)演奏が良い。 で、フルトヴェングラーの第九はバイロイト版が一番有名なんですが、私は 1953/5/31 版が好きだ。 バイロイトで寄せ集めの楽団員であれだけの演奏をやってしまうのも大したものですが、私はウィーンフィルの勝手知ったるいつものメンバーで、技術的なことは全く問題ない。 音楽にだけ傾注したような、この演奏が好きだ。
3日続けて演奏したのかな。 前日の 1953/5/30 版は、グラモフォンから出てて、持ってます。
これは LP 時代にはなくて、CD で出た。 私が一番聴いていた 5/31 版はキングから出てた LP。 待てど暮らせど CD 化されないので諦めてた。 しょーがないので、代わりに 5/30 を聴いてた。 ところが、youtube に出てた。
バイオリンの音が聞こえにくく、低音は被っているのは同じだ。 それでも、雑音はだいぶカットしてあると思う。LP よりもずっと聴きやすい。

久しぶりに 5/31 版を聴きながら、
彼の演奏の何が私をこんなに魅了するんだろうと考えてみた。
1つは、迷いがない。
この楽章のこの章節はこう演奏すべきだと彼は信じて演奏している。
で、それはカラヤンのような「ウケ狙い」とかではない。
それは、数十年、ベートーベンを演奏しつづけ、探求しつづけ彼が到達した高みだ。 それは彼(フルトヴェングラー)の生き方とも統合している。
youtube に整形した音が掲載されているということは、どこかに音源があるハズだ。
という訳で久々に Amazon みたら出てた。 日本フルトヴェングラー協会版だ。 この協会の事は存じてましたが、ここで買える音源は以前はどれも高価で高値の花でしたが、これなら買える!
思わず、ポチッっとしちゃいました。
って、て、嫁さんのアカウントでした m(_ _)m。
カードも嫁さんのカードから引き落とされます。
したがって、いつも立て替えている○○代は、これから数ヶ月間は、嫁さんに請求するのは止めておくことにする。
CD もね、ホントは町の CD 屋さんから買いたいが、軽井沢町には CD 屋さんはありません(T T)。

ご冥福をお祈りいたします

個人的には全くしらない人ですが、良くTV に出てたので知っているような気がする。
自分より若い人が亡くなるのはあまり気持ちのよいものではない。
というのは、その方、生前中から華やかだったんですが、どこか薄幸な雰囲気が漂ってました。 ちょっと勘違いしている娘さんでしたが、異性でも同性でも、ホントに親しい友人は居たんだろうか? まだやりたかったことがあるんじゃないかと勝手に想像するからですが、 ホントは歳に関係なく、その人がもうこの世に「思い残すことがない」状態で逝ければ良い。 その人じゃないと分からない領域だ。
娘さんがいらっしゃるみたいですね。まだ15、とか16歳らしい。 その人と繋がって生きていると感じている人にとっては、先立たれるのは辛い。非常に辛い。どうしようもなく辛いものがあります。 当人自身は、達観してたとしても、そういう人を残して、先に逝くのはその人も多少心残りじゃないかと思う次第。

で、歳をとると、爺さん、婆さんは然り、親も含めて、知人友人が徐々に向こう側に行ってしまう。
そうすると不思議な事に自分も向こう側に行った時には、彼らとまた会える、再会できるんじゃなかという気がしてくる。 そういう気持ちが大きくなって、また再会できるのは、それはそれで楽しみにもなる。 会いたくない人も勿論いますが、そういう人はスルー。 死ぬことが特別じゃなくなってくる。 そうなると、あとどのくらい行きてられるかが問題になる。 生きて元気なうちに、やらなくてはならないこと。 やり遂げておきたいと思うようになる。

先日の介護疲れでつい別の女性と添い寝しちゃった作曲家もそうですが、まあ、介護は非常に大変だ。
我が家も、嫁さん、見ててもそう思う。
私が考える理想は、やっぱり3世代家族だ。 子供が居ない家族もあるので、大家族制だ。
子育ては、お爺ちゃんお婆ちゃんの世代が集団で行う。 若い、お父さん、お母さんにまともな子育てができる訳がない。 出来る人も勿論いますが、大変だ。 学校行かせて、ロクデモナイことを仕込まれれて、宇宙人にされるよりは余程マシだ。 お父さん、お母さん世代は、社会にでて働くのがメインだ。 介護しながら片手間でできるような仕事ってなんだ? 家賃収入とか、運用会社に資産の運用を任せているご身分なら別ですが、自分でバリバリ仕事してて、そいうこうことが出来る仕事、そんもん、私は知らん。
で、お爺ちゃんお婆ちゃんの介護が必要な時期になったら、面倒みるのは孫の世代だ。 自分が幼かった時面倒みてくれた人達だ。その人達の面倒みたいと思うのは、人として自然な感情だ。

私の妹

母方の爺さんが倒れたとき、私の妹は迷わず仕事を辞めて、一人残された婆さんの面倒を見るために、田舎に戻った。 私の母は既に亡くなってましたが、叔父である息子二人はもう東京で生活を築いており、幼い子供もいておいそれと戻れる状況じゃなかった。 婆さんの兄弟とその家族は残っていたので最悪の状況は避けらるとは言え、間髪入れずに、そういう決断をした妹、不器用な妹ですが、私は誇りに思う。
恥ずかしながら、当時の私はそこまでの判断力はなかった。
因みに、その妹の次男は、私の父親の介護の時も、暫く一緒に暮らしてくれた。
父親は、子供達の生活には全く興味はなくて、その甥も私の父親にはなんの面倒も見てもらってませんが、当時、プーターローしてたので、お願いしたら気軽に受けてくれた。 父親はこの孫が痛く気に入り、自分の子どもたちより可愛がった。 他人を毛嫌いしていた人が、不思議なことがあるもんだ。 で、この甥も、そんな爺さんとそれまで接したこともなく、異次元遭遇でしたが「他人から感謝されること」 の喜びを、この経験を通して知ったみたいだ。


2018/2/4(日)軽井沢日記

よく寝た。こんなに寝たのは何年ぶりだろう。
うつ伏せで寝てた時間が長いのか、起きたときは腰が痛かった。もう平気ですが。

薪ストーブのガラスを掃除した。
このところ、暫く汚れていたのですが、炎が綺麗にみえると楽しいです。

あとで煙草をかいにいく。
と思ったが、嫁さんのお買い物のおつきあい、というか運転手兼、荷物運び。
メモ:162×130×〜45×〜25×2セット+失敗可能性

蕎麦打ち

毎週、週末はそば打ちと決めていたんですが、 先週は東京で、もどったら、急ぎメールが入っていてそば打ちする時間がなかったので2週間目です。
今日は「いつもより」薄く延ばして、薄く切って、「いつもより」良く茹でた。
で、そば粉は「田舎そば」ではなくて、普通のそば粉だ。
      ↓ 今まで、打った中で一番美味かった。
今日は、5点満点で3.8だ。

「いつもより」ってのが肝心

最初は「いつも」がない。
自分の中に基準がないうちは、外的な計測値に依存するしかない。
二八なので、小麦粉100g に対して、そば粉400g で打ってますが、これは自分の基準じゃあ判断できないので、台所用の測りで、計測する。
計測器が有効な場合はそれで済みますが、そうじゃないところは自分なりの基準が要る。
自分なりの基準が出来上がれば、そこから微調整が可能になる。 今は、その基準が確立し始めたところ。
基準ができれば、こんどきこりの大将に質問して教わるにしても、or どこか、他のそば打ち教室に参加したとしても、具体的に質問できる。 youtube の動画をみても、自分との違いを盗める。 この基準がないと、ただただ丸暗記するだけ。丸暗記しても私のおバカな頭は直ぐに忘れる。忘れる。忘れる。
この基準、体得した1つの基準なんですが、哲学用語でいうと「悟性」と言うが、1つのオートポイエーシス、できあがった最初のネットワークだ。 これを元に、もっと自分の蕎麦が打てるように、精進する。 コヒーレント思考だ。
といっても、巧くなる保証はない。高みに登るには何事も才能が必要だ。 それでも、以前の自分よりは巧くなる。

水回し

水は45%で、500g だと、225cc が基本ですが、この時期の我が家の湿度、乾燥状態だと足りない。足りないことは、前回だか前々回に試した。 なので、今日も 250cc で開始する。
この cc も見た目じゃ分からないので、計量カップ位で計測。
で、この水ですが、寒いほうが良いのか、室温が良いのか、それとも温めて置いた方が良いのか、良く分かりません。今は、水道からでてきた水、そのままなのでかなり冷たい水だ。
で、水回しですが、きこりさん曰くここが一番むずかしいらしい。
気持ちとしては、そば粉と小麦粉の1粒1粒に間に均等に水を行き渡らせるようにするらしい。
結果的に、私がやっても、きこりさんみたいに、自然にゴルフボール弱の玉ができることはない。 さりとて、酷く失敗している風でもない。
まだ、どう難しいのかが分かるレベルには達していないのだと思う。
水を投入する前、小麦粉とそば粉を均一になるまで混ぜおくことを忘れずに!

練り

練りは、前回偶然、ちょっとしたコツを掴んだ。 教わらなくとも、延々やっていると気がつくこともある。 今回もいい感じなんですが、どこまで練れば十分なのかははまだ判断できない。
今日はよく観察しながら練ってました。
最初はボソボソなんですが、練っていると粘りがでてくる。 で、途中から相転移を起こしたように質感が変わって滑らかになる。 どこまででも伸びそうな感じになりますが、その瞬間を越せば良いのか知らん?
足りないのはマズそうですが、練りすぎてもそうそう悪害ないかと思うので、多少多めに練ってみた。
菊練りというかヘソ出しは出来ない。出来ないのでスルー。てきとうに丸める。

延し

延しは、500g なので、延し板に目一杯広がると、まあまあの薄さになる。 1つの目安だ。 でも、私は角出しできないので、ひたすら丸〜く広げるだけ。 そうすると、同一面積だとしても、多少はみ出る。 なので、500g と言えど、今の方法では多少延し棒に巻いて収納しながら、部分部分で延ばす必要がある。 この方法だと延し棒は2本要るが、上手く四角に伸ばせるならこの量だと1本でも足りる。 巧く四角く伸ばせれば、折りたたみやすいし、蕎麦の1本1本の長さも揃う。
で、今回もだいぶ力が抜けて、汗をかかずに切れました。

500g は、結構微妙な単位だ

初心者には打ちやすい。
1kg をの延ばすには、もっと個々の技術を習得して上達する必要がありますが、500g なら簡単だ。 もっと少ないと、練り、どうするんだろう? 練りだけなら 500g でも少し小さい。もっと小さい玉は練りにくい。
蕎麦の量として、500g あれば、男2人で、蕎麦だけ思いっきり食ってもかなりお腹いっぱいになる。 私と嫁さんだと2食分。ちょうど良い量だ。
でも慣れたら、次 150+600 で試してみようか知らん? いや、その前に 125+500 だな。

切り

切りも力が抜けて、今日も途中に休憩を入れずに一気に切れました。
前々回までは、たたむときに打つ、打ち粉の量が完全に不足してた。 で、前回はたたむ時に十分すぎる打ち粉を振ったんだがまだ縦にくっついた。 時間を置いちゃうのもくっつく原因だ。 なので、今日は休み無しで一気に切って、20切りずつ、切った後、器に移す時、粉を振り落とす工程を打ち粉を振り落とすだけではなく、縦に重ねた蕎麦を解きほぐしてバラバラにする感じで、今日は念入りにやってみた。 結構、上手く行ったと思う。

私がかったそば打ちセットには、安セットだったのでそば切りのまな板は入ってなかった。なので、カインズで買ってきた一枚板のまな板をつかっていたんでが、反ってきた。 なので、一番下は完全に切れないんですが、まあ、別に拘らない。 そば切りまな板だけ別に追加しても良いのですが、プラスチックだと反らないのかなあ。
そういえば、きこりさんのまな板は、寄せ木でできていて、且つ、縦に寄せてあった。 凄い造りだ。プロが使うので、ああいうまな板になるのは納得!
それよりも、前回辺りからの傾向ですが、駒板が均一に進まない。 手前より奥の方が先に進む。 「きこり」さん曰く「駒板の進む量は押さえるで加減する」らしい。 なら、親指をもう少し強く押さえた方良いってことか?
ともあれ、次回はもっと均等に、もっと細く切る練習をする。

ゆで

「きこり」で教わった連続ゆで方式だ。
一度に茹でないで、投入するのは少しづつ。 それを連続で行う。
投入したら必要以上にかき混ぜない。 これまでは、蕎麦が浮いてきたら直ぐに冷水行きだったんですが、 今回は、浮いてきてから20秒まってから流水行きにした。
今日の蕎麦の太さだと、このくらいがちょうど良い
もっと細いと、直ぐでの良かったのかも知れない。 逆にもっと太いともっと茹で時間が必要だ。
逆算すると、これまでは、半生状態の蕎麦を食っていたことになる。 それはそれで美味しかったのですが。
良く洗ってぬめりを落として食うのは、前々々回かな? きこりさんに、教わって試したら上手く行ったので今回も採用。 洗いが足りないとヌルヌルする。 蕎麦がこんなにヌルヌルなのは最近知った。
我が家は面倒くさいので、氷水なんか用意しませんが、軽井沢の水、十分冷たいし、これでも十分腰があって、今日の蕎麦は美味かった。 逆に自分が打った蕎麦でこんなに腰が出たのは初めてかも。 これなら、手打ちじゃないお店、乾麺からつくった蕎麦を出すお店の蕎麦よりは美味いかもしれない。

大根は私が作った大根。まだ、もう少し残っている。 私がつくった大根は葉っぱ、虫がくったりしてあまり良い状態ではないので、大根だけ収穫してた。そういすると痛みが早い。みんな乾燥してきてタクワンになるんじゃないかと心配して配りまくっちゃいましたが、 今、最後に収穫した分は葉と一緒に玄関に残してある。 いつだろう、収穫したのは? と思うくらい前だが、 この分はまだまだ平気。 なんだ、こうやって保存すりゃ良いのか! 今春も来秋も、一杯植えよう!
サラダ大根はサラダでは食いやすいが、蕎麦の大根おろしには刺激が少なすぎる。 普通大根も増やそう。で、やっぱり蕎麦には辛味大根だ。3種類だな。
ネギは、お歳暮でいただいた深谷ネギだ。美味い、文句なし!
となると、後は、蕎麦汁だな。
凝るとどこまでも凝ると大変なので、汁は簡単にしたい。 きこりさんの蕎麦、飽きることなく美味しいんだが、あれ、分けてもらえるんだろうか?
ともあれ、次回はもっと広く延ばして、もっと細く均等に切ってみる。

一番進歩したのは

と、偉そうに色々書きましたが、一番進歩したのはそば打ちの手順かな。
道具にはなにが必要で、どういう手順でおこなうか。 で、終わったあとどういう手順で道具をしまい、掃除をするか? それら、一連の手順は随分進歩した。 進歩して、短時間で済ませることができるようになってきたし、この面倒くさがりの私でも苦痛じゃなくなってきた。

todo リスト

  • 薪運び(燃した分だけ)
  • LD プレーヤーも破棄する
  • 納戸も整理する
  • 蕎麦を配る
  • 畑に様子見に行く
  • 畑で雪の下で頑張っている玉ねぎとニンニクに、化学肥料をやる
    今年雪ないじゃん!
そのうち
  • 自転車の整備(クライマー)
  • 離れの鴨居の裏の隙間を塞ぐ
  • 我が家の庭のモミの木も数本切って、もう少しスッキリさせる
  • ○○さんに自慢のスピーカを見せてもらう
  • ○○さんに、タイムドメインのスピーカを見せてもらう
  • 万座案件/草津案件、続き
  • メガネ屋さんに行くのはずっと後だ(混んでなさそうな時に)、困ってないし
  • サンルームを作る


2018/2/3(土)軽井沢日記

雲はところどころありますが、青い空が見えてます。

洗濯は終わらせた。
薪は、今日の分は運び入れた。
LD ですが、よく見たらまだ LP と一緒になっていたあったので、捨てる。 前回、少ないと思ったんだ。
この後、ゴミを捨てながら、畑にいって、帰りに猫の餌と犬の餌を買ってくる。 あと、ゴミ袋(燃えるゴミ小)だな。

ゴミ捨てた。買い物は終わらせた。蕎麦も配ってきた。
畑も見てきた。昨年よりは若干多めに化学肥料撒いてきた。 畑はいい感じ。
薪も北側デッキ下の分は全部運び終わった。
来週分は足りるが再来週分は足りそうにないので、つづきは明日運ぶ。 次は東側軒下分だ。

油漂着

史上最悪の原油流出事故とも言われてますが、以外にマスコミは騒がない。
まだ、どういう方向で伝えるのか方針が下されていないのか?
昼間見たワイドショーは相変わらず、相撲をやっていた。


2018/2/2(金)軽井沢日記


まだ降ってますね。午後2時ですが。
想像していたよりは降った。10cm強というところでしょうか?
今朝も帰ったら先ず除雪。
起きたら、先ず雪下ろし+雪かき。

PS. 夕方には止みました。

写真上は新軽井沢の今朝の様子。
下は我が家付近の様子。
週間予報は随分改善して、このあと暫く雪マークはない。
ただただ寒いだけ。

カメラ係

時々、カメラマンというかカメラ係として、嫁さんの取材に同行するときはあります。
で、丸一日かけてせっせと写真を撮る。 整理するのも丸一日かかる。 で、選別し終えて提出すると、よいと思ってた写真が無慈悲にハネられる。
私は良いけれど、これプロのカメラマンはどんな気持ちなんだろう?
性格、歪みそう。 というか、既に歪んでいる人いますが、分かるような気もした。
デザイナーも、一番に必要な能力はデザイン力よりも文句を言わせない「プレゼン力」です!っていうし。 後ろ盾も、権威も、文句を言わせないのには有効だ。
お金で割り切ろうにも、今は安い。ネットで比較される。 じゃあ、ネットでやれよ。
こうして「ホンモノ」が徐々に居なくなる。
とある美大の先生も言うとった。「才能のある子から先に辞めていくと」勿体無い。

ネットの話題

  • 東京含め日本中で地鳴りが聞こえるらしい
  • 私は浅間が噴火していた時、軽井沢で聴いたことがある。
    浅間の噴火は311の前ですが、311以降、太平洋プレートに移動速度が3〜4倍になったという話もある。 支え棒が外れただけならスロースリップと一緒で地震は減りますが、潜り込んだプレートから湧き上がるタイプの火山活動は増えるわなぁ。
  • F1 でグリッドガールが廃止です
  • 日本のレースクイーンにも飛び火。
    煙草が悪趣味として攻撃された。
    今、飲酒への攻撃も開始されまますが、その次はこっちだ。
    これ、潔癖症候群みたいな、同じ臭いを感じませんか?
    向こう側が企む戦略、大きな流れの一貫です。
    先日種子法が改悪されましたが、そのうち、自主交配も禁止されます。
  • 富士通も携帯端末事業売却
  • 残っているは、Xperia と京セラ?
    嘗ては、日本の NEC が世界最大の半導体メーカでした。 今や、サムスン。
    何が違うんだろう?
    直ぐに、人件費という人が居ますが、今やファーウェイの初任給は SONY の倍以上です。
  • アルツハイマーが血液検査で分かるようになる

コミュニケーション

例えば、同じ日本語でも貴方がミカンを思い浮かべて「フルーツって手で皮が剥けるよね」と言う。
ところが、私はリンゴを思うかべていたら「えっ、私は前歯で剥けますが、貴方は手で剥くの?」となってしまって、話が噛み合わない。
で、日常会話なら、その都度正せば済むことですが、公のものは「○○といったら□□のことである」と解釈が決まっていたものだ。これまでは。
そうじゃないと公報が意味をもたない。
もっと厳密に決まっていたのが、学問の世界だ。
一番面倒くさいのが「哲学」かな。
例えば「悟性」といえば、私なら心的システムにおける一連なりのオートポイエーシスの単位を思い浮かべますが、定義は兎も角、その思い浮かべるものが同じじゃないと、話にならん。 持論を述べるだけなら勝手にやってもらえば良いのですが、他人と対話するとなると、言葉遣いを統一することから開始する必要があります。 プラトンの対話篇を読んでいても、文字通り対話ですから、この作業がかなりな割合を占めているのが分かる。
どの言葉遣いのセットには向き不向きがある。
例えば、アキレスと亀で説明いしょうとすると、アキレスが亀を追い越せない。
どの言葉遣いのセットがそれを表現するのに効率が良いか?
哲学する一は、言葉の限界を感じると、みなそれぞれ新しい言葉を作り出したものだ。
頑なに、自分の言葉遣いに執着する人も多い。 これはこれで、1つの保守の姿だと思うのですが、 私のこれまでの実感で言うと、この言葉遣いを調整できたなら、人はそうそう異なる結論には至らない。 相手が素直で正直な人なら簡単だ。
これは、そういうもの。

ところが、今起きている動きはこれとはまるっきり逆!

先ず、結論在りきだ。
その為には、前提となる言葉遣いのセットどころか、定義までも自分たちの都合の良い方にどんどん変える。 GDP 増えてます、って計算式を変えて良いなら、そりゃあ自由に増やせます。
正しい、正しくない以前に、言論否定/言論弾圧の態度だ。
それ、民主主義の否定。
学問も否定している。
それどころか人としてどうよ? レベルと思う。
こんな事を続けていたら日本どうなるか、考えれば分かりそうなものだ。
ところが、ところが、現在はびこっているのはメルセゲルさん曰くく「先読み禁止マナー」だ。

先読み禁止マナー

ただ単に現象を指す言葉だ。それ以上の意味はないが、言い得て妙なので紹介しておく。
こんな事を続けていたらどうなるか、少し考えれば分かりそうなものだ。
分かりそうなのに、敢えて考えない。つまり先読みしない。

例:田舎のスーパー

  1. 田舎にスーパーがくる
  2. 地主は大儲け、住民も便利、便利と大盛況
  3. 商店会が潰れる
  4. 遅かれ早かれ、田舎に残っていたお金が徐々に吸い上げられる
  5. 田舎が貧困になってスーパーも売れなくなる
  6. スーパー撤退
  7. 買い物もろくに出来ない、寂れた田舎になり下がる
2 で大喜びした人は「先読み禁止マナー」を守ったことになります。
という訳で、現状を憂うひとは少ない。


2018/2/1(木)軽井沢日記

午後になって、雪、ふってきました。
サラサラの粉雪です。
予報をみると、これから丸一日雪マークで合計降水量が 6mm なので、10cm近く積もるかもしれない。 今日も真冬日ですが、雪が降るので夜はここ数日だと一番暖かい予報。
まあ、予報は適当だ。今日みたら、昨日の予報より悪化してて、来週は日月水と雪マークがついてます。

そうこうしているうちに、もう2月です!

急がないとです。
「人生、そんなに急いでどこへ行く?」って、若い人は思うかも知れませんが、 老人には残された時間は短い。 やりたいことは、先にやらなと。
老後の計画は一杯あった。
例えば、
  • とりあえずカメラだけはもう始めている
  • あんまり真面目にはやってませんが。
  • 幾つか、ストックしてあるプラモデルはどうしよう?
  • プラスチックの劣化は頭から飛んでた。
  • 練習しようと買っているギターは無理かも知れん
  • ギターを弾ける甥か姪がいたらやるとうかと思っていが、そんな奴はでてこない
  • 封印してた絵画は再開できるか知らん?
他にももっと重要なのが幾つもあるが、全部は無理だ。優先度を決めないとね。

スーパー・ブルー・ブラッド・ムーンその後




スーパー・ブルー・ブラッド・ムーン、天候の悪化が遅れて、軽井沢でも、途中まで撮れた。 昨日の記事に 揚げておいた。

左の写真は、月食明けの写真だ。
なんどか、外に様子を見にでたんですが、雲が多くて撮影できる状況じゃなかった。 で、かろうじて薄雲になって月が月と分かる状態になったので、その瞬間に数枚トライしたうちの2枚だ。
雲の傘も撮影したかったので、HRD 撮影だ。
HRD 撮影なので、変な感じになってます。
HRD 撮影は3枚から1枚を合成するので、大きく手ブレすると合成に失敗する。 PENTAX に最初 HDR が載った時には三脚必須でした。 その次の版から、手持ちでも撮影できるように改善されましたが、限度っちゅーもんがある。大きくズレたらソフトが合成を間違う。
それが下の方の写真。
一番暗いのはシャッター速度が速いので、その次のとの間にはそれほどズレは出ない。 一番ズレ易いのが一番明るい1枚だ。

○○さんからいただいたお目出度い写真


私の写真は兎も角、こちらはお目出度い写真。
虹の上にでている逆円弧というかV字の虹、頂天虹(ちょうてんこう)と呼ぶらしい。 おまけに上の写真をみればわかりますが、2重だ!
2017/12/20 朝の7時〜8時くらいの軽井沢(東南方向)での写真です。
上空にダイヤモンドダストのように氷の粒があるときみられるらしい。 1重なのは、比較的見つけやすいみたいです。 朝、早く起きたら上空を眺めてみてください。

久々、ネットの噂

  • 大竹まこと、やられた?
  • 30近い娘なんか、完全に別人格で大人じゃん。なんで親が謝るんだよぉ。
  • ものは言いようといいますが
  • エンゲル係数が上がったことを受けての「食への消費が拡大し景気回復したということ」と言うのは無理じゃね?
    小学校のテストでエンゲル係数の説明でこんな回答してみなよ。
    そういえば、「適材適所」の定義も変わってしまったようです。
    それどころか「立憲主義」さえ変えようとしている。
    常識に囚われない考えは良いと思うが、この文化の破壊力は想像を絶するものがある。
    日本が終わってしまうんじゃないかとさえ心配される。

    私は不思議でしょうがない

    類は類を呼んで、回りの人のレベルが下がっているのは知っている。 でもな、まだ、回りに優秀なハズの人、例えば東大卒が一杯残っていると思うんですが、こういう状況でその人達は何を考える?
    実は東大卒もその程度(ハゲ〜っ!の女性も東大卒でしたね)、もしくは内心正常な判断力を保ちつつ何らかの理由があって平時を装っている。 後者だとしてもなあ、普通は(トランプクラスになると平気かも知れませんが) 尋常じゃいられないと思うので、前者の可能性の方が高そうだ。 いやいや、若い時は優秀だったんですが、ボケが入っちゃっているんだよぉという可能性も無きにしもあらず。

    突っ込まないマスコミ

    犬あっち行けーっもそうですが、これはもう確信犯だと思う。
    最初は不思議でしたが、マスコミに対する幻想は完全に崩れた。 今となっては不思議でもなんでもない。そういう奴らだと思う。








カテゴリ
書きかけばかりですが、。。
ご注意:ここで述べられていることは、個人の単なる主観、インプレッションであり 客観的な事実でない場合もあります。
B型性格で、 多少誇張した表現や誤解を招きやすい表現があるかも知れませんが、 誹謗中傷する意図はありません。


Copyright Mr.Flat