Mr.Flat の軽井沢日記

自己紹介:美しい村軽井沢は日本のマチュピチュです。
そんな軽井沢へ、アーバンデザインさんにお世話になり、2003/1、極寒の冬に越してきました。
現在、軽井沢ライフを200% 満喫しております。
軽井沢リゾートライフをお考えの方に
いまさら参考になるようなものは書けませんが、 こんな私でも軽井沢を楽しんでます、 って意味で、もう暫くの間、軽井沢日記を書かせて貰います。

軽井沢移住計画(まとめ)をこちらで作成中。

注意:日付は(数日したためた後で)表に出した日付でその日の出来事とは違う場合があります。
通し番号のようなもの、もしくは夏休みの日記と同じとお考え下さい。
前後、2週間程度は余裕を見てください。
必要な時には随時本当に日付を文中に記します。
基本的に嘘は書きませんが、産まれ持った性格的にお調子者の気があり、多少表現がオーバになったりするかも知れません。
又、思いこみや早とちりも多い方で、本人は事実と思っても、実際は違っている場合もあります。
後から気が付いた場合は訂正するように致しますが、
その辺り差っ引いて(加味して?)ご判断下さい。

アーバンデザインさんについて
物件を探すにあたって、最初は「欲しいリゾート」とか見て幾つかの不動産屋さんにも入りました。
小さな不動産やさんのアーバンデザインさんは最後でしたが、その後はず〜っとアーバンさんに紹介受けました。
不動産屋さんなのにとっても正直で真摯な、少し変わった不動産屋さんです。
アフターフォローも万全、水抜きの方法をはじめ軽井沢生活のノウハウを色々教わりました。
サラリーマン不動産社員とは、ひと味もふた味も違います。
自信を持ってお勧めします。
お金のある人も私みたいにない人も、先ずは、アーバンデザインさんまで訪ねて相談して見よう!


リンク


中山たばこ  パラダイス  古月堂  ブロンコ  丸寛食堂 
萬里(ばんり) 赤バス  三和良一研究所 軽井沢-ON.com
カフェイーナ  小野崎純 チェロ奏者 
ペンション・シルバーストン 

銅鍋の寺山さんのサイト  五月野自転車 
小名工務店   ドイツ観念論のページ

かるいざわ気分 denden PC修理・PC教室  軽井沢-ON.com(台湾)

北軽井沢ブルーベリーYGH 軽井沢観光ガイド   軽井沢グルメガイド

軽井沢絵日記 MaystormJournal
磐井の里から← おすすめ KOSHIRYOKU
実験記録 No.02 1984年動物農場
軽井沢 大雪・浅間山対策情報&SOS! 情報シェアグループ

週間天気予報 気象庁アメダス 軽井沢の放射線量

Mr.Flat プロフィール
軽井沢知らぬが仏、ド素人家庭農園(自然農法?)
バックナンバー
最新号
2019/8
2019/7
2019/6
2019/5
2019/4
2019/3
2019/2
2019/1
2019/12
2018/11
2018/10
2018/9
↑要認証
2018/8
2018/7
2018/6
2018/5
2018/4
2018/3
2018/2
2018/1
2017/12
2017/11
2017/10
2017/9
2017/8
2017/7
2017/6
2017/5
2017/4
2017/3
2017/2
2017/1
2016/12
2016/11
2016/10
2016/9
2016/8
2016/7
2016/6
2016/5
2016/4
2016/3
2016/2
2016/1
2015/12
2015/11
2015/10
2015/9
2015/8
2015/7
2015/6
2015/5
2015/4
2015/3
2015/2
2015/1
2014/12
2014/11
2014/10
2014/9
2014/8
2014/7
2014/6
2014/5
2014/4
2014/3
2014/2
2014/1
2013/12
2013/11
2013/10
2013/9
2013/8
2013/7
2013/6
2013/5
2013/4
2013/3
2013/2
2013/1
2012/12
2012/11
2012/10
2012/9
2012/8
2012/7
2012/6
2012/5
2012/4
2012/3
2012/2
2012/1
2011/12
2011/11
2011/10
2011/9
2011/8
2011/7
2011/6
2011/5
2011/4
2011/3
2011/2
2011/1
2010/12
2010/11
2010/10
2010/9
2010/8
2010/7
2010/6
2010/5
2010/4
2010/3
2010/2
2010/1
2009/12
2009/11
2009/10
2009/9
2009/8
2009/7
2009/6
2009/5
2009/4
2009/3
2009/2
2009/1
2008/12
2008/11
2008/10
2008/9
2008/8
2008/7
2008/6
2008/5
2008/4
2008/3
2008/2
2008/1
2007/12
2007/11
2007/10
2007/9
2007/8
2007/7
2007/6
2007/5
2007/4
2007/3
2007/2
2007/1
2006/12
2006/11
2006/10
2006/9
2006/8
2006/7
2006/6
2006/5
2006/4
2006/3
2006/2
2006/1
2005/12
2005/11
2005/10
2005/9
2005/8
2005/7
2005/6
2005/5
2005/4
2005/3
2005/2
2005/1
2004/12
2004/11
2004/10
2004/9
2004/8
2004/7
2004/6
2004/5
2004/4
2004/3
2004/2
2004/1
2003/12
2003/11
2003/10
2003/9
2003/8
〜2003/7
  • 私は私。オイラはオイラ
  • 昔は自称「リベラルな保守」と呼んでました。
    グローバリズム反対です。 おまけに反増税、反原発です。加えて護憲です。
    別に反米でも反韓でも反中でもありません。今のロシアは意外に好き。
    物分りがよくて、善良な一市民なのでリベラルだとは思いますが、最近のいわゆる意識高い系のリベラルとは違う。全く違う。私の意識は低い。
  • 真面目、不真面目の分類でいうと年中おちゃらけていてガサツで不真面目です
  • 「見た目は怖い」と時々言われますが、喋ると見た目と随分イメージが違うみたいです。
    今は一年中短パンですが、若いときはもう少しまともな格好をしてたのか黙っていると多少モテた。でも喋ると全然。学歴も身分も家も車もなんにもなかったので、男子をつかってステップアップしようとしている女子からはスルーされました。
  • 格差社会の分類でいうと貧困です
  • 立ち位置も貧民(昔の中流階級)側ですが、上品なホントのお金持ちは嫌いじゃありません。 成り上がりの嫌な金持ちは嫌いです。
2018/5/31(木)軽井沢日記

小雨降る中、東京に行ってきた。
車には傘積んでおいたのに、降りるとき忘れた。東京もほとんど降って無くて助かった。
久しぶりに新宿駅の南通路を通ったんですが、少し様子が違うと思ったら、 甲州街道の南側にももう1本通路ができていた。 いつの間に!? 渋谷駅なんか、全然分かんないし、もうすっかりお登りさんです。

いつも思うんだが、軽井沢もどんどん開発されて変わりますが、東京の比じゃない。
東京の方がずっとすごい! おしゃれなお店だって東京の方がずっと多い。 東京の人も結構軽井沢に来ているみたいですが、軽井沢に来たって、そういう意味じゃあつまらんだろ。 山の上でも、ってのが多少「非日常」ってだけだと思うんだが。 すぐに飽きちゃうと思う。
越してきてもう15年ですが、軽井沢の魅力ってそこじゃないよね。


いつものように証拠写真を掲載しておく。
2枚めは、これ載せるの2回めですが、やっぱり変だよね。 どういう意味があるんだろう、このオブジェ。 数学的には擬球という負の曲率をもった球?らしい。
ロバート・ラングドンならすぐに分かるかも知れませんが、私にはわからない。

東京のコンビニは日本人の店員が殆どいないというので、コンビニに入ってみた。 店員は3人で、そのうち2名は日本人だった。 レジの娘さんは、外人でしたが、東南アジア系か? でも日本語上手だった。

仕事の打ち合わせが終わったあと、髪の毛を切ってきた。
痩せた分だけ、短くして良いってことで、今回はいつもより多少短くした。

東京、暑かったです。
それに東京は息苦しい。
東京に済んでいるひとゴメン、私はもう、東京に住むのは無理だ。 帰り、ちょうど良い新幹線がなかったんですが、東京駅で待たないで、新潟行きに乗って高崎で乗り換えた。 一刻も早く、東京から離れたかった。

motoGP

ロレンソ、マルクVDS か? というニュースです。
Suzuki に移籍かな?と思っていたんですが。
ロレンソが居なくなったことで、YAMAHA は何をどうして良いか迷っている。 ロッシとビニャーレスでは開発は無理だったんだ。 なので、ロッシはともかく、YAMAHA にしてはバイクを創れるロレンソが戻ることは歓迎だろう。 それには、サテライトチームのマルク VDS にもワークスバイクを供給する必要が生じる。 マルク VDS にしたら願ってもないことだ。
なので、これはあり得る!と見た。ロッシが邪魔をしなければだが。
それとロレンソのプライドだ。 ドゥカと HONDA は特殊なバイクみたいだ。 ロッシもドゥカでは一勝もできなかったが、ロレンソは一勝もできずに去るのは不本地だろう。ここ数戦で一勝すればドゥカを辞め易くなる。
ロレンソが YAMAHA だとしても、ミルが Suzuki の線は薄いと思う。 ミルとリンスの若いライダー二人はよろしくない。 ベテランが1人居たほうがよい。 イアンノーネを残すか、ジョナサン・レイを取るかだ。

F1 ですが、 フェラーリの違法バッテリ使用を訴えたのは、メルセデスだった らしい。 で、メルセデスのテクニカルディレクターのジェームズ・アリソンとロレンツォ・サッシがその情報の発信源だったようだ。 って、ジェームズ・アリソンは元フェラーリーのテクニカル・ディレクターだ。 チャーリーが匠な説明に納得されされて違法性がないと言っちゃたんですが、 やっぱ、やってたんじゃん、フェラーリー。 油断も隙きもあったもんじゃない、F1 の世界です。

ネアンデルタール人

DNA 解析によって、でかい頭、胴長短足、寒さに強く、巧くしゃべれない、おとなしいんだが、精神不安定、進歩しない、いくつもその特徴が明らかになりつつあるネアンデルタール人ですが、私、なんかシンパシーを感じてしまう。
私が変なのかも知れませんが、 むしろ、頭が小さく、手足の長いアルビノの方が、なんか宇宙人みたいに感じる。
最初は白人ばかり調べていたんんですが、日本人も調べてみると、 奇しくも日本人に一番DNA が残っているらしい。 これ、ちょっと誇張が入っているかも知れない。一番はデニソア人由来のメラネシア人じゃないの、って気もするが、そのうち誰かが調べるでしょう。 ですが、日本人に多いことは多いらしい。
日本は極東、ファーイーストで吹き溜まりだ。いろんな人種の吹き溜まりだ。 逃げて来たネアンデルタール人もスファラディも来ていたとしてもなんら不思議じゃない。

元からいた縄文人とあとから来た水田を行う弥生人は棲み分けていたので酷い争いはなかったと言われてますが、 その後も、昔は使わない土地が余っていたので、 今の日本人とは違って、移民には比較的寛容だったみたい。
西武線の高麗は「ここだったら良いよ」と高句麗から逃げて来た人達が移り住んだところと言われてます。 東上線の新座は、新羅の人たちだ。
新座は良く知ってますが、新座なんか、野火止用水ができるまでは、人が住めるような場所じゃないかったらしい。 新座中学校の用地を田中さんだか、並木さんだか、ひょっとして平林寺の敷地だったかも知れませんが、分けてもらって造ったとき、江戸時代のものと言われてましたが、白骨が2体でてきた。 まあ、迷い込んだら出られないかも知れない。 樹海というほど深い森林じゃなくて、雑木林と草がボウボウの地だ。
私が中学生の頃まで黒目川の河川敷で仮面ライダーの戦闘シーンのロケをやっていたようなところだ。
ま、武蔵野の地だ。

今でも、限界集落とか移民には寛容な村もあるかも知れません。
煩いところもあるんですが、うるさくなければ限界集落にもちょっと心が動く。
でもなあ、今は、経済のネットワークから外れると暮らしていけない。 これも、「向こう側」が考えた遠隔管理のシステムだ。 なにかしら外貨獲得手段が居る。
それに、俺様、もうそんなに若くないし。
話はもどって、そのネアンデルタール人が、脳の容量からするとホモ・サピエンスより知能は上だったかも知れないんですが、結果的に後から来たホモ・サピエンスに制圧されてしまうわけです。
いろいろ言われてますが、1つはホモ・サピエンスの方が圧倒的に凶暴だったらしい。 これには、激しく同意する。
次が、進歩のスピードだ。ホモ・サピエンスの方が進化速かったらしい。 というか、 ネアンデルタール人は火も扱い、道具も用いてましたが、 ネアンデルタール人の使う道具は殆ど進化していない。 闘うなら、武器の進化、戦略の進化は必要だ。 これが徹底的に違ったらしい。

現代人なら進化しない動物なんて、バカじゃん、劣っている、と思いがちですが、
最近になって私は違うことを考えるようになった。

ネアンデルタール人は、足るを知っていて、十分幸せだったじゃないかと。 その大きな脳は、楽しいことで満たされていたんじゃないかと。
凶暴なホモ・サピエンスが侵略してくるまでは。
なので、進化しなかったんじゃなくて、進歩は必要なかんじゃないかと。
人よりもしかすると知能がたかいんじゃないかと考えられる動物は居る。
この場合の「知能」が問題ですが、お金儲けの技術とか、そういうんじゃない。
クジラや象さんは人よりずっと大きな脳を持っている。 体がでかいからそれに比例してるだけだよ、というなら、恐竜を考え見れば良い。 巨大な恐竜全部が巨大な脳をもっていた訳じゃない。 首長竜なんか脳は非常に小さかったことが分かっている。
クジラは音波をつかって非常に遠くの仲間とも会話しているのが分かってます。 象さんは、人には聴こえない低周波を用いて会話していたので最近まで知られていませんでしたが、数Km も離れた仲間とも会話しています。 ゴリラはチンパンジーよりずっと大人しいんですが、 手話を教えて会話すると、チンパンジーでは無理でもゴリラはかなり高度な会話が可能なことが分かっている。
全く不要なら、そんな大きな脳は要らんだろう?
すばしっこい人とは違う事にその知能を使っているんじゃないだろうか。
もう一度言おう。

ネアンデルタール人は、足るを知っていて、十分幸せだったじゃないかと。 その大きな脳は、楽しいことで満たされていたんじゃないかと。
なので、進化しなかったんじゃなくて、進歩は必要なかんじゃないかと。

これからの地球上の人類は、安全で持続可能な社会が必須と言われてます。 私もそう思いますが、文明レベルは違うとはいえ、ネアンデルタール人は、当時のレベルでそれを実現していたのではないかと。

後先を考えない、凶暴なホモ・サピエンスが侵略してくるまでは。
ネアンデルタール人とは違うが、もう少し高い文明レベルで、 嘗て、安全で持続可能な社会を築いていた人がいます。 200年以上つづきました。 凶暴な白人が侵略してくるまでは。

この立場から、先のネアンデルタール人の特徴を振り返ってみる。
喋る能力が実用レベルで必須になるのは、協力しながらチームで闘う場合だ。 自衛隊の10式戦車も、ネットワークで結ばれていますが、単体で闘う時代じゃない。 現代の戦闘機も例え1機に見えても、実際は先立ってドローンが飛び、集団で戦ってます。 闘わないネアンデルタール人には、気持ちを伝える以上の意思疎通はそれほど重要じゃなかったのかも知れない。
残りは、「精神不安定」ですが、実際に鬱病だったり精神が不安定だったんじゃなくて、そういう人に見られる遺伝子特徴があるってことだ。 彼らはホモ・サピエンスより、コヒーレント思考が得意だったんじゃないかと想像する。 闘う必要がなければ、即座に態度を決める必要がない。 であるなら、コヒーレントな思考時間が長くてもOKとなる。 それを数万年も続けていれば、そりゃあ遺伝子的な特徴にもなるかもしれん。

最後に、話を未来に移しますが、明るく楽しい未来があるなら、それは 安全で持続可能な社会 になるしかない。
まあ、火星に行きたいひとは行ってもらうとして、私は止めません。
それには、私はコヒーレント思考は必須と思う。
機会があれば、次、その辺りを記述してみたい。

ホモ・サピエンス

ホモ・サピエンスとネアンデルタール人は共通の祖先をもつらしい。 先に栄えたのがネアンデルタール人だ。
あとから、ホモ・サピエンスがやってきた。
私の勝手な妄想だと、ネアンデルタール人はコヒーレント思考に落ち着きつつあった。
あとから、やってきたホモ・サピエンスが凶暴で進化が速かったとするなら、デコヒーレント思考だったと想像される。
私はもっともらしく、

農耕民族 → コヒーレント思考、
狩猟民族 → デコヒーレント思考、

と説明していたが、よく考えると獣よりもっと怖いのは他の部族、侵略してくる人間だ。

平和な民族 → コヒーレント思考、
戦闘し続けていた民族 → デコヒーレント思考、

と表現を換えた方がより正確かも知れない。

戦闘し続けていたホモ・サピエンスも最初は買ったり負けたりの小康状態。 ところがあるときその中に、よりすばっしっこい人間が現れたとする。 デコヒーレント能力に長けた連中だ。 彼らはその能力を使い、他のホモ・サピエンスを駆逐し、どんどん増える。 後から、掘り返してみたら、多少違うので新しいホモ・サピエンスに分類される。 それが、アフリカ大陸を制圧。 その後は、アフリカ大陸を出て、ユーラシアに広く広がっていた平和な人間、ネアンデルタール人をも駆逐し始めたのかも知れない。
ネアンデルタール人が先に栄えたのは知能がたかかったせいかも知れない。 それに、ネアンデルタール人も最初はコヒーレント思考じゃなかったかも知れない。 しかしなあ、何万年も平和で幸せなときを過ごしていたら、コヒーレント思考になるのはさもありなん、よく理解できる。

この文脈では「デコヒーレント能力」は能力だ。
無能も能力になるくらいだから、能力には違いない。

言葉の戦い、ディベートをみるとデコヒーレント思考の方が有利だ。
議題が予め決まっている場合はともかく、出たとこ勝負の新規な議題だとデコヒーレント思考の方が圧倒的に有利だ。 コヒーレントだと、まず最初に、はて、どうしたものか、どこから取り組んで良いものかと考える。この状態を外からみると固まっているように見える。 最初に固まって、グズグズしている間に、デコヒーレント仕送の連中は思いついたことを口にし始める。 日本人ならそんなこと恥ずかしくて言えなような低レベルなことでも口にし始める。 間違っていたら、次の瞬間訂正するんですが、独り言でも良い、あーだこーだと言いながら、思考を進めて、うまくすると問題の本質に突き当たるかも知れない。 対するコヒーレント思考のディベーターはその都度、振り回されて、安定したコヒーレントな状態を維持できずに、結局自分の意見をまとめることさえできない。

ところが、コヒーレント思考が劣っているわけでもない。
例えばものづくりだ。 デコヒーレント思考ならまず目標が決められる。 つぎのその目標を達成するためにどうすれば良いか考える。 途中省略で、目標が達成できたら、もうそれはゴールだ。
最初に設定した目標が高ければ、作り出されるモノもそれなりだが、低くてもそれなり。
ところがコヒーレント思考だと、目標は必要ない。 より良い製品をと考え、日夜精進する。 その精進する姿を己の道とする。 なので、彼が作り出すモノは、最初はあやふやでも、どんどん良くなる。 状況によっては、国宝級まで高まる。

プロレスラーも最初は外人が強い。
何度も何度も対戦していると、そのうち日本人レスラーに勝てなくなる。
さて、検索してみたら、私の講演資料にしか書いてなかったみたいですが、 複数人格を有していたとしても、人はそれで即困るわけでもない。
復習を兼ねて少し説明する。ここでいう人格は、ルーマンの言葉遣いだ。
職場では職場の人格で働き、家にもどると家庭の人格だ。子煩悩の良いお父さんかも知れない。途中で愛人宅に立ち寄れば、愛人に対するときの人格で接する。
このように、人は複数の人格を切り替えながら生きることができる。
どうしても統合していないと駄目だ!って訳じゃない。

デコヒーレント思考なら、そのつどその場面に適切な人格を前面に出せば良い。
コヒーレント思考だとこの切替はそれほど明瞭じゃないように思う。

複数人格が統合されていない場合、その個人に問題が発生すると、それぞれの人格が主張しはじめてより問題を深刻化させる。 その場合、問題を起こしている人格間をうまく取り持って統合させることができればよいが、そうじゃない場合、デコヒーレント思考なら問題となる人格を切り離せばとりあえず発祥しない。これって、サイコパスじゃん。
ちゃんとしなくっちゃ、ってのを切り離して複数を克服して元気になった政治家もいますが、彼もその意味ではサイコパスだ。 巧く統合できないし、切り離すこともできない場合、精神に異常を来す。 これを統合失調症と私は呼ぶ。 その前段階が「鬱病」だ。

ここを見ると、 心を病む人は、圧倒的にアメリカが多い。そりゃそうだ、あれで正気を保つのは難しい。サイコパスまで含めるともっと多いと思うぞ。

他方、コヒーレント思考の日本人は、そう簡単には人格を切り離せない。
コヒーレント思考を止めるという手はある。
  • 街に出ててウキウキする(テンションを維持する)
  • 常に仲間と一緒にいる(一人でいない)
  • 一人なら、TV を観るとかゲームに没頭するとか、..
  • ... つづく

ネットの話題

キリンビール不買運動 だそうです。
確かにこの話題、数日前から呟きが増えていた。 キリンビールさん、大人げない!
私の故郷もまだ私が居た頃はメジャーなチャルメラとか出前一丁なんか売ってなかった。 ご当地ラーメンとの価格差がありすぎた。 ご当地ラーメンは幾つかあった。確か「王様ラーメン」だと記憶しているが、これが一番人気だったと思う。
時代は過ぎて、今やグローバル商品の方が安い。
ご当地製品はよほどのことがないと対抗できない。 されど、田舎には、お金で買えないご当地品がまだ多く残っている。 都会でのみ生活したことない人には、思いもよらぬ世界かも知れぬ。

これは、 潔癖症候群が引き起こしている子供の白血病 の話だ。


2018/5/30(水)軽井沢日記

雨、多少降ったみたいです。今は降ってない。
気温は16℃程度で涼しいです。

夕方ですが、気がついたら降ってる。大した量じゃありませんが。

思い違い

日本人というと、日本には森林が多く、自然と共生し、自然にやさしいイメージがありますが、森林学部卒の人が呟いていた。 以下、意訳ですが、

「お前らバカか! 浮世絵を見てご覧。,br> 浮世絵に描かれている山は、日本の山々ですが、多少誇張があるにせよ殆ど禿山だ。
薪でつかったんだよ。砂漠にならずに済んだのは雨が多いからだ。
薪が必要なくなったのは、石炭が使えるようになってからだ。 そうしたら、日本の山は雨が多く植物の生育が速いので、あっという間に森林になってしまっただけの話だ。
これ森林学の常識な!」
って言われると、はい、私はバカでした。

私が子供のころもお風呂はまだ薪でした。街中だと(というほど街中でもないんですが、昔は車がなかったので) 大変だったと思う。 我が家は製材所が近くて、剥いだ杉の皮がただで手に入ったのでときどきリヤカーでもらいに行ってた。
軽井沢も昔は谷地(ヤチ)で、木なんか殆どなかった。
今の、森林の軽井沢のイメージはここ数十年だけの話だ。 軽井沢のモミとかカラ松は下手すると1年で70cmくらいの伸びる。
そのペースだと10年で、7mだ。10年で、14m、30年だと21mだ。
木が伸びて、浅間が見えなくなったと文句を言っている人大勢知っている。 ホント、速いんだよなぁ。めちゃくちゃ速い。
というわけで、こんなに木が伸びたのは、軽井沢では初だ。
町や「しいある」は、木切るな!と言うんですが、風が吹くと倒れるし、危なくってしょうがない。 皆どーして良いか分からず困っている。
この呟きを聞いて、思わず納得してしまいました。
そういえば、○○さんも森林楽じゃなかったけ? 今度、話を聞いてみよう!

ある土木やさんの話

都内でそこそこ手広くやっていた土木やさんがあった。
そんなに大きな企業じゃないんですが、景気は良かった。 ところが、民主党政権に変わったときに一斉に仕事が止まったらしい。 その企業はピンチを迎えてしまう。ずいぶんひどい目に遭ってしまったらしい。
どんなに崇高な理念があってても急に変えちゃ駄目だよぉ。 それに依存して暮らしている人がいるんだから。 これって「保守」 だ。 保守じゃないと駄目だよ。そうじゃないとすばしこくずる賢いヤツが得をする。
変えても良いが、変えるなら周知徹底しながらジワっとね。 それに、そこからはみ出る人も出てくるわけで、そういう人たちがどうすれば良いのか、勝手といえば勝手なんですが、考えて対応を取れる猶予を与えないと。
強いヤツをいじめても実被害は大したことありませんが、弱い人をいじめちゃ駄目だよ。
この話を聞いて、そういうひどい目にあった人たちの「怨念」 が、今の政権を支えているという一側面もあるように思った。
なんども言うように、優れた人達は、おバカは人たちを蔑みすぎたんだよ。 それ、向こう側の作戦、に載せられたんんですが、やってしまったのは優れた人たち。 ホントに優れているんなら、蔑むんじゃなくて助けないと!

そういえば、昔の都内の駅には、線路を掃除する人が大勢居た。
列車がくると、皆、吸いかけのタバコを線路に捨てたからだ。 列車が出ると、ジョロジョロでてきて線路を掃除してた。
駅での喫煙が全面禁止になって、あの人たち、どこに行ったんだろう?
巧く次の職場が見つかったか知らん、急に思い出した。
まあ、あんなことさせてまで、ホームで喫煙してた人も、今冷静に考えるとふつーじゃないよね。私、ヘビースモーカーですが。
彼らの仕事を作っていたとでも言い訳するんだろうか?

悪質じゃなきゃOK

悪質じゃなきゃ改善もOKらしい。 だったら、その気がなくてちょっとしたスピードオーバーも悪質じゃないじゃん。 一旦停止見落としなんて、単なる過失だ。

アレの研究

以下、単なる思いつき。

強烈な劣等感と強烈なプライドが共存しているのは間違いない

勉強ができなかった場合、下々なら人格を全否定されてプライドも失う場合が殆ど。 ところが、彼の場合は、生まれのせいで、頭の良さよりも権力者のほうが強いことを知っており、プライドまで失う状況ではなかったこと考えられます。 まあ、頭が悪いのは仕方ないとは言え、 教師か家庭教師かわかりませんが、かなり執拗に責められたと思う。 でなければ、あれだけの劣等感にはならない。 劣等感があるので、そこでは攻撃性を見せる。
されど、彼は自分を責めた人たちよりも、自分の父親の方が偉いことを知っていた。 実際に偉いかどうかはともかく、彼を責めた人たちは権力者の前ではヘコヘコする人たちだっただと思う。 劣等感とプライドは、そういう意味では切り離さすことができないものだと思う。< DNA の二重らせんと同じように、それらは固く結びついている。

頭が悪いというのはかなり致命傷だ。
一次内閣のときは、まだ常識的なものに従っていた。
それは彼の理解力を超えていた。理解できないものに対する劣等感が腹痛を起こして退陣しましたが、今は従ってない。 居直ったというべきか、現在は自分の理屈、論理で進めて居るので、腹痛を起こさずに済んでいる。 統合できずに抱えて苦しんでいた「人格」を捨てたんだと思う。
彼が腹痛から開放されたのは、薬のせいだけじゃない。
そうなってしまえば、頭が悪いというのはかなり強力な武器にになる。
勉強が不得意だったのはわかるが、本来どの程度の知力を有していたのかはわからない。パヨクがバカにするほどおバカでもないと私は思う。 しかし、物事をもっと深く理解するという能力はもう放棄してしまっている。 代わりに「人は権力の前では跪くしかない」という絶対真理を彼は手にした。

飛行機がなぜ飛ぶのか?

元ネタは こちら ですが、意外に分かっている人は少ない、って記事です。
皆さん、偉そうに説明してますが
> 「揚力」の説明がどうなっているかを調べられたのですが、一般書では「正しい16.2% 、 十分でない50.0% 、間違っている33.8%」、物理の教科書では「正しい61.0% 、 十分でない22.0%、間違っている17.1%」であったそうです。
相対論の双子のパラドックスの説明はこれよりももっと酷いと思うが、工学的には実用になるので構わないというのも、その意味では正しい。
要はどこまで知りたいか? だ。
どこまでも知りたいと思うと、多分人は哲学に行く!

下々の気持ちがわからない

他方、下々は、自分の不始末ではなくても、理不尽に責任を押し付けられ取らされることがありますが、彼は、自分のしでかした不始末も、その責任を自分でとったことはない。 誰か、周りが後始末をしてくれるのが当然と考えている。 父親は「お前には人の情がない。政治家には向かない」と評したと伝えられてますが、 下々の心の痛みを理解するような輩でない。 そういう情は持ち合わせていないが、違う情は持ち合わせている。後述する。
まあ、しかし、下々の気持ちが理解できない、ってことは確かに、政治家には向かない。というか、全く不適切だと思う。
口では「責任をとる」と言っても、どう責任を取って良いのかも分かっていない。

これには、B型気質も影響している。
言い訳するつもりじゃないんだが、B型は生まれつきサイコパス気味のところがあって、夢中になると、それ以外は見えなくなる。 どうでも良いと思えば、ホントにどうでも良くなる。
原則他人がどう思おうと気にならない。 A型の人にとっては、信じられないかも知れませんが、そーなのだ。

感情を失ってはいない

人懐っこいところを見ても分かりますが感情を失っては居ない。
ということは、「感情を殺すような試練」というかスーパー・エリートになる儀式は受けてないと思われます。まあ、それほどのエリートでもない。
大体にして頭悪いし、そんな自分でも受け入れてくれた「友人」を大切に思いとても信頼している。 こういう「情」はある。 そんな彼らを優遇するのは、彼ににしてみれば至極当然の事だ。
森友と加計で対応が全く違ったのは、籠池さんは友人じゃないんだ。

上には上が居ることを知っている

「人は権力の前では跪くしかない」という絶対真理の続きですが、 出自をみても明らかだが、上には上が居ることを知っている。 我々みたいに、国民ならぬ人類ははみな平等だと思っている人とは違う。
自分より上の権力者には、めっぽう弱い。 信条や哲学がある訳でもなし、説得することなんか無理。 外交なんか無理、無理、無理。ATM になるだけだ。 結局、取り入ることしかできない。 巧く取り入って、オネダリするのが関の山だ。
逆に、自分より下で、権力に従順な輩の扱いは手慣れたものだ。
あなたも最高権力者とお友達になれますよ、と自分の立場を利用して、マスコミ、芸能人等を手懐ける。 最高裁判事は彼が指名した人で覆い尽くされてますが、要所要所には彼の息がかかった人を配置する。 元地検の人が、今の地検に巨悪に立ち向かうだけの力はないと断言してましたが、 権力に従順な組織に置いては、トップを掌握するというのは十分強力に機能する。
マスコミと司法は抑えた。 働かせ法も通して、経済界も抑えた。 もはや、怖いものなしの状態だ。外堀は埋まっている。
あとは憲法改正で「緊急事態条項」を追加するだけだ。これで彼の独裁は完結する!

そんな彼を政権から引きずり下ろすのは難しい。 難しいが不可能じゃないハズだ。
  1. 先ず、もっと醜態を万人の前で晒させる。どんんどん嘘をつかせる
  2. 結果、自民が票をとれなければ、政権が変わる。
    単なる醜態じゃ駄目だ。醜態さらしながらも頑張ってるから応援しよう!となる人は多い。 そうじゃなくて、応援している人に「いくら応援しても、お前のことなんか、全く考えてませんよ」というのを明らかにする必要がある。 それには、怒らせるのが良いと思う。 怒るとつい、言葉きつくなって酷いことを言い始める。 なので、キレさせて誘導かな?
    ところが、その醜態を今でもそうだがマスコミが報道しない可能性がある。 犬あっち行けーとか、巧く編集されて、颯爽と質疑に応えているように見せることなど朝飯前だ。 う〜ん、とするとネット頼みになるが、ネットもまだ影響力は小さい。
    この案は有効だが決定打に欠ける。

  3. このままどんどんヤラせるとうい手もある
  4. どうせ巧くいかない。日本国民はひどい目に遇いますが、自業自得と言える人も多い。 それは良いとしても、全くそうじゃない人もエラい目に遇う。 全く罪のない子どもたちもひどい目に遇う。
    そんなのは駄目なので、この案もボツ。

  5. 権力に屈服しない生き方を見せつける
  6. 彼が「こんな人達!」と叫んだとき、そこには自分よりも下なのに、屈服しない人たちの姿を見たんだと思う。 多少なりとも動揺してこの発言に至ったと思いますが、自らの生き方を改めるところまでは行かなかった。 こういう人は、逆上して「これでもその生き方を貫きますか?」とどんどん状況を厳しく追い込んでくるだろう。 それに耐えるのは大変なので、これもボツ。

  7. ならば、数少ない彼が友人なり大切と思う人を辱めるのが有効かも知れない
  8. 上の推理が合っているなら、加計学園とか夫人とかが対象だ。 籠池さんじゃ駄目だ。佐川でも駄目だ。 大切な人を辱めの場に引き出すことが不可避の状態にまで追い込めたら、基本、いい格好しいだ。彼は身を挺して彼らを守ろうとするかも知れない。
    また、愛媛県が加計学園に対する補助金を見直すんじゃないかと言われてますが、こういうのが効いてくるかも知れない。
他方、文春 = CIA、新潮 = 地検 が本当なら、もう「向こう側」は変えたがっていると判断するのが良さそう。
指示されたノルマは略達成した。 これ以上続けて、閣下と仲良くされると逆に彼らにすれば困る。 そういう意味では、今回訪露して、閣下に冷たく扱われたのは、延命には有効だったかも知れない。
となると、もう徴候がでているように見えるが、向こう側と内戦状態のトランプからは厳しく扱われる可能性がある。
というわけで、この先どうなるかは、アメリカの都合が大きく効いてくると思われる。
ま、様子を見てみよう。


2018/5/29(火)軽井沢日記

結局雨は降らず。今日もくもり空。気温は低めですが、湿度が少しあります。
先週末、雨が降ると予報で出てたのでもっていった水は全部サツマイモにやった。 で、撒いた種には全く水やらなかったんですが、降れよぉ。って、明日から3日間は傘マークがついてます。 いや、直ぐに芽は出なくても良いので、降らなくて良いや。

頭が暑くて困っていたんですが、丁度うまい具合に東京出張が入りそう。
打ち合わせの後、髪の毛カットしてこようっと。
髪の毛がなくても直射日光で暑いらしい。 スポーツ刈りくらいが丁度よいと思うんですが、多少なりとも「知的」に見えるように、今の髪型を嫁さんから指示されてます。

S660

こんど知人が買うみたいだ。
写真じゃイマイチだったんですが、ホンモノをみたらずっと写真より良かった。
私の家の上の別荘地にも、ときどき黄色の S660 が停まってる。
独り者なら、買っちゃいそうだ。
日本人のスポーツカーはこれで十分な気がする。

するんですが、ちょっと不満なのはエンジン。 夢がない。
今、ターボにするなら、MGU-H を付けないと。 それに HCCI を投入だよ。出し惜しみしないで。
他方で、夢を追いかけるなら、もう性能の時代じゃない。 エンジンはやっぱり V12 でしょ!?
例えばこれ、 バイクの CBR250RR です。並列2気筒で、16000rpm まで回せるらしい。 このエンジンのピンストンとバルブで V12 を作れば、1500cc のエンジンができる。 以前は4気筒で2万近くまで回せるのがあった。 これだと V12 でも、750cc だ。750cc は車だと中途半端なので、1500cc で良い。 それで、NA で V12 をつくってライトウェイトスポーツに仕上げる。 音も大切ですが見た目も大切。 12本のマフラーが目立つようにする。触媒は目立たない位置に付ける。 実際はそんなに速くなくても良い。 サスはメカメカにして、高性能というよりは、巧く乗ると巧く回れる。 運転していて楽しいセッティングにする。
ハイテクは使っても構いませんが、あくまでドライバー主導にする。
もちろん FR で、四駆にするなら、前はモータのハイブリッドでも良し!
シートは、普段使わないとしても2だと辛いので、2+2だ。
今の絶不調の日本でもギリギリ無理すると買える値段に押さえる。 400万だと、100万頭に入れて、60回ローンでも5万か、きついなぁ。 でモデルチェンジは互換性を維持して30年くらいはモデルを維持する。
そうは言っても、雰囲気のあったバイクのクラブマンも SR400 も生産終了 だ。やっぱ、性能かなぁ。

ともあれ、買ったら見てもらおうっと。楽しみ!
年老いてくると、他人の人生で遊ぶのが基本です。

F1 と motoGP の話題

F1 は次回、6/10 カナダで Honda は40馬力アップのパワーユニットを投入予定。 ルノーは30馬力でしたっけ? で、フェラーリは20馬力かな。 モントリオールは、ストップアンドゴーのコースで、エンジン性能がモロに出るというサーキットです。カナダはエンジンの評価には良いみたい。

因みにモナコのコースはエンジンパワーはそれほど影響ないみたいです。
同じエンジンでトロ・ロッソの方がワークスよりも、マクラーレンよりも2秒近く速いところを見ても分かるがシャシー能力の方がずっと効く。 今回は、途中で MGU-K を失って100馬力以上使えなくなった儘、リカルドはトップを守り抜いて優勝しちゃった!
その結果を観てレッド・ブルは来年以降のエンジンを決めるらしい。

ハートレーに非難が集まってますが、今回はとても良かったと思う。
予選は失敗しましたが、FP1,2,3 とハートレーの方が速かった。 WEC の実績は十分ですが、まさかモナコで速いとは予想できなかった。 レースでも、後から追突されてリタイヤしましたが、不運が続いてます。 不運は何時までも続かない。そのうち、めぐり合わせがよくなればビッグな結果を残すでしょう。

他方マクラーレンは、 バンドーンも不平 を言い出した。さすがマクラーレン、弱小チームとは違うところは垣間見られますが、あれだけ期待の大きなチームだと4位じゃ駄目なんですよね。大変だ!

motoGP の方ですが、今週末はムジェロです。
この調子だと今年のタイトルはマルケスに決まりそうなので興味は別の話題に。 スーパバイクじゃ敵なしの ジョナサン・レイ(Kawasaki) が来年 motoGP に来る って、噂がでてますね。 ジョナサン・レイならなんとかなるんじゃなかとの期待ですが、 YAMAHA のマイケル・ファン・デル・マークが去年スポットで出たけれど、全然駄目だった。 ジョナサン・レイでも難しいかも知れん。 実際に走ってみないとわからないけれど。
それに、ワークスっても、もうそんなに席は空いていないぞ。
スーパーバイクはレースを盛り上げるために、勝つと使えるエンジンの最高回転数を下げられたりします。ハンデ付きの競馬みたいなもので、イマイチ面白くない。
それより Yamaha さん、来年はサテライトチームなしでやるんでしょうか? ザルコのワークス入りを邪魔したロッシさんのお陰で、テック3ごと KTM に抜かれてしまいました。 将来的には、ロッシのチーム46で出るのかも知れませんが、ロッシは現役中はチーム運営はやらないって言ってます。 ロッシに振り回されっ放しの Yamaha って感が強い最近のヤマハさんです。

富士山

いただいた写真ですが、
気持ち良いので 許可を得て掲載!
ここも冬は結構厳しいんだろうなぁ、と勝手に想像。
それとも、水は比熱が高いので、多少マシなんだろうか。 海ならまだしも、湖じゃあ水の量もたいしたことないか。

残念ながら、軽井沢にはこういう雄大な景色なない。
山、低いし、木ばかりでもう浅間は良く見えない。 八ヶ岳も富士山ほどは高くないし、北アルプスはほんの少ししか見えない。
写真、宇宙に向かって富士山が突き出している感が良く出ています。
以前ならゾクゾクすると直ぐに登りたくなったんですが、今はもう下から拝めれば十分。

昔、大島が噴いているとき、伊豆までドライブして噴いている様子を見に行ったことがある。全島避難された大島の方々には申し訳ありませんが、綺麗でした。 もし富士山が噴いたら、我が家はちょっとデカく噴くとだめんですが、このくらい離れれば平気なんだろうか?
もう1つ頂いた。
上の写真は河口湖大石公園で撮影されたものらしい。
下は斜めったフレーミングで躍動感がでてます。 カメラはライカのレンズがついた、安いデジ1よりお高いコンデジだ。 薄雲があるとはいえ、太陽がフレームに入ってますが破綻することもなく、夕方のようですが、始まりつつある夕焼けの色も予感される写真になってます。 ミラーがない分、コンデジのレンズの方が作りやすいらしいのですが、ライカのレンズ、懐深そうです。
そういえば、昨年かな? 亡くなった野鳥撮影で一部で有名だった○○さんも、最後はコンデジに行っていた。私もそうなるんか知らん? スマフォのカメラも良く撮れますが、あれはそうとう「絵を作ってる」。 カメラに撮ってもらっているって感じになっちゃいますね。 デジイチでも、最近は結構絵を作るから、一概には言えないんですが、どれだけ自分らしさを求めるか? だな。もう少し、Pentax 頑張る。

ネットの話

ネットゲリラさんのサイトで知ったんですが、 丸山ワクチンの働きがほぼ明らかに になったみたいだ。
なんだ、効いてたんじゃん。
私の予想だと、STAP 細胞もあるよ。 そのうち証明されると思う。 丸山ワクチンが半世紀以上かかったので、何時になるかはともかく。 この手のヤツだと、常温核融合も起きてた事はほぼ認められつつあります。 でも、膨大なエネルギーを取り出すのは無理っぽいということで、誰も騒がなくなった。それに中性子が出るので、その変でやられちゃあ危なくってしょうがない。
まあ、利権が絡むと拙い情報は否定されるのは世の常です。

前川喜平 さん 「野党がバラバラなのは意味がある。 だって自分の頭でちゃんと考えられる人は無意味に固まらない…それぞれの意見を大切にするから。 って、その通りです。
>今の与党は考えない人ばかりだから簡単に固まる…団結する…それがファシズム…」
>その証拠に基本的人権を削除する改憲に右へ倣えの自民党議員
これもそうなですが、でも、そこで終わっちゃ駄目ですよね。
実態は「頭の良い人達」の間にも分断政策が巧く機能していている。 自分の頭で考えるだけじゃない。 女性の好みとか、趣味の範疇だと一致しないかも知れませんが、政策とかだと本来はもっとずっと一致するハズだ。 なぜなら、もし何の拘りもなければ、他人が違うことをいうと興味が湧く。 その人の話を聞いてみたいと思う。 で、話を聞いてみて、ああだこうだと言っっている間に、お互いが間違いを発見、訂正しより正しい判断へと導かれるからだ。
ところが実際は話し合う前からアイツは○○だから、ってのがあって、本来一致できるところでも、バラバラにされている。
前川氏、悪い人じゃなさそうですが、詰めの甘さに、お坊ちゃんな感じがする。


皆さんの興味は、 次はどんな嘘を付くだろう? に変わってきています。
首相、昭恵氏の影響否定 ですが、 『 「私や妻が関係していたとなれば、首相も国会議員も辞める」とした昨年2月の自身の答弁について、「贈収賄は全くない、という文脈で一切関わっていないと申し上げた」と説明した。』と言い方を変えてきた。 ほら、「関わっていたら辞める」と言ったのも嘘じゃん! という訳でわかりやすかったんですが、
加計学園の Fax に関しては「私は常に平然としております」 って、すいません(思わず謝ったりして)、私は、意味がわかりませんでした。 そうでるとは、事前にそこまで読める人はおらんかった。
逆に、ちょっと難しい言い回しをした後に得意顔で 「これ意味わかりませんか?これ日本語の読解力だと思いますよ」 って、唖然として絶句した人、多し!
凄いなぁ、普通の思考力してたんじゃあ敵わない。分かっているけどその上を行ってる!
後付ではいろいろ言える。 少し分かってきた。 例えば、 彼が「指示する」というのは、直接その本人に向かって指示することを意味している。 実際は、人を介して指示しているので、彼にとっては「指示していることには当たらない」。自信をもってそう言い切る! つまり、 問われているのはそういう意味じゃないんですが、彼の言い分では正しい。 早い話、全く噛み合ってないので、屁理屈にさえなっていない。 彼が権力者じゃなければ「そんなものは言い訳にもならん! ピシャ」で、終わりなんですが、 そういう意味では彼が権力にしがみつくのも理解できる。
サイコパスの一種だと思うんですが、見事だ!
面白い対象なので、少し真面目に研究してみようか知らん?


2018/5/28(月)軽井沢日記

予報どうりだと昨夜から降っても可笑しくなかったんですが、降らなかったです。
今日もくもり空で、降りそうな雰囲気はない。

頭が暑い。髪の毛切りたい!

PS. もう夜の8時ですが、雨がパラパラ降ってきました。


ここは花が咲いてないのに、枯れかかっている。
我が家のは次から次へと新芽が出てくるので、その都度カットしている。 持久戦だ。諦めるまでカットする!





上2枚は、5/26 で下2枚は、5/27 だ。
○○さん、情報だとガスはまだ結構出ているみたいですね。

ネットの話題

加計学園から際し出し人不明で「愛媛県と今治市を騙しました」って Fax もおどろいたんですが、それよりも、後から出てきた森友の資料。 黒塗りが外れるようになっていた。 皆さん、せっせと黒塗りを外してます。 わかっただけでも、そこにはしっかり稲田さん夫婦の名前も出てる!
これ役人はワザと間違えた んだと思う。
特定の日の資料はないんだが、それもワザとですよね。

秋田犬の贈呈式に呼ばれても居ないのに、おしかけて犬の尻尾を引っ張って犬に嫌な顔をされた上、一番真ん中で大きな顔をして写真を撮る神経、疑ってしまいますが、この人の場合は何でもあれですから。


2018/5/27(日)軽井沢日記

最近土曜日は調子悪くて、昨日も早く寝た。
8℃台まで下がっていたんですが、それよりも右足が寒くて暫く寝付けなかった。 右足だけ血行がわるくなっていたんだろうか?
私は1年中、同じ布団でねてる。夏冬で変えない。
真冬は薪ストーブで部屋の中は20℃ちかくまで温める。 夏はもっと暑い。 なので、薪ストーブを焚かない今の時期とか、炊き始める前の時期が一番ふとの中では寒いんだが、今朝は寒かった。

途中猫のKがお腹空いたと訴えていたんですが、無視して寝た。
カリカリは出してあるんで、それ食え!

布団の中からNHKのど自慢をスマフォで聞いていたんですが、何番目だろう。
大学二年生の女子の声が、天使の歌声に聴こえて目が冷めた。
視覚もあると、幻想がそれ以上に膨らみませんが、聴覚だけだとどんどん拡がる。 最初の一声目で、その人の性格、これまでの行い、普段の行い、人生が見えてくる。 この娘さんは、きっといい子に違いない、と目が冷めた。

中二階の掃除機は終わった。
続けてやる気が起きないので、先に畑にいってひまわりを植えてくる。

カッコーの声を聞きながら畑作業を行った。
畑から戻って、白樺の木を摘んで、フローリングの掃除を行った。
汚れ物の洗濯も終わらせた、って干すのを忘れてた!
で、F1 をタイミングモニタで見た。

映画も見た。


ロシア映画だ。
wowow の録画でみた。
ハリウッドの映画がつまらなくなっているに対して、ロシア映画は元気が良い。 技術的には幼くて、内容もツッコミどころ満載ですが、自由に、囚われなく作っている感じがとても良い。希望が持てる映画が多い。

それと対照的なのは、下のイギリス映画だ。
どちらもSF で宇宙人が我々人類を観察している。 ところが、ロシアの宇宙人はよい宇宙人で、イギリスの宇宙人は「こりゃ駄目だ」と人類を駆除してしまう、という映画です。 格好つけて作っているんですが、これもツッコミどころ満載で、例えば、映画の中では宇宙服を脱いでも大丈夫かどうか調べる装置が出てきます。 その装置には AED の機能もついてたんですが、 赤と黒の線が2本でていて、ダイヤルがついていて、 あれどう見ても我が家にあるカインズホームかビバ・ホームで買った2000円くらいのテスターだ。

で、高度に文明が発展した宇宙人というと、どうしても感情のない冷徹なサイコパスのような宇宙人を思うかべるみたいだ。 そこまでは一緒。それでもロシアの良い宇宙人は、ロシア娘に不思議な感情を抱いてしまうわけだ。 永遠の命があったのに、それを犠牲にしてロシア娘を助けてしまう。
イギリスの宇宙人は、それこそ「人類は危険!」と判断して駆除だ。

何度も言うが、感情は爬虫類以下の下等生物にはない。
高等生物だけが持つ機能だ。 もっと進化した宇宙人が感情をもっていないとは考えにくい。
他方で、発達した文明に適応力が高く、巧く生き延びるどころか成功している人にはサイコパスが多い。 感情を否定して、もっと冷徹に判断できる人々だ。 多分、こっちの延長上で考えるので、文明が発展した宇宙人は、発展したんだから凶暴じゃないとしても、超サイコパスに違いないと想像しちゃうんだと思う。
でもな、ホントに進化しているなら、私はそうはならんと思うぞ。

todo リスト

  • F1 モナコ
  • Indy 500
  • 読書、溜まってる
  • 畑にいく、草刈りがメイン
  • 薪運び
  • 庭の整備く
  • LD プレーヤーも破棄する(断捨離)
  • 畑の賃料支払にいく
  • 夏タイヤに交換する(私の車)
そのうち
  • お隣りからいただいたカラ松を薪にする
  • 目立てしないと
  • 自転車の整備(クライマー)
  • 窓ガラスを綺麗にする
  • 離れの鴨居の裏の隙間を塞いだ発泡ウレタン、削る
  • 我が家の庭のモミの木も数本切って、もう少しスッキリさせる
  • ○○さんに自慢のスピーカを見せてもらう
  • 大家さんの自慢のスピーカを見せてもらう
  • 旧軽井沢案件、続き
  • 万座案件/草津案件、続き
  • メガネ屋さんに行くのはずっと後だ(混んでなさそうな時に)、困ってないし
  • サンルームを作る
  • 野積みしてある分の薪を軒下に移動する
買い物
    特になし!


2018/5/26(土)軽井沢日記

畑に行ってきた。
サツマイモは、1つを除いて根がついたと思うが、イマイチ元気がない。
サンチュとサニーレンタスを収穫してきた。
明日は、ひまわりを植えて、夏大根も植える。

モナコですが、FP3 は巧くいきましたが、予選はイマイチでした。
でも今レースは明らかに競争力があるように見える。

ネットの話題

カリアゲ君とトランプはどうしちゃったのでしょうか?
いろいろな人が期待を込めていろんな事言ってます。
1つは、トランプがアメリカを完全掌握している訳じゃないってことが大きそうだ。
私が感じた限りだと、カリアゲ君がアメリカに騙されたみたいな感じですが、カリアゲ君を宜しく思ってない人はここぞとばかり叩いている。 それより、わざわざリビアを引き合いにしたり、中距離ミサイルまで廃棄しろと言ってみたり、戦争屋さん達の焦りが見える。 トランプはカリアゲ君に十分な配慮をしているように見える。
バイアスがかかっているかも知れませんが。

ダブルスタンダードだ。
マスコミは日大やらずにモリカケやれ!という一部の人の意見もありますが、 これだけやると、マスゴミの日大に対するスタンスとモリカケを追求する時のスタンスの違いはだれでも気がつく。
スピンがスピンにならなかった、って話だ。
因みに、日大に押し寄せた記者は社会部で、モリカケは政治部らしい。
クロ現もそういえば社会部で頑張っていたけれど、国谷裕子さん降ろされた。
現在官邸では一人望月記者が頑張っているだけで、だったら社会部の記者を行かせろよ! 綺麗どころを集めて、裏から情報貰おうなんてセコいことを考えるから、セクハラ被害にも遭う。
マスコミは第4の権力だ。政治部の記者さんにも正面から突っ込んで欲しい!

「関わっていたら辞める」と言ったのも嘘だから、嘘がバレて辞めないらしい。
辻褄、あってきた〜ぁ!
そうこうしてたら『北朝鮮によって「われわれが不幸な状況に追いやられた場合」には、韓国と日本が多くの財政的負担を肩代わりする用意がある』んだと。こないだ会談したとき約束したんか?


>蚊帳の外じゃなかったw
>-----------------------
>↑飲み会に一人だけ呼ばれなかったのに、何故か全員分の飲み代を支払わされる感じだよな
>-----------------------
>蚊帳の外だから血を吸われるんだよ

面白すぎです。


2018/5/25(金)軽井沢日記

くもり空。
今日は玉切りしておいた残りの白樺、割ってから出社。 週末に北側デッキの下に積む。 山の中の我が家では寒いと思って今日もフリースを来て出たんですが、新軽井沢は都会。 暑かった。24℃くらいかな。
道、混んでました。
今度の週末、混むんだろうか? 確かに、今の時期軽井沢は気持ち良い!

Indy500 を観ようと思ったら、今年は無料放送なし!
サギノミクス不景気でどこもスポンサーしてくれなかったんだぁ。

常用しているパイプがいよいよ駄目になってきたので次のが要る。
丁寧に吸えば、10年でも20年でももつんですが、私外で吸う。 バカ犬の散歩は最近嫌がるので減りましたが、畑作業している間もず〜っと吸っている。 外で吸うとパイプの痛みが速い。 1つは火をつけるとき、風があるのでどうしてもブライヤー(木の部分)も焦がす。 それにゆったり一定に吸うのが難しく、手で持っていると熱くなるので直ぐにわかりますが、外だと分かりづらい。 それに、よく落とす。 数年に一度、買い替えてます。
外用だとピーターソンのアーミーもある。前のアーミーは美味かったんですが、なんだか今度のアーミーは美味くない。 高いのとか、お土産でもらった大切なのは外じゃあ吸えない。 それに最近は、ず〜と9mm フィルターで吸っている。量は増えるが一日中吸える!
いつもは柘さんなので、今回は 春山さん から買ってあげようと思い 中山煙草 でカタログを見てた。見てたんだが、パイプも今では数多く売れないので在庫がない場合も多い。HP で確認しようと見てみたんだが、手抜きHPだ。残念。
柘の社長も2度、紫煙会議に参加してくれた。 一回目はセミナーまでやってくれた。 春山さんのところの、○○さんも2〜3回参加してくれてます。 我らが紫煙会も、結構知名度が上がってきました!
メーカーさんで言うと、そういえば、最近ダヴィドフのお姉さん来ないなあ。

F1 モナコ

今回はトロ・ロッソ、多少良さそうです。
ドライバーもチームからも良さそうなコメントでてます。 今日はパーティだからレセプションでお休み。 明日の予選を見てみよう。
それにしてもレッドブル、速いなあ。

ネットの話題

日本人には他の民族よりその遺伝子が多く残されていると言われてますが、 ネアンデルタール人は、短足で胴長、寒さに強いだった らしい。

お父さんがエラい!

そう思った人は多くて、お父さんは何やっている人か、検索した人も多かったみたい。
私もその一人だ。出てませんでした。
ピンチに陥っている自分の大切な息子を守らなければならない。
こういう時は、父親の方が強い。母親はどうしてよいか分からず、オロオロするケースも多い。
マトモなお父さんで良かったと思う。なので、優しい子に育った訳だ。

この報道、最初はスピンだったかも知れませんが、比較的皆さんマトモな反応。
その結果、スピンどころか却って国会の方に油を注ぐような結果になってます。 国会の方も、マトモに報道しましょう。

中には「一人で罪をかぶれば、日大が一生面倒みてくれたのに」って呟きもありますが、どう面倒みてくれると言うんだろう? 面倒みてくれる訳ないじゃん。尻尾は切られて終わりです。

他方で、文集砲の記事で興味深い内容がありました。
内田監督の「よく言うよ、何年か前の関学が一番汚いでしょ」という発言だ。
どの事実関係を指しているのかはわかりませんが、 内田監督は、自分は被害者、以前ヤラれたことがある、と言っている訳です。
関学がなにか汚いことをやったかどうかわかりません。 もしかしたら、なにもやっていないかも知れませんが、内田監督はそう感じたと言っている訳です。
で、彼は彼のやり方でやり返す。
同じ用な話で、例えば、日教組の教員は彼に悪意がなかったも知れない。
で、余りに勉強しない学生に厳しくあたることは考えられる。 その場合、受け取り側に寄っては、以前似たようなケースでひどい目に遭っている人は、 日教組が大嫌いになるだろう。
で、立場が変わった今、ホントは良かれと思って厳しく接してくれた日教組も、真に優秀な日本の宝のような大学教授も目の敵にしてしまう。

で、先日来からの話につなげますが、ディープな話になるので興味ないひとは読まない事!

抑圧される側は、抑圧する方がそのつもりなんか無くてもそう感じる場合がある、ってことだ。
例えば、暫く日大が勝てない時代があったみたいだ。 私は全く知らないので、勝手に想像して書くだけですが、 関学がそれまでの常識とは違う現代的に合理的、且つ科学的アメフトをやったかも知れない。 それで、旧態依然の日大が勝てずに、日大の監督は 「関学は、なんて汚いアメフトするんだ!」と思った可能性もある。 日大の監督がそういう合理的なスポーツという発想ができず、散々バカにされた経験があって、苦手意識になっていたとしたら、そうなる可能性は高くなる。

同様に、社会生活で失敗した人がネトウヨになる、と言われてますが、 「社会生活で失敗した人がネトウヨになる」という言葉自体に、すでに駄目なヤツというニュアンスがあるように、そうなら、その人達はず〜っと虐げられて生きてきた訳だ。 実際に虐げられたかどうかはさておき、そう感じながら生きてきた、ってことだ。

「そんなのは普通でしょ」と言うひとは
言う前にホントにそれが普通かどうか再度考えてみる必要があるかも知れない > 自分
もしかしたら、相手はこちらの想定外の反応を示すかも知れない。
もしかしたら、それだけの言葉で、誰かを傷つけているかも知れない。

  • 毒蝮三太夫の例もあるように、言う側のキャラもこのとき重要になる。
    絶対にこいつには悪意がない、と分かっているときは結構酷いことを言われても「ハハ 、巧いこというじゃん」と笑って済ますことができる。
    それは対話する者の間の信頼関係 だ。

  • それと、更に重要なのが国語力だ。
    最近は話し言葉でも書かれた文章でも単語だけに反応して、その内容をきちんと理解しない人が多い。 先ずは、その内容を理解することだ。そうじゃないと、真意なんか量ることが出来る訳がない。 私は英語なんか教える前に、まずきちんと母国語で対話できるようにするのが先だと思う。
    で、これをやるには、どうするか?
    ちょっとでも真面目勉強すると分かるが、その学問では独特の言葉遣いがあることが分かる。
    例えば「10以上」といっても、10は含まれていたり、含まれていなかったりします。 一般社会だと、「未満」は流石に含まれない方に分類されますが、以上は結構いい加減。 言葉は話し言葉から始まるという意味では間違いじゃないが、 それじゃあ、きちんとした事表現できない。 なので、数学では「10以上」というと、10も含まれる。 そう定義した上で話を進めるから、複雑なことも表現できるようになる。
    それは、対話する2人の間での 約束事 だ。
    約束事が守れたなら、手話でゴリラと話をすることもできるようになる。
    1m はどういう長さかを決める。決めるから測ることができる。

    周りに約束ができる、つまり信頼できる大人が居なかった子は、勉強が苦手になりやすい。
    ギリシャ哲学が倫理に基づくように、私は高校の授業で最初にこれを教わってびっくりしました。それまでは当然、哲学は論理的なものだろうと思っていた訳です。 倫理はいたるところに影響する。
    要は「嘘をつかない」ってことですが、他人にはともかく、自分には正直に。
    ところが、限度を超えるとそれが出来ない。
    以下に述べる。

    上記は一般的な事だが、個人的に、それに纏って嫌な思いをした体験があるなら、 それを本人が覚えていようが、覚えていなかろうが無関係に、それ以外の人とは違う反応をしやすい。
    耐えられない嫌な記憶なら、忘れさられたり(決して忘れてませんが) エクスポーズ 暗闇の迷宮 のように、別の記憶に置き換わったりします。 許容範囲の嫌な思いなら、その場で思い出せるかも知れません。 それでもまだ上手く整理された心の状態ではありません。 私の言葉でいうと「非統合」の状態です。 その場合、それらは何某か「感情敵なもの」としてその人の心の中に現れます。 理論的なものとしては、生じてきません。なぜなら、それはまだ「非統合」だから順序立てて話せるような状態じゃないからです。
    この観点から言うと、感情は無視すべきものではない。
    理解できない感情には、自分の知らない非統合が隠されている場合がある。


  • 2018/5/24(木)軽井沢日記

    今日は晴れました。青空が済んでいて綺麗です。でも少し涼しい。

    昨日報告するのを忘れてました。
    我が家のセンサーライトは、大丈夫、発火しないヤツでした。

    写真の練習

    例によって我が家。
    新緑が綺麗です。いい加減飽きるかと思っても、毎年綺麗だと思う。 冬が厳しいので余計そう思うのかも知れませんが。
    四季があるのって、いいね!



    これは「軽井沢の母」と呼ばれている有名な(誰でも知ってます、私も実際にお会いする前からお名前は聞いてました)女性がオーナーの小さなペンションです。

    もともとはオーナーさんの祖父が某有名建築家に依頼して建てた別荘を今はペンションで開放してます。 これでもか!って感じでギトギトしているわけでもなく、質素。 質素なのに高級感たっぷり。 これがいわゆる軽井沢の別荘ですが、実際に軽井沢の別荘がどんな感じか、比較的リーズナブルなお値段で堪能することができます。
    そういうペンションなので、ペンションらしからぬ、 結構凄い人が利用されていたりします。

    写真はとある会合で、ここが会場になったので、お断りして写真を撮らせてもらいました。 写真は暗く撮ってますが、実際暗いっちゃー暗いのですが、ホントはもう少し明るい。
    今回は会合で行きましたが、少人数のセミナーとかにも利用されているみたいです。 小さなペンションなので、シーズンを外せば仲間で貸し切りにできるかも知れません。
    私が知っている中では、 シルバーストンさん (こちらは建物じゃなくて、オーナーさんの魅力ですが) と並んで、軽井沢らしい超弩級のペンションさんです。
    そのペンションどこだ? って自分で検索してみてください。 嘘です、 こちら ですが、HP で受ける印象よりはずっと良いです。 B&Bなので、夕食は付きませんが、オーナーさんはそこいら中出歩いて軽井沢を知り尽くしてますから、オーナーさんと相談するのが良いと思います。

    暖炉

    このペンションさんも、暖炉がありますが、暖炉は思うほど暖かくない。 正面のソファーに座っているとそこそこ暖かいのですが、暖房効果という意味では薪ストーブの方がずっと暖かい。 でもな、暖炉は格好良いです。暖炉の方がずっと絵になる!
    暖炉も下手な作りだとよく燃えない割に煙いのですが、 このお宅の暖炉はドラフトが強くて、煙が逆流することは殆どないみたいです。

    料理の美味しい軽井沢のペンションもある

    余談ですが、どういう訳か私、軽井沢のペンションはそこそこ詳しい。
    というのは、シルバーストンさんとふとしたことからお知り合いになって、それまで持っていたペンション感が全く変わってしまい、そこから少し興味を持った。
    いろいろな人がペンションオーナーをやってますが、中にはもとコックさんも多い。 コックさんなら、自分のレストランを持ちたいと思うのは当然ですが、 その延長で泊まってもらうという超拘りのおもてなしスタイルだ。

    ペンションさんでの食事は、まだ2軒しか食ったことありませんが 軽井沢のペンションには、 料理が美味いと言われているペンションさん、幾つかあります。
    軽井沢は有名なレストラン幾つかありますが、シーズン中は超混みます。 予約が必要だったり、いつもの味が提供されなったりいろいろ問題があります。 ペンションなら、今日泊まる人の分を予め用意しますから、混んでいても安心。 ホテルでも同じですが、ホテルの料理長は雇われで、いつ変わってしまうかもしれません。ペンションなら、オーナーさんがコックだ。
    でもって、そんなにバカ高いわけじゃない。 私は結構良いと思う。 もう越してきちゃいましたが、その前、知っていたら利用したと思う。
    シーズン中じゃなければ、泊まらなくて料理だけ出してくれるところもあるみたい。 相談してみるのも良いかも知れません。



    空が綺麗だったので、取ってみたが、いつものペンタックスブルーには撮れなかった。 設定、どこ間違えたんだろう? その場でチェックしたんですが、カメラの後ろの液晶がヘボいんだよぉ。 PC でみたらがっかりすること良く(逆も稀に)あります。
    上は、ズームの最望遠 135mm で撮ってますが、周辺光量落ちが見られます。 F8 まで絞っているんですが。

    今日の空、遠くでは、入道雲も見えてました。
    都会は暑そう!

    そりゃそうと、○○さん、キャノンのレンズ、古いサンニッパを持っているらしい。
    なに、シラバックレているんだぁ。
    サンニッパというのは、300mm F2.8 のことだ。 カメラやる人からすると、1つの憧れのレンズ。 人、全身を撮ってもバックをボカすことができます。 定価は70万円くらいする。
    憧れと言っても、単焦点の 300mm はそうそう使う場面がない。 持ち運ぶにも重いし、実用性はない。 私は、フルサイズ用の 80-200 F2.8 のズームで代用する。 APS-C なので、望遠側は換算値 300 の F2.8 になる。 こっちの方がずっと使い勝手通い。 な、APS-C も捨てがたいんだよぉ。
    友人に誘われて、カメラを始めたのに、その友人がカメラをやめてしまい、○○さんも、それ以来、ずっと防湿庫に仕舞いっ放しらしい。今は、写真はスマフォ。
    で、いろいろお話ししてたら、78回転のアンプがついてなくてラッパで音を大きくする、超古いレコードプレイヤー(蓄音機?)も持っているらしい。 軽井沢、変な人が多すぎ、って面白い!
    シーズンオフになったら、見せてもらいに行こうっと。

    今週末はモナコF1

    オイルを燃すのは禁止されたハズなのに、 まだ抜け道があった みたいです。今年のフェラーリの白煙は有名です。なんか燃している。 勝つためなら何でもありだが、ホンダは過去の実績をみると真正面から挑んでいる。 ズルはしない。Nissan も悪い噂は聞かない。 TOYOTA は他と一緒にいろいろやる。同じ日本のメーカーでも企業体質が出る。
    そうこうしていたら、 ハミルトンが引退するんじゃないか という噂も。
    そうしたら、リカルドはメルセデスだな。

    他方 motoGP ですが、最近は青田刈りが流行ってます。
    moto3 を走っていたバニャイアは、今年1年 moto2 ですがシーズンが始まる前に来年はプラマックから、motoGP に出ることが決まってます。 確かに、バニャイアは速い!
    今度は ミール:ホンダと仮契約、モトGP昇格を目指す! です。ミルは、去年の moto3 チャンピョンです。 今年は moto2 に出てますが、確かに光るものはある。
    あってもなあ、どこに入れるんじゃぁ。 来年の残りのシートはもう殆ど残っていない。 契約更新してないといえば、ダニが出されるのか? さもなくば、マークVDSがまだ決まってないので、条件を良くして、そこに入れるんかなぁ。 マークVDS は、これまでHONDA のサテライトチームだったんですが、良いマシンが来ないと文句を言って、現在来年以降の体勢に関して他メーカーとも交渉中です。 まだ決まってないハズだ。 マークVDS ならルティが出されると思う。
    YAMAHA も Tech3 が来年からは KTM に行くので、サテライトチームが未定な状態。


    2018/5/23(水)軽井沢日記

    小雨が降っているなか、薪割りをやってら出社。
    今割っているのは白樺。あと1日で割り終わる。 夕方になって雨は止んでますが、結構寒い。
    仕舞い込んだフリースを取り出して、羽織ってきましたが、今日は最高で13℃だ。

    一晩おいての見解

    煙草を買いに行ったら、皆さん日大生の会見について思うところがあったみたい。 皆さん、自分の見解をひときしり述べてから帰っていくみたい。 「お前もなんか言ってみろ!」と言われたので、私の見解も述べてきた。

    一晩於いたので、少し角度を変えてみる。
    私は、親御さんがしっかりしてたのが決定打になったと思う。
    追い込まれた実際に犯罪に手を染めたとしても、その人がやっぱりやり直そうと思い立つには、心の拠り所が必要だ。 彼の場合は、アメフト人生はこれで絶たれるかも知れませんが、彼には戻る場所があったんだ。素の自分を受け入れてくれる場所 があった。
    先ず、これが大きい。
    しっかりとしたご両親だったんだと思う。いい、ご両親だ。
    まあ、正確にはご両親じゃなくても、友人でもなんでも良いのですが、 そういう人に囲まれて育っている人に、そういう場所のない状況を説明してもなあ、 結構分かってくれないんだが、逆にそういう状況を体験した人には「その気持、凄く良く分かる!」と言ってくれる人も居て、結構分かれる。
    彼には家庭しなくて、その家庭が「負けて帰ってくるような子は、我が家の子ではありません」なんて家庭だと、そのまま突っ走るしかなくなる。

    心の拠り所、人には必要です。
    心の拠り所がない人は「孤独」と思う。生きてて辛いだろうなあと思う。
    心の拠り所があれば、離れていても自分の心を強く持てる。
    そういえば、私が知っているお宅はペットでうさぎを飼っていて、お父さんが深夜仕事から戻ってもうさぎ以外だれも迎えてくれない。「お前だけだよ、迎えてくれるのは」って笑い話がありましたが、先に寝ていても心が繋がっていればOK。
    このニュースは、翻訳されて、日大も言い分もですが、アメリカでは結構大々的に報道されているみたいだ。 そういえば、スタン・ハンセンもコメントしてた。 世界の人がどう思うかは結果を見るまでもないと思う。

    組織論

    思うんだが、日馬富士と貴乃花の時もそうですが、これ「組織論」でいうと別の結末になるかも知れない。
    一人が犠牲になるのと、日大という組織の名誉、この組織は大きいので、何万人が関係しているのか知れませんが、を守るのとの比較になる。 だったら、当然後者でしょ、となるんだろと思う。
    こんな簡単な判断ができないようじゃあ、組織人失格です。
    組織人は辛いのお。
    って違いますよね。無能な奴がトップに居る組織の組織論ですよね、これ。
    得てしてしょーもない奴がリーダーになりがちってのはさておき、 本来の組織は、そのメンバーの価値観も考慮に入れるので、組織論が個人の判断と即対立することはない。トップの私利私欲を優先させた組織運営をするので可笑しな事になる。
    聖徳太子は7つのそれぞれ異なる意見を同時に1つの政策で満足させたと言われますが、そういう人を組織のリーダーに据えるのが良いと思うぞ。
    そういえば、翻って今の日本のリーダー誰でしたっけ?

    ネットの話題

    安倍首相
    「念のため、昨日、官邸の記録を“調査”したが、確認できなかった」
    
    菅官房長官
    「入邸記録は廃棄される取り扱いになっており、残っているか調査を行ったが確認できなかった」
    
    存在しない記録で、じゃあ、どうやって念の為に調査したんだよぉ。
    調査しようと思ったができなんだ、というなら分かる。
    完全に詰んでいると思うが「無学者論に負けず」で糠に釘だ、いや、馬の耳に念仏か?。
    嘘つきだけなら、これまでも三浦知良とか上祐とか有名な人がいましたが、それに+無学だものなあ、そりゃあ強い!
    陰謀論者は、彼らはこうやって矛盾を突きつけることで(ダブルバインド)、1984の世界に導こうとしているんだと言いますが、なんだかそれも力が入りすぎ。 それじゃあ、そのうち力尽きて諦めてしまう人がでてきそう。 我々は長丁場に耐えるためにも、もっと単純に、次、どんな嘘をつくのか、予想しながら楽しむのが良いかと。
    ホントは第4の権力、マスコミが突っ込んでくれるのが良いのですが、今のマスコミは騙すゴミなので突っ込まない。 その筆頭が犬あっち行けー!だ。

    で、これだけ否定しておきながら、与党は 中村愛媛県知事の国会招致に応じず だ。
    他方で、官邸は中村知事のスネの傷を必死になって探し回っているらしい。

    権力は暴力

    と誰かが呟いてましたが、現状をみるとそうかも知れんと思うことは多々ある。
    だとしたら、確かにセクハラ罪はなくなる。ありゃあ単に権力の行使の1つの現れに過ぎない。
    エラいんだから、それがどーした、ってレベルだ。
    権力、
    権力なんて、正直、これまでよく考えたこともない。興味もない。
    今、この場で考えると、本来は「リーダーシップ」とか「信頼に基づく判断の権限」とか「調整力」とか、そっち系のニュアンスを持つ時の社会の方が、ずっと良いのに、とは思う。

    忘れてませんか? 来年10月から消費税10%です

    マレーシアでは、 消費税廃止へ マハティール氏、公約実現 だそうです。
    これでまた、一段と消費が落ち込んで、景気が悪くなります。
    地方では、お金を介さない物々交換の経済がさらに増してきます。
    Flat という仮想通貨でも、マジ、発行しようか知らん?
    通貨と言えば、前回も消化した韓流ドラマ 「仮面の王イサン」 ですが、悪の秘密結社ピョンス会は、水道利権に加えて今度は通貨の造幣権も国に対して要求してます(先々週辺りから)。この原作書いたやつ、ネット見過ぎで笑ってしまいます。

    20歳の日大生

    日大の学生の会見、大体、ネットで伝わっていたことと同じですね。
    日大は日本大学株式会社と揶揄されている大学みたいで、余り良い噂を聴かない。 アメフト部は200人以上部員がいるらしい。 全国から集めるらしいが、自分のところで使うというよりは、他の大学に行かれて活躍されるのを防ぐという意味合いが強いらしい。 メジャーの記録がこれ以上塗り替えられないように、ヤンキースがイチローを取って、飼い殺ししたのと同じか?

    まあ、人生、だれでも彼のような決断に迫れる可能性はある。
    順風満帆と思われる高級官僚でさえ、嘘を付くか、ホントのことをいうか迫られる時代だ。 ましてやもっと社会の底辺では、酷い決断を迫られる局面が訪れる。
    今は知らんが、昔は○○○に勤めると、程なくして京都出張がある。 出生先では歓迎されて、最後に綺麗なお姉さんが体を洗ってくれる場所に連れて行かれる。 ラッキーと思う輩も居るので受け取り方は人それぞれですが、辛い決断になる男子も居よう。 三木総理も、中等訪問でホテルの部屋に戻ったら、綺麗なお姉さんが待っていたららしい。三木総理は返したらしいが、お隣の国で、キーセンを要求した日本の現役官僚さんもいらっしゃるみたいだ。
    そうじゃなくても、社会では辛い決断を迫られる場合は多々ある。
    医者なら診断ミスで患者を殺すことだってあるだろう。 大手企業にお勤めなら、自分たちの失敗を下請けのせいにして逃げ切ることを強いられることもある。
    明らかに不正を強いられたり、心が傷む行為を強いられる場合だってあるだろう。
    昨日も述べたが「他人に強いる」のは暴力だ。
    暴力を受けて、心が傷つき、歪む。
    上手く統合できなければ、非統合者になる。
    元の次官も最初からアル中だったわけじゃないと思う。
    日大のコーチの一人は、好ましからぬ性癖の噂もありますが、彼もまたそういう意味では被害者かも知れん。

    こういう局面でどう判断するかで、その人の生き様が決まる。
    今回の彼は、やっちまったんだが、今では事態を正面から受け止めているように見える。
    であるなら、心配無用かも知れませんが、彼の将来を危惧する声が多い。 アメフト選手は無理なら、 私ね、彼はプロレスラーになると良いと思う。プロレスファンは洒落を理解するし寛容だ。 得意技はスピアーにして。

    余談ですが、 「日大アメフト学生が堂々と顔だしして記者会見してるのに、アキエと加計孝太郎はなぜ逃げ回るのか?」との呟きが。

    詳細が入ってきました

    こちらです
    > 監督から「こいつのは自分がやらせた。こいつが成長してくれるんならそれでいい。相手のことを考える必要ない」という話がありました。
    というのは、○○○の母親が、息子を育てるときと一緒です。 ペットを与えて慣れた頃、ペットを自ら殺させるという例の通過儀式です。
    一度、人格を壊して、都合のよい人格に再構成する訳です。
    本人は悪いことをやらせているという自覚がない。
    第二次世界大戦の時は、新人の軍人に先ず罪もない人を殺させて軍人に育てたと言いますが、構図は皆一緒です。 パニック状態に陥らせて誘導するという、ショック・ドクトリンの1つの応用例だ。
    当人たちは優秀な人材(サイコパスですが)に育てているつもりだと思います。
    監督もまたそういう儀式を通過してそういう人格になってきている訳です。
    こういう人を、元の彼に戻すのは殆ど不可能。
    なぜなら、それをするにはそれまで彼が行ってきた数々の蛮行というか、残忍な行為にたいして全てを正面から受け止め直す必要があります。 そうして彼がその道に入り込むきっかけになった儀式をも越えて進む必要がありますが、それは殆ど彼にしてみれば地獄に近い状態だからだ。


    2018/5/22(火)軽井沢日記

    今日も、くもり空ですが、薄ぐもりで影ができてます。
    今朝は4℃台まで下がって寒かったんですが(薪ストーブ焚いた)、今は20℃、湿度もなくて気持ち良いです。

    カッコーは、月曜日に鳴いたみたいです。私はまだ聴いてませんが。

    今朝は、お隣さんから頂いたカラマツの玉切りの続きをやった。
    途中でガソリンがなくなったので、戻ったついでに我が家の倒れた白樺も玉切りしておいた。白樺は弱いので、直ぐに枯れます。
    お隣さんから頂いたカラマツは、あと2本だ。
    最後に明日のために、また目立てを行っておいた。
    頑張れば1日で終わるが、中腰が辛いので適当にやる。 でも、どんどんやらないと、騒音を出す作業は7月の終りから暫くNGになる。
    チェンソー、昨年末にガソリンを抜いて置かなかったので、燃料パイプだかスロー側のジェットだかが詰まり気味だったんですが、大分調子良くなってきた。
    耕運機も同じ症状がでてたんですが、今は調子良い。 残りは、草刈り機だけだ。
    冬、長く使わない場合はガソリンは抜いておきましょう > 自分

    センサーライト発火の恐れ

    カインズからメールで、センサーライトに発火する恐れのある奴があるみたいです。
    対象は、2007年9月から2015年4月の間に販売しましたハロゲンセンサーライトツイン SLH-75T らしい。

      【該当機種】
    ハロゲンセンサーライト ツイン
    ・SLH-75T ロゴマーク:TOOL WORLD
    ・SLH-75T ロゴマーク:CAINZ
    
    ここに詳しい案内 があります。
    私の家で使っているやつと似ている。 会社から戻ったら確認してみる。

    ネットの話題

    ネットゲリラさんを引用しておきましょう。
    日大の加害者の学生が記者会見 だそうです。

    愛媛県、頑張ってます。
    首相からは「そういう新しい獣医大学の考えはいいね。」とのコメントあり 。音声もあるらしいぞ。
    >「無学者論に負けず」で脳味噌がない相手にいくら理屈を並べても無駄だ。盗み食いした猫に説教しているのと同じw
    >「口の回りに付いてるきな粉は、きな粉ではない」と言い張るに等しい。
    >ネトウヨ「愛媛県知事は反日帰化人」
    「我が国固有の領土に愛媛県という県はない」と閣議決定するんじゃないかとか、 と面白がられてますが、今度はどう言い逃れするんでしょうか?
    この後、愛媛県は徹底的に虐められると思いますが、別にこれまでも国からは殆ど見捨てられていたところですから。

    これ なんですが「東大でた女がたかが130時間じゃ死なないよ、東大だよ。アメリカから戻ってきた男とクリスマスイブに遭って分かれたんだよ」って話は私もどこかで聴いたことがある。
    1月20日として、残業130時間だと1日、6.5時間の残業だ。 仕事、面白くとも結構辛いぞ。 面白くなければ、かなり辛い。 それに、私の知っている東大卒って、客先とか昔バイトした先とかに限られますが、みんな普通で、そんな強い人見たことない。 優れている人も何人か居ますが、それよりも大きな欠点がないと言った方が適切な人が多い。極めて普通の人が多かった。 それに女性でしょ? 延々やるなら、体力的に女性の方が強い気がなきにしもあらずですが、短期だと男性の方が強い。 まあ、そもそも時間じゃなくて会社の雰囲気というかプレッシャーだよな。 そういう状況で、異性問題がトドメになった可能性は考えられるが、原因が男ってのはちがうと思う。
    高プロ法案が通ったら、この娘さんは実際にいくらもらっていたか知りませんが、過残業じゃなくなる可能性が高くなる。

    F1

    黒木メイサに落とすの簡単だったとバラされた小林可夢偉ですが、 意外に気骨があって、 良いじゃん。ファンになりそう。ルマンは当然、アロンソじゃなくて可夢偉を応援する!あと、バトンもでるんですよね、確か。だったらバトンも応援する。

    トロ・ロッソで結果を残せていないハートレイへの風当たりが強くなってます。
    今週末のモナコが最後のチャンスと言われてます。 これまでの様子をみると一発の速さは見られない。 F1 よりも耐久向きかな? とは思う。 F1 と耐久は求められる能力が多少違うようだ。 昔、ジャッキー・イクスというルマンで6度も勝った凄いレーサーがいた。 イクスももF1 レビューした時は彗星の如く輝いてましたが、フェラーリーで上手くいかず、耐久に移って大成功した。 この記録は後日トム・クリステンセン(9度)に抜かれるが、クリステンセンもF1では成功していない。
    ハートレイは一度 F1 で挫折し、耐久に移って2度世界チャンピョンになっている。 ルマンでも1度勝って、F1 に出戻った、珍しい経歴の持ち主だ。
    それにしても、まだ5戦でしょ? 個人的にはもう少しチャンスを与えても良いかと思う。 ヘルムート・マルコは意外に短気だからなぁ。 後任の噂がもういろいろ上がっていて、 ローゼンクヴィスストの名前もでてます 。パウカル・ウェーレインよりは良いと思う。 私のお勧めは、ランド・ノリスですが。
    日本人ドライバーを乗せてもいいですが、実力がないのは無駄ですから。


    2018/5/21(月)軽井沢日記

    くもり空です。
    お隣さんから頂いたカラマツ、玉切りを少しだけやって、地面を切ってしまったのでいきなり刃が切れなくなって目立てをし直してから出社。
    腫れていた目は、大分直って、やっぱり病院に行くのはやめた。

    体がだるい。
    土曜日も体調がイマイチだったんですが、今日もイマイチだ。
    歳を取るにつれてこういう日が増えるんなら、嫌だなあ。
    単に煙草の吸いすぎかも知れん。口が痛い。

    バカ vs 利口 → 差別

    街頭演説で「議員辞めろ」と騒ぐ反対者に向かって「そんなあなたも守りたい」と言ったのは山本太郎議員らしいが、 それはともかく、 世の中、お利口な権力者とおバカな権力者がいるとして、利口な人が権力を握っていた方が、おバカな人達も含めて、実際はみな待遇が良くなる。 お利口な権力者故だ。
    ところが、利口な人は、おバカな人を普段どれだけ傷つけているか知らない。
    実は、物凄く傷つけている。 実際は、利口な人が直接おバカな人を傷つけなくても、 底辺のおバカな人達は、自分たちより少し頭の良い人達から普段から、散々差別されてて、虐められてきた。 普段からお前はバカだ、駄目な奴だと言われながら育つのが下々だ。
    なので、今回みたいに、おバカな人たちが権力を握ると、結局自分もエラい目に遭うんですが、おバカな政治家を心情的に思わず応援して、指示する。

    だとすると、なんてことはない、お利口な政治家の皆さんは、普段から中間層に向かって「下を差別するな! 虐めるな!」と発言し、助けて来ていればよかったのですが、 そこは、向こう側の分断工作。学校教育から始まって非常に巧く機能している。
    彼らが下々の実態を知ることはない。

    鳩山さんが高らかに理想を述べた時、下々は「どうせ、実現できっこない!」と思った。
    その言葉には、概ね絶望的なニュアンスが含まれてますが、微かな期待も含まれていること注目する必要がある。
    で、差別だが、 毒蝮三太夫はジジババに向かって、糞ババアとか本人に向かって平気で言う。 綾小路きみまろも凄い毒舌だが、言われた皆さん笑って聴いている。 言葉だけ取り出すと、放送禁止になりそうなのに。
    ところが彼らが差別用語をつかっても差別が成立していない、それどころか、温かみさえ感じる。
    私の田舎では今で言う集落のことを部落と呼んでいた。 今で言う部落はもっと違うところ、小学校の側の山の側面の一角に在った。 盲(めくら)とか聾(つんぼ)も今のようなニュアンスはなかった。
    言葉それ自体に差別はない。
    他方で発信者(三太夫はきみまろ)によっても異なる結果になる。
    発信者が、そういう意味で発進しているのではないと分かると、笑って聴ける!
    ところが、言われた方がどう感じるかを考えなさい と、私は嫁さんから常々口うるさく注意されますが、言われた方がどう感じるか? が問題だ。確かに問題だ。 受け取る人によって違う。

    昔、母が入院先で知り合った盲の人が言うには困るのは「展開図」が理解できない事らしい。 へ〜っ、不便だなあ、と思うかもしれませんが、3次元物体の展開図は2次元になるんですが、これ実は4次元立体の展開図も3次元になる。って、理解できんだろう? 健常者も対して変わらん。
    頭の良い人は理解できるらしいが、これらは単なる個体差というか、個体を特徴づけるものだと思えば、そこに差別意識なんて入り込む余地はない。 なぜなら、その人にとっては生まれつきそうな訳で、その状態が普通な訳だ。 軽井沢にも奇形の猿がいますが、今も居るのか知らん? 別に普通に生きている。
    私も身体的特徴が幾つかありますが、それ指摘されてもそれだけじゃあ、別に嫌な気持ちになることもない。
    ところが、それを根拠に実際に差別されると、自体は急変する。
    「ブスは近寄ると臭いから、こっちに来るな!」とか、なんでも良い。
    差別はどこにでも発生する可能性がある。
    例えば、貧困家庭に産まれたとしよう。 それは、本人の身体的特徴ですらないが、それを理由に差別されるとしたら、 その瞬間「貧乏」という言葉が、差別用語になる。

    そもそも「ブス」から「近寄るな」までは、既定の確たるネットワークが存在するわけではない。
    確かにブスだ。でもよく見ると可愛げがある。でも良いわけだ。 そもそも、美人ブスには流行り廃りがある。事実だけを取り上げるなら、その時流行っているブスというパターンに当てはまっているというだけの事実でしかない。 それは流行っているということは、その次代としては確率として余り良い意味じゃない可能性が高いが、さりとて、それがどこにつながるかは、確実に定まったものはない。
    その言葉に差別の意味 を込めるから、差別になる。
    差別の意味がないと分かっているなら、三太夫やきみまろがやっているように、それは差別にはならない。
    そうして、一度でも差別された人なら、その言葉には敏感になる。
    言い手を良く知らない場合、言い手にその意志がなかったとしても、そこの言葉にそういう意味を込めなかったとしても、過去に受けた嫌な体験があるなら、その時の気持ちが思い出されて傷つく。 もし、その体験を全く思い出せないくらい(余りに辛いとそうなる)傷ついていたとしても、人は感情で反応する。 つまり、言われた方がどう感じるか は、言われた方がこれまでどのような体験を経てきたかに大きく依存する。 言われた方がどう感じるかは、言葉を変えると言われた方がどう反応するか?だ。 どう反応するかは、それまでの体験によって異なる。 これまで全く虐められてこなかった人なら、全く問題はない。 ところが、多くの人は大なり小なり嫌な思いをして育ってきている。 なので、余り不用意に言葉を発しない方が良いのは、私も激しく同意する。

    さて、ここからが肝心ですが、
    差別された体験がある人で、その差別が成立するとき、そこには一体何が起きているんだろうか?
    「お前は貧乏だから、友達にはしない」と差別(仲間はずれに)されたとしよう。
    差別意識がなければ「お前は貧乏だから、俺がおごってやるよ。うどんを食い行こう!」と誘ってくれるだろう。

    高校時代の実話ですが、私がおごられる方。部活の後の話だ。
    うどんは、200円くらいだったと思うが、そのお金さえ高校生の私にはなかった。 で、延々奢ってもらっていたが、その友達はそのうち誘ってくれなくなった。 奢り続けるほどそいつも裕福でもなかったし、奢り続けるほどの仲良しでもなかった。 アイツ、今頃どうしているだろう? お前が奢ってくれたうどん、地元の「山田うどん」ですが、 当時昼飯も抜いていたんで、とっても美味かったよ、ありがとう。
    話を戻して、一緒に居たくない連中から仲間外れにされたとしても、どうってことはない。 仲間はずれにされて傷つくとしたら、その子は仲間になりたかったのに、仲間はずれにされたくなかった訳だ。 仲間はずれにされたくないのに、仲間はずれという枠にはめられてしまった訳だ。 望んでもいない枠に嵌められる。 枠に入ることを強いられる。 枠に入ることを強いられるということは「そういう人格をお前の人格にせよ!」ということだ。
    ホントはどう生きようがその人の勝手でしょ?
    なのに、その人格を強いられる。 これこそ真面目な言葉でいうと「基本的人権の侵害」だ。
    簡単にいうと暴力。暴力は実際の肉体をつかった暴力よりも、嫌がっている心に強いることこそ、その本質がある。 肉体の暴力を使う奴は能のない奴だ。ずる賢いやつはもっとそんなことはしない。 自らがそうするしかないように持っていく。 だとしても、暴力には違いない。
    つまり「基本的人権の侵害 = 暴力」 だ。
    なので、基本的人権を理解しない人は暴力も理解しない。
    別に先生が生徒を殴ったとしても、基本的人権が理解できていればOKだ。
    理解できてなければ、殴りはしなかも知れませんが、言葉や態度で陰険に虐め続ける。

    話は戻って、おバカは人たちは、何某かの基準でもって測られて、おバカという枠にはめられず〜と差別され続けてきた人が多い訳だ。 言葉を変えれば、ず〜っと暴力を付け続けてきた訳だ。 しかし、差別した側を冷静に観察してみよう。 それは利口な人達が意志してやったというよりは、社会システムがそうなっているのがそうなる原因だと分かるだろう。 その社会システムで育ったなら、利口な人質が何を言おうが差別になりかねない、仕組みになっている。
    社会システムを変えないと駄目なんですが、その社会システムを作ったのは誰だ?
    偶然そうなった? 違いますよ、狙ってやって連中が居るんです。
    そいつらは、私は便宜上「彼ら」と呼んでますが、上で述べたお利口さんよりも、ずっと悪賢い。
    比べ物にならないくらい賢い!
    そうやって、対立を煽って自分たちの都合の良い方向に社会を導こうとしているんです。ホントの敵を間違えてはいけない。
    まあ、信じるか信じないかは、あなた次第ですが。
    だとしたら、我々はおバカだろうが、お利口だろうが対立している場合じゃない。
    私はそう思う。


    2018/5/20(日)軽井沢日記

    今日も晴れ、目も腫れ。
    明日は病院に行く!

    motoGP は、ザルコもドヴィもコケたので、マルケスが危なげなく優勝。
    ちょっと物足りなかった。


    さて、畑ですが、草取りして戻ってきた。
    嫁さんが居たので、犬もいる。一緒に連れて行った。 で、誰も来ないだろうから、リードを放して好きにさせる。 以前はドッグランをやって芽を駄目にしてましたが、脳梗塞を起こしてからはそんなに走らない。
    で作業してて気がつくと、お隣さんが来てた。
    噛み付いちゃ大変と思っていたら、作業しているお隣さんの脇にチョコンと座って、イイコイイコされていた。 何だよ、お前。お前、そういうキャラじゃなかったじゃん。

    行きしなに、コメリに寄ってサツマイモの苗を買って補充した。
    先日のは小林農園だったのでモロ、苗だけ。サツマイモの苗の植え方とか書いてなかったんですが、今度のはコメリの商品なので、パッケージにいろいろ書いてあった。
    それによると、アルカリ性の土地は駄目だ!って書いてある。 なら、私の畑、薪ストーブの灰を入れているので駄目じゃん。 それ以前に、最初の年だけ pH を計測しましたが、苦土石灰を入れないと駄目くらい酸性が強くなかった。
    で、お隣さん、畑で作っていた腐葉土を運んでいた。 お話していたら、今年はこっちの畑で畑やらない。 私みたいについて回るトラクターじゃなくて、上に乗ってやる本格的なトラクターを持っている。その刃がチビてきたので注文してるがまだこない。 なので、今年は自宅の隣の畑でやるらしい。 この方は地元の業者の社長さんなので、本人は忙しい。社員にやらせたり、□□さんにお願いしたりしてたんですが、社員も農業なんかやりたかがらないし、頼みの□□さんも、最近あまりお会いしませんが、□□さん自身は畑作業が大好きみたいで、あちこちの畑をお願いされていて忙しいらしい。 因みに、□□さんからはいろんなことを教わった。蕎麦の作り方も□□さんから教わった。

    なら、「1畝貸して! サツマイモが撮れたら半分上げるから」と提案して商談成立。 急遽、お隣の畑に、1畝つくって、そこに植えてきた。

    で、戻ってみたらバカ犬。
    ヤブのなかに入ったみたいで、鼻先にマダニを拾っていた!
    ペンチが見当たらないので、割り箸で掴んで回してハズそうとしていたら、つい、力が入りすぎてマダニが潰れて、口が皮膚にに残ってしまった。 ピンセットで取れるだけ取っておいたが、あとで膿んだらゴメン。

    お隣さん、正確には私と一緒にを借りている人。
    一反の畑、2/3 はイチゴの苗農家が借りていて、イチゴ農家が 1/3 に減らしたときに、私がその 1/3 を借りた。手前の 1/3 は前から○○さんが借りて資材置き場になっていた。私が最初に借りていた場所は真ん中だった。 イチゴ農家が完全に撤退したときに、その 1/3 も○○さんが借りた。 その結果、○○さんが両脇をかりるような形になった。 で、○○さんも最初は資材置き場としてしか使ってなかったんですが、畑が増えて作物を植えるようになった。上述したように、自分じゃ余りやらないけれど。 数年前に○○さんが、大量の浅間石の保管場所に困って私が借りていた畑と交換した。 結果、手前 2/3 が○○さんになって、○○さんは使い勝手が良くなった。 私も使い勝手がよくなり、その畑の一番土壌が良いエリアを使えるようになった。
    なので、そこ、私が以前使っていた場所なんですが、 お隣さんが、昨年サツマイモを植えた時には、結構大きいのが採れたらしい。 勿論放置農法。だったら、今年、ひょっとしたら巧く行くかも知れない。
    因みに浅間石、引っ越してきて最初の頃は買ってましたが、こういう知り合いができると買わないで済むケースも増えます。 地元の人と知り合いにあると、なにかと良いこと一杯あります!
    最後に、サニーレタスとサンチュを収穫して戻ってきた。




    ちょっと余裕があったので、写真の練習。
    上は F1/5.6 で、下は F1/8 だ。
    なんの練習をしたかというと、風景での奥行き感 だ。
    目で見ると大雑把に数えても5段くらい、木々の奥行きがあってとても綺麗なんですが、少しでもそれを写真でも表現したい。
    この日は、それが絞りでどのように変わるかをトライしてみた。
    ピントは真ん中少し右の盛り上がった木に合わせてある。 遠くに行くに従って緑は青くなるのは一緒ですが、ピントも少しボケるハズ。
    結論:小さな写真にすると、どれもあまり変わらない。
    大きくすると多少わかりますが、それよりも、暗くすると細部が良く見えなくなって、奥行き感がわかりにくくなりますね。

    3枚めはおまけ。 日が長くなった!

    夜は蕎麦だ。
    体力が残って無くて、適当に打ったらイマイチだった。 水の量、合計500g に対して、少し多めで 250ml 加えたんですが、足りなかった。

    軽井沢で盗聴

    盗聴器を仕掛けるなんて、都会だけの話かとおもっていたら、軽井沢でも結構あるみたいです。 気になる人は、中古別荘を買う時とかアパートを借りる時にはチェックしてもらったほうが良いかも知れません。
    お値段は、1回1万円+消費税らしい。ちょっとお高いですが。
    もし、ご入用なら業者さん、紹介します。メールで連絡ください。

    todo リスト

    • motoGP ルマン
    • 軽井沢紫煙会議
    • 読書、溜まってる
    • 畑にいく、草刈りがメイン
    • 薪運び
    • 庭の整備く
    • LD プレーヤーも破棄する(断捨離)
    • 畑の賃料支払にいく
    • 夏タイヤに交換する(私の車)
    そのうち
    • お隣りからいただいたカラ松を薪にする
    • 目立てしないと
    • 自転車の整備(クライマー)
    • 窓ガラスを綺麗にする
    • 離れの鴨居の裏の隙間を塞いだ発泡ウレタン、削る
    • 我が家の庭のモミの木も数本切って、もう少しスッキリさせる
    • ○○さんに自慢のスピーカを見せてもらう
    • 大家さんの自慢のスピーカを見せてもらう
    • 旧軽井沢案件、続き
    • 万座案件/草津案件、続き
    • メガネ屋さんに行くのはずっと後だ(混んでなさそうな時に)、困ってないし
    • サンルームを作る
    • 野積みしてある分の薪を軒下に移動する
    買い物
      特になし!

    2018/5/19(土)軽井沢日記

    天気は急激に回復して晴れた。目はもっと腫れた!

    紫煙会議には出た。
    午後の2時からなのに、2時にいくと、もうほとんどの人は来てて、始まってる。 私は大体その時間か、少し遅れていくので、いつも最後の方。
    軽井沢、普段は「軽井沢時間が流れていて」のーんびり、なのに、お通夜とか、地域の掃除とか、その時間に行ったらほとんど終わってる! ってこともあるので要注意。
    何れにせよ、都会人とは時間の使い方がかなり違います。
    で、今回は温泉の話で盛り上がっていた。

    軽井沢界隈の温泉

    温泉巡りしている人が、下仁田の 芹の湯 が汚いけれど、めちゃくちゃ良いと絶賛してた。そこまで絶賛されると、行ってみようか知らん?という気にはなる。
    車で30分くらいで行けます。
    ちょっと遠いけれど、磯部温泉の美人の湯も良いと話題にあがってた。
    因みに、軽井沢界隈の温泉では、一般的にはお湯は「春日温泉」が良いと言われてます。
    ちょっとそこいらの温泉とは違う。 軽井沢らしいお洒落な温泉といえば「トンボの湯」と思いますが、トンボの湯は温泉なはなんてことないし、高いしシーズン中は混んでいてお湯が汚いので、そういう時期は町民は余り行きません。
    ジジババはそれに、温泉から出たあと寝っ転がってゆっくりできないと温泉に入った気にならないらしい。 峠の湯 も復旧が終わってます。ここも、軽井沢町民には人気です。
    北軽、田沢湖の隣の つつじの湯 も最近人気上昇中!


    嫁さんと一緒に畑の様子を見に行った。
    凍死しそうになっていたイタリアントマトは生き返ったかも知れない。
    サツマイモが元気ない。
    辛味大根は目を出してきた。
    じゃがいもも少しだけ芽を出してきた。
    サンチュとサニーレタスを収穫してきた。
    帰りに D2 とコメリに寄って、嫁さんのお買い物。

    motoGP を観てたら、具合が悪くなった。 moto3 の予選中はパス。 motoGP は観たが moto2 の予選中は殆ど寝てた。

    減塩醤油

    私は減塩醤油は嫌いです。
    醤油は丸大豆で作った減塩してない濃い醤油の方が断然美味い。
    減塩醤油は醤油じゃないよ、と思うんですが、いただきもののがある。 で、仕方なく使ってみたんですが、醤油だと思うと不味い。 不味いというか、醤油じゃないよコレ、と思うんですが、醤油ドレッシングだと思うとこれはこれで行けるかも、と今日思った。不味いけれど。
    因みに、お塩も、箱の精製してつくった NaCl は不味いね。
    海水からつくった天然塩も、今じゃあ、海水、何が含まれているか分かったもんじゃない。 私はもっぱら岩塩です。

    不味いといえばドレッシング。
    私の味覚が変わってしまったのかも知れませんが、市販品のドレッシング。 以前はもっと美味かった気がする。 防腐剤の味でしょう、あれ。

    私の趣味はプログラミング

    ↑ なので、多少はそっち系の知識も多少ある。更に、 実際のエンジニアの人も知り合いには何名か居ます。 25年大学入試に「情報科目」追加 で、共通入試でプログラミングが入るらしい。
    ですが、そりゃあないだろ! と思う。

    最初に疑問に思うのは、プログラミングするには、少なくとも言語を指定される必要がありますが、はて、なんの言語で回答すれば良いんでしょうか?
    言語は流行りがどんどん変わる。
    ただ、以前の言語みたいに、言語が変わると文法もガラリと変わることがないので、 それは多少マシになっている。 将来はわかりませんが。

    ネットで調べると、現在プログラミングで使われている言語は Java が一番多いようです。
    何を隠そう私も幾つかのプログラム言語を知っている。
    忘れもしない、私が最初にプログラミングしたのは、大学の実験というか実習でだ。 パンチカードに出したりする奴ね。 駄目だこりゃ。ワケワカメで全く興味が持てませんでした。
    真面目に自分でプログラミングしたという意味では、カシオのプログラミング電卓だ。 このコンピュータの言語はカシオ独自のやつ。 その後、悪友たちに唆されて、自分のPC を手に入れて最初にやったのは、Basic、次が lisp と Z80 のアセンブラー(機械語)だ。 この辺りはいぜんお話したこともあると思う。
    で、数十年経つ。今や私は爺さん。

    Java は、私もちょろっと触ったことが私は良く知りません。
    試そうにも結構敷居が高い。
    以前はコンピュータの前に座って、簡単に試すことができましたが、Java だと Java の開発環境が分かってないと、実際にプログラミングするところまで辿り着けない。
    一番最近覚えた言語は python ですが、まだ良く使えませんが、 これなら入試でも使えるかも知れんとは思う。 これは、python がインストールされているコンピュータ上で 今回は python と入力すると、python が起動してプロンプトが出る。
    2 + 7 リターン、とかやると 9 とその場で表示される。
    Basic とか lisp と同じ、インタプリタ言語だ。

    でもな、まさか紙で書いて回答を提出すんじゃないでよね。
    コンピュータ上で実際にプログラミングするんだとしたら、プログラムを入力するツールも必要になる。このツール一般にはエディタと呼ばれてます。 ワープロだと、word と一太郎があるようなものだ。 ? 一太郎って、まだありますよね? 同じことをするにも、そのツールの使い方がかなり違っていて、なれてないとスムーズに作業が進まない。 エディタですが、一時は、emacs が流行った時期もあって違いが分かるプログラマを気取っていた人も居たみたいです。 私が使えるのは vi だ。この日記も vi で書いてます。
    入試でやるなら、Eclipse の標準エディタなんだろうか?
    この Eclipse ってのは、エディタも入ってますが、開発環境と呼ばれているものです。 先の Java はこの環境で開発するのが標準らしい。 Windows だと .NET ってのがあるらしいが、どちらもよく知りません。
    そう考えると、受験者の数だけ端末が用意してあって、開発環境が既にインストールしてあって、さあ、プログラミングしてください、って状態になっているなら、 入試のテストでも使えるかも知れん。
    Eclips くらいプログラミングを選択した生徒はそのくらい知っているだろうと。
    う〜、私じゃ受験できんか。

    もっと本質的な話をすると、アレ はIT技術者を増やすといってますが、 以前はこっち系の園児には、30歳だか35歳だか定年説があった。 技術革新が早すぎて、その進歩にエンジニアがついていけないからだ。 専門学校で COBL(私は触っこともなければ見たこともありませんが、昔は事務処理系のプログラミングで使われていたようだ) だけ覚えて入ってきたエンジニアは、多分、もうほとんど現役には残っていない。 同様に、今どきのプログラマに慣れた、それっぽい人を大量生産しても、直ぐに使えなくなると思う。 他方、この業種は3Kと呼ばれて久しい。 派遣で高プロとか呼ばれて、奴隷生活をしていたんじゃ、新しい技術がでても勉強する暇さえないと思う。
    他方で、高齢者プログラマも何人か存じ上げてます。
    彼らはプログラミングがどうこう言う前に、まず頭が良い。 明晰じゃないと、そもそも顧客がどういうものを要求しているのを理解するのに手間取ってしまう。 顧客の要求を理解し、現在の環境で実現可能なシステムへと設計し、実際にプログラミングしていく訳ですが、 それには、非常に柔軟な発想が要求される。 そういえば、以前知り合ったプログラマは早稲田の哲学科を出てた。
    実際のプログラミング能力よりも、そういう能力、基礎学力の方が大切だと思うぞ。

    そもそも、設計はともかくプログラミングは将来 AI がやるようになる、と言われてます。

    他方で、例えばあるものを順番に並べるのをソートと言いますが、ソートの方法にしても、私がプログラミングを始めたころは、なにもなかったので全部自分で書く必要があった。 バブルソートとか、プログラミングするのは簡単ですが、実行は効率がわるくて非常い遅い。 ところが、昨今は、個々のそういう機能というか部品は誰がつくった比較的高性能なものがものが既にある。 そういう部品の塊をライブラリーと呼びますが、 フリーのものは GitHub とういサイトに、登録されている。 よく使うものは、言語の中に組み込まれているものもある。 なので、最近のプログラミングは、実際にプログラムするんじゃなくて、こういうものを効率良くつかって、如何にプログラミングしないで済ませるか? というパラドキシカルな状況になっているとも聞きます。
    趣味ならゼロからつくって遊ぶことができても、商売でやるにはそれじゃあ、もう割に合わない時代にまで進歩してしまっているようです。 Google が GoogleMap を出してしまったので、日本のカーナビメーカーがこぞって撤退してのも同じだ。
    すると、求められる能力は、実際に自分でプログラミングする能力というよりは、ネットで検索して目的に敵うものがあれば、適当に切り貼りして組み上げる。 そういう能力の方が有難がられると思う。 2020 東京オリンピックの最初のロゴみたいに(これはバレちゃいましたが)、今はパクリ技術が重宝される。

    というのは、熱中してプログラミングしているとあっという間に時間が過ぎる。
    楽しいんだが、時間が足りなくなる。 TV ゲームもそうだといいますが、私はやらないので確たる事は言えません。 ということは、プログラミングしてもし良いものができたとして、良いものをつくるにはそれだけ費用がかかる、ってことだ。 AI でやるなら別かもしれませんが、人がやるとそう。
    昔は、一太郎は10万円くらいしましたが、それだけ開発費はかかるんだ。 ところが、一度できてしまえば、それをコピーするのはデジタルなので非常に簡単だ。 ほとんどただでできる。 数多く売れるとなると、割るその数で、1本当りの単価は安くなる。
    現在はそういう状況なので、アプリの1つ1つは安いので、簡単にモノができると誤解している人が多いが、開発自体は非常にコストがかかっている。 なので、もうこの世界は大資本じゃないと無理な状況まで来ている側面もある。

    他方で、全く全く違う動きもある。
    GitHub を紹介しましたが、ここには世界中のフリーなプログラムが登録してある。
    こちらの精神は、プログラムは全人類の共有資産だとかんがえる立場だ。 世界中のプログラマが集う、サロンのような感じにもなっている。

    話は戻って、入試でプログラミングって話ですが、 私にはとっても間抜けな話にしか見えない。 現代奴隷と呼ばれる派遣社員、プログラマの派遣社員を 高プロなんとかで、成果をのこしても帰さないブラック企業の要請に従って、大量に育成しようとしているとしか思えん。

    ネットの話題

    「セクハラ罪」存在せず 答弁書を閣議決定

    北への経済支援で 米国が日本に突き付ける200兆円の請求書
    蚊帳の中に入るのに、200兆円。今の日本、どこにそんなお金、あるんだよぉ。

    米国 輸入車に20%関税提案 厳しい排ガス規制も 、だそうで。
    鉄鋼とかアルミも日本は免税にならなかったばかりなのに。

    種苗法の改正で自家採種が原則禁止の方針。将来的に家庭菜園などにも影響か? って、前から言われてましたが、いよいよ来そうです。
    罰金1000万円 以下です。なんだよ、1000万円って?
    TPP の流れだ。 作物は、スーパーで買う値段が上がらなければいいや、と高をくくっている皆さん。 水道も民営化されますよぉ。軽自動車も廃止になりますよぉ。


    それでも支持し続ける人いるんですよね。

    ネットを見てると居る。明らかなネトウヨは別にしても、ぱっと見は普通の人でも支持している人がいる。
    思わず、マルクスを見直しちゃいます。
    その昔、プロレタリアートは、って言っても知らない人のために、奴隷のように富裕層から搾取されていた労働者ですが、彼らは共産革命を支持しました。 その結果、彼らの代表と呼ばれる一部の人は豊かに成りましたが、 一般労働者が豊かになったっか、ってなってませんよね。 もっと悲惨な状況になったがほとんどだ。 それでも支持しちゃう。
    今はグローバル主義なので、イデオロギーは全く違いますが、構図は全く一緒だ。

    オマイラ、そんなに抑圧されていたんかぁ。

    そのエネルギーは、自分の人生捨ててでも、それまで自分たちを迫害していたと感じる人たちに、向けられる。 その結果、革命後は、それまで普通に暮らしていた中産者階級は、もっとひどい目に遭う。
    ロシアの粛清や中国の文化大革命を見れば分かる。 数千万単位で人が迫害されたり殺されたりした。

    オマイラ、そんなに抑圧されていたんかぁ。
    って、実際に抑圧されているかどうかよりも、抑圧を感じている人が多いってことなんだ。
    世の中の良識人は知らないと思いますが、感じている人多いんだよ。
    この状況になっても、私は多少騒いでますが、騒いでない人が多い。
    良識人振って生きている。
    今騒いでない人たちは、友達が虐められていても助けなかった人たちだ。 なぜなら、今困っている人がいても見て見ぬふりをしているのがその証拠だ。 こういう人は、幼少時代から含めて、自分も他人からは助けられていないし、自分は一生懸命頑張ってこの地位まで来ているからだ。 今落ちこぼれるのは、駄目な人たちだからだ。 簡単に言うと、まだ破綻してないが、この人たちも抑圧された状態で生きてきたってことだ。 皆、無理して生きてきたんだよ。 良く言えば頑張りすぎたんだ。等身大で生きればよかったのに。 で、辛うじて、今の状況を保っている。 なので、こういう人が落ちこぼれてホントに困ると、まだ困っていない人を敵対視するようになる。
    この勢力が強くなると、残っている良識人もどちら側に付くか、判断を迫られる日がくるかも知れない。 今まで立場を固辞すれば、粛清の対象だ。 案外、こういう人は自分の身が危うくなると転向するのも早い。

    国民を虐めれば虐めるほど、虐める政権を国民は支持するようになる。
    分断政策、巧く機能しています。

    その状態から抜け出すには、それでも抜け出せるかどうかわかりませんが、 「普通の人」とのつながりがあると大分違う。 籠池さんが切られたのを見ても分かりますが、彼らのつながりは強くない。 自分が犠牲になるのが嫌なので繋がっているだけだ。 そういうつながりじゃなくて、人と人との「信頼」に基づくつながりだ。


    2018/5/18(金)軽井沢日記

    今日は22℃で、昨日よりずっと涼しいハズが、昨日よりもずっと蒸す。
    昨日の今頃は50%程度だったのに、今は80%だ。 朝方は100%だったみたいだ。

    ものもらいができそうだ。左目。
    私の田舎では「めいぼ」と言いますが。
    もともと醜い顔なので、見た目は気にしませんが痒い。

    motoGP ルマン

    FP1 マルケス、で FP2 ドヴィです。
    マルケスはいつものことで良くわかりませんが、今回はドヴィが速い!
    ドヴィが行きそうだなぁ。 YAMAHA も昨年の予選で1〜3位のグリッドを独占したらしいんのですが、確かに今回のFP をみていると YAMAHA のマシンはこのサーキットに合っているかもと思う。 ヴァレは、常に上位に居た。
    ロレンソがイマイチ。
    ドヴィはドゥカと再契約しました。
    SUZUKI もリンスと昨日契約更新のニュースが流れてました。 ということは、多分、ロレンソはスズキに移籍で、イアンノーネはアプレリアへ移籍だと推測する。

    ネットの話題

    国立大は規模縮小、学部再編を って、お友達の大学がさきでしょ?
    J.S.ミルの「大学教育について」には、冒頭に「大学は職業教育の場ではない」と書かれており、更に「大学は、生計を得るためのある特定の手段に人々を適応させるのに必要な知識を教えることを目的とはしていない」と続けている。大学を職業訓練校か何かと勘違いしている日本の政財界人こそ読むべきだ。 という呟きもあるが、こういう高尚な意見は アレ には無用。
    なにせ、必須科目を出席しないで教授が不可を付けたのに、卒業しちゃった御仁だ。 どうせ、文句も言わずよく働く派遣社員を育てること程度にしか理解してないと思う。 そんなことしても、要求される具体的スキルは時代とともに変わる。 直ぐに使い物にならなくなるのは、目に見えている。

    シェリングの学問論

    シェリングも「学問論」に於いて、大学の使命を「実利的な」考え方に対して、彼が明確に掲げたのが 「根源知の理念 Idee des Urwissens」の探究である、と述べたが、こういう知的面白さは彼には分からんと思う。
    因みに、シェリングはオートポイエーシスと相性が良く、学問論で言う所の「理念は物の心であり、物は理念の身体である。」は、前者がオートポイエーシスのシステム、後者がその構成素と考えると、すーっと言わんとしていることが入ってくる。

    余談だが、シェリングは良く知らない自然科学分野もいろいろ断言しちゃって、ゲーテから「お前もっとちゃんと勉強した方が良いよ!」とたしなめられたみたいだ。 ゲーテに言われたくないや、というニュートンを支持するの科学者の意見もあるが彼の「色彩論」は有名だ。 あの色相環は、ゲーテの発明。 あれ、心的には連続に変化していくんですが、波長的には無関係ってやつ。

    ゲーテは確かに凄い人だと思う。良い意味での Mr.ヨーロッパ みたいな人だ。 で、ゲーテというと、既に有名になっていたゲーテがはじめて聴いて平静を保っていたが、内心穏やかならぬ気持ちにさせられて「誰だ、この音楽を作った奴は?」と内緒で友達に訊いたという逸話は忘れられない。 ベートーベンの運命を聴いた時な。 20歳くらいベートーベンの方が若くて、ゲーテは自分の方がエラいと思っていたかどうかは知らんが。 後日、二人が散歩してたときルドルフ大公が通りかかった。 ゲーテは道を開け、脱帽して敬礼して見送ったが、ベートーベンはなにもせず、逆にルドルフ大公から挨拶された。 それまでも波長が合わなかったゲーテとベートーベンは、この事件をきっかけにもっと仲が悪くなったというのはさもありなん、という気もする。 でもな、ルドルフ大公はベートーベンのピアノの弟子だったので、弟子が先生に挨拶するのは当然って話もある。
    で、いつも無礼で威張っていると思われるベートーベンですが、ホントは結構女々しい。嘘だと思うなら、彼の音楽を聞いてみな。 第9の2楽章とか。 それに純情。 ピアノ・ソナタ29番「ハンマークラヴィーア」とか、胸キュンだよ。
    分からんのは良しとしても、田中角栄は中卒で学問もそうだが、芸術とか文化とかの理解が十分にはなかったも知れんが、尊重した。 ところが、ハシゲもそうだが、こういう輩は尊重もしない。
    尊重するどころか「壊し」にかかっている。 大阪では大阪フィルも文楽もひどい目にあったのは記憶に新しい。
    尊重しないでも良いからそっとしておけよ、とも思うが彼らは「壊し」にかかる。
    なぜそこまでやる?
    予算をカットするという実利もあるが、それだけじゃない。 これは、私が思うに 5/8 にも書いたが、彼らの幼児から大人になるまでの体験が影響していると思う。 バカだ、バカだと言われすぎたんだよ。 なので、自分が理解できないもの、これまで自分を否定してきたものたちへの、ブーメラン否定なんだと思う。 問題が解けるようになるわけじゃないんだが、解けない自分を否定した教師を否定することで、学問のシステムを壊すことで、ホントはそんなことをやっても、それまでの抑圧が開放されているわけじゃないんだが、開放のその屈折した疑似体験にはなっている。 それを見て、またおバカな人達が喜ぶ、という構図だ。
    教師の責任も大きいな。 マトモな先生に出会えなかった子どもたちの悲劇の一例だと思う。
    簡単に言うと、角栄には中卒でも学問に対するコンプレックスはなかったが、アレ は一応大学は出ているがコンプレックスがあるんだと思う。 なので、猿になってニッキョーソ!と指差しして叫ぶ。

    知的好奇心

    世の中、何が面白いと言って、面白いものは多々あるが、知的な面白さほど面白いものは他にそうそうない。 なにかを勉強して(屈辱の元で勉強させられるなじゃんくて、自ら)、身につけるということは、それまで出来なかったことができるようになること。つまり自我の能力を拡大することだ。 頭の善し悪しは関係ない。自分のペースで自分なりにやれば良い。 これは、人が持つ本質的な喜びの1つなのに、勿体無い。勿体無い、勿体無い。
    これから育つ人たちから、そういう機会を奪うとうことにもなる。 ひいては、国力が下がっていくのは目に見えているが、これも先読み禁止マナーか? また、くだらない精神論を振り回す時代に逆戻りだ。

    子供の居る家庭では、家庭でも禁煙 って、じゃあ、どこで吸えば良いだよぉ。
    愛煙家の皆さん、軽井沢に移住しましょう!
    私が子供のころはあんなに吸っていたのが、このザマだ。 で、肺がんとやらは減ったんかい?
    禁煙の屁理屈、アレ の屁理屈と同根だと思うが、アレ の屁理屈は見破れても、こちらはそうじゃない人がまだ多い。 以下に自分の頭で考えないか、ってことだ。
    もう、いちいち反論するのもかったるくなってきた。
    2つだけ証拠を上げておく。
    • 喫煙が増えると同時に反比例して増えたのが鬱病、な。
    • 自殺者には、喫煙者が極端に少ない。
    嘘だ!と思う人は、自分で調べてみるように。

    共感性

    現代ビジネスの 麻生大臣が致命的な「問題発言」を繰り返す理由が分かった という記事ですが、私は全然理解できない。 というか、違うと思う。

    繰り返す理由は私も不思議だった。
    不思議に思った人も多かったみたいで、皆さんいろいろ呟いてましたが、最終的には目的はともかく「わざとやっている」という方向に収束しつつあった。 普通の人からは顰蹙をかい、これを見ている国民の中にはモラル・ハザードを起こす人もいるだろう。にもかかわらず、恣意的にやっていると。
    「頭が悪い」にしても、それが理由なら悪すぎる。そうじゃなくて、延々やり続けるには、理由があるにちがいないと。
    この著者も不思議に思ったんでしょう。 で、理由が分かったとあるので興味をもって読んでみた。
    この記事はワザとではなくて、共感性の欠如でそうなる、という概要だ。
    以下、私の見解を述べる。

    「セクハラ罪はない」という発言であるが、その後しぶしぶ謝罪したものの、当初は批判を受けても、本人は「事実を述べただけ」と強弁を続けていた。ここにも共感性の欠如は如実に現れている。 たしかに事実を述べただけかもしれないが、それに対して受け取った人がどう感じるかという視点がまったく抜け落ちているのである。
    「受け取った人がどう感じるかという視点がまったく抜け落ちている」等と言われると、他人事じゃない!

    解説:単なる事実なら、敢えて口に出して言うほどのことでもない。
    「セクハラ罪はない」というのは、もっと分かりやすい言葉でいうと「この程度で大騒ぎするな!」と言っているんです。 被害者を含め、大騒ぎしている人と真っ向対立している。
    セクハラ行為も含め、受け取った人の感じ方が可怪しいと彼は言ってる。
    彼にしてみれば、それは大したことじゃない。
    なぜなら、彼には共感性がないからだ、とつなげる。

    共感性

  • 認知的共感性
  • 相手の気持ちを頭で理解することのできる能力を言う
  • 情緒的共感性
  • これは、相手の心情を頭で理解するだけではなく、それを追体験し、同じように感じ取る能力のことである
    解説:記事では、彼はこの療法が欠如してると述べているが、私はそうは思わない。 認知的共感性なんか、誰でも分かっている。
    逆に、情緒的共感性は危険な側面もある。
    例えば、自殺に追い込まれたしまった人や犯罪を犯すしかない状況に追い込まれた人と共感するとして、後者の場合は自分もそういう状況に追い込まれかねない。 精神病の医者が狂った人と接しているうちに自分も狂ってしまうのと一緒だ。 たとえ、セクハラ被害者の被害感情だとしても、私はリアルに共感したくない。

    共感性の欠如の原因

  • 認知的共感性
  • これは成長とともに、親のしつけや教育、友人関係などのなかで「学習」していくものだ。これが、「理性的な関所」となって、自分の発言をチェックするように働く。
    そもそもこのようなしつけや教育がなされていないケースもある。
  • 情緒的共感性
  • 脳の部位に何らかの異常や機能不全があったとき
    反論:筆者は前者を理性的なもの、後者を感情を伴うものとして関連付けようとしているように見える。
    これを見る限り、前者は共感性と名前が付いてますが、共感とは無関係と思う。 学習は動物どころか、プラナリアでもする。 もっと微生物でも観測されている。 例えば、子供のころ遊びにくる野良が居て、ダンボールをかぶせると思いっきりジャンブするのが楽しくてくる度に被せてた。 私は一緒に遊んでいたつもりですが、彼は嫌だったみたい。 行くと、ダンボールを被せられるのを学習してそのうち来なくなった。 私は来てほしかったのに、彼は私の気持ちに全く共感してない。
    それに学習する場はどこにでもある。
    むしろ家庭や学校で厳しくしつけると、心が歪む。 セクハラするような大人になる可能性はこっちのほうが高い。

    共感性が育つしくみ

    子どもが誰かを傷つける言動をした場合、親や教師から叱責を受ける。また、友達仲間から非難されたり、相手に泣かれたりすることもある。

    こうした場合、本人は少なからず動揺する。また、強く叱責されると、心臓の鼓動が高まり、大きな恐怖や不安を抱く。

    このように、自分の言動によって、ネガティブな結果が伴うと、以後、その言動を慎むようになる。

    これが、基本的な人間行動の原理であり、「学習」と呼ばれるプロセスである。つまり、失敗から学んで思慮分別のある大人になっていく。
    反論:これは両方に関係するものの、主に情緒的共感性の方への誘導だ。
    だいたい、恐怖を感じるほど強く叱責すると、あまり良い影響は残さない。 先に述べたが、逆に心が歪む。 もしくは、反発を招く。
    これで、共感性が育つ人がいるなら、見てみたい。
    説明端折り過ぎ。
    猿は多少痛い目に合っても、何度でもやってきますが、人はもう少し賢い。 普通は、失敗したら、次はもっと巧くやろうと思うだけだ。 失敗から学んでも、共感性が育つとは限らない。

    もし、そこで共感性が育つとしたら、相手の気持ちに気づくことだ。
    上面の気持ちじゃなくて、もう少し深いところの、もしかしたらその人も気がついてないかも知れませんが、真意みたいなものだ。 切なる思いだ。その思いが、共鳴して私にも伝わる時、私はその人を理解する。 理解が伴わなければ、それでも「なんか知らんが、こうやるとアイツは嫌がる」程度は分かるので、次の行動は違ってくるかもしれないので学習には違いないが、それって共感性が育ったとは言い難い状況だ。

    肝心なのは、このとき、自分の予想と反した反応をしている人に対して、 こちらが、AかBかみたいな、こちら側の基準を押し付けて迫っても、相手の真意は見えてこない。
    出来なくて泣いてる子に「あなたは駄目な子? それとも頑張りやさん?」などと迫って、大体は見放されたくないので後者を答えると思いますが「なら、もっと頑張りなさい」などと言ってみな。 その子は、決して本心をあなたには明かさなくなる。
    そうじゃなくて、相手の言葉でもなんでも良いのですが表現で、伝えてもらう。 その時こちらは、シーンと波一つない澄み切った水面のような心でそれを聞く。 耳を傾ける。運が良ければ、彼が訴えたいことが水面に波紋として現れて理解できるかも知れない。

    さらに続きます。

    このプロセスで重要なことは、不適切な言動は、心拍の増加や不安感情などとペアになって学習されるということである。

    したがって、そのあと、同様の言動が頭に浮かんだとき、心拍が増加し、不安を抱くので、それが行動のブレーキとなる。つまり、それが「感情的な関所」として働くようになる。

    われわれが、他人を傷つける言動を慎むのは、頭で「いけない」とわかっているからという理由(理性的な関所)もあるが、そのような言動をすることに対する不快感や不安のような感情が作動するから(情緒的な関所)でもある。

    かつて、われわれの正しい判断には、理性的で冷静な脳の働きが重要で、感情はそれらの邪魔をするものだととらえられていた。

    しかし、ポルトガルの神経科学者アントニオ・ダマシオは、人間の行動には、「感情に基づく判断」も重要な役割を果たすと考え、これを「ソマティック・マーカー(生理的信号)仮説」と呼んだ。

    われわれが、他人を傷つけるような言動に出ようとしたとき、不安や心拍亢進のような生理的信号が生起し、それがブレーキとなる。

    しかし、前述の眼窩部や扁桃体、あるいは心拍などを調節する自律神経系の機能異常がある場合は、これらが適切に働かない。

    すると、何のためらいもなく、無配慮で相手を平然と傷つける言動を繰り返すことになる。これは、うっかりによる「失言」とは質が違う。

    そして、そのことで失敗をしたり、周りから誹りを受けたりしても、感情的な動きが伴わないので、学習できずに、同じことを懲りもせずに繰り返してしまう。つまり、このタイプは失敗から学べないので、治らない
    私が大好きなダマシオも引用しながら「感情」の役割を説く。
    この著者は勉強やさんですね。

    これからの「正義」について

    これからの「正義」の話をするとき、「感情的正義感」という概念は、間違いなく重要なキーワードになってくるだろう。
    反論:感情を伴わない「感動」なんかありえないように、 感情が、現代の重要な1つのキーワードなのは間違いない。 激しく同意するが、されど「感情豊かな」のと「感情的になる」のは違う。
    ネトウヨなんか、正に後者だ。
    専門は、臨床心理学、犯罪心理学らしいが、なんだこんなものか。

    2018/5/17(木)軽井沢日記

    くもり空です。
    今日も昨日と気温は大差ないんですが、これまでよりはずっと蒸し暑い。

    西城秀樹が亡くなったようです。
    謹んでお悔やみ申し上げます。
    別にファンでもなんでもないのですが、世代が近いので、そういう話を聞くと少しさびしく感じます。
    在日の方ですよね。 大学の学友、在日の方だったんですが、教えてくれた。 女性だったんですが、韓国だか朝鮮のこと、いろいろ教えて暮れた。
    それまでは、日本であんなに多くの在日の方が活躍されているなんて全く知らなかった。 他にも、○○さんも、○○さん、... と延々居て、へ〜って思った記憶がある。 そうだよなぁ、日本人なら芸能人なんか、というか(芸能人に限らず)有名人になんか成りたくないよなぁ。 目立たず、普通に暮らして、安心して仕事や子育てに精進したいと思うのが日本人と思う。
    私は全く偏見はないが、違いは感じる。 彼らも何世代を経て、いろいろ分かってくると日本人になる。 軽井沢には台湾や中国の人も多いが、彼らもそう。 直ぐには無理でも、そのうち日本人になる。 日本人になれば、そう思うようになって行くと思う。
    それが私の知る「日本人」。
    「原罪」という業をもって生まれた西欧人は、アジア系と比べると、ちょっと敷居が高いかも知れない。

    昨日、○さんとお話ししてたら、○さんも苗、枯らしちゃったみたいだ。
    かぼちゃとか。 桜も例年より1週間以上早く咲いて、今年は大丈夫だろうと安心して、苗一杯植えてしまったみたいだ。 ところがどっこい、連休後半と、その次の週で2度も氷点下があった。 暑いんだか、寒いんだか、天気変だよ!
    ○さんは延々と農作物を作るので「また苗が余ったら頂戴!」と都合のよいお願いをしておいた。

    祝・軽井沢書店、開店




    モトテカのマーちゃんが軽井沢にも書店をオープンしてくれた!
    場所はデリシア(以前のマツヤ)の隣で、以前は「平安堂書店」だった建物だ。
    今度は、カフェ併設の本屋さんだ。 今日は内覧会で、珈琲をただで飲んできた。
    雑誌も一冊買いましたが、本屋に行くと散財する。

    カフェも併設というので、本の数が少なくなると嫌だなと思っていたら、以前とそんなに変わらない。というのは、1つはビデオコーナーが極端に小さくなったからだ。 裏の倉庫との壁を移動して倉庫を狭めたのかと思ったんですが、そいうじゃないって。 レイアウト的に見通せるようになったので広く感じるみたいだ。
    以前のモトテカはどーすんだよぉ、と皆さん質問してましたが、イベント会場として残すようです。

    専門書は少ないかな。
    専門書に含まれますが、数学とか物理の理学書も少ない。 コンピュータの本もほとんどない。 古典的な哲学書もない。ただ、こう生きれば成功します系の本はある。 以前は洋書も多少あったんですが、ない。
    料理とか軽井沢っぽい本は充実してます。
    例えば、写真3枚めは「遊歩大全」だ。
    コーリン・フレッチャーのコヒーレント本だ。
    私は初版本を持っている。 廃盤になって、値上がりしてたんですが、再販された奴。 以前は上下巻の2冊組だったんですが、分厚い1冊に変わってました。
    小さな本屋の割には、お洒落で質の高い本があるのかも知れません。

    今日は内覧会で、軽井沢でもどちらかというと意識高い系の人が多かったんで、 私の知り合いは居ないかと思っていたら、挨拶された。
    どなた? と思ってみたら、以前の平安堂の店長さんだ!
    わーい!、懐かしくなって暫く立ち話をしてしまいました。
    以前は客と店員という立場だったので、そうそう長い間、お話しすることもなかったんですが、今日はいろいろと興味深い話も聞けた。 軽井沢の平安堂が閉店になって、今どうされているのかと思ったら、今は佐久のインターウェイブの平安堂に異動になって(それ以前は別の平安堂)、そこにいらっしゃるようです。

    ともあれ、文盲都市、じゃない街からはこれで脱出です!
    よかった、良かった、とは言え、お小遣いがちょっと心配。
    今日はただで珈琲が飲めるというので多かったのかも知れませんが、お客さんが多くて店内は暑かった。

    F1

    バルセロナテストですが、ホンダさん、新しいエンジンを試すような噂もあったんですが、 昨日のトラブル で時間をロス。ちょっと無理かも状態。 本番投入はカナダと言われてましたが、今回のテストに出そうとしたのはレッドブルからの要請だな。 ルノーは5月中に返事をしろ!と言われてたみたいだ。 ですが、今日のニュースでもう少し後でも良いとか、微妙に変化してきてる。

    昨年まではホンダをスケープゴートにしていたマクラーレンですが、ルノーエンジンに変えた今年もイマイチ、イマニで、とうとうティム・ゴスが解任されました。 ハイダウンフォース(ハイドラッグ)を進めてきた張本人だ。 同じエンジンを使うレッド・ブルに2秒近く離されますからねぇ。 そこで終りにならずに、 エリック・ブーリエにまでお鉢が回って 来そうな雰囲気。
    CEO のザック・ブラウンとエリック・ブーリエのコンビは、関西の漫才みたいで面白いので是非もう少しでも頑張ってください。 もっとも私がマクラーレンのオーナーならとっくに変えているというか、リーダにしない。

    未だにオイルを燃しているとの噂の高いフェラーリーですが、 確かに煙は凄いらしくて、写真は一杯でている。 今度は、 センサーをバイパスすることでバッテリーで許容されている4MJ以上のエネルギーを得ている可能性があり、それによって20馬力の利益を得ていた という疑惑が。 彼奴等、なんでもやるので、やっていたかも知れん。 今年のフェラーリーエンジン、というはパワーユニットですが、の出力はメルセデスを超えたかも知れないと言われてましたが、こーいうことをやっていたんだぁ。

    他方、F1 では後を追っているホンダさんですが、そこで得た技術、ここでは副室燃焼云々とありますから、TJI 系の技術だと思いますが、 ここ を見ると、もうスーパGT のNSX のエンジンに応用して使っているみたいです。 マツダも HCCI のエンジンを出すと言ってますし、市販車に応用されるのは以外に近いと思う。

    ネットの話題

    とうとう表のマスコミにも出ました ネットであおられ弁護士2人に懲戒請求4千件 提訴方針 ですが、青くなって若いに応じた人の年齢層は意外にも中高年がおおかったみたい。 『これで日本が良くなると思った』『時代を変えられると思った』と口々に話しているみたいですが、お寒い限り。
    それでも、和解に応じない若い奴らよりは多少マシかも。 若い奴らは「徹底無視しろ!」とか言われますから、それに従うんだろうか?
    訴えられれば本人の名前が晒されるどころか、親兄弟の名前も勝手につかったりしてているみたい。親兄弟の名前も晒されます。

    イスラエルの戦争は相変わらずスルーが多い。
    イランとはシリアに面した北側ですが、南側ではハマスも参戦するみたいです。
    武器を持たないパレスチナ人も蜂起してます。 タイヤを燃して煙幕にしてますが、一方的に殺されてます。 ところが彼らは自分の命は惜しくない。 自分達がこうやって戦えば、次世代も続いてくれると信じている。 イスラエルに残っているイスラエル人、不安だと思う。 私の知っている人のお姉さんの旦那さんがイスラエル人です。 日本の親戚は日本に呼び寄せようとしましたが、彼らは紛争を恐れて出国することは出来ないみたいだ。因果な国民です。
    ネタニヤフはトランプに食わされたんだよ、という見方があありますが、私もそう思う。


    2018/5/16(水)軽井沢日記

    今日も晴天軽井沢。気温は28℃くらまで上がってますが、とっても気持ち良いです。

    今日も玉切りを少しやった。チェンが切れなくなってきたので明日の為に目立てをしておいた。

    ネットの話題

    「日本人よ誇りを持て」  日本の高校生を泣かせた、92歳マハティール首相のスピーチだ。

    『タクシー運転手 約束は海を越えて』 が、ネット上では異常に盛り上がってます。
    最初ロバート・デ・ニーロのモヒカンの映画か? と思ったら、そうじゃなくて韓国の映画みたいだ。とても評判が良い。
    すこぶる良い。
    プロモーションで無理やり盛り上げるでもなく、これだけ盛り上がった映画は近年珍しい。
    wowow だと、放送されるのは公開が終わって、早くとも半年後だ。 久しぶりに映画館まで観に行こうか知らん?

    そもそもそういう人なのだ

    松尾貴史のちょっと違和感 酒でおかしくなる? そもそもそういう人なのだ って件ですが、途中まで賛同できても最後は私、違う意見を持っている。
    お酒を呑むと人格が変わってしまう人の話だ。 松尾氏はそもそもそういう人だ、と言ってますが、これは「人格は1つという前提」があるからそうなる。 1つだと仮定するとどっちがその人だ? となって、普段は見せないその姿がそもそもその人だとなるのも分かる。 しかし、人は複数の人格を持ち得る ことを認めてしまえば、もっとずっと簡単になる。 どちらもその人で、そういう人格も持ち合わせていた、となって、そもそもそういう人だ、みたいな強いニュアンスは必要なくなる。

    あの人は人格者だ、という場合の人格の言葉遣いには、明らかに人格は1つを想定している。
    それに対して、ルーマンの用語での人格は、単に1連なりの行動様式(オートポイエーシス)を言う。
    医者なら、患者の前では医者としての人格。家に変えれば、良きお父さんの人格。 友人には「煙草と肺がんなんて関係ないよ」と友人の人格。 近隣の人に対しては、常識人としての人格。 愛人の前では、それなりの人格。
    それぞれ複数の人格がある。

    複数の人格を認めてしまった方が、ずっと話は簡単になる。
    ここで肝心なのは、それぞれが連続的に推移できるかどうかだ。
    全体として1つとみなされるくらい、連続的に推移していれば、私の言葉だと「統合者」 ですが、良くまとまっていたら、いわゆる「人格者」ということになります。
    お酒を呑んで出てくる人格が、普段とは違う人格なら明らかに統合されていないことが分かる。 この言い回しで言うと、お酒を呑んで普段とは違う人格が出るのは、その人格が表の人格と統合されていないからだ、ということになる。 そこには、別にそれが本来のその人というニュアンスは不要だ。
    私には、本来のその人というより、その思いを統合できずに困っているのがそ、現時点でのその人のように見える。困っていなければ、隠すこともない。

    そもそも、冷静に観察すると、それほど連続なわけでもない。
    連続な人はほとんど居ない。
    されど、それぞれの人格の間で不都合を起こすことも普段の生活ではあまりない。
    これが普通の姿ではなかろうか?

    ところが、例えば、職場でいじめられたり、上司が相性の悪い人に変わったり、なにか問題が起きて追い込まれると、不整合が目立ち始める。 もし、統合していたとしたら、そういう目にあったとしても、対応はもっとシンプルだ。 どうするかはともかく、その人なりの対応になる。追い込まれない。 不整合があると、それぞれの人格が主張する対応方法が違う場合がある。 それを統合できなければ、人の身は1つだ。行動できなくなって失調を起こす。 これが私が考える統合失調症だ(公式な統合失調症とは関係ありません)。最近は真面目に診断されることもなく直ぐに「鬱病」と診断されて薬を盛られますが、別に精神病というほど精神病じゃなくて、単にそれぞれの人格の間で不整合を起こしているだけだ。

    以前、私は「発症しない統合失調症」と呼んでましたが、考えを改めます。 そもそも追い込まれなければ、そうそう発症しない。 統合している人の方が圧倒的に少ない。 良くみたら、ほとんどの人は複数の人格を統合しないまま持ち合わせている。 適当に切り替えて使ってますが、普段はそうそう失調しない。 普通のこの状態の人は、誰でも追い込まれると発症する。

    ホントに発症しない人がいる。
    名前がついていて「サイコパス」と呼ばれてます。
    あまりいいイメージでは用いられませんが、犯罪者とは限らない。 企業のトップとか弁護士、芸能人、...一般に優れている人に多い。
    参考: サイコパスが多い職業トップ10! サイコパスが少ない職業トップ10!
    どうすればサイコパスになれるか?
    上の理屈が合っていれば、複数の人格を持つのは前提ですが、それぞれの間に不整合を起こしても、無関心でいられる能力(機能)が必要です。

    喩え話

    「詰んでいるのに認めない」とか、現状の異常事態をいろいろ喩えてます。
    認めさせるのは、軽井沢的には猿に人里におりちゃ駄目だ!ってことを教えることかな。 ましてや、立憲主義なんか理解できる訳がない。


    2018/5/15(火)軽井沢日記

    晴天です。
    気温は午後2時頃に24℃まで上がったみたいですが、非常に気持ちが良く過ごしやすいです。
    私は今朝は、お隣から頂いたカラマツの玉切りを少しだけやってから出勤した。
    一番太いところで年輪を数えたら、70歳くらいと思う。
    成長は一定ではなく、ある年の年輪の箇所が内部でそれ以外と年と比較して剥がれ易くなっていたみたいだ。そこから内部で剥がれて、幹全体として応力を吸収できなくなって折れた!

    昨日は猿が来ていたので、夜鳥の餌はなし。
    夜鳥にしてみたら良い迷惑。
    今日はやった。 といっても、もう来る夜鳥は少ないのでやってもホンの少し。
    ず〜っと待たれると、可哀想でついやってしまう。
    で、以前、鳩の餌はやらずにひまわりだけやっていた時があった。
    そしたら、ひまわりの種を食う山鳩がくるようになった。 少し小柄なんですが、そいつは鳩の癖にひまわりの種を食う。 今日も真っ先に来た。両方の餌があったのに、ひまわりを食う。 不思議な鳩さんだ。

    熊笹の花がまた咲いた





    我が家のバカ犬は、脳梗塞を興して以来、私とは散歩に行きたがらない。 なんでか知らんが、そう「固く決意」してしまったみたいだ。 で、嫁さんが散歩しているときに見つけた、笹の花。 昨年とは別の場所の笹ですが、また咲きました。
    4枚めが昨年咲いた場所で、この場所の笹は現在ほとんど全部枯れてます。 脇には新しい芽が出始めてますが。

    で知らんかったんですが、熊笹の花が咲いたあと笹の実ができるらしい。 えらく不味いらしいが、食えないことはない。栄養価は高い、ホントか?
    別名「野麦」と言うらしい。野麦峠の野麦だ。
    そこまで言われると食わない手はない。巧く実がなったら食ってみる。

    AuDePart

    軽井沢駅にある AU DEPART (オーデパール) にランチを食いに行ってみた。
    値段は普通。私が食したのはサラダプレート・ランチ
    私、サラダ大好き! 大盛りを注文すれば良かった!
    おや?どうしたの。 一人じゃこんなところに行きませんが、越してきて直ぐに知り合った人からのお誘いで一緒してみた。そこそこお洒落で、値段も高くないし、宜しいんじゃないでしょうか?
    そもそも、住んじゃうとあまり出かけない。
    新鮮で美味しい食材が一杯手に入るので、自分で作って食っても都会とは段違い。 出かけるのは、友達が訪ねてきた時に一緒するとか、なにか特別なことがないとほとんど出かけない。そもそも軽井沢の値段は高いし、混んでいる時なんか絶対に行きたくない。 このお店もできたことは知ってましたが、メインはワインバー。 私は呑めないのでこれまで全く縁がありませんでしたが、普通のカフェもランチもやっていた!
    あ相手していただいた人も移住者ですが、TV出演多数、今では軽井沢を代表する有名人。 迷惑がかかるといけないので、しょーがない、半スボンとTシャツはやめて、長ズボンと上着も持参して、その間だけ着替えて行った。暑かった!

    話は逸れますが、ってこっちが主題ですが、その街がどれだけ楽しくなるか?は、どれだけ楽しい人と知り合うか、だ。 軽井沢は楽しい人が多い。それに、徹底的に違うのは、都会だと自分の身分以外の人とはそうそう出会えませんが、軽井沢だと出会える機会がある。 出会えたから即知り合いになれるとは限りませんが、都会ではほぼ可能性0%のことが、軽井沢では起きる。 なんども言うが軽井沢は不思議で、楽しい街です。


    2018/5/14(月)軽井沢日記

    今朝は、久しぶりに猿がきていた。 猿追いの人が追っ払ってくれましたが、暫く屋根の上でどんどんやっていた。 出社するとき見たら、脚立がひっくり返っていた。その他の被害はまだ調査していない。 西側の軒下の薪は平気だったみたいだ。



    最近野鳥を撮らないのは、ガラスが汚いからだ。 餌代とガラスはそんなに離れていないので、ピントがあうとガラスの汚れが目立つ(ガラス、掃除しろよ > 自分)。
    これは珍しく夕方にリスさんが来たときの写真。
    夜鳥さん、最近はあまり餌に困ってないみたいで数が減った。 なので、夕方までひまわりの種が残っている場合がある。

    今の時期、緑は新緑でとても綺麗です。
    緑のカーテン、心が洗われる感じがします。
    こんな所、ホンモノのカーテンする人の気が知れん。
    こちら側は下の通りまで我が家の土地なので、お隣りさんができる心配はない。
    軽井沢に住むなら景色も大切だ。 別荘も通りに面した側は、窓が少なくても、逆側は景色を楽しむための大きな窓の作りになっているお宅が多い。 で、浅間が見える作りの別荘もありますが、浅間がよく見えるってことは、浅間降ろしが吹き付けるってことで、それなりの断熱で暖かい作りにしておく必要があります。
    作りかけの3角形のテーブルですが、仕上げは嫁さんが決める!といったっきり進んでません(彼女、忙しい人で)。でも、使っている毎日。木が乾燥してきたので、先日裏のナットを閉め直しておいた。
    椅子は、先日頂いた alfrex の革張りビンテージモノだ。 随分しっかりした座り心地です。 ですが、短足の私には少し高い。それに座面はもう少し奥行きがあった方が嬉しい。
    左に見えているビニール袋にはいった瓶は、○○さんが作った完全100%蜂蜜だ。 もう残り少ない。

    F1 カタロニア

    タイミングモニタを起動したら、もうガスリーは stop してた。
    ハートレーは、一発の速さはないものの着実にいい仕事しました。 ペケからスタートして、12位でした。もう少しレースがあれば、10位以内に入れたかも知れません。 でも、前日のクラッシュは余計でしが。エンジン一式ボツいしてしまいました。
    次はモナコだ(5/27)。
    モナコはエンジンではパワーはそれほど重要ではないコース。 それよりもドライバビリティの方が重要視されます。 シャシーの性能もモロにでる。 これまでとは違う展開が望めます。
    どうなるか、見てみよう、って2周間後ですが。

    それより今週末は、motoGP ルマンだ。
    ザルコのホームGP です。 ザルコといえば、ヤマハのサテライトチームなのにワークスのロッシやヴィニャーレスより速い。昨年からですが。 で、現在ランキング2位だ。ところがザルコのマネージャーによれば、ヤマハのザルコの道はロッシが閉ざしたらしい。 う〜む、ロッシならやりかねない。
    ロッシは、motoGP 界で最年長ですが、アイドルでレジェンドです。 数々の偉業を成し遂げて、世界中にファンが居ます。一番の人気ライダーです。
    何がそんなに人気なんだろうと考えると、
    偉業はともかく、人間的なんですよね。偉ぶらない。 偉ぶらないどころか、セコいこともする。 更に、白人には黄色人種を見下す人が多いですが、ロッシはそうじゃない。 ノリック(阿部典史)と仲がよいのは有名です。 ロッシが若いときには、速い日本人ライダーが多かった。 ロッシはそんな日本人ライダーとも気さくに話しかけ、仲良くなって教えを乞うた。 イタリア人ですが、イタリア以外にも、世界中に彼のファンがお多い。
    更に、柔軟性もある。
    ほとんどもう塗り替えるのが不可能じゃないかと思えるくらいの実績を残しているのに、 若い人に対しても、偉ぶらない。 自分のスタイルにも固執しない。 年齢的には完全にピークを過ぎてますが、現在の若い速いライダーをスタイルを真似て学習し自分のものにしてゆく。まだまだ進化しているのがロッシだ。
    顔を見ると分かるがまだ幼い顔をしている。普通、これだけの実績を残し、あの歳になるともっと威厳のある顔になるもんだ。 ケニーロバーツなんか、もっと若かったが威厳があった。なのでキング・ケニーとよばれてましたが。 もっとも彼の若い時は、お猿さんのような人間離れした顔をしていた。 なので、今の顔をその時と比べると、ずっと人間ぽくなってきてはいるんですが。
    でもな、冷静に判断するとセッティング能力はあるが、開発能力はあまりないと思う。 セッティングもチーフメカニックのジェレミー・バージェスが大きいのかも知れない。
    ところがそれとは違う次元の問題で、そもそもどういうバイクを創り上げるか? という問題がある。
    バイクは、F1 よりももっとずっと、運転者の感性に訴える部分が重要な乗り物だ。
    この現状を理解し分析し、次、どういうバイクが必要なのかを提案しメカニックと一緒になって創っていく力は十分じゃないように思う。 自分がトップの時はそれほど良い成績を残していない。 ホンダ時代も蔑ろにされたビアッジの意見の方が正しかったことが後日判明された。 YAMAHA で速かった時には、常にロレンソが居た。
    ロレンソは基本に忠実なバイクを創り上げる。 ロレンソが作り上げたバイクは、誰が乗ってもそこそこ速い。 マルケスが創り上げるバイクは他のライダーは乗れない場合が多いのですが、それとは対照的だ。
    YAMAHA 機を独り占めしようとしたロッシはロレンソを追い出しには成功したが、その後、YAMAHA は昨年からず〜っと低迷している。 片や、ロレンソを迎い入れたドゥカは、ロレンソ効果で昨年からチャンピョン争いに加わった。当の本人、ロレンソは体力が足りずに昨年は最後まで走り切ることはすくなかったんですが。

    寒さでやられた苗の写真を掲載しておく

    霜が降りるともっと真っ黒になるんですが、今回は微妙。
    左から、かぼちゃ、ズッキーニ、イタリアン・トマト、ナス、ピーマンだ。
    芽が残っているのは、生き残るかも知れませんが、そうじゃないのは枯れる。
    2018/5/13(日)軽井沢日記

    昨夜は途中から体調が悪くなり、掃除もすっとぼけて早く寝たんだが、予定してた時間に起きれなかった。
    少し遅れて午前中に行く予定が畑についたのは丁度お昼頃になった。 雨、ポツポツきてました。 そんな中、昨日買ってきた苗を植えた。さつまいもも萎びていたですが、昨夜コップに入れた水の中につけておいたら、多少元気になっていた。 いい感じと思う。
    植えながらよく見たが、完全に死んだのは、かぼちゃとズッキーニ、それとナスだ。後はひょっとしたら、まだ生きているかも知れない。
    下仁田ネギはイマイチ元気がない。土が合わないのかなぁ。。
    手前の畑では、レタスをもう出荷していた。我が家のレタスは未だだ。 2週間くらいすれば、サニーレタスが食えるかも知れん。 今でも食う気なら食えますが、35円もしたので大きく育ててから食わんと。
    余った時間で草刈りをやっていたんだが、雨が強くなってきたのでエンド。
    もう少しすると畑はぬかるみになる。

    泥だらけで戻ってきた、洋服の洗濯も終わった。
    フローリングの掃除は半分やった。

    F1 の予選はイマイチでしたね、ホンダさん。
    エンジンがどうこう言う前に、安定してないみたいなのでシャシーの問題です。 そうはいうものの、ダウンフォースを減らさざるを得ないのは、パワーが足りないからだ。良いと良い方向で相乗効果が起きるし、悪いと悪い方向で相乗効果が起きる。 ま、そういうもんだ。
    そりゃそうと、ハートレーのエンジン、FP3 でクラッシュして壊したらしい。
    次、3基目じゃん? ギアボックスも壊れてペナルティらしい。 だったら、同じエンジンじゃなくて、もう次のバージョンのを投入しちゃえば? カナダで出すハズのエンジン、もうできているんじゃないのかなぁ。。

    todo リスト

    • F1 スペイン カタロニア
    • 読書、溜まってる
    • 畑、枯れた苗の追加
    • イタリアントマト、ピーマン、長ナス、ズッキーニ、かぼちゃ、さつまいも、その他
    • 薪運び(南東の軒下残り全部)
    • 庭の整備く
    • LD プレーヤーも破棄する(断捨離)
    • 畑の賃料支払にいく
    • 凍結防止帯をOFFする
    • 夏タイヤに交換する(私の車)
    そのうち
    • お隣りからいただいたカラ松を薪にする
    • 目立てしないと
    • 庭の木を何本か切る
    • 自転車の整備(クライマー)
    • 離れの鴨居の裏の隙間を塞ぐ
    • 我が家の庭のモミの木も数本切って、もう少しスッキリさせる
    • ○○さんに自慢のスピーカを見せてもらう
    • 大家さんの自慢のスピーカを見せてもらう
    • 旧軽井沢案件、続き
    • 万座案件/草津案件、続き
    • メガネ屋さんに行くのはずっと後だ(混んでなさそうな時に)、困ってないし
    • サンルームを作る
    • 野積みしてある分の薪を軒下に移動する
    買い物
      特になし!


    2018/5/12(土)軽井沢日記

    嫁さんは朝早くでかけていった。
    で、寝てたら、地震で起こされた。20秒くらい揺れていた。 結構揺れたが、震源地が近かっただけみたいだ。慌てて嫁さんに電話したが、気づいてなかった。
    そうこうしてたら、千ヶ滝の○○さんから電話。
    山菜やるぞ、と言われたが、嫁さん居ないし、私は調理もできないので遠慮しておいた。 で、こちらに来ているというので顔をみに行く。 いろいろと面白い話を聴かせてもらったが、ここでは書けない。
    世間知らずの私は、へーっ、そういうもんなんだと、関心しながら聞いてた。
    油断も隙もあったもんじゃない、って話。でも、人と人との信頼は国を超えるって話だ。

    もう閉まっているかと思ってたんですが、駄目元で小林農園に死んじゃった苗の買い出しにいったら、まだ一杯お客さんがきていて賑わっていた。 「オバさんごめんね。、GW 中に買っていった苗、枯らしちゃって」などと無駄口叩きながら、枯れた文+本日限りの変な苗もあったので買ってきた。 さつま芋も良く見たら在ったので、買ってきた。
    「今日も寒くなってきたので、明日はもう植えずに明日植えな!」とアドバイスをもらって帰ってきた。うん、無理すりゃ、今日植えられたが、明日植える。 といっても、明日は午後から雨だから午前中だな、畑に行くのは!

    さ、これから洗濯やって掃除だ。

    ネットの話題

    シリアでは、イスラエルとイラン、戦争してますね。あまり報道しませんが。

    最近の若者が“一昔前の普通の生活”をできるか試算してみた って、呟きです。
    1級ファイナンシャル・プランニング技能士による試算らしいが、そんな試算せずとも今若者がどういう状況に置かれているのか普通にしてれば分かるだろ、 と思うんですが、まあ、悲惨な状況だ、分からない人が多いみたいだ。
    「先読み禁止マナー」とも少し違うが、見渡せば周りに若者一杯居るでしょ? 自分の子供は厳しい目で見たとしても、甥とか姪とか、孫とか曾孫とか。 町を歩けば若者、コンビニとか、居るでしょう? って、田舎は居ないのかぁ?
    自分の年金生活だけで、一杯一杯で若い人がどうやって行きているのか見る余裕もないのか知らん?
    団塊の世代は「お前ら、好きにやれ!」突き放す傾向が強いので、それもあると思う。

    これって、 人工地震あります って、遠回しに暴露しているんじゃないのかなぁ。切り口は全く違いますが。


    2018/5/11(金)軽井沢日記

    結局、今朝は -0.6℃ まで下がったみたいだ。
    氷点下じゃん。
    途中までモニタしてたのに。 途中で上がり始めたので、もうOKと思ったら、明け方下がってた。
    明日、畑に行きますが、多分結構死んだと思います。

    犬の散歩をする別荘地で、何件か知り合いになった方が居ます。
    今日、話してて知ったんですが、○○さんちのご主人は、あの○○○だって!
    で、○○さんちの向かいの○○さんちは、○○○○○なんだって。
    ひょえ〜っ!って感じですが、そういうのとは無関係に付き合うのが軽井沢流。
    庶民のパワーを教えてあげよう!
    そうは言っても、○○○なら普通の人じゃあ知りえないこと、一杯知ってそう。 興味津々。 話してくれないかなぁ、ってそれ業務で知り得た情報なので他言しちゃ拙いんですよね、
    煙草の会の○○さんも、面白いこと体験してそうなのに、ひたすら寡黙。 寡黙に格好付けて、煙草を燻らせている。
    ともかく、個別案件は拙いので、きっと。話をするなら、一般論だな。

    「職員は子供の使いじゃない」

    って、 愛媛県、頑張ってます
    愛媛は保守だ。っというか、あんなとこ変わりようがない。 橋つくるときとか、伊方とか今回の加計とかもそうですが、利権があるときは、今治タオルをマフラーにした変な人とか絡むことはあっても、普段は都会からは見向きもされず、完全に置いていかれてます。 人は皆真面目で、保守な割には以外にリベラル。そういう意味では長野と似ているところはあると思う。
    それでも、全般的には事なかれ主義の人が多いんですが、中村知事は頑張ってます。 今治市の対応と真逆だ(今治市は国に迷惑がかかるとなにもかにも隠蔽中です)。 そんなことすると、この後国から虐められるぞ。 なんか、下心があるんか?
    まあ、それにしても会ったことさえ記憶からなくなる人に「メモを取った方が常にこうだと後で言えるのは、これはおかしい」と言われてもなあ。 全く説得力がない。

    F1 カタロニア、FP1

    マクラーレンが今回からスペックBと呼ばれる、変なフロントで出てきたんですが、 一定の効果があったみたいですね。 余りの醜さにアロンソ謙遜してましたが、リカルドを食って6位でした。 アロンソはそうとう無理したと思う。
    レッドブルも RB14:バージボード周りの“クレイジー”なアップデート があったんですが、こちらはなんかイマイチ。
    バージボードは不思議なパーツで、それ自身でダウンフォースを生み出すというよりはディヒューザーに流れ込む空気を制御しており、意外に重要な空力パーツ。 あれ取っちゃうと2秒くらい遅くなるらしい。

    トロ・ロッソホンダは、イマイチで10位(ガスリー)と18位(ハートレー)だ。 タイミングモニタを観てたら、積極的にタイムだしってよりは、データをシコシコ採取していたみたいだ。
    全般でいうと、今回はメルセデス、とくにボッタスが速い。
    前回優勝し損ねて、キレて走っているのかも知れませんが、速い。
    FP2 を見てみよう!

    FP2 ですが、トロ・ロッソさん駄目でした。
    14位(ガスリー)と18位(ハートレー)です。タイプアップも大して無し。 なんだかなぁ、と思ってみてたらFP2のストレートスピードは、ガスリーがトップらしい。 ストレートスピードを上げるということは、デプロイを変えたか空力を変えたかだ。 前回のバクーでは、本番でも1周のラップタイムが良くなるように最適化したプログラミングで走ったら、ストレート重視の車にストレートどんどん抜かれた苦い経験がある。
    タイムアップは大したことなかったが、いろいろ試していることは分かった。
    コンピュータによるシミュレーションと実際を比較していたんだと思う。

    今年の鈴鹿

    今年の鈴鹿は少し様子が違うようです。
    F1日本GP:1組2名限定、総額450万円の“エグゼクティブプラン”を発売 とか F1日本GP:「Formula One Paddock Club」「VIPスイート・プレミアム」 のプランも用意されているようです。
    私はピットの上とか、正面の上の席よりも、第2コーナー第3コーナーのグランドスタンドが一番良い席だと思いますが。 これで、どこかのサーキットみたいに普通の観客が差別されるようなことがなければ、これはこれで良いかも、と思う。

    他人の気持ち

    「他人の気持ちを考えなさい」と私は嫁さんから、屡々注意されます。
    私の理屈だと、考えて分かるくらいなら「○○に関して、貴方の気持ちを聞かせてください」なんて状況は永遠に発生しないんじゃないかと思うんだが、彼女はそうじゃないらしい。

  • 基本、私は他人の気持ちは気にならない。
  • 私は信頼している人に対しては、相手の気持ちを考えません。
    なにか私に言いたいことがあるなら「口にだして言いましょう!」、勿論私もそうします、というスタンス。私にできる最大限のリスペクトだ。
  • 相手が信頼していない人なら、多少は考える。
    なんたって、社会人で大人だし!(威張る程のことでありませんが)。
    例えば、目上の人に対して、慣れない敬語も使ったりします。 私は優しいので、きちんと生きて実績を残した人を無下にはしません。 それに、歳を食うのはそれだけでエラいと思っても居るし。 でも、私が慣れない敬語で接する人は、白状すると上で述べた「信頼している人」ほどリスペクトしていないのは事実だ。
  • 誤解のないように言っておくが、自然と尊敬できる人は尊敬するよ。

    軽井沢では、いつも敬語で接せられることが普通になっている人がそう扱われず怒り出すすという光景は、あちこちで見られます。なんたって軽井沢は、上には上がいます。 ちょっとやそこいら偉い人がそれを誇示しても勝ち目はない。
    「それが?」って醒めた目でみられますから。
    人との距離感はそれぞれで、私が不快と感じる距離までは相手を近づけないし、入り込まないようにしているつもり。というのは偶に、土足で踏み込まれていると感じる人も居るようなので。 つまり、ある事柄に対する反応は決まってなくて、人によって違うということだ。
    人によって違うと言っても、統計をとれば凡そこうなるという傾向があるだろうというのは私でも理解できる。 その分布が綺麗な釣鐘型になるのか、変な2瘤になったりするのかはそれぞれだと思いますが、パターンはありそうだ。

    軽井沢の真冬でも半ズボン、キャップ帽をかぶって、パイプを燻らせながら歩いている。
    「ありゃあ、どう見ても、変人だ」他人がそいういう気持ちを抱くというのは、私も理解できる。
    不快感を与えるところまでは行ってないと思いますが、 「見ているだけで寒いので止めろ!」とは時々言われます。
    身分が違うと、気持ちを読みづらい。
    さて、私はど田舎の清貧な神主の孫として産まれました。
    この場合の貧は、貧しいって意味ですが、周りもみんな貧しく、今ほど貧富の差は大きくなかった。なので、大括りすると田舎では「普通」の範疇だ。
    私の田舎は当時長野と双璧の教育県。 勉強は良くした。嫌いじゃなかったし。そこそこ優秀だった。
    更に、田舎なので、身分、階級に関係なく、ほとんどの子は公立学校に行く。中学までは。
    全階層が一同に集うので、今よりはずっと自分とは違う階層の子が何を考えているかはわかりやすかった。

    中学のとき、一家は職を求めて上京する訳だ。
    正確には、居は東京じゃなくて埼玉だ。某企業の2Kの小さな社宅だ。
    こちらの社会は、私の田舎よりは身分階級は強かった。 それでも今と比べると中学は公立に通う子が多かった。
    埼玉なので、地元民、都会からの移住組、それと私を含めた地方からの移民に大別できた。
  • 地元民
  • 地元民は地主とその親戚だ。同じ名字の生徒が大勢いた。 農家も多かったが、もう事業を行っている家もあった。 親戚同士でも序列があって、端っこの方と貧富の差は結構あった。ま、普通。

  • 都会からの移住者
  • 移住組は、しょってた、ってもう死語か? 格好つけてた。
    何気ない仕草も格好いいだよ。 文化的な一軒家に住み、綺麗な標準語を使えた(地元には多少訛りがあった)。 女子も男子も垢抜けていて、当時は制服ですが、普段着になるとお洒落で全く違う。

  • 移民
  • 移民は当時の社会の最下層をなしていたが、今と違って経済は上向き。 頑張れば、文化的な生活ができるという希望があった。 私の住んでいた社宅には北海道の閉鎖された炭鉱で働いていた人が多かった。 学校に行くと、北海道だけじゃなくて東北の人も多かった。 皆、職を求めて上京してきた訳だ。
    移民の最初の障害は言葉だ。 一応日本語なんだが、地元の言葉に馴染んていた人は急に標準語は話せない。
    大人はともかく、子供には結構プレッシャーだ。私も最初は話をするのが恥ずかしかった。
    地元民は、都会からの移住者をみて羨ましく思っていた人も多かったと思う。
    逆に当時の移住組が地元民を見下していた感は、現在の新しく軽井沢に移住してくる者が地元民に対するより少なかったと思う。 移民をそれほど迫害されることはあかった。 夢も希望もあった時代だ。 他人を蹴飛ばす暇があれば、自分が前に向かって進んだ方が良い時代だ。

    さて、都会からの移住組に、学年でも結構人気のあった娘が居た。
    地元民の私の友達は、彼女の事を好いていた。 どういう経緯だっただろう? その彼女が私の友達と私の二人を誕生パーティに招待してくれた。その友達を介して伝えられた。 彼女は私とは同じクラスになったことはなくて、会話もそれほどしたことがないのに。
    友達は大喜び。私も素直に「嬉しかった」。 一緒に行こうね、と約束して家に戻って父親に出席の許可を乞うた。 彼の答えはネガティブだった。 「お前が招待されて行けば、今度は我が家が招待せねばならん。 うちにはそんな余裕はない!」と。
    で、最初の話み戻るが「他人の気持ちを考えなさい」と言われてもなあ。
    こういう場合は、誰の気持ちをどう考えて、私はどう行動すれば良かったんだろう?
    その時は、私が出席できないことを友達に伝え、で結局お流れになった。
    で、この話を嫁さんにしたら「そもそも、お前は分かってない!」って、一体なんだよぉ。

    それでも、日本人はまあある程度素直な民族だ。
    韓流ドラマをみていると彼らは想像もつかない反応をするときがある。
    私が知る限り、上は上で権力争いとかいろいろ軋轢がある。 下は下で虐げられる。 なので、上も下も素直な反応はしない。
    日本でも京都の人は特別どいう。
    そういう人の気持ちを、どう、気持ちを読むんだよぉぉ。

    下の方の人の気持ちはある程度分かる気がする。
    もともと、下層に属している時期が長かったし、レストランで働いた経験が、更にそれまで知っていた下の限界を越えた下層の実態をみることへ導いた。 もっと下があるには違いないが、私の知った下層の世界も常識的な社会人では想像もつかないような世界だ。少なくともそれまでの私の想像を超えていた。
    経験から言えば、社会的にはしょーもない奴らなんですが、一人一人はちゃんと話すと、ってコツが要りますが、それほど異常な人じゃない。普通だ。 こいつは異常は体験を経て一般の人からみれば異常な状態になってますが、 バカはバカなりに、こいつはこいつなりに、一生懸命どころか必死に生きている。 その人自身は普通の範疇に入る。 「完全にこいつは異常」と思った人は彼らの中には見たことがない。
    それより、こいつは異常と思うひとは上の方にいる。
    実際にそういう人と身近にお付き合いしたことはないので、実態はわかりません。 面倒臭そうなのでお付き合いしたいとも思いません。 ネットの中に現れる「スーパーエリート」は完全に異常と感じられる人が多い。 映画の中でも彼らの生態が暗示さているものが幾つかあります。 それは陰謀論かも知れませんが、軽井沢でエラい人を見ていると案外間違いじゃないかも知れないとは感じる瞬間がある。

    それはさておき、普通の人だ。
    この層に含まれる人数が一番多い、というかほとんどだ。 普通の人は普通の世界に住み、普通の常識に守られて暮らしている。
    その人達は、下の層も上の層もどちらの層の人の気持ちも理解していない。 それどころか、分断政策が巧く行って、分かってないくせに、下に対しては蔑んだり、必要以上に恐れたり、差別したりしているように見える。 上に対しては逆に羨んだり、幸せに慣れないのに憧れたり、ま、そういうこと。
    次回はその辺りをもう少し詳しく書く。

    「他人の気持ちを考えなさい」と注意されて、こんなことを考えてみた。


    2018/5/10(木)軽井沢日記

    数日ぶりに晴れました。
    志賀高原どころか、浅間も雪だったみたいです!
    今見たら、天頂だけ白くなっている。

    予報だと、今夜は3℃だ。
    仕事抜け出して、防霜カップを被せにいこうかと思ってましたが、面倒くさいのでパス。
    土曜日に様子を見に行って、死んだ苗は日曜日に全部植え直す。
    と思ったんだが、今は夜の8時ですが、4℃だ。死んじゃうかも。。

    町に本屋さんができる!

    平安堂さんが営業を止めて久しく、軽井沢には本屋さんがありませんでした。
    あ〜恥ずかし!
    その跡地に、 新しく本屋さん オープンします。わ〜い!
    噂では、TSUTAYA 系で、カフェ(モトテカ)が併設されるそうな。
    う〜ん蔦屋か、というのはありますが、 それにあのスペースで併設となると、本の数は限られる。 ですが、この際文句は言わん。というか、ありがとうございます!
    5/17 内覧会だそうな。行ってみようか知らん?

    物欲

    我が家の寝室のライト、フードが壊れてる。
    天井を照らして、イマイチ楽しくない。本も読みづらい。
    なので、次これにしようと嫁さんに提案したんだが、却下された!
    今なら安いのに。。。

    今週末のF1 スペイン

    本当は、レッドブルとルノーエンジンの交渉は今週末 5/13 がリミットのハズだった。
    レッドブルはこれまで通り、ルノーエンジンを使い続けるか、ホンダにスイッチするか?という選択肢がありその返事をルノーにしなければならない。。 現時点ではパワー的いはややルノーかも知れませんが大差ない(15馬力程度?)。 どちらも、フェラーリーとメルセデスからは少し離されている。 その分、ルノーもホンダも伸びしろは期待できる。 ルノーもホンダもカナダGP 6/10 辺りで、今年の最初のバージョンアップを投入する予定だ。 レッドブルはその結果を見届けてから、判断したい意向のようだが、ルノーとしては早く決めろよ、的な感じもある。
    結構複雑だ。
    というのは、同じルノーエンジンを使う陣営としたらレッドブルが一番速い訳で、自身もレースに参加しているワークスルノーとしては、そのシャシーの評価対象としてレッドブルがある。 もう1チームのマクラーレンじゃあ比較してもあまり意味がない。
    他方で、レッドブルチームからレンタルしているドライバー、カルロス・サインツの問題もある。 ルノーからののエンジン供給が途絶えた場合、サインツのレンタル契約も反故になると言われてます。 これには、レッドブルチームの現在のエースドライバー、リカルドの去就も影響してくる。 リカルドがもし出るようなことになれば、レッドブルはサインツをレッドブルに乗せたいと思っているようだ。サインツ、大人気!
    リカルドも来年、チームがどのエンジンを載せて、そのエンジンがどれだけのものかを見届けてからチームに残るか移籍するかを決めたいと思っているだろう。
    これらの思惑が重なって、結局リミットは今月末まで伸びた。
    ホンダもルノーもこれまでの実績は申し分ない。
    レッドブルにしても頭の痛い問題だ。
    次のスペインで良いところをホンダが見せられれば、ホンダに決まるかも知れない。 前々回の上海と前戦のバクーでは、トロ・ロッソホンダはメロメロだった。 バクーではストレートの伸びが悪く、次々後続車に抜かれてみっともない姿を呈した。 レース後の分析で、問題は PU 単体というよりは、プログラム(パワー配分)の問題だったらしい。これが当たっていれば、カタロニアではもう少しマシな走りが期待できるハズだ。
    今週末のカタロニアを見てみよう。

    一昨日のつづき

    ネットではアスホールと呼ばれてますが、大臣がまたもや「セクハラ罪という罪はない」とご発言されたみたいだ。その前日だかには「改竄なんてどこの会社でもありえるドヤッ」と発言したみたいだ。
    その発言を聞いている記者は突っ込めよ!と思いますが、大人しく聞いている訳だ。
    普通の感性を持った人は、我が耳を疑い、眉をひそめてますが、そういう姿を見て、一部のネトウヨさん達は大喜びしてます。
    これが、バカ vs 利口の対立ですが、実際のバカと利口が対立しているわけじゃない。
    バカに含まれる人たちにも利口はいるし、利口の含まれる人達も実体はそれほど利口じゃない。 そうではなくて、世の中の人をバカと利口に分けて、対立させたい奴らがいて、 それに載せられて対立しているだけだ。 これを分割統治といいますが、その意味では対立させられている人たちはどちらもバカってことになる。
    対立は数的に拮抗しているケースは少ない。
    なぜなら、やられる方はかなり過激にやらないとそこまで対立しないからだ。 やったりやられたり繰り返しているだけなら、そんな酷い対立にはならない。 やられる方が、数的には少ないがこっぴどくやられる。 民主主義の世界では多数はが勝ちそうなものだが、場合によっては数が少ない方が優勢な立場に付く場合もある。これをマイノリティ支配とも言うが、今回の場合のマイノリティはバカの方ね。
    一般の人は利口に分類される。
    で、やった側は大勢で、皆でそうしているからほとんどやったという意識はない。
    虐めで考えてみても、実際に虐めているのは少数かも知れんが、虐められる方は見てて助けてくれない連中も虐める側に見える。
    その大勢の側の人は、虐げられている側の気持ちを推し量ることができない。
    今の若者が、どれだけ生きるのに苦労しているのか分からず「頑張れ」とか「努力が足りん」とか曰う、年金で悠々自適の老人と一緒だ。 まあ、この事に関しては近日中にまとめて書く。


    2018/5/9(水)軽井沢日記

    8℃しかありません、寒いです軽井沢。
    夜中は結構な雨になっていたんですが、今は上がってくもり空です。
    5/10-12 の最低気温の予報は上がって、5℃、2℃、4℃だ。
    防霜カップは要らないかも知れない。。。
    昨日、今日とでクマザサの芽を摘んでから出社。
    クマザサもある意味軽井沢らしいが、我が家の庭には要らない。

    PS. 昨日だか一昨日、軽井沢は雨だったんですが志賀高原は だったみたい!

    軽井沢のじっちゃん

    こちらで知り合いになった○○先生、お爺ちゃんなんですけどね、気がついたら、ご自身のドメインを所有しててサイトを公開されてます。スゲーッ!
    ○○○さんも持っている。軽井沢のじっちゃん、違います。

    髪の毛伸びてきてウザい

    東京で打ち合わせがあったら、ついでに散髪してこようと思うんだが、巧く打ち合わせが入らない。 自前で行くと、交通費だけで+1万円だ。
    ハゲると床屋は行かなくていいんか?
    坊主なら自分で刈れそう。坊主にしようか知らん?

    腕時計

    毎日取り替えていているといろいろな事に気がつく。
    夜、暗い時に時刻が読めないのは致命傷ですが、強度に問題なければ薄い方が良い。 私は太っていて、上向きで寝ると気道を塞いで無呼吸症候群を起こす。 痩せてきたんだが、まだ起こす。遺伝だな。 なので、うつ伏せで練ることが多いんですが、腕時計が分厚いと翌朝顔にその跡がくっきり付いていることがある。回転ベゼルがギザギザなので、そのギザギザもくっきりと。 薄い時計だと跡が付きづらい。 当たり前の話ですが、再認識した。

    ネットを見ての感想

    まあ、私の感想なんか誰も読みたくないと思いますが、これば備忘録だ。
    あの頃、こんな事を考えていたんだなあと、後から自分で読む。

    で、カリアゲ君だ。若いのに頑張ってますね。
    事態がこれだけ急速い動き始めたのは、ワークニノシレーカンがリーダシップを取ったからではなくて、やっぱりトランプ大統領に変わったのが大きいと思う。
    これブッシュとかクリントン系の人が交渉相手なら、彼らの約束がどんだけのものかは カダフィとかフセイン大統領が大量破壊兵器を放棄したあとどうなったかを見てみれば良い。 カダフィの時はアメリカ正規軍は直接介入しなかったかも知れませんが、クリントンに雇われた傭兵によって殺された。 そうでなくても、難癖つけられてそれに応じなければ、国内に潜む反政府勢力を支援し内戦を仕掛けられて、結局は滅ぼされるのは目に見えている。
    綺麗事をどれだけ並べようが、結局は滅ぼされる。 所詮、向こう側の人間たちだ。
    結末は、ネットを見ていれば、私でも分かる。
    他方、トランプとか、近くではドゥテルテ大統領とかは、そういう人達とはかなり違う。 行動は野蛮で発言も顰蹙ものかも知れませんが、人としては、ずっと信頼が置けそうな気もする。 閣下は、行動も野蛮じゃなくて発言も理路整然としてます。 キンペイは良く分かりません。

    こういう事をいうと、ネットを見てない人からは完全にバカだと思われますが、
    一時、北朝鮮と CIA だか米軍だかの一部勢力とグルだった(グルといっても、レベルがありますがあるところではつるんでいた)というのはネットでは常識で、幾つも証拠が上がっています。
    例えば有名な偽札、スーパーKでしたっけ? が大量に出回っていた事がありました。
    公式には北朝鮮が作った偽札とされてました。 ここで、印刷してます!みたな写真まで公開されていた(フェイクだと思います)。
    ところが、スイスだかのアメリカにお札を印刷する機械を納入したメーカーがその札を調べたことがあった。
    実はそのメーカーが収めた印刷機には、アメリカにも知らせてない機能が組み込まれていた。 つまり、どの印刷機で印刷されたかを識別できる仕組みが組み込まれていた。 その結果は驚くべき結果で、スーパーKは紛れもなく、スイスのそのメーカーが収めた機械で印刷されていた。それも、FRB? とか正式にお札を刷る機関ではなくて、確か軍に収めた機械だったと記憶してますが、もしかしたら CIA だったかも知れません。
    お札を印刷するのはとても高度な技術が必要と聞きます。 私は、最初なんで北朝鮮にそんな高度な技術があるんだろう?と不思議に思いましたが、なんてことはない、ホンモノのお札だった訳です。
    核開発も然り。
    嘘だと思うなら、検索してみなされ!

    これ、アメリカじゃなくて、アメリカの一部勢力ってとこがミソですが、カリアゲ君が彼らと手を切るのは今だと判断したとしても、私は理解できる。 でもなあ、トランプ、どこまで信じて良いんだろうか?
    他方で戦争ができないとなったら、統一で一儲けしようという輩も、彼らも大別すると向こう側ですが、向こう側の中には存在する。向こう側も一枚岩じゃない。 この場合もATM はきっと日本がやらされる!
    後ろ盾の中国も、ヨーロッパの彼らは、中国と仲がよいだよなあ。
    なので、戦争が回避されたとしても、経済戦争が待っているので、大変っちゃ―大変なんですが、実際にドンパチするよりはずっとマシだと思う。


    2018/5/8(火)軽井沢日記

    雨は上がりました。



    どこでも草は生える。
    この一輪車、薪運びに使っているやつですが、これももうそろそろ寿命が見えてきました。 タイヤは3個目くらいかな。延々パンクするので、今のはパンクしないタイヤに交換してある。 クボっちゃんの遺品に、アルミのネコがあったんですが、あれ、くれないかなあ。 誰と交渉すれば良いんだろう?

    2枚めは、オシダ。
    多年草で、毎年少しづつ大きくなります。
    苔もそうですが、軽井沢の別荘を象徴してます。 新しく別荘を建てる方、これを移植したりします。
    我が家、一杯あるので大切にしてくれる方、お分けします。
    今どきの天気らしい、濃霧です。






    と言っても、軽井沢のホントの濃霧はこんなもんじゃない。 マジ、凄いときは車の走行が不可能になるらしい。 私はそこまでのは体験したことありませんが。
    写真の色、1枚めとか赤くなって、変ですね。
    ホントはもっと階調が綺麗に撮れているんです。 アップする時にサーバ側でリサイズをかけているせいかと思って、原寸大のもアップしてみたが、ブラウザで見るとやっぱり駄目だ。 私のマシン環境だけかも知れませんが、ダサい。


    気になったネットの話題

    これ 凄いと思う。 ここまでやらなくとも、新幹線は無理でも、しなの鉄道は自転車持ち込みOKにすれば良いんだよ。

    「朝ごはんは食べたか」→「ご飯は食べてません(パンは食べたけど)」 って、昨今の国会の様子を分析した奴だ。
    ●「追及かわし」の手法
    その1:論点のすり替え
    その2:はぐらかし
    その3:個別の事案にはお答えできない
    その4:話を勝手に大きくして、答弁拒否
    昔、大平さんが「あ〜っ、う〜っ」っと答えに窮して唸ってましたが、今となってはどんだけ誠実だったかその人柄が忍ばれます。
    ここでは4つに分類している。
    共通しているのは、質問者がそういう意味で質問しているのではないと知りつつ、別の答えをしてますから、誠実でないのは勿論の事、はっきり言ってしまえば をついているってことです。
    常に正直に話をするのが良いとは言わんが、国会の場では民主主義を機能させるために、もう少し真面目に対応していただきたい。

    右とか左の対立じゃなくて、

    今の混乱を右とか左の対立と捉えるのは完全に間違っている。
    基準は自由に取れるので、その基準である程度表現することも可能ですが、多分話が面倒な事になる。 むしろそこから抜け出せないドツボに嵌まる。
    そうじゃなくて、現代は敢えて対立軸を設けるとしたら、グローバリズム vs 反グローバリズムの戦いだと思います。 とすると、もっとずっと簡単に今起きていることが見通せるように思う。
    ところが、今日本で起きているのは バカ vs 利口 という呟きです。
    私も批判側だから利口かというとそうじゃない。普通。
    ただネットをあちこち見ているので、多少の情報操作には簡単には嵌らないだけだ。 私よりずっと頭の良い人でも、すっかり騙されいる例も多い。 なまじっか理論武装している場合には、その範疇で考えるので余計にそこから抜け出せない。 アキレスは永遠に亀を追い越せない! 騙されていることに気が付かない。
    人はトータルでみるとそれほど大差ない。
    若い内はなんとかこの世界で自分の居場所を作ろうと必死になってます。 なので、自分が優れたいと思っている方向の人しか評価できませんが、 歳を取ると、それが良く分かる。 人は何某かある基準で測れば差がでますが、トータルで見ればほとんど同じだ。
    どこをとっても、ある人よりこっちのこの人の方が優れているという状態はない。
    「ふん、バカな女だ!」と嘯く奴はその女性の純心が理解できていない。

    とは言うものの、その時々の社会では社会が認め必要とする能力は限られる。
    その基準で言えば、優れている人とそうでない人に分かれる。 昔なら実際に楽器を弾ける人が重宝さたかもしれない状況でも、今はカラオケがある。 なので芸大を出ても就職先がない、という状況があり得る。
    芸大ならちょっとしたステータスですが、今の時代が全く必要としてない能力があったとしても、見向きもされない状態は起こり得る。 それだけならまだしも、その選別される過程で「迫害」を受けて育ったなら、それを受けた側の人格はそうとう歪む。 今なら学歴はかなり重要。勉強ができないのはかなりなハンデだ。 ホントはあんなクイズみたいな試験に巧く答えられても大してエラくはないんだが、逆にできないばかりに、迫害を受ける可能性がある。

    受験勉強系の試験が得意になるコツは、真面目に答えようとしないことだ。
    クイズみたいだと述べましたが、その設問が何を要求しているのかを忖度することが大切。一種の割り切りだ。もっと、そんなものは正しい意味での学問じゃあありませんが。

    40年以上前、私が受験勉強をしていたころ、当時は共通一次もなくて、各大学の出す独自の入学試験の設問には、その大学の思想が反映されていて面白かった。 結構違っていた。
    私は物理ですが、物理でいうと一番の難問は東工大だった。 癖のある設問もあって、ホントに分かってないとクリアできない。
    東大は教科書通りで普通。物理に向いて無くてもある程度勉強すればクリアできるレベル。
    自由な発想が要求されて、楽しかったのは京大でした。 入試問題からだと、京大に一番惹かれた! なんて良い学校なんだろうと思った。
    他方、私が実際に通った大学は、入試の物理のレベルは低かった。
    代わりに、変なひっかけ問題、意地の悪い問題が含まれていた。それに引っかからなければ、物理を目指した学生なら誰でもOKでしょ、レベル。 差が出るとしたら、英語!という変な入試の学校でした。 入学してみて、周りを見渡してがっかりしたが、ま、その程度の学校だ。 ところが、物理はともかく、かけがえのない友を得た。
    人は可能性も含めて全体で観た場合、優劣はない。
    若い頃には分からなかったが、今は実感を伴って心底そう思う。
    現世でその才能を活かせるかどうかはまた別問題だ。

    ところが、勉強ができないばかりに否定され、差別されたり、迫害されたり、虐められる場合がある。
    大人なら平気でも、子供の頃のこういう体験は辛いぞ。
    最近何度か述べたが、「統合されていない人格」として残る。
    積年の恨み辛み、怨念みたいなものだ。
    迫害された側は、迫害した側へこういう気持ちを、本人が気がついていなくてもず〜っと抱いている。 本人も気づかないくらいだから、やった側が分かる訳がない。 されど、そこで否定された気持ちは、心のそこに抱いている。 本人が正気なら決してでてこないものなんですが、ボケてその人が失われようとしているとき、アル中で正気を失った場合等、でてくる場合がある。 当時と変わらぬエネルギーを抱えたまましまい込まれていたことが分かる。

    もし「○○○○を褒める人はバカ」 のバカがこういう人なら、そこに潜む問題はぱっと見よりはずっと根深く、深刻だ。
    彼らは、○○○○のおバカぶりに、ある意味共鳴しているんだと思う。
    まだ夢も希望もあった時代には、女性アイドルでももっと綺麗な浮世離れした女性がアイドルになり得た。 そういう綺麗な女性が居たとしても、夢も希望もないこういう時代では彼らの共鳴を得ることはできない。 むしろ、AKB とか、ってよく知りませんが、普通のそこいらのお姉さんが、頑張って、人気者になっている姿こそ、共鳴する。
    それ故に、○○○○が東大だか並み居る優秀な完了をバッサバッサと切りつけている姿は、ネトウヨには1つのカタルシス、快感を呼び起こしていると考えられる。 頭の良い人達からは「君たちは所詮、手羽先。最初に切られる身分ですよ。騙されるな!」と忠告されても、聞く耳なんか持つわけがない。 極端なこと言えば、自分は犠牲になっても良いんだ。○○○○さまがそうやって快進してくだされば。
    結局、彼らが助けを必要としていた時、誰も助けてくれなかった、ってことだ。
    そんな彼らには、○○○○は救世主のように見えていると思う。
    バイトだろうがなんだろうが、そりゃあ全力で応援するよ。

    反対に、普通の人の忠告さえ耳を貸さない彼らだ。
    共産党の優れた人は、特に若い人は、こういう虐げられた人の心の痛みを理解しない。
    理解しないで無神経に話す言葉が、彼らを余計に傷つける。 毛嫌いされても当然の反応だ。

    他方この角度から 「そもそもセクハラ罪という罪はない」 という○○大臣の発言を擁護する彼らの立場は次のようになる。
    1. そもそもセクハラされたという女性記者はインテリである
    2. 彼らとは違う、強い立場の人間だ。
      これまで高所から、彼らを見下して、これまで迫害してきた側の人間だ。
    3. 実際に触れられたわけでも、レイプされたわけでない
    4. 彼らは実際、もっとひどい目に会っている。
      それと比べれば、大騒ぎするほどの問題ではない。
    5. 自己責任
    6. 夜中に電話がかかってきて二人きりで会ったのは彼女なので、自己責任である。
      彼らは迫害を受ける時、虐められる時、たとえあば「お前は、バカだから」等と理由をつけそういう目に合うのは当然だ、とされてた訳だ。
      つまり、お前が辛い目に会うのは「自己責任」だと言われて続けてきた訳だ。
    という訳で、綺麗事で理屈を述べても彼らは理解しない。 綺麗事を言えば言うほど、理解するどころか、調子に乗っているネトウヨは、いわば「統合されていない人格」に憑依されている状態だ。 大げさに言うなら全人生をかけて○○○○を擁護する。 されど、ホントに全人生をかけているわけでもない。 哀れでみっともない、我に戻る瞬間があるハズだ。 昔なら、田中角栄とか後藤田正晴とか、お馬鹿な連中のたわごとを一言で沈められる政治家が居た。今は居らん。

    ところが、思わぬところから、調子にのったネトウヨを黙らせることができそうな事件が持ち上がってきた。
    なんでこれ、表のニュースで取り上げないんだろう?
    事情を知らない人のための、大量懲戒請求事件のおさらい だ。
    これで我に戻るネトウヨも何人かは居るだろう。 居ても、その後は辛いのお。 とりあえず和解金の10万円は支払ったとしても、社会からも認められず、自分で自分を定立することも出来ず、この先どうやって生きていくんでしょう? 鬱病(実際は統合失調症ですが)を発症して、薬打たれてぼーっとした人生を送るのが関の山か?
    青春からやり直そうにも、お前ら友達居ないだろう?
    //もしかすると、気がついてないだけで、良い奴が側に居るかもしれませんが。
    なら、本を読んで凄い人と知り合うのが良い。変な本じゃなくて、どちらかというとクラッシックと呼ばれている本な。 巧く波長の合う本と出会えれば、そこからどんどん範囲は広がる。 私の場合はフロイトの「精神分析入門」でした(お勧めしている訳じゃない)。一度挫折して、読み終わるのに2年くらいかかった。それまでは、文系の本はどう読んで良いか分からず、一切受け付けなかった。
    それ以外に、あまり良い考えは私にも思い浮かばない。 人はそれぞれだし、一般解はない。

    それよりも「彼ら」は狙ってやった(分割統治)のかも知れませんが、社会に一定数こいういう人が居てある程度の効果があるのは実証された。 再度、こういう人をつかって新たな運動というか、煽動を開始するかも知れない。 我に戻ったら、再度、変な動きに乗せられるんじゃないぞ。


    2018/5/7(月)軽井沢日記

    雨です。気温は12℃、冷たいです。
    すっかりダレてしまって仕事する気がしない。

    例のピアソン、ピアソンと鳴く(いろんな鳴き方をしていて、ときどきピアソン、ピアソンと叫ぶ!)、ガビチョウですが、先日から姿をみてやろうと、双眼鏡で探しているんですが、見えない。あんなに煩いのに見えない。

    夕方になって、ようやく本調子が出てきた!
    雨は相変わらず、降り続いてます。

    5/4 の記念撮影








    1枚めは、小諸の小林農園近くからみた浅間だ。
    かなり形が違う。東御市からみるともっと形が違う。 安中とか高崎とか、下から見た浅間はそれほど変わらないんですが。
    2枚め以降は、私が借りている畑からだ。
    3枚めは、いつもの場所だ。緑が大分強くなってきた。
    4枚めは、私が借りている畑の全景。
    以下、省略。


    2018/5/6(日)軽井沢日記

    畑に行くまでは元気だった。
    カインズの寄って、猫の餌も買ったし、会社で使うティッシュも購入した。
    行ってみたら、かぼちゃ、ズッキーニ、イタリアン・トマト、長茄子、ピーマンが寒さに耐え切れず真っ黒になっていた。新芽はまだ色があるので完全には死んでいないかも知れませんが、...。
    普通のトマトや丸茄子は大丈夫だった。 直ぐに追加の苗を買いに行こうかと思いましたが、5/9-11 が、2℃、1℃、0℃の予報なので止めた。今週末に、死んだ分を植える。 予報は好転していたのに、...。
    連休の疲れがどっと出た。

    畑は草刈りをして終り。
    その草刈りですが、草刈り機のキャブレターのスローの方のジェットが詰まり気味みたいだ。調子悪い。 昨年の最後、ガソリンを完全に抜いておいたかどうかは忘れた。 多分抜き忘れ。 使おうと思ったら、土埃の膜が燃料タンクの底にのこっていた。 それは拭き取って、一度ガソリンで洗ってから使ったんだが、駄目だった。 暫く使って元にもどらなければ、キャブレターを分解掃除するようだ。

    軽トラは今週末まで使わない。
    下の駐車場に移動したが、ここは上の駐車場よりお樹液が落ちる。 この時期は特に凄い。ネバネバしているので、直ぐには取れない。 前の軽トラの時は放っておいたんですが、今度は「綺麗乗れ!」とのご指示。 ブルーシートを被せようかと思ったんですが、3月から大掃除しているときに(まだ続いてますが)、嫁さんの前の車のカバーが出てきた。 全く使ってなかったみたいだ。買ったのさえ忘れてた。 それ、被せてみたら軽トラ用じゃないんですが、大は小を兼ねる? 巧く被せられたので、軽トラで使うことにした。

    motoGP

    ポールのクラッチローはそうそうに転倒。 マルケスが予想通り買ったんですが、ダニとロレンソ、それにドヴィの事故が凄かった。 3台で2位争いしていて、2位のロレンソをドヴィがブレーキングを遅らせて抜こうとした。 ロレンソのフロントはソフトでドヴィはハードだ。レースは終盤残り10周をきっていたので、ブレーキング勝負ならハードタイヤを選択してたドヴィだ。 ロレンソは重々承知で、クロスライン狙いだ。 ものの見事にそれは当って、クリッピングに着こうとしたとき、4位走行中のダニが既にインを射していた。一瞬ダニが止まれなかったように見えたが、リプレイをスローでみてもダニのマシンは制御下にあった。 ダニは2台の争いを冷静に見てて、その隙を狙って射した。 巧く行くかと思われた。 そうなる確率は十分高かったのに、ロレンソ、最近は真面目にトップ争いしてなかったので感が鈍っていたんだと思う。 クロスラインにクリッピングを取ろうとしたロレンソはダニに気づくのが遅れて、接触。ダニは空中と飛ぶ。 バランスを崩したロレンソはドヴィを巻き添えにして、2位争いしていた3台が一度に消えた。
    レースはそこで決まってしまいました。後はマルケスの一人旅。
    大きな怪我にならなくて良かった。

    todo リスト

    • motoGP ヘレス
    • 読書、溜まってる
    • 畑に行く(その2)
    • トマト、ピーマン、ナス、ズッキーニ、かぼちゃ、さつまいも、その他
    • 薪運び(南東の軒下残り全部)
    • 庭の整備く
    • LD プレーヤーも破棄する(断捨離)
    • 玄関のガラス屋根を掃除する
    • 東側の壁をケルヒャーする
    • 畑の賃料支払にいく
    そのうち
    • お隣りからいただいたカラ松を薪にする
    • 目立てしないと
    • 庭の木を何本か切る
    • 自転車の整備(クライマー)
    • 離れの鴨居の裏の隙間を塞ぐ
    • 我が家の庭のモミの木も数本切って、もう少しスッキリさせる
    • ○○さんに自慢のスピーカを見せてもらう
    • 大家さんの自慢のスピーカを見せてもらう
    • 旧軽井沢案件、続き
    • 万座案件/草津案件、続き
    • メガネ屋さんに行くのはずっと後だ(混んでなさそうな時に)、困ってないし
    • サンルームを作る
    • 野積みしてある分の薪を軒下に移動する
    買い物
    • 会社でつかうテッシュ
    • 猫エサ(ウエット)


    2018/5/5(土)軽井沢日記

    年々ぶりだろう。GW らしい時間を過ごした。
    農作業は明日にまわして、完全OFFだ。
    よく寝た。 冷静に思い出せば、嫁さんが実家に行くので見送って、その後○○が来て起こされたが、その後は Kに起こされるまでゆっくり寝た。 古月堂 に行って飯を食い、 中山煙草 で街ゆく観光客の姿を見ながら、煙草を吸い、家にどもってからは motoGP 予選をみて、その後は録画してあった映画を観た。
    ゆっくりした。
    あ、洗濯するのを忘れていた。

    録画の整理


    どちらも星は、★★★☆ で3つ半。
    余り観たくはなかったんですが、今、他に見たい録画もないし、せっかく録画したもの、見ないで消すか、BD に焼くか、判断するには観ないとね。
    どちらもデズニー映画だ。
    デズニー映画はよく出来ていて大外れは少ない。 これも、普通に見ている分には楽しめる。 キーラ・ナイトレイがお母さん役で笑った。時の過ぎ行く速さに驚く。 心なしか、以前より額が広くなったような気が。

    美女と野獣ははじめて観た。旧作も観ていない。
    最近すっかり根性が曲がってしまって、野獣のような危険な男をハニートラップで牙を抜いて大人しくさせる映画だとばかり思ってましたが、そうじゃなかった。 まあ、いろんな解釈がありますが。 で、エマ・ワトソンは、ハリーポッターのイメージが強すぎて、子供っぽいし、美女って感じでもなくて、好きな女優さんでもありませんが、映画を観ていると、映画の中ではそれっぽく見えるから不思議。 女性演歌歌手もみんなの前で歌いながら「実はアタナにだけそっと見せるの、私の秘密!」って感じさせる力がありますが、女優さんも凄いですね。
    それはさておき、デズニー映画は「向こう側」の変な意図が含まれている映画であるケースが多くて、陰謀論者が謎解きで観る映画としても、一部では有名。 と思ってみていたんだが、特にこれといった新しいものは見つけられなかった。 ストーリーは繊細だったいいとこの息子が母を早くに亡くし、厳しく育てられて野獣になる。それが、中産舎階級のまあ綺麗だけれど、不思議子な娘と知り合い、人の心を取り戻すという映画ですが、結局階級制度を是認するというところでは、まあ向こう側といえば向こう側らしい。
    ライヒも言ってますが、中産社階級の娘が一番魅力的なのは間違いない。
    とういか、普通に育てば女性はみなそれぞれその女性がもった美しさで美しくなるハズなんだ。 ところが、下層階級は子供のころから虐げられるし、上流階級はしつけが厳しい。 どちらも歪むので、本来の持って生まれた美しさが現れていない場合が多い。
    男子は女性よりももっと酷い上下関係に晒されるので、女性よりも生き抜くのは辛いように思うが、これは私が男性だからか? なまじっか才能のある男子は早めに摘まれる。 反抗心がなければ、利用するためにそこそこの地位まで引っ張り上げられますが、そこに至るには代償も大きい。 とかくこの世は行き辛い。 巧く才能を隠し通した奴が晩年になって良い味を出す。されど時既に遅し。

    さて、人間性の証しとしての愛、これは間違いないが、それ、別に男女の間だけじゃない。西欧人は、家族と男女の間の愛しか認めてないんか? と思われる節がある。 それに、家族愛にしても男女に愛にしても、我々日本人と比べるとずっと「孤独」だ。 こいつら、常に口に出したり、具体的な行為とか、目に見える形で「実証」していないと、信じられないんじゃなかと思う。 私が彼らなら、キルケゴールじゃなくても「不安」になるぞ。
    考えてみたら、私が観る映画は英語が多いんですが、英語は不自由だぞ。 日本語の方がもっとずっと自由だ。 その思いが届く届かないは別にして、表現することは出来る。 鈍い男には、はっきり言った方がよいと思うが。
    運良く届いた場合、それは確信になる。
    心と心、魂と魂が触れ合う瞬間だ。
    英語でも巧く英語で表現できるのかも知れませんが、ま、日本語の方がずっと表現力がある。 もっとも、表現力があったおしても、何を表現するのかが肝心だ。 何もなければ、美辞麗句で飾り立てようが虚しいだけだ。 その何をの「何」ですが、これもデコヒーレントの元では虚しいぞ。 確かに、今はそうデコヒーレントしているかも知れない。 つまり、次にそうなるとは限らない。 だからこそ、毎回、毎日、愛しているなら愛していると口にする必要があるのかも知れない。今回もまた、今日もまた愛している方にデコヒーレントしましたと。 今日、そうだったは間違いない。 しかし、明日も同じようにデコヒーレントするかどうかは分からない。 もっと魅力的な異性が現れれば、気持ちは変わるかも知れない。
    他方で、コヒーレント思考で得た答えなら、そうはならない。
    もっともコヒーレント思考している最中は違う。 あーでもない、こーでもないとぼんやり考えているだけなので、答えは出ていない。 グズな男の状態だ。 でも、一旦答えが出てしまえば、それは変わることはない。 もっと魅力的な異性が現れたとしても、もう答えは出ている。
    斯くして、デコヒーレント思考では決して確信に至らず、コヒーレント思考であれば、思考中はそもそも確信もへったくれもないのですが、確信に至る可能性がある。 瞬間瞬間決まるのがデコヒーレント思考だったのに、肝心な事はほとんど決まらず、グズグズしているコヒーレント思考では、巧くすると「決まる」可能性がある、というパラドキシカルな結論に至る。
    陽水の歌詞の一節を紹介しておく。
    リンゴなら食べなさい、中の中まで


    2018/5/4(金)軽井沢日記

    予報が高めに修正されてたので残り全部を植えようと思ったんですが、さつまいもの苗というか、茎? が手に入りませんでした。それ以外は植えた。
    後は、蕎麦を植えるエリアを全部おこしてきた。感風で固まった畑を耕して、酸素を入れてきた。涼しい春の空気で、畑も生き返った気持ちだと思う。
    明日か明後日、水をやりにいくのと一緒に、草刈り機を持っていって草を刈る。
    で、明日明後日は平気そうなんですが、5/10-11 の最低気温の予報が1℃だ。
    防霜カップが要るかもしれない。

    で、夕食は一昨日というか、昨日の朝、いい加減に打った蕎麦、半分残っていたのを嫁さんが暖かい麺にしてくれて食った。エラく美味かった。乾麺じゃあこういう味は出ません。 蕎麦粉、まだ一応販売してますが、発地市庭にも出そうという案もあったんですが(1500円だか、1600円で売れて、15%持って行かれるらしい)、今のペースだと全部食えそうな気がしてきました。
    今年は田舎そばを減らして、人気の「蕎麦の実」と更科を増やそう!

    アル中

    私は呑めないので、感じが良くわかりません。
    ヘビースモーカーなので、皆さん誤解されてますが、ニコチン中毒はない。 それより酷かったのは、今は大分収まってますが、夜食中だ。 夜中に冷蔵庫を探し回って、ふと我に戻って「俺様、一体なにをやっているんだろう?」 と情けなく思ったこと、何度もある。
    食欲の範疇なのか知らん? でも、そこで実際に私は冷蔵庫を漁るという行為までしてしまっている。 後で我に戻って恥じ入る行為をしてしまっている。 この時の俺様は、むしろ私ではない「別人格」だ。

    突き動かされる私にしてみたら、私ではありながら、私じゃないなにかだ。
    その意味では、感情も私ではありながら、私じゃない私に働きかけるなにかだ。
    更にいえば、知識も、私はそれに従って生きてますから、私の所有であっても私じゃない。しかし、知識は通常私のアンコン(アンダーコントロール)感が強い。 それに対して、感情や欲の類いは、アンコンじゃない。 コヒーレント思考なら、ああいう気持ちもあるがこういう気持ちもあるみたいな曖昧な思考ですが、デコヒーレント思考だと、気がついた時はそう判断しているので、 知識もそういう意味では、アンコンじゃないのかも知れませんが、感情や欲の類いと比べると、ずっとアンコンだ。
    普通の食欲なら、それほど酷くは突き動かされない。
    私は結構、我慢できる。ところが、夜中になにか食いたいと思うそのモードに入ってしまうと、普通の食欲みたいにコントロールは容易じゃない。 なので、こちらは症状からと情けなく思ったこと、何度もある。すると「中毒」っぽい。
    煙草は吸わなければ吸わないで平気なので、上でも述べたがほとんど中毒じゃない。 多分、普通の食欲よりも御しやすい。
    他方、先日も述べたが、庭作業をやっていて、or 薪を運んでいて、疲れてきてもうやりたくない、という気持ち。 それに打ち勝って作業を進めるのは、結構大変だ。 薪割りは面白いので、そういう気持ちになることは殆ど無い。ということは、単に疲れたからではなくて、面白くないことをやりたくない、という事なのか知らん?
    畑は、次なにしようかといろいろ思案しているのは楽しい。
    実際に畑に行くと楽しい。
    でも、行くまでが結構抵抗がある。疲れていたりすると尚の事だ。


    2018/5/3(木)軽井沢日記

    雨は上がりました。まだ、風が結構強いです。
    これから寒気が入って寒くなるハズです。
    東側の壁、薪が積んであった場所ですが、ケルヒャーをかけた。
    ついでに忘れてた、玄関のガラスの屋根も掃除した。

    予報がまた変わった。
    土日で、4℃、2℃だ。
    だったら、明日、植えちゃおうかな。
    霜注意報も出ている。。。

    はじめての発泡ウレタン

    離れの鴨居の裏の隙間、発泡ウレタンで塞いだ。
    中古物件で、適当な作り。表からは分からなかったんですが除いてみたら隙間だらけ。 ここからねずみさんとか、ハナバチなの昆虫が入ってくる。
    youtube で様子をみて簡単そうだったのでやってみたんですが、 はじめての発泡ウレタン。すごいことになってしまいました。
    2倍に膨らむとありますが、充填をいつ止めて良いか分からない。 あとでどんどん盛り上がってきてしまった。 途中からは養生テープをはってやりましたが、溢れ出た分が壁にも貼り付いてます。 巧くとれるかどうかは分からん。 取れなくても、まあ、余り気にならない。
    それより、手についたウレタンだ。 乾くとポロポロ剥がれるのかと思っていたら、接着剤みたいに皮膚に完全に貼り付いて取れない。ウゲッ、気持ち悪い。 ネットで調べても余り有効な方法は書いてない。 私が試した中だと、ペイント薄め液が一番効果があったが、あまり長くやると手の皮膚がボロボロになりそうなので途中で止めた。 まあ、数日すれば取れるでしょう。 軍手でもなんでも、手袋して作業をすればよかった。
    で、今は膨らんで盛り上がっている。 2時間したら乾くらしいので、そうしたら余計な分をカットして取り除くのを試みる。

    しかし、増築してある離れの作り、いい加減な作りだなあ。 母屋もいいかんげんですが、離れは輪をかけていい加減。 発泡ウレタンをいくら注入しても一杯にならない隙間の箇所もある。 多分、そこは戸袋の場所だと思うんですが、完全に穴が空いて抜けているんだと思う。 ま、内側が塞がれば、ネズミさんも昆虫さんもいままで見たいに簡単には入れなくなる。
    大分様子が分かったので、次やるときがあれば、もっと巧くやれる、と思う。

    蕎麦

    嫁さんが買ってきた蕎麦の本だ。
    今なら、蕎麦の味、以前とは比べ物にならないくらい判別が出来る。 勉強がてら、近くの蕎麦屋さん回ってみようか知らん?
    戸隠のうずら屋さんも出てる。職人館もでてたが我らが「きこり」が出ていない。
    なんだこの本もミーハーだ。
    うずら屋さんは有名だが、そこで社員旅行で皆で何杯お替わりしただろう、たらふく食ってたら、店のオヤジに話しかけられた。で、軽井沢から来たと伝えたら「きこり」があるだろ、と言われて知ったきこりさん。きこりは、軽井沢でも知る人ぞ知る蕎麦屋さんです。
    で、延々蕎麦を食べて少しわかったことがある。
    きこりの親父さんも3食のうち、どこかでは1食、必ず蕎麦を食うとおっしゃってましたが、きこりの蕎麦は毎日でも食える蕎麦なんだな。 別荘のお客さんが、あちこち食べ歩いて最終的に行き着くお店は「きこり」と言いますがそういうお店なんだ。 派手さはない。全くない。普通の蕎麦屋さんです。外見はファミレス風。
    軽井沢でも「かぎもと屋」とか「川上庵」の方がずっと有名。
    最初は私も「田舎そば」の方が好きだった。香りもあるし、蕎麦っぽい。 でも延々食っていたら、更科の方が美味い。飽きない。 きこりもデフォルトは更科だ。田舎そばを注文すると田舎そばで作ってくれる。 でもきこりの田舎そばは、それほど茶色くもない。ほんの少しだけ蕎麦からも入った上品な田舎蕎麦だ。
    打つには、更科の方が打ちやすい。
    この本を、観てたら、無性に蕎麦が食べたくなって夜中に道具を取り出して打って食ってみた。
    今日は田舎そばと更科を半々で打った。出来はまあまあでした。
    切りは、適当に切ったのであまり細く揃わなかった。 それでも、最初と比べると、随分と上手になったものだ。

    健康の話

    我々の世代は会うと健康の話になる。
    私は東京に居た時よりは、加齢によるダメージは多少あるがずっと健康だ。
    もう少しすると墓の話になると、誰かが言ってましたが。
    で、 血圧の話 。下げてボケるか、高いまま切れて死ぬかの2択なら、私は迷わず後者を取る。
    原発性アルドステロンという言葉も知らなかったし、カリウムが高血圧に効くのは知らなんだ。


    あれやこれや

    今日のネットの名言

    • 直感は屡々外れるが、違和感は外れない!
    確かに!
    直感もね、軽い直感じゃなくて、あたる奴は独特の臭いがする。
    そういうのしか覚えていないので、あたる確率が高いと誤解するのもあるんですが。
    女の子が「胸を見られているのは100%分かる!」と主張するのと一緒だ。 見られているのがわかった時は、そりゃあ100%見られているさ。とか、書くと嫁さんに叱られそうなので、あとで削除かな。。

    伝説のギター製造会社「ギブソン」、破産を申請 って、びっくりしました。
    ヤマハも、ギター事業部を米国に集約 しましたが、楽器メーカーはブランドは残っていても、実体は統廃合されて、安物は中国でつくられたものが多い。
    楽器に限らず、いわゆるブランド物も統廃合されてしまっているものが多い。
    それ、ブランドじゃないじゃん!
    創業者が元気なうちは頑張るケースもあるんですが、亡くなると大資本に売り飛ばす!。

    そういえば、ダンヒルのパイプ煙草が廃盤になる。
    ダンヒルと言えば、煙草だろ! と思うオイラは、もう爺さん。
    輸入元の柘製作所に残っていた、最後の5缶は、中山煙草 の常連さんが全部注文しちゃった!
    シリア戦争で、ラタキア種の葉っぱが手に入らないらしい。 アメリカの一部勢力が傭兵のISISを使って要らん事するからだ。
    ラタキア種の葉っぱは、正露丸の臭いがします、あの葉っぱだ。 知らなくて、最初に缶を開けた時には、カビっちゃっているのかと誤解したあの臭いだ。
    葉っぱじゃなくて、パイプの方はとっくに撤退だ。
    その技術は元ダンヒルの職人さんが独立して作ったアシュトン等の小さな工房に受け継がれてます。
    アシュトンのパイプはダンヒルのそれよりはリーズナブルなお値段ですが、私が吸い潰すには、まだちょっと高い。

    グローバル経済の時代、安物駄物は手に入るんですが、ホントに良いものはどんどん手にはらなくなってきてます。どんな企業だと生き残れるんだろうか?
    などと考えていたら、そういえば知人が土屋鞄製造所、軽井澤工房 に注文してつくってもらったランドセルを見せにきた! 知らない内に、でかい工房が南軽井沢にできていた!
    パット見は、とっても頑丈そうにつくってある。デザインも悪くない。 ホンモノかどうか、真価が発揮されるのは10年後くらいかな?
    インターネット経由でも注文できるみたいです。
    なんか知らんが、軽井沢、革製品はここに限らず、旧軽の革工房きくわん舎もそうだし、不破さんの 革の子工房 とか、結構ある。 不破さんのところなんか、完全オーダーメードが出来る!
    私の自転車もそうですが、本当に気に入ったものが欲しければオーダーメードだよ。
    オーダといえば、かき混ぜるには熱が伝わりやすくまったくもって不適切な銅の珈琲スプーンを何年も前から計画しているんだが、 寺山さん は納得してくれない。そのうち良い考えが浮かんだら再度説得を試みる。


    2018/5/2(水)軽井沢日記

    車的には、なんだか、今日が今年のGW 一番混んでます。
    今日は古月堂さん営業してます。
    今夜から雨になる予報ですが、まだ降ってない。今は深い雲が垂れ込めてます。

    PS. 夕方ですが、雨降ってきました。まだ強くはない。
    天気の崩れ、予報は随分早まった。 今夜中に雨は上がり、明日からまた晴れる。 最低気温も土曜日だけが1℃なので、土曜日買い出しで、日曜日植えるので問題なさそうだ。 もしくは、土曜日植えても弱い奴だけ、カップを被せておいて日曜日に外せば大丈夫そう。

    もうひとりの山口はどうした!?

    TOKIO の会見、遅いお昼ご飯で少しだけ見た。
    山口君はスピンだと思いますが、それはさておき、事務次官もほとんどお咎め無しだし、もうひとりのアベトモの山口は逃げ切りだ。こっちの方がずっと悪質だ。
    なんで、権力側が緩くて、庶民に近い側が厳しんだよぉ、普通は逆でしょ?
    マスコミは自分のところの女性記者がひどい目にあっても闘わず、こういう時だけシャシャリでる。
    TOKIO の山口くんがやったこと良いこととは言わんが、それ言うならその前に言うことやることあるでしょ。もう、むちゃくちゃでんがなぁ。
    法の元では平等のハズが、もはや法治国家じゃなくなっている。

    それに対して、お隣さんの大統領。
    「自分たちが得るのは平和だけで良い。ノーベル平和賞はトランプ大統領に」って、格好良すぎます。 シレーカンも悔しかったらこのくらいのこと言ってみなよ。

    そのシレーカンの国ですが、誰かが呟いてた。
    最近の若者と話ししてみたら、学費は倍以上値上がりしている。 ところが、バイト代はほとんど上がっていない。 これじゃあ、自分でバイトして大学行くなんか無理だよ、と。
    私も自分で働きながら大学に通いましたが、自分の時と比べると、学費は今 HP で確認したら、3倍以上の値上がり。 バイト代は、多少上がって1.5倍くらいかにはなっている。 教科書の本代は別だし、理系だったので実験とかとると、更に費用がかかる。 その他に、今は携帯代とか必要だし、家賃は倍以上に上がっているし、普通に考えれば、絶対無理だ。
    学生時代の私は車もバイクも持っていませんでしたが(高校生時代はカブとか借りて乗ってました)、まあ、無理だ。普通だったら「欲しい!」と希望を持つことすら諦めるレベル。
    無理なんですが、自転車とオーディオセットはだけは更に特別なバイトをやって、って如何わしいものじゃなくて、テクニカルイラストレーターですが、手に入れた。 オーディオセットはもうないが、自転車は今でも残っている。 時々、日記にも掲載するオレンジ色の自転車が当時オーダーして組んだものだ。


    MF の人格論、つづき

    これは、私が良く知る人の話。
    彼女は、後妻さんだった。私の母方の遠い親戚で、私の母とは仲が良かったらしい。とても美人だった先妻が無くなったあと、暫くして私の母が紹介して結婚した(と聞いている)。
    その女性は静かな人で、いつも理性的で控えめで楚々としていて、日本画が好きで、猫も好きでしたが、なんか達観していたところがあった。決して取り乱すような女性じゃなかった。 日本画が好きだったの後から知った。叔父が亡くなってから、一人で美術館めぐりをしはじめて知った。それまでは、自分からあれがしたいとか、申し出るような女性じゃなかった。
    普通じゃ、ああはならんぞ。
    自分の子は作らず、残された3人姉妹を育て上げた。
    末娘は実母の記憶はなくて、ほとんど実際の母の母のように慕っていた。

    その末娘だか、真ん中だったかも知れませんが、亡くなる最後の最後に一瞬だけ、叔母が彼女らしからぬ振る舞いをしたのを教えてくれた。 入院しててぼーっとしてた訳だ。彼女はほとんど無意識に近い状態だったのかも知れない。詳細は忘れたが、叔母がなにかをしたいといい出して、娘が制したらしい。きつい言葉で制したわけじゃなくて、優しく制したんですが、そうしたらいきなり「意地わ〜るう!」と少女のようにダダをこねたらしい。 初めて見る継母の姿に大変驚いたらしい。

    ヒョンなときに、その人らしからぬその人の側面がでる場合がある。
    平時は、皆もよく知っているその人です。
    ところが「顔つきまで変わるる!」ケースががあります。
    それまでは観たこともない、いつもの穏やかなその人とは違う顔つきです。 悪く言えば、なにかが憑依した感じといえば、その様子が分かってもらえるかも知れません。
    その時のその人はその人じゃないと言うのは簡単ですが、じゃあ誰だ? と言うことになります。
    単なる、記憶の問題じゃない。
    記憶だけの問題なら、性格までは変わらない。
    ところが、この時は性格も変わる場合がある。
    個々をルーマンに習って人格と呼ぶなら、外から憑依したのでなければ、もともと人格は複数存在してたってことになる。

    複数の人格というと、ギョッとする人がいらっしゃるようですが、冷静に観察すると1つの人格だけって人は居ない。 繰り返しになりますが、この人格は、○○さんは人格者という人格じゃなくて、医者なら医者の社会的人格みたいな、その医者も家にもどればヘビースモーカーだったり、子供に対してはいいお父さんだったりする訳で、その限りの人格。 いわば、1連なりの行動様式みたいなもの、オートポイエーシスですが、それを指しているのでそうなる、ってだけの話で、複数の人格は驚くに値せず。 驚くとしたら、普段の人格とは違う、人格がある、ってところかな。
    これまでは、いつもの人格が前面にでて、決してそれが表立って現れることがなかった人格、それが、例えば老化とか何某かの原因によって? 普段の人格の力が衰えたのか、隠れていた人格が表に現れる場合がある、と考えた方が整合性が採れる。
    私の言葉でいうと「統合されていない人格」だ。
    もっとも木内鶴彦に言わせると、ぼーっとしている人には憑依できるみたいですから、ひょっとしたらホントに憑依されていたのかも知れませんが。

    憑依はともかく、これは私の人格論とは関係ありませんが、何某か、 エネルギーみたいなものが、場所なら場所に残っていると感じることは私はそれほど多くはないがある。
    場所なら「地縛霊」と呼ばれているものに相当するのかも知れません。 それとて、それ自体にエネルギーがあるのではなくて、実際のエネルギーはあとからそこに居る人が与えている。
    著作物も一緒だ。そこに価値を見出す人は、その文字だか記号だかの並びに、インクの濃淡に、エネルギを与えることができますが、そういじゃない人にはそういう意味はない。 馬の耳に念仏ということわざがありますが、似たような状況を指しているのかも知れません。
    今となっては、もう皆亡くなってますから、もう知るよしもありませんが、この彼女も子供のころはもっと普通の娘さんだった時もあった訳だ。 だれからどんな意地悪をされたのかはわかりませんが、彼女は意地悪をされたと感じた。 その思いを胸に秘めて、静かな女性を選択し育っていったと推測できる。
    まあ、勝手な想像ですが、その話を聞いて私の中では、彼女の一生に一本の線が通ったような気がした。 実際はそんな簡単な人生ではないと思うが、根本的な意味では解決されていない思い、 その思いを胸に秘めることで、彼女はああいう人生を選んだというのがよくわかった。
    まあ、誰にもでも傷ついた子供が、胸の奥にしまい込むしかなかった悲しい思いの、1つは2つ、3つや4つはだれでもあると思う。 で、そういう思い、その思い自体は本人も忘れているかも知れない。 記憶としては残っているかも知れませんが、その辛さ自体はもう思い出すことができない。 でも、それは、無くなったわけじゃない。
    人生をかけて築き上げてきた人格、その力が滅ぼうとしているとき、力尽きようとしているとき、抑圧された思いが亡霊のように蘇るのかも知れない。

    ヒョンなときに、その人らしからぬその人の側面がでる場合をもって「本性が出た」と表現する人がいますが、とんだお門違いだ。 彼女が彼女らしからぬ行動を取ったのは、先にも後にもそのときだけだ。 彼女の場合は「その思い」を除いて、ほとんど統合されていたと私は思う。
    逆に、本性が出た等と悪意の発言をする人こそ、生きながらにして醜い本性が出ている。 ひどい目に会って育ってきたのは分かるが、具体的にどんな目にあったかは、私の想像を超えているので分からない。
    ひどい仕打ちにあって、無傷でいられる人は居ない。 ましてや、子供の頃は深く深く傷つく。
    見ててご覧、そういう人がどういう最後を迎えるか。
    って、呪いの言葉の様式を満たしてますが、別に呪うつもりはなくて、私の推測があたっているなら、その人は年老いて他人の言うことを聞かなくなり、家族からも見放されて孤独になる。

    ひどい仕打ちにあって、無傷でいられる人は居ない。ましてや、子供の頃は深く深く傷つくんですが、他方で大人になると「再度統合する」という選択肢が増える場合がある。 条件が整わないと無理ですけど。


    2018/5/1(火)軽井沢日記

    今日も霞空です。
    仕事で打ち合わせがあった。そのあと、私の車を取りに行った。
    直ぐには修理しない。車検まで考える。でも、 修理代20万で、車検を通すと20万円で合計40万になる。
    う〜ん、修理してもあと何年乗れるだろ? などと、ちょっと考えるなあ。
    でもなぁ、他に乗りたい車もない。
    軽トラも一緒に壊れていたら、2台潰して新車の軽トラと考えていたんですが、軽トラ、先に壊れたので、新しい中古の軽トラにしてしまった。これ、まだ当分、壊れそうにない。
    で、なんで今の車、手放し難いのか考えてみた。
    一番は運転していて楽しいってことだ。 クロカンのくせに、ハンドリングバイロータスなんですが、上手く乗らないと上手く曲がれない。 上手くのると、気持ちよく曲がってくれる。 で、そんな車他にもあるよ、と言われそうですが、繊細な車じゃあ駄目なんだ。 私の性格だと。 こいつはクロカンなので、頑丈。多少の汚れも気にならない。 でも、ハンドリングは上手くのるとそれに応えてくれる。
    とっても気に入っている!

    もう軽井沢もかなり暖かいです。
    今日は24.3℃まであがったみたい。でも、夜中とか結構さがる。 今朝は、4.2℃だ。薪ストーブ焚かずに寝たら、朝、寒かった。
    予報は、金曜日が2℃で、土曜日が1℃だ。日曜日からは5℃、6℃... なので、日曜に植えるのが一番安心できそう。



    上2枚は、霧を撮ろうとしたんだが、失敗。
    カメラは精神的にも時間的にもある程度、余裕がないと巧く撮れない。
    時間が必要なのは、老後の趣味としては良いと思うぞ > 諸兄
    あと、私は、老後の趣味用にギターも買ってあるが、これは死ぬまでやっても納得できるところんまで行けないと思う。 それ以前に、まだまだ当分働かないと行けないので、始められるのはいつに成ることやら。
    音楽も時間がかかるので老後の趣味としては良いと思うが、悲しいかな老いると高音が聞こえなくなります。




    下の4枚は、4/28 の畑だ。
    GW の畑作業は、3/4くらいは終わった。
    あともう少しだ、頑張るぞっと。
    2枚め、前回と同じ場所を撮ってみたが、前回の方が巧く行った。 1週間たって、木の芽が吹いてきて黄緑色がほんの少し強くなってきているのが分かる。







    カテゴリ
    書きかけばかりですが、。。
    ご注意:ここで述べられていることは、個人の単なる主観、インプレッションであり 客観的な事実でない場合もあります。
    B型性格で、 多少誇張した表現や誤解を招きやすい表現があるかも知れませんが、 誹謗中傷する意図はありません。


    Copyright Mr.Flat